公開日

更新日 18年09月07日

バイアグラの効果って!?勃起しないペニスに悩むすべての男性へ

バイアグラは勃起力に悩む世界中の男性の悩みを解消してきました。勃起力を改善する強い効果がある反面、副作用も強力なので服用をためらってしまう方も少なくありません。しかし、審査が厳しい日本でも1999年に医薬品認可を受けて以来、今日まで正規の医薬品として流通しています。正しい知識をもって服用方法を守れば必要以上に恐れる必要はなく、悩みから開放された楽しいセックスライフを送れるようになります。

 

 

バイアグラの成分と効果

Thumb kaisou

 

ED治療薬を服用した経験がない方は、バイアグラのことを漠然と「飲めばビンビンに勃起する薬」だと認識しているかもしれません。確かにそのような効果があることは事実ですが、正確ではありません。

 

そもそもEDとは「Erectile Dysfunction」の頭文字をとった略語で、直訳すると「勃起機能の低下」という意味に成ります。日本語では「勃起不全」という言い方をしますが、「不全」という言葉だけを見ると、一切勃起しない状態だと思ってしまう方もいるでしょう。しかし、EDは一切勃起をしない状態だけを指す言葉ではありません。勃起はするけれども完全な状態ではなく硬さがたりない状態や、勃起はするけれども挿入前や性行為中におさまってしまう状態など、性交時に十分な勃起やその維持が出来ない状態を指します。

 

バイアグラはこのようなEDの症状を改善し、和らげる医薬品です。まずはバイアグラがどういうメカニズムでED治療薬としての効果を発揮しているのか、そのメカニズムについてご説明します。

 

 

勃起力回復に効果があるシルデナフィル

バイアグラというのはED治療薬の商品名であって、実際にED治療に効果がある成分はバイアグラに含まれているシルデナフィルという成分です。もともと、シルデナフィルは狭心症の治療薬として1990年代前半に研究が始まりました。しかし、臨床試験をしてみたものの、狭心症に対する治療効果があまり得られず、試験の中止が決まってしまったのです。ところが、臨床試験を受けていた患者が残った試験薬の返却を嫌がったので理由を調べてみたら、勃起が促進される作用が判明したのです。その後、シルデナフィルを含有する新薬であるバイアグラの開発が進み、1998年にアメリカで販売開始された直後から「夢の薬」と言われるほどの人気を集めて現在に至ります。日本では1999年に販売開始されて、現在ではバイアグラだけではなく、シルデナフィルを含有するジェネリック医薬品が流通しています。

 

 

どういう仕組で勃起力を改善させるのか

シルデナフィルは人体で分泌されるPDE-5という成分の分泌を阻害する働きがあります。男性が性的興奮や身体への刺激を受けると、まずサイクリックGMPという成分が放出されます。サイクリックGMPは血管を拡張して血流を良くする効果があるので、それによって性器が充血して勃起が引き起こされるのです。射精などで性的興奮がおさまると、今度は体内でPDE-5が分泌されます。PDE-5は、サイクリックGMPの働きを阻害します。結果として性器の血流が抑えられて、勃起がおさまるというメカニズムになっています。

 

本来サイクリックGMPもPDE-5も人体で適切なタイミングで分泌されるものなので、必要なタイミングで勃起して、それが終われば勃起がおさまるようになっています。しかし、EDの症状がある男性は、PDE-5の分泌量が増えてしまいサイクリックGMPの働きがおさえられてしまっていることが多いのです。だからバイアグラを服用してPDE-5の分泌を抑えれば、サイクリックGMPの効果が阻害されずに発揮されるので勃起力が高まるということです。

 

ここまでご説明した通り、バイアグラには性的興奮を増幅する効果はないので、「飲んだだけで勝手に勃起してしまう」ことはありません。バイアグラを飲めば、性的な興奮を感じることによって放出されるサイクリックGMPが正常に効果を発揮する手助けをするということなので、性的な興奮がなければ勝手に性器が勃起してしまうようなことはないのです。

 

 

効果があらわれるまでの時間と持続時間

 

 

バイアグラは服用してから30分程度で効果があらわれて、5~6時間ほど継続します。もちろん、効果があらわれたからといって勝手に勃起するわけではなく、効果が持続している間に性的興奮を受ける必要があります。また、効果が発揮されるまでの時間や持続時間、効果の強さは使用環境によってかわります。

 

 

 

バイアグラの効果を最大限に引き出す方法

Thumb jamp

 

バイアグラは服用にあたって、効果を最大限に引き出すために注意しなくてはいけないことがいくつかあります。せっかくバイアグラを服用したのに効果が現れなければ意味が無いので、正しい用法を理解して服用しましょう。

 

 

バイアグラの効果は個人差がある

バイアグラを服用する時には、大前提として効果には個人差があるということを認識しておきましょう。全ての男性に必ず効果があらわれるわけではなく、その効果も人によって異なります。

 

バイアグラは含有されているシルデナフィルの容量が多いほど効果が強くなります。しかし、人によって効果は違うので、インターネットの口コミなどで「○○mgの錠剤を飲まないと効果がない」という情報があったとしても、それが自分にもあてはまるとは限らないということです。特に大量に服用した結果として効果が出すぎてしまうと、その分副作用も強まることになるので気をつけましょう。だから、初めてバイアグラを服用する場合には少しずつ容量を増やして、自分にとって十分な効果が得られる容量を見つけましょう。日本ではシルデナフィルの容量が25mgと50mgのバイアグラが認可されています。つまり、これらの容量であれば人体に極端な悪影響がない範囲だということなので、まずは25mgを使用しましょう。

 

 

バイアグラの服用方法

バイアグラは水やお茶などで服用する医薬品です。ただし、現在ではバイアグラと同じ成分のジェネリック医薬品が豊富に流通していて、中には水無しで服用できるものもあります。たとえば2016年10月にファイザー社が発売した「バイアグラ®ODフィルム」は水がなくても、唾液で溶かして服用できます。他にも東和薬品株式会社が販売しているジェネリック医薬品である「トーワ」も唾液で服用できるタイプです。さらにレモン味とコーヒー味があるので、バイアグラを服用する時の匂いや味が苦手な方でも服用しやすくなっています。もし水で服用するタイプが苦手な場合には、これらの商品を購入しましょう。

 

なお、牛乳などのように乳脂肪が含まれている飲料を薬と一緒に服用すると吸収を妨げる可能性があり、効果が弱まってしまいます。また、アルコールとの併用は少量であれば問題ないとされていますが、アルコールの多量摂取は男性機能の低下を引き起こしますし、シルデナフィルが血管を拡張するのでアルコールが普段よりも体内に浸透しやすく、急性アルコール中毒を引き起こす可能性があるのでお勧めはしません。

 

 

バイアグラを服用するタイミング

バイアグラは服用してから30分ほどで効果があらわれて、1時間程度で体内に全て吸収されるので効果のピークを迎えます。だから、バイアグラを服用するタイミングとして適切なのは、性行為の1時間前です。

 

なお、バイアグラの服用は1日1錠まで、連続して服用する場合には24時間以上空けることが推奨されています。5時間程度の効果の持続時間が終わってしまった後に性行為をすることになった場合でも、24時間経っていなければ連続して服用してはいけません。

 

 

バイアグラ服用前の食事について

 

 

バイアグラの効果を最大限に発揮するためには、空腹状態で服用しないといけません。食後の満腹状態だとバイアグラがうまく消化されずに効果が発揮されない可能性があるのです。

 

どうしても食事の後に服用しないといけない場合には、食後に2時間程度時間を空けて服用しましょう。通常の食事であれば2時間程度で消化が終わり、胃が空になると言われています。しかし、油分が多い食事は消化に時間がかかるので、バイアグラを服用する前は避けましょう。また、食事をする場合でも満腹になるまで食べるのではなく、出来る限り少量の食事にしましょう。

 

 

 

バイアグラの副作用に気をつける

 

 

バイアグラには風邪薬などの他の医薬品と同じように副作用があります。バイアグラには病院で処方箋をもらって購入する方法と、通販で海外から個人輸入する方法があります。通販で購入する場合は自己責任での服用になるので、かならず副作用について調べて、危険がないかチェックしておきましょう。

 

 

バイアグラの主な副作用

バイアグラの有効成分であるシルデナフィルは、PDE-5の分泌を阻害して、血流を良くする効果があります。しかし、シルデナフィルは性器の血流だけを良くするのではなく、体全体にその効果があられます。この結果、血流がよくなったことによる副作用があらわれる可能性があります。

 

めまい、顔の火照り、頭痛

これらの症状は、血流がよくなったことによって体の各部位にあらわれる可能性がある副作用です。よほど重篤な症状ではない限り「バイアグラが効き始めたサイン」のようなものなので、心配しすぎる必要はありません。とはいえ、あまりにも症状が重く体がつらいと感じるほどであればすぐに服用を中止して、病院で診察を受けましょう。

 

 

持続勃起症

バイアグラの効果は5時間程度ですが、人によって持続時間にも差があります。中には5時間を超えて効果が継続してしまう人もいるのです。長時間性器が勃起した状態でいると、陰茎の動脈が破れてしまい、血液が海綿体に吸収されることによって持続性勃起症になってしまうことがあります。そして持続性勃起症を発症したまま1日以上続いてしまうと、勃起障害になるリスクが高まってしまうので、あまりにも長時間勃起が継続している場合にはすみやかに泌尿器科に行きましょう。

 

 

突発性難聴

突発性難聴は、突然耳の聞こえが悪くなってしまう病気です。ED治療薬の副作用として突発性難聴の報告もありますが、今のところ因果関係はわかっていません。実際、世界中で多くの男性がバイアグラを服用していますが、突発性難聴が頻繁に発生しているわけではないので、過度に気にする必要はありません。たまたまバイアグラを服用しているタイミングで突発性難聴になってしまった人がいるだけだという意見もありますが、発生する可能性ある副作用として一応覚えておきましょう。

 

 

狭心症

バイアグラの服用によって血圧が下がるので冠動脈の血流が不足してしまい、心筋が酸素不足になって、心臓に痛みを感じる狭心症が副作用としてあらわれることがあります。血圧の低下によって生じる副作用なので、普段から不整脈や低血圧、高血圧などの症状がある方は使用にあたって注意しましょう。また、脳梗塞や、心筋梗塞などの心臓病を患っている方、腎不全の方なども注意が必要です。これらの症状がある方は、通販で購入するのではなく必ず病院で医者に診察を受けて、服用してもよいのか相談しましょう。

 

 

 

併用禁忌薬

バイアグラには併用することが禁止されている医薬品もあります。持病や病気の治療で服用している薬がある方は、医師の診察を受けましょう。

 

バイアグラの併用禁忌薬には、以下のようなものがあります。

 

  • 塩酸アミオダロン製剤
  • 硝酸剤(飲み薬、塗り薬、貼り薬などあらゆる剤形が併用禁忌)
  • 慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬

 

これらは併用禁忌薬の一例ですので、これ以外の医薬品であっても服用中のものがあれば、必ず医師と相談をしてからバイアグラを服用しましょう。

 

 

シルデナフィルの分量に気をつける

日本で認可されているバイアグラには25mg錠と50mg錠があります。これらの数字は含有されているシルデナフィルの容量を示しています。シルデナフィルの容量が多いほど効果が強いので、副作用も発症しやすくなります。病院で処方をしてもらう場合は医者の指示に従い、通販で購入する場合は少量の服用で体への影響を調べてみましょう。特に副作用への不安がある方は、25mg錠から使用することをおすすめします。

 

また、バイアグラの海外産ジェネリック医薬品の中には100mg錠などもあります。当然、効果が非常に強いので、副作用に気をつけましょう。100mg錠を購入する場合は、ピルカッターなどで半分に割って使用するのが一般的です。強い効果がほしいからと言って無闇に大容量のシルデナフィルを服用してはいけません。

 

 

不安なら医者に診断してもらう

ここまで説明してきた通り、バイアグラは男性にとって嬉しい効果があるだけではなく、副作用もあります。持病や治療中の病気がなく普段から医薬品を飲んでいない健康体の男性なら用法用量を守って使用すれば、副作用を恐れすぎる必要はありません。しかし、副作用に不安を感じる方や、併用禁忌薬などの心配がある方は医者に行って相談することをおすすめします。

 

病院で診察を受けると薬の代金だけではなく、初診料や診察費用が発生しますが、安全性のために支払う費用だと考えましょう。また、一度診察を受けて服用にあたっての不安がなくなれば、それ以降は通販で購入することもできます。

 

 

 

バイアグラの入手方法

Thumb children

 

バイアグラの購入手段には、病院と通販があります。また、バイアグラよりも価格が低いジェネリック医薬品も販売されているので、自分に合った入手方法を選びましょう。

 

 

ジェネリックを利用しよう

ジェネリック医薬品とは、新薬が販売されて特許期間が切れた後に、同じ成分で販売される医薬品のことです。新薬は特許期間が終わるまでは、他社が同じ成分の商品を販売できないのです。そして、バイアグラはすでに販売開始されてから時間が経っているので、日本でもジェネリック医薬品が流通しています。

 

ジェネリック医薬品は対象となる新薬と同じ成分が含まれています。ですから、バイアグラのジェネリック医薬品にも、バイアグラの有効成分であるシルデナフィルが含まれています。だからED治療薬としての効果はバイアグラと同じです。また、新薬の特許は開発するための費用に対する利益をまもるために規定されているものですが、ジェネリック医薬品は新薬の成分を真似れば良いので開発費用がかからず販売価格も低くなっています。つまりバイアグラのジェネリック医薬品は、バイアグラと同じ有効成分が入っていて、価格が低いということです。だからジェネリックではないバイアグラにこだわる必要はないのです。強いていえば、バイアグラが有名だからという理由だけです。

 

ジェネリックではないバイアグラの相場は25mg1錠で1,500円、50mg1錠で1,800円~2,000円程度です。一方で日本の製薬会社が販売しているジェネリックの場合は25mg1錠で780円、50mg1錠で980円程度が相場になっています。つまりジェネリック医薬品はジェネリックではないバイアグラの半額程度で購入できるのです。

 

EDに悩んでいる男性は性行為をする機会があるたびに、勃起の悩みと直面することになります。そして性行為はチャンスがあれば何度でもしたいものです。ED治療薬は性行為のたびに使用するものなので、1回あたりの費用は安いに越したことはありません。だからバイアグラを使用したいのであればジェネリック医薬品をオススメします。

 

 

国産ジェネリックの入手方法

バイアグラのジェネリック医薬品は、日本だけではなくインドを中心に海外でも開発、販売されています。だからバイアグラのジェネリック医薬品を購入する場合、国産ジェネリックと外国産ジェネリックのどちらにするのかという考え方もあるのです。

 

国産ジェネリックを入手できるのは基本的には日本の病院での処方によってのみです。病院に行ってバイアグラの使用が医者から認められれば、処方箋を出してもらえます。そして薬局などで処方箋を出した時に「ジェネリック医薬品でお願いします」と伝えれば、国産ジェネリックを購入できます。

 

もちろん国産でも外国産でも、同じバイアグラのジェネリックなので成分は同じです。ただし、外国産はまれにニセモノや粗悪品が紛れ込んでいることがありますが、国産であればそのようなリスクはほぼありません。何よりも、バイアグラの服用が問題ないのか医者に診てもらえれば、服用にあたっての不安が軽減されます。だから、初めてED治療薬を服用しようと考えていて、不安がある方は病院で国産ジェネリックを購入するのが良いでしょう。

 

 

外国産ジェネリックの入手方法

日本以外の国でもバイアグラのジェネリック医薬品は、販売されています。外国産ジェネリックを入手できる手段は基本的には通販サイトを利用した個人輸入だけです。外国産ジェネリックを手に入れるためには現地から買い付けないといけませんが、最近では個人輸入を代行してくれるED治療薬の通販サイトがあるのです。通販サイトを利用すれば購入や郵送などの手続きを全て代行してくれます。

 

まずは通販サイトにバイアグラのジェネリック医薬品があるので、購入したい商品を選んで注文しましょう。支払いはクレジットカードであれば問題なく行えます。その後、郵送してもらいたい住所を入力すれば、あとは到着を待つだけです。ただし、海外からの郵送なので、2週間~1ヶ月程度時間がかかります。通販でバイアグラのジェネリック医薬品を購入する場合は、手元に届くまでの時間を考慮して注文しましょう。どうしてもすぐに手に入れる必要があれば、病院で処方してもらう方法にすれば間違いなく手に入れられます。

 

通販サイトで外国産ジェネリックを購入するのは合法ですが、注意しなくてはいけないこともあります。それは、バイアグラのジェネリック医薬品の個人輸入は、個人で利用する範囲だけが許可されているということです。具体的には、購入した商品の譲渡や販売は禁止です。手元に届いた商品を他人に売ってはいけませんし、EDに悩んでいる友人に分け与えることも禁止です。また、個人利用の範囲なので、1度に1ヶ月分しか購入できません。バイアグラは1日1錠なので、30錠まで購入できるということです。そもそも通販サイトではそれ以上の数を購入できないようになっていますが、複数のサイトを利用して規則違反をしないように気をつけましょう。

 

また、残念ながら個人輸入したバイアグラのジェネリック医薬品にはニセモノや粗悪品が含まれていることがあります。ニセモノや粗悪品は見た目が本物違うので、手元に届いた商品をインターネット上の画像などと比較してチェックしておきましょう。もしニセモノだとわかった場合には、絶対に服用してはいけません。何の成分も入っていないただの錠剤であれば害はありませんが、全く異なる病気の治療薬の可能性もあり、その場合は予期せぬ副作用が引き起こされていまうからです。このようなトラブルは頻繁に発生するわけではありませんが、海外からジェネリック医薬品を購入するにあたって念のため警戒しておきましょう。

 

 

まとめ

Thumb tapenotetomato

ED治療薬として多くの男性が使用しているバイアグラの効果をご説明しました。バイアグラは多くの方がご存知のとおり、勃起機能の低下を改善する効果があります。

 

バイアグラを服用すると30分程度で効果があらわれて、5時間程度効果が持続するので、自分が性行為を行うタイミングに効果が発揮されるように計算して服用しましょう。ただし、空腹状態で服用しないと効果があらわれにくいので、気をつけましょう。

 

また、バイアグラには副作用があります。軽い頭痛や目の充血などであれば、薬がきいている証拠と言える程度の症状ですが、重篤な症状があらわれた場合には早めに病院を受診しましょう。

 

バイアグラのジェネリック医薬品は、バイアグラよりも安く購入できます。その購入手段は病院での処方と、通販での個人輸入があります。病院で処方してもらえば併用禁忌薬などを医者に相談することによって安心して服用できますし、通販で注文すれば安い外国産ジェネリックを購入できて費用が抑えられるので、自分にあった購入手段を選びましょう。

ED治療薬に関連する記事