公開日 18年05月26日

更新日 18年09月05日

包茎の治し方で悩んでいる人必見!?自分で治すか手術するかどっち?

Thumb tantousya

 

包茎の治し方は症状によって自然に自分で治せるケースもありますが、包茎はいくつか異なる種類があるため無理をするとペニスのトラブルを招く可能性があります。

 

包茎だと不衛生で病気になるリスクも高くなってしまうので、とても男性にとっては困る悩みですよね。

 

でも治し方は色々な方法が巷で言われているけれど、実際にどれが効果的なのか分からず悩んでいる人は少なくありません。

 

そこで早速ですが、包茎の治し方について自分でできること、もしくは病院にいくべきケースについてご説明しましょう。

 

包茎の種類と症状について

Thumb tasupoi

包茎の治し方で困っている男性は世の中にたくさんいますが、病院や専門機関で診察を受けて正しい治療や改善策を行っている人は意外に少ないとも言われています。

 

包茎といっても種類はひとつではありませんので、自分がどのタイプに属するか正しく把握したうえで改善していくことが大切といえますよね。

 

包茎は見た目が悪くなり自分のペニスがコンプレックスになる原因なので、できるだけ早く改善して悩みを克服したいもの。

 

そこで包茎の治し方を習得する前にまずは種類と特徴について詳しくご説明しますので、包茎を前向きに捉え必ず改善できると自信を持って治していきましょう。

 

仮性包茎

Thumb whitepaper

日本人男性に一番多い包茎なのが仮性包茎で、普段は包皮で亀頭が覆われていますが勃起すると露出して手で皮を剥ける場合があります。

 

ペニスを国際的に見た場合、この仮性包茎の状態が通常という考え方もあり、人によってはさほど心配しない場合もあるでしょう。

 

日本人の場合は7割前後が仮性包茎であるとも言われて、亀頭を覆う皮が長い場合やペニスのサイズが小さいために皮が余ってしまうこともあります。

 

そもそも包茎は体の成長とともにペニスも大きくなり、皮むき行為など自分のケアで亀頭と皮の癒着部分が少しずつ剥がれていく仕組みになっています。

 

包茎は大半の場合、この癒着を自分で改善してクリアできるのですが、場合によっては結果的に勃起した時だけ亀頭が露出する仮性包茎になる割合がとても多いといわれています。

 

日本人になぜか仮性包茎が多いのか、その理由は欧米人との体の作りの違いがあり体格がよい欧米人と比べると体が小さい日本人はペニスサイズも比例して小さくなってしまいます。

 

また仮性包茎は思春期の時にマスターベーションを多く行ってしまうと、ペニスの成長に必要なホルモンが性欲のために減少してしまい大きく成長できないことも要因ではないかと一部で言われています。

 

仮性包茎は症状が軽度なものから重度なものまで色々あり、自分で皮を剥いて亀頭を露出させられるのでお風呂でしっかり洗える人はさほど重大な問題として捉えないこともあるでしょう。

 

実際に仮性包茎で治療を受ける人は意外に少なく、手術を受ける際も仮性包茎は治療という目的よりも美容目的になり保険の適用ができない場合もあります。

 

仮性包茎をそのまま放置すると包皮の内側で汚れや細菌が溜まりやすくなり、まず悪臭を発生させるリスクが高くなります。

 

性感染症のように性行為の相手に感染する菌が包皮内に残っていると、病気の拡大にもつながってしまいますよね。

 

また普段亀頭部分が包皮に覆われていますから、勃起して露出した時亀頭はとても敏感でデリケートなため、早漏になる可能性もあります。

 

このようなトラブルを抱えている方は本格的に治療を検討して仮性包茎をしっかり治すことも大切ですね。

 

真性包茎

Thumb ryotewo

真性包茎は包茎のなかでも病院やクリニックなどの専門機関で治療を受けるべき症状がある為、無理やり皮を自分で剥くなどの行為は避けたほうがよいでしょう。

 

真性包茎は包皮口がとても狭くなっていますので、平常時でも皮を剥けない状態で常に亀頭は包皮で覆われています。

 

ほとんどの男性は思春期の成長期に自分で皮を剥くといった行為を続け、亀頭部分がでやすい状態に改善しています。

 

友達同士の間でもペニスの皮について話題になることも多く、中学生ぐらいの年代になると積極的に自分で皮を剥く人も増えてきますよね。

 

しかし適切な教育を受けなかった場合や友達との情報交換が少なかった場合は、成人になっても包茎であることが問題ないと誤解してしまい、症状がどんどん悪化してしまうケースもあります。

 

思春期の頃に徐々に亀頭と包皮の癒着を剥がしていかないと大人になってからは手遅れになる場合もあるのです。

 

真性包茎はこのような背景がある中、亀頭部分が常に皮で覆われていますので先細りのペニスになりやすい特徴があります。

 

真性包茎をそのまま何もせず放置しておくとペニスからの悪臭が強くなる、無理やり皮を剥くと痛みが残る、炎症を起こしやすくさらに癒着が発生するといった不快な症状を招いてしまいますよ。

 

さらに日常生活内でも精子が包皮にブロックさせて子宮内に十分届かないと生殖行為自体にも障害になる場合もありますので、できるだけ早く治療したほうがよい包茎なのです。

 

真性包茎は仮性包茎のように自分で包皮を下げて内側を洗うことが難しいため、汚れや菌が内部に溜まりやすくなっています。

 

性感染症になりやすい、炎症を起こしやすいといった環境があり性行為時には摩擦により痛みが発生してうまく射精できないトラブルも。

 

真性包茎は生活にも支障を及ぼすため、治療を受ける場合は保険適用されますので、費用面が不安な方にとってはそれほど大きな負担にならずに済むでしょう。

 

真性包茎は自分で改善できませんので、あらゆるリスクを避けるためにもなるべく早く医療機関で相談をしてください。

 

カントン包茎

Thumb hossinn

カントン包茎は亀頭を自分で露出させることが可能ですが、うまくいかない場合が多く無理をして亀頭にダメージを与えやすい状態が特徴です。

 

とくに発育段階でペニスが大きく成長しなかった人に起こりやすい包茎の種類で、10代の頃に亀頭がうまく露出せずそのまま大人になった場合に多いといえるでしょう。

 

また真性包茎の人が自分自身で無理やり包皮を剥いた場合もカントン包茎になる可能性があり、さらに複雑な症状へと進行することもあるのです。

 

カントン包茎はほかの包茎と同様にペニスの悪臭を発生させる原因となり、包皮の内側に雑菌や汚れが溜まりますので性行為のパートナーに病気を移してしまう可能性もあります。

 

女性が不妊症や子宮頸がんなどの病気を招くリスクもありますので、カントン包茎は自分以外にも与えるダメージも考えないといけません。

 

カントン包茎の危険性として覚えておきたい点は包皮口が狭いため、無理に皮を剥いた場合亀頭の根元を締め付けるように皮が下がり、そのまま元の位置に戻らなくなってしまう場合があります。

 

この状態はペニスの腫れを招き最悪は亀頭部分がうっ血してしまい細胞の一部が死滅する恐れもあるので注意が必要です。

 

カントン包茎は包皮を無理やり剥かないように意識しても、性行為で摩擦により皮が剥けてしまう場合もあるため、普段の生活のなかでも注意点は色々あることを覚えておかないといけません。

 

亀頭を露出させることが困難になり、そのため露出した際はとても敏感になっていますので、痛みや炎症なども感じやすい状態です。

 

さらに包皮にできる小さな傷より性交時に移ってしまった菌が感染して性病になりやすい点もカントン包茎の危険な部分といえるでしょう。

 

カントン包茎は仮性包茎に近い軽症の人も中には存在しますが、間違ったケアにより症状が悪化しやすい不安定な状態です。

 

包皮口が狭いということは性生活に悪影響を及ぼすだけでなく、健康面でもあらゆるリスクを招く可能性があるのです。

 

早急に医療機関で相談をして適切な対処をとることが必要なカントン包茎、放置すると亀頭が壊死して最悪切除する可能性もあります。

 

 

仮性包茎の治し方について

Thumb tantousya2

仮性包茎は包茎のなかでもとても多いため、手軽に治せるイメージを持った方も少なくありませんが、間違った対策は仮性包茎をさらに悪い状態にする要因になりますので十分に注意しないといけません。

 

仮性包茎は症状によってすぐに治療が必要になるものではありませんが、普段亀頭が包皮で覆われている状態は、刺激に弱くなるだけでなく皮の内側が不衛生になるためペニスの健康上には悪影響しかありません。

 

また包茎自体にコンプレックスを抱いている人は、仮性包茎であっても深刻な悩みとなりパートナーから辛い一言を言われてしまう場合もあるでしょう。

 

そこで仮性包茎の場合はどのような改善策があるか、自分でできることと病院の治療方法について詳しくご説明したいと思いますので、ぜひ参考にしてください。

 

自分でできること

Thumb kawaiizyosei

仮性包茎は自力で改善が可能な包茎ですが、あくまでも無理をせずにできる範囲で改善策を行うことが大切になりますので、無理やり包皮を剥くといった行為は注意しましょう。

 

自分でできる仮性包茎の改善策ですが、最初にペニスの皮を剥いた状態を長い時間キープしておく方法があります。

 

ペニスを勃起させると自然に亀頭が露出する仮性包茎は、そのままの状態を維持するために絆創膏など皮膚に安全なテープを使い固定させる方法があります。

 

包皮がすべて剥けないのは亀頭と癒着している部分があるためで、徐々に皮を剥いていけば亀頭が出やすくなりさらに刺激にも強くなります。

 

また露出した状態を維持するためには、きつめの下着をはいてペニスの亀頭をそのまま固定しておく方法もありますので、皮が戻らない位置でピッタリ下着を着用してしばらく放置しておきましょう。

 

仮性包茎は先ほどご説明したようにペニスのサイズが小さい場合も皮があまりやすくなりますので、普段から亀頭に血液をたくさん送り込み、サイズアップすることも方法のひとつです。

 

亀頭を刺激するマッサージは親指と人差し指で丸く輪を作りペニスの根元から絞りあげるようにしてマッサージをしてください。

 

また最近は血液の循環を活性するためやホルモン分泌を活発にするペニス増大サプリメントも存在しますので、マッサージや皮むきトレーニングに合わせてサプリをプラスするのもよいでしょう。

 

普段は締め付け感が強い下着だと陰毛が包皮に絡んでしまうこともありますので、血液の流れをよくするためにもゆとりのある下着を着用することをオススメします。

 

病院での治療方法

Thumb takarabako

仮性包茎は必ずしも病院で手術を受けて治す必要はありませんが、症状によっては危険な場合がありますので不安な場合はすぐに病院で相談をしてください。

 

仮性包茎で手術が必要になるケースとしては衛生面で自分でしっかりケアができないほど包皮がある場合、または異性の目を気にして包茎を治したい時にも手術がとても効果的な改善策となります。

 

一般的には仮性包茎は清潔に自分でセルフケアできる限り手術の緊急性はありませんので、手術費用などを考えて慎重に判断してください。

 

病院で仮性包茎を治療する方法は余った包皮を切除する手術が最も一般的となりますので、勃起した状態に合わせて切り取る部分を調整する手順などがあります。

 

有効といわれている環状切除術という治療方法は、包茎の治し方としてはとても多い方法で広く行われています。

 

切開をペニスの根元付近で行い傷や縫合部分を目立たなくさせないことが魅力の一つで、切除する量もうまく調整が可能な手術方法です。

 

亀頭が完全に露出している状態、そして平常時の場合の皮の長さをそれぞれマーキングして不要な部分を切除して縫合する施術です。

 

環状に切除するためペニスの長さに合わせやすいメリットがあり、包茎の再発がない点が仮性包茎をしっかり治すための魅力ともいえるでしょう。

 

ただし環状切除術は勃起時に余裕がないほど皮を切除してしまうと痛みを伴う場合がありますので、技術力の高い医師に執刀をお願いすることが必要になります。

 

また皮膚を切除する際に出血のリスクもありますので、どうしても仮性包茎を治したいという方は数多くの手術を行っている信頼できる病院を探すことが大切です。

 

 

真性包茎の治し方について

Thumb netsyopowner

真性包茎はほとんど包皮を剥けない状態なので不衛生になりやすく、ニオイや病気の原因が起こりやすい特徴があります。

 

自分でできることには限りがありますので、安全に改善するためには病院で治療を受けることや手術を検討することも必要になるでしょう。

 

無理に皮を剥いてしまうとカントン包茎になる危険性もありますので、その場合にはすぐに病院で治療を受けることが必要になります。

 

では真性包茎はどのような改善策があるのか、自分でできる方法と病院での治療方法について見ていきましょう。

 

自分でできること

Thumb suitgirls

真性包茎は手入れがとても困難で無理をするとペニスを傷つける恐れがありますので、癒着部分が多い場合には決して無理をせずに病院で相談してください。

 

包茎の治し方は色々ありますが、真性包茎のように無理できない状態はまず自力で治すことよりも普段のケアを正しく行い症状の悪化を予防しましょう。

 

包皮口を無理せず可能な限り広げてぬるま湯につけて、内側に溜まった恥垢を柔らくしてから洗い流します。

 

真性包茎の場合、汚れが長い間蓄積されている可能性がありますので、シャワーで軽く洗い流すことはできませんので汚れを落ちやすくする下準備が必要です。

 

ぬるま湯に包皮口をしばらくつけてからも決しては無理をせずに、先端部分を軽く上下させて内部の汚れをできるだけ押し出して下さい。

 

真性包茎は包皮が袋状で包皮口を少し広げるとなかにお湯が入ってきますので、そのお湯を使って洗浄することがコツです。

 

石鹸を使う場合は洗浄力が強いタイプや殺菌成分の入った薬用石鹸を使うと肌に刺激を与えてしまい、乾燥やヒリヒリなどの原因になります。

 

できれば弱アルカリ性の肌に安全な石鹸を使用して、デリケートに洗うことが必要になります。

 

普段亀頭部分が包皮で覆われているので、多少皮を下げただけでも痛みを感じる場合がありますので、その際は無理をせずに中止してください。

 

自分で包皮を剥く場合ですが、決して無理をせず長期間徐々に続けることが大切なので、包皮口を少し広げるケアを何度も繰り返したり、排尿の際に包皮口を軽く剥くなど半年を目安にまずは続けてみましょう。

 

病院での治療方法

Thumb herumetogut

真性包茎の治し方で病院で行う手術方法のまず一つ目が亀頭直下埋没法という手術がありますが、この方法はペニスの余分な皮を切除して亀頭の真下で縫合する方法となります。

 

とても多い手術なので失敗のリスクが少ないことや見た目が綺麗に仕上がるため手術跡の心配も少ないなどのメリットがあります。

 

もうひとつの方法は環状切開法と呼ばれる方法で見た目はさほど綺麗には仕上がりませんが、簡単な手術でリスクが少ないことや費用がほかの手術と比較すると安い点もメリットになるでしょう。

 

そして真性包茎の手術として行われる方法に背面切開法と呼ばれる施術がありますが、ペニスに手術跡が残ることや真性包茎が完全に治るものではなく、真性包茎を仮性包茎に状態を軽減する効果しかないことが特徴です。

 

真性包茎は性行為時の痛みや病気になりやすいといったリスクがあり、日常生活に支障があるため手術では健康保険を使って治療ができることもあります。

 

自分でのケアには限界がありますので、できれば病院で相談をして一番有効な対策をとることが包茎を悪化させないためにもオススメです。

 

 

カントン包茎の治療方法について

Thumb iinebusinessman

カントン包茎は包皮口が狭いため、勃起時にペニスが強く締め付けられるので快適な性行為ができないことや、炎症を起こして細胞が壊死するなど大変危険なリスクを抱えています。

 

無理に自分で包皮を剥くことはまず避けるべき注意点のひとつで、普段からペニスを正しくケアすることも異常を早期発見するために欠かせないことです。

 

カントン包茎は平常時に皮をずらし亀頭を露出させることが時には可能、しかしカリ部と呼ばれる亀頭部分に引っかかってしまうと包皮が戻せなくなってしまいます。

 

カントン包茎はその状態が続き圧迫が続きうっ血している部分が壊死する可能性がありますので、くれぐれも自分で無理をせずにケアを行いましょう。

 

自分でできること

Thumb memotorigirl

カントン包茎は普段のペニスのケアが症状を悪化させないための予防策として重要になりますので、もし痛みや腫れがある場合はすぐに医療機関で診察を受けてください。

 

まず自分でできる対策を行う前に知っておきたいことは、カントン包茎はどの包茎よりもとても厄介な状態のため危険性が高いことを頭に入れておきましょう。

 

症状が軽度の場合は入浴時など皮膚が柔軟な時を使い、包皮口を徐々に広げることがカントン包茎の治し方として一番安全なセルフ対策となります。

 

同じ部分を繰り返し広げてしまうと、包皮口の皮膚が薄い部分と厚い部分に分かれまだらになる可能性もありますので、毎回負荷をかける部分を違うところにするなど、全体的をまんべんなく広げてください。

 

市販の包茎を改善する器具もあるので、徐々に亀頭を露出するためには効果が得られる場合もありますが、確実性が低いものも多く使い方を誤るとカントン包茎は症状が悪化することもあるのでご注意ください。

 

皮を元の位置に戻せる場合、痛みやヒリヒリ感がない時にはこのような市販の器具を使うことも可能ですが、傷口から感染する恐れや出血、皮の変形などのリスクもありますし、包茎が治るまでにかかる期間が数か月から長い場合では数年ほど要する場合もあります。

 

病院での治療方法

Thumb atamagaitai

カントン包茎を病院で治療する場合ですが、早急に手術が必要かどうかは程度にもよりますのでまずはクリニックや病院でカウンセリングを受けるとよいでしょう。

 

手術方法として背面切開によりうっ血している場合の重度の症状に対して、緊急手術をこの方法で行う場合があります。

 

亀頭を締め付ける包皮を切開して包皮輪を拡大して仮性包茎に戻す手術となりますので、包皮の切除をして根本から包茎を改善する治し方ではありません。

 

カントン包茎をしっかり治す方法としては亀頭直下埋没法で、余分な皮膚切除してカリ首で縫合する施術する手段があります。

 

この方法は皮膚を切除して離れた部分の皮膚同士を縫い合わせるため、皮膚の色の違いがはっきりとわかる場合がありますが、縫合部分が目立たなく傷跡ができにくいため包皮のツートンカラーが予防できるメリットがあります。

 

ほかにも根部環状切除法は陰茎の根元部分の皮を切除して縫合する手術がありますが、カントン包茎の場合は亀頭周辺の皮が問題になりますので、この手術方法では対応できないケースもあります。

 

仮性包茎以外は健康保険が適用されることがありますので、高額な手術費用も負担が少なく施術できる可能性があります。

 

多くのクリニックで行っている仮性包茎の手術費用と比較するとカントン包茎はかなり高額な手術費用がかかりますので、まずは病院で相談してみるとよいでしょう。

 

 

メリットが多いのはどっち?

Thumb arafour

包茎の治し方は自分でできる方法と病院で治療する2つの方法がありますが、どちらにもメリットやデメリットがありますので、失敗しないためにも慎重に判断しないといけません。まず自分で治す方法ですが主に行われている包皮を自分で剥く方法、これは痛みを感じない程度に行えば問題はありませんが、ちょっとした力の入れ具合で癒着部分が無理に剥がれて傷を作ってしまう可能性があります。

 

また自分で包茎を改善する際は手指の清潔度も大変重要になりますので、汚れや雑菌が付いたままでは包茎の改善になっても亀頭包皮炎などの新たなトラブル原因を増やすだけです。

 

しかし自分で改善できるものなら、できればひとりでこっそり包茎は治したいもので病院に行く手間や高額な手術費用や治療費用がかからない点はメリットになるでしょう。

 

包茎は恥垢が溜まりやすく不衛生になるため、菌の繁殖、ニオイなど様々なデメリットを抱え病院で診察を受けるのはとても恥ずかしいと感じる人がほとんどです。

 

自分で間違った対策を続けると性病やペニスの病気、また包茎の種類を誤解して無理なケアをする可能性もありますので、自分で包茎を改善する場合はくれぐれも注意して普段のペニスのお手入れにプラスして慌てずに続けることが大切です。

 

病院で治療を受ける際は恥ずかしいのは仕方がない点ですが、正しい診察を受けて自分の包茎に合った改善策が分かるため一番安全であることがメリットです。

 

手術費用が高額になり心配という方もいると思いますが、専門クリニックや病院では無料カウンセリングを行っていますので、まずは気軽に相談してみるのもよいでしょう。

 

包茎の治し方は自分でやるか、病院に行くべきか、迷った時はまず相談だけでも病院に行ってから判断をしてください。

 

治療が必要ない仮性包茎の場合は普段のケア方法などが医師から指示されますので、間違ったやり方で包茎を悪化させるリスクが減ります。

 

病院では外科的な手術以外にも包茎の矯正器具を使い改善する方法もありますので、治療や手術に関する不安を取り除くためにもまずは医療機関に行くことをオススメします。

 

なによりもメリットとなるのは効果が一番早いこと、自分で包茎を治す方法は即効性がありませんので、緊急性を要するカントン包茎や真性包茎には適さないことがほとんど。

 

包茎が抱える様々なリスクを減らすためにも早期解決することが最も大切なポイントになりますので、メリットが多い医療機関で治療を受けることがオススメです。

 

まとめ

Thumb yuugure

包茎の治し方はそれぞれの種類により効果や期間なども異なりますが、仮性包茎のように普段のケアをちょっと意識するだけの場合や、すぐに手術が必要になるカントン包茎などもあります。

 

状態に合わせた最適な対策が必要になりますので、不安な時は包茎専門クリニックや泌尿器科で相談をしましょう。

 

そして普段は包皮を無理やり剥がさず、優しく内側の汚れを洗い流し常に亀頭の状態をチェックし、痛みやかゆみ、ニオイなどの異常を早期に発見してください。

 

可能な範囲で包茎をケアすること、これがまず自分でやるべき点になりますので体の健康を維持するためにも普段から生活習慣や食生活にも注意する心掛けが大切です。

包茎の図出典:
https://health.goo.ne.jp/medical/10171000
軽度の仮性包茎の図出典:
https://homme-life.com/phomosis-type-5988
カントン包茎の図出典:
https://xn--pcka3d5a7l880smkxb2dlnl0b08ys3r.biz/adverseeffect/

豆知識に関連する記事