公開日 18年04月18日

更新日 18年09月07日

セックスができないのはEDが原因!?考えられる理由を徹底解説

セックスができないという悩みは、意外に多くの人が抱えているものです。

 

代表的な悩みは、セックスをしたいのに勃起しない、勃起しにくい、勃起はするが挿入ができないなど、ED(勃起不全)が原因であると考えられるケースです。

 

しかし、自分もパートナーも満足できるようなセックスができない理由は、実はEDだけとは限りません。

 

この記事では、満足のいくセックスができないのはなぜか、EDも含めて考えられる理由について詳しく解説していきます。

 

 

セックスができない!陰茎が勃起しにくいのは「勃起障害」?

Thumb kinchou

セックスができないという悩みで特に多いのは、セックスをしたい気分になっているのになぜか勃起しなかったり、勃起はするのにすぐに萎えてしまって挿入ができないなど、勃起障害が疑われるケースです。

 

勃起障害は、一般的にはEDという言葉で知られています。EDとは「Erectile Dysfunction」の頭文字を取った略語で、日本語では「勃起障害」「勃起不全」などと訳されています。

 

EDの原因のひとつに加齢がありますが、実際には若年層や壮年層にもEDを患っている人が多くいます。過去に実施された調査では、成人男性の4人に1人がEDという結果も出ており、年齢に関係なくEDになる可能性があることが分かっています。

1998年に男性を対象として行われた調査によると、成人男性の4人に1人が“勃起が十分でなく、時々性交ができない”中等度ED、もしくは、“勃起しないため常に性交ができない”完全EDです。

“たまにできない”軽度EDを含めると、EDと診断される人はさらに増え、外来患者さんでの調査ですが、成人男性のなんと53%にものぼります。

引用元:データで読む日本人のED|ED(勃起不全)とは|EDネットクリニック|バイエル薬品

成人男性なら誰もが悩む可能性のあるEDは、男性の国民病と言っても過言ではありません。勃起障害の程度や原因はさまざまですが、まったく勃起しないだけでなく、たまに勃起しない場合にも勃起障害の可能性があると言えるのです。

 

「勃起障害」とは?

Thumb canon

勃起障害は、セックスをするために十分な勃起ができない状態、勃起を維持することができないために満足なセックスをできない状態を指しています。

専門的には、「性交時に十分な勃起やその維持ができずに、満足な性交が行えない状態」と定義されています。

引用元:データで読む日本人のED|ED(勃起不全)とは|EDネットクリニック|バイエル薬品

勃起障害には、過去に一度も勃起したり勃起を維持できたりしたことがない「原発性ED」と、以前は勃起していたのに今はできなくなっている「続発性ED」の二種類があります。

 

原発性EDよりも続発性EDの方が症例としては多く見られ、加齢と共に患者数が増加することが分かっていますが、必ずしも加齢だけが原因というわけではありません。

 

勃起障害が起こるのは、心理的なストレス、神経や血管の障害、特定の薬剤の影響、などが主な原因と言われています。それぞれの原因について、詳しく見ていくことにしましょう。

 

「勃起障害」の原因1:心理的なストレス

Thumb ochiba

勃起障害の原因として、まず心理的なストレスが挙げられます。心理的なストレスが原因で起きる勃起障害は、心因性EDと呼ばれています。

 

心因性EDの原因は、心理的なストレスを与えているものが何であるかによって、現実心因深層心因の二種類に分類することができます。

 

現実心因とは、現実の世界、つまり日常生活の些細なストレスが原因となっているケースを指します。

 

日常生活のストレスと聞くと、職場の人間関係や仕事上の不満などが連想されます。しかし実際には、結婚生活がうまくいっていない、家族仲が悪い、経済的に困窮しているなど、個人的な理由でのストレスも大きく影響しているのです。

 

深層心因とは、日常生活ではっきりと感じているストレスとは異なり、心の深い部分にあるストレスが原因となっているケースを指します。

 

深層心因は本人も自覚していないことが多いため、治療が難しいという現状があります。幼少期の体験や性的なトラウマが原因の場合、本人が無意識のうちに記憶を閉ざしてしまっていることが多いからです。原因を解明してからの治療になるため、完治するまでに治療期間が長期に及ぶことも少なくありません。

 

「勃起障害」の原因2:神経や血管の障害

Thumb gishiki

勃起障害の原因として、神経や血管に障害があるケースもあります。

 

勃起は、性的刺激を受けた時に脳が陰茎に信号を送り、信号を受け取った陰茎内部の血管が緩み、陰茎に一気に血液が流れ込むことによって起こります。そのため、脳から陰茎に信号を送る神経、陰茎内部の血管などに異常があると、正常な勃起が起こらなくなってしまうのです。

 

加齢により神経や血管に障害が出てくる以外にも、高血圧や糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病によって神経や血管が傷付き、勃起障害が起こることがあります。血液の循環と深く関わる生活習慣病は、勃起障害を引き起こしやすいとされているのです。

 

特に動脈硬化症は、高血圧や高脂血症、喫煙などが原因で血管の細胞壁が厚くなり、弾力性を失って硬化した状態を指します。動脈硬化症は、陰茎などの細い血管に最初に現れることが多いため、勃起障害の治療の過程で動脈硬化症が見付かる場合が多いのです。

「高血圧や糖尿病などが刺激になって内皮細胞が傷つけられると、その部分の血管壁の中に脂肪物質がたまって厚くなり、“おかゆ”のような状態になる」

引用元:[21] 動脈硬化 | 血管・血液 | 循環器病あれこれ | 国立循環器病研究センター 循環器病情報サービス

 

「勃起障害」の原因3:特定の薬剤の影響

Thumb writing

勃起障害の原因として、特定の薬剤を服用していることによる影響が挙げられます。

 

前項で解説した通り、神経や血管に障害があると勃起が正しく起こらない可能性があります。勃起に関係する神経に作用する薬剤を服用している場合、神経に障害が起きているのと似たような状態になるため、勃起が正しく起こらなかったり、勃起が維持できないことがあるのです。

よく知られている薬剤としては、中枢神経や末梢神経に作用する薬剤、循環器系に作用する薬剤、消化管に作用する薬剤などがあります。

引用元:薬剤性ED|EDの原因とタイプ|ED(勃起不全)とは|EDネットクリニック|バイエル薬品

具体的には、解熱・消炎鎮痛剤、抗うつ薬、不整脈治療薬、降圧剤、血管拡張剤などが挙げられます。これらの薬剤を服用している場合、副作用として勃起障害が起きる可能性があることを覚えておいてください。

 

セックスができない!膣内で射精できないのは「射精障害」?

Thumb siroiboushi

セックスができないという悩みの中で、勃起障害に次いで多いのが、セックスをしている最中に膣内で射精することができない、というものです。

 

射精障害が勃起と異なるのは、性的刺激を受けることで勃起は正常に起こり、セックス中も勃起を維持することができるという点です。射精は勃起とはまったく異なるメカニズムで起こるため、勃起しても射精しない、逆に勃起していないのに射精する、ということが起こりうるのです。

射精とは、精子を含んだ精液を対外に射出する現象です。射精は女性を妊娠させる手段でもあり、きわめて重要な性機能であるといっても過言ではありません。

引用元:「遅漏」「早漏」は要注意!ED同様に厄介な射精障害について|イースト駅前クリニックのED治療

射精障害は、膣内での射精を正常に行なうことができないため、セックスに対する満足感が大きく損なわれ、自分に自信が持てなくなったり、パートナーとの不仲の原因になることもあります。また子供が欲しいカップルの場合、膣内で射精できないためになかなか妊娠に至らないなど、男性不妊症の原因になることもあります。

 

射精障害は、早漏、遅漏、膣内射精障害の3タイプに分けることができ、それぞれ原因も異なります。次の項で詳しく見ていくことにしましょう。

 

「射精障害」とは?

Thumb tamago

射精障害とは、正常な射精が起こらない状態を指しています。自分もパートナーも満足できるようなセックスができないため、性生活の質を大きく低下させるものとして問題視されています。

早漏や遅漏、膣内で射精できないなど、射精機能に何らかの問題がある症状を「射精障害」といい、EDと同じ男性性機能障害のひとつとされています。

引用元:「遅漏」「早漏」は要注意!ED同様に厄介な射精障害について|イースト駅前クリニックのED治療

射精障害は、勃起障害とは直接関係がありません。勃起が起きるメカニズムと射精が起きるメカニズムとはまったく異なるためです。

 

射精は、以下のようなメカニズムで起こります。

  1. 陰茎からの刺激が脊髄の射精中枢に伝わる
  2. 射精中枢からの刺激が前立腺や精嚢に伝わる
  3. 精嚢内の精液が尿道の後部に排出される
  4. 膀胱の頸部が閉鎖され尿の排出を抑制する
  5. 尿道の後部に排出されていた精液が体外へ射出される

射精は律動的に精液を体外へ射出する行為ですが、実際にはこのような複雑なメカニズムが裏で働いています。そのため、この仕組みのどこか一部でも障害を受けてしまうと、正しい射精は行なわれなくなってしまうのです。

 

射精障害は、早漏、遅漏、膣内射精障害の3タイプに分けることができます。それぞれ詳しく見ていくことにしましょう。

 

「射精障害」のタイプ1:早漏

Thumb yumiya

早漏は、膣内に陰茎を挿入してすぐに射精をしてしまう症状のことを指します。

一般的には、挿入から1分以内に射精してしまった場合、早漏であるとされています。

引用元:「遅漏」「早漏」は要注意!ED同様に厄介な射精障害について|イースト駅前クリニックのED治療

前項で解説した通り、射精は陰茎に対する刺激への反射として起こる現象です。早漏の場合、僅かな刺激でも反射反応が起きてしまうため、射精するタイミングを自分でコントロールすることができません。

 

挿入してから数分も経たないうちに射精してしまうだけでなく、挿入する前に射精してしまう場合もあります。いずれにしても、自分もパートナーも満足できるセックスにならないのです。

 

早漏を治すためには、陰茎への刺激に慣れることが効果的とされています。陰茎に刺激を与え、射精をする寸前で止め、射精をする直前の感覚に慣れていくことで、早漏が改善されていきます。

 

「射精障害」のタイプ2:遅漏

Thumb otokokowai

遅漏は、早漏とは逆に膣内に陰茎を挿入した後、なかなか射精に至らない症状を指します。遅漏の原因はさまざまですが、大きな要因として誤った自慰のやり方による影響を挙げることができます。

 

自慰に起因する遅漏は、手を使わずに床や畳、雑誌などを使って自慰をすることに慣れてしまったために、膣内の刺激では射精に至らない症状です。この場合、膣内の刺激で射精に至れるような訓練が必要になります。

 

また、自慰に依存している場合、パートナーに対する罪悪感から遅漏に至る場合もあります。このタイプの遅漏では、パートナーと共に自慰をすることで罪悪感を拭い去り、最終的に膣内へ陰茎を挿入することで射精に至れるよう、パートナーと協力することが大切です。

 

自慰の際、陰茎に強すぎる刺激を与えてしまっている場合にも、膣内の刺激では射精に至れないことがあります。このタイプの場合には、自慰の際の刺激を弱めにし、膣内の刺激で射精に至れる体位を探してみるなど、パートナーと協力して改善を図ることが必要です。

 

「射精障害」のタイプ3:膣内射精障害

Thumb onsengirl

膣内射精障害は、早漏や遅漏とはやや異なり、膣内でのみ射精ができない症状を指します。

 

自慰やパートナーからの愛撫では射精ができるのに、陰茎を膣内に挿入した状態では射精ができないのが、膣内射精障害です。

 

原因としては、パートナーを妊娠させたくない、子供が欲しくないという心理的な要因や、遅漏の原因でもある誤った自慰のやり方が影響している場合などがあります。

 

膣内射精障害は、男性不妊症に直結するため、特に子供が欲しいカップルにとっては重要な問題です。自慰のやり方が影響している場合は正しいやり方に変える必要がありますし、心理的な要因がある場合にはパートナーとのコミュニケーションが必要不可欠です。

 

 

 

セックスができない!パートナーとの関係が原因?

Thumb liskkaisyain

セックスができないという悩みを持つ人の中には、パートナー以外の相手とはセックスができるのにパートナーとだけセックスができない、という人がいます。

 

パートナーがセックスに興味がなかったり、セックス自体に嫌悪感を抱いているためにセックスができない場合には、パートナーが性嫌悪症の可能性があります。

 

性嫌悪症は、性嫌悪障害と呼ばれることもあり、性的な事柄や性的な行為を極端に嫌悪している状態を指しています。

性的行為の対象となる相手との性器を介しての性的接触を極度に嫌悪して回避することにより、著しい苦痛が生じる、あるいは対人関係が困難になる状態。

引用元:性嫌悪障害(せいけんおしょうがい)とは - コトバンク

性嫌悪症を発症する経緯は人によって異なり、EDの深層心因のように幼少期の体験や性的なトラウマなどが原因の場合もあれば、セックスの時に感じる痛みがセックスに対する嫌悪や忌避に繋がっている場合もあります。

 

次の項では、パートナーがセックスで痛みを感じるために満足なセックスができない場合と、パートナーも自分もセックスをしたいと望んでいるにも関わらずセックスができない場合について、それぞれ詳しく見ていくことにしましょう。

 

相手が痛みを感じるのは「性交疼痛症」?

Thumb nihontou

セックスの時に膣内に陰茎を挿入しようとすると相手が痛みを感じてしまう場合、性交疼痛症の可能性があります。

 

性交疼痛症は性交疼痛障害とも呼ばれ、主に女性がセックスの時に痛みを感じるために膣内に陰茎を受け入れることができない状態を指しています。

 

男性が勃起障害や射精障害で悩んでいるのと同様に、性交疼痛症で悩んでいる女性は少なくありません。痛みが強く陰茎の挿入自体ができない、途中から痛くなりセックスを続けることができない、ある時から急に痛みを感じるようになったなど、人によって悩んでいる内容は異なります。

 

「性交疼痛症」とは?

Thumb yukionsen

性交疼痛症は、陰茎が膣に挿入される際に痛みを感じるため、満足できるセックスができない状態を指します。

性行為をしようとしても、痛みのため性器を膣内に挿入できない状態を女性の挿入障害と言います。多くは、膣の周辺の骨盤底筋群が強く収縮するために起こります。

引用元:性交痛、性交障害 | まるはし女性応援クリニック

性交疼痛症が起きる原因は、心理的要因と身体的要因に分けることができます。それぞれの特徴を詳しく見ていくことにしましょう。

 

「性交疼痛症」の原因1:心理的要因

Thumb nomadoworker

心理的要因から起こる性交疼痛症は、セックスそのものに嫌悪感や恐怖心を抱いていたり、過去に性的暴力を受けたことがあるなど、セックスに対する抵抗感から発生する痛みです。

 

このような心理的要因を抱えながらのセックスでは、当然心理面での緊張感が身体にも影響してきんにくが収縮してしまうため、痛みを感じやすくなります。

 

セックスに対する嫌悪感や恐怖心をなくすためには、セックスに対する考え方や感じ方を変えていく必要があります。場合によってはメンタルクリニックでカウンセリングを受けるなど、専門家の手を借りて対処していくのも有効な方法です。

 

「性交疼痛症」の原因2:身体的要因

Thumb nihontou

身体的要因から起こる性交疼痛症は、物理的に痛みが生じている状態なので、まずは膣の入口や子宮などで炎症が起きていないか、子宮内膜症などを発症していないか、産婦人科で検査を受ける必要があるでしょう。

 

検査の結果、膣や子宮に問題がない場合は、膣の中の潤いが足りていないために痛みを発症している可能性を考慮しましょう。年齢を重ねることによって男性の勃起力が衰えていくのと同様に、女性の膣の潤いも少なくなっていきます。安全なローションなどを使うと、痛みを緩和することができるでしょう。

 

また膣の内部を強く刺激することで疼痛を感じている場合、陰茎で膣内を強く擦り過ぎていないか、力を入れすぎていないか注意しましょう。

 

膣に陰茎を挿入する際に入口で痛みを感じている場合、そこから快感に繋がることはありません。物理的な痛みが続くことで、気持ちの上でセックスを拒絶してしまう、心因性の性交疼痛症を発症する可能性もあるので、十分に注意してください。

 

パートナーとだけセックスができない理由は?

Thumb sportsingym

セックスができないという人の中には、パートナーとのセックスだけができない、という人も少なくありません。

 

自慰や浮気でのセックスでは問題なく勃起し、射精に至ることができるにも関わらず、相手が特定のパートナーの場合には勃起しなかったり射精に至らないというケースです。

 

特定のパートナーとだけセックスができない原因は人によってさまざまですが、ここでは代表的な原因をご紹介していきます。自分に当てはまる項目がないか、チェックしてみてください。

 

配偶者に性的な魅力を感じなくなってしまった

 

配偶者とセックスできない理由として多いのが、配偶者に対して性的な魅力を感じなくなってしまった、というものです。

 

知り合ったばかりの時は問題なくセックスができていたにも関わらず、同棲や結婚をしたことで相手が自分の家族になり、性的関心の対象として見られなくなってしまうことがあるのです。

 

特に子供が生まれた後、母乳を与えている姿や子供の相手をしている姿を見ることで、女性ではなく母親として見るようになってしまった、という男性も多いのです。

 

このような場合には、家でセックスをするのではなくホテルに行ってみる、普段はしない体位を試してみる、ラブグッズを使ってみるなど、新鮮な気持ちでセックスに臨めるような工夫をするとよいでしょう。

 

不妊治療でセックスにプレッシャーを感じる

 

不妊治療をしているカップルの場合、セックスに対して男性側がプレッシャーを感じるケースが増えています。

 

不妊治療の場合、ステップアップ治療と呼ばれる手法を取るのが主流です。

治療の流れとしては、まず基本検査をします。そして基本検査で異常が見つからなければ、排卵と射精のタイミングをより正確に合わせるタイミング療法をします。

引用元:不妊症・不妊治療について/不妊症ってどういうこと?-浅田レディースクリニック

女性側は基礎体温を測ったりホルモン検査などを受けて排卵日を予測し、そのタイミングに合わせてセックスをして男性が膣内射精をすることで、受精の確率を上げるという療法です。

 

タイミング療法では、女性側のタイミングに合わせて必ずセックスをしなければならない、必ず膣内射精をしなければいけない、というプレッシャーが男性側に発生します。

 

不妊治療を受けているがゆえにセックスができなくなってしまった、というカップルは少なくないのです。

 

不妊治療がストレスになっている場合、別の不妊治療を受けるか、あるいは子供を作らないという選択肢も考慮できるでしょう。この場合も、パートナーとのコミュニケーションが大切になってきます。

 

生活時間がすれ違っているためタイミングが合わない

Thumb taionkeitokusuri

パートナーとだけセックスができない原因として、生活時間が完全にすれ違ってしまっている、という場合もあります。夜勤のある仕事の場合や、夜だけ仕事をしている場合、パートナーと二人で過ごす時間がほとんど取れないような状況が続くと、セックスレスになってしまうことがあるのです。

 

自分がセックスをしたいと思った時に、相手も同じようにセックスをしたいと思ってくれるとは限りません。自分が疲れていて気乗りしない場合もあれば、女性がちょうど月経中ということもあるでしょう。

 

このように生活時間のすれ違いが続くと、パートナーに対して性的関心が向かなくなってしまい、結果としてパートナー以外の相手とのセックスを求めるようになり、パートナーに興味を持てなくなってしまうのです。

 

このようなケースでは、パートナーとよく話し合い、一緒に過ごす時間を作るところから始めなければならないでしょう。相手に対して性的関心を持てなくなっている状態なので、普段とは違うシチュエーションでのセックスを試みるなど、新しい刺激も取り入れてみるとよいでしょう。

 

まとめ

Thumb keisatukan

セックスができないという悩みは、非常に多くの人が抱えている悩みです。

 

セックスの時に勃起しない、勃起しにくい、また勃起はするのに挿入ができないなど、勃起障害(ED)が疑われる場合もありますが、原因はEDだけではありません。

 

勃起障害には、心理的なストレス、神経や血管の障害、特定の薬剤の影響などが要因として関わっています。専門のクリニック等で適切な治療を受けることで、勃起障害は治すことができます。

 

また勃起はして膣内への挿入もできるのに射精ができない場合、射精障害の可能性があります。早漏、遅漏、膣内射精障害などがありますが、大きな要因として誤った自慰をしていることが考えられます。強すぎる刺激に慣れていると、膣内の刺激では射精ができないことがあるのです。

 

さらに近年では、特定のパートナーとだけセックスができないという悩みを持つ人も増えています。セックスの時に相手が痛みを感じる性交疼痛症や、さまざまな理由からパートナーに対して性的関心を持てなくなってしまうことも原因のひとつです。

 

セックスはパートナーとの関係があって成り立つ行為です。ひとりで悩まずパートナーとのコミュニケーションを大切にしながら、セックスができない現実と向き合っていく必要があるのです。

引用元:データで読む日本人のED|ED(勃起不全)とは|EDネットクリニック|バイエル薬品
https://ed-netclinic.com/about_ed/data.php
引用元:データで読む日本人のED|ED(勃起不全)とは|EDネットクリニック|バイエル薬品
https://ed-netclinic.com/about_ed/data.php
引用元:[21] 動脈硬化 | 血管・血液 | 循環器病あれこれ | 国立循環器病研究センター 循環器病情報サービス
http://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/pamphlet/blood/pamph21.html#anchor-4
引用元:薬剤性ED|EDの原因とタイプ|ED(勃起不全)とは|EDネットクリニック|バイエル薬品
https://ed-netclinic.com/about_ed/type/drug.php
引用元:「遅漏」「早漏」は要注意!ED同様に厄介な射精障害について|イースト駅前クリニックのED治療
https://www.eastcl.com/ed/about/ejaculatory-disorders/
引用元:「遅漏」「早漏」は要注意!ED同様に厄介な射精障害について|イースト駅前クリニックのED治療
https://www.eastcl.com/ed/about/ejaculatory-disorders/
引用元:「遅漏」「早漏」は要注意!ED同様に厄介な射精障害について|イースト駅前クリニックのED治療
https://www.eastcl.com/ed/about/ejaculatory-disorders/
引用元:性嫌悪障害(せいけんおしょうがい)とは - コトバンク
https://kotobank.jp/word/%E6%80%A7%E5%AB%8C%E6%82%AA%E9%9A%9C%E5%AE%B3-1726076
引用元:性交痛、性交障害 | まるはし女性応援クリニック
http://www.marugyne.com/coital-pain/
引用元:不妊症・不妊治療について/不妊症ってどういうこと?-浅田レディースクリニック
http://ivf-asada.jp/hunin/huninsyou.html

EDに関連する記事