公開日

更新日 18年09月07日

【要注意】バイアグラの購入前に知っておきたい選び方と購入経路

バイアグラは勃起力に悩むたくさんの男を圧倒的な効果で救ってきたED治療薬です。かつてバイアグラは高価で気軽に使用できるものではありませんでしたが、今ではバイアグラと成分も製法も同じであるにもかかわらず値段が安いジェネリックが豊富にあります。いろんな種類があるジェネリックの中でどれを使えばいいのか迷ってしまわないように、自分に合うジェネリックの選び方と購入方法をご紹介します。

 

 

バイアグラを購入する前に知っておきたいこと

Thumb cube white

 

男性にとって自分の勃起力は常に気になるものだと思います。若い頃なら性的に興奮さえすれば、すぐにビンビンになるものですが、年齢が上がっていくと徐々に満足行く勃起ができなくなってしまう方は少なくありません。EDは「勃起機能の低下」という意味なので、全く勃起しない状態だけを指す言葉ではありません。勃起はするけれども昔のように100%固くならない状態や、挿入は出来るけれども途中で中折れしてまう状態など、たとえ勃起するとしても満足いくような性行為をするにあたって不便がある状態は、全てEDの症状なのです。そして、ED治療薬はさまざまな男性の勃起にかかわる悩みを解消してくれる薬です。その中でもバイアグラは代表的なED治療薬なのです。

 

 

バイアグラとは

バイアグラはED治療薬の代表ともいえるものなので、誰もが一度は聞いたことがあると思います。バイアグラは1998年にアメリカのファイザー社が開発して販売開始した、世界で初めてのED治療薬です。

 

一般的に、海外で開発された医薬品が日本で認可されるためには、その安全性を確かめるために数年間はかかってしまうものです。しかしバイアグラはアメリカで販売開始されたあと、わずか1年後である1999年には日本で市販されるようになりました。

 

アメリカでバイアグラが発売されるとまたたく間に「夢の薬だ!」と話題になりました。日本でも潜在的にEDについて悩んでいる男性が非常に多かったのですが、日本では販売が許可されていなかったので、正規のルートでは入手できなかったのです。

 

それでもバイアグラを手に入れたい人たちが、バイアグラを個人で輸入して使用するようになってしまいました。しかし、バイアグラは日本で認可されていなかったため併用禁忌についての情報や使用上の注意点などの情報が浸透しないまま、用法用量を守らずに服用する人が増えていき重篤な副作用が発生してしまう事例が発生するようになってしまったのです。

 

そこで、早急に日本でもバイアグラの販売を開始して健康被害がおこらないようにしなければならず、異例とも言える速度で販売が認可されたのです。

 

このような経緯だけでも、EDがいかに多くの男性にとって重要で深刻な悩みだったのかわかると思います。そして、1999年に発売されて以来、ED治療薬と言えばバイアグラと言えるほど有名になり、今でも多くの男性の悩みを解決してくれているのです。

 

 

バイアグラの効果

「バイアグラ」というのはED治療薬としての商品名で、実際にED治療に効果がある成分は、バイアグラに含まれているシルデナフィルという成分です。

 

シルデナフィルは、人体で生成されるPDE-5という成分の分泌を減らす効果があります。そもそも勃起は、性的な興奮や身体への刺激によって体内で「サイクリックGMP」という成分が放出されることによって引き起こされます。

 

サイクリックGMPは血管を拡張して血流をよくする働きがあるので、結果として性器の血流が良くなり性器が勃起をするのです。そして性的な興奮がおさまったり、射精が終わったりしたらPDE-5という成分が体内で生成されます。

 

PDE-5はサイクリックGMPの働きを阻害する効果があるので、PDE-5の働きによって勃起がおさまります。シルデナフィルは勃起を収める働きをするPDE-5の分泌を阻害する働きをします。

 

EDの症状がある男性は、さまざまな理由によってPDE-5が増えすぎてしまい、サイクリックGMPの働きが弱まった結果として勃起力が衰えていることが多いのです。だからED治療薬によってPDE-5の分泌を抑えれば勃起力が回復するというメカニズムなのです。

 

なお、バイアグラは催淫剤ではありませんので、服用しただけで勝手に勃起してしまうようなことはありません。バイアグラを服用しただけで勃起がおさまらなくなり日常生活に支障をきたすようなことはなく、性的な興奮や身体への刺激がなければ勃起することはないので※ご安心ください。

※個人差による

 

バイアグラを服用すると30分程度で効果があらわれて5~6時間ほど効果が持続します。もちろん効果が持続しているからといって、勝手に勃起し続けてしまうわけではありません。効果が続いている間に性的な興奮があればいつもよりも強い勃起力を実感できるということです。

 

 

バイアグラの副作用

バイアグラの有効成分であるシルデナフィルはPDE-5の分泌をおさえて、サイクリックGMPの働きを活性化させます。サイクリックGMPによって血管が拡張されて血流が良くなるのは性器だけではありません。だからバイアグラの服用によって引き起こされる副作用は、血流がよくなりすぎてしまうことによる弊害とも言えます。

 

バイアグラの副作用として多いのは、頭痛や目の充血、顔の火照りなどです。これらの症状は体内の血流がよくなりすぎた結果としてあらわれるものなので、重篤な症状でなければあまり心配する必要はありません。

 

他にも、鼻粘膜の血流がよくなって鼻づまりや鼻血が発生したり、消化器官の充血によって胃痛や消化不良になったり、背中や肩が痛くなってしまったりするなどの副作用を感じる方もいます。症状のあらわれ方は人によって異なりますが、容量が多いほど副作用が強くなるので、最初は少ない容量を服用して以上がないかチェックしましょう。

 

 

バイアグラの使用方法

バイアグラは普通の風邪薬などと同じように、水などと一緒に服用すれば良いので、服用方法はとても簡単です。ただし、バイアグラは空腹状態で服用しないと効果があらわれにくいので、食事の直後に服用すると効果を実感できません。

 

効果があらわれるのは服用してから30分ほど経ってからなので、性行為をする30分以上まえに空腹状態でのみましょう。食事をするまえに服用するという方法もありますが、食事の1時間前くらいには服用しないといけません。バイアグラを服用してから成分が身体に吸収されるまでに1時間程度かかるので、その前に食事をしてしまうと効果が弱まってしまいます。

 

また、バイアグラはアルコールとの併用が禁忌になっています。バイアグラを飲むと血流がよくなります。その状態で体内にアルコールを摂取すると、アルコールが普段以上に身体にまわってしまうので、アルコール中毒などを引き起こす可能性があります。

 

 

バイアグラの購入方法と値段

日本国内でバイアグラを購入する場合には、病院で処方してもらう方法と通販で購入する方法があります。病院で処方してもらう場合にはED治療を行っている病院に行き、医者の診察を受けて処方箋をだしてもらえればバイアグラを購入できます。

 

病院でバイアグラを処方してもらう場合には、初診料と診察費用に加えて、バイアグラの薬代が必要になります。バイアグラは保険適用外なので普通の風邪薬などよりも値段が高めに設定されています。さらに保険適用外の医薬品は、病院が自由に価格を設定できるので多少のばらつきがあり、25mg1錠で1,500円、50mg1錠で1,800円~2,000円程度が相場です。

 

通販で購入する場合には、50mgで1,400円前後なので病院で購入するよりも安くなります。ただし、価格を重視するのであれば次の項目でご説明するジェネリック医薬品を選んだほうがよりコストパフォーマンスがよくなります。

 

 

 

購入するならジェネリックがおすすめな理由

Thumb christmas stars

バイアグラは病院でも通販でも購入出来て、通販のほうが価格が安くなっています。そして、バイアグラのジェネリック医薬品を購入すればもっとお得にバイアグラを入手できます。

 

 

ジェネリックとは

ジェネリック医薬品は、新薬として発売された医薬品の特許期間が切れた後に発売される医薬品で、成分はバイアグラと同じですが価格が安くなっています。新薬は、製薬会社などが長期間研究をして開発をするので、販売するまでの間に膨大な費用が発生します。

 

そうやってお金と時間をかけて開発した製薬会社の利益を守るために、新薬を販売開始する前に特許を取得して、法律の力で他社が真似することを禁じるのです。そして、特許期間が切れたら他社が同じ成分の医薬品を販売できるようになり、一気にジェネリック医薬品が流通し始めます。

 

特許期間は20年間で、延長申請をすれば25年まで延長できるので、その期間がすぎるまでは新薬を販売開始した会社が売上を独占できるということです。

 

バイアグラはすでに日本国内での特許期間が切れており、ジェネリック医薬品がいくつも流通しています。ジェネリック医薬品であっても、バイアグラと同じ成分なので効果が劣るわけではありません。

 

そしてジェネリック医薬品は、その元となった新薬取りも価格が低いので、「何となくジェネリック医薬品はいやだな」という心理的な理由以外にジェネリック医薬品を避ける理由はないのです。

 

 

ジェネリックを購入するメリットとは

 

値段が低い

ジェネリック医薬品は新薬の成分と製法を真似すればよいだけなので、開発費用を低く抑えられます。だから市販されるときの価格も安く設定できるのです。さらに、複数の会社が同じ成分の医薬品を販売するので市場原理により価格が低く抑えられます。

 

バイアグラのジェネリック医薬品はすでに日本で解禁されているので、病院で処方してもらうことも出来ます。薬局などで薬をもらうときに「ジェネリック医薬品でお願いします」と一言言うだけで、安く購入できるのでぜひ活用してください。

 

バイアグラのジェネリック医薬品を病院で処方してもらう場合の相場は25㎎1錠で780円、50㎎1錠で980円程度で、ジェネリックではないバイアグラの半額程度になっています。

 

 

種類が豊富

バイアグラのジェネリック医薬品は有効成分であるシルデナフィルが含有されているという点では、バイアグラと変わりがありません。しかし、ジェネリック医薬品を発売している各社が、差別化をするためにさまざまな工夫をしています。

 

例えば東和薬品株式会社が販売している「トーワ」は、飲みやすいように水がなくても唾液でとけやすいようになっています。さらにレモン味とコーヒー味があるので、薬を飲むのが苦手な方にとっても利用しやすい工夫がなされています。

 

このように、ジェネリック医薬品は有効成分が元になっている新薬と同じですが、味や形状、色、添加物などは異なります。ジェネリック医薬品は種類が豊富なので、自分にとって飲みやすいと感じられるものを選びましょう。

 

 

多く人に購入されている人気のジェネリック

バイアグラのジェネリック医薬品は多くの製薬会社が販売しています。効果は同じなのでどれを選んでも良いのですが、種類が多すぎて迷ってしまう方もいます。そこで、バイアグラのジェネリック医薬品でも特に人気がある商品をご紹介します。これらのジェネリック医薬品は人気があり、使用して効果を実感している男性が多いので安心して購入できます。なお、ジェネリック医薬品は通販でも購入可能なので、人気商品は通販でのみ購入可能な海外製のジェネリック医薬品が大半です。

 

 

カマグラ

バイアグラのジェネリック医薬品といえばカマグラと言っていいほど、知名度と人気がある商品です。販売しているのはインドのアジャンタファーマ社で、イチゴ、バナナ、オレンジ、パイナップルなどのフルーツ味があり、自分が飲みやすいものを選べます。値段は50mg1錠あたり400~500円が相場です。

 

 

カベルタ

インドのランバクシー社が販売しているカベルタも非常に人気があるバイアグラのジェネリック医薬品です。ピンク色で三角形の錠剤で、50mg1錠当たり500円前後が相場です。

 

もちろん、この2つの商品が特別に他のジェネリック医薬品よりも効果が優れているわけではありませんが、どれを購入すれば良いか迷っているのであれば、ひとまず人気がある商品を選ぶことをオススメします。

 

 

 

 

ジェネリックを購入する2つの方法

Thumb horses

バイアグラを購入する方法として、病院と通販があるとご説明しましたが、ジェネリック医薬品も同じく病院と通販のどちらでも購入できます。それぞれの購入方法にメリットとデメリットがあるので、自分に合う購入方法を選択しましょう。

 

 

国産ジェネリックと海外産ジェネリック

ジェネリック医薬品は日本でも海外でも販売されています。基本的に、病院で購入する場合は国産ジェネリックを処方してもらうことが多く、通販で購入する場合は海外産ジェネリックがメインになります。つまり、病院で購入するか、通販で購入するかということを考えるときには、国産と海外産のどちらにするのかという点も同時に考慮する必要があります。

 

 

国産ジェネリックは病院で購入

病院で処方してもらう場合は、ED治療を行っている病院に行き、診察を受ける必要があります。ED治療を行っている病院は泌尿器科や内科が多いのですが、それ以外でも受け付けている病院があるので、最寄りの病院を見つけましょう。

 

診察の内容は、ほぼ問診のみです。性器に関わる悩みだからと言って服を脱いて、医者に性器を見られたり触られたりする心配はありません。自分の勃起の状況やどういう悩みがあるのか伝えてEDだと判断してもらえれば、処方を断れることはほぼありません。ただし、バイアグラには併用禁忌の医薬品がありますし、持病の症状によっては処方を断られてしまうこともあります。

 

 

国産ジェネリックを購入するメリットとデメリット

国産ジェネリックを購入するメリットとデメリットをご紹介します。

 

国産の安心感

同じ成分とは言っても、やはり国産の医薬品の方が安心できると感じる方も多いと思います。国産ジェネリックであれば国内の製薬会社が作っていて、当然日本の法律に基づく審査に合格しているものなので、安心して使用できるのは間違いありません。また、海外産ジェネリックは基本的には通販を利用しないと購入できませんが、ニセモノや粗悪品が送られてくることがあります。しかし国産ジェネリックであればそのような心配がないので、海外製品に対する不信感がある方は国産ジェネリックを購入しましょう。

 

 

安全

国産ジェネリックを購入する場合、基本的には病院で処方してもらうことになります。普通の医薬品と同じように、バイアグラにも併用禁忌の医薬品があります。病院で診察をしてもらえば必ず医者から服用中の医薬品を聞かれますので、もし併用禁忌の医薬品を服用している場合は処方してもらえません。

 

使用法を守らずにバイアグラを服用してしまうと重篤な副作用を引き起こしてしまう可能性もあるのですから、医者に服用の可否を判断してもらうことは危険を避けられるという意味で安全なのです。また、もしバイアグラを飲んで身体に異常が発生した場合でも、処方してもらった病院に行けばすぐに事情を察して診てもらえます。だから、既往症や服用中の医薬品との併用に不安がある方は、病院に行って国産ジェネリックを購入するのが良いでしょう。

 

 

処方箋が必要

 

 

EDは男性にとってとても深刻な悩みですが、他人に打ち明けるのが恥ずかしいという面もあります。病院で診察を受ける場合には、問診だけではありますが、自分の性器の悩みを医者に伝えなくてはいけません。

 

医者はED治療に慣れているので正直に伝えることを恥ずかしがる必要はありませんが、どうしてもそれを避けたい方は通販で購入した方が良いでしょう。また、病院で診察を受けるということは、初診料や診察費用などが発生するということです。さらに時間をとって病院の予約をとって行かなくては行けないので時間もかかります。

 

 

海外産ジェネリックよりも高い

同じジェネリック医薬品でも、国産ジェネリックは海外産ジェネリックよりも価格が高く設定されています。国産ジェネリックは25mg1錠で780円、50mg1錠で980円程度が相場ですが、通販で海外産ジェネリックを購入すれば、50mg1錠で500円前後です。

 

このように、国産のジェネリック医薬品は病院で服用しても良いか診てもらえるので安全性が高く、国内の製薬会社に対する安心感があります。しかし、病院で診察を受けなくてはいけないので心理的負担があり手間もかかりますし、費用が高いというデメリットがあるのです。

 

ED治療薬は一度飲めば、性器の悩みが全て解決されるわけではありません。性行為をするたびに必要となるものなので、出来れば1回ごとの費用を抑えたいと考えるのは当たり前です。だから、どうしても不安がある場合にはまず病院で診察を受けて国産ジェネリックを利用し、問題が発生しなければそれ以降は通販で購入するという手段もあります。

 

 

海外産ジェネリックは通販で購入

海外産ジェネリックは通販で購入する事ができます。海外の製薬会社が販売している医薬品を自力で購入して輸入するのはとても手間がかかように感じられますが、ED治療薬の個人輸入を代行してくれる通販サイトがいくつもあるので、amazonや楽天市場などでネットショッピングをするのと同じような感覚で、簡単に購入できます。

 

 

海外産ジェネリックを購入するメリットとデメリット

海外産ジェネリックを購入するメリットとデメリットをご紹介します。

 

誰にもバレずに購入できる

通販を利用して購入すればインターネット上で注文と支払いをして、あとは自宅に届くのを待つだけです。病院に行って医者に症状を話す必要もないので、誰にもバレることなくED治療薬を入手できます。勃起についての悩みはあまり他人に知られたくないものですから、誰にもバレずにこっそりと使用できるのは通販で購入する方法の大きな魅力なのです。

 

 

国産ジェネリックよりも安く購入できる

通販で海外産ジェネリックを購入すれば、病院で国産ジェネリックを購入するよりも安価で入手できます。商品によって価格はことなりますが、海外産ジェネリックであれば50mg1錠あたり500円前後なので、国産ジェネリックの半額程度で購入できるのです。

 

また、海外産ジェネリックには100mgの商品もあります。100mgは50mgよりも有効成分であるシルデナフィルが2倍も含まれているのですが、値段は数十円から100円程度高いだけです。100mgを購入した場合はそのまま服用するのではなく、ピルカッターなどを使って半分に割って服用することも出来ます。そうすれば50mgを服用するのとほぼ変わらないので、50mg錠を購入するよりもさらにコストパフォーマンスがよくなります。

 

 

粗悪品やニセモノを購入してしまう可能性がある

残念ながら海外産ジェネリックを購入すると、発送されてきた商品が粗悪品やニセモノの場合があります。販売元が詐欺をしているのか、輸送される過程ですりかえられたのか判断することは難しく、個人が責任を追及するのも実質不可能なので、このような場合は泣き寝入りをするしかありません。

 

もちろん、このようなトラブルが頻繁に起こるわけではありませんが、可能性はあると考えておきましょう。もし購入した商品を怪しいと感じた場合はどのような成分が入っているかわからないので、服用せずに廃棄しましょう。

 

このように、海外産ジェネリックは手間がかからず安価で入手できますが、ニセモノや粗悪品を掴まされてしまうリスクがあるというデメリットもあります。ニセモノなどの詐欺被害が頻繁に発生するわけではありませんが、国産ジェネリックを購入する場合よりもトラブルに対する警戒心を高くもつ必要はあります。

 

 

まとめ

Thumb notebook

バイアグラは日本でもジェネリックが解禁されているので、ジェネリックではないバイアグラにするのか、ジェネリック医薬品を購入するのか、という選択肢があります。どちらも効果は同じでジェネリック医薬品の方が安く入手できるので、特別なこだわりがある方以外はジェネリック医薬品を選択することをオススメします。

 

さらにバイアグラのジェネリック医薬品には国産と海外産があります。国産は病院で診察を受けて処方箋を出してもらえば購入できます。費用は海外産よりも高くついてしまいますが、病院で服用の可否を診察してもらえるので、バイアグラの使用にあたって副作用に不安がある方は国産ジェネリックを購入しましょう。海外産ジェネリックは通販サイトを利用すれば手軽に安価で購入できます。価格が安いことは大きなメリットですが、まれにニセモノや粗悪品が入り込んでしまうというトラブルがあるので気をつけましょう。

ED治療薬に関連する記事