公開日 18年04月21日

更新日 18年09月07日

バイアグラを通販で買う時の注意と医療機関で購入する手順

Thumb ochiba

男性にとってとても深刻な悩みであるEDですが、治療薬の効果があるためまずは薬で改善してみようと思う方が多いでしょう。

 

バイアグラというお馴染みの薬ですが、ED治療薬として世界的に有名で日本でも通販などで手軽に入手ができます。

 

しかしバイアグラの通販はルートによって薬の質が悪く、体に負担になるリスクもありますので、自分で購入する際にはどのような点を注意すべきか理解しておきましょう。

 

また病院で入手する際の手順についても詳しくお伝えしたいと思いますので、どんな方法が自分に一番合っているか比較してください。

 

バイアグラを通販で購入する方法

Thumb vgr100 0318

バイアグラを通販で購入する方法は、人にバレずに入手できるので多くの人が通販を利用したいと考えるでしょう。

 

バイアグラを通販で購入する方法はいくつかありますので、どのような種類があるかそれぞれの特徴についてご説明します。

 

個人輸入

最近は海外の商品が日本からも自由に手に入る手段が色々あり、バイアグラのような薬を購入する方法としても利用者が多く存在しています。

 

そもそも個人輸入というのは海外旅行で自分で外国のものを購入して日本に持ち帰るようなイメージがありますが、日本では販売されていない海外の商品をネットや注文書を発送して国際郵便で取り寄せる方法です。

 

輸入品は日本でもあちこちで見かけますが、企業レベルになると日本の販売代理店や現地の法人のやりとりで商品を海外に流通させるルートがあります。

 

個人輸入の場合はすべて自分で手配をして直接現地の企業やお店とのやりとりがありますので、注文や購入の際に国境を越えた手続きが必要になります。

 

そこで問題になるのが言葉の違いがありますが、欧米なら英語でなんとかできても、ヨーロッパになると言葉が全く分からないなんてシチュエーションもでてくるでしょう。

 

そんな方のために大変便利なのが個人輸入代行で、中間マージンがかかりますが様々な手間やトラブルが少なく商品を海外から入手できる方法です。

 

バイアグラの通販をよくネットで見かけることがとても多く、値段がとても安く個人輸入代行で販売しているサイトがあります。

 

バイアグラの通販システムを利用して個人輸入で購入するのは、あくまでも個人で使用することが条件になりますので、購入したものを転売したり、友達の分をまとめて輸入することは法律違反となります。

 

現段階ではバイアグラ通販で個人輸入代行業者や通販サイトなどを使って購入するのは違法ではありません。

 

今後薬事法でどのように変わるかわかりませんし、海外ではサプリとして販売しているものが、日本では医薬品になるものも存在しますので慎重に利用を検討してください。

 

個人輸入で購入する場合は送料がかかる点や、配送されるまでに1週間~2週間ほどかかることもあるのでご注意ください。

 

ネット通販

Thumb writing

医薬品をネットで販売しているサイトは近年とても増加していますので、バイアグラのようにプライバシーが心配になる商品の場合は、人によってネット通販はとても便利で手軽な入手方法になります。

 

バイアグラは病院で購入する際には処方箋が必要になりますが、ネット通販なら個人輸入代行ショップなどを利用して正規品を買うことも可能です。

 

大手の医薬品を扱うサイトもいくつかありますので、安心して購入するなら利用者の口コミや評判などもチェックしておくとよいでしょう。

 

正規ルートのバイアグラであれば保証書がついてくることもありますので、購入前に念のために確認をしてから注文してください。

 

ネット販売はサイトによってコンビニで商品を受け取り可能にしている場合もあるので、配達されるまでずっと待ち続ける手間がありません。

 

ネット通販を利用するならそのような点にもこだわったショップを利用して、プライバシーを守るのも良いでしょう。

 

Amazonで買えるか?

Thumb amazon

ネット通販といえばAmazonや楽天などの大手のサイトがありますので、もしかしたらバイアグラが買えるのでは?と気になる人もいるでしょう。

 

すでにアカウントを持っていれば最初の会員登録の手間もなく簡単に購入ができそうなイメージがありますよね。

 

しかし現在ではAmazonではバイアグラの正規品は取り扱っていませんので、検索をしても見つけることはできないでしょう。

 

どうせならポイントも付与されるのでAmazonや楽天を使ったほうがお得感がありますが、バイアグラだけでなくED治療薬の取り扱いは全般的に行っていません。

 

楽天も同様にバイアグラの通販は行っていませんし、ジェネリックの取り扱いもありません。

 

しかしオークションサイトではバイアグラなどのED治療薬が出品されていることがありますが、偽物の可能性も高く画像だけで判断するのはとても困難といえるでしょう。

 

またオークションサイトでは掲載している写真と実際に配達されたものが全く違うというケースもありますので、現在ではAmazonなどの大手ショップ以上にオークションサイトの取り締まりが強化されているといわれています。

 

価格相場について

Thumb okane

個人輸入でバイアグラを購入した場合の価格相場ですが、バイアグラ25㎎タイプは1錠1400円、50㎎タイプは1600円となります。

 

かなり安いタイプになると1錠で1000円以下のものがネットでも流通していますが、正規品でないことも多く激安なものには注意が必要です。

 

バイアグラの製造元であるファイザー社がバイアグラの値段を安くしても、ジェネリックでも1000円以下で販売されることはありません。

 

バイアグラを通販で購入するときは薬の値段以外にも送料がかかり、海外から入手すると1000円前後の送料が発生します。

 

そのためいくら安いバイアグラを見つけたからといってもトータル的に計算すると、病院やクリニックのほうがお得だったなんてこともあるでしょう。

 

バイアグラを通販で購入すると病院に行かなくて済む、診察料がかからない、再診料が不要といったメリットがありますのでとても魅力的に感じます。

 

しかし価格だけか考えると正規品は病院とさほど違いはありませんので、どちらが安全か慎重に考える必要性があります。

 

バイアグラの利用者にとって通販は大変便利ではありますが、トラブルも多く入手経路を正しく判断してからご利用ください。

 

 

通販でバイアグラを買う注意点

Thumb keisatukan

バイアグラを通販で購入する際にはいくつかの注意点を覚えておかないと、お金の無駄になるだけでなくそれ以上に深刻なダメージを受けることも。

 

病院に行く時間がないから、ひとにバレるのが嫌だからなど色々な理由で通販を選択する方がいます。

 

今はなんでもネットで買える時代ですが、ED治療薬は正規品でないと体に害があるリスクも高くなりますので注意が必要です。

 

ではバイアグラを通販で購入する際にはどんな点に気を付けたらいいのか、知っておくべきポイントを詳しくご紹介します。

 

ネットは偽物に注意 

Thumb nihontou

最初に注意したいことはバイアグラだけでなく医薬品を海外から個人輸入する場合の危険性について。

 

厚生労働省からもリスクについて次のような呼びかけを行っていますので、あらかじめ理解しておきましょう。

 

日本で販売されている医薬品や化粧品、医療機器は安全性や有効性の確認をされたもので、個人輸入されるものに対しての保証はないこと。

 

また医薬品は期待する効果が実感できない場合や人体に害となる有害物質が含まれている恐れがあること。

 

さらに製造する環境が不衛生な場所や方法を使っている可能性があることや、正規品メーカーの商品を偽ったコピー商品である可能性が高く、個人輸入したものは用法や効能などが外国語で記載で利用者の理解が困難になるなどの注意を行っています。

 

もし個人輸入を予定するものが医薬品医療機器等法の規制の対象になるかどうか分からない時はは、都道府県庁の薬務主管課に問い合わせて確認できます。

 

バイアグラをはじめとしたED治療薬は通販で流通しているものの4割り近くが偽物であるという調査報告があります。

 

偽物のバイアグラとは表示されている有効成分を含まないもの、表示成分以外の成分が含まれている、成分含有量が表示とは違うといった定義がされています。

 

バイアグラはそもそも25㎎と50㎎タイプが正規品として販売されていますが、100㎎タイプは未承認の薬として規制の対象になりますのでご注意ください。

 

値段が安い、手軽に購入できるメリットがある通販ですが、偽物を飲んでしまった場合最悪命を落とすような深刻な症状になる可能性もありますよ。

 

効果が実感できないだけでなく、このような危険性を理解の上通販で購入する際には正規品かどうか、購入者が見極める必要があるのです。

 

通販で偽物と本物を見極めるには?

Thumb canon

通販でバイアグラを購入する際はサイトに掲載されている商品の写真と情報しか判断材料がありませんので、よほどのプロでないと見分けができない恐れがあります。

 

そもそも日本では厚生労働省が認可しているバイアグラは25㎎と50㎎のみですから、100㎎は偽物の可能性が高いのはすぐにわかりますよね。

 

そこで購入者ができる範囲で判断できる本物と偽物の違いについて詳しくみてきましょう。

 

正規品の場合は販売元であるファイザー社のタグがボトルにつけられていますので、本物かどうか識別する一番確実なポイントになります。

 

また箱に点字がついているかどうか、ファイザー社の刻印があるかどうか、これらがないものは偽物になりますのでご注意ください。

 

そして錠剤の色褪せしているものや印刷が雑に作られているものも要注意で、国内で販売しているバイアグラの本物は25㎎も50㎎タイプも10錠のシート状だけとなっている点も覚えておきたいですね。

 

裏面には日本語でバイアグラと記載されていますので必ず確認をし、もしかしたら偽物かもしれないと不安な場合は服用する前にピルカッターで錠剤をカットしてください。

 

正規品は表面だけ青のコーティングがされているので中身は白い錠剤で、もし中身まで青い錠剤であれば完全に偽物だと判断できますので、この場合は飲まずに破棄しましょう。

 

たとえピルカッターで半分にしてチェックしても、白い中身だからといって本物だと油断はできません。

 

もうひとつのチェック方法としては溶解度で検証する方法がありますので、水を入れたコップにバイアグラの錠剤を入れて溶ける早さをチェックしてみましょう。

 

偽物は1時間経過してもそのまま錠剤が解けずに固形のままになっていたり、溶けだしてもダマになっているなど溶解の仕方にばらつきがあり、大変溶けにくい共通点があります。

 

世界では60か国上でバイアグラの偽物が製造されているともいわれ、とくにアジアで作られているものは工場の衛生管理ができないところが多く、不純物が混ざったまま出荷されるものや有効成分が全く配合されていない悪質な偽物も存在します。

 

アメリカ、シンガポール、中国、タイ、など色々な国で販売されているバイアグラが個人輸入で購入が可能です。

 

値段が高いから、連作先がしっかりしているから、ネットで評判の業者だからという理由で選んでもバイアグラは偽物の可能性があります。

 

通販でバイアグラを購入する際は個人では本物と偽物の見極めがとても難しい面があることを理解しておきましょう。

 

 

p> 

 

バイアグラの特徴と効果について

Thumb energydrink

バイアグラだけでなくほかにもレビトラやシアリスというED治療薬が日本では認可されて購入が可能です。

 

バイアグラは日本で最初に販売されたED治療薬で大変人気があり、バイアグラのファンの方は大勢存在します。

 

アメリカのファイザー社より勃起不全の治療薬として世界で初めて製品化したバイアグラは、1998年1月にアメリカで発売がスタート。

 

青いひし形の錠剤で始まったバイアグラも2016年になると日本国内で水無しでも服用できるバイアグラODフィルムというフィルムタイプも発売開始しています。

 

世界で初めてED治療薬を発売したアメリカでは、バイアグラが登場した時はブルーダイヤモンドというニックネームが付くほど大変に話題になりました。

 

日本でもすぐさま注目されアメリカ発売の翌年1999年1月25日に製造販売承認を取得して、同じ年の3月23日から販売スタートしています。

 

バイアグラは通販で偽物を買ってしまうリスクを抱えながらも購入する方が多いのですが、この治療薬にはどのような特徴が効果があるのかご説明したいと思います。

 

バイアグラがEDに効果がある仕組み

Thumb kinchou

バイアグラの有効成分はシルデナフィルというものではこの成分の含有量により、バイアグラは25㎎と50㎎の2種類だけが厚生労働省から認可されています。

 

シルデナフィルは肺動脈性肺高血圧症の治療としても使用される有効成分で、バイアグラと同じファイザー社よりレパチオという名前の薬が厚生労働で認可されて2008年4月より発売スタートしています。

 

バイアグラが勃起不全に効果をもたらす仕組みは、勃起を抑制してしまう酵素のはたらきを防ぐため。

 

バイアグラを飲むと常にペニスが勃起した状態になるものではなく、性的興奮を脳が感知して陰茎に勃起するように指令を出さない限りはペニスが勃起することはありません。

 

性的興奮を促進する媚薬のようなものではありませんので、精力剤として飲むことは避けましょう。

 

バイアグラを服用して正常な勃起をするためには、性的刺激が必要であるということになるので、飲んですぐに勃起しないので効果がないと判断はできません。

 

ED治療に使われる他の治療薬

Thumb levitra0721

ED治療薬はバイアグラの他にレビトラとシアリスという種類があり、バイアグラとは違った特徴がありますので大まかなポイントをご説明しましょう。

 

レビトラはドイツのバイエル薬品という大手の会社が製造販売するED治療薬で、バイアグラの次に登場しています。

 

日本では2004年に製造販売が許可され、有効成分にはバルデナフィルを使用している人気のED治療薬です。

 

勃起不全に対してはバイアグラと同様に酵素の働きを抑制して勃起をサポートする効果がありますが、バイアグラよりも食事の影響が少ない点が魅力といえるでしょう。

 

販売元のバイエル社では標準的な食事の影響は受けないとしていますが、栄養学的に見ると標準的な食事とは700kcal前後を基準にするとよいでしょう。

 

もうひとつのシアリスは有効成分タダラフィルを配合したED治療薬で、誕生したのは2002年、全世界でのシェアは42%と人気が急上昇し、世界市場で第一位になったと発表されています。

 

日本では2007年より発売がスタートし、現在は日本イーライリリー社が製造販売元になっています。

 

ほかの2種類の治療薬と一番違う点は薬を服用後最大で36時間まで有効性が続く点で、バイアグラやレビトラは4~7時間程度。

 

長く効果が実感できることは、プレッシャーに弱い方にもとても魅力となるでしょう。

 

 

医療機関でバイアグラを入手する手順

Thumb recepcion

バイアグラを通販で購入するのは様々なリスクがありますので、一番安全に正規品を購入するなら医療機関に行くことをオススメします。

 

でも早速バイアグラを買いに行こうと思っても、どの病院で扱っているのかわからない人が多いのではないでしょうか。

 

そこでバイアグラを医療機関で入手する際の基本的な手順についてご説明いたしますので、通販で購入する方法と比較して参考にしてください。

 

何科に行けばいいか

Thumb siroiboushi

まず医療機関に行く際に困るのが、何科に行ってバイアグラを購入できるのかという点ですが、EDに関することはどこで扱っているのかわかりにくい点がありますよね。

 

バイアグラはEDの相談や診察、治療を行う診療科に行けば購入ができますので、総合病院に行く場合は泌尿器科や内科で相談してみましょう。

 

大きな病院になると男性更年期外来がある場合もありますし、男性器疾患を専門に扱う診療科などもあります。

 

どこに行けばよいかわからない時は、かかりつけの内科でも全く問題はありませんので、逆に信頼関係がある担当医に打ち明けてその後の診療について相談することも大切です。

 

ED治療は絶対にこの診療科でないとダメ、というものではありませんのでバイアグラの処方などについての相談は気軽にかかりつけのお医者さんに相談してください。

 

また最近はバイアグラを入手しやすい医療機関としてED専門のクリニックが人気がありますので、あちこちの診療科に行くのが不安な場合はED専門クリニックで相談してみましょう。

 

クリニックならスムーズに対応してもらえますし、男性スタッフのみで運営しているクリニックも少なくありません。

 

プライバシーに関わる大変デリケートな問題ですから、大きな病院の受付で口頭で説明するのは抵抗になる人もいるでしょう。

 

そんな方にも安心なのが、クリニックなら口頭以外で受け付けできるチェックインシステムなどもあるので、恥ずかしい思いをせずにバイアグラを入手することができますよ。

 

病院に着いてすること

Thumb gutspose

医療機関でバイアグラを入手するまでの手順について簡単なご説明ですが、まずは受付に行き、問診票など必要な書類の記入を行い、名前が呼ばれるまで待合室で順番を待ちます。

 

バイアグラを医療機関で購入するときは、必ず診察が必要になるのですがペニスを実際に見せるような検査はほとんどありませんのでご安心ください。

 

主に問診票を元にして医師の判断によりバイアグラのどのタイプにするか処方が決定します。

 

診察が終了したら受付でバイアグラを受け取り料金を支払って終了になり、専門クリニックなら受付から処方までたったの10分~15分程度と手際良く対応してもらえます。

 

そのためわざわざ会社を休んでバイアグラを買いに行く必要もありませんので、お近くのクリニックを探すのもよいでしょう。

 

診察時は触診がありませんので、普段着でもスーツでも服装はとくに意識せずに大丈夫です。

 

クリニックならお昼休みや会社の帰りを利用し、手軽にバイアグラを購入できますので大きな病院に行くよりも時間の節約になりますね。

 

保険は使えるか?

Thumb liskkaisyain

風邪を引いた時やケガをした時に病院にいくと、健康保険を使って診察や治療ができますが、バイアグラなどのED治療薬は保険診療の対象にはならないため、全額自己負担になります。

 

保険診療だと通常は自己負担が3割程度になるのでかなり楽になりますが、バイアグラなどの薬が高いと感じるのは保険が適用されない点も関係しているといえるでしょう。

 

EDは診察から治療、そして治療薬の処方に至るまですべて自己負担になりますので金銭的な負担が厳しくて治療薬が買えないという人もなかにはいます。

 

そもそも自由診療とは材料や治療方法の制限がないもので、患者さんの希望に対応するための診療とされています。

 

美容外科クリニックの施術の場合のように病気治療ではないものが自由診療扱いになることが多いですよね。

 

EDに関しては今後保険診療が可能になる可能性もありますので、今現在は治療薬を少しでも安全に安く入手することがED改善の負担を減らすコツになるでしょう。

 

価格相場について

Thumb dogandman

バイアグラを医療機関で入手する場合ですが、病院での価格相場は25㎎タイプが1錠1300円、50㎎タイプが1500円、ODフィルムが1枚1000円となります。

 

医療機関によって治療薬の値段が若干異なりますが、さらに注意したいのは初診料や診察料などがかかる点です。

 

ED治療薬の価格相場は1300円~2000円程度になり、普通の薬よりも値段が高く感じるものの高く過ぎて絶対に買えないという値段ではありません。

 

またバイアグラなどは毎日継続して飲み続ける薬ではなく必要に応じて飲むものなので、治療の効果により薬代も安くなる可能性があります。

 

診察料や初診料がかからないクリニックも多く存在しますし、バイアグラを1錠から販売している病院もありますのでぜひ参考にしてください。

 

 

まとめ

Thumb notebook

バイアグラを通販で買うメリットはいくつかありますが、それ以上に危険性が高く健康被害が一番心配な点ですよね。

 

医療機関でバイアグラを購入すれば医師から飲み方の正しい指導がありますし、万が一バイアグラの効果が実感できない場合にはほかのED治療方法を話し合えます。

 

通販のバイアグラはとても値段が安いため、病院で正規品を買うよりも経済的な負担が減る点が最大の魅力になります。

 

しかし通販は偽物が多く出回っていますし、バイアグラは容易にネットで購入する薬ではないことを理解しないといけません。

 

気軽に通えるクリニックも増えていますので、ED治療薬を飲んでみたいとお考えの方はまず医療機関で相談をして、自分に一番あった治療方法と治療薬をみつけましょう。

バイアグラの画像出典:
http://endia.net/baiagura100mlotoko-hunakosi
アマゾンの画像出典:
https://blog.imazeki-ryoga.com/2016/11/24/amazon-shopping-cart/
レビトラの画像出典:
http://samuraiclinic.com/ed-levitra/

ED治療薬に関連する記事