公開日 18年01月02日

更新日 18年09月05日

飲む前に必ず確認を!バイアグラに隠された3つの副作用とは

かつては中高年男性、高齢者男性を中心に話題となったバイアグラですが、最近では話題は沈静化していますよね。

 

それにバイアグラは、その副作用、本来の製剤の用途など、一般的にはあまり知られていないのが現実です。

 

バイアグラについて、正しい知識を持って、キチンと定められた用法、容量は守って使って欲しいものです。

 

また、決してED勃起不全の完治を目的とした治療薬ではありませんので、そこはよく念頭に老いておく必要があります。

 

 

バイアグラの副作用

Thumb vgr pfyzer

出典

まず最初に、バイアグラは非常に早いスピードで厚生労働省が医療用医薬品として認可した心不全用の薬品からスタートしていることは、利用に関して考慮に入れておく必要があります。

 

勃起不全(ED)用の医学的効果ばかりがクローズアップされてますが、この薬の主成分であるシルデナフィルクエン酸塩について。

 

狭心症の症状を持つ患者が、ニトログリセリン等の劇薬に近い投薬を受けている場合、高齢者で特に個人輸入でバイアグラを入手し、バイアグラを服用して勃起不全解消を目的で性行為を行った際に、心肺停止などに至った事例が増えたため、日本での臨床試験をスルーして、HIV用の薬剤として緊急認可したものです。

 

そのため、このバイアグラ自体は米国の製薬会社の臨床試験だけしかデータが存在せず、心臓疾患のための、非常に強い副作用を持った製剤である点をよく注意する必要があります。

 

従って、日常的に常用できる医薬品ではなく、本来は狭心症などの心臓疾患患者に、医師が医薬作用を考慮しながら、慎重に投薬するのがこの薬の特徴です。

 

頭痛

バイアグラは、米国ファイザー社が日本で販売する、米国の製剤ですので、製品名であるバイアグラよりも、「シルデナフィル」の名で循環器系医療で知られています。

 

医薬的作用は、肺血管などに作用し、全身の血管拡張を強制的に作用させる、非常に危険を伴う副作用が大きな特徴です。

 

これによって血圧を引き上げて、薬剤の作用で心肺運動を無理やり引き起こし、心肺停止を防ぐための薬です。

 

この薬の効果は、全身に作用しますので、陰茎の勃起に必要な血液も大量に送られることになるので、一時的な勃起不全解消につながります。

 

従って、バイアグラは勃起不全治療薬ではなく、勃起不全解消の作用そのものが、いってみればバイアグラの副作用ともいえるのです。

 

バイアグラ服用で頭痛が起こるメカニズムは、全身の血管拡張によって脳血管拡張が引き起こされ、血管周囲の脳神経を圧迫することから引き起こされます。

 

米国の臨床試験では、頭痛が発生する確率は、服用後約10%程度です。この頭痛の緩和は、医師の指導のもと、抗炎症剤との併用が可能な場合に限り、投薬で緩和することになります

 

めまい

バイアクラ服用によって生じる頭痛と全く同じ副作用で、血管拡張によって脳神経を圧迫すのですから、脳神経の神経伝達物質に悪影響が作用して、視神経、聴覚神経などに作用に、めまいを併発する事があります。

 

この確率も頭痛とほぼ同じです。頭痛、めまいの他に傾眠と呼ばれる強い眠気に襲われたり、視神経に作用し、眩しい光がフラッシュのように感じられるフラッシュバック、記憶力低下に、下半身の痙攣、脳神経の異常伝達による、記憶力や思考の低下などが見られる場合があります。

 

不安や、不眠、無気力などの精神的な影響もあります。また、血管拡張は頭の筋肉にも作用するので、薄い頭皮の毛細血管が急激に拡張し、この筋肉痛から強い圧迫性の頭痛を併発するケースもあります。

 

ほてり

バイアグラの主成分、シルデナフィルクエン酸塩は、勃起不全解消の目的で服用する場合は、基礎疾患の有無の検査が事前に行われなければなりません。

 

高齢者では血漿中濃度が増加することがあるため、含有量の低い製剤から慎重に服用を求められます。

 

ほてりに関しては、血管拡張によって血流が一時的に増大するので、運動後の血流によって、体温が上昇するような作用ですが、多系統萎縮症の患者の場合は、投与後に大幅な血流上昇によって、ほてりとは逆に低血圧になる場合もあります。

 

顔が赤くなる潮紅は循環器系の作用なので、高血圧の患者に近い症状の一つです。またこうした循環器系の副作用は、頻発する頻度は医学的にも、必ず起こる確率はまだ立証されておらず、医薬的には不明のままです。

 

副作用を感じる確率は?

Thumb roundleave

頻発不明の副作用は、頭痛やめまいの他に緊張亢進、錯乱、胃腸障害、口渇、消化不良、腹痛、鼻炎、呼吸障害、鼻づまり、咽頭炎、喘息、鼻出血、皮膚乾燥、皮膚障害、皮膚に赤い斑点が見られるなどがあります。

 

目の充血、味覚異常、味覚消失、流涙異常など、医薬品としては副作用が非常に多いのも特徴です。頭痛の頻度と同じように、これらの症状も、バイアグラ服用で必ずどの部位がそのように副作用の症状となるかは、個人差があります。

 

したがって、確率論で「~の頻度で併発します。」といった、確定的な副作用の臨床実験は行われておりません。

 

ただ、こうした副作用は、シルデナフィル自体が狭心症を含めた循環器系障害の一時的な改善を狙った薬品なので、血液に関する身体機能に大きな影響を与えることは確実に言えるということになります。

 

 

約9割の人が感じる

製品名バイアグラの場合は、今でも国内外では臨床試験が続けられています。勃起不全(ED)は、心理的要因による“心因性”のもの、神経や血管など体に問題のある“器質性”の2つの要因によって、勃起が正しく機能しない場合に起こります。

 

しかし、製剤の主成分からすれば、「陰茎の海綿体平滑筋の緊張をゆるめ血流をよくする」という一部分の特性を切り取って、インターネットではよく宣伝、あるいは説明されることが多いので非常に注意が必要です。

 

陰茎の勃起を止める酵素を阻害する作用時間は、この薬の主成分自体が、心肺停止を防ぐ一時的な血流上昇を目的としていますので、当然作用時間は短く、4時間以内に薬効が始まり、持続性は30分ほどです。

 

なた勃起はその身体作用は、陰茎に対する適切な物理的刺激がまず必要で、性的な興奮を増長、持続させる作用はありません。

 

この点を多くのネット情報でも誤解を生じる記事が散見されます。あくまでも、陰茎に流れる血流が一時的に増えるということだけを目的として、勃起不全治療薬として認知されているのです。

 

また射精に関しても、循環器系とはあまり因果関係が低い作用ですので、バイアグラを服用して、精液が増えるということはまずありません。

 

副作用としては、あくまでも「血流増進」を一時的に行うための薬剤が主に使われていますので、当然、血圧は薬剤の作用で正常ではない危険なレベルに達する場合があります。

 

従って、自分の選択でバイアグラの主成分シルデナフィルクエン酸塩の含有率を変えて、自分で個人輸入して服用することは、非常に危険を伴います。

 

副作用の形態としては、「循環器」、「精神、神経系」、「肝臓」、「消化器」、「泌尿・生殖器」、「呼吸器」、「筋肉、骨格系」、「皮膚」、「血液」、「感覚器」など身体のあらゆる部位に副作用の症状が出る場合があります。

 

こうした副作用は、バイアグラ錠承認時の国内臨床試験、外国で実施された第II相/第III相試験、及び使用成績調査の結果に基づいています。

 

しかしその結果は、あくまで副作用の報告が「患者の自己申告」に基づいているために、症状の頻度は依然として不明です。

 

しかもこれらは、日本国内臨床試験157例において、65例(41.40%)に副作用又は臨床検査値異常が認められています。

 

公式な国内データでは、血管拡張によるほてり、潮紅が17例(10.83%)、頭痛17例(10.83%)、CK(CPK)と呼ばれる転移酵素が心肺機能に与える増加が9例(5.73%)ほど報告されています。

 

高齢者では、前述したように低いシルデナフィルクエン酸塩の含有率から始めないと、副作用そのものではなく、軽度な副作用の併発によって、転倒や睡眠障害、睡眠導入障害のリスクが高くなることは覚えておくべきでしょう。

 

特に服用する人が元来、心血管系障害等の症状を持っている場合には、こうした副作用との因果関係を特定することは非常に困難です。

 

シルデナフィルクエン酸塩の特徴として、血漿蛋白結合率が高く、尿中排泄率が低いため腎透析などで、薬効を引き下げる処置はあまり期待でません。

 

要するに薬の作用がおさまるまで待つしか無いというわけです。また、抗HIV製剤として日本国内では厚労省の認可が降りた経緯はありますが、これは急遽の許認可を与えて、一刻も早く高齢者に多い、狭心症患者の服用による心肺停止の事故を防ぐための緊急処置であるため、全く性に関係した感染症を防ぐ効果はありません。

 

また前述したように、精液などの身体的な欠陥や不全がある場合には、バイアグラが不妊治療に用いられる場合は、極めて限定的であるということができます。

 

更に非常に深刻なのが、バイアグラ服用をする人が他の製剤を日常的に服用している場合です。この場合の副作用は、上記以外に色々と服用する薬で変わります。

 

狭心症治療の硝酸系血管拡張薬などの場合は、併用により、血圧の降圧作用を増強する副作用がありますし、慢性血栓塞栓性肺高血圧症治療薬のリオシグアトなどでは、症候性低血圧を起こすことが報告されています。

 

バイアグラ錠の市販後の使用成績調査3152例では、166例(5.27%)に副作用又は臨床検査値異常などが見らるとされている、国内の医療関係報告がされているので、決して無視できない副作用のデータということが言えるでしょう。

 

また、インターネットでは、「肺動脈性肺高血圧症にも効果がある。」とした、非常に誤報に近い記事も散見されます。

 

これらに関しては、まだまだ臨床試験前の研究段階であり、効果を保証するものでは無いことを記憶にとどめるべきでしょう。

 

実際、厚労省が認可を急いだ理由が、心原性突然死、心筋梗塞、心室性不整脈、脳出血、一過性脳虚血発作と高血圧などの重篤な心血管系障害が見られた事例があったことです。

 

これらが、バイアグラを服用後、シルデナフィルクエン酸塩の効果により、発現して起こったことを忘れてはなりません。しかもこれらは、バイアグラ服用後の性行為中に起きています。

 

 

症状は軽い場合が多い

上記の副作用の細かい内容を見れば、副作用は軽く、また症例も少ないからと言って、安心材料になるほどの判断材料では決してありません。

 

そうした患者の自己判断は非常に危険で、それがゆえに、厚労省は心肺停止という危篤状態を防ぐ意味で、急いでなかば無理やり許認可を与えています。

 

血流に作用する薬ですので、当然ながら循環器系の持病があれば、服用している常備薬、あるいはその体質によっては重篤となる可能性は否定できません。

 

何しろ、心肺停止で急死する事例によって、「いち早く医療現場で、処方、及び医師の判断で使用すること」を前提に、許認可された製剤です。

 

これは、個人輸入を抑制し、事故を未然に防ぐための処置なのです。目的は国が「勃起不全にケアをした。」という内容では無いのです。死亡事故を減らすためです。

 

また米国でも、バイアグラが話題になる前から、循環器系治療薬としてその主成分シルデナフィルが研究、使用されてきた経緯があるため、勃起不全治療は、いわばその副産物、副作用を応用したものに過ぎないのです。

 

ここを勘違いしてはなりません。インターネットでは、あたかも「バイアグラは、厚生省認可の安全な勃起不全治療薬です。」といった、非常に誤った危険な服用を増長させる雰囲気があります。

 

またバイアグラの継続的な服用によっては、発作、不安、血尿や軽度であっても、副作用の複数症状の影響があることは、決して否定できません。

 

使用を控えるのを勧めているわけではありませんが、「副作用は軽いから安心」という非常に誤った認識は、薬害を推し進める最悪な結果をもたらすので、安易に主張するべきものではないのです。

 

副作用が起きる理由

バイアグラの副作用として、狭心症などの血流を増やす作用に対して、主成分が「過度に血圧を下降させることがある」としているので、硝酸剤あるいは一酸化窒素供与剤が投与されていないことを十分確認するようにと医療機関では勧告されています。

 

これはどういったことかと言えば、血流を急激に増やすということは、正常な血液からの酸素供給などに、非常に影響を及ぼすことを意味しています。

 

バイアグラ投薬後に、比較的30分ほどで作用し、主成分の含有量次第で約4時間継続する場合があるのですから、その間、全身の血流は一時的に非常に早く流れるということです。

 

つまり心拍数が上がります。狭心症患者で、バイアグラ服用の副作用で死亡した例では、この心臓に作用することが仇となったわけです。

 

狭心症とは、心臓の筋肉(に酸素を供給している冠動脈の異常で、一時的にの心筋の虚血、つまり心臓に戻ってくる血液が、心臓が送る血液の方が上回るために、心臓そのものが酸欠によって胸痛・胸部圧迫感を感じ、最悪の場合は心筋梗塞などで卒倒するなどの症状に至る、循環器系疾患です。

 

こういった患者の多くは、高血圧、高脂血症、肥満、高尿酸血症などの慢性疾患を抱えている場合が多く、心臓の冠動脈に、コレステロールの塊が血管内部に付着し、血圧が高いが血液が通りにくい状態になっているわけです。

 

これに急激なシルデナフィルクエン酸塩の作用で、更に心臓の鼓動が早くなるために、心臓の酸欠状態を悪化させて、心肺停止などが引き起こされるといったのが、バイアグラの副作用で最も重篤な例でした。

 

つまり潜在的に持病を抱えてる人や、高血圧、高脂血症、肥満、高尿酸血症の傾向がある、循環器系で検査で異常として注意を受けた方は、バイアグラの使用は控えるべきということになります。

 

人気の高いバイアグラ

Thumb happydance

現在では、医療機関での医師の指導の下で、キチンと厳格に服用量が定めされています。もちろん、そのための検査も必要です。

 

「本剤投与の前に、心血管系障害の有無等を十分確認すること」と定められています。その意味では、現在インターネット上で「バイアグラが人気!」などの謳い文句は、類似個人輸入医薬品などのケースがほとんどです。

 

処方薬ですからね。「処方薬が大人気!」って日本語として変です。EDと認められ、かつ循環器系障害、疾患を持たない成人男性に処方される、完全な「医薬品」です。

 

自由に個人が、それぞれ通販で購入できる気軽な医薬品ではありません。インターネットの「煽り文句」にはつられるべきではないですね。それは限りなく違法性の高いものです。

 

ジェネリック医薬品でも、医療機関、及び薬剤師のいる薬局で処方箋が無ければ買えません。

 

ただ、現状としてはEDに有効な薬剤ですので、かなり薬局でも普通に処方を受け付けており、1,000円~2,000円前後で、これに受診料を加えて入手が可能です。

 

ただ、受診には検査費用がかかるために、初診料と検査費用で、5,000円から1万円弱かかることが多いです。

 

ED治療薬の世界シェアNo.1

これまで説明してきたように、バイアグラは、ED(勃起不全)専用に開発された経緯ではなく、肺動脈性肺高血圧症の治療薬として開発された製剤です。

 

肺動脈性肺高血圧とは、慢性的に肺動脈圧が上昇する難病で、呼吸と循環器系の障害の一つです。

 

肺にかかる動脈血圧が通常より高いので、血圧を下げるために、血管を拡張して血圧を下げて血流を促す作用があります。つまり勃起不全解消は、この副産物だったわけです。

 

しかも、その狭心症患者が他の薬を服用して、同時にこの勃起不全解消にバイアグラを勃起不全に利用したことで、ニトログリセリン等の硝酸エステル系薬剤などの作用を強めてしまったのです。それで急激な血圧低下でショック状態になりました。

 

健全な循環器器系疾患や障害を持ってない、健康な成人男子の場合には、有効なこともあったので、米国を中心にシェアが拡大、結果としてED治療薬の話だけが先行して話題になったのです。

 

一番古い歴史を持つ治療薬

バイアグラの主成分、シルデナフィルクエン酸塩自体は、1999年代前半で開発が始まり、狭心症がニトログリセリンなどを使っていたので、その代用としての新薬として開発されました。

 

しかしながら、狭心症治療薬としての効能が、決して完全に良好だったと言えず、副作用も認めれたので、研究は停止する予定でした。

 

しかし、研究開発側が試験薬の返却をしぶり、その理由がEDの改善に効果があるとしてその効果を一時的に販売で様子を見ることから始まってます。

 

こうした経緯から、バイアグラはまだまだ「新薬」といえるのですね。販売が始まったのは米国で1998年ですから、この時にED治療の夢の新薬など、マスメディアで大きく取り上げられ、日本で広まったのは、「輸入代行業」つまりは最初は個人輸入だったわけです。

 

しかもこれは、正式な厚生省認可を受けない薬剤です。しかし同年6月から、バイアグラ使用の高齢者に、心肺停止の事故が相次ぎ、それも死亡事故だったので、これは非常に問題視されました。

 

つまり「副作用による死亡」ですから、日本国内では、輸入業者は製薬会社からとなり規制が入りました。

 

 

その後、同時に副作用による薬害を防ぐ意味で、日本国内の臨床試験は実施せずに、まずは輸入規制、そして米国ファイザー社が輸出を請負い、医療向けの「処方薬」として現在に至っているのです。

 

ただし、現在でもシルデナフィルクエン酸塩自体は、狭心症治療薬として一部使われています。

 

ED治療薬としてはそれまで有効な薬剤がほとんどありませんでしたので、結果として勃起不全治療では最も長い期間、利用がされてきたことになります。

 

ちなみに「バイアグラは、狭心症治療薬だった」とするネット記事がありますが、それは誤りで、前述したように肺動脈性肺高血圧症の治療薬としての効用を期待したものです。

 

他には、米国ファイザー社以外のコピーバイアグラ製剤も個人輸入でかつては、インドなどから輸入される事がありましたが、現在では特許発明の侵害行為で、コピー薬を日本に輸入・販売、転売するのは薬事法に抵触します。

 

飲んで1時間が効果のピーク

バイアグラ服用後、効果が認められるのは30分から4時間以内とされてますが、通常は最初に処方されるバイアグラは、様子を見るためシルデナフィルクエン酸塩含有率が低く抑えられた処方となるので、即効性があるかはちょっと不明です。

 

それと、投薬から、性的刺激を受けた後に、陰茎に血流が増えて勃起しますので、投薬から効果まではタイムラグあります。

 

効果が最も有効な時間は、この薬の本来の特性から投薬から1時間以内程度ですね。食事と同時に摂取すると、効果は非常に遅くなる特徴があります。

 

通常は成人で25mg~50mgシルデナフィルクエン酸塩含有率で、性行為1時間前に服用することになります。肝機能、腎機能障害の疑いがある人の場合は、25mgが標準です。

 

一般的な副作用は、人によってほてりなどの症状は、2~3時間ほどで改善します。しかし、急激な血圧の変化で、視覚障害が一時的に出ることがあります。

 

性行為後の立ち上がりや、移動は控えるべきでしょう。効果が収まるまでは、安静にしておくと良いです。

 

まとめ

Thumb notebook

バイアグラに関して、かなり詳しい解説をしたつもりですので、相当、読んだ方は詳しくなれたはずだと思います。

 

完全には安全なED治療薬ではなく、本来の薬効からその経緯の中で、副産物として得られた薬剤であること、また多くのメディアでも誤解を与えかねない記事が多くあります。

 

処方薬で、日本の扱いは一社のみというのも、実は知らない方も多いのではないでしょうか。この情報を共有して頂いて、正しいバイアグラの活用をしていただきたいです。

ED治療薬に関連する記事