公開日

更新日 18年09月07日

ED治療薬の成分バルデナフィルの特徴とは!?どんな人に向いている?

ED治療薬は含まれている成分によって特徴が異なるので、それぞれの効果や特徴を把握して自分に合ったED治療薬を見つけることが重要です。

 

ED治療薬といえばバイアグラが有名ですが効果の高さゆえに副作用も強い薬です。そんなバイアグラの欠点を補うために作られたのが、レビトラなどのED治療薬に含まれているバルデナフィルという成分です。そこで、この記事ではバルデナフィルの効果や特徴、そして入手方法をご紹介します。

 

 

 

バルデナフィルとは

Thumb capcel

バルデナフィルは、バイアグラの次にED治療薬としてドイツのバイエル社が開発した「レビトラ」に含まれる成分です。

 

EDとは「Erectile Dysfunction」の略語で、日本語に訳すると「勃起機能の低下」という意味です。日本では俗に「勃起不全」という言い方をするので全く勃起をしないというようなイメージを持ってしまいがちですが、EDは全く勃起しない状態だけを指す言葉ではありません。

 

勃起が不完全でしっかりと固くならない、勃起するまでに時間がかかってしまう、勃起が持続しないなどの症状によって性交を満足に行えない状態をまとめてEDと呼ぶのです。

 

 

バルデナフィルの効果

そもそも勃起は、性的に興奮したり身体に刺激を与えられたりすることによって血管を拡張させる作用がある「サイクリックGMP(グアノシン一リン酸)」という成分が放出され、性器への血流が増えることによって発生するものです。

 

一方で、射精後や性的興奮が収まってくるとサイクリックGMPを分解する「PDE(ホスホジエステラーゼ)5」が放出されます。この2つの成分のバランスは性的刺激などで分泌量が変わるので、サイクリックGMPが多ければ勃起し、PDE5が多ければ勃起が終息するという生理現象が発生するのです。

 

だからPDE5が体内で増えすぎてしまうと勃起が妨げられてしまうEDになってしまいます。バルデナフィルにはこのPDE5の活性化を抑える効果があるので、結果として勃起不全を改善する効果があります。

 

また、バルデナフィルは水に溶けやすいという特徴があるので即効性が高く、人によって差はありますがだいたい服用してから30分程度で効果があらわれます。

 

バルデナフィルを含有するED治療薬であるレビトラの場合、日本国内では5mg、10mg、20mgの販売が承認されていて、服用量が多いほど効果があらわれやすくなります。

 

多くの病院で取り扱っているのは10mgと20mgで、服用量が多いほど効果の持続時間も長くなりやすく、10mgなら服用してから4~5時間、20mgなら8~10時間ほど作用します。

 

なお、ED治療薬を服用すると常に勃起した状態になってしまうのではないかという懸念を抱く方もいますが、バルデナフィルは性欲増進を促すわけではないので、性的に興奮しない限り意図せずに勃起してしまうようなことはありません。

 

 

バルデナフィルの副作用

バルデナフィルには血管を拡張して血流をよくする作用があるので、その結果、性器以外の部位に副作用を引き起こすことがあります。

代表的な副作用として顔のほてりや目の充血、頭痛などがありますが、軽微な症状であればバルデナフィルの効果があらわれた証拠とも言えるので気にする必要はありません。

 

ただし、服用する量が多いほど副作用があらわれやすく、症状は人によって異なるので、バルデナフィルを含むEDは治療薬を服用するときには必ず用法を守るようにしましょう。また、服用することによって自分にどのような体の変化起こるのかを知るために最初は少量から使用しましょう。

 

 

バルデナフィルの使用方法

バルデナフィルは性行為の約1時間前に服用しましょう。空腹時の方が効き目があらわれやすく、早い方なら約15分ほどで効いてきます。

服用するタイミングがどうしても食事の後になる場合には、油分が少ない食べ物を選び食べる寮を抑えた方が効果があらわれやすくなります。服用は1日1回までで、服用間隔は24時間以上に空けなくてはいけません。

 

バルデナフィルはどんな人に向いている?

Thumb bussinessmans

ED治療薬にはバルデナフィル以外の成分で勃起を促進させているものもあり、それぞれ異なる成分が含まれているので特徴も違います。

ED治療薬は同じものを服用しても人によって効果が異なりますし、シチュエーション次第で求められる効果も違うので、自分の状況に合ったED治療薬を見つけることによってより効果的に使用出来ます。

ED治療薬ごとの特徴には効果の強さだけではなく、購入しやすさ、費用、持続時間、効果の持続時間などもあるので、自分にとって都合が良いED治療薬を選びましょう。

 

 

三大ED治療薬とは

現在、日本ではバルデナフィルを含有するレビトラ以外にもバイアグラ、シアリスというED治療薬が認可されていて、三大ED治療薬と言われています。そこで、それぞれのED治療薬についてご紹介します。

 

 

バイアグラ

ニュースなどでもよく取り上げられるので、ED治療薬といえばバイアグラを思い浮かべる方も多いと思います。バイアグラはアメリカのファイザー社という製薬会社が開発して1998年にアメリカで販売を開始しました。日本でも1999年に販売が開始され、現在ではED治療薬の代表とも言える存在になっています。

 

バイアグラにはシルデナフィルという成分が含まれています。シルデナフィルがEDを改善する仕組みはここまでご紹介してきたバルデナフィルと同じで、PDE5の分泌を阻害して血管を収縮させることによって勃起力を高める効果があります。

 

 

レビトラ

レビトラはバイアグラの後に開発されたED治療薬で、ドイツのバイエルヘルスケア社が開発しました。そして日本では2004年に販売が開始されました。バイアグラに続いて2番目に開発されたED治療薬なので、第2世代のED治療薬と言われています。

 

この記事で紹介しているバルデナフィルを含むED治療薬が、このレビトラです。

バルデナフィルの作用はバイアグラに含まれているシルデナフィルと同じですが、バルデナフィルの方がシルデナフィルよりも人体に吸収されやすいので、レビトラはバイアグラよりも勃起力を高める効果が早くあらわれるようになっています。

 

 

シアリス

シアリスは、アメリカのイーライリリー社が開発したED治療薬です。日本では、レビトラに続いて第三世代のED治療薬として、2007年に販売されるようになりました。

 

シアリスに含まれる有効成分はタダラフィルです。

タダラフィルも、シルデナフィルやバルデナフィルと同じくPDE5の作用を阻害することによって勃起力を高める効果を持っています。タダラフィルは体内で分解されにくい化学構造になっているのでシルデナフィルやバルデナフィルよりもゆっくりと効果があられて、効果が長時間持続するという特徴があります。

 

 

三大ED治療薬の特徴

ED治療薬3つのそれぞれの特徴を紹介します。

バイアグラ

バイアグラは服用してから30分程度で効き目があらわれて、5~6時間ほど継続します。バイアグラは空腹時に服用しないと効果があらわれにくいので、食後の服用は避けたほうがよく、食事をしてからすぐに性行為をする場合には服用するタイミングが難しいという難点があります。

 

食前の空腹時に服用すれば1時間ほどで体内に吸収されるのでそれ以降であれば食事をしても問題ありませんが、効き目が続いている間に性交をしないと勃起力を高める効果が薄まってしまいます。

 

また、アルコールと同時に服用するのは避けたほうがよいでしょう。アルコールを飲むと勃起力が弱まりバイアグラの効果が薄まってしまうだけではなく、バイアグラの作用によって血流が良くなりすぎてしまい急性アルコール中毒などを引き起こす危険性があります。

 

バイアグラを病院で処方してもらう場合、価格は25mg1錠で1,500円、50mg1錠で1,800円~2,000円程度です。

なお、ED治療薬は保険が適用されない自由診療扱いなので、バイアグラの価格は病院によって異なります。

ただし、バイアグラにはジェネリック医薬品があります。医薬品は最初に発売される前に開発した会社が特許を取得し、特許期間は独占的に販売できることになっています。

 

そして特許期間が切れると同じ成分で効果も同じの医薬品を他社が販売出来るようになります。このような医薬品のことをジェネリック医薬品と言います。バイアグラはすでに特許期間が終了しているので、ジェネリック医薬品が豊富に存在します。

 

ジェネリック医薬品は独占販売ではないので価格が安く設定されているというメリットがあります。EDは一度だけ改善されれば良いものではないので、ジェネリック医薬品があるバイアグラは長期的に利用し続けるのにあたってのお金の心配が少なくなるのです。

 

 

レビトラ

レビトラは服用してから15分程度で効果があらわれて、5~6時間ほど継続します。レビトラに含まれているバルデナフィルは体内に吸収されやすいのでバイアグラよりも空腹時ではなくても効果があわられやすくなっています。

 

とはいえ空腹時の方が効果が発揮されやすいので、より強い効果が欲しければ空腹時に服用しましょう。また、バイアグラと違ってアルコールの影響を受けにくいという特徴もありますが、酩酊状態になるほど飲んでしまうと効果があらわれない場合もあるので気をつけましょう。

 

レビトラを病院で処方してもらう場合の価格は10mg1錠で1800円、20mg1錠で2200円程度です。なお、バイアグラと同じく自由診療扱いになるので、病院によって価格は変わります。

 

レビトラは日本ではまだジェネリック医薬品が認可されていないので、病院で処方してもらう場合にはジェネリック医薬品があるバイアグラと比べて割高になってしまいます。

 

ただし、海外ではレビトラのジェネリック医薬品が販売されているので、通販で個人輸入をすれば安価で手に入れることもできます。レビトラのジェネリック医薬品については、後ほど詳しくご紹介します。

 

 

シアリス

シアリスは服用してから1~2時間程度で効果があらわれて、24~36時間ほど効果が持続します。シアリスはゆっくりと体内で分解されるのでバイアグラやレビトラよりも効果がマイルドにあらわれます。また服用するタイミングは空腹時ではなくても問題ありません。

 

アルコールによって効果が変わることもありませんが、アルコール自体に勃起力を弱めてしまう効果があるので服用中は飲みすぎないようにしましょう。

 

シアリスを病院で処方してもらう場合の価格は10mg1錠で2000円、20mg1錠で2500円程度です。バイアグラやレビトラと同じく保険が適用されないため、病院によって価格は変わります。

 

また、レビトラと同じく日本ではまだジェネリック医薬品が認可されていないのでバイアグラと較べて費用はかかります。

 

 

 

即効性と使いやすさを重視するならバルデナフィル

三大ED治療薬の特徴をご紹介しました。

 

バイアグラは空腹時に服用しないと効果が発揮されにくく、アルコールとの併用を避けなくてはいけないという使いづらさがありますが、ジェネリック医薬品が国内でも購入可能なので費用面では他の2つのED治療薬よりも優れています。

 

シアリスはバイアグラやレビトラよりもはるかに効果時間が長い代わりに、即効性はないので、「性行為をするタイミングはわからないけど1日デートをする予定になっていて、性行為をする可能性もある」というような状況のときに有効なED治療薬です。

 

バルデナフィルを含有するレビトラは、バイアグラの短所を補った形で開発されたED治療薬なので、効果が発現するまでの時間が短く、過度に食事の量やタイミングに気を使う必要がありません。だから「食事が終わり、このあとホテルにいく」という状況のように、出来るだけ早く、そしてお腹の具合に左右されずに間違いなく勃起力を高めたいときに使いやすいという特徴があります。

 

 

 

レビトラを安く入手する方法とは?

Thumb capcelgreen

レビトラは、残念ながらまだ日本ではジェネリック医薬品が認可されていません。継続的に満足できる性行為を楽しむためにはその都度、ED治療薬を服用しなくてはいけないため10mg1錠で1800円、20mg1錠で2200円程度かかってしまうレビトラを購入し続けると大きな出費になってしまいますよね。

 

しかし、日本国内では認可されていなくても海外ではレビトラのジェネリック医薬品が販売されているのです。そして日本国内にいても海外で販売されているレビトラのジェネリック医薬品を手に入れることはできます。

 

ジェネリック医薬品でも、当然レビトラと同じようにバルデナフィルを含有しているので効果は変わりません。レビトラのジェネリック治療薬を手に入れるためには少し手間がかかりますが、どうせなら同じ効果で安く購入できたほうが嬉しいでしょう。そこでレビトラのジェネリックについてご紹介します。

 

 

日本で販売されているのはレビトラのみ

バルデナフィルが成分として使用されていて日本で購入できるED治療薬はレビトラだけです。新しい医薬品が開発された場合、その製薬会社などが特許を出願します。

 

原則として医薬品は特許を出願した日から20年間有効で、その期間は特許を取得した企業などが独占的にその医薬品を販売できます。新薬の開発には長期間の研究と莫大な費用が発生するため、開発者の利益を守るために独占期間が設けられているのです。

 

その間は他社がその新薬と同じ成分の医薬品を販売することは認められません。特許期間が終了して、さまざまな製薬会社などが同じ成分で作った医薬品をジェネリックと呼ぶのです。

 

ただし、特許の出願は販売が開始されたタイミングに行うのではなく新薬の治験を行う前に出願されるケースが大半なので、必ずしも販売が開始されてから20年待たなければいけないわけではなく、20年よりもいくらか短い期間でジェネリック医薬品の販売が開始されます。

 

ジェネリック医薬品は研究費や開発費がかかりませんし、製法を工夫することによって製作コストを削減できるので独占販売されていた先行薬よりも価格が低くなります。さらに同じ成分の医薬品がいくつも流通することになるので、市場原理によって価格が低下して購入しやすくなるのです。

 

日本で販売されているED治療薬の中では、バイアグラが2014年に特許が切れてジェネリック医薬品が多くの製薬メーカーから販売されるようになりましたが、レビトラはまだ特許期間が終わっていません。

 

特許期間は基本的に公表されないので日本でレビトラのジェネリック医薬品が販売開始される時期を正確に予測することはできません。レビトラが日本で販売されるようになったのは2004年なので、最長だと2024年頃に特許が切れてジェネリック医薬品が解禁になります。

 

しかし、現時点では日本ではレビトラのジェネリック医薬品は販売されていないので、正規のルートで手に入れたければ病院に行って処方箋をもらい、1錠あたり2,000円程度支払って購入するしかありません。

 

 

バルデナフィルのジェネリック医薬品

日本ではレビトラのジェネリック医薬品は販売されていませんが、インドでは販売されています。特許は国の法律によって定められており、日本をはじめ世界各国よりも規制が緩いインドではジェネリック医薬品の販売が認められているのです。

 

だからインドではレビトラの有効成分であるバルデナフィルを含有したジェネリック医薬品が何種類も販売されていて、価格もレビトラもよりもはるかに安くなっています。

 

通販で購入するときの価格は需給バランスや輸入費用に影響する為替などに従って変わりますが、代表的なレビトラのジェネリック医薬品を例に挙げると、バリフ20mgが1錠で200円~300円程度、ビリトラ20mgが250円程度、ブリトラが200円程度になっています。

 

 

バルデナフィルのジェネリック購入時の注意点

日本でインド製のジェネリック医薬品を手に入れる方法は、基本的には通販サイトを利用した個人輸入しかありません。もちろん海外の医薬品を購入すること自体は合法なので通販でインドのジェネリック医薬品を購入しても犯罪ではありません。

 

ただし、レビトラのジェネリック医薬品を個人輸入する場合には気をつけないといけないこともあります。

 

海外から個人輸入する場合、日本でレビトラを購入するときのように病院に行って処方箋をもらう必要がありません。通販で注文するだけで商品が手に入りますが、使用したときの効果や副作用は全て自己責任になります。勃起機能の低下について病院で相談するのは恥ずかしいと感じる方も多いので、誰にもバレること無く手に入れられる通販は好都合だと思うかたもいるでしょう。

 

ただし、専門的な知識があるお医者さんに診断を受けていないので用量や用法を間違えると身体に悪い影響が出てしまう可能性もあることに注意しましょう。

 

ED治療薬は副作用があり併用が禁忌とされている薬もあるので、他の医薬品を常用している方や持病がある方は特に気をつけないといけません。

 

不安がある場合は最初から個人輸入するのではなく、まずは日本の病院に行ってレビトラを飲んでも良いのか診てもらい、正規のルートで購入したレビトラを使うことをおすすめします。

 

日本ではレビトラに含まれているバルデナフィルは過度の副作用などを避けるために最大でも20mgになっていますが、ジェネリック医薬品の中にはバルデナフィルを20mg以上含有しているものもあります。必ず購入する商品のバルデナフィル含有量を把握し、初めて使う時には日本で認可されている20mg以内を服用するようにしましょう。

 

また、個人輸入したジェネリック医薬品を販売または譲渡するのは禁止です。医薬品を個人輸入して販売するのであれば厚生労働省に製造販売承認の届出を出して認可を受けなくてはいけません。個人輸入したジェネリック医薬品は必ず自分だけが使用するようにしましょう。

 

さらに、残念ながら海外のジェネリック医薬品の中には粗悪品やバルデナフィルが含まれていないニセモノもあるので気をつけましょう。レビトラのジェネリック医薬品を取り扱っている通販サイトはいくつもありますが、たくさんの人に利用されていて販売実績があるサイトを利用しましょう。

 

 

バリフが入手困難になった理由

レビトラのジェネリック医薬品の個人輸入は合法なので購入して使用しても全く問題ありませんが、日本では販売禁止されているものがなぜインドでは販売されているのか不思議に感じる方もいるかもしれません。それはインドの特許が日本も含めた世界各国と違う仕組みだったからです。

 

日本や世界各国の特許法では医薬品の特許には使用されている化学物質(成分)の権利を保護する「物質特許」と、有効成分を使用して医薬品を製作する方法の権利を保護する「製法特許」というものがあります。

 

しかし、インドでは「物質特許」を認めていないので、他社が販売している薬と同じ成分の医薬品を違う製法で作れば別の医薬品という扱いになるのです。だからレビトラだけではなく、同じように日本ではジェネリック医薬品の販売が認められていないシアリスのジェネリック医薬品もインドではいくつも販売されています。

 

しかし、レビトラのジェネリックとして人気があり日本でもたくさん販売されているバリフという商品が2017年の2月に製造中止となり、現在では個人輸入を代行してくれる通販サイトなどでも品薄状態になっています。

 

そうなった理由は、レビトラの販売元であるバイエル社がバリフの販売停止を求めて、販売会社であるインドのアジャンタファーマ社を特許権の侵害で訴えて、インドの高等裁判所がそれを認めたからだと言われています。

 

本来は、新薬を開発した製薬会社の利益を守るために世界中で特許によってジェネリック医薬品の開発を禁止しているにもかかわらず、インドだけそのルールを破りジェネリック医薬品を世界中に販売されてしまっては、バイエル社としては看過出来ないのも当然です。

 

その結果、バリフは製造中止になり、今では製造済みだった製品だけが販売されているので、いずれバリフは市場からなくなると予測されています。

 

もちろん、レビトラのジェネリック医薬品はバリフだけではないので、それ以外のジェネリック医薬品をたくさんありますし、今でも製造、販売されています。しかし、バリフが特に世界中で売れてバイエル社から狙われてしまっただけとはいえ、これまで野放しにされていたインドのジェネリック医薬品販売を阻害する事例が出てきたということです。

 

そして、今後も同じように製造中止になるジェネリック医薬品が出てこないとも限らないということです。もちろん、すぐにレビトラのジェネリックが通販からなくなることはありませんが、今後、需給バランスが崩れて価格の変動や品薄が発生する可能性はあるので、レビトラのジェネリック医薬品に興味がある方は早めに購入することをおすすめします。

 

 

 

まとめ

Thumb bengoshi

バルデナフィルはバイアグラに続いて販売開始されたED治療薬であるレビトラに含まれる成分です。

 

レビトラはバイアグラの短所を補う特徴を持っていて、体内に吸収されて効果があらわれるのが早く、空腹状態以外での服用やアルコールとの併用でも効果が薄れにくくなっています。だからレビトラは、出来るだけ早く食事の影響を受けずに効果を発揮したい時に使いやすいED治療薬といえます。

 

レビトラは日本ではまだジェネリック医薬品の販売が認可されていないので、1錠あたりの単価がバイアグラよりも高いという難点がありますが、通販を利用して海外から個人輸入すればレビトラと同じバルデナフィルを含有したジェネリック医薬品を購入できます。

 

レビトラには他のED治療薬と同じように併用禁忌の医薬品や副作用があるので、初めての服用で不安がある方は医者の診断を受けて処方してもらい、誰にもバレずに安く購入したい方は通販で個人輸入することをオススメします。

ED治療薬に関連する記事