公開日 17年11月12日

更新日 18年09月22日

バイアグラの持続時間はどれくらい!?使用時の3つの注意点とは

ED治療薬として世界で最も消費量が多いと言われるバイアグラですが、持続時間がどのくらいあるのか気になりますよね。

 

アメリカ大手の製薬会社であるファイザー社が製造、販売しているバイアグラですが、勃起不全を治療するED治療薬としては、一番の信頼と安全性を誇っています。

 

そんなバイアグラにも使用する際には注意点があります。それでは以下に紹介していきましょう。

 

バイアグラが効くまでの時間は?

Thumb clock

バイアグラは日本国内で知名度が高いため、多くの人が聞いたことがあるかもしれません。ただ、名前は聞いたことがあるが実際にどのような効果があるのか、あるいは効果があるまでの時間はどのくらいなのかを把握していないと思います。ここでは、バイアグラが効果が出るまでの時間を見ていきましょう。

 

バイアグラには即効性がある

日本国内で最も知名度が高く、そして最も歴史が古いバイアグラですが、性交の1時間前に服用するのがベストタイミングとされています。

 

ただし、空腹時の際は20~30分程度で効果を実感することが出来ます。

 

性的刺激を受けて勃起するため、バイアグラを服用したからといって勃起することでないことは覚えておいてくださいね。

 

また、同じED治療薬として日本国内での販売が認められているレビトラやシアリスとも違いをみてみましょう。

 

バイアグラの次に販売されたレビトラは、本社がドイツにあり、バイエル薬品と呼ばれる製薬会社により製造、販売されています。

 

円形でオレンジ色をしている錠剤ですが、中身は白色をしています。レビトラは薬価基準未収載のため、どこの医療機関でも保険適用外とされており、自費診療となります。

 

日本ではバイアグラの販売がスタートした2年後の2001年12月に厚生労働省が許可し、2004年4月に製造、販売が認められました。

 

2004年6月に5mgと10mgのレビトラが販売され始め、2007年7月に20mgが販売開始されました。

 

バルデナフィルを有効成分とするレビトラは、水にやや溶けやすい特徴があります。水に溶けやすいこの性質は、バイアグラやシアリスにはないレビトラが持つ特徴です。

 

そのため、最高血中濃度に達する時間は、42分~54分と、ED治療薬3種の中では最も早くなっています。

 

バイアグラ同様、レビトラも服用したからといって勃起するわけではなく、あくまでも性的刺激が必要となります。

 

また、即効性についてはバイアグラ同様となり、性交の1時間前に服用しますが、空腹時の場合は服用後20分で効果を得ることが出来ます。

 

更に、レビトラの次に製造、販売が許可されたシアリスは、日本イーライリリー社が5mg、10mg、そして20mgの3種類の規格で製造と販売を行っています。

 

レビトラも薬価基準未収載の薬に分類されているため、どこの医療機関で処方してもらっても、診察料を始め、処方料までが保険適用外となり、自己負担であるため、保険証は必要ありません。

 

発売以来世界100カ国以上で販売、使用されており、服用者は1000万人以上を超えると言われています。

 

2013年8月にはED治療薬としての世界シェア率が42%となったことが発表されました。タダラフィルを有効成分とするシアリスは、白色の粉末で、水に溶けない特徴があります。

 

そのため、服用後の最高血中濃度到達時間は30分~4時間と個人差が大きくあることが分かりますね。服用は性交の3時間前が無難と言えます。

 

バイアグラを飲んでも効果を得ることが出来ないという方は、バイアグラを正しく服用出来ていない可能性があります。

 

バイアグラは服用するタイミングが非常に重要となってきます。そのため、服用方法を誤ると効果を十分に発揮出来ないどころか、健康被害を受けてしまうケースもあるのです。

 

そのため、正しい服用方法を理解した上で服用するようにしましょう。世界で最も使われているED治療薬として知られるバイアグラは、世界シェア率が50%もあり、絶大な人気を誇る薬です。

 

1998年にアメリカに本部をおくファイザー社で開発、販売されたバイアグラは、シルデナフィルと呼ばれる有効成分を含んでいます。

 

このシルデナフィルが勃起を抑制する酵素の働きを防ぎ、陰茎周辺にある神経を刺激して血管を広げます。陰茎の血流をスムーズにすることで勃起へと導かれるのです。

 

また、シルデナフィルはED治療薬としてだけではなく、肺動脈性肺高血圧症の治療にも使われており、ED治療薬以外としても注目されている薬です。

 

 

バイアグラの持続時間

Thumb bussinessmanwoman2

バイアグラの効果が出るまでの時間はお分かりいただけたかと思います。では実際に効果の持続時間を見ていきましょう。ここでは成分量別での効果時間を比較や市販薬と処方されたもの比較を行い、どれを購入してどのくらいの量を摂取すればいいのかを把握していきましょう。

最長でどれくらい持続するの?

 

バイアグラ25mgの場合

最長で4~5時間持続します。

 

バイアグラ50mgの場合

50mgの場合、最長で5~6時間持続します。

 

持続時間というのは、服用してから勃起するまでにどのくらいの効き目があるのかどうかを意味しています。また、どのくらい持続時間につきましては、体質によって大きく左右されてきます。

 

基本的にはバイアグラを服用し、効果を得てから4~6時間は持続しますが、体調不良の際や食後すぐの服用の際は、効果を得れなかったり、持続時間が短くなるケースもあります。

 

副作用が強くなってしまう可能性もあります。服用の前後に食したものやアルコールの量、そして体質により持続時間に差があります。

 

排便の有無にも持続時間が関係することはあまり聞いたことがないのではないでしょうか。

 

体質や生活習慣によって、どの種類の治療薬が合うのかどうか、何度か服用する中で模索する必要があるのかもしれません。

 

バイアグラは服用することで勃起しますが、刺激を与え続けないと硬さを維持することは出来ません。

 

性欲自体を高める薬ではないので、射精後は男性特有の賢者タイムに入ってしまうので、やる気自体がキープするわけではありません。

 

射精後に勃起した状態がどのくらいキープ出来るのかどうかには個人差がありますが、勃起そのものがキープされるわけではなく、服用者の気分や体調、体質によっても異なってきます。バイアグラの日本での服用量は、1日1回、25~50mgと定められています。

 

25mgを1日2回に分けるか、50mgを1回で服用するか、個人の生活習慣に合わせて服用するといいでしょう。

 

100mgを個人輸入で購入することは可能ですし、海外で購入することも可能ですが、体の大きくない日本人には効果が強すぎて、副作用が強く出てしまい健康被害が出るため非常に危険です。

 

初めてバイアグラを服用する際は、50歳未満の方は25mgでも十分でしょう。25mgでも副作用が強い場合は、医師に相談する必要があります。

 

ジェネリック医薬品は、シルデナフィルを有効成分とすることは同じですが、溶解のタイミングや添加物が異なるため、体内での消化のタイミングが正規品と異なります。

 

違いを知るためにも、そして自身の体にどちらが合うのかを知るためにも、どちらも試してみた方がいいでしょう。

 

処方されたものと市販品の違いは?

バイアグラを入手するには以下の方法があります。通信販売による購入から個人輸入による、購入薬局での購入、専門クリニックでの購入など様々あります。実際に購入する際にイメージがわくようにしながら見ていきましょう。

 

通信販売による購入

バイアグラを入手する手段として最近増えてきているのが、薬専門の通信販売による購入です。インターネットで検索すると非常に多くのサイトを見つけることが出来ますよね。

 

病院やクリニックに出向く必要もなく、医師に相談する手間も省けるという手軽さから、通信販売サイトを利用する方が多くなってきています。

 

スマートフォンやパソコンをクリックしていくだけで、手元にバイアグラが届くので便利と言えるでしょう。

 

また、通信販売サイトによっては、配送料が無料になったり、まとめ買いで安くなったり、定期購入で値引きされたりと、様々な特典があることも魅力の一つです。

 

配送時には中身が分からないように梱包されるため、家族や配送業者にも中を知られることがないため、安心です。

 

しかし、通信販売で出回っているバイアグラは、偽物が多く存在していることも事実です。ほとんどの人が本物か偽物か判断出来ずに服用しているのではないでしょうか。

 

効き目があったから本物というわけではありません。正規品保証がされていても、信じる根拠にはならないのです。

 

通信販売での購入はリーズナブルな価格で入手できるだけでなく、購入方法も簡単なため、便利ではありますが、信頼性が低いのが現状です。

 

個人輸入による購入

個人輸入にてバイアグラを購入することが出来ます。輸入自体が禁止されているわけではありませんが、薬事法により、1回につき1ヶ月分までと規制されています。

 

しかし、通信販売同様、偽物が出回っているケースが多く、大きな危険が伴っているだけでなく、輸入の手間がかかってしまいます。また、不純物の混入により、健康被害が出てしまうケースもあります。

 

偽物のバイアグラは世界中で製造、販売されており、清潔と言うにはほど遠い環境で製造されていることもあります。

 

バイアグラ直接体の中に入るものなので、不純物が混入したことで大きな副作用が発生することも考えられます。

 

万が一個人輸入によりバイアグラを購入し、服用したとしても、健康被害については補助金制度が適用されないため、全てが自己負担になってしまいます。

 

薬局での購入

バイアグラは処方箋医薬品に指定されているため、基本的には医師に処方箋を出してもらわないと、処方箋医薬品を置いてある薬局で受け取るしかありません。

 

市販の風邪薬のように、普通の薬局で購入することは出来ないのです。ED治療薬は血管を広げる働きがあるため、狭心症を患っている方は服用することが出来ません。

 

安易な服用には危険が伴うため、処方箋医薬品に指定されているのです。

 

専門クリニックでの購入

バイアグラを安心して入手する方法が、専門クリニックでの購入です。

 

完全に信頼出来る本物のバイアグラを購入出来るというメリットに加え、服用時の症状によって、頭痛薬や精神安定剤なども一緒に処方してもらえる点では非常に安心です。

 

専門医ならではの判断で適切な対応をしてもらえることも心強いのではないでしょうか。

 

服用に関する注意点なども教えてもらえますし、カウンセリングを行ってくれるクリニックもあるので、服用について不安や疑問があれば、活用しましょう。

 

通院することが恥ずかしい、と誰もが思うことでしょう。しかし、バイアグラも薬の一種です。医師や薬剤師に相談しながら服用することが自分の身を守ることにも繋がります。

 

EDは生活習慣病のSOSとも言われています。運動不足や慢性的なストレス、暴飲暴食が原因で血管が硬くなってしまい、EDとなっているケースもあります。

 

特に中高年の勃起不全は生活習慣病の影響を受けていることが多いので、軽視してはいけないのです。

 

クリニックの専門医にED症状の相談をすることで、EDを改善する薬を処方してもらうだけでなく、健康状態などもアドバイスをもらうことが出来ますよ。

 

このように、バイアグラには入手方法がいくつかあります。しかし、個人輸入や通信販売では偽物が届くケースが多く、健康被害の危険を伴う可能性もあります。

 

正規品を服用すれば副作用も大きな影響はありませんが、不純物が混入したバイアグラを服用したことによる副作用は、何が含まれているのか専門医でも不明の場合があり、助けようがない場合もあります。

 

EDを治療する薬のはずですが、思いもよらぬ病気を招いてしまう可能性もあるのです。安心・安全なバイアグラを入手するには、専門のクリニックで処方してもらうのが最も安心と言えます。

 

本物のバイアグラを処方してもらえることは勿論、副作用が強い場合はすぐに相談出来ますし、対処もしてくれます。信頼出来る専門家の指示に従って服用することをお勧めします。

 

 

 

効果を最大限に出すための注意点

Thumb medicine gold

効果を最大限に引き出すためには実際にどのような点について気をつければいいのかわかりませんよね。ここでは飲むタイミングを主に取り上げ、性行為のどのくらい前に飲むべきなのかや、お酒と併用していいのかなどをご紹介していきます。

飲むタイミング

性行為のどのくらい前がベスト?

 

ED治療薬はEDを改善する薬ですが、ただ飲めば改善するというわけではありません。効果的な服用方法が定められているため、服用の際はしっかり理解する必要があります。

 

では、バイアグラはどのタイミングで服用するのがベストなのでしょうか。病院で処方される薬に限らず、薬局で購入出来る常備薬でも服用するタイミングは指定されています。

 

食前、食後、食間の3種類が一般的ですが、バイアグラは食前の服用がベストタイミングと言われています。

 

バイアグラを食前に服用するのが最も効果的だとされるのは、有効成分が吸収されやすいタイミングが食前であるからなのです。

 

バイアグラを食後に服用すると、空腹時と比較して有効成分の吸収が圧倒的に悪くなるのです。

 

その結果、バイアグラの効果が現れるのが遅くなるだけでなく、効果さえ実感出来ないケースもあるのです。

 

このことから、バイアグラを最大限に効果を得るには、食前の空腹時に服用するようにしましょう。食事から性交までが短時間の場合は、バイアグラを服用してから食事を摂るといいでしょう。

 

EDに悩んでいる方にとっては、バイアグラは画期的な薬です。EDを改善したいという思いから、バイアグラを多く服用したい気持ちもあるでしょう。

 

しかし、バイアグラはあくまでも薬であるため、用法、容量を守るよう定められています。日本で認められているバイアグラは25mgと50mgの2種類のみです。

 

医師が服用者の体質や生活習慣などを考慮した上でどちらが適切か判断するため、その判断を守ることが自身の体を守ることにも繋がります。

 

バイアグラは1日1回の服用が適切な服用方法です。1日の服用量は最大で50mgであるため、50mgを超えて過剰に服用することは、認められていません。

 

海外で行われた臨床実験では、健康な方に800mgまでの単回投与を行った結果、低用量で認められた有害事象と同じ現象が発生したと発表がありました。

 

有害事象の重症度と発生確率は、低用量の場合と比較して上昇していきます。また、200mgを服用した実験では、効果には大きな変化はなく、有害事象の発生確率だけが増加してしまったのです。

 

バイアグラの服用量を増やしたからといって、大きな効果が得られるわけではなく、副作用の重症化や増加が確認されているのです。

 

EDを早く改善したいからとバイアグラの服用量を増やすと、別の健康被害や病気を伴うことがあるのです。

 

バイアグラの過剰摂取は自身の体に悪影響を及ぼすことを忘れてはいけませんね。

 

食後と食前どちらに飲む?

基本的には食前の空腹時が最も効果が発揮されるタイミングです。

 

しかし、食前の空腹時が服用のベストタイミングといえども、服用を忘れてしまったり、状況が変わった際に、食後に服用せざるを得ないケースもあるでしょう。

 

このような時は、以下に注意すれば食後であっても効果を実感することが出来ます。それは、食事をしてからバイアグラを服用するまでの時間です。

 

食事から2時間以上の時間を空ければ、食後であっても有効成分がしっかり体内に吸収されるため、問題はありません。

 

食後2時間が経過すれば、食べたものが消化されるため、薬も食事の影響を受けにくくなるのです。

 

しかし、焼き肉や中華料理、揚げ物といった脂っこい食事の場合は7分目から8分目に抑える必要があります。

 

また、食事から2時間を経過しても食事から得た油や脂が体内に残っている場合が多いため、薬の効果が半減してしまうケースもあります。

 

薬の効果を最大限に発揮するには、出来る限り消化のいいものを食するようにしましょう。

 

バイアグラとお酒の相性

日本人の平均飲酒量は、外国人と比較して多いわけではありませんが、日常的に付き合いで飲む方やプライベートで飲む方もいることでしょう。

 

バイアグラを服用する際、お酒がどの程度関わってくるのかを紹介していきます。一般的には、アルコールと薬を同時に摂取することは避けた方がいいとされています。

 

これは、薬には様々な成分が含まれているため、アルコールを一緒に摂取することで、薬の効果が減弱されたり増強されたり、或いは副作用が発生してしまう恐れがあるためです。

 

想定外のことが発生してしまう可能性があるため、薬とアルコールを同時に摂取することが望ましくないとされています。

 

しかし、バイアグラの場合、一般的な薬と異なり、そのような医学的根拠が認められていないため、アルコール摂取後にバイアグラを服用しても問題ないとされています。

 

また、アルコールでバイアグラを服用することでさえも、薬への影響を与えないとされているのです。

 

バイアグラに含まれる成分を化学的な観点から見た場合でも、お酒と同時に服用しても問題ないとされていることには、誰もが驚くことですよね。

 

バイアグラの有効成分であるシルデナフィルは、アルコールとの相互作用がないため、影響を受けず、薬が劇的に効くこともなければ、悪く働くこともないのです。

 

ただし、少量のアルコールであれば、より効果的であるとまで言われています。アルコールには、精神安定効果があることが理由に挙げられます。

 

アルコールを摂取することで、脳内神経伝達物質に刺激を与え、興奮や不安を収める働きをします。これは医学的にも認められており、多くの方が納得できることでしょう。

 

精神的な不安や心配からEDへと発症してしまうケースも多いため、少量のアルコールによってリラックスし、バイアグラの効果を得ることが出来る可能性もあるのです。

 

ただし、これも少量のアルコールを摂取した場合に限ります。

 

限度を超えたアルコールの摂取は、体に悪影響を与えるだけでなく、バイアグラの効果を発揮出来ないことへと繋がりますので、お気を付けください。

 

アルコールの多量摂取は、脳の働きを抑えてしまい、男性機能への働きまでも抑制させてしまい、バイアグラの効果を得ることが出来なくなってしまいます。

 

バイアグラが効かないだけではなく、血管が広がって血流がよくなった影響で、アルコールが体中に一気に回ってしまうというリスクもあります。

 

その結果、血管疾患やアルコール中毒を招いてしまう可能性もあるのです。

 

また、アルコールを摂取している状態でバイアグラを服用すると、僅かではありますが血圧が低下するケースもあり、その後の性交時に心臓に負担がかかることへと繋がってしまいます。

 

少量という量は、個人個人異なるため、ご自身の生活習慣や普段摂取している量から考慮して、「少量」で留めておくようにしましょう。

 

 

まとめ

Thumb bengoshi

性交の1時間前に服用するといいと言われるバイアグラですが、空腹時は服用から20~30分で効果が発揮される即効性に優れたED治療薬です。

 

バイアグラの次に認可されたレビトラは、バイアグラ同様、性交の1時間前に服用しますが、空腹時は20分で効き始める即効性の薬です。

 

また、レビトラの次に販売され始めたシアリスは、服用後の最高血中濃度到達時間は30分~4時間と個人差が大きくあり、即効性はないものの、持続時間が最も長い薬です。

 

バイアグラは、最長で25mgの場合は4~5時間持続し、50mgの場合、最長で5~6時間持続します。

 

バイアグラの日本での服用量は、1日1回、25~50mgと定められているため、25mgを1日2回に分けるか、50mgを1回で服用するか、個人の生活習慣に合わせて服用するようにしましょう。

 

バイアグラを入手するには、通信販売による購入、個人輸入による購入、薬局での購入、そして専門クリニックでの購入があります。

 

薬局やクリニックでの購入はバイアグラ本物が処方される安全性に加え、万が一副作用が発生してしまった際に相談にのってくれる医師や薬剤師がいるので安心でもあります。

 

バイアグラは性交の1時間前に服用するのがベストタイミングです。また、少量のアルコールはリラックス効果をもたらしてくれるため、推奨されているほどです。

 

ご自身が普段摂取している量を考慮しながら、少量のアルコールも楽しむといいでしょう。

 

ED治療薬に関連する記事