公開日 17年11月12日

更新日 18年09月16日

バイアグラが効かない!?そんなとき注意したい3つのポイント

ED治療薬として、世界で最も消費されていると言われるバイアグラですが、服用しても効かないこともあるのです。それも理由がありますので、注意すべきポイント3つを今回は紹介していきます!

 

バイアグラが効かない!

Thumb angry

アメリカの大手製薬会社であるファイザー社が製造販売しているバイアグラは、世界で最も有名なED治療薬です。

 

発売されてから10年以上の歴史を持つバイアグラですが、ED治療薬としては勃起不全を治療するのに最も信頼と安全を誇っています。

 

バイアグラを発売した当初、およそ4500人のED患者に臨床実験を行った結果、約70%の人に効果が認められた実績があります。

 

ストレスが原因となってEDと診断されていた患者につきましては、80%もの患者に効果があったそうです。

 

そのため、ED治療薬として現代でもバイアグラが第一選択肢として選ばれているのです。

 

シルデナフィルと呼ばれる成分がこのバイアグラに含まれており、この成分が勃起を引き起こしてくれます。

 

これだけ世界的にも知られていて、消費量も世界一であるのにも関わらず、「予想していたより効果が出なかった」「服用しても全く効かなかった」という声もあります。

 

それでは、バイアグラが効かない時の原因について紹介していきます。

 

用法容量を守ることは必須

一般的に、成人男性の場合は1回でシルデナフィルとして25~50mg(1~2錠)を服用します。

 

医師から指示された処方箋の量をしっかり守ってください。肝障害や重度の腎障害のある方、65歳以上の高齢者は25mg(1錠)からスタートしましょう。

 

1日1回、医師から指示のあった量を服用し、再度服用する際は、24時間以上を空けて服用するようにして下さい。

 

2回分を1回で服用することは決して効果的ではありません。間違えてて多く服用してしまった際は、薬剤師か医師に相談しましょう。

 

その他にも、バイアグラが効かない理由が以下にあります。

 

食後の服用

バイアグラを食後に服用すると、有効成分であるシルデナフィルが食べたものに吸収を妨げられて、本来の効果を得にくくなることがあります。

 

また、バイアグラを服用する数時間前に脂っこいものを食した場合も、バイアグラの効果を実感しにくくなる可能性があります。

 

油分や脂身の多い食事は避けること、食後に服用はしないこと、そして服用の2時間前には食事を済ますことを心がけましょう。

 

精神的な問題

性欲の減退や心因性のストレスを抱えている場合も、バイアグラの効果が期待出来ないのです。実際に、ED患者にうつ病を患っている患者さんが多いようです。

 

軽度のうつ病の場合は、バイアグラを服用した際、勃起することが多いのですが、重度のうつ病の場合は、バイアグラを飲んでも効果が出ないことがあります。

 

ストレスによってホルモンバランスが崩れ、刺激が陰茎に伝わりにくくなっているのです。

 

この状態でバイアグラを服用しても、半立ちや中折れとなってしまったり、すぐに萎えたりしてしまいます。

 

うつ病の治療薬として知られる抗うつ剤を服用することで、うつ病がホルモンや体の神経に与える刺激を小さくしてから、バイアグラを服用すると、効果を得ることが出来る可能性が非常に高まります。

 

また、その際、服用する抗うつ剤は軽い抗うつ剤であるSSRIを選択するようにしましょう。

 

SSRIは副作用が少なく、ストレスの軽減に非常に効果的な薬であるため、バイアグラとの併用で効果を更に発揮できるようになるのです。

 

神経障害、老化

老化により全身機能が衰えてしまうことによるEDも原因の一つです。特に60歳を過ぎると勃起力が低下してしまい、バイアグラを飲んでも効果を実感出来ない可能性もあります。

 

バイアグラの服用は、成人を過ぎていれば高齢の方でも服用することが出来、上限がありません。性欲さえあれば、成人男性は服用することが出来るのです。

 

アメリカのPLAYBOY誌の創刊者であるヒューヘフナーさんは、80歳を超えてからもバイアグラを服用していると知られています。

 

血管機能の低下

肥満や動脈硬化の影響を受けてバイアグラが効きにくくなることも事実です。

 

バイアグラは血管を広げて陰茎への血流を増加させる効果があるため、血管に負担のある病気を患っている患者さんはバイアグラを服用しても、効果が得にくいケースがあります。

 

また、血管の働きが低下する糖尿病などの病気にかかっている患者さんも、バイアグラの効果を実感出来にくくなっているのです。

 

動脈硬化とは、血管が汚れて細くなり、血流が悪くなって陰茎への血流までもが悪くなっている状態です。

 

動脈の血管の壁に中性脂肪やコレステロールが溜まることで血管が詰まり、硬くなってしまう病気です。

 

血管が詰まることによって、血液が全身にスムーズに送られなくなり、汚れがつまって硬くなり、弾力性を失うことで血管が更にボロボロになってしまうのです。

 

血液が全身にスムーズに流れなくなると、体内の栄養や酸素が全身隅々まで送られなくなり、高血圧とまでなってしまうのです。

 

血中の脂質が多い場合も、血液がドロドロになってしまい、血流が悪くなります。

 

動脈硬化による血液の汚れ、そして高脂血症による血管のドロドロはEDを招いてしまいます。

 

動脈硬化となってしまうと、心筋梗塞や狭心症、脳梗塞、高卒中、脳出血などを引き起こしてしまいます。

 

動脈硬化は大きな症状が現れるまで自覚症状がほとんどなく、疲れやすくなったり、太り始めたり、不摂生が続くと動脈硬化の初期症状となってしまいます。

 

バイアグラに効果を感じないのはなぜ?

Thumb cupple

ではどうしてバイアグラに効果を感じないことがあるのでしょうか。いくつかその原因と思われることをあげていきます。主に挙げられる要因としましては正しく服用できていなかったり、あるいは身体的に問題があったりそもそもその薬自体が本物なのかという原因が挙げられます。そのような原因に対する解決策をあげていきます。

 

正しく服用できていない

バイアグラは服用方法を誤ると、効果が薄れてしまったり、全く効果を得れなくなるケースもあります。

 

バイアグラの効果を最大限に発揮させるには、正しい服用方法に従う必要があります。重要となるのは、空腹時にバイアグラを服用することです。

 

薬局で購入出来るバイアグラでも、病院で処方されるバイアグラでも、服用薬の場合は服用方法が指定されています。

 

バイアグラに含まれる有効成分のシルデナフィルは、血液に吸収されることで働きだします。

 

そのため、食後にバイアグラを服用してしまうと、腸壁や胃に付着した食べ物による油膜によって、シルデナフィルが取り込まれてしまい、そのまま便として排出されてしまうだけなのです。

 

バイアグラの効果を効率的に発揮させるためには、食前に服用することが望ましいとされています。

 

ただし、服用の数時間前に焼肉や中華料理、フランス料理といった油の多い料理を食べてしまうと、食前や空腹である状態でも、バイアグラの効果が弱まったり、実感出来ない場合もあるのです。

 

一般的には、食後2時間が経過すると食べたものは消化され、胃の中は空になるのですが、脂っこい食事をした後は、2時間が経過しても腸壁や胃に油膜が付着したままなのです。

そのため、この場合は。6~7時間が経過しないとバイアグラの効果を実感出来にくくなるのです。

 

 

 

身体的な問題があるかも…

身体的な原因がバイアグラの効き目を弱めている可能性もあります。以下2つが理由として挙げられます。

 

心因性

心因性EDによりED治療薬の効果が十分に発揮出来ないケースがあります。アルコールを多量に摂取すると、心因性EDでない方でさえも勃起が出来ない可能性が高まります。

 

疲れが原因となっていた人がバイアグラを服用することにより、勃起することが可能となります。

 

しかし、メンタル面での勃起不全が原因となる心因性EDの場合は、バイアグラを服用してもEDを解決することは出来ません。

 

糖尿病などの血液に関わる病気

健常者と比較して、糖尿病患者では、ED率が2~4倍も高いそうです。

 

また、糖尿病患者には勃起不全が多く、1998年の調査によると、成人男性の4人に1人がED症状があるという結果が出たそうです。

 

糖尿病には1型と2型があり、日本人の糖尿病患者の95%が2型糖尿病と言われています。

 

東京女子医大の報告によると、糖尿病患者1型2型の53~90歳のうち、過去5年間で勃起不全だった患者は46~62%とおよそ半分以上の方がEDと悩んでいることが分かりました。

 

これは糖尿病でない方の24%と比較すると、最大で2.5倍の糖尿病患者がEDであることが分かります。

 

臨床の現場からも同様の報告が確認されています。糖尿病は、血管障害の病気でありますが、EDとどのように関連しているのかを説明していきましょう。

 

糖尿病とは、血管の病気ですが、まずは勃起の仕組みから説明をしていきます。陰茎の内部には陰茎海綿体と呼ばれるスポンジ状の組織があります。

 

陰茎には1本の尿道海綿体と、2本の陰茎海綿体があります。性的な刺激を受けることで、陰茎海綿体の中にある陰茎動脈が広がり、陰茎海綿体に大量の血液が運ばれます。

 

これにより、スポンジ状の陰茎海綿体が膨張し、陰茎静脈を圧迫して血液の流れを抑えてしまいます。

 

この影響で陰茎海綿体の中に血液が溜まり、陰茎海綿体が硬くなり、勃起となります。陰茎動脈の拡張が勃起を引きおこすのに重要な役割を果たします。

 

陰茎海綿体に血液が流れ込まなければ勃起とならないのです。勃起には以下の過程が必要となります。

 

性的な興奮により、陰茎の神経終末と内皮細胞からcGMP(サイクリックGMP)を作り出すNO(一酸化炭素)が分泌。cGMPが血管を広げる。

 

陰茎動脈が広がることにより、陰茎海綿体に血液を大量に運ぶには、血管を緩めて広げるcGMPが必要不可欠となります。

 

多くの調査により、糖尿病の患者にEDがかなりの高確率で起こっていることが分かっています。

 

このように糖尿病患者は高血糖により、神経障害や血流障害(血管障害)が起こってしまい、勃起に必要な過程が阻害され、全く勃起しない、勃起しても硬くならない、そして勃起が持続しないなどのED症状が現れているのです。

<バイアグラのクリニック別価格比較>

クリニック名 価格
メンズサポートクリニック 1200円
イースト駅前クリニック 1300円
ABCクリニック 2000円

 

その薬は“本物”ですか!?

Thumb vgr pfyzer

出典:http://www.koicl.com/mens/ed/viagra.html

バイアグラを個人輸入代行業者から購入した場合は、そのほとんどが模造品、偽物であり、健康被害も出るほど危険なものであることは否定できません。

 

浜松第一クリニックでは、実際に本物と思われるバイアグラを個人輸入業者より購入し、どのように溶解していくのか、数カ国のバイアグラを検証しています。

 

純正品であるバイアグラはひし形で薄い青色をしています。表面にはファイザー社の名前「pfizer」が刻まれております。

 

しかし、中国発送のものや香港、シンガポール発送の物も同様な形をしているだけでなく、全てが本物とは若干色が異なる青色をしていますが、形はどれもひし形であり、表面にはpfizerの文字が刻まれています。

 

浜松第一クリニックがインターネットで購入したバイアグラは以下の通りです。

  • 発送元:日本、原産国:日本(国内純正品)、容量:50mg
  • 発送元:アメリカ、原産国:フランス、容量:100mg
  • 発送元:中国、原産国:アメリカ、容量:100mg
  • 発送元:アメリカ、原産国:不明、容量:50mg
  • 発送元:香港、原産国:アメリカ、容量:50mg
  • 発送元:シンガポール、原産国:不明、容量:50mg

 

浜松町第一クリニックでは、上記全てを水に浸し、どのように溶解していくのかを時間の経過とともに観察する実験を行っております。

 

浜松町第一クリニックのサイトでは、写真付きで溶けていく過程が分かりやすいカラーの写真で紹介しています。

 

同じバイアグラのはずですが、時間と共に崩れていく原型には違いがあり、興味深い結果となっているのです。

 

それでは、2時間観察した結果を以下にまとめました。アメリカ発送は共に中身の白い成分が外側のコーティングから溶け出しています。

 

溶け方は、日本国内の純正品のバイアグラと非常に似ています。

 

アメリカ発送の50mgと日本品の50mgは溶解時間がほぼ同じで、アメリカ発送の100mgは溶解時間が50mgと比べて数分程度長くなっておりますが、容量が大きくなっていることが原因と考えられます。

 

水に浸して4分が経過するころには50mgも100mgも同じような状態になっているように見えます。

 

また、シンガポール発送のバイアグラは、日本のバイアグラと比較して溶解速度が早く、日本品の2分後とシンガポールの1分後が同じ状態のように見えます。

 

外側のコーティングが溶けて、中の白い成分が溶けだしていることが写真で分かりますが、3分後以降は、日本品と比べて、シンガポール発送のバイアグラは、溶けにくい状態であることが分かります。

 

香港発送のバイアグラにつきましては、日本品と比較して溶解速度が遅く、外側の青いコーティングは日本品と全く異なります。

 

30分後には中身の成分も溶けだしており、日本品と違って溶けだした白い成分の粉末がダマになっており、成分が違うものが混入していることが明らかです。

 

更に、中国発送のバイアグラは、香港発送のバイアグラ同様、日本品と比較して溶解速度やコーティングの溶け出す様子が全く異なります。

 

2時間経過しても錠剤の原型が残ったままであることは恐ろしいことであります。

 

また、中身の成分につきましては、日本品は真っ白であることに対し、中国発送のバイアグラは黄色がかっていることが分かります。

 

溶解検証が終わり、薬剤を入れたシャーレを水洗いしたようですが、中国発送のバイアグラだけがシャーレにこびりつき、手でこすらないと落ちなかったようです。

 

今回の検証で、溶解の仕方が日本品と比較して明らかに異なるものは偽物と判断が出来ましたが、違いがあまりない外国発送のものは、本物かどうか判断が非常に難しいことが分かります。

 

多少の溶解の違いは、製造国の違いなのか、巧妙に作られた偽物なのか、あるいは容量による違いなのか、それらは自己責任であるインターネットでの購入の場合は判断が難しく、専門機関に依頼して成分分析をしてもらわないと、本物を見分けることが出来かねます。

 

今回、浜松第一クリニックでは連絡先がしっかり明記されて、値段もやや高めで、そしてインターネットでよく見かける個人輸入行者という条件を満たしているところから購入したのにも関わらず、明らかな偽物が含まれていることを発見したのです。

 

個人輸入代行業者からバイアグラを購入する際は、このように水による溶解で偽物かどうかを判断することをお勧めします。

 

明らかに偽物である際は見分けが簡単ですが、溶解の様子が日本品と比較して非常に似ている場合は、個人では判断するのは難しいでしょう。

 

安心して服用したい方は、やはり医師から出してもらえる処方箋にて国内正規品のバイアグラを購入することが最も安心出来ますよ。

↓EDの専門医に無料相談↓
>>東京:メンズサポートクリニック<<
>>全国:イースト駅前クリニック<<

 

インターネットで個人輸入代行業者からバイアグラを入手するのは非常にリスクがあります。

 

偽物によるバイアグラを服用したことで、健康被害が後を絶たず、厚生労働省もバイエル薬品株式会社やファイザー株式会社、そして日本新薬株式会社と協力して、注意喚起に力を入れているほどです。

 

日本では販売が認められるのは25mgと50mgだけです。日本をのぞく海外では100mgまでが認められています。

 

そのため、100mgのバイアグラを合法的に入手するには、個人輸入を利用するしかありません。

 

最近は、この個人輸入による偽物のバイアグラ100mgが出回ってしまっていることが問題になっています。日本の正規品であるバイアグラは、1錠50mgが1500円前後で販売されています。1錠が1500円とは決して安くないため、これより安いものを求めて、インターネットでより安いものを求めて探す方が多くいるのが現状です。

 

インターネットでは、バイアグラ100mgを扱っている個人輸入のサイトが非常にたくさんあります。

 

日本でのバイアグラ50mgは1錠当たり1500円~2000円が相場です。有効成分が倍量入っている100mgとなれば、3000円~4000円が相場であるはずです。

 

しかし、個人輸入によるバイアグラは1錠100mgが1500円~2000円という値段で販売されているのです。半額で手に入るとなると、誰もが手を出したくなりますよね。

 

しかし、現状はファイザー製薬の純正でない偽物のバイアグラが多く出回っているため、安心安全なバイアグラを服用するにはクリニックや病院にて処方してもらうことをお勧めします。

>>メンズサポートクリニックでバイアグラを安全に処方してもらおう!<<

 

効かないバイアグラの効果を感じるには

Thumb firewoman

それではバイアグラを飲んでも効かない人はどういったことに注意をして服用する必要があるのでしょうか。その点について見ていきたいと思います。色々な点があると思います、例を上げるとバイアグラを飲むタイミングが悪かったり、バイアグラと一緒に摂取している食べ物がいけないという意外と知らなかった事をまとめて紹介していきます。

 

バイアグラを飲むタイミング

性交渉のどのくらい前に飲む?

バイアグラを服用するのは性交の1時間前がおおよその目安となります。服用して1時間後にバイアグラの有効成分であるシルデナフィルが血液に吸収されて、効果を発揮するのです。

 

食前、食後どちら?

バイアグラは、食前に服用するようにしましょう!バイアグラを食後に服用すると、腸壁や胃に付着した食べ物による油膜によって、シルデナフィルが取り込まれてしまい、そのまま便として排出されてしまうのです。

 

そのため、バイアグラの効果を最大限に発揮させるには、食前が望ましいのです。

 

食事内容に注意

グレープフルーツは絶対にNG

バイアグラやシアリスといった一部薬品については、柑橘類であるグレープフルーツは併用が禁忌薬品となっています。

 

例えばシアリスの添付文章には、「本剤は主に薬物代謝酵素CYP3A4により、代謝されます」と明記されています。

 

この代謝酵素CYP3A4とは柑橘類に含まれており、その中でもグレープフルーツでの相互作用が確認されています。

 

グレープフルーツに含まれる成分が代謝酵素であるCYP3A4を邪魔し、代謝の速度を遅くしてしまうのです。

 

これにより、血中濃度を上げて薬を体内への吸収を高めて、体が必要以上に取り込んでしまい、薬の作用が強く出てしまうのです。

 

結果として、副作用として以下のような症状が現れてしまうのです。

 

  • 頭痛
  • 消化不良
  • 背部痛
  • 紅潮
  • 筋肉痛など。

 

これらの副作用は、グレープフルーツを摂取しなくても副作用として現れる可能性がありますが、グレープフルーツを食することで、副作用をより強めてしまう可能性があるのです。

 

また、血圧を下げる副作用も強く出てしまうケースもあるため、非常にリスクが高まってしまいます。

 

脂っこい食事は効果を悪くする

ただし、バイアグラを食前に服用する際にも、注意が必要です。

 

中華料理や焼き肉といった油分の多い食事をすると、食べ物が消化されても、腸壁や胃に油膜が付着したままのため、食後2時間後にバイアグラを服用しても、効果が期待出来ないことがあるのです。

 

このように、油や脂の多い食事をした際は、最低でも6~7時間は空けてからバイアグラを服用するようにしてください。

 

よりバイアグラの効果を高めるには、おかゆやうどんといった消化の良いものを腹6~7分目を目安に食し、食べて2時間が経過してからバイアグラを服用するといいでしょう。

 

水分の飲みすぎに注意

薬の吸収率を上げる

バイアグラは水分で溶けるように作られているため、基本的には水で服用するようにしましょう。

 

水がない場合はお茶やアルコール、清涼飲料水で服用してください。ただし、牛乳などの乳脂肪分が含まれる飲料は、バイアグラの有効成分の吸収を妨げる可能性があるので、避けるようにしましょう。

 

食前の方が薬の吸収率がいいので、空腹時に服用するようにしてください。

 

 

 

まとめ

Thumb family

ED治療薬として世界的にも有名なバイアグラですが、注意点を守らないと、服用しても効果を実感出来ないことがあるのです。

 

基本的には医師から処方されたバイアグラの用法容量をしっかり守ることです。

 

医師は患者の健康状態や生活習慣などを考慮した上で、適量の薬を処方するため、自己判断による服用では効果が得れなくなることがあります。

 

また、食後の服用な、精神的な悩みを抱えている場合も効果が効きづらくなります。

 

その他にも脳卒中や心筋梗塞といった血液に関わる病気を患っている方や高齢者も効果が実感出来ないこともあります。

 

インターネット上で購入できる偽物のバイアグラも効き目があるかどうか不明なだけでなく、健康被害が多く報告されており、見た目では本物か偽物か判断が出来ないケースもあります。

 

バイアグラは性交を行う1時間前に空腹の状態で服用します。グレープフルーツにはバイアグラの効果を妨げる成分が含まれているため、ジュースも含め摂取しないようにしてください。

↓自分では判断できない方へ・・・↓
 

Thumb data

イースト駅前クリニック
ED治療薬980円~/1錠
東京・大阪・名古屋など全国12

公式サイトを見る

ED治療薬に関連する記事