公開日 17年12月02日

更新日 18年09月07日

バイアグラの効き目はどのくらい!?バイアグラでED治療を始めよう!

以前と比べるとうまく勃起ができないという悩みは、なかなか人には相談できません。EDの男性は近年とても増加傾向があり、専門クリニックの数も増えています。

 

このような治療環境が整うなか、やはり気になるのが治療薬の存在。有名はなバイアグラは世界で最初に開発されたEDの治療薬としてお馴染みです。

 

でも実際に服用するとなると気になるのがバイアグラの効き目や副作用など。

 

そこで初めてEDの治療薬を検討している方に知っていただきたい、バイアグラの効き目や特徴についてご説明しましょう。

 

人気のバイアグラの効き目

Thumb to reach

 

バイアグラの有効成分は「シルデナフィル」と呼ばれるもので、EDの治療に大変有効的といわれています。

 

そもそもこの有効成分は狭心症の治療として開発がされたもので、臨床試験で勃起を促進する作用があることがわかり、その後EDの治療薬として研究開発されました。

 

シルデナフィルは陰茎の海綿体平滑筋の緊張を軽減し血流を改善する働きがあります。

 

そもそも男性器の勃起は血液が海綿体に流れ込むことで起こりますが、EDになると神経や血液の流れがうまく働かず十分な勃起ができなくなってしまいます。

 

その原因は心理的なものや神経や血管に障害ある場合、また二つの原因を兼ねた混合型があり、バイアグラの有効成分はいずれの原因にも有効とされています。

 

シルデナフィルは世界的にも多くの臨床試験が行われ、症状によって異なりますが70%~90%の割合でEDの改善効果があるといわれています。

 

ではシルデナフィルが配合された薬なら、バイアグラでなくてもED治療に効果を発揮するのか?という疑問がありますよね。

 

肺動脈性肺高血圧症の治療薬であるレパチオは主成分がバイアグラと同じシルデナフィルを使用しています。

 

しかし治療目的が異なりますし、他に配合されている薬の成分も違いますので、同じ成分を使っているといっても、バイアグラと同等の使い方や効果は期待できません。

 

バイアグラは性行為の際に服用しますが、レパチオは1日3錠服用が必要になり、継続摂取が必要。

 

このような違いがありますので、EDの治療としてシルデナフィルだけを意識して違う薬を摂取するのは避けましょう。

 

EDに効き目がある仕組み

バイアグラの効き目はなぜED治療に効果を発揮するのか、とても気になる点ですよね。そこで勃起障害が起こる仕組みについてまずはご説明しましょう。

 

男性が性的な興奮をすると一酸化窒素が放出されペニスでcGMP(環状グアノシン一リン酸)が多く生成されます。

 

cGMPには血管を広げる拡張作用がありペニスに血液が流れ込み勃起が起こる仕組みになっています。

 

しかし勃起状態が何時間も続くのは体に負担になる為、cGMPを途中で壊す働きを持つPDE5という酵素が自然に放出される仕組みになっています。

 

EDの人はcGMPの放出量が少なく、逆にPED5の放出量が多い為勃起がスムーズにできない症状が起こってしまうのです。

 

バイアグラの効き目がED治療に有効なのは、成分のシルデナフィルがPDE5を阻害する効果がある為。

 

PED5阻害薬と呼ばれることがあるように、ED治療には高い有効性と安全性がある薬として世界的に有名です。

 

バイアグラは勃起不全の治療のために開発された薬ですから、精力増大するためのものではありません。

 

最近はバイアグラを違う用途で服用する方も増えているようですが、体に負担となる可能性もありますので十分に注意をして薬の特性を理解しておきましょう。

 

持続時間

バイアグラは世界で最も愛用されているといわれるほど、大変人気があるED治療薬。1998年にアメリカのファイザー製薬で開発され販売スタートしています。

 

気になるのがバイアグラの効果の持続時間ですよね。バイアグラは25㎎と50㎎の2タイプがありますが、どちらも効果の持続は4~5時間ほど。

 

しかし持続時間は服用した人の体質や体調によっても異なりますので、必ず平均的な効果時間があるとは限りません。

 

バイアグラを服用して30分程度で効果が現れ、おおむね1時間以内にはほとんどの人が効果を感じるといわれています。

 

そのため性行為とのタイミングを考えると、1時間前ぐらいにバイアグラを服用するのがベスト。

 

なかなか効き目がないからと言って大量に服用したり、連続して飲むことは大変危険です。

 

バイアグラは安全性の高い治療薬ではありますが、飲み方によっては副作用が強くでる可能性もあります。効果の持続時間を目安に飲むタイミングを正しく理解しておきましょう。

 

また食事の関連もありますので、食後の服用で思ったような効果が得られない場合もあります。

 

飲むだけの簡単なED治療薬ですが、正しい飲み方を守り効果を実感しやすくすることも重要ですね。

 

こんな症状に効き目を発揮

バイアグラの効き目は血流の改善が目的で、勃起を促進する薬なので性的な興奮を増やす効き目はありません。

 

勃起しにくい、硬くならないといった症状がある方に効き目を発揮しますので、陰茎を持たない女性にはこのような効果がありません。

 

しかし女性がバイアグラを服用すると全身の血液の流れが活発になりますので、女性器の神経が敏感になり普段よりも満足度が高い性行為を楽しめるともいわれています。

 

また不感症の女性にも効き目があり、性嫌悪症、性的興奮障害、オーガズム障害などの精神面でのトラブルを肉体的にサポートするメリットもあります。

 

最近では女性でもバイアグラを使用するケースが増えています。海外では女性用のバイアグラが登場するなど、今後は男性の勃起不全治療以外にもあらゆる症状改善に利用される存在になるかもしれませんね。

 

 

正しい飲み方

バイアグラの効き目をさらに引き出す為には、飲み方が重要なポイントになります。どのような点を意識するべきか早速見ていきましょう。

 

摂取量 

バイアグラは有効成分のシルデナフィルの含有量により、25㎎と50㎎タイプの2種類があります。1日の服用は1回までで、次の飲む場合は24時間以上開けてください。

 

バイアグラはジェネリックが登場してから、さらに質の悪い偽造品も市場に多く出回っています。

 

本来は医療機関で医師に処方してもらう薬なのですが、ネット通販で処方箋なしに購入する人も大変増えています。

 

すると摂取量や薬の飲み方を正しく理解せずに服用するケースもありますので、初めてバイアグラを飲む方は必ず病院で処方してもらうことをオススメします。

 

今まではバイアグラはジェネリックを含め、錠剤だけが販売されていましたが、2016年10月からはファイザー社よりフィルムタイプのバイアグラ発売されています。

 

水で飲む必要がなく口の中ですっとフィルムが解ける為、大変便利で携帯しやすい点も魅力。有効成分は錠剤タイプと同様に25㎎と50㎎の2種類があります。

 

フィルムタイプのバイアグラにも錠剤と同じシルデナフィルが使用されています。

 

効果も錠剤とほぼ同じでいちばんの違いは形状で、フィルムの厚さは0.2㎜て大きさは24㎜x16㎜と、お財布にも入れやすいコンパクト感が人気です。

 

飲むタイミング 

バイアグラは飲むタイミングによって効果を十分に得られないこともあります。

 

バイアグラの効果が現れるのは個人差がありますが、30分~1時間後といわれていますので、性行為を行う1時間前に服用するのが一番効果的なタイミング。

 

しかしデート中の場合など、まず食事をしてからなんて流れも多くどうしてもタイミングよくバイアグラを飲めないことがあります。

 

効果がうまく実感できない原因の一つが食事との併用です。

 

胃腸内の食べ物があるとバイアグラの有効成分がしっかり消化吸収されないため、食事を一緒に服用すると期待した効果が感じられない場合もあります。

 

もし食事を先にしないといけない場合は、食後最低でも2時間以上は時間を空けてからバイアグラを服用しましょう。

 

失敗例 

バイアグラを飲めば間違いなく勃起できる、と油断すると思ったような効果が実感できず性行為で失敗してしまう場合もあります。

 

まず注意したいのが食事とのタイミングですが、食後は2時間空けてから飲むとよいといわれています。

 

しかし食事の内容によって油っぽい食べ物を多く摂取した時には胃腸での消化分解に時間がかかる為、たとえ2時間置いてから飲んでもバイアグラの効き目が発揮できない場合も。

 

同様にタバコの吸いすぎで血行が悪くなり効き目が出ないこともよくある失敗例のひとつ。

 

またバイアグラの50㎎タイプをピルカッターで半分にして服用したり、25㎎タイプを2錠飲むなど自己判断で摂取量を変えてしまうのは副作用が強くでる恐れもあります。

 

必ず医師に確認して正しい服用方法を覚えておきましょう。

 

バイアグラは安全性を重視して製造された薬ではありますが、体質や体調、また摂取方法によっても効果が出ないこともあり得ます。

 

失敗しやすい例としては、バイアグラを精力増強として飲む場合も注意が必要です。

 

バイアグラは勃起を促進する治療薬で精力増進する薬ではありませんので、薬を飲んだ後に違う効果を期待して失敗する場合も。

 

またバイアグラはグレープフルーツのフラノクマリンという成分により体内の代謝酵素の働きが低下し、薬の効果が出るまでにいつもより時間がかかること。

 

また薬の成分が体内に長く残ってしまうため副作用がでやすくなるといったデメリットもあります。

 

デート前にお酒を飲む時はグレープフルーツ系のカクテルなどは避けたほうが安心ですね。

 

また飲酒量は適度なら緊張感をほぐすためにメリットになりますが、泥酔するほどでバイアグラの効果もでず性的興奮を感じにくくなってしまいます。

 

 

 

使用期限

病院で処方されてるバイアグラには必ず使用期限が明記されています。

 

使用期限の確認方法は外箱の側面を見ると書かれてあり、シートで購入した場合にはPTPシートの上部に「EXP 18.7」というように、2018年7月という意味になっています。

 

またシートから錠剤を出した状態で保管している場合ですが、高温多湿や直射日光を避ければ1年程度は保存が可能といわれています。

 

錠剤を見ただけでは使用期限がわかりませんので、入手する際は必ず使用期限の確認をしておきましょう。

 

またいつまで期限があるかわからないバイアグラの服用は体に負担となりますので、破棄して新しく入手したほうが安心。

 

そしてピルカッターで割った状態のバイアグラの場合。錠剤はブルーのコーティングがされ割ると中身が白い状態です。

 

この白い部分が空気に触れると劣化が進みますし、季節によっては薬剤がボロボロに崩れてしまう可能性もあります。

 

ポケットに長期間入れっぱなしの状態も薬の質を悪化させる要因になりますので、正しく保管をしてできれば飲む直前までシートから取り出さないほうが安全です。

 

 

日本で認可されている3種類のED治療薬の特徴をまとめた一覧は以下の通りです。

バイアグラの特徴

項目 バイアグラ レビトラ シアリス
効き始め 30分~1時間 20分~30分 1時間~3時間
持続時間 4~6時間 6~10時間 20~36時間
服用タイミング 食前 食前 食前が好ましい
主成分  シルデナフィル バルデナフィル タダラフィル
メーカー ファイザー バイエル イーライリリー
販売開始 1998年 2004年 2007年

 

 

 

 

バイアグラを安全に入手する方法

Thumb firewoman

 

バイアグラを飲んでみたいけど、どこで入手したらいいのか最初はとても迷うところです。色々な入手経路がありますので、どの方法が安全か慎重に判断してください。

 

病院やクリニックで処方

バイアグラを購入する一番安全な方法は医療機関で処方してもらうことです。

 

ED治療は何科にいけばいいのかわからない方も多いと思いますが、バイアグラを購入する場合は専門クリニックをはじめ、泌尿器科、内科でも対応している場合があります。

 

病院で入手するメリットは医師の診断により薬の種類が判断されますし、服用方法なども正しく指導してもらえます。

 

また薬で効果がない場合にはED治療方法を見直し、違う手段で行うことも可能です。では医療機関でバイアグラを入手するまでの手順についてみておきましょう。

 

まずは予約が必要か、バイアグラの処方を行っているか病院のサイトを確認、もしくは電話で問い合わせおきます。

 

当日は受付で問診票を記入して医師による診察が行われます。しかしこの際ほとんどのケースで性器を見せるような触診や診察はありません。

 

それぞれの症状や体質に合わせてどのような治療薬が適切か医師が判断し、病院内で治療薬を受け取り会計をして終了となります。

 

ED専門クリックですと、流れがとてもスムーズになり所要時間は10分程度と忙しい方でも安心ですね。

 

病院によっては治療薬は1錠から処方が可能となっていますので、まずはバイアグラから試してみたい、ということも最初に伝えておくとよいでしょう。

 

病院で購入するバイアグラの値段はネット通販と比較すると少し高めになっています。

 

飲む人の既往症や体質などを考慮して処方してもらうので、初めてED治療薬を飲む人にとっても一番安全な入手経路です。

 

EDの治療薬はバイアグラだけでなく、レビトラやシアリスもありますので、それぞれの特徴を理解してどのような薬がいいか、そして正しい飲み方は必ず医師に確認してください。

 

バイアグラは大変人気がある治療薬なので、偽物も流通している可能性があります。病院なら正規品が入手できる安心感もありますね。

 

 

自分で購入するメリットとデメリット

バイアグラは病院で処方してもらう以外にも自分でネットで購入できます。

 

大変人気のある薬のため、バイアグラといっても正規品でない安価なものが出回っていることもありますので十分に注意して購入しましょう。

 

個人輸入

自分で購入する方法として個人輸入があります。この方法だと病院に行く手間がない点が最大の魅力。

 

薬が必要になった時は毎回病院に行かないといけませんが、個人輸入ならとても簡単で時間を問わずに購入手続きができます。

 

個人輸入は自分で面倒な手続きがありそうですが、最近は輸入代行サービスがあり、一般的なネットショッピングと同じ方法で簡単に海外から商品を購入できます。

 

自分で海外の業者とやり取りをするのは言葉の問題もありますし、十分な知識がないとできません。

 

またトラブルに巻き込まれる可能性もある為その点個人輸入代行を利用すると、オンラインで注文して入金するだけなのでとても手軽です。

 

でもバイアグラを個人輸入で買うのは違法ではないか?という疑問を抱く人もいるでしょう。

 

日本では個人が使用するものではあれば個人輸入は認められて、代行業者を利用することも問題ありません。

 

国内の病院で処方してもらうよりもバイアグラが安価で入手できるメリットがありますので、現在も多くの方利用しているといわれています。

 

海外ではバイアグラのジェネリックも、日本で認可されない商品を多く取り扱っていますし、新薬と比較すると相場の3割~7割ほど安く買える点が魅力。

 

また病院では大量に処方してもらえないこともありますが、個人輸入ならば大量に買い置きすることも可能なのです。

 

このように病院に行かずに薬を入手するのはいくつかのメリットがあり、なによりも第三者に知られずにED治療薬が購入できるのはとてもありがたいこと。

 

しかし逆に個人輸入はたくさん購入はできますが、限度があること、また海外から発送されるため手元に届くまでに時間がかかるといったデメリットもあります。

 

ネット通販

ネット通販は今は色々なものが購入できる時代で、バイアグラを含むED治療薬も病院に行かずに簡単に入手ができます。

 

通販なら365日いつでも注文ができますし、病院に行く手間が省け内緒で購入できるメリットがあります。

 

通販を利用する人はとても値段が安い点に魅力を感じるかもしれません。

 

しかし偽物を取り扱うサイトも多いですし、海外のジェネリック商品だと1錠200円という激安なものも販売されています。

 

このような値段の魅力だけに飛びついてしまうと、粗悪な品で体に危害を加える可能性もありますので、正規品を入手するならば基本的には病院で購入することをオススメします。

 

医療機関で入手すると1錠が1500円前後が相場になっています。

 

また医師の診察や服用方法についても詳しく説明がありますし、疑問点などについてもよいアドバイスをしてもらえます。

 

通販を利用するのはすべて個人の責任になりますので十分に注意しましょう。製薬会社の調査によるとネットで流通しているバイアグラは半分ほどが偽物であるともいわれています。

 

正規品に似たパッケージなど外観を見ただけではわかりにくい偽物もありますし、ジェネリック商品になると種類は大変多くなり一般の人には見極めがつかないこともあります。

 

バイアグラは錠剤で青いコーティングされ、中身は白い薬剤。

 

もし同じような色、形でも中身まで青くなっているものや形状が異なるものなどは偽物の可能性が高いのでご注意ください。

 

価格相場

バイアグラの価格相場ですが、どこで購入するかにより異なります。病院やクリニックで購入する場合は25㎎が1300円、50㎎が1500円程度となっています。

 

個人輸入の場合は25㎎が1400円、50㎎が1600円、箱で購入すると25㎎が6000円、50㎎が6400円前後となります。

 

薬の値段だけを見ると通販を利用したほうが安いのですが、自分で購入した場合は送料がかかりますし、すぐに入手できないデメリットもあります。

 

また病院やクリニックでは通販のような送料はかかりませんが、診察料金、初診料、再診料などがかかるので薬の値段だけでは済まない場合もあります。

 

その点ED専門クリニックなら薬代以外はかからないといったところもありますし、病院によってもバイアグラの値段は多少異なります。

 

コストを抑えるためには値段の比較をすることが大切ですね。

 

ちなみにドラッグストアではバイアグラは販売していませんので、購入する時は医療機関に行くか、通販で自分で注文する方法になります。

 

 

クリニックで処方されているバイアグラの料金一覧です。

バイアグラの値段比較

  25㎎ 50㎎
バイアグラ/1錠 1300円 1500円
バイアグラジェネリック/1錠(武田テパ株式会社) 550円 900円
バイアグラジェネリック/1錠(キッセイ薬品)   ― 900円
バイアグラジェネリック/1錠(冨士化学工業)   ― 900円
バイアグラODフィルム   ― 1000円

※イースト駅前クリニック新橋院の料金を参照

 

 

飲む前にチェック!バイアグラの副作用

Thumb candle

バイアグラは血管拡張作用がありますので、効果とともに現れる副作用についても注意が必要です。

 

多くの方が服用後にほてりや頭痛などの症状を経験するといわれますが、これらの症状は薬の効き目が現れているサイン。

 

バイアグラが国内で承認された時の臨床試験では157例の中で65例41.40%の人に副作用が認められています。

 

また1%未満の人に見られる副作用としては動悸、胸痛、めまい、昏迷、肝機能AST数値の増加、口の乾き、消火不良などがあります。

 

さらに0.1%以下に見られるものには高血圧、神経過敏、錯乱、記憶力低下、不眠症、呼吸障害、発汗など。

 

副作用の現れ方は飲む人の体調によっても症状が強くでる場合もありますし、様々な種類の副作用があるため体に異常を感じた場合は服用を中止して、病院で相談してみましょう。

 

またバイアグラの服用後に胸やけを訴える人もいますので、この場合は市販で購入できる胃薬「ガスター10」などを服用して症状を軽減させてください。

 

こんな人は飲めない

バイアグラは飲みたくても処方できない人がいます。

 

狭心症などの心臓病で硝酸剤を服用している人は、バイアグラにより急激な血圧の低下が起こる可能性がありますので、服用はできません。

 

また極端な高血圧や低血圧の人も血流の変化により体に負担がかかる場合があり、高血圧の場合はバイアグラの服用で心筋梗塞や脳卒中になるリスクが高くなります。

 

既往症がある人、他の薬を服用している人も種類によってはバイアグラが処方できないことがありますし、一般的なサプリメントですら成分により副作用がでる可能性があります。

 

これのリスクを少しでも減らして安全にバイアグラを使用するためには、必ず医師に処方をしてもらうと良いでしょう。

 

現在服用中の薬があるか、また体質や体調、既往歴について医師に必ず伝え自分に合った治療薬を見つけてください。

 

個人輸入で購入する場合はこのようなサポートがありませんので、副作用がひどくでるリスクも考えられます。

 

病院で入手すれば不安がなく医師の指導により安心してバイアグラを服用できますね。

 

まとめ

Thumb notebook

バイアグラの効き目は勃起不全を改善するもので、男性の深刻な悩みを助ける大変ありがたい治療薬です。

 

薬の飲み方、安全に薬を入手する方法など、正しい知識をもとにバイアグラを利用しましょう。

 

またEDは治療薬を服用する以外にも手術や生活習慣の改善など、色々な解決策があります。

 

EDは一日で簡単に解決できる問題ではありませんので、専門家に相談をしてあらゆる角度からアプローチすると良いでしょう。

 

人気のバイアグラも効果を最大限に引き出すためには、薬の特徴と服用について正しく理解しておきたいですね。

 

ED治療薬に関連する記事