公開日

更新日 18年09月07日

大人気!?バイアグラのジェネリックを安く手に入れる方法って?

最近、勃起出来なくて困っている...

 

そんな男性陣の強力な味方が「ED治療薬」。

 

バイアグラが登場した時は「夢の薬」と言われ、今でも愛用者はたくさんいます。

 

でも気になるのは費用面。

 

できるだけお財布からの出費を抑えられるのであれば抑えたい、という方も結構いらっしゃるのではないでしょうか。

 

今回はそういった方のために、主にコスト面に焦点を当てた情報をお届けしたいと思います。

 

ED治療薬を安い料金で使うには?

Thumb drugs red white

ED治療薬の価格はどこで決まるのか

そもそもED治療薬の価格はどうやって決められているのでしょうか?

 

ED治療薬は医療用医薬品になりますので、気軽にドラッグストアで購入できるわけではありません。

 

病院やクリニックに訪問し、医師から処方してもらう必要があります。

 

通常ですと、この「医療用医薬品」は国が定めた「薬価」により統一されています。

 

例えば、皆さん痛み止めや解熱剤として「ロキソニン」を病院でもらったことはありませんか?(ロキソニンには「市販薬」と「医療用医薬品」の両方があります。ここでは「医療用医薬品」について述べています)

 

ロキソニン錠60㎎は1錠あたり15.90円と薬価が決められています。

 

ですから、どれだけ大きい病院であっても、近くの小さなクリニックであっても、1錠につき15.90円として処方されます。

 

ところが、これがED治療薬だと異なります。

 

ED治療は「自由診療」というカテゴリーになります。

 

通常の保険がききません。

 

通常、医療用医薬品は自己負担が3割で残りの7割は国が負担します。

 

自由診療になりますと全額自己負担になります。

 

そしてED治療薬には統一された薬価はありません。

 

ED治療薬を製造した製薬会社の希望価格があるにはあります。

 

しかしED治療薬は処方する医師が自由に決めることが出来ます。

 

ですから病院やクリニックによってED治療薬の価格が異なります。

 

全額自己負担ですから、これは重要なポイントになるのではないでしょうか。

 

確実にED治療薬の値段を抑えるには

ただ、そうはいっても今はネット社会です。

 

あまりにも高い薬価を設定していると、噂はすぐに広がってしまいます。

 

ですから、「ED治療薬は自由に価格を設定できる」とはいっても相場はあります。

 

ED治療薬には3種類(バイアグラ、レビトラ、シアリス)ありますが、詳細は後述しますが、全体ではどれも1錠1,500円~2,000円程度と言われています。

 

これを高いと判断するかどうかは個人差があると思いますが、なるべく出費を抑えたいところですよね。

 

最も確実に安全にED治療薬の負担を抑える方法があります。

 

それは「ジェネリック医薬品」を選ぶことです。

 

実はこの3剤の中で「ジェネリック」が発売されている薬があります。

 

それが最も有名な「バイアグラ」です。

 

 

 

バイアグラにはジェネリックがある

Thumb cross

ED治療薬の中で唯一バイアグラにのみ、ジェネリック医薬品があります。

 

すでのご存じの方も多いと思いますが、少しジェネリック医薬品について説明いたします。

 

先発品と後発品について

ジェネリック医薬品は別名で「後発品」と呼ばれます。

 

「後発品」の反対は「先発品」ですね。

 

先発品というのは製薬会社が膨大な費用をかけて新しく開発した医薬品になります。

 

そもそも医薬品というのは地球上に何万とある成分から、病気に効果がありそうなものを見つけ出します。

 

その成分に本当に病気を改善する効果があるのか、それと同時に安全性が確保できるのか、数えきれないくらい何度も検証や試験が行われます。

 

そうやって製薬会社が莫大な開発費用をかけて産み出した新薬には、「特許」が与えられています。

 

これは「他の会社はマネして製造してはいけませんよ」という意味です。

 

他の会社がマネをして安く売りだしてしまったらどうでしょう。

 

先発品を開発した会社は全く利益を出せなくなってしまいます。

 

全く利益が出せないのであれば新しく薬を開発する会社がなくなってしまいます。

 

ですから新薬には「特許」が与えられ、特許が有効である「特許期間」は後発品を製造することが出来ません。

 

苦労して、時に数百億という開発費用を投じて新薬を生み出した製薬企業の利益を守る仕組みがあるのです。

 

しかし一方で薬の価格が高いままであると、医療費は増大するばかりです。

 

個人の負担もどんどん大きくなっていくだけになってしまいます。

 

そこで特許期間は開発した製薬会社にしっかり利益を出してもらい、特許が切れた後は「後発品を発売しても良い」というルールになっています。

 

後発品というのは先発品と比べ製造費用が比較にならないくらい低いです。

 

少し料理に例えてみます。

 

全くゼロから新しい美味しい料理を作るとします。

 

色々な食材を試し、組み合わせ、調味料を調節し、また一からやり直し、何度も何度も味見をして、改良を加え、ようやく新しい料理が完成しました。

 

この新しい料理に使う材料、調味料、作り方を何の苦労もせずに、そっくりそのままマネをする、これが後発品なのです。

 

後発品は開発費用がほとんどかからないため、その分薬価も下げられます。

 

バイアグラのみジェネリックが存在する

バイアグラは1999年に日本で発売されましたが、特許が2014年5月13日に切れました。

 

そして2014年5月以降に次々とジェネリック医薬品が発売されることになります。

 

レビトラやシアリスにはまだジェネリックは存在しません。

 

今、現在このバイアグラのみジェネリック医薬品が存在するのです。

 

バイアグラには圧倒的な知名度と使用実績があります。

 

バイアグラを使ってみたい、けれど出費はなるべく抑えたい、そんな方には「バイアグラのジェネリック」が有力な選択肢になってくるでしょう。

 

ジェネリックは先発品よりどれだけ安い?

Thumb pill

バイアグラには2規格あります。

 

25mgと50㎎です。

 

使い分けについては医師に相談しましょう。

 

勃起不全といっても、「勃ちにくい」のか「全く勃たない」のか、個人差がありますし、適した用量は人それぞれです。

 

ここでは価格面に注目します。

 

25mgは通常の相場ですと1,000円~1,300円

 

50㎎だと1,500円~2,000円になります。

 

これがジェネリックになりますと50㎎だと1000円程度になります。

 

50㎎を使う方が多いと思いますので、仮に先発が1500円、ジェネリックが1000円だとすると1錠あたり500円程安く手に入れることが出来ます。

 

仮の計算ですが、1週間に1回のペースで使うと仮定します。

 

1ヶ月で2,000円、1年間で24,000円ほど負担を減らすことが出来ます。

 

通常、1箱あたり4錠入っています。

 

仮にクリニックに行って8回分出してもらうとします。

 

その時の支出額が先発の場合12,000円ですが、ジェネリックですと8,000円です。

 

「結構、負担額に違いがあるな」と感じる方も多いのではないでしょうか。

 

バイアグラのジェネリックの効果は?

Thumb clock

バイアグラを使用する際はジェネリックを選択することで経済的な負担をかなり減らせることがお分かりいただけたかと思います。

 

ですが、「ジェネリック医薬品を使用して、果たして先発のバイアグラと同じ効果が本当に得られるのか?」と不安に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

では、その点についてみていきましょう。

 

 

そもそも先発のバイアグラの効果の特徴は?

そもそも先発のバイアグラの特徴はどういった点があげられるのでしょうか。

 

バイアグラの他にも、ED治療薬には「レビトラ」と「シアリス」があります。

 

まず、バイアグラが他の2剤と圧倒的に異なる点があります。

 

それは「知名度」です。

 

バイアグラを知らない人はほとんどいません。

 

バイアグラは世界で初めての勃起治療薬です。

 

またバイアグラはED治療薬として最も多くの人に使われた実績があります。

 

圧倒的な知名度と使用実績。

 

これが他の2剤と決定的に異なる点です。

 

ですが、実際の効果の面で他の2剤との違いはないのでしょうか。

 

レビトラの特徴は「即効性」にあると言われております。

 

バイアグラやシアリスは効果発現に60分程度必要と言われておりますが、レビトラは15分~20分で効果が出ます。

 

シアリスは「効果時間の長さ」が特徴であると言われています。

 

バイアグラの効果持続時間は4時間~5時間、レビトラは8時間~10時間であるのに対し、シアリスは36時間と言われております。

 

バイアグラの効果の特徴でよく言われるのは「固さ」です。

 

「勃起力」という言い方でもいいかもしれません。

 

「即効性」や「効果の持続時間」といった形で具体的な数値として示すことは出来ないのですが、バイアグラは「勃起力が違う」と言われております。

 

それ故、レビトラやシアリスが登場してからも「やっぱり自分はバイアグラでないとダメだ」という方が結構いらっしゃるようです。

 

 

 

 

 

後発品は先発と同じ有効成分が同等に働く

ジェネリックが認可を受けるためにはどのような条件があるのでしょうか。

 

まず先ほど述べた特許期間が超えてからでないとジェネリックは発売できません。

 

それ以外にも「有効成分」の「生物学的同等性」が認められる必要があります。

 

バイアグラの場合、勃起不全を改善する働きをする成分は「シルデナフィル」と言います。

 

バイアグラが「商品名」であるのに対し、「シルデナフィル」は「一般名」と呼ばれます。

 

有効成分である「シルデナフィル」が体内で先発品と同じように働けば、ジェネリック品も同じように勃起不全の改善という効果が得られるわけです。

 

「生物学的同等性」というのは、有効成分の体内の血中濃度を測定することで検証します。

 

つまり「体内に吸収される薬物量と薬物濃度が先発品と等しい」という場合に「生物学的同等性が認められる」ということになります。

 

この生物学的同等性が認められることで、後発医薬品メーカーはジェネリック医薬品を発売できるようになるのです。

 

後発品は効果の特徴も同じく期待できる

ジェネリック医薬品はかつて「ゾロ」と呼ばれていた時代がありました。

 

「先発と同じような効果が得られない」とか「先発にはない副作用が出た」というケースが実際かなりあったのです。

 

ですから中には年配の医師でジェネリック医薬品に対し「安かろう、悪かろう」のような

イメージを持っている場合があります。

 

しかし、今はジェネリック医薬品の品質水準も格段に上がりました。

 

先発品と効果が同じだけでなく、「先発より小さくて飲み易い」「先発より使用期限が長い」など、先発品以上に品質が高いこともある程です。

 

先ほど説明した通り「先発品と全く同じ成分が全く同じように体内に吸収される」ということが証明されているものが、後発品になります。

 

そういう意味では「バイアグラと同じような勃起力がジェネリックでもしっかり発揮できる」と考えてまず問題ないでしょう。

 

バイアグラ ジェネリックの注意点

バイアグラの特徴は「勃起力」です。

 

しかし他の2剤を上回るデメリットがあります。

 

それは「食事の影響を受ける」という点です。

 

シアリスはほとんど食事の影響を受けず、レビトラはそこまで食事の影響は受けません。

 

しかし、このバイアグラは食事の影響をもろに受ける、と考えておきましょう。

 

食後すぐに服用してしまうと効果が得られません。

 

空腹時に服用しないといけない薬なのです。

 

ですから食事前に服用する、もしくは食後は最低1時間経過してから服用しましょう。

 

出来れば脂っこい食事は控え腹7分目程度に抑えることをオススメします。

 

脂肪分の多い食事を満腹食べてしまうと、1時間経っても効果が半減してしまうかもしれません。

 

これは先発と後発で違いはありません。

 

後発品でも同じように「空腹時」に服用するようにしましょう。

 

SEXする前にどこか雰囲気の良いお店で食事をする、というのはSEXまでの過程としては王道ですから、この点には注意が必要です。

 

また他の薬との飲み合わせにも注意しなくてはなりません。

 

まず、狭心症の薬であるニトログリセリンですが、これは絶対に避けましょう。

 

どちらも血流を良くする薬剤になりますので、このような組み合わせは危険です。

 

他にも循環器系の薬剤との併用には注意しましょう。

 

ジェネリックでも安全性に問題はないか?

Thumb bengoshi

ジェネリックは安い分、安全性が先発より劣る、といったことはないのでしょうか。

 

いくら出費を抑えることが出来るからといって、先発品のバイアグラ以上に副作用が出ては困りますよね。

 

昔、全てのジェネリック医薬品が「ゾロ」と言われた頃は、先発にはない副作用が出てしまう薬もありました。

 

しかし、バイアグラのジェネリックが発売されたのは2014年。

 

すでにジェネリック医薬品全体の品質水準が大きく向上しています。

 

特にジェネリックだからといって、先発にはない特有の副作用が問題となることはないと言われています。

 

しかし、元々先発のバイアグラに一定の副作用がありますので、それを「ジェネリックにしたから副作用が出た!」と勘違いしてはいけません。

 

そのような勘違いをしないように、一度先発品のバイアグラによくみられる副作用を確認しておきましょう。

 

バイアグラの副作用は何がある!?

バイアグラをはじめ、レビトラ、シアリスといったED治療薬の薬理作用について少し説明いたします。

 

元々勃起がなぜ起こるのかご存じでしょうか?

 

男性は性的刺激を受けた時、陰茎部に血液が集中します。

 

ペニスに血液が集中することで勃起します。

 

ではどうしてペニスに血液が集中するのでしょうか?

 

それは脳が信号を送るためです。

 

血液が流れやすくなるためには血管を拡張させる必要があります。

 

逆に血流を鈍くするには血管を収縮させる必要があります。

 

勃起不全の方は脳が信号を送っても、血管が拡張せずペニスに十分な血液が行かないのです。

 

つまりED治療薬は「血管を拡げてペニスに血液を送りやすくする薬剤」になります。

 

ただ、薬を服用することで、有効成分が身体全体に行き渡るので、ペニスのみに作用するわけではありません。

 

身体全体に薬の作用があらわれます。

 

身体全体の血管を拡げるような作用です。

 

一番敏感なのが「顔面」や「頭部」になります。

 

そのためバイアグラの副作用には、顔のほてりや頭痛が見られます。

 

また血液の流れを良くする循環器系のお薬との併用などには注意です。

 

血流を良くする薬剤同士を一緒に使うと危険になります。

 

もちろんジェネリックでも同様なので、注意いたしましょう。

 

少しはバイアグラの副作用について理解できたでしょうか。

 

一定の割合で顔のほてりや頭痛が出てきますので、ジェネリックを使用した場合も同様です。

 

むしろ、そのような副作用が出れば、同じような効果が期待できるともいえます。

 

ですので、ジェネリック医薬品を使ってそのような副作用が出たからと言って、「ジェネリックにしたから副作用が出た」と勘違いしないようにいたしましょう。

 

色々あるジェネリックの中で違いはあるか?

Thumb 2doctor

はじめにバイアグラのジェネリックを発売したのは東和薬品になります。

 

先発の特許が切れてすぐ、2014年5月に発売しております。

 

しかも「OD錠」という剤型で発売しております。

 

「OD錠」というのは「口腔内崩壊錠」のことで水なしで服用出来ます。

 

ED治療薬は予定外で使用する時もありますよね。

 

「すぐに服用したい」「相手に気づかれないように飲みたい」といった要望に応えるために開発したのでしょう。

 

これは「シルデナフィルOD錠50㎎VI『トーワ』」といった商品名で発売されています。

 

味は2種類あり、「レモン風味」と「コーヒー風味」があります。

 

OD錠は時に苦く服用しずらいのですが、このような味を工夫することで服用しやすくしているようです。

 

他にもキッセイ薬品、陽進堂、武田薬品、富士化学、テバ、といった会社から発売されています。

 

ジェネリック薬品そのものでどこのメーカーでも大きな違いはありません。

 

先ほど述べたように、どのジェネリック医薬品も有効成分である「シルデナフィル」の「生物学的同等性」が認められたからです。

 

一番はじめに発売された東和薬品のジェネリックのみ「OD錠」ですが、それ以外は水で服用する「普通錠」になります。

 

ジェネリック医薬品を比べた時に一番大きな違いと言えばこの点になります。

 

細かく見ていきますと、多少の違いは色々とあります。

 

例えば錠剤の形ですが、先発のバイアグラはひし形をしています。

 

ジェネリックには円形のものもあれば、楕円形のものもあります。

 

また、先発と同じひし形のものもあります。

 

色で見ますと先発はブルーです。

 

ジェネリックでは同じブルーもありますし、白色やピンクもあります。

 

また先発のバイアグラには「割線」はありません。

 

「割線」があると半分に割れて、薬をより飲み易い大きさにすることが出来ます。

 

ジェネリックの中には「割線」が入っているものもあります。

 

「薬を飲み込むのが苦手」という方や「薬の色が先発と同じでないと気分的になんだか嫌だ」という方は、こういった細かい点も考慮して選ぶといいでしょう。

 

どこのメーカーのジェネリック医薬品を扱っているのかは、医療機関によって様々です。

 

これは処方する医師が自由に決められることですから、バイアグラのジェネリックを使うのであれば医師に相談すると良いでしょう。

 

今でしたら、どこの後発品メーカーのジェネリックを扱っているかホームページで記載している病院、クリニックは多いかもしれません。

 

ネットによる購入は危険!?

どこのメーカーのジェネリックでもそこまで大きな差はありませんが、一つだけ注意点があります。

 

それは「ネットからの購入」になります。

 

実は、ED治療薬は海外製品のものを「個人輸入代行」という形で、クリニックや病院に行かなくても手に入れることが出来ます。

 

しかも、先ほど述べた1錠1000円という相場を大幅に下回る価格設定がされているケースも多々あります。

 

しかし、安易にこちらに走ってしまうと「偽物」を掴まされてしまう場合があります。

 

ジェネリックであれば、そのリスクはなおさら高まります。

 

全世界的にヒットしたこの「バイアグラ」は海外では特許切れの前にジェネリックが発売され、問題となったことがありました。

 

効果が出ないことはもちろん、重篤な副作用が起こることもあるのです。

 

ある調査においては、インターネットで出回っているED治療薬のなんと50%を超える割合で偽造薬が出回っていた、というのです。

 

また海外では25mg、50㎎の他100㎎のジェネリックも存在します。

 

この100㎎をそのまま服用したり、100㎎を半分にして服用する方もいらっしゃるようです。

 

完全に独自で薬を服用することほど危険なことはありません。

 

またそのような個人による服用ですと、通常なら医師から受けられる服用の際の注意点や他の薬との相互作用、必要な用量などの説明なども受けられません。

 

薬というのは様々な情報とセットで初めて効果や安全性が保たれるものでもありますから、このようなジェネリックの購入方法はオススメしません。

 

多少忙しくても近くのクリニックや病院に足を運び、医師と相談しながら処方してもらうようにいたしましょう。

 

バイアグラのジェネリックを手に入れる方法

Thumb ossann

実際、バイアグラのジェネリックを手に入れるにはどうすれば良いのでしょうか?

 

基本的にED治療薬はどの病院、クリニックでも処方してもらえます。

 

イースト駅前クリニックのホームページによると以下の記載がございます。

「近くにED専門のクリニックがない場合、まずはかかりつけ内科や近くの泌尿器科を受診するのがいいでしょう。 ED治療はED専門クリニックで・・・というイメージもあるかもしれません。ですが、以外にもED治療薬は診療科を問わずに処方してもらえるのです」

イースト駅前クリニック

但し、眼科や整形外科などでは取扱いがない可能性がありますし、確実を期すなら泌尿器科、もしくは内科に受診することをオススメします。

 

ただ、ジェネリックを扱っているかどうかは事前に確認した方が良いでしょう。

 

ED治療専門のクリニックであれば、まず取り扱っていると考えてよいかもしれません。

 

ですが、近くにそのような専門の医療機関がなければ、泌尿器や内科を標榜しているところに電話で聞いてみるのもよいでしょう。

 

ホームページや口コミの情報がインターネットに記載がある場合もあるので、それらをチェックしても良いと思います。

 

ちなみに、「メンズサポートクリニック」「ABCクリニック」「エーツー美容外科」といった医療機関ではジェネリックの取扱いもありますし、安心できるクリニックになります。

 

お近くに住まわれているのでしたら、一度受診を検討してみてはいかがでしょうか。

 

ジェネリック・通販に関連する記事