公開日 17年12月09日

更新日 18年09月07日

シルデナフィルを通販購入ってどうなの!?大手通販サイトで取り扱い有

シルデナフィルを使いたいけど、クリニックに行くのは恥ずかしい。そんな思いを抱えている男性の多くは、通販を利用しています。

 

通販は、クリニックに比べ安価で購入できることも、その理由の一つでしょう。一方で、模造品も多く存在していると聞き、躊躇する男性もいます。

 

果たして、通販で安全なシルデナフィルを購入することはできるのでしょうか?

どこでなら、安全性の高いシルデナフィルを手に入れることができるのでしょうか?

 

 

シルデナフィルとバイアグラの違い

Thumb vgr100

出典

勃起不全の治療薬には、バイアグラの他にも多様な薬が出回っています。

 

そのなかでも、シルデナフィルはバイアグラに比べて価格も安く、“ED治療は高額”のイメージを打ち崩す存在となりつつあります。

 

この2つの薬は、同じED治療薬というカテゴリにありますが、どのような違いがあるのか見ていきましょう。

 

ED治療薬の筆頭バイアグラは、平成11年3月に販売が開始された医薬品で、当時は日本国内で唯一の勃起不全に対する治療薬でした。

 

開発販売を手掛けたのは、ファイザー製薬。

皆さんもご存知の通り、国内でも有数の大手製薬会社です。

当初バイアグラは、アメリカに本社を置く医薬品製造メーカーのファイザー製薬で開発製造販売されていた医薬品です。

 

バイアグラによる勃起力改善の効果は、瞬く間に日本国内のEDに悩む男性の耳に届き、個人輸入で日本国内に持ち込まれるようになりました。

 

ところが、輸入ルートのどこかで模造品が紛れ込むようになり、個人輸入で購入していた男性の体に悪い影響出るという被害が増え始めたのです。

 

それに危機感を覚えた日本の厚生労働省が、バイアグラを国内で医薬品として売っても良いと許可を出したのです。

 

本来、国内で販売が認められる医薬品というのは、安全性をしっかりと確認してからになります。

 

そのため、開発されてから長期間、臨床試験といって効果検証が行われるのです。

 

それは、副作用による重大な事故を防ぐためでもあり、当初はバイアグラも認可されるまであと数年はかかると思われていました。

 

ところが、服用者の健康被害によって看過できない事態となり、異例のスピードで販売承認されることになったのです。

 

承認されれば、正規ルートにて国内で売ることができるようになります。

これによって、バイアグラは安全に勃起障害で困っている男性の手元に届くようになったのです。

 

そのバイアグラの効果は、皆さんもご存知の通り、勃起力の改善と勃起持続時間の向上です。

 

現時点において、国内で承認がされているバイアグラは10㎎錠、25㎎錠、50㎎錠の3種類です。

数量の違いは、バイアグラに含まれるシルデナフィルクエン酸塩という有効成分の含有量に由来しています。

 

有効成分が多いほど、当然医薬品の効果も強くなり、同時に副作用も強く出やすくなります。

 

バイアグラの副作用には、血管拡張効果による火照りや潮紅、頭痛が一般的によく現れる症状です。

 

この他にも、視覚異常や消化不良、動悸などもありますが、こうした症状はバイアグラの効果が切れるに伴って弱くなっていきます。

 

では、バイアグラの後発品であるシルデナフィルは、どのようなED治療薬なのでしょうか。

 

シルデナフィルは後発医薬品

バイアグラの薬剤特許が切れたことによって、開発されたジェネリック医薬品。

それが、シルデナフィルです。

開発が始まったのが2014年5月以降ですので、まだまだ新しいED治療薬です。

 

その有効成分には、バイアグラと同じシルデナフィルクエン酸塩を使用しているため、効果としてはバイアグラとほぼ同等の医薬品です。

 

ほぼ同等の理由は、シルデナフィルの製造工程に起因しています。

後発品の製造にかかる工程は、先発品とそっくりそのまま同じではありません。

使用する材料に僅かな違いが生まれ、それによって効果に多少の違いが出ます。

 

しかし、その違いはほんの僅かな差に過ぎず、違いを感じることはほぼありません。

現在、国内で承認されているシルデナフィルの種類は多く、次々に販売されています。

その中でも知名度が高いのは、東和薬品が製造販売している「シルデナフィルOD錠トーワ」です。

 

バイアグラがもともと欧米人向けに作られていたのとは違い、東和薬品は日本国内の医薬品メーカーなので、日本人の体格や体質に合わせたシルデナフィルを作っています。

 

この他「シルデナフィルOD錠テバ」「シルデナフィルOD錠DK」といった後発品が出ています。

 

シルデナフィルOD錠テバは、海外の医薬品メーカーが製造したもの。

シルデナフィルOD錠トーワに並び、安価のため人気です。

 

シルデナフィルOD錠DKは、日本国内の医薬品製造メーカーである大興製薬によって製造販売されています。

 

大興製薬は、日本国内でも有数のジェネリック医薬品を多数製造販売しているメーカーです。

 

シルデナフィルは、「シルデナフィルOD錠」にメーカー名を付けた名前で、さまざまな製薬会社から販売されているのです。

 

その販売価格は、シルデナフィルも他のED治療薬と同じく固定価格ではないため、販売窓口となる医療機関や薬局、通販サイトによってバラつきがあります。

 

その費用は、バイアグラであれば1錠あたり1,000円~2,000円です。

その後発品であるシルデナフィルの費用は、1錠当たり500円~1,000円です。

有効成分の含有量によって価格が高くなりますが、バイアグラと比較してもおよそ半値で購入できます。

 

 

 

シルデナフィルは大手通販サイトで買える?

Thumb thought

バイアグラと比較してもほぼ半額で購入できるシルデナフィル。

そのシルデナフィルを通販で購入する場合、どこの通販サイトなら取り扱いがあるのでしょうか?

 

大手通販サイトでシルデナフィルの取り扱いがあるのか見てみたところ、シルデナフィルはおろかED治療の医薬品が一つもありません。

これは、薬事法から法律名称が変更された医薬品医療機器等法によって、承認前あるいは無承認の医薬品に関する広告を掲示してはいけないという法律に則ったものだからです。

 

販売ページに表示される商品名や効果効能が広告に当たると解釈されるため、大手通販サイトではシルデナフィルやバイアグラといったED治療薬の販売ができないのです。

 

大手通販サイトとして多くの人が利用しているAmazonでは、医薬品販売をする場合、その事業者に対し、事業者登録がされていることが出店の条件になっています。

 

また、医薬品の分類によって必要な資格取得者についての提出も義務付けられています。

たとえば、第1類医薬品を取り扱う場合。

この医薬品は、薬剤師しか販売が許されていないため、薬剤師資格を取得していることが条件となっています。

 

第2類医薬品であれば、登録者販売資格が必要になります。

このように厳しい基準をクリアしなければならず、1つでもクリアできなければ出店の許可がされません。

 

そこに加えて、シルデナフィルのように未承認医薬品の取り扱いが許されていないため、Amazonのような大手通販サイトではED治療薬の取り扱いがないのです。

 

一方で、海外医薬品の通販サイトでは、シルデナフィルをはじめたとしたさまざまなED治療薬が売られています。

この違いはどこにあるのでしょうか?

 

 

大手以外の通販で取り扱いがある理由

Amazon、楽天といった大手通販サイトで取り扱いがない一方で、個人薬局のような医薬品通販サイトでは、シルデナフィルだけでなく多様なED治療薬が販売されています。

 

法律上、シルデナフィルのような未承認医薬品の広告は許されていないのですが、実際には個人輸入代行やインターネット薬局と呼ばれる通販サイトでは取り扱いがされています。

 

これは、法律の抜け穴とでもいえる方法で、販売が行われているからです。

医薬品医療機器法では、一部の事例において個人輸入が認められています。

その理由には、海外での治療途中で日本国内へ治療薬を持ち込む、海外からの入国者に対し常備薬として自国の医薬品を持ち込むといったことがあるからです。

 

それを、日本国内に在住する者が個人の自己責任の元で海外医薬品を必要量輸入することを認めると拡大解釈し、厚生労働省も個人で使用することに限り個人輸入を承認しています。

 

しかし、個人輸入を実際に個人で行うには、現実問題としていくつものステップを踏むことになり、実際に輸入に至るまでが難しいのが現状です。

 

そのため、個人輸入のための手続きを代行して行う業者が現れ、その業者の一部がインターネット通販で海外医薬品を販売しているのです。

 

本来、個人輸入代行には事業者登録が必要で、代行事業者が依頼者以外へ輸入した医薬品を国内で販売することは違法です。

 

そのため近年では取締りが強化されてきていますが、まだまだそれが周知されていないのが現状です。

 

また、インターネット薬局の通販利用者も多く、事業者側も利益確保ができるという背景があるため、薬局通販サイトでは今もまだ多くのED治療薬が取り扱われているのです。

 

 

 

シルデナフィルは通販よりもクリニックで

Thumb injection drugs

シルデナフィルのような自由価格のED治療薬は、医療機関で購入すると高いというイメージがあることでしょう。

 

医薬品を正規ルートで確保するには費用も掛かり、医療機関の利益を上乗せすることになるため、どうしても通販サイトよりも金額が高くなってしまうことは否めない事実です。

 

ですが、正規ルートでシルデナフィルを確保するため、どこから仕入れているかその流通経路もわからない通販サイトを利用するよりも、安全性の高さは保証されています。

 

通販で購入するのを避けた方がいい理由

インターネット通販でシルデナフィルを購入することを避けたほうがいいのは、流通経路がわからないという点だけではありません。

 

流通経路がわからないということは、すなわちどこで模造品が混入するかわからないということでもあるからです。

 

海外正規品のシルデナフィルを買い求める場合、それは個人輸入扱いになります。

自分で現地の薬局や製薬会社と取引をし、輸入にかかる様々な手続きや手配を自身で全て行うことになります。

 

これには、現地の人とコミュニケーションを取るための外国語を扱えるスキルが必要です。

つまり、そのスキルがない人は個人輸入へのハードルが高くなり、コミュニケーションが取れないことによってトラブルを招いてしまうことにもなりかねません。

 

これを代わりにしてくれるのが個人輸入代行業者です。

個人輸入代行業者の多くは、インターネット通販サイトを窓口に、個人輸入を受け付けています。

 

私たち消費者は、そうした窓口を使って事業者に医薬品の輸入手続きを依頼することになります。

 

国内で正規に個人輸入代行業者として登録営業している場合、顧客からの注文を受けてから海外現地の業者へ商品の発注を行います。

 

その発注を受けて現地業者が注文されたシルデナフィルを調達し、航空機や船舶を使って日本へ発送します。

 

このとき現地業者は、日本国内の代行業者と取引関係にある事業者か、あるいは支部として現地に駐留している担当者が取引している相手になります。

 

ですから、現地の薬局や製薬会社から直接、現地の正規ルートにて正規のシルデナフィルが調達される流れになっています。

 

ところが、悪質な個人輸入代行業者も、同じようにインターネット通販サイトを窓口にして注文を受け、シルデナフィルを調達します。

 

注文を受けた後、海外からシルデナフィルを輸入するのですが、現地での流通経路に不明瞭な点が多いのです。

 

現地関係者と適切な関係を持ち、事業を行っているところであれば、ルートを遡って調査することができますが、悪質な事業者はルートを遡って調査することができません。

 

つまり、顧客が正規のシルデナフィルを注文したつもりでも、どこでどんな偽物や模造品が混入しているか、調べようがないということです。

 

また、シルデナフィルや他の医薬品であっても、個人輸入できる数量には限度があります。

これは、厚生労働省によって定められており、それを超えて輸入することは販売目的と見なされ、正規の手続きを踏まなくては国内へ持ち込むことができません。

 

個人輸入で許されている量であれば、販売業者としての手続きを踏む必要がありません。

そのため個人輸入代行は、あくまでも利用者である顧客と現地の医薬品取り扱い業者との仲介をするのみとなります。

 

悪質な事業者は、現地からの調達はもちろんのこと、調達時に個人輸入ギリギリの数量で依頼をかけ、余った分を在庫として確保し、他の顧客へ転売します。

 

そのため、通常であれば正規に個人輸入すると注文してから手元に届くまでおそよ1週間から10日、長くても2週間足らずかかります。

 

しかし、転売となると日数はそれほど必要ないため、翌日発送や3営業日以内に発送といった短期間での発着が可能となります。

 

個人輸入では、購入した顧客個人の所有、利用のみ許されており、転売や譲渡は許されていません。

 

これは、医薬品には副作用というリスクがあり、その程度も個人差があることや、人によっては禁忌併用となることもあり、そうした危険から個人の生命を守るためでもあります。

 

ですが、一般的にインターネット通販サイトを窓口にした個人輸入代行業者が正しい取引を行ってくれる業者であるかどうかは、一見したところ大変わかりづらいもの。

 

それに、国内では正規に事業を行っていても、現地とどういったやり取りがなされているかは、顧客側には見えないものです。

 

もちろん、正規の代行業者で、現地事業者ともきちんとした取引関係にあり、信頼できる現地事業者を利用していれば、どういった状況か確認をしてもらうことは可能でしょう。

 

ですが、自分がそこに直接関わっているわけではないため、代行業者に任せるしかないのが実情です。

 

個人輸入で手に入れたシルデナフィルが正規品である保証は、どこにもないのです。

 

シルデナフィルは、国内の医療機関で流通している正規品を購入すれば、少なくとも1錠500円かかります。

 

これを1ヶ月分購入するとなると、いくらジェネリック品で安価とはいえ、最低でもシルデナフィルの費用だけで15,000円はかかってしまいます。

 

それを考えると、インターネット通販サイトで2~300円程度で販売されているシルデナフィルを購入したくなるの気持ちは理解できます。

 

ですが、通販で手に入れたシルデナフィルが、模造品であったり人体に悪影響な材料を使って作られた劣悪品である可能性は否めません。

 

実際に模造品を掴まされたという人も少ないのです。

 

これらを包括して考えると、やはりインターネット通販は、内情が不透明なぶん、クリニックを利用するのが安心です。

 

個人輸入代行は自己責任が原則

自身で行う、あるいは通販経由で代行業者を利用する。

そのどちらにしても、個人輸入によってシルデナフィルを買い入れることはもとより、内服することについても自己責任となります。

 

そのため、万が一購入したシルデナフィルが偽物で、健康へ何かしらの害を与えたとしても、自己責任という扱いとなり、国からの救済保証を受けることはできません。

 

ただ効果がないだけならまだ良いほうでしょう。

最悪、命を落とすことになっても自己責任だから仕方ないと思われるのです。

 

ただ価格が安いからと、そんな安易な理由だけで手を出すのではなく、ここは信頼できる事業者か?見た目だけで判断せず、冷静に見極める目を持つことが大切です。

 

クリニックでの処方が安心な理由

インターネット薬局の通販サイトを利用するよりもED治療専門などのクリニックを利用する方が安心な理由は、流通経路の透明性です。

 

流通経路が明瞭ということは、そのシルデナフィルがどういうルートでクリニックに入荷されているかがわかるということです。

 

それはつまり、模造品が混入する余地がないということであり、ED治療に訪れる患者の手元に正規のシルデナフィルが渡るということです。

 

クリニックでシルデナフィルを処方してもらうと、インターネット薬局など通販サイトを利用するよりも費用は割高になることは否定できません。

 

しかし、模造品によって健康を害すれば、その後の治療費はシルデナフィルの費用よりも遥かに高額な費用となります。

 

クリニックで処方されたシルデナフィルは、通販よりも高額となるぶん、それで健康を買っていると思えば、多少の割高感があっても安心して服用できるはずです。

 

通販で安価に購入しても効果がなければ、その支払った代金をドブに捨てたも同然です。

一回にかかる費用は安くて済むかもしれませんが、それを何度も繰り返していれば、その総額はクリニックで処方されるよりも大きくなるでしょう。

 

大切なのは、効果を感じられるとともに安心感を持って服用できる絶対的な信頼が、そこにあるかどうかではないでしょうか。

 

インターネット通販の全てが悪いわけではありません。

しかし、個人輸入で国内に持ち込まれる医薬品の半数近くが模造品である現状を踏まえれば、いつ劣悪品を手にすることになるか、その危険性はとても高いのです。

 

それを理解した上で、しっかりと輸入代行業者と信頼関係を築き、海外製品のシルデナフィルを購入するのは、個人の自由です。

 

安全性を見過ごさず、透明性の高い代行業者であれば、信頼できるかもしれません。

 

ですが、そうした手間を惜しんで、安く早くシルデナフィルを手に入れたいとばかりに、安易に個人輸入に手を出すことは、自ら危険に飛び込んでいくようなものです。

 

安全なシルデナフィルを早く手に入れたければ、クリニックを利用することをおススメします。

 

クリニックでも、ED治療専門クリニックであれば、一般の泌尿器科での処方に比べて費用は多少抑えられます。

 

また、一般的な泌尿器科クリニックと比較しても、シルデナフィルの価格以外にかかる診察費や場合によっては必要となる検査費用も、ED治療専門クリニックなら安価で済みます。

 

多くのED治療専門クリニックでは、初診時にのみ診療費とシルデナフィルの費用の両方がかかりますが、再診時にはシルデナフィルの費用のみ支払うだけです。

 

それに、もしもシルデナフィルによって何かしらの副作用が出ても、医師の診察を受けて、適切な治療を施してもらうことができます。

 

模造品であれば、その薬剤中の成分の何によって引き起こされているのかわからず、対処に遅れ、後遺症が残るなどの危険があります。

 

ですが、正規ルートを通ってきた正規品のシルデナフィルであれば、医師も薬剤成分を理解していますから、どんな副作用が出るか把握しています。

 

患者がシルデナフィルに対し不安に思うことがあっても、医師と納得いくまで相談することもでき、精神的な安心感も得られます。

 

安価な方が良い、クリニックに行くのは恥ずかしい。クリニックに行かなくてはならないのは、男として情けない。

そういった気持ちから通販を利用するのも悪いことではありませんが、短絡的な行動によって死に至るような重篤な症状が起きない可能性はゼロではないのです。

 

ED治療専門クリニックは、そうした男性の心情に配慮して、医師をはじめスタッフ全員が男性です。

 

通常のクリニックでは、他の患者との誤認を防ぐために本人に氏名を名乗ってもらったり、診察室への呼び出しも名字あるいはフルネームでされます。

 

ところが、ED治療専門クリニックでは、他の患者と区別するために番号札を渡して、番号によって呼び出しを行います。

 

ですから、周囲の他の患者に名前がバレる心配もありません。

 

また、クリニックでの滞在時間も10分程度ですから、恥ずかしい思いをしながら何十分も診察を待って、処方されるまでまた何分も待つということがありません。

 

安心して安全なシルデナフィルの服用をしたいなら、ED治療専門クリニックを受診されることをおススメします。

 

 

 

まとめ

Thumb cupple

シルデナフィルは、インターネット通販で安く購入できます。

 

しかし、その背景には思いもよらない事態を引き起こすような危険があることを、十分に理解しておかなくてはなりません。

 

短絡的に安易に通販を利用するのではなく、信頼できる業者かどうか時間をかけて見定めること。

 

信頼に値する事業者であれば、顧客の利益も考えたうえで誠実に対応をしてくれるはずです。

 

ですが、多くの利用者はそれを手間に感じ、楽観的に通販でシルデナフィルを購入しています。

 

安全と安心は、自分の行動一つで選び取ることができるものです。

 

通販とED治療専門クリニック。

 

どちらが安全で安心なシルデナフィルの購入ができるか。よくよく考えて利用を決めてくださいね。

 

外部リンク:クリニック

 

ED治療薬に関連する記事