公開日

更新日 18年09月07日

【完全版】バイアグラの値段比較と購入方法の基礎知識まとめ

バイアグラはEDに大変効果を発揮する治療薬として有名ですが、日本では自由診療扱いとなりますので病院で処方をしてもらうと高額になる傾向があります。入手方法は医療機関に行くだけでなく通販で個人輸入したり、安価なジェネリック薬の購入も可能です。

EDの悩みを抱えている方にとっては、薬の効果だけでなく入手方法も大切な比較基準になりますので、人気のバイアグラはいくらで購入できるか、またどのような入手経路があるのかなど購入前に覚えておきたい基礎知識を見ていきたいと思います。

 

バイアグラの値段相場は1500円!

Thumb vgr50


バイアグラは入手経路によって値段が異なりますが、正規品の1粒の相場値段は1300円~1500円前後となっています。具体的に見ていきますと、25㎎は1錠1000円~1300円、50㎎は1錠1500~2000円になりますが、自由診療となる病院では相場よりも安いところも高いところもあるためあらかじめ確認すると安心ですね。

また病院でバイアグラを処方してもらう際は、薬代以外に初診料や検査料、また再診料などが別途かかる場合があります。医療機関で購入する場合は偽物の心配はありませんが、最近はネット通販で激安なバイアグラも多く販売されています。偽物だと値段が正規品の相場の1/10程度の安いものもありますので、あまりにも疑わしい場合は購入は避けた方が安心です。

ED治療薬は日本で認可されているバイアグラを含めた3種類の薬はどれも通販で個人輸入で購入ができますが、始めて服用する方はまず医療機関で相談し、自分の症状や度合いにあった薬を選ぶことがオススメです。また少しでも安くバイアグラを購入するには、病院ごとの値段の違いを比較するなど、適切な情報収集をしておくとよいでしょう。EDは内服薬の効果がとても注目されていますので、うまく活用するためにも薬の入手方法は重要なポイントになります。

 

バイアグラを安くに手に入れるには?

Thumb plums
バイアグラを安く手に入れるにはどのような方法があるのか、それぞれの入手経路について詳しく見ていきたいと思います。

一般病院とED専門クリニックで購入する場合

EDは早期に治療を始めることが比較的軽度の間に症状改善が可能になります。もしかしたらEDかもしれないと不安になっても、病院はどこに行っていいのかわからないこともあるでしょう。まず診察を受けるなら内科か泌尿器科がオススメです。近年とても増えているED専門クリニックもありますので、相談しやすい点を考えてクリニックにも選択方法のひとつになります。

バイアグラは血流を改善して勃起を促進する治療薬としてお馴染みですが、医療機関では保険外の扱いになり自由診療で薬の値段はそれぞれ異なります。基本的にバイアグラは有効成分のシルデナフィルの含有量によって価格が違い、25㎎よりも50㎎の方が値段が高くなります。また医療機関では薬料金だけでなく、初診料、検査料、再診料などもプラスされるため通販よりも費用がかかり、クリニックによって稀に正規品でない薬を処方する場合もありますので、必ずチェックをして安全に通える医療機関をみつけましょう。

バイアグラを安心して購入するためには、メーカーのファイザーのホームページを見て正規品の治療薬を処方する医療機関を参考にすると安心です。製薬会社の病院検索に掲載されていない医療機関では海外のED治療薬を処方していたり、クリニックの代表者が不明瞭である可能性もあります。製薬会社の掲載基準を満たしていないなど、なにかしらの理由が考えられますので、初めてバイアグラを病院で購入する場合は、慎重に病院選びからするとよいでしょう。

またクリニックや診療所などのホームページでは、医療責任者の紹介があるかどうかも確認をしてください。一般的には代表管理者は院長になっていることが多く、ホームページでなにも明記されてない場合は責任者の所在が不明瞭であると判断した方が安全です。クリニックなどの施設では「臨床研修等終了登録証」を所持する医師を管理者としておくことが原則として決まっています。

バイアグラを病院やクリニックで安く購入するには初診料など薬代以外に別途かかる費用がないところを選ぶことも方法のひとつになります。また正規品とほぼ同じ効果があるバイアグラのジェネリックを扱う医療機関も増えていますので、半額程度で購入することも可能になります。値段にこだわることも大切ですが、バイアグラは副作用のリスクもあるため、できるだけ病院で診察を受けて処方してもらうと安心ですね。

 

通販で購入する場合

バイアグラはサプリメントのように毎日継続して飲むものではありませんので、勃起機能を促進したい場合に服用する薬です。常備薬として飲む高血圧の薬のような場合ですと、値段が高い薬を長期間飲み続けるのは大変で薬代は経済的な負担にもなりかねません。バイアグラはその点一生飲み続けるものではありませんので、薬の単価がほかの種類と比較して高く感じても一時的に服用するものでその場で効果が出る治療方法ですから、高い薬と言い切ることもできません。

バイアグラの使用頻度によりコストは変わりますので、月に数千円の人から数万円になるまでそれぞれ。しかしいつまでも現役でいたい、頻繁に服用したいと思うならできるだけ安くバイアグラを手に入れたいと考えるのは皆さん同じことでしょう。バイアグラは通販で購入が可能です。値段は医療機関で入手するよりも安く診察費や病院までの交通費など薬代に必要な必要がないためお得な購入方法です。

しかしバイアグラの通販は信頼できるサイトを見極めないと偽物の場合もありますし、身体に害がでるリスクも決して無視出来ません。バイアグラを含めたED治療薬は医薬品に当たりますので、近所のドラッグストアなどで簡単に購入が出来ず、一般的には病院やクリニックで医師に処方してもらい入手する方法となっています。

値段は病院の半額~2/3程度の値段が多く、なかには1/10程度の激安なバイアグラを販売するサイトも存在しています。このようなあまりにも値段が安いサイトを利用するのは危険な可能性がありますので、通販を利用するならば口コミ評価なども参考にして利用者が多い人気のサイトや安心できるところをみつけましょう。

また通販の場合、バイアグラをまとめて購入すると割引価格になる場合もあり、50㎎ならば7箱購入すると1錠あたり1200円以下になるようなお得な買い方ができます。通販は病院やクリニックに行く手間がありませんし、プライバシーを守ってバイアグラの購入ができます。しかし初めての利用者の場合は、自分に合った薬がどれかを判断するのは難しい点がありますので、医療機関で相談することをオススメします。

ジェネリックや海外からのバイアグラなど正規品以外でも効果が高い薬も色々と市場に出回っていますので、安全性を確立したうえでお得な購入方法にトライしてください。値段だけで選択するのはリスクがありますのでしっかりカスタマサーサービスが充実している通販サイトを選びましょう。

 

バイアグラにはジェネリックが存在する!

病院で処方してもらうのは安心である反面、薬料金が高くなる傾向があります。そもそもEDは日本人男性の3人にひとりがEDであるという統計データもありますので、近年治療薬の種類も多くなり投薬による治療の有効性が話題になっています。3種類国内で認可されている治療薬は、患者さんの体質や期待する効果によって医師が判断して薬を決定しますが、自由診療となりますので、クリニックや病院ごとで価格が異なり場合によっては同じ薬でも値段に格差がでることがあります。

そのためED治療としてバイアグラを病院で処方してもらうことに抵抗を感じる方も多く、そんな悩みを解消するために登場したジェネリックが大変オススメとなっています。バイアグラは高くて手が出せないという人も多い中、ジェネリックはバイアグラの特許期間が切れたため製薬会社でジェネリックを作ることが2014年5月より可能になりました。ジェネリックを製造している製薬会社は大変多く、新薬と比較すると研究費や開発費がかからない為、安く購入できることが最大のメリットになっています。

患者さんにとっては費用不安が軽減しますので、ED治療薬が以前よりも利用しやすくなった環境があるといえます。では気になるバイアグラジェネリックの効果ですが、基本的には同じ成分で同じ目的で製造されていますので、バイアグラとジェネリックにはさほど効果の違いはありませんが、どれを選べがよいかわからないことも多くなりました。

ではバイアグラのジェネリックで失敗しないで選択する方法ですが、まずは効果で比較することが大切です。どのジェネリックもほぼ同じ試験データがあり、厚生労働省で製造販売の承認をしていますが念のために購入前にチェックをしておきましょう。そしてジェネリックは錠剤の色が若干異なるタイプもありますので、元のブルーのカラーにこだわりたい場合はキッセイ薬品、陽進堂、富士化学工業製造の薬を選ぶことをオススメします。

製薬会社にこだわりたい場合ですが、バイアグラのジェネリックは国産や海外メーカーなど色々ありますので、安心して購入したい時は国内企業の富士化学工業やキッセイ薬品、また知名度の高い東和薬品がオススメです。ほかにもジェネリックはそれぞれの特徴があり、風味がレモン味やコーヒー味など種類もありますし錠剤を半分に割りやすく割線が引かれたタイプなどもあります。自分の好みなどを考慮して選べる点も嬉しいですね。

 

安いと質が落ちる?バイアグラジェネリックの効果

バイアグラのジェネリックと言っても質は若干異なるため、値段の安さだけを意識すると質が悪い場合もあるので注意が必要です。病院で処方してもらった場合、1ヶ月続けて飲むと薬代は4万円以上にもなってしまいます。自分のお小遣いではまかないきれないほど高額になる場合もあるため、ジェネリックで薬代を節約できるのはとても魅力になります。

近年日本の製薬メーカーが製造したジェネリックよりも海外製のものの方が安価になりますので、個人輸入という入手方法で購入する人が増えています。しかしジェネリックのなかには厚生労働省が未承認の偽造薬も多く、ある調査ではネットで取引されるED治療薬のうち55%が未承認で販売されているというデータもあります。このようなジェネリックは有効成分の含有量が少ないため本来の効果が正しくでないことや、深刻な副作用を引き起こすリスクも高くなってしまいます。

また個人輸入で通販で購入する場合は医師のアドバイスや指示がありませんので、飲み方や用量を間違えてしまう場合もあります。そもそもバイアグラのジェネリックは日本で販売されているもの以外に海外で販売されるものがあり、日本では購入ができません。唯一入手する方法としては個人輸入代行がありますが、薬が海外から発送されるため到着まで時間がかかるといったデメリットがある点も忘れてはいけません。

近年話題になっているインド発のバイアグラのジェネリックですが、インドは国際特許協力条約を批准していため多数のジェネリックを販売しています。バイアグラの値段は4錠で1000円前後と病院で処方してもらう薬とは値段が大幅に異なります。日本では正規輸入出来ないため、インド発のジェネリックも個人輸入が入手方法となります。しかし薬の配合成分が不明な点がありますのであくまでも自己責任で服用しないといけないのです。

米食品医薬品局(FDA)が2009年にリリースしたデータによりますと、バイアグラを利用して死亡したケースが16例あります。そもそもバイアグラは心臓病の治療の目的があり、血管を収縮させる酵素を阻害する働きがありますので、拡張した血管が元に戻らなくなる作用があります。バイアグラは健康な人が使用する場合は良いのですが、心臓発作などの疾患を持っている方、糖尿病や高血圧の治療薬を飲んでいる方は薬の併用で身体に害を与える場合があります。このようにバイアグラはジェネリック、新薬にかかわらず服用の際の注意事項をしっかり理解することが必要になるのです。

薬代を節約するためにとてもメリットが多いジェネリックは、新薬から変更できる部分とできない部分があります。基本的に有効成分、治療効果は新薬と同じであることが条件になりますので、信頼できるジェネリックならばコストを節約して同等の効果があります。ジェネリックは新薬から変更ができる味、臭い、薬の色などはそれぞれのメーカーで変更ができます。

またバイアグラという名前は開発元のファイザー社の商標登録になっていますのでジェネリックの製薬会社が同じ名前で商品は販売できません。このようなジェネリックの背景を理解したうえで、あまりにも激安なジェネリックはメーカーや配合成分などを確認したうえ、購入するかどうか慎重に判断しましょう。

バイアグラジェネリックの国内メーカーの一覧は下記の通りです。
【テーブル7】

 

 

バイアグラだけじゃない!ED治療薬の値段を比較

Thumb money
ED治療にとても有効的な薬はバイアグラだけでなく、日本では正式に認可された薬が他に2種類あります。それぞれの薬の値段や特徴について比較してみましょう。

レビトラの値段

レビトラはバイエル薬品から販売されているED治療薬で、値段は病院やクリニックで処方してもらう場合、10㎎1500円、20㎎1800円~2000円となっています。ネット通販で購入した場合は10㎎1250円~1900円、20㎎が1700円~2500円前後になります。また通販ではジェネリックが格安で販売されている場合もあり、1錠500円前後のタイプもありますが偽物混入している可能性もあり、服用には十分注意が必要です。

現在日本国内ではレビトラ特許が有効なので厚生労働省から正式に認可を得て正規品としてレビトラのジェネリックの販売は行っていません。非正規のレビトラを服用すると強い吐き気や腹痛などの副作用などの健康被害が報告されています。レビトラを安く購入するには海外で販売されているジェネリックを個人輸入で入手することが可能で、ED治療薬専門の通販サイトがたくさんありますので、見かけたことがある方も多いでしょう。日本ではインド製のレビトラのジェネリックが数種類販売されていますが、通販の流通システムの中で模造品とすり替えて販売している悪徳業者も少なくありません。

ちなみに不正医療品販売業者にとってはアメリカに続いて日本が第2位のターゲット国にもなっているとのこと。安いという点だけに飛びついて購入してしまう人が多いので、個人輸入を利用してジェネリックを購入するのはリスクがあることも理解しておきましょう。レビトラはED治療薬としてバイアグラの次に登場した薬。ドイツに本社があるバイエル薬品が開発したED治療薬でオレンジ色の状態で特徴となっています。

レビトラを医療機関で購入するには保険適用外になりますので、全額自己負担になり薬代以外にも診察料や初診料などの費用がかかる場合があります。ED専門クリニックでは薬代以外かからないというところもありますので、費用を抑える為にはこのような点も意識してクリニック探しをするとよいでしょう。

日本では発売開始当時、テレビCMで草刈正雄さんが宣伝していたこともあり記憶に残っている方も多いと思います。レビトラはバイアグラよりも即効性があり食事により効果に影響が出ないなどメリット点もあります。レビトラは飲んですぐに勃起状態になるものではありませんので、効果が持続中に性的興奮することで勃起する仕組みになっています。クリニックでは1錠単位で処方してくれるところもありますので、目的に合わせて入手方法を選択するとよいでしょう。

シアリスの値段


シアリスは他2種類の治療薬と比較すると相場価格が10㎎が1錠で1700円、20㎎が1錠で2000円となり少し高く、ネット通販で購入すると20㎎が1錠800円~1200円前後と病院で購入するよりも割安になっています。ジェネリックは1錠500円ぐらいの安いタイプもあり、安全性や効果を確認したうえで購入が必要になります。

シアリスは他の2種類の治療薬と違い、効果が最大で36時間ほど続くことが魅力になっていますので、薬を服用後すぐに性行為をするプレッシャーやストレスがありません。今までのED治療薬は服用のタイミングで失敗してしまうことも多かったのですが、効果の持続時間が長いことは治療薬を始めて飲む方にも大変魅力となっています。

シアリスは2002年11月にヨーロッパで承認され日本では2007年7月より日本イーライリリー社よりED治療薬として製造販売承認を取得しています。薬価基準未収載に分類されるためバイアグラやレビトラと同様に医療機関では保険適用外となります。シアリスの有効成分は「タダラフィル」と呼ばれるもので、服用後血中濃度の最高に到達するのが30分~4時間。即効性はほかの薬より劣りますが、緩やかに効果があり長時間持続する点がシアリスの最大のメリットとなっています。

もうひとつの利点としてはシアリスは食事から受ける影響がほとんどなく、いつでも薬の服用ができる点。しかし最高に効果を引き出す為には食事の摂取カロリーを800kcalにすることがメーカーから推奨されています。気になる副作用ですが、頭痛や顔のほてりなどが報告されていますが、他の治療薬と比べると副作用のリスクも少ないため大変人気があります。

購入の際に注意したいのは、ネットで買う場合はあまりにも値段が安いものだと手の込んだ偽造品の可能性がありますので、正規品かどうか見極めて選択する必要があります。シアリスの偽造品は有効成分が承認用量よりも少ないことが多く、なかには全く有効成分が含まれていない粗悪な薬も存在します。通販の安いシアリスは半分が偽造品であるともいわれていますので、安心して購入するためにはED治療薬を取り扱う医療機関で相談することをオススメします。価格だけを比較するとジェネリックが一番安く買う方法になりますが、通販の場合は信頼できるサイトを利用して実績のある会社を選ぶことが大切です。

 

バイアグラジェネリックを購入するなら?

Thumb cherries
バイアグラのジェネリックの通販は新薬よりも値段が安い点が魅力ですが、安心して購入するには販売元が信頼できるかどうか、事前にチェックすることをオススメします。ED治療を効果的にする為にも、まずは医療機関で相談し自分の症状や目的に合わせて治療薬を処方してもらう方法が安心です。

ED治療薬は若い年齢層から中高年、また高齢者でも服用している方が世界的にいますが、大切なのは自分の健康状態を正しく理解して薬を使用することです。大変効果も良く手軽に使える治療薬ですが、値段も種類も様々ありますしジェネリックはどうやって購入するかによりリスクがあることも知っておきたい点です。

ジェネリックは料金が安いため積極的に用いられていますが、使用方法の不安や健康状態とのバランスを考えると信頼できる通販を利用するよりも、まずは医師のアドバイスを受けた方が良いとされています。服用の仕方、副作用、併用禁忌薬などもありますので、いきなりジェネリックを通販で気軽に購入する前に慎重にメリットやデメリットについても考慮する必要があります。

ED専門クリニックのなかには男性スタッフのみで相談がしやすいところもありますし、薬代だけで処方してもらい、時間も10分程度でとても手軽に入手出来る場合もあります。医療機関で処方してもらう場合は将来的に何度も足を運ぶことになりますので、近所でアクセスがよいクリニックなどを選ぶと便利でしょう。


バイアグラの値段は下記を参考にしてください。
【テーブル8】
※イースト駅前クリニックの価格掲載 
 各医院によって価格が異なります。

 

まとめ

Thumb notebook
バイアグラは新しい治療薬が登場するなか、日本では大変知名度も人気もあり利用者が多いことが特徴です。ED治療については認可されている3種類の内服薬を服用するだけでなく、食生活の改善、喫煙や飲酒などの習慣の見直しも欠かせません。上手にバイアグラを活用するためには、考えらえるEDの原因を改善しながら身体に負担が少ない治療方法を継続してきましょう。

治療薬の入手は医療機関、通販などそれぞれにメリットとデメリットはありますが薬の副作用などのリスクを考えると、少しでも安心できる医療機関でまずは相談することをオススメします。もしかしたらEDかも?と不安になったら一人で悩まずに専門家に早めに相談してください。

 

バイアグラの画像出典;
http://endia.net/baiagura100mlotoko-hunakosi
 

 

ED治療薬に関連する記事