公開日 18年05月16日

更新日 18年09月05日

包茎の剥き方基本まとめ!?自分でも無理せず剥けて簡単!

包茎の剥き方は正しい情報がなかなかなく、自己流にやっている人がとても多いと思いますが、無理にやってしまうとペニスのトラブルになってしまう可能性があります。

 

包茎のままでは病気になるリスクが高くなるため、できれば自分で改善したいところですが、包茎の剥き方はいくつかの注意点を覚えておかないと後で後悔する場合も。

 

そこで早速ですが包茎の悩みを抱えている方に、包茎の剥き方の基礎についてご紹介したいと思います。

 

まずはどのタイプの包茎かチェック

Thumb tasupoi

包茎は亀頭部分が皮で覆われた状態のペニスですが、それぞれの状態により包茎は異なる種類がありますので、特徴を理解してから対策を行うことが必要です。

 

包茎の剥き方もそれぞれの包茎により違いますので、なかには自分では改善できないタイプもあるため慎重に判断してから始めましょう。

 

亀頭部分が平常時から皮で覆われている人、勃起すると亀頭が露出するなど色々な状態の包茎がありますので、正しい対策を行うために包茎の種類について詳しくご説明していきます。

 

主な種類について

Thumb suitgirls

生まれた時の状態はすべての男性が包茎で、一定の年齢になるとペニスの先端部分の皮膚が陰茎の付け根方向へ後退するため亀頭が露出します。

 

何かしらの原因がある場合は亀頭部分が皮に覆われたままになり、この状態が包茎と呼ばれるもので、成人男性になるとコンプレックスやペニスのトラブル原因となってしまいます。

 

包茎がどうか調べるためには亀頭部分の包皮を剥いてペニスの状態をチェックし、もし次のような症状が当てはまる場合は包茎であることが考えれられます。

 

包茎は病気ではないのでそのまま放置することもできますが、ずっと包茎でいることはメリットはなく感染症など深刻な病気を招くリスクも高くなりますよ。

 

仮性包茎

仮性包茎は日本人男性に一番多い包茎の種類で、勃起時に包皮が自然に剥ける、もしくは自分で簡単に剥ける状態であることが特徴です。

 

また勃起時は包皮で亀頭を締め付ける痛みがない場合もあり、仮性包茎で軽症の場合はあえて治療をする必要はないと指摘する医師もいるほど。

 

そもそも包皮は亀頭を守るために存在するため、平常時に皮を被っていても勃起時に亀頭が問題なく露出できればよいという意見もあります。

 

しかし皮を剥くのが面倒くさい、ペニスが小さく見える、病気が心配、恋人から指摘されたという場合には包茎の剥き方をマスターして自分でケアすることも必要で、勃起しても剥けない重度の場合は注意が必要です。

 

真性包茎

真性包茎は包皮口が狭いので皮が剥けない状態の包茎で、平常時も勃起時も包皮で亀頭が覆われた状態になっていることが特徴です。

 

包茎は間違った解釈をする人も多いので注意しないといけないのが、真性包茎は亀頭が完全に皮を被った状態というイメージがありますがそれは本当ではありません。

 

真性包茎はたとえ一部が露出していても包皮口が狭くて皮がそれ以上に剥けない場合も真性包茎になりますので、正しく自分の症状を理解しておかないといけませんね。

 

真性包茎は常に亀頭が包皮で覆われた状態のため、ペニスの成長を阻害して先細りの形の悪いペニスになる可能性もありますので、できるだけ早めに医療機関で相談したほうがよいでしょう。

 

カントン包茎

カントン包茎は仮性包茎と真性包茎をプラスしたような状態で、平常時に無理をすれば被った皮を剥くことが可能です。

 

しかし包皮口が狭いため無理に包皮を下げると亀頭の根元部分を締め付ける場合がありますので、そのままの状態を放置すると皮が元の位置に戻らず大変危険な状態になることも。

 

亀頭の腫れや水ぶくれのような症状が出る場合もありますので、包茎の剥き方を実践する際には十分注意をしながら行うことが必要です。

 

カントン包茎は勃起時にペニスの痛みがあるためセックスが困難になり、包皮が亀頭を締め付けてうっ血する可能性もありますので、できれば早めに医療機関で診察を受けるとよいでしょう。

 

老人性包茎

中高年男性が注意したいのが老人包茎と呼ばれるタイプで、60代を過ぎると老人性包茎になるリスクが高くなるといわれています。

 

現在は高齢化社会が進み、包茎は決して若い男性だけの悩みでなく老人性包茎の治療を積極的に行う中高年の男性も増えています。

 

この包茎は加齢とともに垂れて下がりお腹の皮膚にペニスが埋もれてしまう症状、もしくはペニス自体が委縮して短くなる包茎です。

 

発症するのはメタボが増える中高年齢層で50代~60代は特に多く、このまま年齢を重ね行くと将来的に介護を受ける際、尿瓶で用を足せない場合もあり精神的な苦痛を味わう人も少なくありません。

 

埋没包茎

本来の包茎とは少し異なる存在の埋没包茎は、肥満気味やお腹の脂肪が多い人に起こりやすく、垂れた贅肉のなかにペニスが埋もれて機能を果たさないことが特徴です。

 

包茎はそもそも包皮の長さが原因で起こる症状で、埋没包茎の場合は包皮の長さに関係なくペニス全体が埋もれた状態なので体内から引き出せば改善が可能です。

 

埋没包茎はほかの包茎とは違いペニス自体に問題はありませんので、太りすぎなど現代病の一つとして生活習慣の改善などを指摘されることもあります。

 

しかしお腹にペニスが埋もれた状態のため勃起してもうまくセックスができない場合が多く、ペニスが見えないほど小さく見えることもコンプレックス原因になります。

 

 

包茎の剥き方の基礎

Thumb memotorigirl

包茎の剥き方を自己流で行うと無理をしてペニスにダメージを与える可能性がありますので、最初はできるだけデリケートにスタートし無理をしないように時間をかけて包茎を改善しましょう。

 

また包茎の種類によっては真性包茎のように平常時から亀頭部分が覆われている状態もありますので、自分で改善できない状態もあることを覚えておきましょう。

 

皮が剥けた状態をキープ

包茎の剥き方の基礎としては包皮を下げた時に痛みがなければ問題はありませんが、ヒリヒリしたり痛みを感じる時は無理に続けないでください。

 

まず包茎の剥き方の基礎として始めたいのはペニスを勃起させて亀頭を露出しやすくし、その状態で包皮を下に引っ張りながらきつめの下着で皮を抑えてください。

 

包茎の方は亀頭部分が包皮で覆われているため、勃起して露出した場合亀頭が大変デリケートで敏感になっていますので違和感を感じる場合もあるでしょう。

 

しかし包茎の剥き方を正しく繰り返すうちに徐々に慣れてきますので、いきなり刺激を強く与えないように徐々に皮を剥いてください。

 

下着をはいて亀頭を露出させた状態は約10分ほど放置させて、なるべく皮が下がった状態を固定するように意識してみましょう。

 

時間があればそのまま動かすずに10分ほど待つことも効果的ですし、痛みがなければ一日に何セットが繰り返してこの方法を続けることも効果を早めるコツになりますよ。

 

皮を剥いても元に戻りますが、繰り返すうちに下がる幅が徐々に広がり包茎が自分で改善できる可能性もあります。

 

絆創膏を使う方法

Thumb hitokuchi

包茎の剥き方で皮を剥いた状態をキープするためには絆創膏を使って固定する方法がオススメで、剥きグセを残しておくと痛みを感じせずに毎回皮を剥きやすくなります。

 

やり方ですが、ペニスを勃起させて包皮を剥いたら皮を指で軽くつまみ左右に数秒間伸ばし、痛みを感じない程度に10回ほど繰り返して包皮を柔軟にします。

 

そして亀頭が露出した状態になったら、カリ部分に絆創膏を貼り包皮を固定しそのまま放置してクセを残していく方法となります。

 

絆創膏でしっかり固定できるので多少動いても皮がずれませんし、寝ている間も亀頭を露出させて固定できますので習慣的に続けられる包茎の剥き方としてぜひトライしてみましょう。

 

だたし亀頭部分は大変敏感になのでセロハンテープなどでは肌に刺激がありますので、必ず絆創膏を使って包皮を固定してください。

 

絆創膏をつけている間に痛みやヒリヒリ感など違和感を感じた場合はすぐに絆創膏を剥がし、皮膚に残った接着剤をぬるま湯で綺麗に洗い流しておきましょう。

 

注意点

Thumb iinebusinessman

包茎は正しい剥き方を続けていけば、最終的に亀頭が自然に露出するようになり、勃起しなくても平常時から亀頭が見えるようになりますが、真性包茎のように包皮口が小さい場合は自分で無理に皮を剥くことはオススメできません

 

包茎の人が自分で包皮を引っ張って剥く場合はまず指が清潔であることを確認をし、行う前は薬用石鹸などを使い雑菌をできるだけ除去しておきましょう。

 

また手の汚れだけでなくにも雑菌が多く残っていますので、爪切りをしてヤスリで整えておけばデリケートな亀頭や陰茎を傷つける不安も少なくなります。

 

また注意したいのは包茎を治すグッズや器具などが通販などで手に入れられますので、このような道具を使う場合はくれぐれも使用方法を必ず守り、ペニスを無理やり傷つけたりうっ血させることがないように注意をしてください。

 

ペニスは血行の流れが活発になるほど栄養素も多く流れ込むので、ペニス自体を大きくして包茎を改善したい場合にも血行改善はとてもメリットになりますので、入浴中に皮を剥くなどタイミングにも注意してみましょう。

 

 

仮性包茎の改善策

Thumb herumetogut

仮性包茎は勃起すれば亀頭が自然にでてくる、平常時に簡単に皮を剥ける状態が特徴になり、症状は軽度から重度まで様々ありますので必ずしも仮性包茎は手術無しでも良いというワケではありません。

 

仮性包茎は男性に最も多いタイプの包茎で、包皮が長いことが原因になりますし逆にペニス自体が小さくて包皮が余ってしまう場合も考えれられます。

 

男性は成長段階でペニスも一緒に大きくなり、マスターベーションなどの行為により亀頭と包皮の癒着が徐々に剥がれて包茎が治る仕組みになっています。

 

そのため早い段階で徐々に癒着部分を剥がしていけば自分で包茎を治せる確率も高く、どの程度の症状なのか正しく判断して包茎の剥き方にトライしてみましょう。

 

ペニスを大きくする

Thumb kakkotsuke

包皮が余るのはペニスのサイズ自体に問題があり、サイズアップすれば全体的なバランスが取れるので、包茎の改善にメリットになります。

 

でもペニスを大きくするのは世の中の男性皆さんが頭を悩めるところで、必ず効果がでるという方法はなかなか見つかりませんよね。

 

即効性がある方法は残念ながらありませんが、包茎にメリットになるペニスの増大のコツがありますのでぜひ挑戦してみましょう。

 

道具もなにも使わずにできる簡単な方法がペニスのストレッチトレーニングで、勃起している状態でペニスを引っ張り海綿体の部分を刺激して陰茎を長くすることが可能です。

 

もうひとつの方法は筋トレも同時にできるスクワットは、下半身の筋肉を鍛える効果が高くマッチョ体型を目指す人にもオススメのトレーニング方法といえるでしょう。

 

スクワットは両足を肩幅程度に開いてそのまま腰を落としその位置で3秒間数えて、ゆっくり立ち姿勢に戻ります。

 

スクワット中は常に腹筋を意識して下半身の血流を活発にするようにイメージしながら、ゆっくり10回を1セットとして1日に3~5セット繰り返しましょう。

 

またペニスを直接マッサージして血流を改善する方法もサイズアップにメリットになりますので、お風呂の中など1日2回繰り返して習慣的に行ってください。

 

マッサージの方法は指で輪をつくりペニスの根元を握り亀頭に向かって指を擦らし、亀頭をパンパンに張らせていく方法です。

 

大きくなってきたら亀頭部分を軽くこすったりしごくなど刺激をプラスしてペニスを大きくしていきましょう。

 

手術をする

Thumb amegahutteiru

仮性包茎はそのままでも生活に支障がない人もいますし、なかには包皮内にたまる汚れのために炎症を繰り替えしてしまう場合もあります。

 

また自分では皮が剥けない真性包茎や危険度が高いカントン包茎の場合も、セルフケアでは改善できないため包茎の手術を受けることが大切です。

 

包茎の手術は最も多いタイプが余った皮を切除して亀頭を出す環状切開術と呼ばれる方法で抜糸をせずに溶ける糸を使い、傷口を目立たせない手術が最近では注目されています。

 

仮性包茎の手術で定番になっているのは亀頭直下埋没法と呼ばれる手術で、余った包皮を切り落としてカリ部分で縫合をする方法があります。

 

この手術方法は手術跡を目立たなくしてペニスの見栄えをよくする点を意識したことが特徴で、セックス時のコンプレックスをなくす効果もありますよ。

 

包茎手術は種類や適性について理解したうえで、費用が高くなることも頭に入れておかないといけませんので、善良な手術を行う病院やクリニックでまずカウンセリングを受けてください。

 

費用は真性包茎やカントン包茎で生活の支障になる場合は保険適用されますが、ほとんどは実費になることが多いため仮性包茎の場合はよく費用を調べてから検討することが大切ですね。

 

サプリを活用する

Thumb nayamashiikao

包茎を治す方法としてペニスを増大させるためにサプリメントを使う方法がありますが、サプリの種類によっては包茎が治りさらにペニスが大きくなるメリットが一石二鳥で得られる場合もあります。

 

ペニスを大きくするサプリメントに含まれる成分の定番はL-シトルリンやアルギニンなどがお馴染みで血行を促す作用がありますので、ペニスを全体的に大きくし亀頭を出しやすくする効果が期待できます。

 

ペニスは一般的に思春期を過ぎると成長がストップするといわれていますので、なにもせずに放置していても包茎が改善される確率は少ないといえるでしょう。

 

ペニスをサイズアップするサプリを使えば年齢に関係なくペニスを大きくさせられるため、包茎で悩む成人男性には手術の負担もなく比較的人気がある方法です。

 

サプリは血管を拡張して血液を多く送る働きがあり、しかも海綿体と呼ばれる血液が多く流れ込む部分は亀頭部分に集まっているためサプリの効果を実感しやすいといえます。

 

ペニス増大のサプリメントはあくまでもサイズをアップするものなので包茎治療のために作られたものではありませんが、サイズが大きくなることで亀頭部分が露出して同時に包茎改善にも大変メリットがあるといわれています。

 

色々な種類のサプリがありますので、安全性を考え自分の目的に合ったものを選び時間をかけて包茎改善に臨んでください。 

 

 

包茎が抱えるリスクについて

Thumb stoppose

包茎は見た目が悪い点が男性にとっては一番悩むところですが、それ以上に包茎にはあらゆる危険性が潜んでいますのでできるだけ早く正しく対策を行うことが必要になります。

 

お手入れをする際は余った包皮を下げて内側に溜まるカスや汚れを綺麗に取り除くこと、そして普段からペニスの状態を正しく把握して少しの異変でも放置せずに病院に行くなどすぐに対処しないと大変な症状につながる可能性があります。

 

包茎のペニスは亀頭に普段包皮が被った状態ですから、露出した時に亀頭部分が刺激を受けやすく、さらに亀頭の包皮は薄いため傷つきやすい状態であることも覚えておかないといけません。

 

包茎のデメリット

Thumb arafour

包茎のデメリットとして最大の注意点は衛生面のリスクがあり、包皮内の汚れは菌が発生する元になりますので悪臭が漂って困るという人もいるでしょう。

 

ペニスは射精行為をしない間も体の自然な働きで精分泌液を少しずつ発生していますので、包皮内に恥垢が自然に溜まる状態です。

 

真性包茎やカントン包茎になると自分で皮を剥けないため、日常的に自然に汚れや菌が蓄積されて最悪の場合には陰茎がんに至る場合もあります。

 

なかでも包茎の人にとても多いのが亀頭包皮炎と呼ばれる症状で包皮内で発生した菌により炎症を起こしてしまい、性行為時にパートナーに移してしまう場合もあります。

 

亀頭包皮炎は細菌が原因になる細菌性亀頭包皮炎とカンジダ菌が原因のカンジダ性亀頭包皮炎、そして二つの要素を持ったタイプの包皮炎も存在します。

 

亀頭包皮炎は原因菌により症状や治療方法が異なり、細菌性の場合はかゆみや痛み、悪臭などを発生させることがありカンジダ菌の場合は白いカスのようなものが付く症状があります。

 

しかしペニスだけの症状では自分で判断できないため、病院で早めに診察をうけて原因に合った治療方法を始めることが大切です。

 

もし亀頭包皮炎になった可能性がある場合は、患部をできるだけ清潔に保ち洗う時位は包皮を優しく下げて内側の汚れをぬるま湯で洗い流しておきましょう。

 

ごしごし洗ったり薬用せっけんなどの刺激成分が強い石鹸を使うと肌が乾燥してさらに回復が遅くなりますし、ヒリヒリなど不快な症状が悪化するケースもあります。

 

このように包茎は病気になるリスクが高くなりますし、性行為時に包皮が摩擦されて痛みを感じるなど、普段の生活のなかでダメージを受けることが多くなります。

 

包茎の正しい剥き方を実践しても、場合によっては症状が悪化することもありますので、一番安全なのは病院で相談する方法がオススメですね。

 

包茎はリスクを抱えてしっかり治すまでは何度も不快な症状が続きますので、自分で普段できるケアを続けながら本格的な治療をすることも検討しましょう。

 

早漏になる

包茎は勃起すると亀頭部分が露出するため、普段は皮で覆われた状態が続いていますので性行為時に亀頭がとても敏感で刺激に弱い状態です。

 

そのためセックス時に早漏になるリスクがあり、包茎の人は3分ほどで射精をしてしまうケースも多く、パートナーの女性が不満を抱いてしまう場合もあります。

 

包茎による早漏は手術を受けて亀頭を露出させることで、普段から刺激に慣れて徐々に強くなる可能性がありますし、射精時間がコントロールできるようになると精神的なプレッシャーがなく性行為に臨めるようになりますよね。

 

包茎と早漏はとても関係性があるため可能な限り亀頭を普段から露出すし、最低でも5~7分をまずはゴールにしてみましょう。

 

不衛生になる

包茎の最大のデメリットになる衛生面の管理ですが、亀頭と皮の隙間に汚れや恥垢が蓄積されて細菌が繁殖しやすい状態が続きますので、ペニスから悪臭を発生させる場合もあります。

 

包茎の亀頭はとてもデリケートなので洗う時に傷がついてしまう場合もあり、このような傷から梅毒や淋病、クラミジアなどの性感染症に感染することもあるため十分に注意が必要です。

 

亀頭が空気に触れる時間が少ない包茎はじめじめしているため、細菌がとても好む環境が整えっていますので、できるだけ清潔に保つことがお手入れのコツになります。

 

ペニスがかゆい、痛い、においがするなどの症状がある場合はすぐに病院で診察を受けて治療を受けましょう。

 

見た目が悪い

男性はペニスに関する悩みをきっと一つは抱えていると思いますが、そのなかでも包茎は深刻で見た目のコンプレックスを抱きやすいといえるでしょう。

 

また包茎は包皮で亀頭を覆ってしまうため、先細りのペニスになりやすくペニス自体の発育が無理やりストップしてしまう状態です。

 

女性からみた包茎は見た目が悪く性行為をしたくないと感じる人も多く、できれば皮を剥いて欲しいと願っている人がほとんどでしょう。

 

見た目が悪いペニスは男性としての自信喪失だけでなく、不快な症状もありますのでさらに異性からは嫌がられる原因になりかねません。

 

包茎を治したらいきなりモテ始めたという人は、自信回復して周囲に魅了をアピールできるため、ペニスだけでなく性格的にも男性らしくなるのでしょう。

 

 

まとめ

Thumb yuugure

包茎の剥き方は状態によって簡単にできる場合もありますが、根本的に手術で治療しないと自分では皮を剥けない真性包茎などもあります。

 

また逆に軽度の仮性包茎ならいますぐに手術をする必要はありませんが、包茎である以上様々なリスクが伴うため気なる場合は医療機関で相談する勇気も大切です。

 

包茎の悩みは気軽に人に相談できる内容ではありませんし、恋人がいる人はできるだけ早く改善したいとプレッシャーを感じる場合もあるでしょう。

 

包茎はとても深刻な病気を招く可能性があり、自分でペニスを清潔に維持するのは難しい点も色々ありますので、まずは一度専門のクリニックや病院で相談することをオススメします。

豆知識に関連する記事