公開日 18年01月13日

更新日 18年09月05日

ヴィトックスで陰茎サイズはUP可能!?効果が期待できる飲み方は?

陰茎増大に期待できるとあって、ネット上ではヴィトックス関連の話題が数多くあります。

 

そうした噂に敏感な男性陣は、すでに使用を始めています。

 

ところが、なかには効果がないと嘆く人も。

 

これからヴィトックスを飲もうかなと考える男性の皆さんに、期待通りの実感を得てもらえるような飲み方をご紹介します。

 

この他に、効果がないと言われている要因についても解説していきます。

 

ヴィトックスの基本的な飲み方

 

ヴィトックスは薬ではないため、飲むタイミングや回数などは特に決まっていません。

 

しかし、内容成分にシトルリンなどのさまざまな成分があることから、継続して飲むことがポイントになります。

 

基本的には、公式サイトでも推奨されているように1粒から3粒を日々飲むことです。

 

毎日飲むことによって、成分の作用を感じやすくなるからです。

 

男性の性機能の亢進を期待できるというサプリメントは、数多く売られていますが、そのなかでも類似品や模造品が出るほど視線が集まっているヴィトックス。

 

どんなサプリメントなのか、詳しく説明をしていきます。

 

ヴィトックスって具体的にどんなサプリ?

ヴィトックスは、株式会社コマクルーズが販売を担っているサプリメントです。

 

株式会社コマクルーズは、登記を確認すると東京都港区南青山にあるウィン青山というオフィスビルに拠点を構えていることが明記されています。

 

サプリメントの製造は、どこが担っているのかまでは確認できませんでしたが、コマクルーズは福岡で拠点を構えていた頃からヴィトックスの販売を行っていました。

 

そのヴィトックスは現在、多くの模造品が出回っているため、コマクルーズが運営しているヴィトックスの公式ページMENLABOでは、購入に際する呼びかけを行っています。

 

それほどまでに視線を集めているヴィトックスには、119種類もの材料が使われており、その内容の多くは性機能への亢進作用を持つものとなっています。

 

主だった成分に、血液循環を亢進させる作用を持つシトルリン。これらに加えて、馬の生殖器やマムシ、トンカットアリなど、男性の生殖能力を亢進させるものがあります。

 

また、適切量であれば体に良い影響を与えても、摂りすぎると悪いものも含まれています。

 

たとえば、亜鉛。

 

亜鉛は、健康的に生きていくのに欠くことのできない栄養素ですが、代謝で多く使われてしまったり、排便や排尿によっても失われてしまうものです。

 

また、亜鉛の吸収を阻んでしまうような作用を持つ薬を頻繁に飲んでいるような人も、亜鉛が失われやすい状態となっています。

 

一日に摂る目安としては、10代から70代男性で9~10㎎ですが、亜鉛自体は毎日の食事から摂れるものでもあります。

 

そのため、平均的に8.8㎎が摂ることができているといわれているので、上述したように亜鉛が十分に摂り入れられていない人を除いては、それほど多くを必要としていません。

 

ですから、食事以外から取り入れる場合には、その量に注意しなければならないのです。

 

亜鉛が十分に摂り入れられていない人では、食べた物の味がわからない、ケガなどで傷ができても治りにくい、腸の働きが悪く下痢が続く、貧血、神経への障害が起こります。

 

逆に適切に摂り入れられている人では、内臓や神経、筋肉など体を構成しているすべての機能が正しく働くため、健康を保持していくことができます。

 

しかし、一時的あるいは長期的に摂り過ぎた状態が続くと、体の機能に変調をきたしてしまうので、なんだか疲れがとれない、めまいや吐き気がするといった症状が出てきます。

 

一時的に摂り過ぎている場合には、中毒症状として胃のむかつきも見られます。

 

長期的に摂り過ぎている場合では、鉄分の欠乏による貧血症状、歩くときにふらつくなどしてきちんと歩けないといった運動障害、免疫力の減退が起こります。

 

亜鉛は、摂り過ぎると健康とは真逆の状態を引き起こしてしまうことがあるため、サプリメントから摂り入れる場合には、特にその量に気をつけておくことが重要です。

 

ただし、摂り入れても問題がないとされている上限は、男性で10代20代70代は40㎎まで、30代40代では45㎎までと決められています。

 

また、サプリメントの材料として使用する場合、その範囲も1粒あたり2.64㎎~15㎎までと決められています。

 

一般的な亜鉛サプリは、10㎎前後のものが多いため、一日の許容量を超えないようにしなくてはなりません。

 

ですが、ヴィトックスのように各材料の配合量がわからないものでは、許容の上限に達するかわかりませんから、商品が推奨する量を超えない程度に飲むことが望ましいでしょう。

 

ちなみに、ヴィトックスにおける配合量は1粒あたり350㎎です。

 

このなかに119種類が入っているのですから、単純計算しても1種類あたりおよそ3㎎となりますので、推奨される最大量3粒を飲むと、およそ9㎎の亜鉛を摂ることになります。

 

1回2粒から3粒が目安

ヴィトックスは、薬とは違うため、作用の現れ方も個人によって異なることを理解しておかなくてはなりません。

 

1粒で期待していた効き目が見られる人もいれば、そうでない人もいます。

 

ですから、1粒から始めてみて期待していた状態にならないようであれば、飲む数を増やして様子を見てみると良いでしょう。

 

推奨されている量は、3粒までとなっているので、効き目がないからといって一度に目安量を超える数を飲むことは、好ましくありません。

 

その理由は、前述したように摂りすぎると体に好ましくない作用が現れる可能性が高くなるからです。

 

それぞれの成分がどれくらいの量で配合されているかは不明なため、安全のためにも飲み過ぎないように、心に留めておいてください。

 

飲むタイミングはいつでもOK

ヴィトックスを飲む時間帯は、特に決められていません。これは、薬とは違って、飲む時間やタイミングに左右されないからでもあります。

 

しかし、吸収という面で考えると、まとめて一日分を摂るよりも、数回に分けて摂るほうが良いでしょう。

 

先程紹介した亜鉛で見ると、一度にたくさんの量を摂り込もうとしても、反対に吸収される量が減ってしまいます。

 

シトルリンにおいても、吸収される率に変わりはありませんが、代謝に使われる成分ですから、一度に摂り込むよりもこまめに摂り込むほうが望ましいといえます。

 

ヴィトックスの効果的な飲み方

 

ヴィトックスがどんなものであるかがわかったところで、効果を感じやすいと考えられる飲み方をご紹介していきましょう。

 

効果を得やすくするには、配合されているそれぞれの成分の性質なども踏まえておく必要があるでしょう。

 

さすがにヴィトックスに配合されている成分全てについて説明することはできませんので、119種類のうち特にヴィトックスが推している成分にピントを絞って説明します。

 

 

配合成分から考える効果的な飲み方

ヴィトックスには、3種類に分けられる成分が入っています。

 

まず、動物に関係する成分の一例を挙げると、次のものが材料として使われています。

 

 

  • 馬睾丸(陰茎含む)粉末
  • クジラエキス末
  • トナカイ角粉末
  • サソリ粉末
  • マムシ末
  • スッポン末
  • タツノオトシゴ末
  • 蜂の子末
     

 

これらはいずれも滋養や強精作用があるとして、いろいろなサプリやドリンク類に使われているものです。

 

馬の生殖器、トナカイの角からスッポンに至っては、漢方薬としても非常にポピュラーなものではないでしょうか。

 

漢方薬として使われているから効くはずだ、と思われるかもしれませんが、実は漢方薬というのは、西洋医学で使われる薬とは違って、予防という側面が強い薬です。

 

たとえば、漢方薬でも最もポピュラーといわれる葛根湯。漢方の中でも、非常に古くからあるといわれているものの一つです。

 

風邪をひいたと感じた時にすぐに飲むと、症状を早く改善してくれるとして、今では保険薬としても使われています。

 

ところが、葛根湯は風邪をひきやすい季節に予防的に飲んでいるだけで、免疫機能や胃腸を亢進してくれるため、健康的に過ごしやすい状態をつくってくれるという一面があります。

 

このように、予防的に使うことによって、漢方は効果を現しやすいという面を持っているのです。

 

もちろん、人によっては症状が出てから飲んでも、十分その効き目を感じ摂ることができる人もいますが、漢方の本来の働きとしてはマイナスの状態をフラットな状態へ戻す。

 

あるいはその逆で、プラスの状態をフラットな状態へ戻すという働きがあるのです。

 

ですから、人によっては強精作用が強いとされる馬の生殖器や、マムシ、スッポンなどを摂っても思うほど効き目を感じられずにいる人もいます。

 

これは、すでに体の状態がフラットな状態に近いと、その効きが弱く感じるということです。

 

しかし、体の調子というのは、日々変わりますから、効いていると感じる日もあれば、大してそれを感じない日もあります。

 

ストレスフルな現代では、何もしない状態でフラットな状態を保つことが難しいことを考えると、飲み続けることに意味があるといえるでしょう。

 

だとすれば、やはり効果を感じやすくするには、一日のなかでも小分けに飲むことが大切です。

 

性に関する欲求を近頃あまり持てなくなっている、セックスをしてみても長く保てない、そうした人ならば、昼、夕食時、ベッドに入る前といった夜型で飲んでみるといいでしょう。

 

植物に関連する成分の一例を挙げると、次のものが使われています。

 

 

  • トンカットアリエキス末
  • マカ末
  • ムクナ抽出物
  • アカガウクルア末
  • ボロホ末
  • ブラックジンジャー抽出物
  • ヒハツエキス末
  • ガラナ末

 

これらも、よく強壮剤や強精作用を謳うサプリメントやドリンクの類に入っているので、知っている名前もたくさんあるのではないでしょうか。

 

特にマカやガラナは随分古くから知られているので、知らない人はまずいないでしょう。

 

列挙したもののなかでも、非常に注目度が高いものとしてはボロホ末があります。

 

あまり耳馴染みのない名前かもしれませんが、近年食品業界だけでなく、美容業界でも非常に視線を集めている植物です。

 

その理由には、ボロホが持つ作用の多様性にあります。

 

ボロホは、コロンビアなどの熱帯地域に育つ野生の植物で、古くから地元住民に万能薬として使われてきたものです。

 

まるでトンカットアリと同じような経緯を持っています。

 

それが、近年さまざまな研究機関で調査をされ、コロンビアにあるアンティオキア大学での研究では、非常に強力な抗酸化作用を持つことが結論づけられたのです。

 

ボロホは、この強力な抗酸化作用のほかに、さまざまな栄養素を持っています。

 

そのなかでも特に気になるのが、アミノ酸の種類の多さです。アルギニンと他10種類ものアミノ酸があり、これらにリンやたんぱく質などを併せ持っているのです。

 

抗酸化作用によって、活性酸素を鎮静化する効果が期待できます。

 

それにより、体の調子を健全的に変えてくれ、精力亢進が図れると考えられます。

 

植物に関連する成分ですが、ヴィトックスで使われているものの多くが、性機能に関係するものが多いので、夜を中心に飲むと良いでしょう。

 

たとえば、夕食時に1粒、ベッドに入る前に2粒といった具合に分けてみてはいかかがでしょうか。

 

最後に紹介するのは、ミネラルに関連する成分です。

 

  • L-シトルリン
  • Lオルニチン塩酸塩
  • L-アルギニン
  • ヨウ素
  • セレン

 

シトルリンに関しては、配合量を倍増したということですから、血液循環の亢進には非常に期待を持てます。

 

また、オルニチンとアルギニンはそれぞれ、シトルリンとの組み合わせによって体の調子を整えてくれるものです。

 

ここで注目なのが、セレンです。あまり聞き馴染みのない人も多いかもしれません。

 

セレンは、あんこう肝、秋鰹(鰹節含む)といった魚に主にある成分で、私たちが日ごろよく食べる食パンや納豆、ごまにも含まれています。

 

セレンが持つ作用として、一番期待が高まるのは成長ホルモンへの働きかけと増進作用でしょう。

 

もう少し詳しく説明すると、喉元にある副甲状腺というところに働きかけて、甲状腺ホルモンを出すように作用してくれるのです。

 

甲状腺ホルモンの一つに成長に関わるホルモンがあります。

 

セレンを適切に摂ることによって、成長ホルモンを出すための働きが行われるようになるのです。

 

こうしたホルモンは、生殖器官へも影響を与えます。それは、つまり陰茎への良い効果をもたらしてくれる可能性が高まるということです。

 

生殖器官は、ストレスや加齢、持病によってもその活動の活発具合が変わってきます。

 

特に、性欲や勃起といったものは、ストレスや定着した良くない生活スタイルへの影響を強く受けがちです。

 

なぜなら、性欲や勃起にはホルモンの活動が深く関係しているからです。

 

そもそもの原因となっている部分に働きかけてくれることから、陰茎サイズの亢進も期待できる可能性があるのです。

 

陰茎の大きさは、成長期を過ぎれば、悲しいかなサイズダウンしていってしまう傾向にあります。

 

これは、年齢を重ねることによって陰茎をつくっている組織が硬く縮んでしまうことに関係しています。

 

また、成長期であっても強いストレスに連続的に晒されることによって、ホルモンの活動が弱くなり、成長する余力があるにもかかわらず、その成長が止まることもあります。

 

成長する余力や元に戻る余力がある状態なら、そこに良い刺激を与えてやれば、サイズアップが見込めるのです。

 

その要素の一つとして、成長ホルモンに関係する作用を持ったセレンが、ヴィトックスには入っているのです。

 

そのセレンは、比較的摂りやすい栄養素とされていて、その理由は腸からの吸収の良さにあります。

 

摂ったセレンのおよそ半分が体に摂り込まれるので、足りていない状態であるほうが珍しいといえるかもしれません。

 

セレンを摂る目安量としては、10代後半から70歳以上男性で30μgが一日量ですが、現在日本人が一日に平均的に摂っている量としておよそ100μgといわれています。

 

セレンを摂りすぎると、毛がよく抜ける、体が重怠い、指先や爪先などに痺れや感覚の鈍さといった症状が現れます。

 

目安量をすでに超えていることから、もう摂り過ぎの状態なのでは、と心配される方もおられるかもしれませんが、食事だけで摂っている場合はあまり心配はいりません。

 

一日に摂ってよいとされている上限は、10代後半から20代で420μg、30代40代では少し量が増えて460μg、50代60代では440μg、70代で400μgです。

 

先程紹介した食品で、比較的食べる頻度が高い食パン、納豆、ごま、鰹は、100gあたりでそれぞれ、次の量のセレンが入っているので、食べ過ぎなければ問題ありません。

 

 

  • 食パン:24μg
  • 納豆:16μg
  • ごま:10μg
  • 秋鰹:100μg
  • 鰹節:320μg

 

これら食品の中で注意しておきたいのが、鰹節です。

 

味噌汁に使う分にはそれほど問題はありませんが、そのまま醤油をかけて食べるなどしている場合は、摂り過ぎになる可能性がありますので、あまり頻繁に食べるのは避けましょう。

 

こうした食事内容でなければ、それほど一日の上限に達することはないはずです。

 

ただ、やはり摂り過ぎてしまう可能性が高いことは否めないので、ヴィトックスを飲むなら、セレンを栄養素に持つ食品を食べるのは、量を減らすなど調整をしましょう。

 

もしも、食事でセレンを摂りすぎたかもしれないと思ったら、ヴィトックスの数を減らすなど、都度調整してください。

 

飲むタイミングとしては、成長ホルモンは特に就寝中に活動性が高くなるので、夜を中心にするといいでしょう。

 

結論として、ヴィトックスで陰茎サイズの亢進を見込むなら、夕方から朝方に掛けて成分が体に残るように飲むことがベストといえます。

 

ヴィトックスに効果がないと言われる理由

ヴィトックスの口コミを見ていると、期待していたような効果が全く見られないと訴える人も少なくありません。

 

しかし、一方で際立った効果を感じている人もいます。

 

この違いは一体なんなのか、その違いについて考察してみました。

 

効果が見られない人と見られる人の条件が、どの程度同じなのかはわかりませんので、あくまでも推察となります。

 

まず、一番考えられるのがすでに陰茎が最大値まで大きく育っていることです。

 

すでにご紹介したように、陰茎のサイズを亢進させるには育つための土壌に余白が必要です。

 

しかし、すでにその土壌が埋まっている場合、成長するための余白がないため、それ以上育つことができないということになります。

 

男性ホルモンの活動性が高まることはあっても、それ以上の成長の余地がないと、精力は亢進されても、サイズアップは難しいのだろうと考えられます。

 

次に考えられるのが、ホルモンバランスが体の求める均衡を保てていないということです。

 

陰茎の成長に欠くことができないホルモンの一つには、男性ホルモンが挙げられます。

 

そのホルモンが成長に足る量でない場合、陰茎サイズが変わるとは考えにくいのです。

 

この男性ホルモンは、加齢や持病によっては減退の一途をたどります。

 

すでにホルモン量が減っている段階で、ヴィトックスを飲んでみても必要量に足りていないと、効果を感じることは難しくなります。

 

3番目に考えられるのが、飲み始めてまだ日が浅いことです。

 

ご紹介してきたように、ヴィトックスで使われている材料はいずれも、非即効の食品添加物や漢方などです。

 

最低でも1ヵ月は続けて飲み続けないと、効果を判定するには不十分でしょう。

 

ED治療薬のように、必要時だけ飲めばいいというものではないため、毎日継続して飲むことが必須条件ともいえます。

 

さらに言えば、口コミで数日で期待通りの効果があったという人も見かけますが、これもいろいろな条件が重なっていることが考えられます。

 

たとえば、冬の寒い季節では、生殖器の活動が鈍くなりがちです。

 

これは、寒さから精子や造精能力の低下を守るためですが、その一環で皮膚や筋肉が引っ張られて、陰茎が縮みます。

 

また、食事が不規則だったり、偏った内容で栄養が十分でなく、血行が悪くなっている場合も、勃ちが悪かったり、力不足を引き起こしていることがあります。

 

加齢やストレス、生活状況によって、陰茎にとって劣悪な状況になっていたことが思わぬ形で改善され、サイズ亢進に繋がったということも十分に考えられます。

 

ただ、不思議なことに、わずか数日で劇的に変わったという人は誰も痛みを訴えていません。

 

通常、急速に皮膚が引っ張られる状況が起これば、裂けるような痛みを伴います。

 

たとえば、勃起時。いつも以上に感度が上がり、勃起具合が最高値を示すほど、いわゆるビンビンの状態になったとき、ペニスに痛みを感じたことはないでしょうか?

 

このときの陰茎のなかは、血流量が最大となり、海綿体の膨張率が最大値になっているはずです。

 

加えて、陰茎表面を覆うシワは見当たらず、皮膚が突っ張っている状態になっているはずです。

 

この突っ張り具合にも限界があるので、許容範囲であれば、陰茎の体部には痛みは生じないかもしれません。

 

しかし、亀頭周辺には、それほど余った皮膚があるわけではないので、陰茎体部が急速に成長した場合、亀頭周辺の皮膚も引っ張られることになります。

 

これらのことから考えて、急激な変化を謳う口コミはあまり信用性がないといえます。

 

ただし、長期的に続けることによって徐々に変化する場合には、痛みを生じることはないでしょうから、サイズ亢進したという口コミは信憑性はやや高いと判断できます。

 

とはいえ、口コミはあくまでも、その利用者がどれだけの期待をヴィトックスに向けていたかによって、発せられる言葉が変わってきます。

 

たとえば、5㎝のサイズ亢進に期待を持っていたのに、実際には1㎝しかプラスにならなかった。

 

4㎝の差は、利用者の期待を裏切るものになるでしょうから、当然その人から発せられる言葉は、思っていたのと違った、思うような効果はなかったというものになります。

 

しかし、結果だけを見れば、1cmであれサイズ亢進されているのですから、効果があるといえるのです。

 

このように、発信する人の期待具合によって、書かれる内容も大きく印象を変えてしまうものになりますから、やはり数か月でも実際に試してみるのが確実でしょう。

 

この他で気になったのが、効果が見られずに嘆いている人のなかでも、全員が正規品のヴィトックスを使っていたのだろうか?という点です。

 

本物は公式HPでしか手に入らない

ヴィトックスの正規販売を行っているMENLABOでは、類似品が非常に多く、購入予定者への呼びかけをしています。

 

その内容は、正規品はMENLABOでしか手に入らないというものです。

 

なかには、定期的な買い入れを促す契約をするところもあり、MENLABO曰く都度購入しか受け付けていないということです。

 

これからヴィトックスを買おうとしている人は、必ずMENLABOが運営するWEBサイトを利用するようにしてください。

 

ちなみに、ヴィトックスの公式を探すには、やや遠回りな印象を受けました。この動線がスムーズだと、間違ったところで買う人が減るかも?と感じました。

 

公式の探し方は、まずGoogleで「ヴィトックス」と検索を行います。

 

検索したキーワードに関連して表示される広告のうち、どれか一つを選び、表示されたページから公式サイトへアクセスします。

 

ヴィトックスの公式と謳うサイトが広告表示されるため、どれが本物なのか迷うかもしれません。

 

ですが、ひと通り確認してみたところ、いずれも公式サイトへのリンクが貼られていたので、そこは一先ず安心といったところでしょう。

 

どうやら、特に注意深くあるべきなのは、インターネット通販サイトのようです。

 

安いからで公式HP以外で購入しないで

大手を含めたインターネット通販サイトを見てみましたが、正規品なのかどうか、使われている写真からでは全く見分けがつきません。

 

唯一、引っかかったのは、出品者についての情報です。

 

通常、通販サイトでは出品者についての情報が載せられていることが多いのですが、どこの販売会社なのかハッキリと明記されていないところもありました。

 

こうした出品者の場合、ただの横流しではない可能性があり、どんな成分が入れられているかもわかりません。

 

公式で買うとなると、割引されているとはいえサプリメントにしてはかなり高額な部類ですから、つい廉価品を求めたくなる気持ちはわかりますが、よく確かめることが大切です。

 

まとめ

男性にとって自分のサイズに自信が得られるだけで、日々を楽しく過ごせるようになる、それほど心の中での存在感が大きなものでしょう。

 

ヴィトックスは、そうした男性の強い味方になってくれる可能性を秘めたサプリメントです。

 

しかし、その値段は非常に高く、ちょっと試してみようといった軽い感覚で手を出し辛い商品でもあります。

 

ですが、ヴィトックスは男性機能の能力を上げてくれるだけでなく、サイズ亢進、体調の改善といったものも見込める機能性サプリです。

 

今回ご紹介したヴィトックスのベストな飲み方を参考に、ぜひヴィトックスの効能を感じてみてください。

 

精力剤・サプリに関連する記事