公開日

更新日 18年09月04日

バイアグラ100mgは危険!?バイアグラってどういう薬なの?

Thumb viagra100mg

バイアグラを服用したけど、あまり効果が感じられず規定以上の100mgを試そうと考えているけど不安を感じている方。

 

バイアグラ100mgの安全性や関連した情報について具体的に知り、薬についてより深く理解したいというお考えをお持ちの方。

 

バイアグラ100mgは今現在の日本では認可されておらず、その危険性もバイアグラ他のmg数と比較して高いものとなっています。

 

ここでは、そのようなバイアグラ100mgについて正しい知識を持てるよう詳しくご紹介していきたいと思います。

 

バイアグラ100mgってどういうもの?

Thumb tantousya2

バイアグラ100mgは欧米でのみ処方されている薬で、用量が多い分、25mg錠などと比較して効果も大変強いものとなっています。

 

欧米人と比較すると日本人は体格差が平均して小さいため、薬を体内で分解したりする働きも日本人の方が弱く、そのため、50mgまでであれば日本人には十分効果はあります。

 

50mg錠までで効き目があまり実感できなかった場合は、バイアグラ100mgと同等の効果があるレビトラの使用を考えてみるようすすめられることもあります。

 

Thumb levitra20mg

レビトラは、ED治療薬としては日本で2番目に開発された薬で、バイアグラ販売後のため、バイアグラの短所でもある食事の影響を受けやすいという点が改善されています。

 

そのため、食後急にお誘いがきた場合でも薬を服用することで対処でき、持続時間もバイアグラよりも長時間効果が続くため、そのあたりも安心して使用できます。

 

バイアグラの100mgを入手するには今現在では個人輸入しかありませんが、薬について深い理解を持たないまま個人輸入で入手するのは大変危険です。

 

バイアグラには硝酸剤などの併用が禁止されている薬や、服用禁止の方に関する条件もあり、安易に個人がそうした知識を持たないまま服用すると最悪死亡する可能性もあります。

 

過去には実際にそうした事故も起きており、外国でバイアグラが売り出されたばかりの頃は、日本で個人輸入で手に入れた方々が次々と重篤な副作用を発症したり、死亡事故も多く起きています。

 

個人輸入で注意すべき点は他にも、薬の偽造品などがあり、個人輸入を介して取引される薬を製造しているところの中には、粗悪な環境で製造していたり、薬の本来の成分とは異なる成分を入れていたりなどしているところもあります。

 

個人輸入で購入される方の中には、バイアグラの価格が気になり病院に一歩を踏み出せない方もおられるのではないかと思います。

 

そうした場合にはバイアグラのジェネリックを検討してみるのも一つの手で、効果や副作用はそのままで、価格だけ安くなっています。

 

一般にジェネリック医薬品は新薬の特許が切れたのちに開発されるもので、薬の安全性確保のための試験も、新薬の承認試験にプラスして行われるため、安全性の面でも心配することなく服用できます。

 

こうしたジェネリック医薬品の処方をする場合には、医師や薬剤師にその旨を伝え、ジェネリック

医薬品に変更してもらうなどしましょう。

 

バイアグラの効果が現れなかったという方の中には、行為中の精神状態や、日々の生活習慣なども影響を及ぼしている場合がありますので、食事や運動は適切に管理し、体調の方の管理も十分行うように心がけましょう。

 

また、行為の最中に薬の効果が切れてしまうことを心配されている方は、効果の持続時間が長いシアリスの使用も検討してみましょう。

 

Thumb cialis 20mg

シアリスは、上記のように効果の持続時間がとても長いのが特徴で、一番長い時で30時間以上続くことから、海外では別名”Weekend Pill”として呼ばれているものです。

 

病院で医師の診察を受ける際には、裸になって陰部を見せるといったようなことはなく、病院の中には受付が男性であったりするところもありますので、そうした面では精神的にも楽に診察を受けられます。

 

また、食事の影響も他のED治療薬の中でも最も影響を受けにくく、カロリー数や食事内容に多少制限はありますが、そうした食事の摂取などで薬の効果が切れる心配もすることなく服用できます。

 

このようにバイアグラ100mgは国内での承認は得られておらず、安易に個人輸入で入手するのも大変危険が伴いますので、バイアグラの効果に問題を感じた場合には医師の元を訪れるようにしましょう。

 

日本で認可されているバイアグラのmg数

Thumb viagra box

日本では50mgを上限とし、欧米とは異なり100mgは今現在は認可されていません。

 

バイアグラは米国(アメリカ)で開発された薬で、発売当初はとても評判が高まり、そうした情報を入手した数多くの日本人の方々が自分も手に入れようとしました。

 

結果、個人輸入であれば手に入れられるため、多くの人が当時販売されていたバイアグラの100mg錠を手に入れられました。

 

しかしその後時間が経つと、バイアラ100mg錠を服用した方々が薬の併用禁忌薬や、過剰摂取などを行ったことにより心肺停止など重篤な副作用を生じた方々が続出しました。

 

これを受けて厚生労働省では、通常の薬剤の認可に要する期間よりもとても短い期間でバイアグラの認可を行い、薬に対して安全の確保を図ることとなりました。

 

そのため今現在はバイアグラは国内では25mgと50mgまでしかなく、100mgの売り出しは実施されておらず、もし、100mgの処方を行っている病院があれば注意が必要です。

 

国の通知でもバイアグラ100mgの病院やクリニックでの処方が許可されるのは、緊急性を要するなどの条件があり、そのため、それらの要件を満たしてないにもかかわらず100mg錠を処方しているところは入手経路の透明性に安心を持てないと言えます。

 

バイアアグラ100mgの危険性

厚生労働省の承認を受けているのは20・50mgのみであり、100mgは海外でのみ認可されているものとなっています。

 

こうした違いは日本人と欧米人の体格差を考慮しているためで、欧米人よりも体格の小さい日本人が、欧米人が使う100mg錠を摂取すると副作用が強く出たりし、場合によっては生命に危険が及ぶこともあります。

 

効き目が感じられなかった場合に、50mgを2個に増やし100mgにして医師により処方されることもありますが、決してご自身の判断で薬の用量を増やすようなことはしないようにしましょう。

 

また、効果が感じられない場合は食事の仕方や精神的な面で問題がある場合がありますので、そうした点についても見直すようにし、ご自身で改善が難しい場合は医師の元を訪れるようにしましょう。

 

 

シルデナフィルとは?

Thumb sildenafil

シルデナフィルは初めは狭心症の薬として開発が進められていましたが、投与後の薬の返還率が悪くその原因を調べていたところ、勃起に威力を発揮することが分かり、以降、ED治療薬として研究および開発が進められたという経緯を持っています。

 

この成分の基幹となる効能は、PDE5(ホスホジエステラーゼタイプ5)の活動を不活発にすることであり、男性の場合、性的刺激を受けると脳から指令が出され脊髄を通って陰茎海綿体に働きかけ、それとともに体内の一酸化窒素が増えます。

 

一酸化窒素が増加した後は、陰茎海綿体にてcGMPが放出され、これが血管を拡張する働きをし、その部分の血液の量が増えることで勃起します。

 

勃起した後は、それを抑えるために今度はPDE5と呼ばれる物質が出ることで、cGMPの働きを阻止しますが、この際、このPDE5の働きを止めるのがシルデナフィルなのです。

 

シルデナフィルは、こうした血管拡張作用があることから肺動脈性肺高血圧症を治す薬剤としても利用が広くなされています。

 

通常、肺では、心臓の右心室から送られてきた血液が肺動脈を通る際に、二酸化炭素と酸素の交換が行われ、肺静脈を通って左心房に流れたあと、また身体中を流れるという経路になります。

 

肺動脈性肺高血圧症にも同様にPDE5が作用することで、肺動脈の血管を拡張するcGMPの働きが阻害されることにより肺動脈の血管が縮み、それに伴い呼吸困難や高血圧、悪くなると心不全にまで至ります。

 

こうしたことから肺動脈の治療薬をED治療薬としてバイアグラにも適用できそうですがそれは不可能で、それはシルデナフィル以外の成分が異なり服用方法も異なるからです。

 

この肺動脈性肺高血圧症は何故起こるのかが分かっておらず、難治性呼吸器疾患に指定されており、患者数は女性の方が多く、遺伝する可能性もあるとされています。

 

この病気にかかると、だるさや疲れやすくなる、息苦しいなどの症状が現れますが、これらは全身に酸素が回らなくなるために起こるとされているもので、悪化すると喘鳴や胸痛などが現れることもあります。

 

検査では、心臓超音波、胸部レントゲン、心臓カテーテル検査、肺血流シンチグラフィなどが行われ、このうち心臓カテーテル検査は必須のもので、肺血流シンチグラフィは肺塞栓症などの検査にも有効とされています。

 

診察では、問診や触診などが行われ、この内触診では脈や手足の状態を調べ、診察の結果、病気にかかっていると思われた際にはスクリーニング検査をする流れとなります。

 

治療法は主に薬で、エンドセリン受容体拮抗薬や、レバチオのようなPDE5の働きを阻害する薬であるレバチオ、若い人が罹患した場合には肺移植をする可能性もあります。

 

またこの他に、利尿薬や抗凝固薬などと行った薬も使われ、肺の血管にある血栓ができるのを防いだり、尿の排出を促して体の水分をだすといったことも行われます。

 

このうちエンドセリン受容体拮抗薬とは肺動脈の血圧を下げることで疲れやすさなどを改善する薬であり、また他にもプロスタサイクリン製剤は手足の先の冷えなどを解消する薬です。

 

この病気はその原因からいくつかの分類に分けられ、それぞれ遺伝・特発性、薬物や毒物によるもの、HIVや先天性心疾患などの別の疾患に起因するものとなります。

 

日常生活では悪化させないように、睡眠をしっかり取ることやストレスを溜め込まないこと、階段の昇降に気をつけること、食事の際は塩分と水分を摂りすぎないようにすること、お酒やタバコは控えることなどに注意する必要があります。

 

肺動脈性肺高血圧症は、原因がわからない、治療法が確立されていない、希少疾患に分けられている、長期療養が必要、患者数が一定数に及んでいない、診断基準があるといった難病法に基づいた各項目に当てはまるため指定難病となっています。

 

 

EDの原因となる様々な病気について

Thumb sleeping

EDを引き起こすとされている病気には様々ありますが、ここではそのような病気の中でも、糖尿病・慢性腎臓病・高血圧について取り上げていきたいと思います。

 

糖尿病がEDにつながるとされているのは、糖尿病により引き起こされた神経の障害や、糖尿病による動脈硬化などが、それぞれ絡み合うことにより起こるとされているためです。

糖尿病はインスリンの分泌に異常があるときに起こる病気で、主に、1型糖尿病と2型糖尿病があります。

 

1型糖尿病は、膵臓にあるβ細胞と呼ばれるインスリンを作り出す細胞がインスリンを作り出せなくなり、それに伴い、インスリンがほとんどあるいは全く分泌されないことによって起こる糖尿病です。

 

2型糖尿病は、β細胞で作り出され分泌されるインスリンの量が不十分な場合に起こる病気です。

 

治療方法は主に、運動療法・食事療法・薬物療法の3つがあり、薬物療法では経口血糖降下薬とインスリン注射を使う治療方法があります。

 

 

高血圧はEDに高い確率でつながるという研究結果が出ていることから、高血圧とEDの発症には関連があるとされています。

 

高血圧とは、血圧が正常な値を超えた状態が続いている病気のことで、収縮期血圧(最高血圧)が140mmHg以上で拡張期血圧(最低血圧)が90mmHgとなっている場合です。

 

この高血圧には2種類あり、原因がわからないものは一次性高血圧(本態性高血圧)、腎機能やホルモン系の異常によって起こるものは二次性高血圧となっています。

 

治療方法は主に、生活習慣の改善と降圧剤の服用などの薬物療法といった方法があり、一次性高血圧の場合は日々の食事などの生活習慣の改善が主となり、二次性高血圧の場合は薬物療法が主となります。

 

 

慢性腎臓病がEDにつながるとされているのは、それによる動脈硬化や、末期の場合に血液が海綿体に流れづらくなることなどといったことがあるためです。

 

慢性腎臓病とは腎臓の機能の異常が慢性的に持続状態にあることを言い、進行すると、むくみや貧血などといった症状が出ます。

 

 

治療方法は主に、食事療法と薬物療法などがあり、他にも激しい運動は避けるなどの日々の生活でも自ら管理する事柄などもあります。

 

これらのEDにつながりやすいとされている病気は、日々の食事や運動、睡眠などの生活習慣が原因となることもありますので、今一度、ご自身のそうした日常生活上の事柄について見直してみるようにしましょう。

 

バイアグラの作用機序に関わる物質関連の説明(サイクリックGMPなど)

バイアグラの作用機序に関連する物質はcGMPやPDE5(ホスホジエステラーゼタイプ5)、一酸化窒素などですが、ここではそれぞれの物質についてご紹介して行きたいと思います。

 

まず、cGMP(cyclic guanosine monophosphate)ですが、これは、グアニル酸シクラーぜという物質により作られるセカンドメッセンジャーと呼ばれるものと特定の物質を引き寄せる媒体のようなものを意味しています。

 

このサイクリックGMP(略称cGMP)は、細胞内ではプロテインインキナーゼと呼ばれる物質に結びつき、化学反応が活発にさせやすくなるようにする物質です。

 

次に、一酸化窒素ですが、こちらは心臓と血管に重要なや役割を果たす物質で、主な働きは血管の筋肉を柔軟にし血流を滑らかにするというものと、コレステロールや血栓が生じるのを防ぐという働きを持ちます。

 

PDE5は細胞の中にあるアデノシンという物質とリン酸という物質が結びついてできたcAMPと呼ばれる物質とcGMPを分解して別の物質に変える酵素のことを言います。

 

この物質には他にも、ホスホジエステラーゼタイプ3(PDE3)があり、こちらは心臓や血管の筋肉の部分にあり、コーヒーなどに含まれるカフェインはPDEの働きを阻害する物質でもあります。

 

 

バイアグラでよく耳にするファイザー社とは?

Thumb phizercompany

ファイザー社は医薬品企業で、その規模は世界にまで及んでおり、”Working together for the healthier world(より健康な世界や実現のために)”をスローガンとして活動しています。

 

ファイザー社にはまた社員が実践する9つの価値基準があり、それぞれ、”integrity(誠実と高潔)”、”customer focus(顧客志向)”、”collaboration(コラボレーション)”quality(クオリティ)、”leadership(リーダーシップ)”、”innovation(革新)”、”performance(業務改善)”、”community(善き市民)”となっています。

 

ファイザー社では、多くの種類の医薬品に関する事業を行っており、ワクチンや希少疾病、感染症、がんなどに対する取り組みを行い、研究の拠点は、英国や中国、南アメリカや北アメリカなど世界中に存在し、それぞれが連携して研究開発を進めています。

 

ファイザー社では、社員一人ひとりが活躍できるよう多様性と包括の概念を掲げており、それぞれ、ダイバーシティは個人のライフスタイルや価値観を認める姿勢、そしてそうした違いを認め社員全員が事業に取り組めるようにすることをインクルージョンとしています。

 

女性の活躍を後押しするような環境も整備しており、グローバル女性活躍推進委員会や日本女性活躍推進委員会などを設置し、これらの委員会には男性も参加しており、女性が企業でやりがいを持って取り組めるようにしています。

 

新聞社に対して、優れた医学記事を発表したものに対しては、特定の賞を授与することとしており、この活動は1981年から始まっています。

 

ファイザー社は、1800年代にチャールズを名に持つ2人の男性がアメリカに化学会社をCharles Pfizer And Companyを設立したのが始まりとされています。

 

その後ファイザー社は、ペニシリンを数多く作ることができ、そのペニシリンは第二次世界大戦中の軍人たちの治療にも使用されました。

 

これをきっかけにファイザー社は抗生物質の重要性に気づき、1950年には新たな抗生物質の開発に成功し、1950年代になると海外にも拠点を気づき始め、1953年に日本へとやってきたのです。

 

平均年収はおよそ800万円以上で役職ごとにかなりの開きがあり、医薬品業界の中でも金額は高めであると言えます。

 

企業の透明性を高めるため、企業活動と医療機関等との関係に関する方針を決めることで、医療機関等の活動の中身について公表しています。

 

事業を行う上で環境に配慮した取り組みをすることも掲げており、それらはEHS方針として、環境と健康や安全へしっかりと取り組むように指針も示しています。

 

ファイザー社のHPでは薬に関する情報なども公開されており、新しい薬のページの方では、最近承認されたものとしてシルデナフィルクエン酸塩があるレバチオ(ホスホジエステラーゼ5阻害薬)という薬剤が挙げられています。

 

また、同じ箇所では臨床成績の結果概要や、新薬の審査報告書、医薬品リスク管理計画書などを見れ、見たい薬の情報を詳細に調べられます。

 

患者さんページでは、いろいろな疾患の情報をすぐに調べられるよう疾患ごとの専門サイトが掲載されており、それぞれ、禁煙や感染症、がん、男性疾患、泌尿器、眼、アミロイドーシス、疼痛、関節、脳、心臓などがあります。

 

患者さん用のページには他にも疾患そのものの情報が数多く載っており、それらは年齢や各項目を選択することで閲覧可能となっています。

 

ご興味をお持ちの方は、ぜひ一度、本社のWebsiteをご覧になってみると、今回ご紹介したようなこと以外にも多くの情報が得られますので、訪れて見ると良いでしょう。

 

バイアグラと同じ成分を含むインドで開発された薬

Thumb herb0715

バイアグラに含まれている成分はシルデナフィルですが、これと同様の成分が含まれている薬でインドで開

発されている薬はバイアグラのジェネリック医薬品に当たります。

 

今現在、バイアグラのジェネリックでインドで販売されているものはKAMAGRA(カマグラ)PENEGRA(ペネグラ)、CAVERTA(カベルタ)、SILAGRA(シラグラ)などがあります。

 

特にカマグラは薬が飲みやすいように工夫されているのが特徴で、後ほど詳しくご説明しますが、ゼリータイプのものがあったり、味も豊富な種類があります。

 

インドでは、こうしたジェネリック医薬品産業が盛んで、そうした薬の利益率はかなり高いものとなっており、インドの経済にとても貢献しています。

 

この反面、インドでは、大規模な調査の結果、一番悪い結果が出たのもインドであり、現在でもインターネットを通じた違法な取引は継続しているとされています。

 

これに対しインドでは、対策を打とうとしていますが、国と製薬会社の事情であまりうまく進んでいない状況にありますが、その点についてはインドは今後対策を進めていく姿勢を見せています。

 

また、国内でもインド製バイアグラの後発医薬品を売っている所がありますが、この点について詳細に見ていくと、正規のルートで仕入れられていない可能性があることが判断でき、仮に処方されても受け取ることはしない方が良いでしょう。

 

カマグラの詳細

Thumb kamagra100

KAMAGRA(カマグラ)はバイアグラと同様にシルデナフィルを含むインドのAjanta Pharma Limited(アジャンタファーマ社)が開発した、ジェネリック医薬品です。

 

カマグラは日本の医療機関で取り扱ってはおらず、入手するには個人輸入を利用するしかありませんが、個人輸入を介して届く製品の中には偽造品が含まれていることもあり、重大な副作用を生じてしまうこともあるので推奨はしません。

 

この薬には、飲みやすいように様々な形のものがあり、それぞれ、カマグラエファーバセント、スーパーカマグラ、カマグラチュアブル、カマグラゼリー、カマグラポロ、スーパーカマグラ、カマグラゴールドといったものがあります。

 

中でも、カマグラチュアブル、カマグラポロ、カマグラゼリーには、イチゴやバナナ、パイナップルなどの豊富な味がついています。

 

副作用は顔に少し熱を帯びたり、頭が痛くなるなどで、併用禁忌薬は狭心症や不整脈の治療薬など、バイアグラや他のED治療薬とそうした点は同じです。

 

カベルタの詳細

Thumb caverta100

KAVERTA(カベルタ)は、インドの大手製薬企業が作っている、シルデナフィルを有効成分とするバイ

アグラのジェネリックです。

 

カベルタの効果はバイアグラと同じで、シルデナフィルがPDE5の活動を不活発にし、ペニスの血管を拡張し血流量を増やすことで勃起状態を維持させます。

 

服用する時に気をつけるべき点としては、空腹時に服用するようにし、油物は控えるようにすることと、副作用として腹痛やほてりなどが出ることに気をつけるといったことが挙げられます。

 

服用が禁じられている方は、肝臓や心臓に問題を抱えている方、狭心症治療薬の硝酸剤や不整脈治療薬のアンカロン剤やアミオダロン塩酸塩錠を利用している最中にある方などです。

 

手に入れるためには、国内の認可が降りていないため、インドに出向くか、個人輸入しかないため、偽物等が届くこともあるためこちらもおすすめはできません。

 

ペネグラの詳細

Thumb penegra100

インドのザイダス・カディラ社という会社で製造されている薬がペネグラ(Penegra)で、バイアグラの後発医薬品としてSildenafil(シルデナフィル)を含んでいます。

 

この薬の人体への作用は、上記の成分が主要な要素としてあるため、性的刺激を受けて勃起したペニスの状態を維持させる働きがあります。

 

服用する際に留意すべき点は、空腹である食前か食後数時間を開けた後に飲むこと、お酒を飲む場合は過剰摂取を避け、少量に止めることが挙げられます。

 

ペネグラを絶対使用してはいけない方の条件は、硝酸剤を服用中の方、不整脈の治療薬であるアンカロン錠やアミオダロン錠を服用している方などが挙げられます。

 

このザイダス・カディラ社はここ数年の間に、武田薬品と取り決めを交わし、アジアやアフリカなどのチクングニア熱に対して取り組むことを取り決めています。

 

 

まとめ

Thumb takarabako

バイアグラ100mgは海外でのみ処方されている薬で、日本では承認を得られておらず、病院でも取り扱っているところは今現在はありません。

 

そのため、この100mg錠を個人が使用するには、個人輸入を使って手に入れるしか手段ほとんどがありませんが、過去にそうした個人で入手して併用禁忌薬や使用用量を超えて服用してしまったために、死亡事故などの事例も起きています。

 

バイアグラの25mg錠や、50mg錠で効果が感じられなかった場合は、条件によっては50mgを2つにし、100mgまでにしてくれるところもありますので、安易に個人輸入には手を出さないようにしましょう。

シアリス(箱付き)
出典:https://online.kouseiclinic.com/product/cialis/
レビトラ20mg
出典:http://samuraiclinic.com/ed-levitra/
バイアグラ(箱付き)
出典:https://www.united-omiya.com/ed/ed01/
シルデナフィル
出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%AB%E3%83%87%E3%83%8A%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AB
ファイザー
出典:https://tenshock.biz/articles/2559
カマグラの画像出典
https://hb-store.com/ed/generic/item_1060.php
カベルタの画像出典
https://www.bestkenko.com/products/%E3%82%AB%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%BF100mg

ED治療薬に関連する記事