公開日

更新日 18年09月04日

『ゼファルリン』の成分は副作用を起こす?男を増大させるサプリまとめ

Thumb zephylrin supplement

男のアレを大きくさせてくれるという噂のゼファルリン。ネットを見れば〇センチ大きくなった!というコメントが沢山あり、あなたもとても気になっているのでしょう。

 

ですが、様々な成分が多く入っていると、副作用が起こるのでは?と心配になりますよね。ゼファルリンが副作用を起こすことはあるのかどうか。また、成分の安全性はどうなのか。

 

これらの点を解明できれば、安心して購入の判断ができるのではないでしょうか。

 

ゼファルリンの成分に含まれているもの

Thumb herb0715

体内に取り込むものですから、体に良いもの、安全なものであってほしい。それは、サプリメントに対しても同じですよね。

 

ましてや、サプリメントのように毎日取り込むものなら、それはなおさらでしょう。

 

ゼファルリンを飲もうかと考えているあなたも、各成分が副作用を起こさないだろうかと心配で、この記事をご覧になっているはず。

 

ここでは、ゼファルリンに配合されている材料から、各成分とその効能についてご紹介します。

 

公式サイトによると、ゼファルリンには、60種類を超える成分が含まれているそうです。

 

さすがに全てをご紹介することができませんので、公式サイト上で紹介されているものをピックアップしています。

 

なお、どの成分がどれくらい配合されているのかについては、公式サイト上でも表記がないため不明です。

 

ゼファルリンの成分と効果

Thumb citrulline 4effects

ゼファルリンといえばコレといえる、成分の代表格にはシトルリンがあります。

 

シトルリンは、多くの増大系を謳うサプリメントに配合されていることもあり、その名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

その効能には、血管内皮で作られる一酸化窒素を生成するというものがあります。血管内皮とは、3層構造になっている血管の一番内側にある組織です。

 

その組織の内側を、血液が流れているのです。血液は、ただ血液成分のバランスが良いだけでは、流れてはくれません。

 

血液をスムーズに流すためには、ホルモンや物質といったものが関係しています。シトルリンは、その物質の一つである一酸化窒素をつくるのに大切な成分です。

 

シトルリンを飲むのと飲まないのとでは、血中の一酸化窒素の濃度が変わります。一酸化窒素は、私たち人間の血管をしなやかにする働きをもっています。

 

血管は、年齢や生活習慣によって、硬くなってしまいます。硬くなると、血液に含まれる脂肪分が、血管の内壁にくっつきやすくなるのです。

 

この内壁というのは、血管内皮のことです。血管内皮にくっついた脂肪に、血液中の老廃物がどんどんくっついていき、やがてそれが血栓になります。

 

その血栓が、脳血管を詰まらせると、脳卒中になります。心臓の血管に詰まれば、心筋梗塞を起こします。

 

その他の部分、たとえば動脈で詰まれば、動脈血栓症に。静脈で詰まれば、静脈血栓症となります。

 

こうした病気になると、血液をサラサラにするための薬が処方され、定期的に通院しなければならなくなります。

Thumb arginine citrulline

しかし、シトルリンは、血管内皮で一酸化窒素をつくりだし、血液中の脂肪分が血管内皮にへばりつくのを防いでくれます。

 

さらには、血液がスムーズに流れるように、血液中のホルモンなどに作用してくれます。

 

また、シトルリンは、尿をつくるのにも役立ってくれています。尿には、尿素が含まれています。

 

この尿素は、肝臓と腎臓からつくりだされています。私たちの体は、様々な物質によって成り立っています。

 

その物質は、合成されたり生成されたりして体の至る所で利用されています。何度も形を変えて利用された物質は、老廃物としてやがて体の外へと排出されるのです。

 

その時、ある物質は尿に、別のある物質は便へと変わります。シトルリンは、老廃物となった物質が、尿へと姿を変えるために使われる物質です。

 

シトルリンを取っていないと尿が作られないのかというと、そうではありません。アルギニンが姿を変え、L-シトルリンに生成されるからです。

 

そのアルギニンは、体の中でつくられるアミノ酸の一種。ですから、シトルリンを摂らなくても、尿は自然と作られます。

 

しかしシトルリンは、体中の至るところで使われる物質です。サプリメントという形で補填してやることによって、体の中の調子が整えられます。

 

ゼファルリンが、このL-シトルリンと併せてウリの一つにしているのが、L-トリプトファンです。

 

近年、よく聞くようになったこの物質のことは、あなたも名前くらいであれば、聞いたことがあるかもしれませんね。

 

このL-トリプトファンは、体の中でつくられない物質で、アミノ酸の一種です。

 

体の中でつくられるものを、非必須アミノ酸といいます。反対につくられないものを、必須アミノ酸といいます。L-トリプトファンは、必須アミノ酸です。

 

L-トリプトファンは、1901年にイギリスの生化学者フレデリック・ホプキンズ博士によって、牛乳成分から見つけられた物質です。

 

その後、研究が重ねられ、今では医薬品にも使われるようになっています。L-トリプトファンは、睡眠に関係する物質として知られているアミノ酸を生成するのにかかわる物質です。

 

あなたも、セロトニンやメラトニンといった名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

トリプトファンは、これらに働きかける物質で、睡眠の質や体内時計を整える働きをしてくれます。

 

そのため、不眠やうつ病などの薬の成分としても使われています。医薬品成分をサプリメントに使用されているのかとお思いになられたかもしれませんね。

 

ですが、安心してください。厚生労働省により、医薬品のように効果や効能を公然と示さない限りは医薬品医療機器等法に抵触しないため、規制を受けないと定められています。

 

よって、それを遵守している販売元のKSTジャパンでは、公式サイトでは一切トリプトファンの効能について表現していません。

 

これだけでも、法律を守るきちんとした企業だということがわかります。さて、そのトリプトファン。効能がわかったところで、それがどう増大サプリと関連しているのか。

 

そこが、あなたには疑問点になっているのではないでしょうか。

 

トリプトファン自体は、直接的に増大に関係しているわけではありません。陰茎の成長には、ホルモンの正常な分泌、健康的な生活が欠かせません。

 

健康的な生活を送るためには、食事と同じくらいに睡眠が大切なポイントになってきます。

 

良質な睡眠をとることによって、体の調子を整え、ホルモンの分泌を促すことができるようになるからです。

 

質の良い睡眠によって、陰茎組織の海綿体が成長すれば、結果的に増大が見込めるからだといえます。

 

そのためゼファルリンには、トリプトファンを配合し、シトルリンと組み合わせていると考えられます。

 

有機マカに関しては、恐らく名前を知らない人などいないでしょう。増大系サプリのみならず、滋養強壮剤などにも使われている材料です。

 

その成分には、グルコシノレート類やイソチオシアネート類、アルカロイド類、ステロイドといったものが含まれています。これらは、二次代謝産物と呼ばれるものです。

 

二次代謝産物とは、その植物が育つうえで必要としない成分が、土壌の成分との合成や他の成分との関連などによって生成された物質のことをいいます。

 

マカの持っている薬理成分は、この二次代謝産物によるものが大きく関与しています。効果として知られているのは、滋養強壮性欲増強性ホルモンの分泌正常化。

 

このほかにも、更年期特有の症状の改善やストレスの緩和、疲労を軽くしてくれたり、新陳代謝を良くしてくれたりといったものもあります。

 

また、鬱状態を好転させてくれたり、炎症を抑える作用もあり、幅広く使われています。

 

そうした多様な効能を持つマカは、ゼファルリンにおいて、性機能の改善や向上のために利用されているようです。

 

続いて、朝鮮人参。こちらは、漢方でよく使われていますので、写真などでその姿形を見たことがある人も多いでしょう。

 

こちらの効能も様々なものがありますが、そのなかから取り上げるとすれば、滋養強壮血流改善でしょうか。また、神経の情報伝達能力を挙げるともされています。

 

朝鮮人参と並んで、漢方の材料としてよく使われるマムシすっぽんといったものも、ゼファルリンに含まれています。

 

これらもマカや朝鮮人参同様で、滋養強壮が目的なのだと考えられます。

 

次にご紹介するのは、ガシュツという植物材料です。この名前を聞きなれない方も多いのではないでしょうか。

 

ガシュツは、原産国がインドで、ショウガの仲間です。和名ではカタカナで表記されますが、漢字では莪蒁や莪朮と書き、中国ではそう表記されます。

 

熱帯地方で育つため、マレーシアやインド、中国でも熱帯気候に近い南東部に自生している植物です。

 

このガシュツ、実は日本でも栽培されており、屋久島沖縄などの温かい地方にあります。特に、屋久島で栽培されているガシュツについては、様々な薬理研究がされています。

 

このことから、日本の他の地区で育てられているガシュツに比べ特別視されていることがわかります。

 

見た目は、私たちが普段目にするショウガと丸きり同じ形状をしています。よく、ガシュツは、紫ウコンといった名前で呼ばれますが、ウコンの仲間ではありません

 

ウコンは、ショウガ科ウコン属という種類に属しており、ガシュツは同じショウガ科でありながらもクルクマ属という異なる種類に属しています。

 

ただ、見た目がウコンと同じくショウガに似ていて、薄紫色を帯びていることから、紫ウコンと呼ばれているようです。

 

次に紹介するするローヤルゼリーは、何となく体に良い、希少性があるということは知っていても、その効能をきちんを理解している方は少ないのではないでしょうか。

 

今も研究が進められているため、一部の薬理作用をご紹介しますと、血流の増量血圧安定化作用成長を促進する作用性ホルモンに似た作用抗酸化作用などがあります。

 

ゼファルリンで望まれている作用としては、やはり血流量の増加や性ホルモンへの作用といったところだと考えられます。

 

この他、ゼファルリンに含まれているものに、蜂の子、豚睾丸エキス、牡蠣エキス、トンカットアリエキス、ワイルドヤムエキス、黒胡椒などがあります。

 

 

ゼファルリンが副作用を起こす可能性は?

Thumb tantousya2

多様な成分を含むことによって懸念されるのが、その副作用です。ゼファルリンは、様々な成分を使ってつくられていますが、それらが副作用を起こすことがあるのでしょうか。

 

ゼファルリンは、食生活を補助する役割として扱われるサプリメントであるため、副作用は起こりません

 

なぜなら、医薬品であれば、副作用を起こす可能性がある場合、説明書きに記載することが義務付けられています。

 

一方で、サプリメントに関しては、副作用という概念がないからです。

 

その理由は、医薬品は治療薬ですが、サプリメントは違いますよね、健康食品という扱いのため、食品で副作用が起こるという考えがないからです。

 

たとえば、私たちが普段口にしている食べ物を思い浮かべてみてください。それらには栄養素があり、一つひとつを細かく見ていけば様々な成分が含まれています。

 

しかし、それらによって私たちの体に、アレルギーを引き起こすことはあっても、それ以外で異変を生じることは、まずありません。

 

ですから、食品と同じような扱いをされているサプリメント、ゼルファリンを服用することによって万が一、何らかの症状が出ても、法律上副作用とはみなされないのです。

 

とはいえゼルファリンは、毎日服用することが前提となっていますから、少しでもおかしな症状が出てほしくないのが、あなたの本音ではないでしょうか。

 

ここでは、主な成分をピックアップして副作用が出るとすれば、どのようなものなのかをご紹介します。

 

 

ゼファルリンの成分から見る副作用

 

シトルリンは、健康な人であれば、まず副作用が出ることはありません。

 

なぜ但し書きとして、「健康な人であれば」と付け加えたのかといえば、すでにある疾患を持っている人に対しては、服用が薦められないからです。

 

その疾患とは、シトルリン血症です。シトルリンの代謝ができない病で、難病指定されている病気でもあります。

 

シトルリン血症には、先天性と後天性があり、先天性の場合は、乳幼児期に発症することが多いため、たいていは定期的に通院して、体調のチェックがされています。

 

ですから、シトルリンを含む食品、あるいはサプリメントを服用することに関しては、医師から諸注意を受けるため、それを守っていれば大きな問題にはなりにくいでしょう。

 

 

しかし、後天的に発症してしまうこともあり、発症者の多くがシトルリンの過剰摂取によるものです。

 

その発症者に多いのが、ボディビルディングなどで体を鍛えるために、シトルリンを定期的に大量に摂取して、代謝異常を起こすパターンです。

 

シトルリンは、通常であれば体の許容量を超えた分は、尿などに変化して体外へ排出されるようになっています。

 

そうすることによって、体内のシトルリンのバランスを調整しているのです。

 

ところが、排出量よりも摂取量が多く、それが常態化すれば、体内のシトルリン量は許容量を超えたまま、残存し続けることになります。

 

シトルリンは、血管内皮や肝臓、腎臓などで代謝される物質です。そうそう許容量を超えてしまうことはありません。

 

ですが、時折上述したことが起こり、後天性のシトルリン血症を引き起こすことがあるのです。

 

一日の摂取目安は、1,000mgほどです。ただ、シトルリンは常に代謝される物質で、ストレスなどによってもその消費量が変わります。

 

安全に服用したければ、摂取量は目安量を上限としておいたほうが良いでしょう。

 

次に、トリプトファン。こちらには精神安定作用があります。それを利用して、およそ30年前に寝つきをよくするための健康食品がアメリカで販売されたことがありました。

 

アメリカには、日本のような皆保険制度がありませんから、多くの国民がサプリメントや市販薬を利用して、セルフメディケーションを行っています。

 

約30年前も同様で、不眠や睡眠障害に悩む人たちがこぞって利用したのでしょう。ところが、それが飲まれるようになってからEMS患者が急増したのです。

 

EMSとは、好酸球増加筋肉痛症候群。血中に含まれる白血球である好酸球が急激に増え、めまいや強度の筋肉痛を引き起こす病気です。

 

この事件があってから、アメリカではL-トリプトファンの扱いが厳しくなりました。日本では、体重1kgあたり2㎎という摂取目安が設けられています。

 

L-トリプトファンは、過剰摂取になりさえしなければ、睡眠の質を向上させるだけでなく、精神的な安定をもたらしてくれる効果が期待できるものです。

 

実際に、L-トリプトファンが血中から減少すると、うつ症状や不眠症状が出ることが研究によって明らかにされています。

 

過剰摂取とは、1日あたり6000㎎以上を摂った場合ですので、サプリメントで摂取する場合は、この量を超えないように気をつける必要があります。

 

万が一超えてしまうと、肝臓に障害が出たり、肝疾患を引き起こしてしまう、血圧が急激に変動して心臓に負担を与えてしまうといったことが起こりかねません。

 

そのため、L-トリプトファンについては、過剰に摂らないよう注意が必要です。

 

マカについては、薬理成分による強心作用によって、動悸が起こることがあります。ですので、ゼファルリンを服用した人で、稀に強い拍動を感じて苦しくなることがあるようです。

 

しかし、それは一時的な作用ですから、時間の経過とともに症状は消えていきます

 

心臓に疾患を持っている人の場合は、服用に注意が必要となりますが、健康な人であれば大きな問題にならないはずです。

 

ですが、胸の痛みや苦しさを感じるようであれば、ゼファルリンを持参して、早めに医療機関を受診するようにしましょう。

 

朝鮮人参については、こちらも循環機能へ作用する効能を持っているため、時に動悸が起こることがあります。

 

口コミでも時折、「動悸が激しくなった」「胸が苦しくなった」といったもが見受けられます。それらは、強心成分が強く作用したことの結果と考えられます。

 

ガシュツに関しては、反作用として見られるような現象は確認されていないようですので、特に不安を感じる必要はないでしょう。

 

ローヤルゼリーに関しては、以前から副作用についての研究がされています。それらから、どのような副作用があるのかを見てみると、好酸球性胃腸炎という疾患が挙げられます。

 

好中球性胃腸炎と聞くと、好中球という白血球の一種が、体に何かしらの作用をして、胃腸へ炎症をきたすのだろうと思われるかもしれません。

 

しかし、近年では、胃腸だけでなく食道から大腸にかけて、消化器官のあらゆる部位においてアレルギー的な炎症が引き起こされることがあるということがわかってきています。

 

好中球は、様々な種類のある白血球のおよそ60%もの数を占める、免疫物質の一つです。

 

あなたもご存知の通り、白血球は本来、人体に有害な菌やウィルス、微生物などの異物を食べたり、攻撃したりして無害化し、分解する役割を持っています。

 

その食べて分解するという役割を担っているのが、好中球です。もしも、菌などに感染したまま放置していれば、体にとって安全な状態とはいえません。

 

生命を維持するために、非常に重要な働きをしているをしているのです。そんな好中球が、ローヤルゼリーによって増えすぎてしまうと、正常な組織を攻撃してしまいます。

 

それによって起きた炎症が、好中球性胃腸炎です。口から入った食物などには、上述した有害な物質が微少ながらも付着していることがあります。

 

あなたもご存知の通り食べたものは、食道を通り胃、十二指腸、小腸、大腸の順に巡っていきます。

 

その間に、各部位にて栄養が吸収されたり、分解されたりして、徐々に糞便へと姿を変えていきます。

 

食道から大腸までは、食べたものと接触する部位でもあるため、好中球などの攻撃部隊が必要に応じて部位を守る粘膜へ集結するようになっています。

 

そのため、他の部位よりも炎症が起こりやすいといえるのかもしれません。

 

ローヤルゼリーは、健康食品で利用される際、凍結して乾燥させたものを使うことが多いようです。この好中球性胃腸炎は、そうした凍結乾燥したものを使用した際に、起こることのある副作用として認められています。

 

いわば好中球性胃腸炎は、食物に対する強いアレルギー反応です。その反応が強く出過ぎるあまり、炎症状態が慢性的になり、治りにくいことから、今では難病指定までされているのです。

 

なお、炎症が食道で起こった場合は、好中球性食道炎となり、こちらも難病です。

 

炎症なら自然と治るのでは? 薬を飲めば簡単に治るのでは? と思われるかもしれませんが、これらの疾患は治りにくい。治るにしても、治るまで長い時間がかかるものです。

 

症状が軽ければ問題ありませんが、重くなると食事が摂れない、嘔吐や下痢を繰り返して栄養を吸収できないといった症状が現れることもあります。

 

もしもゼファルリンを服用して、むかつきや下痢、腹痛を感じるようであれば、アレルギーを示している可能性があります。

 

服用は中止して、ゼファルリンを持参し、医療機関に行くようにしてください。

 

ゼファルリンの安全性

ゼファルリンは、各成分がどれくらい入っているかがわからないという点においては、少々不安を感じるところもあるかもしれません。

 

ですが、ゼルファリンは医薬品とは違いますから、人体に大きな影響を与えるほどの量は含まれていないはずです。

 

副作用についても色々とご紹介しましたが、いずれも過剰摂取をしたり、体への異変を感じつつもそれを無視して飲み続けると出る症状です。

 

用法を守り、異変を僅かでも感じたら中止する潔さ。これが、安全性を高めるうえでのポイントでもあります。

 

製造に関する場所や工程などは公になっていませんが、これまで重大な症状が見られていないことを考えれば、最も安全なサプリメントであるといえるでしょう。

 

 

ゼファルリンと他のサプリならどっちが安心?

Thumb netsyopowner

増大サプリを選ぶとき、ゼファルリンとそれ以外で、どちらを選ぶのが安心だろうかと考える人もいるかもしれません。

 

ゼファルリンのように、シトルリンやマカなどが使われているサプリメントは、数えきれないくらい存在しています。

 

ですから、ゼファルリンのような効能がある、他の健康食品であれば代替が効くと考えるのは当たり前のことです。

 

では、似たような増大系で、どちらが安心なのかを検証してみましょう。

 

ゼファルリンと成分が似ているサプリで検証

ゼファルリンとよく比較されやすいサプリをピックアップしてみました。

ゼファルリン VS ヴィトックスα

Thumb vitoxa0501

商品名 ゼファルリン ヴィトックス-α EXTRA Edition
販売元 株式会社KSTジャパン 株式会社コマクルーズ
価格 13800円 12800円
有効成分 L-シトルリン、L-トリプトファン他 60種類以上 L-シトルリン、L-アルギニン他 100種類以上
製造工場 国内 国内

Volstar Beyond VS バリテイン

Thumb volstarbeyond0609

商品名 Volstar Beyond バリテイン
販売元 株式会社LeoClie 株式会社MID
価格 12800円 13800円
有効成分 L-シトルリン、L-アルギニン、亜鉛他 61種類 L-シトルリン、L-オルニチン塩酸塩、スッポン末他 200種類以上
製造工場 国内 国内

 

どのサプリメントも、製造は国内工場でされています。ただし、場所は明かされていませんので、どこの工場かまでは不明です。

 

成分を見ても、全てにシトルリンが使われています。その量は、それぞれで異なりますが、およそ1,000㎎前後です。

 

ゼファルリンに関しては、シトルリン量が明らかにされていませんので、どのくらいの量が入っているのかはわかりません。

 

しかし、タブレット1粒300㎎に多くの成分が詰め込まれていますから、そこから考えてもシトルリンの量は上限を超えるほど多くないと考えらえます。

 

摂りすぎを考えれば、ゼルファリンは一日に2回服用しても、特に問題はなさそうです。ゼルファリンに限らず、どのサプリも用法さえ守れば、大事に至ることはないはずです。

 

他に含まれている成分にしても、一日の目安量を超えていないので、全般的に安心して飲めるかと思います。

 

特に、ゼファルリンの場合であれば、一日に2回、2粒ずつ飲むことになっています。

 

ですので、アレルギー体質など自身の体調に不安があるようなら、1粒ずつから始めることも可能です。

 

また、1日に4粒飲んでいて、動悸を感じたり吹き出物が出たりするというのであれば、服用量を調整してみるといいかもしれません。

 

これらのことを踏まえると、体の具合に応じられる点で、ゼファルリンが最も安心感があるといえるでしょう。

 

 

まとめ

Thumb takarabako

ゼファルリンには、様々な成分が使用されています。そのなかには、過剰摂取によって、難病を引き越してしまう危険性もゼロではありません。

 

しかし、用法を持っていれば、まずそのような心配は必要ないはずです。

 

よって、これらのことから副作用があるか否かを答えるとするならば、副作用はほぼないと結論づけられます。

ゼファルリンの画像出典
https://www.amazon.co.jp/
ヴィトックスαの画像出典:
http://xn--dx-yh4ana9fvgzch7es280c.com/%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%88%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%CE%B1.html
ヴォルスタービヨンドの画像出典
https://www.amazon.co.jp/

 

精力剤・サプリに関連する記事