公開日 18年06月09日

更新日 18年09月07日

バイアグラを服用する際の食事の注意点って?正しい知識を身につけよう

Thumb vgr50

バイアグラを服用したいけど食事との関係が気になったり、以前食事後に服用したら今一効果が出なかったなど、バイアグラを服用する際の悩みには食事の摂取の仕方があります。

 

食事の摂取の仕方で効果があまり出なかったり、反対に服用時の食事の仕方を理解できればその効果をうまく引き出し、薬の効果を効果的に発揮させることも可能です。

 

今回はそのような服用時の食事の取り方や、一般的な薬と食事との関係などをまとめましたので、ご参考にして頂けたら幸いです。

 

 

バイアグラを服用する際の食事はどう取るのがベスト?

Thumb canon

バイグアグラは食前食後約2時間以上経過した後空腹時に摂取するのが基本とされて

おり、これはバイアグラの食事の影響の受けやすさと関係しています。

 

食前の場合は、食事のおよそ1時間前に服用するようにし、服用してから薬の効果が効き始めるのは約30分後からで、薬の効果はその後約5~6時間程度持続します。

 

食事の際、油物を食べてしまうと、油物の膜が胃に張り付き、薬の吸収が阻害され、吸収に時間がかかるなどして効き目が悪くなってしまうため、そうした食事内容は避けるようにします。

 

最適な食事内容は消化に良いもので、食べる際は満腹まで食べることはせず、また、アルコールは少量であれば精神的に安定させるために有効ですが、量が多くなると薬が効きにくくなってしまうため、大量に飲むのは避けましょう。

 

比較のため、他のED治療薬の食事との関係を見てみると、まずシアリスの場合は、ED治療薬の中でも一番最後に開発されたことから食事に関する課題が克服されるように製造されているため、バイアグラにおける食事の取り方とは異なる部分が出てきます。

 

シアリスの場合は、空腹時ではなくても問題はないため、食後に服用しても良いとされておりますがいくつか制限もあります。

 

食事のカロリー数は700kcalにまで抑えなければならず、これはおよそ、中華料理などの脂質の多いものであった場合には、チャーハン一杯でもすぐに超えてしまう数です。

 

2番目にLEVITRA(レビトラ)という薬についてですが、こちらもバイアグラの後から開発されたことから食事の影響を受けにくいように製造されており、食後に時間を開けずに服用しても問題はないとされています。

 

こちらの薬もCialis(シアリス)の時と同じ条件で、カロリー数は約700kcalまでに抑えることとされており、食事の内容には注意を払う必要があります。

 

ですので、例えばバイアグラを使用する予定のある場合で、パートナーと食事を楽しんだ後に行為に及ぶ場合は、中華料理や焼肉店といったところは避け、お蕎麦屋やお寿司屋といったところに行くようにし、胃に負担のかからない食事にとどめるようにしましょう。

 

そのため、食事後に行為に及ぶ場合は、事前に食事をするところやそれに伴う予定も綿密に計画を立てておく必要があります。

 

シアリスやレビトラの場合は、上記のように食事の影響を受けにくいためそうした心配はあまりしなくても良いですが、バイアグラを利用しようと思った時にはそうはいかないため、食事については注意を払っておく必要があります。

 

食事の際にも、後程ご説明しますが、グレープフルーツジュースや乳製品である牛乳などは飲まないようにし、水か白湯を飲むようにすると安心です。

 

仮にそうした果物を食べたり飲んだりすると、それに含まれる成分の働きにより、前日であってもその効果が長引いてしまうこともあるため、バイアグラを使用する前の日から食事内容には気をつけるようにしましょう。

 

また、今回はバイアグラの場合の食事内容についてお伝えしましたが、一般に薬には相性の悪い食べ物や飲み物があり、そうしたものと一緒に摂取すると、薬の効果が全くなくなったり、効果がとても強く現れるといった作用が出ます。

 

例えば、コーヒーではコーヒーに含まれているカフェインが、同じカフェインが入っている薬と相互作用を起こして効果が過剰に出てしまうといったことや、牛乳と抗生物質は相性が悪く、牛乳に含まれるカルシウムが薬の吸収を阻害してしまうことなどがあります。

 

このようなことは薬やサプリメント同士でも起こりうるため、そうした製品などを使用している方は、医師や薬剤師にバイアグラを処方してもらう時に伝えるようにし、お薬手帳なども活用するなどして、薬の効能を十分出せるようにしましょう。

 

バイアグラとアルコールなど、食べ合わせてはいけないものは何?

Thumb atamagaitai

バイアグラの食べ合わせで良くないとされているのは、グレープフルーツジュースや中華料理などの油物です。

 

これは、後にご説明しますが、グレープフルーツジュースに含まれる成分が、バイアグラの成分が体に吸収されるのを阻害してしまうためで、それにより、薬が効きづらくなってしまうのです。

 

バイアグラは、他のED治療薬と比べて食事の影響を被りやすいのが特徴で、そのため食事の内容も管理しなければならず、特に脂質の多いものを食べた時には脂質と胃の関連により薬剤が体に浸透するのがうまくいかなくなります。

 

また、一般に薬剤には一緒にとるジュースや食べ物により、効果が半減してしまったり副作用が強く出るものがあるとされています。

 

例えば、納豆を食べると納豆菌は体内でビタミンKを生成しますが、これと同時に抗凝固剤を服用すると、抗凝固剤のビタミンKの生成を阻害する効果が効かなくなるなどといったことが発生します。

 

また、先に挙げたグレープフルーツと降圧薬との関係性も悪く、果物に含まれる成分が、降圧薬の効果を強めてしまうことがわかっています。

 

そのため、バイアグラを使おうと思った時には、食事や飲み物の内容には注意を払い、忘れてしまった場合には処方箋を確認するか、再度医師や薬剤師に尋ねてみるようにしましょう。

 

油物を摂取した時の胃の内部の様子

通常、食べ物はほとんどが唾液や胃で細かくされますが、油物などの脂質はそうした器官では分解されずに十二指腸へと運ばれます。

 

その後、十二指腸では脂質に反応しコレシストキニン(消化管ホルモンの一種)という消化管で分泌されるホルモンを放出しそれが小腸での脂質の消化や吸収に働きかけ、胃の活動を制御します。

 

食事をした際、胆嚢から肝臓で作られた胆汁が十二指腸に出されることで脂質と胆汁の成分である胆汁酸が合流し、胆汁酸の量が豊富だと脂質がミセルという胆汁酸と脂質がつながったものに取り入れられます。

 

そして胆汁酸と脂質が結びついたミセルにより、十二指腸は脂質が減ったことを察知し、コレシストキニン(cholecystokinin)と呼ばれる物質を出すことを止め、それによりそれによって止まっていた胃の活動が再開します。

 

胃もたれは、初めの方でコレシストキニンによって止まっていた胃の活動により起きますが、このようにして普通の消化とは異なり、脂質では時間がかなりかかるため、バイアグラの効果も十分に発揮されなくなってしまうのです。

 

牛乳が薬に与える効果

牛乳は抗生物質などの一部の薬と反応すると牛乳の成分であるカルシウムと薬の含まれる成分が反応してキレートと呼ばれる体に吸収されにくい物質を作り出します。

 

このキレートが作られることにより、薬の効果が小さくなってしまうこととなり、さらに、薬への抵

抗力が強まり、薬に対する抵抗力を持った耐性菌と呼ばれるものも増えることもあります。

 

牛乳の他にも、カルシウムが含まれているチーズなどの乳製品も上記と同様の理由から、牛乳の場合と同様に薬の併用ができないとされています。

 

牛乳などの乳製品と併用が禁止されている薬は主に、テトラサイクロン系抗生物質や抗真菌材、ニューキノロン系抗菌剤などがあり、それぞれ併用することで薬の作用が弱くなったり、増大したりします。

 

バイアグラの飲み合わせ

バイアグラの飲み合わせで効果が半減してしまう物で代表的なものは先述のようにグレープフルーツジュースであるとされています。

 

体内に取り入れられた薬はCYP3A4という酵素によって分解されますが、グレープフルーツジュースを摂取するとその成分であるフラクノマリンがその酵素の働きを止めるようにし、薬が体から無くなっていくのに時間がかかるようになってしまいます。

 

また、グレープフルーツジュースだけでなく、その実の部分や皮を摂取した場合でも同様の働きが起こる可能性もあるとされていますので、食事内容にそうした物が含まれていないか気をつけるようにし

てみましょう。

 

一度、グレープフルーツを摂取するとその効果は2日以上、長いときでは4日以上続く場合がありますので、薬の服用時に取るのは控えるようにしましょう。

 

一般に、薬と悪い相互作用を起こしてしまう飲料は、コーヒーやアルコール、牛乳、お茶などがあり、それぞれ一緒に服用すると効果が薄くなったり、副作用が強く出る場合があります。

 

バイアグラの作用機序

通常、男性が何らかの性的刺激を受けると、脳からの指令が脊髄からペニスの陰茎海綿体にまで伝わり、一酸化窒素が放出されます。

 

陰茎海綿体において一酸化窒素が増えると、cGMPが増えることで血管が拡張され、勃起の状態となりますが、その後、勃起の状態を止めようと今度はPDE5という物質が出され、それにより血管が縮み勃起の状態は終了します。

 

また、勃起の際、陰茎海綿体に流れた血液は海綿体の外側にある白膜という膜により、血管が圧迫された状態となり、海綿体に流れた血液が戻らないことにより勃起の状態が維持されています。

 

バイアグラはこのPDE5の働きを止めて勃起の状態を維持させようとする薬剤であり、留意すべきなのは、あくまで性的刺激を受けて勃起をした際の補助をするお薬であるという点です。

 

 

バイアグラと併用禁忌薬

Thumb kakkotsuke

バイアグラの併用禁忌薬は数多いですが、大きく分類すると不整脈や狭心症、CTEPHを治すための薬剤がそれに当たります。

 

不整脈の治療には様々な治療薬が使われますが、このうちアミオダロン塩酸塩錠やアンカロン錠が併用禁忌薬に当たります。

 

硝酸剤が狭心症を治すための薬剤として使われますが、他にも多くが該当しますが、このうちアイスラール錠20mgやニトルビン錠5、アイクロール錠20などがそれに当たります。

 

CTEPHを治す薬で該当するものはアデスパム錠1mg/5mg/25mgで、これは、細胞内のcGMPの割合が増加し、血圧に影響を与えてしまうためです。

 

先の、狭心症に使用される硝酸剤であるニトログセリンを成分としている薬と、バイアグラを同時に使ってはダメな理由は、両者の血流を改善する効果にあります。

 

バイアグラの血管拡張作用と、硝酸剤の同様の効果により、効果が二重に効くことで、血圧がとても下がり、それにより死に至ってしまう危険性があるためです。

 

また、同薬剤には、錠剤タイプの他に吸うタイプの薬、注射器を用いるもの、スプレーなどの形がありますが、それらも全て同時に使うようなことはしてはいけません。

 

また、併用禁忌薬ではなく、併用を注意喚起される薬剤として、ハルナールやカルデナリンなどのα遮断薬やアムロジンなどの降圧剤全般、リファピシンなどのCYP3A誘導剤、カルペリチドなどの急性心不全治療剤などもあります。

 

シルデナフィルは薬の代謝に重要な肝臓の作用を受けますが、その際、CYP3Aという酵素を使うため、この働きを阻止する薬と一緒に使うと肝臓の働きを遅らせることになり、薬の作用が強くなってしまうことがあるのです。

 

硝酸剤の役割については、この薬は心臓にある冠動脈を拡張することで血流を増加させ、心臓に酸素を供給できるようにすることで心臓の負担を軽減する役割があります。

 

主な副作用は、めまいやふらつき、頭痛、脱力感などがあり、アルコールと併用すると薬の血管拡張作用が強く出て血圧が下がってしまう可能性もあります。

 

不整脈の治療薬である、アミオダロン塩酸塩錠は、脈を正常に機能させる薬で、それにより心臓の異常な動きを制御し、心拍数も安定させる効果を持ちます。

 

主な副作用は、睡眠に問題が発生したり、嗅覚が正常に働かなくなったり、性欲が減退してしまったり、嘔吐などが挙げられます。

 

慢性肺塞栓性肺高血圧症に使用されるのがアデスパム錠ですが、肺動脈性肺高血圧症(PAH)を治す時にも広く利用される薬剤で、肺動脈の血圧を低下させて、心臓を楽にする効果があります。

 

主な副作用は、低血圧や下痢、嘔吐、頭痛などがあり、中には重度喀血などを引き起こしてしまうこともある薬剤であるとされています。

 

また、この以外にも併用注意薬として挙げられているものがあり、リトナビルやサキナビル、エリスロマイシンなどがあります。

 

これらは、薬に含まれる成分がバイアグラが体から代謝され吸収を遅くしてしまうために注意薬とされているものです。

 

他にも併用注意薬として、シルデナフィルには血圧を下げる効果があるために降圧剤や、カルデナリンなどのα遮断薬などもその対象となっています。

 

こうした、併用注意薬は、他のED治療薬であるレビトラやシアリスにおいても同様で、また、バイアグラにおいても同様に当てはまるものがあります。

 

上記の様にバイアグラの併用禁忌薬とされているものは主に血管を血流の改善効果がある薬となっており、これはバイアグラの同じ効果により二重に効果が現れるのを防ぎ、重篤な副作用を起こさない様にするためであるとされています。

 

狭心症や、不整脈、慢性閉塞性肺高血圧症などを発症している方は、必ず医師や薬剤師にその旨を告げて、誤って併用することのないようにしましょう。

 

 

バイアグラを服用してはいけない人って?

Thumb ryotewo

バイアグラを服用できない方は、

 

  • バイアグラを以前服用して、過敏に反応した経験をお持ちの方。
  • 硝酸剤などの併用禁忌薬を使用中の方。
  • 心血管系に異常が有り、性行為を行うのが困難な方。
  • 肝臓に重度の病気を抱えている方。
  • 低血圧の方や治療がなされていない高血圧の方。
  • 脳梗塞や心筋梗塞などの脳の疾患に過去6ヶ月以内にかかったことがある方。
  • 網膜色素変性症に罹患している方。
  • 未成年者

 

併用禁忌薬を使用されている方がバイアグラを利用することが絶対にできないのは、バイアグラと併用禁忌薬の血管拡張作用が同時に起こってしまうのを防ぐためで、仮に併用してしまうとかなり強い副作用などが出る場合があります。

 

心臓血管系に異常がある方は、性行為時には心拍数がかなり上昇するため、そうした方が薬を服用すると不整脈などが悪化してしまうためです。

 

シルデナフィルは、肝臓の働きを受けたのち体の中に吸収されますが、この際、肝臓の活動に問題が残ったままだと、その代謝がうまくいかなくなり、吸収が悪くなってしまいます。

 

網膜色素変性症は、PDE6という物質の遺伝子の異常によって生じますが、シルデナフィルは、このPDE6の活動が活発になるのを防いでしまいます。

 

ご自身が併用できないかどうか判断ができない場合は、必ず医師か薬剤師に相談するようにし、適切な指示を受けた上で服用するようにしましょう。

 

CTEPHや硝酸剤を服用している人はバイアグラを使えない?

CTEPH(シーテフ:慢性血栓塞栓性肺高血圧症)は、肺の血管に血栓ができることで血管の血液の流れが滞ってしまい、それが原因で肺動脈の血圧が上昇してしまう病気です。

 

この血栓ですが、通常は血液の中に溶けますが、血栓が繰り返し生じたり血栓が溶け切らなかった場合には血管に血栓が張り付き、取れにくくなります。

 

CTEPHの場合は、足や腕の血管にできた血栓が心臓を経由して肺へと伝わり、それが肺の血管の血圧をあげ、肺高血圧症に罹患してしまう可能性があるとされています。

 

硝酸剤は、主に心筋梗塞や狭心症などに使われる薬で、心臓を取り巻く血管を拡張することで血液の流れを増やし、心臓の労力を減らす作用があります。

 

狭心症の治療でも使われ、狭心症は心臓に血液がいかないことによりとてもひどい痛みを伴う病気ですが、硝酸剤は体内で一酸化窒素を増やす働きを持っているので、それにより血管が広がり心臓を楽にしてくれます。

 

上記のように、CTEPHの治療薬や硝酸剤を服用している方は、それぞれの薬の血流改善作用と、バイアグラの血管拡張作用が重なって生じてしまうために、一緒に使うことがダメだとされているのです。

 

一般的な薬の飲み方

Thumb aoziru

薬を服用するタイミングとして、食事の前、食間、食事の後の3種類と、頓服、また、薬によっては指定された時間帯に飲むよう記載されているものもあります。

 

このうち食事の前とは食事の約30分前に服用することで、食間は食事から2時間後、食事の後とは食事から約30分後に服用することを意味し、頓服とは痛みや症状が出た場合に服用することを意味しています。

 

薬は、で飲むのが最適な飲み方ですが、もし水で服用しないと溶けた薬が喉や食道にくっつき粘膜を傷めてしまうこともありますので、薬を服用する際には基本的に水や白湯を用いて服用するということを押さえておきましょう。

 

錠剤タイプの薬の場合は、通常、効果が長時間続くよう何層にもコーティングされているもので、噛むなどして薬を砕いてしまうとその効果も十分発揮されなくなりますので、噛まずに飲み込むようにしましょう。

 

薬と一緒に飲む飲料

薬は水か白湯で飲むのが基本的な飲み方ですが、他の飲料を使用すると薬の効果が半減してしまったりするなし、薬が十分効果を発揮できないことにつながります。

 

注意したい飲み物は、お茶やコーヒー、紅茶、アルコール、牛乳、炭酸飲料、グレープフルーツ飲料などです。

 

お茶は、お茶に含まれるある特定の物質が薬の成分を変えてしまい効果をうまく発揮できなくしてしまいます。

 

コーヒーや紅茶は、カフェインを含有している薬と併用するとカフェインの過剰摂取により頭痛が起こるなどします。

 

アルコールは風邪薬などの効果を増幅させ、強い眠気に襲われることとなり、アスピリンと併用した場合にはアルコールが体に吸収されやすくなり悪酔いにつながります。

 

牛乳やヨーグルトなどの乳製品は、胃をアルカリ性にする効果があるので、薬の効果を減弱させて可能性があります。

 

グレープフルーツジュースなどのジュース類は、降圧薬などの作用を強め、また、副作用の効果も強めてしまう効果を持ちます。

 

ですので、一般的な薬の知識と合わせて、バイアグラを服用する際にもこうした飲料には十分気をつけるようにしましょう。

 

 

空腹状態で薬を飲むとどうなる?

Thumb hitokuchi

一般的な薬の体内への吸収の経路としては、まず、口から摂取した薬剤は食道を通って胃に運搬され、小腸で吸収され、肝臓にいくと一部は細かくなり、その他は血液の中へと成分が浸透します。

 

小腸において胃から送られてきた成分は吸収されますが、この時、胃の中が空だと成分が早く小腸に吸収されるため効果の発現も早くなります。

 

肝臓は薬の分解に重要な臓器で、小腸から肝臓に運ばれた多くの薬は形が変わってしまい、その効果もなくなり、何度も肝臓を通った薬は代謝を何度も受けることで尿や便などと共に体の外へと出されます。

 

反対に、鎮痛剤などの胃を荒らす作用のある薬を服用した場合には胃腸障害が出ることもあります。

 

胃が空の状態の時には胃酸の酸性が強いことにより、胃を整える働きのある整腸剤における乳酸菌製剤では、乳酸菌が死んでしまうためそうした薬の場合は食後に服用するのが効果的です。

 

また、こうした吸収の過程を経るため、消化器疾患がある場合や、下痢がある場合、消化器の一部を切除している場合には薬の吸収に影響がある場合があります。

 

そのため、薬を服用する際には、医師の指示や処方箋に記載事項をきちんと守ることが、薬の効果を十分に発揮する為にも大切なこととなります。

 

精神的な病がある人は飲んでも大丈夫?

Thumb kokoroitai

代表的な、精神疾患はうつ病、統合失調症、双極性障害、強迫性障害などがありますが、これらの疾患をお持ちの方でもバイアグラを服用すること、また、服用中の精神疾患の薬と併用することも問題はありません。

 

ですが、症状が重度で薬の管理が適切にできない場合には薬を必要以上に摂取してしまうなどの問題が起こることもありますので、そうした場合には医師の指示をきちんと仰ぐようにしましょう。

 

EDが起こる原因には、器質性・機能性・混合性EDの3種類があるとされており、このうち機能性EDは心因性EDと精神病性EDに分岐し、心因性EDは日常の心理的ストレスや対人関係への不安などの心理的な要素により引き起こされるものです。

 

この心因性EDは、さらに現実・深層心因に分けられ、前者は日々の生活を送る上で生じる睡眠不足や緊張などの心の面でのストレスが原因となるもので、後者は心の奥にある悲しみや抑圧されたことに対する怒りなどが原因で生じます。

 

精神に関連する病気が引き金とされるEDは、精神病性EDと呼ばれ、疾患の症状である幻覚や妄想などによりうまく性行為が行えなえないものとなります。

 

この機能性EDにおいては、早朝勃起があるか否か、マスターベーションでの勃起したペニスの硬さが十分であるのに性行為する際にうまく勃起が起こらないといったことが判断基準となり、既往歴では精神疾患や神経系疾患などの要素も診断されます。

 

治療法としてはED治療薬を用いることの他に、カウンセリングや行動療法、分析的精神療法などの心理療法も用いられます。

 

バイアグラを飲む時のスケジュールを今一度確認してみましょう

バイアグラの基礎的な利用の方法は、食前か食後の空腹状態に服用することで、食前の場合はおよそ1時間前、食後の場合は2~3時間開けてから服用するようにします。

 

そのため例えばバイアグラを服用する際のスケジュールとして、

 

1.デート(ショッピングなど)→食事約1時間前になったタイミングで服用→食事(胃に負担のかからないものを)→ホテル

 

2.ドライブ→食事(油物は避ける)→デート(夜景スポットに行くなど)(この間約2~3時間)→バイアグラを服用→ホテル

 

などがあり、注意すべき点は、食事の際は中華料理やフランス料理などの油物を避けること、バイアグラの効果は服用後4~5時間続くことなどです。

 

これらはあくまで例ですので、ご自身が実際に服用する際のスケジュールとして参考程度に止めて頂けたらと思います。

 

まとめ

Thumb yuugure

バイアグラの食事の仕方の重要な点は空腹時に取ることで、それは胃に食べたものが残っている場合、バイアグラがうまく吸収されずに効果が弱まってしまうためです。

 

また、そうした食事の時間関係だけでなく、飲み合わせとして牛乳やグレープフルーツジュースなども避けるようにする必要があります。

 

バイアグラを服用する際の食事の仕方があまりわからなかった方、今一度食事の取り方を確認してバイアグラを効果的に使用したいとお考えの方などはぜひご参考にして頂けたらと思います。

バイアグラ
出典:http://endia.net/baiagura100mlotoko-hunakosi

ED治療薬に関連する記事