公開日 18年07月16日

更新日 18年09月07日

ゼファルリンをもっと安く購入したい!最も安い価格はどこの薬局?

Thumb zephylrin supplement

毎日ゼファルリンを飲むのなら、できるだけ安価に購入したいですよね。けれど、インターネット薬局をいろいろと見て回っても、どこが一番安いのか探すのは大変です。

 

それに、あまり安すぎても何だか不安。そこで、ゼファルリンの価格相場を比較表にしてみました。また、男の自信を大きくするゼファルリンと同じような増大サプリとも比較をしてみましたので、購入の参考になさってみてください。

 

ゼファルリン購入の価格相場

Thumb cost

ゼファルリンを購入するにあたり、知っておきたいのが価格相場。どこがイチバン安いかどうか、自分で調べるのはとても骨が折れるものです。

 

しかし、相場がわかりさえすれば、ネット薬局など通販サイトで見かけたその金額が、高いのか安いのかを判断できるはずです。

 

相場がわからないままだと、自分の感覚で高いか安いかを考えてしまちがちです。

 

それが、後になって「こっちのほうが得だった!」などということになってしまう原因にもなります。

 

ところが、相場を知っていれば、その相場価格が判断の指標になってくれますから、後々悔やむことも少ないはずです。

 

そのゼファルリン、価格相場はおよそ15,000円前後。価格だけ見ると、サプリメントの中では割高なほうだということがわかります。

 

しかし、この相場。実はちょっとしたカラクリがあるのです。それの理由はのちにご紹介しますが、それはゼファルリンを購入する際に気をつけてほしいことでもあります。

 

まずは、ゼファルリンの平均価格を見ていきましょう。

 

Amazonや楽天、Yahoo!などの大手通販サイトと公式ホームページから、ゼファルリンの価格をピックアップして表にまとめてみました。

 

ゼファルリンの平均的な価格は?

Thumb whitepaper0716

下表は、Amazonをはじめとした各通販サイトで販売している店舗名とその事業者、価格をまとめたものです。

販売サイト 店舗名 料金(税込) 送料
Amazon BIG-ONE 12000円 無料
楽天 Blue Topaz's 13800円 無料
イノセントローズ 18981円 無料
E-LOHAS 16800円 無料
Yahoo! ピッタネクストYahoo!ショップ 11200円 無料
sukaberryshop 10500円 無料
B&H公式オンラインショップ 16667円 無料
イノセントローズ 14800円 無料
B-PERMANENCE 15051円 無料
トップレイテツド 15692円 無料
センス・オブ・ワンダーPro 15049円 無料
Amaze Products 14220円 無料
UP MARKET 品川本店 13800円 無料
Mimily 12800円 無料
AOMINE 11480円 無料
S.I.H Japan Online 14120円 無料
EarlyBirdTown 14320円 無料
JIT株式会社 15720円 無料
ラヴィング・ハート 15952円 無料
公式HP ゼファルリンジャパン 13800円 有料

 

ここには、公式サイトを含めた19店舗を記載しています。ここに記載している店舗の平均価格は15,018円となります。

 

これは、公式サイトよりも随分と高額な値段です。そうなってしまう原因は、楽天やYahoo!で販売されているゼファルリンの価格が、非常に高値で設定されているからです。

 

表を見ていただくと、公式サイトよりも2,000円~3,000円ほど高い金額があります。反対に1,000円~2,000円程度安くなっているところもあります。

 

しかし、安値で販売されているところはそれほど多くなく、むしろ公式サイトよりも高額になっているところがほとんどです。

 

公式サイトよりも価格が高くなるのは、いろいろな企業から販売される際に、各企業の利益分が上乗せされているからだと推測できます。

 

なぜなら公式サイトは、販売元である株式会社KSTジャパンが運営しているため、それ以外では、個々に利益を上げる必要があるからです。

 

一般的に企業が商品を販売する際、その価格には開発費用や製造費用、企業の利益分が含まれています。

 

販売元で設定された価格には、販売元企業の利益分しか含まれていませんから、小売店となる販売先では、各々で利益を回収する必要があるのです。

 

そのため通常では、販売元の価格に販売元の収益分が加味された金額で、商品が販売されることになります。

 

平均価格も、各企業の利益分が加算された販売額によるものであるため、全体的に割高傾向になっています。

 

ゼファルリンを最も安く購入できるのは?

Thumb kawaiizyosei0716

表をご覧いただくと、事業者が個人ショップになっている店舗の価格が最も安く設定されています。

 

次いで、ピッタネクストでは、700円違いの値段で販売されています。

 

これらのショップは、いずれも価格が11,000円台。公式サイトの13,800円と比べると2,000円以上安くなっています。

 

安さだけでゼファルリンを求めるのであれば、こうしたサイトを利用すれば安価に購入することは可能です。

 

ゼファルリンは、1箱だけで購入するよりも2箱、3箱と多く購入したほうが、割引が効いて1箱当たりの価格が安くなります

 

通販ショップであれば、2箱セットや3箱セットといったように用意されていることがあります。その価格を見れば、1箱に数を掛けた金額よりも安くなっているので一目瞭然です。

 

その価格は、ショップによってバラつきがあります。

 

公式サイト以外では、全ての店舗がセット売りをしているわけではないで、購入前にセット価格になっているかどうか確認したほうがいいでしょう。

 

セット価格の場合、たいていは数パーセントから2割程度安くなるものです。

 

それが複数箱購入することのメリットとなり、消費者の「安くなるから、もう一つ」という更なる購買欲求を刺激するようになっています。

 

たとえば公式サイトでは、2箱購入で23,800円に、3箱購入で33,000円になります。割引率でいえば、それぞれ13.7%、20.2%です。

 

箱数が増えるごとに、割引額が大きくなっていきます

 

このことを考えると、公式サイトでも箱数を多くすれば、その分1箱当たりの金額が下がっていきますから、安くで購入できることになります。

 

たとえば、3箱同時購入した場合であれば、1箱13,800のものが11,000円へと単価が下がります。

 

冒頭でご紹介したショップで購入するのと、さほど金額が変わらないことになります。安価で購入しようと思えば、セット割引を使えば、公式サイトでも可能だということです。

 

 

ゼファルリン購入のおすすめは公式サイト

↓試すならまずはロングセラー!↓
 

ゼファルリン
最大19600円OFF!
商品名無しパッケージで気軽に購入!

ゼファルリンの詳細を見る→

 

Amazonなどのようなネット通販サイトでも取り扱いがあるゼファルリン。しかも、ショップによってはその価格は、公式サイト以下で設定されているところもあります。

 

それでもおすすめするのは、公式サイトからの購入です。

 

なぜ、価格が高くなっても公式サイトから購入することを勧めるのかというと、そもそもゼファルリンは公式サイトのみでしか販売を許可していないからです。

 

それなのに、多くのネット通販ショップで取り扱われているのはなぜなのか。その理由こそが、公式サイトからの購入をおすすめする根拠なのです。

 

 

なぜ価格が高くても公式サイトがおすすめか?

公式サイトでしか販売が許されていないゼファルリンが、なぜ多くのネットショップで販売されているのか。あなたは考えられたことがあるでしょうか?

 

消費者の一人としては、安いところで購入したいというのは当然の心理です。

 

ですから、公式サイトでしか販売が許されていなくとも、安価で提供しているネット通販ショップで購入したいと考えてもおかしいことではありません。

 

ですが、公式サイト以外で売られるはずのない商品が売られているということは、転売の可能性が非常に高いといえます。

 

もちろん、ゼファルリンの販売元である、ゼファルリンジャパンで管理している在庫が消費期限に近づき、安価にディスカウントショップに卸している可能性は否定できません。

 

しかし、サプリメントは食品の一種ですから、消費期限まで間もないものをそういった外部の業者に卸すことによって、健康被害が起こる可能性があります。

 

食品関係の品質管理は本来、とても厳しく行われているはずです。万が一にも、服用した人に何かしらの症状が出て、その原因にゼファルリンが関与していたとしたら?

 

そうなれば、ゼファルリンを販売している大元である企業、株式会社KSTジャパンの信用問題になるのは避けられません。

 

企業であれば、そういったリスクは考えていて当然。ですから、在庫過剰になっているのだとしたら、早々に消費期限が近づきつつあるものから出荷していくはずです。

 

出荷するといっても、ユーザーがゼファルリンを服用し終わる頃までは、十分な期間を見越しているでしょう。

 

急激に販売数が変化しない限りは、余剰在庫になることはまずありえませんから、外部にゼファルリンを卸す必要性がないと考えられます。

 

製造工場と株式会社KSTジャパンの関係性は明らかにされていないので、発注と製造のタイミングがどのように計画されているのか、知ることはできません。

 

もし、株式会社KSTジャパンと製造工場が連携を取っているのであれば、在庫数に応じた注文を工場へ入れるはずです。

 

たとえば、商品を保管している倉庫の在庫状況が品薄になりつつあるのでれば、最低限の在庫を確保するために発注をかけるのが一般的です。

 

工場で製造されている量が、ずっと一定数をキープしていると、売上げ状況によっては余剰在庫になってしまうからです。

 

医薬品のように、様々な医療機関や院外薬局へ分配されるのであれば、一定の数量を製造したとしても、全体的なバランスを取ることが可能です。

 

しかし、ゼファルリンのように、公式サイトのみでしか取り扱いを許可していないような商品の場合は、そうもいきません。

 

商品の出入りが一か所しかないのですから、在庫状況によって生産数を調整しなくては、閑散期だと在庫が余りがちになります。

 

在庫が余るということは、製造にかかるコストの回収ができていないということですから、企業にとってそれは不利益となってしまいます。

 

ですから、多くの企業では、在庫と出荷のバランスを見て、発注数や生産数を調整し、コストの回収漏れを防ぐようにしているのです。

 

そう考えると、公式サイトでしか取り扱いを許可されていないものが、公式サイト以外に出回ることに疑問を感じざるを得ません。

 

企業によっては、余剰在庫を解消するために、外部業者へ委託して、販売協力を得ることもあります。

 

それであれば、公式サイト以外での販売も理解ができます。しかしその場合、公式サイト以外では販売しないという謳い文句に矛盾が生じてしまいます。

 

もしも、外部業者へ販売を許可するのであれば、販売許可していることがわかるような対応をするはずです。

 

そうでなければ、消費者が誤解をするからです。ですが、そういった対応が見られず、依然として公式サイトでのみ販売するという姿勢が崩されていない。それが現状です。

 

それにもかかわらず、他社サイトで販売がされているということは、転売の可能性が濃厚といえます。

 

株式会社KSTジャパンは、ゼファルリンの販売について、転売を認めていません。むしろ、転売品に気をつけてほしいという文面を公式サイト上に掲載しているほどです。

ゼファルリンの転売品が沢山出回っております。転売品は賞味期限切れやずさんな管理がされている可能性もあり危険ですのでご注意ください。

引用元:ゼファルリン公式サイト

 

転売となると、一旦はどこかで購入をし、それを販売するということになりますから、扱いとしては中古品です。

 

中古品の売買は、古物の取り扱いとなり、古物許可証が必要です。

 

今回、ピックアップした各ショップでは、古物許可を明記しているところはほぼありません。

 

ということは、古物許可を得ずに中古品を販売している可能性もあるのです。

 

でも、どこの通販サイトにも、事業者名を書いてあるからちゃんとした会社が関わっているんじゃないの?そう思われている方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

その疑問を解消すべく、各ショップの事業者についても調べてみました。

 

まず、そのほとんどの事業者が法人化されていないものでした。表中の各ショップの項目を緑色でマークしてあるところは法人化されており、法人番号を付与されています。

 

薄い灰色でマークした事業者については、同一の名前が挙がってくるものの、住所が異なるため、法人番号が付与されていることについて確定とはいえない状態です。

 

それに、各事業者の企業情報を見てみると、連絡先として登録されてある電話番号が携帯電話の番号ばかりです。

 

メールアドレスに関しても、GメールやYahoo!メール、Outlookなどのフリーメールばかり。通常、法人化した場合、その会社の信用に関わる事項に対して非常に敏感です。

 

そのため一般的には、自社ドメインを用意して、顧客や取引先に安心感を与えようとするものです。

 

フリーメールは、どこでも使用できて便利な反面、不要になればすぐにアカウントを削除してしまえるという側面を持ち合わせています。

 

ですから、企業がフリーメールを使用することは、取引相手から信頼性の低い会社だと判断されてしまいかねず、個人事業主ですらフリーメールを避ける傾向にあります。

 

それにもかかわらず、KSTジャパンの公式サイト以外では、自社ドメインを使っている企業は数えるほどしかありません。

 

たいていの消費者は、わざわざそこまで確認することもしませんし、フリーメールを使用していたとしてもさほど気にしていません。

 

それは、その会社が信用できるか否かという以前に、わざわざ会社概要を調べてまで購入しないからです。

 

ですが、いつでも逃げられる考えているのでは?と判断されてもおかしくない状態で売買を行うのは、消費者に対して自社への信用を求めていないという態度の表れでもあります。

 

こうしたショップで購入することは、どんな商品をつかまされることになるかわかりません。安全性を考えれば、公式サイトから購入するのが最も安全で安心だといえます。

 

ゼファルリン最安値の裏事情は転売?

通常、転売をするにしても自身が運営するショップの利益を考慮するものです。それなのに、公式サイトよりも安く販売して、どう利益を得ているのか不思議に思いませんか?

 

先ほども触れましたが、公式サイトから購入する際、箱数を多くするほどに割引率が高くなります。公式サイトで5箱購入した場合、1箱当たりの単価は9,880円です。

 

最も安いショップで1箱購入すると10,500円ですから、その差額は620円です。公式サイトで大量購入して何らかの理由で手元に残った商品を売ればどうなるでしょうか。

 

ゼファルリンは、通販ショップで送料を含んだ価格で販売されています。実質620円が収益となります。

 

Amazonなどの通販ショップで販売営業を行っている店舗が全て、転売だとは言い切れませんが、万が一転売屋だったとしたら、上述した方法で利益を得ているはずです。

 

安いからといって転売じゃないと思うのは早計です。

 

しっかりとした母体があっての販売行為なのか、そうではなく粗悪品を販売する転売屋なのかは、消費者であるあなたがしっかりと見極めなくてはなりません

 

きちんとした運営をしているところであれば、ユーザーに不安を抱かせないように、社会的信用を追求しているはずです。

 

それは、連絡先であったり、ユーザーへの対応であったりといった様々な面で現れてくるものです。

 

それによってユーザーは、その会社が信用に足るのかどうか、信用の根拠となる理由を見つけることができます。

 

転売屋か否かを判断するには、そうしたところをチェックするようにしましょう。

 

小手先の手段でユーザーに安心感を与えようとしても、少し冷静になって確認すれば、所々にほころびが見つかるはずです。

 

転売される商品は、品質管理がまともにされていないことが多いもの。空調や衛生等の管理がされていない倉庫や自宅の一室などで保管されていることもよくあることです。

 

そうした商品は、粗悪品と同じです。いくら価格が安くても、健康被害が出てからでは遅いのです。

 

結局のところ、公式サイトから購入するのが最も安全であり、健康被害のリスクが最も低い良質の商品ということになります。

 

ゼファルリンと他サプリの購入価格を比較

Thumb 9parcent0716

ゼファルリンの価格が高いこともあり、二の足を踏んでいる人も多いのではないでしょうか。

 

増大系の商品は、ゼファルリンばかりではありません。他のサプリメントと比較してみてから、購入を検討しても遅くはないはずです。

 

ここでは、ゼファルリンとよく比較される商品を対象にしていますので、是非参考になさってみてくださいね。

 

ゼファルリンと他サプリの価格比較

Thumb vitoxa0501

ゼファルリンと比較されやすい、ヴィトックスα、ゼノシードの3つの商品を比べてみましょう。

 

商品名 ゼファルリン ヴィトックスα ゼノシード
販売元 (株)KSTジャパン 株式会社コマクルーズ SHOP M’z
封入数 タブレット 60粒&カプセル 60粒 カプセル30粒 カプセル30粒
価格 13800円(税込み) 12800円(税抜き) 11800円(税抜き)
1粒あたりの価格 115円 395円 425円

 

1箱当たりの価格が最も高いのは、ゼファルリンです。次いで、ヴィトックスα。最後にゼノシードの順になります。いずれも価格が1万円を超える高額サプリメントです。

 

価格だけで見れば、ゼファルリンを選ぶよりも、最安値のゼノシードを選ぶほうがお得だと思えるのではないでしょうか。

 

ですが、単に販売価格だけで見て、ゼノシードが安いからと購入を決めてしまっては、実は損をすることになりかねません

 

その理由は、封入されているタブレットやカプセル、成分の種類や数を見れば、おわかりいただけることでしょう。

 

最安値のゼノシードをご紹介すると、販売価格は最も安いですが、成分は他の2種類よりも少なくなっています。

 

これを、他のサプリメントに比べて、各成分の配合量が多いと捉えることもできますし、逆に少ないと捉えることもできますね。

 

では、ゼファルリンはというと、ゼノシードを比べてもその数が多いことがわかります。

 

表には、特に注目されている成分だけをピックアップしています。しかし、実際に含まれている数はこれ以上にあり、その数は60種類を超えます

 

ゼノシードは、カプセル状にするための添加物を含んだとしても60種類にまで達しません。

ですからゼファルリンのように、様々な種類が含まれていれば、その効果はとても期待ができそうです。

 

同様に多様な種類の成分を含んでいるサプリメントがもう一つ。それがヴィトックスαです。成分数は100種類を超えているので、ゼファルリン以上といえます。

 

ゼファルリンが、よくヴィトックスαと比較される所以は、恐らくここにあるのでしょう。

 

成分の名前を見比べていただくとわかりやすいと思いますが、それぞれに含まれている成分は、とてもよく似ています。

 

ヴィトックスαには、大きく分けて3種類の成分があります。動物系、植物系、ミネラル系です。その種類は、植物系が最も多く、次いでミネラル系、動物系へと続きます。

 

ゼファルリンも、ヴィトックスαと同様で、動物系、植物系、ミネラル系の3種類が含まれています。

 

その種類は、植物系が最多で、ミネラル系、動物系の順ですので、ヴィトックスαとの違いは、含まれている成分の種類の数といったところでしょうか。

 

植物系に含まれている材料の代表として、トンカットアリ、マカといったものがあります。これらは、表にある3つのサプリメント、それぞれに含まれています。

 

ですので、いずれの商品も、性機能の向上、あるいは改善に効果が期待できる商品だといえます。

 

多くの成分が含まれていることが、良いことなのかどうかという点で考えれば、そのどちらでもないと評価できます。

 

少ない材料で作られているのであれば、それぞれの成分の配合量は、必然的に多いものとなります。

 

一方、多様な材料で作られていれば、個々の成分量は、かなり少なくなることは否めないからです。

 

見るべきポイントは、自分に必要な材料が入っているかどうかではないでしょうか。

 

ゼノシードであれば、血液をサラサラにしたうえで、強壮成分によって勃起力を高めてくれるでしょう。

 

ヴィトックスαであれば、ミネラル分も多く含まれていますから、血液だけでなく体全体の調子を整えつつ、ガラナやウコンによって持久力ある勃起を促してくれるはずです。

 

ゼファルリンならば、植物系成分に加えて豚の睾丸やすっぽん、まむしが含まれていますから、勃起の硬度だけでなく、持久力も期待できそうです。

 

次に価格面で比較をしてみましょう。ゼノシードの場合、1粒当たりの価格は425円です。ヴィトックスαであれば、1粒が395円。ゼファルリンに至っては、115円と安価です。

 

ゼノシードは、1日1粒の服用とされているので、一日にかかるサプリメント代は425円となります。

 

ヴィトックスαも、1日1粒ですから395円です。

 

ゼファルリンだけは、他の2つと異なっており、1日2回の服用です。

 

しかも、動物系はカプセル、植物系とミネラル系はタブレットと分けられているので、服用時にはそれぞれを1粒ずつ飲みます。一日あたり、計4粒服用することになります。

 

そうすると、サプリメント代は一日460円となります。ゼノシードよりもやや高くなりますが、それでも35円の違いです。

 

35円違うだけで、60種類以上の成分を吸収できるのですから、かなりお得だと考えることができますね。

 

まとめ

Thumb takarabako

ゼファルリンは、購入価格が高いサプリメントです。それは否定しようがありません。しかし、そのぶん含まれている成分は非常に多い商品です。

 

また、植物やミネラル系と動物系と分けられて作られていますから、必要に応じた飲み方ができるのも、ゼファルリンならではといえます。

 

たとえば、朝は日中のために植物やミネラル系を服用し、夜は性生活を楽しめるように動物系を中心に飲む、といった使い方も可能です。

 

増大を図りたいなら、毎日服用することが望ましいですから、朝晩と2種類の形状のサプリを飲み続けたほうがいいでしょう。

 

価格は高くても、ゼファルリンならあなたの求める効果が期待できるはずです。

ゼファルリン公式サイト引用元:
http://xn--bcktcvdzde3c.biz/?a8=dA9X5AzqGi3dJMHKH6nR9iKLKpM4DMKYZ6VAVFvSLguqGi9vViedQE9HViMR3Ren1g0ESj9P1A9Xbs00000011626001
ヴィトックスα
出典:https://www.amazon.co.jp/

精力剤・サプリに関連する記事