公開日 17年11月12日

更新日 18年09月05日

バイアグラの正規品を安全に手に入れる!?購入方法を一挙公開

バイアグラは男なら誰もが一度は聞いたことあるほど有名で、実際に多くの男性の勃起力を改善させている画期的なED治療薬です。日本でも正規の医薬品として認可を受けていて、正しく服用すれば多くの男性が効果を実感できるはずです。ただし、人気がありすぎる医薬品ゆえに正規品ではないものも出回っているので、トラブルに巻き込まれないように正規品を購入する方法をご紹介します。

 

正規品のバイアグラにはどういう効果がある?

Thumb water

バイアグラという商品名を聞いたことがある男性は多いでしょう。

 

あまりED治療薬に詳しくなくても、なんとなく勃起しやすくなる薬だという認識を持っているのではないでしょうか。

 

その認識は間違いではありませんが、実際に服用する場合には正しい知識を備えておく必要があります。

 

バイアグラには、他の医薬品と同じように副作用などもあるので、正しい服用方法で用いなければ、健康被害などのトラブルになってしまう可能性もあるからです。

 

バイアグラの歴史

バイアグラにはシルデナフィルという有効成分が含まれています。

 

EDを改善させる効果があるのはこのシルデナフィルであって、バイアグラというのはシルデナフィルを含有しているED治療薬の商品名です。

 

実は、シルデナフィルは最初からED治療薬として研究されていたわけではありません。当初は1990年代前半に狭心症への効果を期待されて研究されていました。

 

その臨床試験の結果、残念ながら狭心症への効果はあまりないということが判明します。しかし同時に、ペニスの勃起を促進する効果があるとわかったのです。

 

そのためシルデナフィルはED治療薬としての研究が進められ、1998年にアメリカのファイザー社から世界初のED治療薬として販売開始されました。

 

そして、発売されるとすぐにEDに悩んでいた男性の間で話題になりました。

 

この時点では日本ではまだ認可されていませんでしたが、日本でも話題になったので海外から個人輸入する男性が非常に多かったのです。

 

しかし、正しい使い方が広まっていなかったので、併用禁忌薬と一緒に服用してしまい健康被害を受ける事例などが発生してしまいます。

 

そこで安全性を確保するために異例とも言えるはやさで日本でも認可されることになりました。

 

そして1999年に日本でも正式に販売が開始されて、多くの男性が正規品のバイアグラを入手できるようになったのです。

 

バイアグラ正規品に含まれている有効成分とは

バイアグラに含まれている有効成分はシルデナフィルです。シルデナフィルは、EDの症状を改善する作用があります。

 

シルデナフィルが勃起を促進するメカニズムは以下のとおりです。

 

男性が勃起をするのは、性的な刺激や興奮によって、体内でサイクリックGMPという物質が増加するからです。

 

サイクリックGMPには、血管を拡張して血流をよくする働きがあります。

 

勃起は海綿体などに血液が流れ込むことによって発生するので、血液が良くなれば勃起が引き起こされるのです。

 

男性の体には、サイクリックGMPを分解してその働きを抑えるPDE-5という成分もあります。

 

PDE-5は射精後や性的興奮がおさまると増加して、サイクリックGMPの働きを阻害します。

 

つまり、サイクリックGMPによって引き起こされた勃起を、PDE-5はおさえる役割を持っているのです。

 

本来男性の体内ではこのサイクリックGMPとPDE-5が、適切な量とタイミングで増加して勃起を引き起こしています。

 

しかし、このバランスが崩れてPDE-5が増加してしまうとEDになります。

 

バイアグラの有効成分シルデナフィルには、このPDE-5を阻害する作用があります。それによってサイクリックGMPが通常通り働き、勃起力が正常に戻るのです。

 

バイアグラの効果と持続時間

バイアグラを服用すると、シルデナフィルの働きによって勃起が促進されます。

 

効果の強さには個人差がありますが、正しい方法で服用すれば30分から1時間程度で効果があらわれます。そして、4~5時間程度は効果が持続します。

 

バイアグラは食事の影響を受けやすいので、できる限り空腹状態での服用が良いとされています。

 

食後すぐに服用してしまうと、バイアグラの体内への吸収が食べ物の油分などによって邪魔されてしまうのです。

 

また、アルコールとの併用は避けたほうがよいとされています。

 

バイアグラには血管を拡張して血流をよくする働きがありますが、それはペニスだけではなく全身に及びます。

 

だからバイアグラを摂取した状態でアルコールを飲むと、普段よりもよく身体に回ってしまい、急性アルコール中毒を引き起こす危険性があるのです。

 

つまりバイアグラの効果をしっかりと発揮するためには、あまり食事やアルコールを摂らずに、セックスをする1時間前くらいに摂取する必要があります。

 

バイアグラの副作用

バイアグラにはEDの改善に絶大な効果があります。ただし、効果が絶大である分、副作用も多いED治療薬です。

 

バイアグラを服用するとペニスだけではなく全身の血行がよくなり、結果として全身のさまざまな部位で充血が起きて副作用を引き起こします。

 

バイアグラの主な副作用には、めまい、頭痛、顔の火照りがあります。いずれも、頭や顔の血行が良くなった結果として引き起こされる副作用です。

 

他にも鼻粘膜の充血による鼻づまりや鼻血、消化不良、胃痛、動悸、背中の痛みなどがあります。

 

バイアグラはとても効果が高い医薬品なので、服用すると多くの男性が何らかの副作用を体験します。

 

日常生活に支障がないていどの副作用であれば、バイアグラが効き始めた合図のようなものだと思いましょう。

 

あまりにも副作用が辛かったり、効果の持続時間を過ぎてもおさまらなかったりする場合には、バイアグラの使用を中止して安静にしましょう。

 

バイアグラが効かないケース

バイアグラは、正しい服用方法で摂取すればどんな男性でもかならず効果を実感できるというわけではありません。

 

EDの原因は、かならずしもPDE-5が増加しすぎているというだけではなく、さまざまな理由があるのです。

 

だからバイアグラの効果で改善できない原因によるEDの方は、バイアグラを服用しても効果がない場合もあるのです。

 

バイアグラが効かない、もしくは効きにくいケースを紹介します。

 

精神的な理由で性欲が衰えている

さまざまな理由によって意欲が低下し、性欲減退などの症状がある方は、バイアグラを飲んでもEDが改善するとは限りません。

 

バイアグラは、男性の性欲を増進する催淫作用はないからです。

 

バイアグラの有効成分であるシルデナフィルは、勃起しようとしているのにPDE-5によってそれが阻害されている状態の男性に作用します。

 

バイアグラを服用したからと言って性欲が増すことはないのです。

 

だからバイアグラを飲んだだけで勝手に勃起してしまうようなことはなく、外部からの性的な刺激や興奮がないと勃起はできません。

 

精神的な理由で性欲が減退している場合は、ED治療をしている病院やクリニックに行き、医師の診察を受けて別の治療法を相談しましょう。

 

老化や神経の障害

人間は老化すると全身の機能が衰えます。そうなるとバイアグラの効果は弱まってしまいます。

 

特に60歳以上の高齢になると、そもそも勃起力が衰えているので、バイアグラを服用してもまったく効果が得られない可能性もあります。

 

また、事故や病気、老化で脊髄などの神経伝達機能が衰えたり損傷していたりすると、バイアグラの効果がペニスまで伝達されないので効き目が得られない可能性があります。

 

血管機能の低下

バイアグラの有効成分であるシルデナフィルは、ペニスの血流を増やして勃起を促進します。

 

しかし、動脈硬化や肥満などによって血管の機能が低下していると、バイアグラでも血管を拡張できずに、効果が得られない可能性があります。

 

他にも、糖尿病にかかっている方やその疑いがある方も、血管の機能が低下していてバイアグラが効かないことがあります。

 

他にも、さまざまな病気で血管の機能が低下している方は、バイアグラを服用しても効果を得られにくくなっています。

 

その場合は、先に血管の機能を低下させる要因となっている病気の治療に専念するか、医師に相談をして別の治療法を相談しましょう。

 

 

バイアグラの正規品とは

Thumb vgr100

出典

バイアグラは世界中で人気があるED治療薬なので、多くの男性が利用したいと考えています。

 

とても人気がある商品なので、残念ながら市場には正規品ではないバイアグラも出回っています。

 

バイアグラの正規品とは、開発元であるファイザー社が販売しているバイアグラと、正式な認可を受けて販売されているバイアグラのジェネリック医薬品を指します。

 

これらの商品は国の認可を受けて販売されているので、バイアグラの正規品と言えます。

 

しかし、バイアグラの需要の高さを狙って正規品ではない商品を販売している悪質な業者も存在しています。

 

正規品ではない商品を服用してしまうと、効果がないだけではなく、重大な健康被害を被る可能性もあるので気をつけましょう。

 

バイアグラとジェネリック医薬品

近年、日本でもジェネリック医薬品という言葉が広まっていて、実際に取り扱っている薬局も多いので、ジェネリック医薬品についてよく知っている方も少なくありません。

 

ジェネリック医薬品とは、新薬と同じ成分で作られた後発医薬品のことです。

 

医薬品の開発には、研究費などのさまざまな費用が発生します。

 

そこで、新薬を開発した製薬会社の利益を保護する目的で、特許によってその成分の医薬品を専売できる期間が定められています。

 

その期間は、他社が同じ成分を真似した商品を販売できません。

 

そして特許期間(日本では最長25年)が過ぎると、他の製薬会社などが同じ成分の医薬品を販売開始します。これがジェネリック医薬品です。

 

ジェネリック医薬品は先行販売されていた新薬と同じ成分を使えばよいので、研究開発費がかかりません。

 

だから、製造費が低く、市場価格も安くなるのです。風邪薬や頭痛薬のジェネリック医薬品が安価なのはこのような理由によるのです。

 

バイアグラは、すでに日本を含めた各国で特許期間が終了しているので、ジェネリック医薬品がいくつも販売されています。

 

だから、病院で診察を受けて処方せんを出してもらい、ジェネリック医薬品を購入したいと申し出れば、バイアグラよりも安価に購入できます。

 

バイアグラのジェネリック医薬品は、バイアグラよりも価格が低く設定されています。

 

バイアグラの相場は、25mg1錠で1,000円~1,300円、50mg1錠で1,500円~2,000円ですが、ジェネリック医薬品なら50mg1錠が1,000円程度です。

 

もちろんジェネリック医薬品も国による正式な認可を受けて販売されているので、バイアグラの正規品といえます。

 

 

通販には正規品ではないバイアグラもある

日本国内でバイアグラを購入するためには、病院やクリニックで診察を受けてから処方してもらうか、通販サイトを利用して個人輸入をするしかありません。

 

病院でバイアグラを処方してもらえばほぼ間違いなく正規品を入手出来るのですが、利用者にとってのデメリットが二つあります。

 

一つ目は、ED治療は保険適用外なので診察費用や薬代が高く、経済的な負担が大きいという点です。

 

バイアグラの50mg錠を処方してもらうと1錠あたり1,500~2,000円程度が相場です。

 

それ以外に初診料や診察費用がかかるので、初めてバイアグラを処方してもらうときには1万円程度の出費になります。

 

それ以降でも、バイアグラを購入する度に1,500円以上と診察費用がかかります。

 

バイアグラはセックスをするたびに必要なものなんで、毎回薬代だけで1,500円かかってしまうというのは大きな負担です。

 

病院でバイアグラを処方してもらう場合のもう一つのデメリットは、かならず医師の問診が必要になるという点です。

 

ペニスや勃起の悩みというのは、男性にとってあまり他人に知られたくないものです。

 

しかしバイアグラを処方してもらうためには、自分の症状を詳しく医師に説明しないといけません。

 

この二つのデメリットは、通販サイトで個人輸入すれば解消できます。

 

通販サイトで購入すれば、医師の診断も不要で、自宅に商品が届くので誰にもバレずにバイアグラを入手できます。

 

また、通販サイトでは海外製のバイアグラジェネリックを購入できるのですが、値段が日本製のジェネリック医薬品よりもはるかに安く、50mg1錠で250~400円程度です。

 

つまり誰にもバレずに入手できて経済的負担も軽いのが通販サイトで個人輸入をするメリットです。だからバイアグラを通販サイトで個人輸入している利用者はたくさんいます。

 

しかし、通販サイトで購入する商品は海外製で、実際に海外から輸入されてくるので、正規品以外の商品が紛れ込んでしまうこともあります。

 

仮に正規品ではないニセモノが届けられたとしても、海外の販売業者に対して責任を問うのは簡単ではありません。

 

悪質な業者もそれを利用して、正規品ではない商品を売っているのです。

 

正規品ではないバイアグラとは

正規品ではないバイアグラにはいくつか種類があります。

 

どれであっても正規品ではないことに変わりはありませんが、服用した時の健康被害などが異なるので、どういうものがあるのか知っておきましょう。

 

シルデナフィルが含まれていないニセモノ

正規品ではないバイアグラの中でももっとも悪質なのが、有効成分であるシルデナフィルが一切含まれていないものです。このような商品は主にアジアを中心に出回っています。

 

このような商品を正規品ではないと見分けるためには、正規品の見た目と比較するのが有効です。

 

バイアグラの正規品は国によってパッケージや錠剤の見た目、規格などが違います。

 

だから通販で購入したバイアグラが手元に届いたら、販売元のホームページで正規品と比較しましょう。

 

パッケージや錠剤の見た目、規格が違えばその時点でニセモノだと判断できます。

 

また、このような粗悪品は、見た目が青色でピルカッターなどで錠剤を割ったときに、断面も青いものが多いという特徴があります。

 

正規品のバイアグラも青色でコーティングされていますが、中身は白色なので、割った時の断面まで青色なら間違いなくニセモノだと判断できます。

 

このような商品には有効成分であるシルデナフィルがまったく含まれていないので、ED治療薬としての効果はまったく期待できません。

 

何の効果がない薬の可能性もありますし、まったく別の病気に効く医薬品の場合もあります。

 

どんな成分が入っているのかは個人が判別できないので、重大な健康被害を引き起こしたり、最悪の場合は死亡する可能性もある危険なものです。

 

もしこのような商品が届いたら、絶対に服用せず処分しましょう。

 

シルデナフィルが含まれている粗悪品

正規品ではないバイアグラには、シルデナフィルが含まれているものもあります。シルデナフィルの製法を真似して粗悪品を製造している業者もいるのです。

 

一応シルデナフィルは含まれていますが、その含有量はまばらです。

 

正規品よりも分量が少ないのであれば効果が弱いだけですが、分量が多い場合は強い副作用を引き起こす可能性もあります。

 

シルデナフィルが含まれているので、一応EDを改善する効果はあります。

 

勃起力が高まることもあるので、正規品を使用した経験がない方だと粗悪品であることに気づかないこともあります。

 

正規品との判別は、完全なニセモノと同じように見た目や規格によって可能です。商品が家に届いたら、必ず正規品と比較するクセをつけておきましょう。

 

しかし、シルデナフィル以外にどんな成分が入っているのかはわかりませんし、製造時の衛生管理なども保証されていません。

 

そうとは知らずに服用し続けると思わぬ健康被害を被る可能性もあります。

 

少しでも異常を感じた場合にはただちに服用を停止して、何らかの症状がある場合には医師の診察を受けましょう。

 

正規品と変わらないスーパーコピー

正規品ではないバイアグラでも、正規品とまったくかわらない成分で、正規品と同じような効果を得られるスーパーコピーもあります。

 

このような商品は、ジェネリック医薬品を製造している製薬会社が、認可を受けずにこっそり製造していると言われています。

 

基本的に、成分や副作用の強さなども正規品と同じなので、服用しても重大な問題は発生しません。

 

また、見た目も正規品と変わらないものがおおいので、見分けがつきにくいという特徴もあります。

 

価格が低く、実際にEDを改善する効果も得られるので利用者にとってのデメリットはありませんが、このようなスーパーコピーも存在することは覚えておきましょう。

 

 

バイアグラの正規品を購入する方法

Thumb plums

ここまで紹介した通り、正規品ではないバイアグラを服用してしまうと、思わぬ健康被害を受けてしまう可能性があります。

 

そこで、病院での購入と通販での購入、それぞれの方法で正規品を入手するための方法を紹介します。

 

日本製の正規品は病院で購入

病院で診察を受けて、処方せんをだしてもらい薬局でバイアグラを購入すれば、ほぼ間違いなく正規品を入手できます。

 

バイアグラに限らず、日本の薬局で正規品ではないニセモノの医薬品が出回ったなどという事例はありません。

 

病院でバイアグラを処方してもらうためには医師の診察が必要です。診察内容は主に問診で、EDの症状や、健康状態、既往歴、常用中の薬などを聞かれます。

 

そして、バイアグラを服用しても問題がないと判断されれば晴れて処方せんを出してもらえます。

 

先に紹介した通り病院でバイアグラを購入する場合、診察費用や薬代で1万円程度は必要です。

 

なお、医師にジェネリック医薬品を希望していると伝えれば、断られることはありません。少しでも費用をおさえたいかたは、ジェネリック医薬品を選択しましょう。

 

病院での購入には、経済的な負担と、医師に症状を説明しないといけないという精神的負担がありますが、ほぼ間違いなく正規品を入手できるというメリットがあります。

 

海外性バイアグラは通販で購入

通販サイトを利用すれば、海外製のバイアグラとジェネリック医薬品を個人輸入できます。個人輸入とは言っても違法行為ではないので、心配する必要はありません。

 

ただし、個人利用の範囲を超えて、他人に譲渡や転売をすると罪に問われます。通販サイトで購入したバイアグラはかならず自分で使用しましょう。

 

通販サイトでの購入は何と言ってもコストパフォーマンスの良さ魅力で、50mg1錠を250~400円程度で購入できます。

 

また、海外での購入や輸入手続きもすべて通販サイトが代行してくれるので、難しい手続きも不要です。

 

ただし、海外から商品が輸入されるので、ニセモノや粗悪品が混ざり込むことを完全に防げはしません。

 

だから通販サイトでバイアグラを購入するのであれば、自己責任でニセモノや粗悪品を判別するつもりでいましょう。とは言っても、通販サイトを利用してバイアグラを購入している日本人はとても多く、甚大な被害の報告はほとんどありません。

 

過度に恐れる必要はありませんが、絶対に正規品を購入したい場合には通販サイトでの購入はやめておきましょう。

 

 

まとめ

Thumb notebook

海外で流通しているバイアグラのなかには、正規品ではない粗悪品やニセモノがあります。

 

絶対に正規品を入手したいのであれば、国内の病院で処方してもらうのがもっとも確実な方法です。

 

一方、通販サイトで購入する場合は、価格が低くて手軽に入手できるというメリットはありますが、正規品以外の商品を購入してしまう可能性もあります。

 

だから通販サイトでバイアグラを個人輸入する場合には、正規品ではない可能性があることを忘れず、手元に届いた商品の見た目や規格を必ずチェックするようにしましょう。

 

ED治療薬に関連する記事