公開日 17年11月12日

更新日 18年09月05日

【徹底解説】バイアグラの「偽物」に騙されないために備えよう!

安価にバイアグラを入手したい場合、偽物の存在が気になります。そして実際に、バイアグラの偽物は世界中に蔓延しており、深刻な問題と化しているのです。

 

バイアグラの偽物による健康被害を防ごうと、各国家は細心の注意を払うのですが、それでも包囲網を掻いくぐる、悪質な偽物バイアグラが後を絶ちません。

 

「守りたい」側と「儲けたい」側のバトルは終わらないのです。偽物バイアグラに限ったハナシではないのですが…工業製品のパクリ問題以上に、こうした「医薬品」のパクリ問題は、より複雑なのです。

 

「抜け道」と「悪質性」は、パクリ工業製品の比ではないのかも知れません。工業製品は「爆発」などのリスクがあります。某国メーカーが、世界中でやらかした事例が記憶に新しいですね。

 

しかし、医薬品のトラブルは「ホントにそれが原因なのか?」という問題で、工業製品以上にグズグズになりやすいのです。バイアグラのみならず、偽物問題の「判定」が、困難を極めるのです。

 

されど、こんな状況と直面しなければならないケースもあるのです。それは、バイアグラの「偽物」を掴まされる可能性が高いケースです。

 

そうしたシチュエーションは、安価なバイアグラ購入を試みた場合に、アタリマエに起こります。ならば、偽物バイアグラにダマされない、良い方法はあるのでしょうか?

 

 

バイアグラの「偽物」はコワい

Thumb pill

ED治療薬の中でもとりわけ人気が高く、なおかつ有名なバイアグラ…それゆえに、悪意ある者によって「偽物」が製造され、大量に流通しています。

 

バイアグラに限らず、シアリス・レトビラを含めた「三大ED治療薬」は、払う必要のない

「有名税」を払わされているという…実に不条理な状況に直面しているのです。

 

通販サイトのバイアグラは「偽物」だらけ…

 

現在、バイアグラの偽物は、驚くほど大量に日本国内に入り込んでいるのです。日本国内のネット販売における、バイアグラを含めた三大ED治療薬の偽物流通量は、なんと「40%」を超えているのです。

 

かなりショッキングな数字ですね。仮にですが、販売元の信頼性などを考慮せず、アットランダムに通販サイトでバイアグラを購入した場合、5度の購入で「2回」偽物を掴まされるという計算になります。

 

バイアグラの偽物は、基本的に販売業社が「個人輸入」をするカタチで日本国内に入ってくるのですが、日本の法律では、医薬品の個人輸入に対しての法整備が確立しているとは言い難い状態なのです。

 

日本の薬事法では、個人で使用する医薬品の輸入が認められています。なのでネット上では、個人輸入代行業者が立ち上げたED治療薬通販サイトがひしめいている…というワケなのです。

 

そうした個人輸入に対する法整備が、かなり甘い状態なので、悪徳な業者は日本をターゲットとして偽物を流し込むのです。悪徳業者は、甘い「法のスキマ」をかいくぐり、日本を狙い撃ちしています。

 

実際に「偽物医薬品のターゲット」として、日本が狙われているとのレポートもあり、実際に正規・ジェネリックを問わず、バイアグラもその一つなのです。

 

とりわけ、他の医薬品以上にバイアグラを含めた「ED治療薬全般」が狙われており、危険度が高くなっています。しかも、少しおトク感のある価格設定で、つい購入したくなる気持ちを煽ってくるのです。

 

安全性や効果において、バイアグラの偽物はかなり危険な存在です。それがバイアグラ市場の40%以上を占めるのですから…かなり背筋がゾッとするハナシですね。

 

 

偽物は「危険性」が高い

偽物という存在自体が「悪」なのですが、バイアグラの偽物が単純に「効き目がない」のであれば、単純なボッタクリ商法です。それはとても悔しいですが、こうした金銭被害ならば、不幸中の幸いなのかも知れません。

 

仮に、金銭被害に留まらず、購入したバイアグラの偽物が、健康を害してしまうほどの「毒性」を持ったものだとしたら…どうでしょう。

 

偽物バイアグラの「品質」には、かなりバラつきがあるのです。単純に成分量が足りないから「効き目がない」または成分が「全く入ってない」ケースであれば、まだマシな部類です。

 

特に問題なのは、偽物バイアグラの成分が本物と全く違っていたり、不純物の含有や混入がある場合です。健康被害を引き起こしかねない上に、最悪の場合は「死」に至る可能性もあるのです。

 

偽物の「実態」

偽物のバイアグラは、日本だけで横行しているワケではありません。ありとあらゆる国で偽物が作られており、世界中に拡散されているのです。

 

実に「60」もの国家で、偽物バイアグラの流通が確認されているのです。世界のバイアグラ市場に、網の目のように偽物が侵食している状況下にあるのです。

 

実際に、バイアグラ正規品の開発元であるファイザー製薬が、中国の偽物バイアグラ製造現場を写真付きでレポートしています。

 

不衛生で雑然としたオンボロ小屋の中に、原始的で性能が低そうな機械類と、無造作に置かれたバケツ。薄汚れたバケツの中に、偽物バイアグラの「青い原液」が…という、かなりショッキングな光景です。

 

中には覚醒剤の成分を入れ込んでいたものまであり、それを知らずに服用してしまったら…期せずして、自分が「犯罪」に手を染めてしまうコトにもなるのです。

 

そんなバイアグラを装った、粗悪な偽物を飲んでしまったら、いったいカラダはどうなるのか…考えただけでも、身震いしてしまいますね。

 

バイアグラの偽物の危険性は、製造環境だけに留まらず、その「品質管理」と「流通過程」にも潜んでいます。

 

偽物のバイアグラは、前述したファイザーのレポートにあったようなボロ小屋や、普通のアパートの室内などで、いい加減にボトル詰めされています。

 

品質管理されている製薬会社なら、外気や菌の流入を防ぐための密閉空間でボトル詰めするでしょう。その上、オートメーションではなく、人の手が入る作業工程では、マスクやキャップを装着し、消毒もするハズです。

 

ところが偽物のバイアグラは、外気や菌の流入などを考慮する気は1ミリもなく、適当な場所で管理・保管をしています。推測ですが、おそらく手袋すら装着せず「素手」で取り扱っているのでしょう。

 

偽物バイアグラの製造国は、おもに発展途上国なのですが、信頼性を少しでも上げるため、製造国を「偽装」ことも、時折あります。

 

例えば、アメリカで製造されたバイアグラなら信頼度が上がります。巧妙なトリックを使って、アメリカ発送されたように見せかけるのです。しかし、その中身は「偽物」というワケです。

 

バイアグラのみならず、シアリス・レビトラも偽物が横行しており、まさにED治療薬の世界が抱えている「頭痛のタネ」だと言えるでしょう。

 

 

命の危険もある!

偽物のバイアグラには、健康被害のリスクが付きまとっていますが、超絶なレベルの「粗悪品」を服用した場合は「死亡する」恐れもあるのです。

 

実際に、2008年にシンガポールで、偽物のバイアグラによる「死亡事故」が起こったのです。悪質極まりない偽物のバイアグラによって4人の命が奪われ、3人が昏睡状態に陥りました。

 

5か月の間に、男性149人と女性1人が、偽物のバイアグラを服用したことで低血糖の状態に陥り、入院を余儀なくされました。その中で、死者と重症者合わせて7名に、大きな悲劇が起こってしまったのです。

 

偽物バイアグラの種類は複数あり、成分もそれぞれ違っていました。中には、EDの改善とは無関係な「ジブトラミン」というダイエット薬の成分などが含まれていたものもあったのです。

 

その上、パッケージに記載された製造工場は「実在しなかった」のです。ヒトが死のうが悶え苦しんでも、お構いなしというスタンスが垣間見えてきます。良心のカケラもない…まさに鬼畜の所業です!

 

日本国内でも…バイアグラではありませんが、偽物のシアリスによる大きな事故が起きています。日本のネット市場での、偽物ED治療薬の流通率は全体の「40%以上」ですので、充分起こりうるハナシなのです。

 

2011年4月に、奈良県の40代男性が偽物のシアリスを服用した数時間後に痙攀・意識低下を起こし、病院に搬送されました。幸い、男性は一命を取りとめましたが、その数ヶ月前にも、怪しげな事故があったのです。

 

上記の事故の3ヶ月前、呼吸困難引き起こした男性が同じ病院に搬送されたのですが、懸命の処置も虚しく…間質性肺炎で死亡してしまいました。

 

偽物のED治療薬が死亡原因なのか、その真相は判明しなかったのですが…死亡した男性のポケットには、シアリス50mgの錠剤と、レビトラの偽物が入っていたのです。

 

何でもかんでも「自己責任」とは言いたくないのですが、偽物バイアグラをはじめとした危険な医薬品から身を守るには、確実に信頼できる入手法を取るか、もしくは自分の目で見極めるかの「二択」になってしまいます。

 

偽物バイアグラのリスクから逃れるには、医師による処方が最も確実なのですが、そこにコスト面の不満を感じた場合、期せずして「自己責任」の世界に足を踏み入れることになるのです。

 

 

偽物を「見抜く」には

Thumb threebussinessman

偽物バイアグラの最大の生産国は、中国と言われています。それは、近隣のアジア諸国を中心に、世界中へと流通しており、かなり甚大な被害を及ぼしています。

 

見た目だけで言えば、偽物のバイアグラはかなり精巧な出来映えで、専門的な知識がなければ、見極めはかなり困難です。バイアグラのみならず、レビトラ・シアリスも精巧な偽物が、世界中で氾濫しているのです。

 

そんな、中身はともかく「見た目だけ」はご立派な偽物のバイアグラを、どうやって見極めたらイイのでしょうか?

 

 

 

 

本物との違い

偽物バイアグラの中身は「粗悪」なものですが、見た目だけは「精巧」だったりするので…これがかなり厄介な問題なのです。

 

これはバイアグラに限らず、医薬品全般に言えるコトなのですが…薬剤類は、生鮮食品の「目利き」のように、品質を簡単に見抜きにくいのです。

 

生鮮食品などよりも、偽物や粗悪品を見抜く難易度が格段に違うのです。ましてや、医師でもない人間が見極めることは、なかなか難しい所業なのです。

 

されど、偽物のバイアグラを「見抜く」術が、全くないというワケでもありません。偽物と本物には、見た目などに、ちょっとした差異があったりすることも多いのです。

 

 

見た目に現れる「違い」

正規品のバイアグラは、やや丸みを帯びた菱型で、色はブルーです。しかし、その形状と色味はあまりにも特徴的なので、偽物も同じような色とカタチになっています。

 

あまりにも「パクリやすい」特徴だとも言えるでしょう。偽物製造業者としては「パクらないワケにはいかない」レベルでしょう。仮に、赤くて丸いバイアグラがあったら、偽物と宣言しているようなモノです。

 

そしてもう一つ、正規品バイアグラのわかりやすい特徴は、錠剤に「pfizer」という文字ロゴが刻印されている点です。しかしこれも象徴的なため、数多くの偽物にも刻印されています。

 

パッと見で偽物のバイアグラを判別するのは、困難を極めます。なので「本物」と比較して、その違いを見極めるのが最も確実な方法です。その代わり、正規バイアグラを一錠でも「確実に入手する」必要がありますが…。

 

少し高くつく可能性はありますが、一度だけでも医院などで「確実に」入手して、通販サイトのバイアグラと見比べてみましょう。そうして見比べてみると、微細な違いが見えてくる場合もあるのです。

 

<大きさが微妙に違う>

偽物のバイアグラは、大きさまでは完コピ出来ていないケースがあります。極端な大きさの違いはないものの、やや大きかったり、若干小さかったりします。これは、正規バイアグラと比較しないと気付きにくい点です。

 

<色の濃さが違う>

バイアグラといえば「ブルーの菱形」がパッと思い浮かんでくるかと思います。偽物のバイアグラは、その象徴的な部分は踏襲していますが、色味が濃すぎたり、逆に薄い場合もあるのです。

 

<ロゴがちょっと違う>

ファイザー製薬のロゴも、バイアグラの特徴的な部分です。このロゴデザインの「真似ごと」の精度がやや低く、何だかちょっと違う感じになっている偽物も存在しています。

 

<表面の質感が違う>

正規品のバイアグラの表面は、コーティングが施されており、ツルツルとした質感です。偽物のバイアグラの中には「ザラザラ」した手触り・質感のモノも存在しています。

 

<ありえない用量・サイズ>

正規品のバイアグラの用量は、25mgと50mg、そして日本では未認可の100mgの3種類あります。しかし偽物のバイアグラは「30mg」だとか「70mg」など…存在しないサイズであったりもします。

 

<シートの裏面の記載がおかしい>

正規バイアグラのシートの裏面は、注意事項が「日本語」で記載されています。何も記載されなかったり、外国語で記載されている場合は、国内の正規品ではなく、偽物確定です。

 

<錠剤の数がおかしい>

日本の正規品バイアグラは、1シート10錠というセットになっています。10錠以外のシートやボトルは存在しないのです。この条件から外れているものは、偽物のバイアグラです。

 

以上が「目視で」見極める方法ですが、中には「アホすぎる」くらい判りやすい偽物のバイアグラも存在しています。

 

ピルカッターなどで割りやすいように「切れ目」が入っていたり、ファイザーのブランドロゴではなく「50mg」などと容量が刻印されていたり…ここまでくると「偽物宣言」しているようなものです。

 

 

簡単な実験でわかる場合もある

見た目の違いだけでなく、ちょっとした「実験」で、偽物のバイアグラをあぶり出すコトも出来ます。正規品のバイアグラとは成分が違うので、溶け方のスピードが違ってくるのです。

 

正規品のバイアグラを18℃の水に浸すと、1分半くらいで外側コーティングが剥がれはじめ、2~3分後には中まで水が浸透して、完全に成分が溶け出していきます。水温にもよりますが、この辺りが基準となります。

 

対して偽物のバイアグラは、正規品と比べ溶け方もスピードも違ってきます。溶け始めは早いのに、そこからなかなか溶け切らなかったり、ダマが出来たり、数十分経過しても溶け残りがあったり…と、さまざまです。

 

また、正規品のバイアグラは、外側はブルーですが、中身は白色です。偽物の中には、溶かしてみると「白色ではない」色のものが溶け出してくるモノもあります。それは、紛うことなき「偽物」であると言えます。

 

怪しい生産国・発送元

さまざまな国と地域で、偽物のバイアグラが製造されていますが、特に怪しい地域は「東アジア」と「東南アジア」です。その中でも「中国製」の偽物バイアグラが、危険度が高いと言われています。

 

正規品バイアグラの開発元であるファイザー製薬が、中国の「偽物バイアグラ工場」の存在を告発し、写真付きでレポートしています。

 

不衛生極まりない環境に、機器やバケツがぞんざいに並べられている…それは背筋が凍るような光景です。しかしレポートされた工場のみならず、こうした偽物バイアグラは多数存在するのでしょう。

 

ファイザーが告発した偽物バイアグラ工場に限った話ではありませんが、偽物ED治療薬の工場はゴミだらけだったり、汚水がバケツに溜まっていたり、害虫やネズミが出てくることも珍しくありません。

 

中国の国内で暗躍する、組織的な偽物バイアグラの「製造・販売集団」の存在が指摘されており、そこがコストをかけずに偽物バイアグラを安易に量産し、世界中で「悪徳商売」を繰り広げているのです。

 

シンガポールや香港から発送されてくる偽物バイアグラも数多く、注意すべきでしょう。加えてシンガポールは、有名な偽物のバイアグラによる「死亡事故」の舞台です。

 

また、アメリカ発送でも、安心できないという実情もあります。そこには、偽物を売るために仕組まれたありとあらゆる「偽装工作」があったり、とにかくトリッキーな「裏ワザ」のオンパレードなのです。

 

クリニックでの入手が「安全」

ネット販売の「信頼できる」業者を選定できればハナシは別ですが…そうでない場合は、やはり「医師の処方」による正規品バイアグラの入手が、最も安全で確実な方法です。

 

ネット市場に蔓延する「偽物バイアグラ」の割合は40%を超えているため、よほど信頼できる販売サイトでないと、安全が担保されないのです。バイアグラ選びは、命を賭けた「ゲーム」ではないのですよ。

 

それでは、さながら漫画「カイジ」の世界になってしまいます。ゲームに負けたら「死」を覚悟する…そんな荒唐無稽なゲームを、誰がしたいのでしょうか?

 

金銭は高くなってしまいますが、偽物バイアグラを掴みたくないのであれば、最も安全な方策ですね。正しいバイアグラとの向き合い方だけでなく、その他ペニスに関わる「ノウハウ」を授けてくれるコトもあります。

 

一見「高い」と感じるものが、最も効率が良い場合もあるのです。「安物買いの銭失い」になるよりは「最短距離」を取ったほうが賢いハズなのです。そして何より、偽物バイアグラに怯える必要がなくなりますしね。

 

 

安全な「ジェネリック」を選ぶ、という選択肢

Thumb womandoctor2

正規品のバイアグラと同様に、ジェネリックにも「偽物」や粗悪品の危険性が潜んでいます。しかし正規品以上に、正しい判断は困難を極めます。

 

中国の「悪徳組織」に代表される、偽物バイアグラ製造集団は、本物よりも網の目をくぐり易いジェネリックに目を付け始めているのです。これは、とても厄介な現象なのです。

 

そもそもジェネリック自体が、本物ではないのです。されど「コピー製品」として認められている存在でもあります。それは「お墨付きのコピー」という、不思議な立ち位置にあるのですね。

 

しかし、バイアグラのジェネリックは、価格の面でとても魅力的な存在でもあります。出来ることなら、安全・安心なジェネリックでペニスの問題を解決したい…と考えている方も多いでしょう。

 

ならば、偽物や粗悪品に振り回されず、安全・安心なバイアグラのジェネリックを選定できる方法が、どこかにあるのでしょうか…?

 

 

バイアグラの「ジェネリック」とは?

バイアグラのジェネリックは、世界中のさまざまなメーカーによって製造されており、そのバリエーションは豊富です。

 

そして、バイアグラのジェネリックが、競合するシアリス・レトビラと大きく環境が違うところは「日本のメーカー」が、ジェネリック市場に参入している点です。

 

特許期限と薬事法の関係により、日本国内ではシアリスなどの「バイアグラのライバル製品」のジェネリックは製造できないのですが、バイアグラのジェネリックは、作れてしまうのです。

 

バイアグラの成分である「シルデナフィル」の物質特許期限は、2013で満了しました。そこから、多くの日本企業がバイアグラジェネリックの開発に乗り出していきます。

 

そうして、多数の国内メーカーから、バイアグラのジェネリックが販売されることになります。多くの国内大手メーカーがジェネリック市場に参入し、日本だけでも「群雄割拠」の様相を呈しているのです。

 

「東和薬品」「キッセイ薬品」など…どこかで聞いたことのある製薬会社の名前もあり、

バイアグラ市場への、国内メーカーの参入数は、数十社にものぼります。

 

偽物のバイアグラを製造する集団にとっては、価格の安いジェネリックよりも、正規品の偽物を売りつけたほうが、遥かに実入りが良いのですが、ジェネリックのほうが、より各国の「取り締り」から逃れやすいのです。

 

こうした視点から、偽物バイアグラのジェネリックへ舵を取る業者もあるのです。現時点では、インド製ジェネリックを装った中国の組織が多いようですが、日本メーカーの偽物も、いずれ出回るかも知れません。

 

そして、正規品「一つだけ」の検閲であれば良いのですが、そこにバイアグラの「ジェネリック」が加わってくれば、精査するにも難易度が高まってきます。偽物の厳密な鑑定が、より難しくなっているのです。

 

現状は、ジェネリックのバイアグラよりも、正規品のほうが偽物の危険性が高いと思われるのですが、この状況も永続的とは言えません。悪徳業者は、機を見て「シフトチェンジ」する可能性があるからです。

 

 

 医療機関での入手が「最も安全」

こうなってくると、最も安全なバイアグラジェネリックの入手方法として、医院やクリニックの存在が浮かび上がってきます。

 

幸いなことに、バイアグラはジェネリックも含めて、正規の医療機関で扱えるのです。シアリスやレトビラは、医院でジェネリックを処方できないのですが、バイアグラは例外なのです。

 

そうなってくると、バイアグラジェネリックの偽物回避にも「医院での処方」という手が使えることになります。

 

診療代や処方箋料はかかってしまうのですが、偽物バイアグラによる「最悪の事態」を避けられる可能性が高まります。ジェネリックの入手ルートも、通販サイトよりは信頼性が高いでしょう。

 

しかし「ジェネリックは扱わない」というポリシーを持った医院もありますので、注意が必要です。されどそれ以外の医院は、インド製の安価なバイアグラジェネリックを含め、さまざまな選択肢が用意されているのです。

 

しかし正規品バイアグラに比べたら、ジェネリックの安全性に対する保証は、やや低くなる可能性があります。国内メーカーの製品であれば…まだしもですが、インド製などのルートは通販よりも若干マシなレベルです。

 

 安全な「製造元」

バイアグラジェネリックの安全性において、最も信頼できるのは「日本製」でしょう。国内向けに考えられ、その流通ルートも確立しているからです。

 

例えば、日本のメーカーがバイアグラジェネリックを「海外輸出」する場合は、偽物問題のみならず、さまざまな障壁が出てきます。

 

しかし、国内メーカーは、日本国内での流通・販売のルートがある程度確立しているため、一定以上の安全性は確保されます。

 

もしもバイアグラジェネリックが国内製造されていなかったら…そう考えると、日本はまだマシな部類で「マトモなメーカー」が存在せず、流通ルートも確立されていない国も多く存在するのです。

 

しかし、安価なバイアグラジェネリックとはいえ、国産はインド製に比べて「2倍以上」の価格負担が生じてしまうのですね。

 

日本製のジェネリックは、偽物バイアグラの「危険性」は回避できますが、正規品よりは安いものの、インド製などに比べて「コスト」の負荷を背負う宿命にあるのです。

 

 

まとめ

Thumb notebook

バイアグラは、世界中の「偽物製造業者」の、格好のターゲットにされています。そして、そうした偽物業者にとって、お手軽な「稼ぎ口」と位置付けられているのかも知れません。

 

悪徳業者は「カンタンにやれる」方法を、日々模索しています。製造工程に、手間とコストをかける気はサラサラないのです。前述した、ファイザーによる偽物バイアグラ工場のレポートは、それを示唆しています。

 

バイアグラのイメージは人それぞれかも知れませんが…どこかで、ヒトの人体に効果を及ぼす「高等技術」として認識されているかも知れません。

 

オッサンが患う「マヌケな病気」として、EDを捉える風潮も大きいですが、その「改善」となると、とんでもない「技術」が働いているのでは?…と、嘲笑していた人間すら、そう考えてしまうのです。

 

それに反して、偽物バイアグラは全く違うのです。技術もなければ、薬学のノウハウにも欠けている…いや欠けているなら「マシ」な部類で、そこに完全無視を決め込んでいる場合もあるのです。

 

こんな状況であれば、いつ死者が出てもおかしくないのです。死なないまでも、偽物バイアグラの被害者は増えてしまいます。

 

しかし一つだけ言えるコトは、ここから世界の「偽物マーケティング」が見えてくる点です。デタラメでも、売れればイイのです。

 

この論理が世界を席巻し、やがて安価なインド製も、インドの成長度合いによって「高騰」を始めます。じゃあ「その次は?」というイタチごっこの図式も見えてくるのです。

 

その象徴として、不幸にも「偽物バイアグラ」があるのでしょう。それは日々刻々と「カタチ」を変える可能性があるのですね…。

ED治療薬に関連する記事