公開日

更新日 18年09月07日

もしかして悩んでる!?ペニスを大きくする方法を一挙公開!

増大サプリ、サイズアップトレーニング器具、巷ではペニスのサイズアップアイテムであふれています。

 

サプリも器具も、サイズアップ手術も、どれも試してみたいけど全てをやっている時間はないし、なるべくリスクのないものを選びたい。雑誌をパラパラめくっているうちに一番必要なものが何なのかわからなくなってしまう、そんな日々に区切りをつけませんか?ペニスのサイズアップが可能、それは事実です。

 

ただそのサイズアップの情報が多すぎて混乱している人が多いのが今の世の中です。どんな方法にも一長一短があります。今回はサイズアップ方法を、そのメリットだけでなくデメリットも含めて「客観的に」解説し、皆さんに役立ててほしいと思います。

 

 

 

ペニスの仕組みを大解剖!

Thumb kennkyuuinn

ではさっそくペニスを大きくする方法についてお話しましょう。ですがその前に知っておいてほしい前提があります。それはペニスの仕組みです。

 

自分のペニスがそういう仕組みになっているのかを理解することで、各種トレーニングをしているときも「今自分のペニスにどういうアプローチをしているのか」を意識することができます。

 

単純な筋力トレーニングもそうですが、何も知らずに漫然と行うのと、イメージを持ちながら行うのでは結果に差が出ることが知られています。ぜひペニスの構造を理解してトレーニングの準備をしましょう。

 

 

筋肉と海綿体、血液の3つがペニスをつくる

 ペニスは主に3つの成分からなっています。ひとつは海綿体と呼ばれるスポンジ状の細胞組織です。

 

ペニスには「さお」がありますが、さおの表面はやわらかい皮で覆われています。

 

その下にあるのが海綿体です。海綿体はペニスの本体というべき部分で、亀頭も海綿体でできています。

 

そしてそこへ血液が流れ込むことによって勃起します。勃起したペニスを支えるのはpc筋という筋肉で、この筋肉は勃起したペニスの重量を支えたり、ペニスに流れ込んだ血液が戻らないように栓の役目も果たします。

 

これら三つの器官が共同してペニスは成り立っているのです。

 

 

ペニスって変わってる!人体の中でも不思議な器官

 男性にとって当たり前のようにそこにある存在がペニスなので、日常生活で意識する機会はないと思いますが、ペニスというのは人体の中でもかなり特異な器官です。

 

体は基本的に骨と筋肉、神経で成り立っており、それぞれ決まった大きさで存在します。長い時間をかけて成長することはあるにせよ、ペニスのように伸びたり縮んだりすることはありません。

 

また女性の膣の構造を見てもわかるように、人体にある穴は基本的に一種類の排出機能しか持ち合わせていません。毛穴からは汗、肛門からは便、尿道からは尿といった具合です。

 

ペニスだけがひとつの穴から尿と精子という二つの排出機能をもっているのです。

 

ある意味人体の常識から外れた「変わった器官」がペニスなのです。

 

 

 

大きくする方法は大きく3つある

Thumb banana

 

ペニスを大きくする方法は三つあります。食事、生活習慣改善、手術です。

 

 

それぞれの効果時間はどれくらい?

 やはり気になるのが、どれくらいで効果がでるのか?ですよね。

 

食事と生活習慣改善はある程度長い時間が必要なのはイメージできると思います。

 

後ほど説明しますが食事による方法は体内のホルモンバランスを変えることが目的なので少なくとも半年以上は続ける必要があります。

 

生活習慣の改善も脂肪を減らしてダイエットしたり基礎代謝をあげることによってペニスを大きくするので、効果が現れるまでには三ヶ月以上かかります。

 

唯一即効性があるのは手術です。外科手術で直接ペニスに手を加えるわけですから手術が終わった時点でサイズがアップしています。ただ抜糸や固定などのダウンタイムを含めると二、三週間、傷口が完全にふさがるまでの時間も含めると一ヶ月ほどかかると思ったほうがいいでしょう。

 

 

ペニスを大きくする方法:食事編

Thumb cafe fashion

 

では最初に食事によってペニスを大きくする方法を紹介します。

 

 

男性ホルモンであるテストステロンとは?

 人間の体の中にはホルモンが流れています。ホルモンには種類があって、成長ホルモンのように男女共に分泌されるホルモンもあれば、男性にだけ多く分泌され、女性には微量しか分泌されない男性ホルモンというものも存在します。女性ホルモンはその逆で、女性に多く分泌されます。

 

テストステロンは男性ホルモンの一種で、分泌されることによって男らしい体をつくりあげます。

 

具体的には、筋肉が発達したりヒゲが濃くなったりといったところです。このテストステロンは男性の睾丸で生産されるのですが、ペニスの成長にも大きな役割を果たしています。

 

さきほどペニスは海綿体というスポンジ状の物質で成り立っていると書きましたが、この海綿体の成長を促す信号を送るものこそ、テストステロンなのです。

 

 

テストステロンの効果

 テストステロンがペニスの発達にどのように関係しているのでしょうか?一言でいうと次のようになります。

 

 

筋肉、血流、海綿体というペニスの基礎をつくる

 ペニスを支えるpc筋も筋肉の一種ですから、テストステロンが分泌されることによって発達が促されます。

 

また海綿体の成長もテストステロンによって促されます。

 

血流については関係ないのでは?と思う人もいらっしゃるでしょうが、実は大きく関係しています。テストステロンが分泌されると血液中に一酸化窒素という物質が発生します。

 

一酸化窒素の濃度が高すぎると人体にとっては有毒なので体は防御反応として血流を強め、血液の流れによって一酸化窒素を体外に排出しようとします。つまりテストステロンが分泌されることによって血液はスムーズに流れるようになるのです。

 

これはペニスに流れ込む血液も同じです。血液がすばやく流れることで勢いのある勃起が実現するのです。

 

 

女性を惹きつけるフェロモンをつくる

 男性らしい外見や、男性特有の匂いをつくっているのもテストステロンです。

 

テストステロンがあるからフェロモンが分泌され、無意識のうちに異性を惹きつけるのです。

 

 

テストステロンはがっつり食べて吸収しよう

 ではテストステロンを多く含む食事にはどんなものがあるのでしょうか?代表的な栄養素として亜鉛とたんぱく質があげられます亜鉛を多量に含む食品としてチーズと牡蠣があげられます。

 

他にも牛肉、豚肉、鶏肉、魚介類なども含有量が高いです。

 

たんぱく質は卵、乳製品、大豆などが代表的です。

 

特にたんぱく質は筋肉の発達にも必要なのでペニス増大という観点でみると必ず摂取したい食品群です。

 

 

血流以外にも必要なことがある

 テストステロンは血流を強くすると書きました。しかし血液の総体量を増やすわけではありません。ペニスに流れ込む血液の絶対量を増やすこともペニス増大にとって必要なことなのです。

 

そして、いくら血流を強めようと努力しても、血液自体に不純物(糖質、脂質など)が混ざっていてドロドロの状態ではスムーズに流れることができません。

 

血流の強さ以外にも大切なことがあるのです。

 

 

それらをつくる食物は?

 血液をつくる食品として代表的なのはレバー、パセリ、ほうれんそう、シジミなどです。

 

またサラサラの血液をつくるためには玉ねぎやラッキョウ、にんにく、緑黄色野菜などです。

 

ダイエットをすることでも血液をサラサラにできます。肥満状態の人は血液中に脂質が溶け出すので血液に粘りが毛がでてしまいます。体脂肪が減ることでこれは改善されます。

 

 

勃起させると大きくなるの?

 先ほどからペニスに流れ込む血液が多く、強くなることで勃起力があがると書いていますが、「勃起したからって大きくなるわけではないだろう」と思ってらっしゃる方もいるでしょう、ところが大いに関係あるのです。

 

ペニスには海綿体を包み込んでいる膜があり、この膜は力を加えると徐々に伸びていきます。

 

勢いよく勃起することができ、勃起時間が長いほど膜は伸びていきます。

 

膜が伸びるということは海綿体が膨らめる限界がアップするということです。

 

ですのでペニスを大きくしたければ血流を強くして、どんどん勃起させることが重要になります。

 

AV男優のペニスが大きいのは、もって生まれたサイズもありますが、日々勃起させていることによる効果も大きいのです。

 

 

サプリメントで補給しよう

 食事によってペニスを大きくすることの核心は、筋肉、海綿体、血流の三つを強化することでした。

 

これらと同じ効果が得られるサプリメントについて紹介します。

 

 

ガラナ

 ガラナに含まれるカフェインが血管を広げて血流を強める効果があります。

 

さらに血行をよくする効果もあるので、勃起したときにペニスに流れ込む血流を強めてくれます。

 

 

マカ

 マカにはアルギニンという物質が含まれています。アルギニンはテストステロンと同じように一酸化窒素を放出するので、血流を強くする効果があります。

 

 

 

 

ペニスを大きくする方法:生活習慣編

Thumb cupple

 

次は生活習慣の改善によってペニスのサイズを大きくする方法を紹介します。

 

 

筋トレで血管を増やして血流を元気に!

 まず最初に紹介するのは基礎代謝をあげる方法です。

 

基礎代謝とは体の筋トレなどで体の基礎代謝をあげることはペニスのサイズアップにつながります。

 

筋肉が発達することで新しい毛細血管がどんどん発達します。

 

血液は体中を循環しているわけですが、血液の通り道となる血管が多ければ多いほど血液は流れやすくなります。

 

とくに下半身の筋肉を鍛えることはペニスにとって重要です。

 

人間の血液は絶えず循環しているとはいえ、重力の影響をうけるので下半身にたまりやすくなっています。下半身の筋肉を鍛えることで血液を下から上へポンプのように押し出すことができるのです。

 

勃起したときにペニスに集まる血液を確保するためにもぜひ下半身、を鍛えておきたいところです。

 

鍛える部位としては、ふくらはぎの筋肉が最もポンプの役目を果たすのでそこを一番に、ついで太ももを鍛えるといいでしょう。

 

 

脂肪が減ることでペニスがサイズアップするのはなぜ?

 先ほど、脂肪が血液中に溶け出すと血流が悪くなると書きました。

 

実は肥満がペニスに与える悪影響はこれにとどまらないのです。

 

血流が悪くなり、ペニスにいきわたる血液が少なくなると、ペニスが十分に勃起することができません。使わない刀がさびてしまうのと同じようにペニスも十分に勃起できない時間が長く続くと、萎縮してしまうのです。

 

これを解消するには痩せるしかありません。ペニスのサイズで悩んでいる男性でもし自分が肥満傾向にあのなら、他のサイズアップ方法よりもまずダエットをするべきでしょう。

 

ダイエットの効果は血流がよくなるだけではありません。ペニスの根っこは普通、男性の体内に埋まっています。言い換えればペニスは全体の半分ほどしか外部に露出していないのです。

 

下腹部やペニス周辺に脂肪がつくことでさらにペニスは埋没してしまいます。

 

太っている人のペニスが小さく見えるのはこのためです。

 

そして、ダイエットをしてペニスサイズがアップするのは隠れていた部分が露出するからなのです。

 

 

男性ホルモン(テストステロン)を下げる習慣に注意! 

 ペニスの成長にかかせないテストステロンは、年齢とともに減少はしていきますが、基本的に男性である以上、分泌はずっと続きます。ただ生活習慣によっては著しくその分泌量を減少させてしまうことがあります。

 

 

ストレス

 テストステロンは脳がリラックスしているときに分泌されます。人間はストレスを感じると緊張状態になり、それが日常的に続くことでテストステロンの分泌が阻害されるのです。

 

やっかいなのはストレスには自覚のあるものと、ないものがあるのです。

 

例えばハードな仕事に追われていたり、人間関係に悩んでいるときは本人にもストレスが自覚できるので対処もできるでしょう。

 

しかし本人はなんとも思っていなくても脳にストレスをかけている場合もあるのです。

 

夜更かしや携帯、スマートフォンの長時間注視などは、本人にとって楽しいことであっても脳が嫌がっている可能性があります。自由きままに生活しているように思えている人でも気付かぬうちにストレスをかかえて、その結果EDに陥ることがあります。

 

 

睡眠不足 

 ワシントン大学医療センターの泌尿器科が研究したデータによると、睡眠時間が不足するにつれてテストステロン値が減少することがわかっています。この減少幅は非常に大きく、加齢による減少率よりをはるかに上回るほどでした。

 

また、睡眠は量だけでなく質も重要です。朝起きたときに「よく休めたな」と思える状態が理想で、テストステロンの分泌にもいいのです。

 

 

タバコ

 タバコを吸う事で体内にコルチゾールという物質が蓄積されます。

 

コルチゾールはテストステロンの働きを阻害することが知られています。

 

タバコの害はそれだけではなく、毛細血管を萎縮させてしまうのでペニスにとって必要な血液も十分に供給できなくなります。

 

 

男性ホルモンを活発にする「男のサイクル」

 すこし変わった話になりますが、少年のころにカブトムシ同士を戦わせて遊んで思いではありますか?虫というのは筋力トレーニングなどすることはできず、生まれ持った素質だけで強者と弱者が決まります。しかし縄張り争いに勝ち続けたオスは「勝ち癖」がつき、さらに強くなっていきます。

 

自分は強いんだ、という意識がオスをさらに強く攻撃的にするのです。

 

同じことが人間の男性にも言えます。男性ホルモンが多く男性的な魅力にあふれている人の周りには女性や友人があつまり、社会的にも性的にも満たされます。そして男性ホルモン値の高い男性は新しいことにチャレンジすることが大好きで、周りの人間をひっぱっていくリーダーシップを持っています。もちろん失敗することもありますが、新たな成功体験は男性にさらなる自信を与え、「自分がオスである」ことに自信を持たせるのです。

 

そういった繰り返しのサイクルにのっている男性は社会的な成功を掴みやすいと言われています。ペニスのサイズアップを考えるならペニスのことだけでなく総合的な男性の魅力をみがいて、仕事、友人、女性すべてにおいていいサイクルに乗ることを目指しましょう。

 

 

 

ペニスを大きくする方法:手術編

Thumb womandoctor2

最後に紹介するのは手術による方法です。この方法は即効性がある反面、やはりリスクが怖いという男性が多いのではないでしょうか。医院やクリニックで行われている手術の内容、クリニックの評判など、手堅く下調べをしてから望みたいところです。

ペニスのサイズを大きくする手術には2種類あります。それを紹介します。

 

増大手術

 増大手術とはペニスのサイズを大きくする手術です。細かくいうとこの増大手術もさらに二種類に分けられます。

 

太さをアップしたいなら注入増大手術。長さを伸ばしたいのなら長茎手術です。

 

注入増大手術とは、ペニスの「さお」の部分にコラーゲンやアクアミド、脂肪を注射してペニスの直径を一回り大きくする手術です。ペニスの皮はもともとコラーゲンでできているのでそこへコラーゲンなどを注射するだけなので害はありません。ただペニスに負担がかかるのでやる前には医師と相談し、問題がないか検討する必要があります。

 

長い茎手術とは、ペニスの体内に埋まった部分を引き出す手術です。ペニスの海綿体は半分近くが体内に埋まっているので人によっては3センチから4センチほどの長さアップが望めます。

 

また肥満体型の人には、腹部の脂肪吸引と同時にこの手術を行います。脂肪で埋没していた部分のペニスも姿を現すので大きな変化が現れます。

 

 

包茎手術

 ペニスを大きくする手術として包茎手術もあります。本来はペニスにかぶっている皮を切除して亀頭を露出させることが目的なのですが、副産物的な効果としてペニスのサイズも大きくなることで知られています。

 

 

包茎手術でどうしてサイズアップするの?

 包茎にも種類があり、手でめくって皮がむける仮性包茎と、めくることすらできない真正包茎にわかれます。

 

ペニスの本体は海綿体というやわらかいスポンジですから、皮で押さえつけられている状態だと体内に食い込み気味になってしまいます。これが短小ペニスの原因です。仮性包茎よりも真正包茎のほうがペニスが小さいというのは、皮が閉じていることによってペニスが外へ伸びていけないからです。もちろん仮性でもペニスは小さくなりやすいです。

 

どちらの包茎でも、手術によって長さは平均3センチ伸びるといわれています。

 

 

手術のデメリットは?

 包茎手術は余っている皮を切除して縫いつけるという比較的簡単な手術なので危険性は少ないのですが、気になるのはやはり術後の見た目です。これは担当医の腕前によってかなり違ってくるのですが、腕の悪い先生にあたると、皮を縫い付けた部分だけが他の部分と色が違うなど、術後の見た目が著しく不自然になってしまうこともあります。

 

注入増大手術のデメリットは、注入する物質の種類によっては1年ほどで効果が消えてしまうことです。

 

特に注入剤として安めのコラーゲンなどは体内に吸収されてしまうことがあるようです。

 

体内に吸収されにくい注入剤を選ぶこともできますが、かなり高額になっているのでなかなか手が出にくいと思います。

 

そして最もリスクが高いのが長茎術です。これは体内に埋まっている海綿体を引き出すという非常に繊細な部分を扱う手術なので失敗すればペニスが壊死したり、勃起不全になったりします。

 

  

豆知識 寝る子はペニスも育つ?

Thumb boy2

 

寝ることは育つという言葉を知っている人は多いでしょう。成長期の子供にとって睡眠時間はかかせないものです。

 

特に夜の10時から翌日2時までは「睡眠のゴールデンタイム」と呼ばれ、成長ホルモンが最も多く分泌される時間帯です。この時間帯に沢山寝れば背が伸びやすい、というわけです。じつはこの成長期の睡眠はペニスにも関係しています。

 

そもそも子供の小さいペニスが思春期を経て成人男性のペニスサイズまで成長したのはなぜでしょうか?実は男性ホルモンが分泌されただけではペニスは成長しません。ペニスが成長する瞬間は「勃起したとき」です。

 

勃起することによって海綿体に血液が流れ込み、少しずつペニスの膨張限界値が更新されていくのです。

 

では起きている時間に沢山勃起した子供だけが大きなペニスになるのでしょうか?実はそれも違います。

 

朝勃ちという現象があります。朝勃ちは朝目覚めた直後に、体は眠っているけど脳は覚醒している状態のときに起こります。

 

同じ現象が睡眠中にも起こっているのです。眠りの浅いとき、脳は覚醒した状態に近く、体は眠っています。

 

このとき子供は無意識になんども勃起しており、ペニスを大きくする訓練を自然とやっているのです。

 

成長期の子供にとってこの「無意識の勃起」こそペニスの成長を促す鍵だったのです。

 

 

まとめ

Thumb bengoshi

いかがでしたでしょうか?ペニスを大きくするには3つの方法があり、即効性とリスクを両方もった手術という方法、長い時間をかけて少しずつペニスを成長させる食事法、生活習慣改善法、どれを選ぶかはあなた次第ですが、決して焦らずにじっくり考えて欲しいと思います。

 

ペニスとの付き合いは生涯続きます。今あなたが自分のペニスに対して抱いている感情が、10年先、20年先も同じとは限らないのです。

 

ペニスについて考えるときはこれからの自分の未来を見据えて、後悔のない選択をしてください。

 

ペニスについて悩むことは決して無駄ではありません。ペニスを大きくしようと努めたり、ペニスをいたわったりすることはあなたの健康そのものについて考える機会を与えてくれます。

 

そして一人で悩まずに、パートナーや専門家と相談して色んな意見を取り入れてください。

 

きっといい答えが見つかるでしょう。

豆知識に関連する記事