公開日 17年11月12日

更新日 18年09月05日

大きくするならコレ!?ペニス増大サプリランキング上位3位をご紹介

Thumb vgr100 0318

この記事の所要時間:約13

以前、「バイアグラ」が話題になったように、近年では「性欲」や「性行為」に関する話題は、男女とも様々なメディアで取り上げられるようになりました。

 

中でも男性の悩みは、性行為の持続性や、自信やプライドにも関係することがあるので、「ペニス」に関しては、人前で話せない悩みを抱える場合も多いようです。

 

話題の「ペニス増大サプリメント」について、様々な角度から解説していきたいと思います。

 

ペニス増大サプリって何?

Thumb banana

医学的な見地からいえば、ペニスの大きさに個人差があるとしても、生殖における機能に関しては大差がないというのが正しい判断となっています。

 

思春期を過ぎた男性は、男性ホルモンの一つテストステロンによって、性器自体も発達していきますが、この大きさは遺伝が大きく関係しており、テストステロンの補充によって後天的に大きくなるかどうかは、医学的根拠は不明というのが正しい理解となるでしょう。

 

成長期の時に、仮に過剰な人為的テストステロンの投与があった場合は、ホルモンバランスが崩れて成長に悪影響をもたらすことがあります。

 

結論から言えば、ペニス増大に後から人為的にテストステロンなどを摂取してペニス増大を図ろうとしても、男性器の発達は期待する事はできません。

 

そもそも、成長期の発達段階でペニスに関して発達が阻害されている可能性がある場合、髭や陰毛など毛髪に影響も出てくるため、そういう場合はキチンと泌尿器科を受診する方が根本的な解決になります。

 

ところでペニスの大きさに関して、キチンとしたデータはそもそもあまり知られていない事実があります。

 

ペニスの大きさに関しては、医学的見地で諸説あるようですが、男性ホルモン分泌に異常がない場合、勃起してない状態では、陰茎の背面を計測してその先端までは、プラスマイナス約1センチ程度の差で、平均8.2センチほどが統計でわかっています。

 

一般的な日本人男性の完全に勃起した時の平均は13センチぐらいが平均となります。

 

これは約40年間で5,000人以上の陰茎の大きさを調査した結果で、データは古いものですが、現在でも非勃起状態では、長さ8.1センチ、陰茎周囲で太さ8.2センチ、勃起時平均長は12.7センチ、陰茎周で11.5センチと、戦前と戦後、現代では大きな差はないと考えて良いですね。

 

ここで、いきなりサプリメント効果に水をさすようですが、米国の医学誌としてある意味権威あるところによれば、身体的な血流に関するサプリメントの効果に関しては、ある一つのビタミン類や栄養素をサプリメントで偏った摂取を行うほうが、かえって身体に悪影響を及ぼす事があると言われています。

 

例えばβカロチン過剰摂取は肺がんリスクを高めたり、ビタミEやビタミンAの過剰摂取なども死亡率を逆に高める事が指摘されています。

 

効果として、日光浴不足などで身体の中で合成出来るビタミンDだけが、その効果については更なる研究結果を待つ必要があるそうです。

 

こうして考えれば、「サプリメントの効果は、プラシーボ効果に近いもの」と言っても良いかもしれません。

 

実際インターネット上でどんなに詳細に調べても、ペニス増大の医学的根拠は、ハッキリ言って民間的な一般論の範疇での効果を説明しているに過ぎず、どの記事も「医学的根拠はない」とハッキリ断言せざるを得ないのが現実です。

 

しかしながら一方で、ペニスの大きさと男性自身の「自信」は昔から密接な関係があるのは確かな話です。

 

これは多くの女性が、乳房の大きさや形を気にして、一部の人にコンプレックスがあるとの同様です。

 

ある種、サプリメントに頼りたい気持ちが、そうした浪費につながっているのかもしれませんが、あまりネガティブにならずに、気軽に適度なサプリメントと必須栄養素を日頃から気にしながら利用するような姿勢のほうが、むしろ健全ではないでしょうか。

 

男性に自信を付けるサプリメント

Thumb blacksupplement

日本における性生活の歴史では、古くから春画などのある種のポルノ、成人用の性に関する文化が発達したように、密かに関心が高いのは事実です。

 

しかし、現代の日本人はかつてのような日本食だけではなく、従来日本人では口にしなかった乳製品や肉類などの欧米式の食文化もかなり浸透し、単一の伝統的な食事ばかりではありません。

 

中でも最も栄養素として不足するのが、厚生労働省の調べでは「亜鉛」で、これが日本人の現代食ではかなり不足していることが指摘されています。

 

亜鉛は、男性では頭髪に関係もあるので、亜鉛を利用した育毛剤が市販されているほどです。この亜鉛は、別の側面では性欲に非常に関係していることがわかっています。

 

亜鉛などのサプリメントの効果は、米国で何度か実験を行ったそうで、EDになりやすい年齢層50代、60代ではこの亜鉛による摂取で精力に変化があるかを調査しました。

 

日本でも厚生労働省が推奨する成人が一日に必要な亜鉛の摂取量は、男性が12mg、女性が9mgで、男性の方が女性よりも多くの摂取を必要としている事がわかります。

 

統計では、この必要摂取量では、男性の方が非常に摂取量が少ない点も注目に値します。

 

そこで米国の実験では、一日に必要な亜鉛の量を常に1mg少ない形で食生活を行い、継続的に半年間生活してみたところ、被験者全員の男性ホルモンの身体における量は、かなり低下したことが判明しました。

 

5人中4人がED(勃起不全)を発症したそうで、こうして考えると一定の不足するミネラル成分に関しては、日常的に不足するなら、やはりサプリメントで補うことは、決して無駄ではないということもできるのではないでしょうか。

↓試すならまずはロングセラー!↓
 

ゼファルリン
最大19600円OFF!
商品名無しパッケージで気軽に購入!

ゼファルリンの詳細を見る→

 

コンプレックス解消のために人気

Thumb boldman

ペニスと言えば、男性の象徴のような存在ではありますが、男性専門の総合美容クリニックで30代~50代で約300人以上にアンケートを実施結果が非常に興味深いことになっています。

 

男性で「自分にコンプレックスがある」と答えた人は、全世代で約49%で、30代では50%以上、40代、50代で48%となっていました。

 

その中では、ダントツ1位は頭髪に関係することで、加齢と共に肥満、運動不足、視力の低下を指摘する声があがっています。

 

その中で、男性器に関するものでは、コンプレックスを感じていると答えた人は、約1.4%ほどで、それほど大きな問題では無いことがわかりますね。

 

このように実態ではなかなか、男性器に関するコンプレックスに関しては、それほど大きな問題とされない最大の理由は、やはり、日本における夫婦間、恋人同士の性生活の実態が影響を与えているようです。

 

Thumb gutspose2

例えば、女性の恋愛対象の8.5%は、なんと同性である女性で、20代男性の約40%は性経験がないいわゆる童貞、異性との性経験回数は、全体では8.1人ですが、男性は11人に対して、女性は5人程度で、女性の経験数のピークは30代が中心となっています。

 

1ヶ月の平均セックス回数は1.79回と、2回未満という低い数値で、明らかに既婚者では確実にその回数が激減していることがわかっています。

 

またセックス体験が童貞以外の場合で、何故回数が増えないかの理由に関しては、第一位が「相手がその気になってくれない」が男性側、女性は「忙しくて時間がない」あるいは「家族や子供がいるので機会がそもそもない」といった意見が多くみられます。

 

60代男性、女性では、「もう年齢的に無理」と答えるパターンが多く、次いで「面倒くさい」がなんと男女とも2位です。

 

一方でマスターベーションの回数では、1ヶ月平均では男性では11回、女性は2回程度で、性欲に関しては男性が若い世代ほど旺盛であることがわかります。

 

この調査は、全国約1万4,000人の調査結果ですので、実態調査としては正確でしょう。

 

以上の調査結果から推測できるのは、男性の自身の生殖器に関するコンプレックスとは、性の経験数や体験数、あるいは年齢と性欲が非常に関係していると言えそうですね。

 

しかもそれは女性から意識的に指摘されたものではなく、あくまでも男性同士で女性経験数や体験からくる、ある種の「思い込み」から来る、同性の他人と自分の比較の問題でしかないようです。

 

また身体のパーツごとのコンプレックスでは、男女とも「お腹周り」、つまり肥満によるスタイルへの劣等感が圧倒的で、特に男性器に関して極端な引け目を感じるパターン、シチュエーションはそう多くないと言えるでしょう。

 

しかも順天堂大学医学部のとある泌尿器科の医師の指摘によれば、生殖に関して最も重要なのは睾丸の大きさであり、陰茎の大きさではないと言っています。

 

医学的には、睾丸の大きさはより大きい方が有利で、その方が精子の生産数も多く、男性ホルモンはこの精子を作れる数とも深く関係しているので、単に陰茎が大きければ良いものは無いのです。

 

それを踏まえた上で、ペニス増大に関するサプリメントをよく吟味して、自分にあったものを選ぶべきではないでしょうか。

 

試すならロングセラーサプリ!ゼファルリン

 

 

人気のサプリメントランキング

Thumb bussinessmans

ご紹介するサプリメントに関しては、できるだけ公平に解説したいと考えていますが、泌尿器科の医師が指摘するように、男性ホルモンに関しては安易に増やす方向で考えるべきではないことを、まずは念頭に置くようにしましょう。

 

例えば、男性ホルモンの象徴、テストステロンは筋肉の「量」を増大させますので、時々ニュースで流れるスポーツ選手のドーピングでも度々問題になりますよね。

 

テストステロンには、塩分などの尿の排泄を促進する効果もあるため、結果として血液に影響して血圧上昇の効果をもたらします。

 

また成長ホルモンと男性ホルモンの関係は、非常にシビアなもので、男性の場合は過剰なテストステロンの摂取は、骨の発育を阻害させてしまうのです。

 

合成物資の過剰な摂取も、長期にわたって摂取を続けると肝臓や心臓、腎臓に過剰な負担を与えることになります。

 

特にサプリメントでは、こうしたテストステロンのような薬効は低いですが、それでも中には極端に偏ったミネラル補給が、やがて悪影響を及ぼすかは、まだよくわかっていないのです。

 

男性器に関しては、特に女性からその大きさを指摘されるよりも前に、男性同士の裸の交流で同性同士で比較される確率は高いでしょうし、同性から指摘されたことで自尊心を損ねることは通常よくあることですよね。

 

一方で、テストステロンは女性にも僅かに分泌されることは、医学的にもはやわかっており、「やる気」などの能動的な活動、性欲にも大きな関係があり、日常のストレスが蓄積すれば、脳からの分泌が滞って、大きな挫折感を味わったり、生活環境が劣化した場合には、当然、男性器に対しても勃起不全などの悪影響があることを指摘しておきたいと思います。

 

3位!ギムロット

Thumb %e3%82%ae%e3%83%a0%e3%83%ad%e3%83%83%e3%83%88%ce%b1%e7%94%bb%e5%83%8f2

旧「ギムリス」として市販されたサプリメントで、公式サイトではリピート率90%即効性の高いサプリメントとして、一部ネットでは非常に話題となっています。

 

成分の主体は「L-シトルリン」と呼ばれるもので、これが市販されるサプリメントでは、80mg含有で最も多い種類のサプリメントとして評判になっています。

 

製品の正式名称は「ギムロットα」です。他に、L-アルギニン、クラボワスカ、トンカットアリなどが含有されています。

 

ますこのシトルリンですが、これは1930年に日本の学者がスイカの果汁から発見した、アミノ酸の一種です。他にはキュウリなどのウリ科の植物に多く含まれています。

 

これは通常アミノ酸が多く含まれるのは肉類などのタンパク質の消化段階で得られる事が多いのですが、シトルニンはタンパク質を構成しない「遊離アミノ酸」の一つとして知られるようになりました。

 

これは、一酸化窒素を体内に増やし、それによって血管を広げ、血流量を増やす効果があるとされています。

 

しかしながら、これはアンモニアから尿素を合成する代謝機能と関係しており、血中酸素が欠乏した状態になったときに起こる、先天的な常染色体劣性遺伝によって起こる代謝異常疾患である際に、その原因を特定するためにこの成分が注目された経緯があります。

 

つまりは、このL-シトルニンとは、「人為的に血液の酸素濃度を減らす」意味合いで配合されているのですが、心臓血管健康補助剤の主剤であるため、単体での使用は疾患がない限りは、ペニス増大と直接関係あるかは不確かといった事実があります。

 

しかし医学的には、L-アルギニンと同時に摂取した場合は、疲労を軽減し、かつ好気性、陰気性といった有酸素運動や無酸素運動に寄与するので、長時間の運動、すなわち比較的長い時間の勃起性を継続する上では一定の効果は期待できるでしょう。

 

実際L-シトルニンは、高血圧で血流に悪影響を与えている人には、血管を押し広げ勃起不全には一定の効果はあるとされています。

 

つまりは直接的なペニス増大ではなく、勃起の持続性に効果を期待できるということです。

 

ギムロットαの詳細はこちら→

 

2位!赤ガウクルア革命王

Thumb akagau kakumei0405

通販で話題となっている、このサプリメントも、主成分としてギムロットα同様、L-シトルニンを含有するやはり血管の拡張によって血流を促進し、勃起持続時間を延長する効果を期待した製品の一つとなっています。

 

男性ホルモンに関係する、亜鉛含有酵母、高麗人参末他、非常に多くの成分が含まれているので、やや総合サプリメントの意味合いが大きいです。

 

中でも大きく謳っているのが、「アカガウクルア」と呼ばれる成分が、L-シトルニンと共に、大きく宣伝されています。

 

これはタイやミャンマーに自生するマメ科の植物の根に由来する成分の一つで、プエラリアから抽出した植物性エストロゲン・イソブラボンが多く含まれていることから、よくサプリメントでは使われる事が多いのです。

 

アカガウクルアとは、この種類の植物の「名称」なんですね。この植物の根を切ると、皮の周辺が赤くなるのでこの名がついています。世界的には「ソフォン」と呼ばれています。

 

タイ王国では、民間の精力剤として古くから伝わっており、精力向上、疲労回復や勃起不全に効果があるとした民間療法で利用されていることから、日本でもこうしたペニス増大のためのサプリメントによく配合されているわけですね。

 

現地タイでは、即効性があるというよりも、継続的に飲むことで性欲が増したり、勃起力が回復するとされてるので、天然のバイアグラとして副作用がない点では安心して利用する事が可能です。

 

こちらはL-シトルニンと比較しても、単体での使用で身体に影響を与えるものでは無いといえます。

 

1位!クラチャイダムゴールド

Thumb 336 280 5

こちらも、タイ王国を原産とする生姜の一種の、植物の根から抽出したもので、クラチャイダムとは現地の呼び名で、日本では「黒生姜」や「ブラックジンジャー」と呼ばれています。

 

タイでは1,000年以上前から、滋養強壮、精力増進、疲労回復の民間医療で活用され、長寿の薬としてもよく知られてるのです。

 

このサプリメントは、その抽出した成分をカプセル状にしたものです。

 

現地では、この生姜の球根を薄く輪切りにし、煮出して飲んだり、アルコールに漬けておき、それを飲んだりしています。

 

1,000年近い利用歴が現地で行われてきたので、これも直接はペニス増大には関係なくとも、精力や性欲には大きく寄与するので、間接的には好影響を与え、しかも副作用がない点では優秀でしょう。

クラチャイダムゴールドの詳細はこちら→

 

3つのサプリメント、いかがでしたか?それぞれのサプリの料金をまとめています。興味があったら、リンクより公式サイトをご覧ください。

サプリメント 価格
クラチャイダムゴールド 4200円
ギムロット 11980円
赤ガウクルア革命王 11019円

 

サプリメントの効果を高めよう!

Thumb dosei

サプリメントの利用に関しては、とにかく注意するのが「口コミ」などのネット情報にあまり踊らされないことです。

 

その多くは、半分以上が宣伝効果を期待したもので、直接医学的根拠は不明な者が大半です。

 

本来の栄養素の摂取は、日頃のバランスが良い食事を心かげていれば、それほど極端な体質に変化することはありません。

 

またサプリメントは、「健康食品」の一つで、国が制定した効果をある程度期待できるとした、「特定保健用食品」や「保健機能食品」、「栄養機能食品」とは明確に区別され、個別の製造者が設定した基準を満たす意味となっています。

 

つまり「自己認証の食品表示」なのです。基本的には、「~が認可」としても、省庁が製品のどの部分に許認可を与えたのか、正しく消費者は知る必要があります。

 

成分に関しても、原材料は何か、あるいはどのような抽出方法、成分の本質的な役割などを知る必要もあるでしょう。

 

特に成分の「量」が不明な健康食品は、有効性も安全性も確かめる手段がありません。正しくサプリメントの効果を高めるには、第一に「薬のように扱わない」ことです。

 

形状が錠剤やカプセルであったとしても、それはあくまで「食品」であることを忘れてはなりません。

 

従って、身体的にアレルギー体質や、特定の疾患、特に勃起に関するものでは、高血圧や糖尿病、心臓疾患に影響がないかは非常に重要なポイントになります。

 

試すならロングセラーサプリ!ゼファルリン

 

飲むタイミングを確認しておく

Thumb callingman

もう一度指摘しておきますが、「サプリメントは薬剤ではない」のですから、パッケージに書かれた量を最低限守って、食事の中で取り入れるほうが健全でしょう。

 

過度にそのサプリメントだけに過剰に期待して量を多く飲むことはオススメできません。

 

どのくらい飲めば効果がでる?

 

やはり、多くのこうした「ペニス増大」を謳うサプリメントの多くは、民間療法の転用が多く、その効果は継続的に長く利用してみないと効果は実感できないのが現実です。

 

費用対効果で、長く利用して効果が感じられるかどうかは、よく考えておくべきですね。

 

 

食事との相性

Thumb yakisoba

サプリメントは健康「食品」です。他の食品とのバランス、栄養価を考えてパッケージの利用回数、飲む量などを守れば、特に食品との相性を考える必要はありません。

 

むしろサプリメントでアレルギーが発症するかは、よく注意する必要があります。

 

アルコールやたばこはOK?

 

医師も指摘するように、飲酒とタバコも適量で健康を害するほどでなければ、勃起不全に影響を与えることはありませんが、L-シトルニンのように、血流に関係するような成分の場合は、飲酒は血管の拡張を伴うので併用は避けるべきでしょう。

 

また喫煙は同時に血流に影響を与えて、体も冷やしますので、タバコの吸い過ぎは当然勃起不全の傾向を強めてしまう結果になります。

 

まとめ

Thumb bengoshi

こうして色々ペニスに関することを色々調べたところ、結局はペニスの大きさよりも、むしろ勃起の持続性とか、疲労との関係、あるいは精力に関することで話がたくさん出て来る結果となりました。

 

中には、ペニスを手術で人為的に大きくするような審美治療も話題となる場合もあるようですが、統計では男女とも、ペニスの大きさをコンプレックスとして抱いている例は少ないといえます。

 

実際「ペニスが小さければ、性交が出来ない。」ということはありません。

 

従って、ご紹介したサプリメントも、やはり「健康食品の一種」として適度に利用して、楽しむつもりで気軽に飲んだり、食べたりした方がむしろ健康的といえるのではないでしょうか。

 

↓試すならまずはロングセラー!↓
 

ゼファルリン
最大19600円OFF!
商品名無しパッケージで気軽に購入!

ゼファルリンの詳細を見る→

バイアグラの画像出典
http://endia.net/baiagura100mlotoko-hunakosi
赤ガウクルア革命王の画像出典
http://www.mitumoto.com/kakumei/index.html

増大に関連する記事