公開日 17年11月12日

更新日 18年09月05日

ペニス増大サプリに「副作用」はあるの!?副作用の真実を一挙公開!

Thumb tantousya

この記事の所要時間:約9

ペニスを増大させたい、そしてペニスをもっと元気にしたい…

 

そう考えているヒトにとって、以前よりも気軽に付き合えるようになり、その上効能も進化しつつある「増大サプリ」は、心強い存在でもあります。

 

一昔前まで、こうした精力増強剤の類は、かなり怪しげなものも多く、その存在もどこか「日陰モノ」といった感がありました。

 

しかし今や、ネットなどで信憑性を評価され、その中身も以前より「透明性」を帯びてきました。されど、多くのヒトにとって増大サプリは、まだまだ謎に包まれた存在かも知れません。

 

時代と共に、効能がアップデートしている「増大サプリ」ですが、そうなるとパワーアップの反面「副作用」までアップされているのではないか?…そんなギモンも浮かんできます。

 

果たして、増大サプリは安全なのでしょうか。そしてパワー向上の余波として「副作用」が起こる危険性は、どの程度のモノなのでしょう?

 

 

増大サプリの「副作用」

Thumb capcelgreen

それではさっそく、増大サプリの副作用について見ていきましょう。

 

増大効果の「集合体」ゆえに…

増大サプリの特徴は、ペニスの増大効果を持った、さまざまな生薬の集合体だというコトです。いわば、動物由来の成分・植物性を問わず成分の「ゴッタ煮」状態です。

 

スタンスとしては「薬」と「栄養補助食品=サプリ」の中間的な存在と言えるかもしれません。

 

実際に、増大サプリは「医薬品」扱いではありません。かといって「栄養補助サプリ」とも違う存在で、「強壮剤」というジャンルに位置するのです。

 

通常の健康サプリメントなどは、使用シチュエーションが多目的である反面、目的が絞られていないモノも多いです。

 

例えばマカのサプリなどは「元気」をアップさせるために、広く老若男女に使用されていますが、使用者の目的はそれぞれ違います。

精力をアップさせるという、増大サプリ的な発想で使っているヒトもいるでしょうが、そんなケースだけではないのです。

 

効能の目的を「絞り込んでいる」という点で、増大サプリは薬に近い存在でもあります。目的が絞られているモノほど、効能の強さを追い求めている、とも言えます。

 

こうした存在のモノは、医薬品ほどではないにせよ、ある程度の副作用を誘発する危険性も秘めています。増大サプリも、また然りなのです。

 

増大サプリは医薬品に非ず、かといって食品でもない「強壮剤」なので、「サプリ」と呼ぶには少し「強力すぎる」存在かも知れません。

 

サプリという「栄養補助食品」の枠内で考えても、間違いではないのでしょうが、そこにピタッとはまる存在とは言えないでしょう。

 

増大サプリの扱い方は、そんなに難しいコトはないのですが、効果を急ぎすぎて規定用量をオーバーしたりすれば、当然副作用のリスクが跳ね上がるのです。

 

ED治療薬とは「副作用」も違う?

Thumb whitepaper

ペニスの能力を向上させるものと言えば、真っ先に「バイアグラ」を思い浮かべる方も多いでしょう。しかしこれは、増大サプリではなく「ED治療薬」と呼ばれるものです。

 

それらと増大サプリでは、いったい何が違うのでしょうか?

 

例えばバイアグラは、元来「狭心症」の改善薬として開発され、その「血流促進効果」の副次的な産物として、勃起しない男性機能の回復傾向が見られたという「偶然の産物」です。

 

しかしここから、ED治療薬の歴史が始まってゆくのです。

 

元が「狭心症改善薬」であったということは、正真正銘の「医薬品」だということになります。

 

狭心症改善薬は「強烈なパワー」で血流を「動かす」ための薬で、同じ「血流のトラブル」であるEDに偶然にも効いてしまった、というハナシなのです。効果が高い分、副作用のリスクは、増大サプリよりも遥かに高いのです。

 

それに対して増大サプリは、植物性・動物性を問わず「自然由来」の成分をベースとした、基本的にケミカルではないものです。

 

当然、副作用のリスクもED治療薬は低く抑えられていますが、増大サプリを構成している素材や成分の中には、かなり高パワーなものも含まれています。

 

用法・用量を守れば、さほどナーバスになる必要はありませんが、摂りすぎると、成分のパワーに体が「ヤラレてしまう」恐れもあるのです。

それこそが、増大サプリの副作用の正体とも言えるでしょう。

 

効くということは「副作用」もある…

Thumb kokoroitai

増大サプリは、バイアグラなどのような「医薬品」ではないため、副作用の面では軽視されているのかも知れませんですが、副作用のリスクもまったくないわけではありません。

 

「過剰摂取」にご注意!

ひょっと脱線した例えに聞こえるかも知れませんが…栄養価が「高すぎる」食べ物に、コドモの身体が過敏に反応してしまい、鼻血を出してしまうケースがあります。

 

コドモ時代の筆者は「ナッツ入りチョコレート」が好きでしたが、これを食べると鼻血が吹き出る…なのに、懲りずに繰り返し食べていました。

 

その栄養素の「パワー」が、血流量を急上昇させてしまい、子供の鼻の「薄い粘膜」を破ってしまうからなのですが大人の鼻粘膜は厚いので、「鼻血」というわかりやすいサインが出ません。

 

鼻血の話とは「完全イコール」ではないのですが、増大サプリの副作用も、それに近い現象とも言えます。

 

増大サプリのエネルギー負荷には、大人の身体でも耐えられない時すらあるのですね。それが「コドモの鼻血」のような判りやすいサインではなく、違和感や不快感をもたらすのですが、その違和感の根源が「判りづらい」のですね。

 

エネルギー量が高い栄養成分は、同時に高負荷が掛かります。さて、これを過剰に摂取したら、どうなるのでしょう…その答えは明らかです。増大サプリの副作用を回避するには「飲みすぎない」コト…もうこれだけです。

 

簡単なハナシなのですが、大人ですら単純な「足し算」で、「2倍摂ったら効果も2倍」って発想をしてしまいがちです。増大サプリの扱いはさほど難しくないのですから「大人」であれば、副作用対策も簡単にできるハズですね。どんなものにも、適量があるのです。

 

おもな副作用の「症状」

用法用量を守っていれば、増大サプリの副作用をさほど気にする必要はないでしょう。しかし、それでも副作用が現れる可能性はゼロではありません。

 

よく増大サプリには「副作用がない!」と謳っているサイトがありますが、そうしたものは増大サプリ販売サイトであったり、アフィリエイトなどの「間接的商売」も含め、増大サプリ販売に対して、少なからず「利益」が絡んだページなのでしょう。

 

例えば、バイアグラのようなED治療薬は、顔や身体の「火照り・頭痛・めまい」などを引き起こします。これは、急激な「血流の活性化」によって起こる現象です。

 

やや強引な例えですが「肝臓や「腸」などの異変や変化であれば、判りやすい反応を感じにくいですが、常に動き脈打つ「心臓」や「血管」の反応はダイレクトです。血流の活性化を急速に促すため、身体の火照りなどを引き起こすのですね。

 

これに対して増大サプリは、治療薬ではなく「強壮剤」ですので、副作用の質も違ってきます。「強壮剤」である増大サプリには、男性ホルモンの分泌を助ける成分など、様々なものが配合されており、当然、副作用の性格もED治療薬とは違ってくるのです。

 

代表的な増大サプリの副作用には、以下のようなものがあります。

  • 頭痛
  • 火照り
  • のぼせ
  • 胸焼け

 

軽度であれば、上記のような症状が現れますが「動悸・息切れ・吐き気・腹痛」といった、もう少し強い副作用を引き起こすケースもあります。

 

飲み過ぎなど「用法・用量の間違い」が原因である場合が大多数なのですが、増大サプリ自体の「規定を超えた」成分含有量であったり、個人の体質に起因した副作用のケースもあり得るのです。

 

危ない「生産国」がある

日本製の増大サプリは「品質規定」を守り、安全性を重視しているものが多く、副作用のリスクが少ない半面、増大効果が弱いとも言われています。

 

効果に「物足りなさ」を感じてしまうヒトは、より強力な増大サプリをサーチした末に、そこで数多く出回っている海外製の増大サプリに行き当たることもありますが、これには注意すべきです。

 

特に東南アジア製や中国製の増大サプリは、副作用など何のその…といった感じで、強力な増大成分をガンガン詰め込んでいます。

 

効果は強いと言われているのですが、過剰すぎる分量で成分を盛り込んでいたり、中には日本で「使用禁止」になっている成分を配合している場合もあるのです。

 

それに加えて、製造技術と管理レベルに問題を抱えており、不純物が混入した粗悪な増大サプリも存在しています。

 

マレーシア、タイ、中国、台湾などの増大サプリは、特に気をつけるべきでしょう。増大サプリの基準が日本とは違う…というよりも「ノールール」であると考えた方が良いかも知れません。

 

中でも中国製は、副作用レベルでは収まらず「健康被害」に至る危険も考慮したほうが良いかも知れません。

 

増大サプリに限らず、他のサプリや薬品、そして食料品に至るまで…安全性に関してかなりイイ加減であることは、周知の事実かと思いますので。

 

全てが粗悪であるとは申しませんが、儲けるためには「何でもやる」ので、副作用などを起こす危険因子の存在は「隠蔽」されてしまいます。

 

増大サプリによる「成果」を急ぎすぎると、副作用どころか重篤な危険にさらせれてしまう恐れもあるのです。アジア製などの海外モノは、もはや「サプリ」とは呼べない代物だったりするのですね。

 

レアケースではありますが、幻覚症状を引き起こす恐れのあるアジア製増大サプリもありますので、ちょっとコワいかも知れません。

 

Point

バイアグラは「治療薬(化学的成分)」、増大サプリは「サプリ(自然由来成分)」

頭痛、火照り、のぼせ、胸焼けの可能性

用法・用量はきちんと守ろう

生産元に要注意!

 

おもな成分と「副作用」

Thumb rainbowball

多くの増大サプリには、シトルリンやアルギニンなど「血流活性化」「血管拡張効果」を持つ栄養素が含まれています。勃起とは「血が集まる」現象なので、当然「パワフルな血流」必要とされるのですね。

 

血流が良くなれば、体が活性化するという「良い面」もありますが、効能が過剰に現れてしまうと、逆に身体への「負荷」が生じ、副作用が引き起こされるのです。

 

しかし、ED治療薬が文字通り「治療薬」なのに対して、増大サプリは「サプリメント」です。増大サプリは、シトルリンなどをはじめとした「自然由来」の成分をブレンドさせたものですが、その原材料は「強力」です。

 

「シトルリン」+「何か」という組み合わせの増大サプリが、現在の主流でしょう。

 

トンカットアリやクラチャイダムなどの東南アジア原産の植物や、マムシや牡蠣などの動物由来のエキスも、多くの増大サプリに含まれています。

 

これら自然由来の成分は、基本的には身体に良いものです。しかし、それらはかなりパワフルな栄養素で、摂り過ぎれば副作用に繋がる恐れもあります。

 

増大サプリの各製品における効果の違いは、「使用成分」とその「配合率」によって生じるのです。様々な生薬を配合させた「漢方薬」を、現代にアップデートさせたような存在なのですね。

 

木の根やら、動物のエキスやらを詰め込んで「適切な配合」に至ったモノが、増大サプリの「正体」だと言えるかも知れません。

 

副作用の可能性もゼロではないものの、日本で人気の高い増大サプリに限って言えば、基本的には安全であり、体にも良いものでしょう。

 

副作用を起こしやすい「成分」

増大サプリの原材料は、おおむね「植物由来」「動物由来」の2系統に大別できます。当然、両者の成分は全くの別モノですので、副作用の性質も当然違ってきます。

 

植物由来の成分による副作用は、以下の通りです。

  • 頭痛
  • 耳鳴り
  • 胸やけ
  • 吐き気
  • 腹痛

 

マカなどをはじめとした、植物の実や根などが増大サプリに配合されていると、このような副作用が引き起こされます。

まあ、大多数の増大サプリにとって、植物性の成分は「必須」なので、当然こうした成分が含まれているのですが、結局「過剰摂取」により副作用が引き起こされるケースがほとんどです。

 

続いて、動物由来の成分による副作用を列記します。

  • のぼせ
  • 動悸
  • 息切れ
  • 目が霞む

 

「赤まむし」などは有名ですが、スッポン・シジミ・カキなどの動物由来成分が含まれており、主に精力アップの目的で増大サプリに配合されています。

 

副作用を起こす要因は、植物性・動物性を問わず、増大サプリの「飲み過ぎ」であるケースがほとんどなので、用法と用量を守っていれば、そうそう副作用は起こらないでしょう。

 

成分が「多すぎる」と…

成分の過剰な配合は「反則」であり、日本国内ではGMPなどの「品質評価」は貰えません。しかし、増大サプリは医薬品ではないため、基準を下回るモノに対する「罰則」や「販売停止」は難しいのです。

 

そこで、健康を考慮しない増大サプリも横行します。健康問題よりも「商売」が優先されるのです。「弁当屋の弁当」「パン屋のパン」と同列の扱いで、決して「医薬品」ではないのですから…。

 

なので、良い加減な成分説明でOKで、細かな増大サプリのスペック情報は「スルー」なのです。つまり「長所」をガンガン列記できる反面、「短所」の表示義務がなく、好き勝手にやれるのですね。

 

最も多いケースが、成分の「過剰な盛り込み」です。

特に海外製の増大サプリは、日本の基準とは違う上に、成分表示のラベルも日本語ではないので、その正体が「霧に包まれた」感じになってしまいます。

 

法整備の問題でもあるのですが、こうしたケースも「スルー」状態であるのです。増大サプリの副作用のほとんどが「成分の過剰摂取」なのです。

 

規定用量を超えて「2倍摂取した」など、自己責任的な場合が多数ですが、成分が「過剰すぎる」増大サプリ製品自体の問題に起因するケースもあります。

 

増大サプリの成分の過剰な盛り込みは、当然、健康を脅かす恐れが出てきます。増大サプリは医薬品ではないので、表示義務を負わないのです。中でも海外製品(特にアジア系)は「やりたい放題」なのです。当然、副作用リスクも上がるでしょう。

 

表示義務の「無視」と「海外ルール」の狭間で、過剰に成分を盛り込んだ増大サプリが横行している現状もあるのです。

 

 

メジャーな増大サプリ

それでは、サプリ業界で、メジャーなサプリメントを見ていきましょう。

ヴィトックスα

Thumb vitox a

無名な商品も含めれば、増大サプリの種類は数え切れないほどあります。世界中で、新たな増大サプリが開発されては消える…そんな世界でもあります。

 

そんな数ある増大サプリの、人気ナンバーワンと呼んでも差し支えない「ヴィトックスα」

「シトルリン」の血管拡張作用と「アルギニン」の男性的パワーの向上力を軸としており、その他「マカ」の精力増強成分や、精子を作り出す源となる「亜鉛」など…他にも数多くの増大成分を含んでいます。

 

植物由来・動物由来を問わず、増大サプリの必須成分を幅広く網羅し、100種以上もの有効成分を含んでいるヴィトックスαは、増大サプリの中でも比類なき存在ですね。

 

増大サプリサイトの多くで1位に選ばれている、増大サプリ界のスーパーエリートです。特に、シトルリンとアルギニンの相乗効果による、体内の血流パフォーマンスを高めるという性格がメイン要素です。

 

裏を返せば、その効果が過剰であれば、頭痛などの「血流」に起因した副作用の恐れがあるのですが、副作用の報告は少ないです。

 

用法用量さえ守れば、そこまでの問題はないと思われますね。

 

バイタルアンサー

Thumb vitalanswer

この増大サプリの最大の特徴は、アルギニンのパワーにフォーカスしている点です。「1600mg」ものアルギニンを含有しており、この点では他の増大サプリを圧倒しています。

 

精子生成を促進し「男性らしさ」をアップさせる、筋トレマニアの大好物アルギニンが豊富。それでバイタル(活力)というネーミングなのでしょうかね。

 

アルギニン量だけに絞って言えば、マカの86倍・クラチャイダムの35倍という傑出した数値を誇っています。

 

クラチャイダムゴールド

Thumb kurachaidamgold0501

増大サプリの世界でも人気の高い、タイ原産の「クラチャイダム」というハーブを由来とした製品です。クラチャイダム100%配合というのがウリで、その成分の「凝縮版」といった性格でしょうか。

 

精子を作るための必須成分である「アルギニン」が豊富なこの植物にフォーカスし、それを効率よく摂取すべく「サプリ化」したものと言えるでしょう。

 

自然由来をベースとした増大サプリなので、クラチャイダムに対する個人の肌合いの問題もありますが、植物由来成分であり、そう怪しいものではありません。

摂り過ぎなければ、過剰に副作用を気にする必要はないでしょうね。

 

ギムリス

Thumb gimuris

これもかなり著名な増大サプリです。「シトルリン×クラボワスカ」を主成分とした増大サプリで、特に「クラボワスカ」の存在がこの製品の個性と言えます。

 

クラボワスカという、南米アマゾン原産の植物の成分が「売り」ですね。古くから先住民に精力剤・強壮剤として使われており、媚薬としても考えられていたそうです。

 

なんと、最長で100m近くまで成長することもあります。その驚異的な生命力を増大サプリにも…というコトなのでしょうか?

 

天然由来ゆえの、副作用の少なさが持ち味で、シトルリンの含有量も豊富です。ケミカル<ナチュラルといったアプローチで、多くの要素を詰め込まず、素材を絞り込んだ優しい増大サプリとも言えましょう。

 

ホワイトブルー

Thumb whiteblue2

クラチャイダム・アカガウクルア・トンカットアリ主成分とした増大サプリです。

 

インド~タイを流れるメコン川流域原産の、ヤマイモの近縁種「アカガウクルア」が、この増大サプリの特性だと言えるでしょう。

 

アカガウクルアは、男性ホルモンの一種「DHEA」の分泌を促す効果を持っており、若返り効果とを持っている上に、男性ホルモンの活性化を促進します。

 

男性機能に若さを与え、精力増強を図る…という考え方の増大サプリでしょうか。

 

また、うつ症状を伴った、心因性の勃起障害に対しても効果を発揮できるのです。他の増大サプリとは少し違ったアプローチの製品とも言えるでしょうね。

 

もちろん過剰摂取はタブーですが、アカガウクルアが体質に合わない場合は、副作用を引き起こす恐れもあります。但し、かなりの低確率ではありますが…。

 

ゼファルリン

  • L-シトルリン
  • L-トリプトファン
  • マカ
  • マムシ
  • スッポン
  • トンカットアリ
  • 赤ガウクルア

植物性のみならず、動物由来成分も多く含まれている増大サプリです。

 

勃起力増強よりも「増大効果」に関して、かなり評価が高いですね。何よりも増大を求めたいのであれば、オススメの増大サプリかもです。

 

動物性特有の副作用の懸念はあるものの、安心安全の「日本製」でもあります。

 

Point

シトルリンやアルギニンなど「血流活性化」「血管拡張効果」

原材料は、おおむね「植物由来」「動物由来」の2系統

植物由来の副作用は「頭痛、耳鳴り、胸やけ、吐き気、腹痛」

動物由来の副作用は「のぼせ、動悸、息切れ、目が霞む」

 

副作用から「逃れる」方法

Thumb menscamera

増大サプリを服用するにあたって、副作用が引き起こされる可能性が潜んでいることはわかっていただけたと思います。

 

基本的に、サプリメントには医学的な成分が含まれないはずですが、監視をくぐりぬけ、違法に製造、販売している業者もいることは確かです。

 

そのような背景をふまえ、副作用から逃れるためにはどうしたらいいでしょうか。その一つの手段が、「選び方」です。

 

増大サプリの選びかた

増大サプリは「医薬品」ではないため、成分表示の義務がありません。

 

「〇〇配合」とか、プッシュしたい成分を赤字で表記するなどしているのですが、中には全成分を明示していない増大サプリもあるのです。

 

というコトは、どんな成分が配合されているか判らないワケで、最悪の場合、やりたい放題にできるのです。当然、副作用のリスクはアップします。

 

まあ、流石にそんなモノだらけだとは思いませんが、実際に医薬品と同じ成分を含んだ増大サプリの存在が、アメリカで報告されました。

 

日本同様、米国も表示義務がないのですが、米国内の増大サプリのうち1/3に、サプリの域を超えた「医薬品と同じ成分」が配合されていたというハナシなのです。

 

表示されていない成分=副作用、とは言い切れないのですが、きっと、数ある増大サプリの中にも激しい生存競争があるのでしょう。

 

そこで過剰なまでの効果を求めるが故に、医薬品成分の領域に片足を突っ込んでしまったのでしょうかね?

 

これは個人的な意見ですが、増大サプリメーカーの商品ページで、何故か「画像データ」で構成されているサイトも多いですね。赤や青の「飾り文字」やイラストで、派手にアピールしています。

 

何故「文字データ」で打たないのでしょう?検索エンジンに拾われたくない「ヤマしい事情」でもあるのかと、勘ぐりたくもなります。その隠されたナゾの先にあるのは副作用なのか、はたまた単なる「誇大広告」なのか…と。

 

とにかく、全成分を表記していない増大サプリは、その信頼性もさることながら、副作用の心配もありますね。成分表記の明示は勿論ですが、その増大サプリが「品質規格」をクリアした商品であるかも、もう一つの指標となります。

 

JASマークやJISマークはご存知かと思いますが、これと似たもので「GMP」というものがあります。

 

これは、原材料の調達過程~製造工程~商品搬出までの、品質の「管理と保持」が徹底されているモノに対して、国家がお墨付きを与える制度です。

 

「国家の認定」を頂くワケですから、その増大サプリは品質への自信があり、実際にクオリティーが担保されているとも言えるでしょう。

 

こうした品質規格に合格し、それを明示している製品は、副作用を起こすような要素にも配慮した製品である可能性が高いですね。

 

飲み方にも注意する

Thumb ryotewo

早く効果を実感したい…と思い立って、つい適量以上に飲みたくなります。これが一番多いケースでしょうね。

 

どんなことにも言えますが、2倍/3倍と増量すれば、効果もその通りに現れる…なんて虫のいいハナシはありません。

1+2=3…というような、小学1年生の「算数」の発想を、大人がしてはいけないのです。

 

例えば「ニンニクを200個食べたら、200倍パワフル」なんてハズもなく、身体が効率よく吸収できない上に、却って胃腸や身体に悪影響が出るでしょう。

 

適量を超えた過剰摂取は、当然副作用を引き起こします。それは、増大サプリの摂取でも同じです。どんなモノにも、適量があるのですね。

 

そして、普通の「水」で飲むことも、副作用を回避するコツですね。お茶・コーヒー・ジュース・酒類…こうしたもので流し込むのは、極力避けた方がいいでしょう。

 

それぞれ「栄養成分」が含まれているので、それらと増大サプリの成分が「悪い結びつき」をしてしまう危険性もあるのです。

特にカフェインは、増大サプリの有効成分をブロックし、吸収を妨げてしまうと言われています。

 

増大サプリの成分は、適量を守ってこそ効果を発揮しますし、副作用の抑止にも同じコトが言えますね。

 

できるだけ、余分な要素を含まぬ水で服用すべきです。しかも吸収を妨げない「常温」が望ましいです。

冷た過ぎる、熱過ぎるなどの状態は、増大サプリの「吸収率」を低下させる恐れがあるのです。

 

ヒトにとってナチュラルな状態は「常温」であり、極端に体温と離れた温度でない状態が、最も身体にフィットしているのだと言えるでしょう。

 

「常温の水」が、副作用を避ける増大サプリの服用法であるのは間違いないです。早急で強引な解決策は「効果なし」と、とりあえず念押しておきます。

 

Point

品質規格に合格したサプリを選ぼう

適量のサプリを、「常温水」で飲もう

 

まとめ

Thumb bengoshi

増大サプリは、基本的に副作用が少ないと言われていますが、それは「ほぼ」であり「絶対」ではないのです。副作用という、ナーバスな問題に関しては、1%でも問題があれば「絶対」とは言い切れないのですね。

 

ヒトそれぞれ違う体質を持っており、増大サプリの副作用に対する耐性もそれぞれです。それを一律に括るコトは、難しいのですね。

 

問題があります

問題ありません

 

そうした答えには、必ず1%くらいの「誤差」が付き纏います。

もしそんな誤差が無いのであれば…永遠の生命は無理としても、人間の寿命は「90歳・○ヶ月と○日」といった感じで「計算」できるようになるでしょう。

 

つまり、生まれてからの日数計算で「死期」まで判断できて、皆が「死亡日」を逆算できてしまうことになります。

 

現実は、そうではありません。ヒトそれぞれの不摂生やアクシデントにより、状況が変わってしまうのです。

 

個人の増大サプリの使い方が読めないのです。デタラメな使用法が副作用を招くのは当然ですが、それを監視カメラでチェックする世の中ではないのです。

 

ちょっとSFチックで大袈裟な例えでしたが、増大サプリの副作用から「完全ガード」するような安全性を確保する監視技術なんて、逆にコワいですよね。

それ以前に、簡単な「自己管理」で解決できるコトは多いのです。

 

されど成分への「アレルギー反応」などの問題もあります。しかしながら、それは少数派なのですね。

 

これこそ「個人差」の世界です。多くの「ペニスの悩み」のサイトは、この問題はスルーされており、1%のイレギュラーを「切り捨て」ている感もあります。

 

しかしそれは、かなりセンシティブな問題であり、この記事で「完全な回答」を出せるわけでも無い実情もあります。

 

用法用量を守っているのに、増大サプリの副作用を感じているのであれば「アレルギー体質」の検査を受けることも、一考すべきかも…。

 

「自己管理」が先決ではありますが、それで済まないケースもあるので「駆け込み寺」としての医者や病院を使うチョイスも、少しだけ考えておきましょう。

 

医院は「駆け込み寺」と捉えても良いかと思います。無理難題を吐き出せる、現代社会でも稀有な場所なのです。

 

でも、お医者さん自身をなじったり、罵詈雑言を浴びせることなく、冷静に増大サプリの副作用の状況をキッチリ伝えましょうね!

 

人間は焦ると「ワガママな子供」と化すのです。アレは第三者から見れば、間抜けを通り越して「哀れ」な姿でしかナイのですね…。

 

ヴィトックスαエキストラエディションの画像出典
http://aucfan.com/search2/
バイタルアンサーの画像出典:
https://xn--vck8crcw92r3ha006ahx5cstfnkh.net/%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%81%AE%E5%8A%B9%E6%9E%9C%E3%83%BB%E5%89%AF%E4%BD%9C%E7%94%A8%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F/
クラチャイダムゴールドの画像出典:
https://www.krachaidam.jp/supplement/item_301.php
ギムリスの画像出典:
http://xn--u9jxhyd4cv417b.com/item/gimuris.php
ホワイトブルーの画像出典:
https://www.amazon.co.jp/

精力剤・サプリに関連する記事