公開日 18年11月08日

更新日 18年11月11日

大きな悩み!ペニスが小さい悩みとデメリット、おすすめの増大方法!!

ペニスが小さいことは男としての自信の喪失につながり、女性と積極的に関係していくことすら妨げてしまいます。男としての価値がペニスの大きさに比例するわけではありませんが、どうしても小さなペニスに悩んでしまうのが男というものです。

 

今回はそんな小さなペニスから発生する悩みとデメリットを解説し、気軽に始められる増大方法と高い効果を持つ増大方法を紹介します。

 

あなたは自身のペニスの大きさに満足していますか?実は、自分自身のペニスの大きさに不安を持っている日本人男性は実はとても多いのです。

 

そしてペニスの大きさに関する悩みというものはデリケートであり、なかなか人に相談できるものではありません。そのため一人で悩み続けてしまい、それが男性としての自信を喪失させることに繋がるのです。

 

断言しますが、ペニスは大きければ大きいほど良いというものではありません。しかし、男性として生まれた以上は大きなペニスに憧れを抱くのも当然のことです。今回はペニスが小さい原因やデメリットを見ていき、同時にペニスを大きくする手段について紹介します。

 

ペニスが小さい人の悩みとデメリット

Thumb doctor yubi

以下では、ペニスが小さいことによる悩みとデメリットに焦点をあてていきます。悩みはあなたの感覚や価値観によって形成されます。しかし、それが本当に悩むべきものであるかについては、様々な意見があるでしょう。

 

あなたが自分自身の悩みを今一度考え直すためにも、ペニスが小さいことによるデメリットを性格に知る必要があります。

 

ペニスが小さい人が抱える悩み

Thumb hage nayamu

自分のペニスが小さいと感じている人は、具体的にどんな悩みを持っているのかについてみていきましょう。ペニスが小さいことによる悩みとしては、以下のものが挙げられます。

 

  • 女性を満足させられない恐怖感がある
  • 女性に積極的になれない
  • 裸になるのが恥ずかしい
  • 男としての自信がなくなる

 

女性に関する悩みと、男としての自信についての悩みが多くなっています。やはり悩みの根底には、大きく逞しいペニスが直接的に男としての自信に結び付く感覚があるようです。

 

そして、その男としての自信に女性が惹かれる側面があると考えている人が多いようです。昨今は草食系男子なども定着化してきました。このことから考えると、必ずしも女性の側では常に男らしい人を求めているわけではないようにも思えます。

 

しかし、男らしさが女性から見た一つの魅力となるという考えは根強いのでしょう。その男としての自信がペニスが小さいことにより揺らいでしまい、それが原因となって女性に対して消極的になるという悪循環に陥るのですね。

 

もちろん全ての女性が大きなペニスを好むわけではないでしょうが、その事実と関係なく男性の側が勝手に悩みを抱えてしまうようです。そう考えると、ペニスが小さいという悩みはやはり深刻なもののようです。

 

似たように形成される悩みとしては身長の小ささが挙げられます。身長についても、高い方がいいというイメージがあり、女性が実際に身長の高い男を好むかどうかに関係なく低身長で悩んでいる男性は少なくありません。

 

それこそ自分が思いを寄せている女性が高身長好きであれば悩むのもわかるのですが、特定の女性の好みにかかわらずに悩んでいる人が多くなっています。その根底には、不特定多数の女性にもてたいという男の感覚があるのかもしれません。

 

ペニスの大きさについても同じものが裏側に潜んでいる可能性があります。

 

ペニスが小さいことによるデメリット

Thumb nayami man atam

では、ペニスが小さいことには実質的なデメリットがどれだけあるのでしょうか?実質的なデメリットと、ペニスが小さい本人が感じている感覚的な悩みの間にズレはないのでしょうか。

 

仮にそこにズレがある場合多くの男性は本来ならば悩まなくて良いことで悩んでいるのかもしれません。ペニスが小さいことによる実質的なデメリットとしては、以下のものが考えられます。

 

  • 挿入時に膣に刺激を与えにくい
  • 銭湯で見られるのが恥ずかしいと感じる
  • 長さが足りず、包茎になりやすい

 

他にも「小さいペニスに満足できない女性が浮気をする」などがデメリットとして挙げられることもありますが、これは極論でしょう。ペニスが小さいことによる直接的なデメリットとしては、上記の3つほどです。

 

いかがでしょうか?思いの外デメリットは少ないと感じましたか?それとも致命的なデメリットだと感じましたか?そこの違いは、人それぞれが持つ感覚や価値観により変わってくるでしょう。

 

例えば、男の価値は大きなペニスではなく、器の大きさだと心底考えている人からすると、小さなペニスを銭湯でみられることも恥ずかしいとは感じないはずです。

 

このようにペニスが小さい悩みは、必ずしも事実的な裏付けがあるものばかりではなく、本人の感覚による部分が大きいです。しかし、ペニスが小さいと女性の膣の奥まで届かないという点はまさに事実的なものです。

 

また長さが足りず、皮が余りやすいことから包茎になりやすいという点も事実的なデメリットでしょう。このようにペニスが小さいことのデメリットには、感覚的なものと事実的なものがあります

 

感覚的なものについては過度に悩む必要は必ずしも高くないということを覚えておいてください。事実的なものについても、セックスの技術を向上させたり、包茎手術を受けたりすることで改善することができます。

 

そう考えると、それほど大した悩みではない気がしてきませんか?

 

 

ペニスの大きさ、日本人の平均と世界の平均

Thumb jyougi

以下では、日本人のペニスの平均的な大きさと、世界の平均についてみていきます。あなたが小さいと感じていた自身のペニスは、世界的にみるとそれほど小さいものではないのかもしれません。

 

自分のペニスの小ささに悩む前に、事実としてのデータを知る必要があります。

 

日本人のペニスの平均値

Thumb teacher setumei

はじめに、そもそも日本人のペニスの平均的な大きさはどのくらいなのかをみていきましょう。平均的な大きさを知らずに、自分のペニスが小さいとくよくよしていても仕方がありません。

 

日本人のペニスの大きさについては、プライバシーに関する抵抗感があることから有用なデータは決して多くありません。その中でオナホールメーカーとして有名なTENGAが公開しているデータは、50万人の日本人からデータと取ってものであり参考になります。

 

TENGAが後悔しているデータによると、日本人のペニスの平均的なサイズは以下のようなものとなります。

 

ペニスの平均的な大きさ(勃起時)

  • 長さ:13.56cm
  • 亀頭部の直径:3.53cm
  • 竿部の直径:3.19cm

 

いかがでしょうか?自分自身のペニスとつい比較してしまいましたか?このデータは50万人分の統計となっているため一つの参考とはなりますが、ペニスの大きさ自体は自己申告されているものです。

 

そのため中にはペニスのサイズの正しい測り方を知らずに申告している人も含まれているでしょう。自分のペニスが上記の数字より小さかったからといって、必ずしも落胆する必要はありません。

 

上記データはあくまで一つの参考にとどめてください。

 

世界のペニスの平均値

Thumb kokujin sanngurasu

では次に世界のペニスの平均的な大きさについてみていきましょう。一般的な感覚として、日本人のペニスは世界的にみると小さいという印象がありますが、実際のところはどうなのでしょうか?

 

データとしては、泌尿器科専門の医療会社「アンドロメディカル」が公開しているものを使います。このデータでは、国別にペニスの平均的な大きさが以下のように示されています。

 

西アフリカ諸国

ペニスが最も大きいグループに分類されているのが西アフリカ諸国で、こちらの国のペニスの平均的なサイズは16.10~17.90cmです。これらの地域は黒人が多く、黒人=ペニスが大きいという印象と合致していますね。

 

平均で16cmを超えているのですから、驚きです。やはり黒人のペニスが大きいというイメージに間違いはないのです。これらの国々はペニスが大きい国ということができます。

 

スウェーデン、ノルウェー、メキシコ等

次に平均的なペニスのサイズが14.70~16.10cmあるのが、スウェーデン、ノルウェー、メキシコ、イタリア、オーストラリア等の国です。このグループに所属する国は同一地域にかたまっているわけではありません。

 

北欧やヨーロッパの国は平均的な身長も高いので、それに合わせてペニスのサイズも大きくなるのは納得です。そう考えると、体格が小さなアジア人はペニスも小さくて当然なのかもしれません。ただ、これらのグループにメキシコが入っているのは意外かもしれません。

 

メキシコ人は必ずしも大柄というイメージはないでしょう。

 

アメリカ、チリ、フランス、ドイツ等

第三位の大きさを持つグループとしては、アメリカ、チリ、フランスなどが挙げられます。こちらの平均的な大きさは12.90cm~14.70cmです。ヨーロッパの主要国やアメリカが属するグループなので、白人の平均的なペニスサイズという印象です。

 

西欧の先進国はここに位置しますが、必ずしも世界的に見て大きなペニスを持っているわけではないようです。むしろ世界の平均が西欧諸国の男性のペニスなのでしょう。

 

この第三位のグループまでアジアの国がほとんどランクインしていないので、やはりアジア人のペニスは世界的に見ても小さめであるということがいえそうです。

 

日本、ロシア、インドネシア、ブラジル等

そして、日本が登場するのがこの第四位のグループです。こちらのグループのペニスの平均値は10.50~12.90cmとなっています。上で紹介したTENGAのデータよりも小さくなっていますね。

 

このグループにはアジア各国や中東諸国が属しています。意外なところではロシアもこのグループなんですね。ロシアというと体の大きな人が多いイメージがあるかと思うので、この結果は少し意外ではないでしょうか。

 

このように日本人のペニスの大きさは、世界の国を5つに分けると上から4番目ということになります。実際に日本人のペニスは世界的にみると小さい部類には入るようです。

 

インド、タイ、韓国等

最後に世界的に見て最もペニスの平均的な大きさが小さいのがインド、タイ、韓国などです。いわゆる東南アジアと呼ばれる地域はペニスが小さい人が多いようです。平均で10cmを下回るのはこれらの地域だけという結果になっています。

 

つまりアジア人の中では日本人のペニスは決して小さくないのです。

 

ペニスが小さい原因

Thumb doctor yubi

上のデータによると、世界の国の中でも日本人のペニスは小さい方であることがわかりました。では、なぜペニスの大きさにこのように国や地域で差が出るのでしょうか。ここからはペニスが小さい原因について着目したいと思います。

 

原因を知ることで、ペニスを大きくする方法も見えてくるかもしれません。

 

遺伝的要素

ペニスが小さい原因として最初に挙げられるのが、遺伝です。遺伝と言ってしまうと元も子もありませんが、遺伝により身長の高さがある程度は決まるように、ペニスの大きさについても遺伝は大きく関係しているのです。

 

先ほど見た世界の国別のペニスの大きさの平均値に国ごとに偏りがあるように、人種や民族的な遺伝でペニスの大きさも変わってきます。

 

個体差こそあれど、西アフリカ諸国の成人男性のペニスは日本人のペニスより原則として大きいのです。この遺伝による影響は正直なところどうすることもできません。つまり遺伝的な部分でくよくよと悩んでも仕方がないのです。

 

成長環境によるもの

上記のとおり、ペニスの大きさについては遺伝的な要素が大きく関係しています。しかし、すべてが遺伝により決まるというわけでもありません。ペニスは第二次成性徴の時期に最も成長しますが、この時期に不規則な生活を送っていると、そのことがペニスの成長を阻害する場合があります。

 

この時期、男性の体では成長ホルモンが非常に多く分泌されます。それにより男性の体は女性よりも筋肉がつきやすくなり、また身長も伸びていくのです。この成長ホルモンはもちろんペニスも成長させます。

 

しかし、この時期に栄養バランスの偏った食事を多くしていたり、夜更かしをして十分な睡眠時間が確保できないでいたりすると、体の中で十分な量の成長ホルモンが分泌されません。

 

その結果、身長の伸びが悪くなるように、ペニスも大きく成長しないままとなってしまうのです。第二次性徴期の過ごし方はペニスの大きさに多大な影響を与えます。

 

肥満によるもの

またペニスが小さい原因としては、肥満も挙げることができます。この仕組みはとても簡単なもので、お腹周りや下腹部に贅肉がついていると、それにペニスが埋まってしまい、小さく見えるのです。

 

つまり肥満のせいで本来のペニスの長さが外から見えなくなっているのですね。また肥満体型の人は、食生活の乱れと運動不足のせいで体内の血液がドロドロしていることが多いです。

 

これも小さいペニスの原因に結び付くものです。というのも、勃起はペニスの中に血液が流れ込むことによって起こります。血液がサラサラであれば、十分な量の血液がペニスに流れ込むため勃起時に安定した大きさになるのですが、血液がドロドロの場合はペニスに流れる血液が減ります。

 

その結果、ペニスが十分に大きくならないというわけです。この肥満は遺伝や第二次性徴の時期の過ごし方と違って、今からでも改善することができるものです。肥満体型でペニスの大きさに悩みがある人は、まずはダイエットを目指してみるといいでしょう。

 

食生活にも気を付けることで、勃起時のペニスの大きさを改善することができます。また痩せて、自分の体に自信が持てるようになると、それだけで精神的にも余裕ができるでしょう。

 

そのことは女性に対する態度にも表れてくるはずです。肥満の改善はすぐにでも着手すべきものです。

 

 

ペニスを大きくするために着手しやすい方法

Thumb doctor woman annnai

以上のようにペニスが小さい原因には遺伝的なもの、第二次性徴時期の過ごし方によるもの、肥満があることがわかりました。この中で肥満については、ダイエットにより改善が可能となります。

 

しかし、遺伝的なものと、第二次性徴時期の過ごし方によるものは、今から改善することが不可能です。では、太っているわけではないのにペニスが小さい人は、もうペニスを大きくすることはできないのでしょうか。

 

その答えは、ノーです。今からでもあなたのペニスを大きくする効果が期待できる方法はいくつか存在します。もちろん今からペニスを10cmも20cmも大きくするというのは現実的ではありません。それは不可能です。

 

しかし、数cm大きくする程度であれば希望はあります。特に勃起時の大きさを改善することであれば、大きな希望があります。以下ではそれらの方法について紹介していきます。

 

ペニスの大きさにくよくよと悩んでいるのであれば、まずはこれらの方法を試してみましょう。効果にはもちろん個人差がありますが、何もしないまま時間を浪費するよりは遥かにましです。

 

今日から始められる簡単なペニス増大方法

Thumb doctor good

まずは簡単に始めることができる方法から紹介しましょう。日常生活を少し見直すだけで、ペニスを大きくすることができる可能性があります。

 

サプリの摂取

手軽に始められる方法の一つが、サプリメントの摂取です。先ほどペニスは第二次性徴の時期に成長ホルモンにより大きくなると説明しましたが、この成長ホルモンは第二次性徴の時期を過ぎてからも分泌されます。

 

ですが、加齢と共に分泌量が減っていきます。つまり、この成長ホルモンの分泌量を補おうというのがサプリメントの摂取の狙いです。男性ホルモンの分泌には必須アミノ酸であるアルギニンや亜鉛が必要となります。

 

これらの栄養素を、サプリメントを通して摂取することで大人になってからの成長ホルモンの分泌を増やそうというわけです。もちろんサプリメントの摂取だけで劇的な変化はありませんが。

 

しかし、男性ホルモンの分泌量を増やして精力を回復させることで自分に自信がつき、ストレスが減ったことにより勃起時のペニスの大きさが増すことは十分にあり得ます。

 

食生活の改善と適度な運動

またサプリメントに頼らずとも、食生活および運動の習慣を改善することによりペニスを大きくする効果が期待できます。例えば、肉類、牡蠣、豆、牛乳などは男性ホルモンの分泌を促す栄養素を多く含んでいます。

 

これらの食材を毎日の生活の中に積極的に取り入れることで、ペニスに良い影響を与えることができます。また運動の習慣を持ち、全身の血流を良くすることもペニスを大きくすることに繋がります。

 

勃起のために血液が健康な状態であることの重要性は先ほど紹介しましたが、それ以外にも運動することで筋肉をつけて自分の体に自信を持つことも精神的に良い影響となります。

 

ネガティブな気持ちは特に勃起時のペニスの大きさに影響を与えます。自分に自信を持つだけで、ペニスの大きさが改善する場合があるから不思議です。

 

最も高い効果が期待できるペニス増大方法

Thumb saya doctor

次に手軽さはないものの、最も高い効果が期待できるペニス増大方法を紹介します。この方法をとるには大きな決心が必要となりますが、その分、高い確率でペニスを大きくすることができます。

 

手術

その方法とは、長茎手術というものです。長茎手術には切るものと切らないものがありますが、根本的な仕組みは同じです。長茎手術においては、ペニスを構成している主たる組織である陰茎海綿体を体外に引き出します。

 

陰茎海綿体は靭帯により恥骨とくっついているものですが、この靭帯を緩めることで体内に埋もれていた陰茎海綿体を根元から引き出して固定するのです。つまり、今までは体内に埋もれていた部分が外に出てくるため、外見上はペニスが大きくなったように見えるのです。

 

切らない手術では陰茎海綿体を引き出して糸で固定する比較的簡易なものであり、切る手術は靭帯を直接切ることで永続的に陰茎海綿体が引き出された状態を実現するものです。

 

どちらも手術にはなるので一定のリスクは当然にありますが、手法としては特に後遺症などが残るようなものではありません。性的な機能への影響もなく、海綿体事態に傷をつけるようなこともありません。

 

ペニスを体内から引き出すというとギョッとするかもしれませんが、外から見えるペニスを物理的に長くすることができるので、ペニスが実際に大きくなった状態を実現できる手法です。ただ、もちろんこの方法は専門医とよく相談してから施術を決めるものです。

 

そもそも本当に外科手術に臨む必要があるのかどうか、自分自身でもよく考えてみてください。

 

まとめ

Thumb doctor annnai

いかがだったでしょうか?

 

今回は、

 

  • ペニスが小さいことによるデメリット
  • 世界と日本のペニスの大きさ
  • ペニスを大きくする方法

 

を見ていきました。

 

この中で、自分のペニスは悲観するほど小さくないと感じた人もいれば、やはり自分のペニスは小さいのだと現実を突きつけられた人もいるかと思います。しかし、何度も言うようにペニスはそもそも大きければよいというものではありません。

 

ペニスの小ささを過度に気にしてしまい、自信を失ってしまうのは悪循環を生みます。ペニスの大きさは遺伝などの後天的にどうすることもできない要因により決まる部分が大きいので、過度に悩むことはやめましょう。

 

あなたの男としての価値はペニスの大きさですべてが決まるわけではないためです。しかし、それでもやはり大きなペニスに憧れるという人は、ペニス増大法を手軽なものから始めてみてはいかがでしょうか

 

最終的に大きな効果を望むとなると手術が選択肢に入ってきますが。まずはサプリメントの摂取や食生活および運動習慣の改善を通して健康的な体を手に入れつつ、ペニスの増大に取り組んでみてください。

 

その過程で、あなたに新しい魅力が備わるかもしれません。そうすると男として自信が持てるようになり、女性に積極的に接することができるようになる可能性があります。ペニスの大きさに悩んでいるのであれば、まずは簡単な増大方法から始めましょう。

豆知識に関連する記事