公開日 17年11月12日

更新日 18年09月08日

自宅で簡単!?誰でも手軽にできるペニス増大マッサージ方法まとめ

ペニスの悩みは他人に打ち明けにくいものです。ペニスを増大させたいけど、病院に行ったりED治療薬を服用したりするのは抵抗があると感じる方も多いでしょう。

 

そんな方でも、ペニス増大マッサージなら自分ひとりで誰にもバレずにペニスを大きく出来る可能性があります。ペニス増大マッサージの方法と効果を発揮しやすい環境作りについても紹介しますので、ペニスサイズに悩んでいる方はぜひ実践してみてください。

 

ペニス増大マッサージの方法と注意点

Thumb jamp

自分のペニスサイズを大きくしたいという願望を持っている男性はたくさんいます。

 

ペニス増大マッサージは誰でもすぐに始められるので、いますぐペニスを大きくしたい方にとても有効です。

 

しかし、正しい方法を知らずにペニス増大マッサージをしてしまうと、効果を得られないだけではなく、ペニスを傷つけて健康に害をもたらしてしまう可能性もあるのです。

 

結局女性はでかいペニスの方が好き

Thumb penis average

男性がペニスを大きくしたいと考える最大の理由は、セックスで女性を満足させたいからです。

 

一般的に日本人男性のペニスの平均サイズは13センチ~14センチと言われています。一方で、女性が求めるペニスの長さは16センチ~18センチ程度と言われています。

 

つまり、平均的なサイズのペニスでは、女性を100%満足させることは出来ないのです。

 

女性が長いペニスをもとめるのは、長いペニスの方が膣内の気持ちいポイントによく当たるからです。特に女性がいちばん中イキしやすい子宮口は、膣の奥の方にあります。

 

だから短いペニスだと子宮口にあたらず、女性は快感を得られないのです。逆にペニスが長ければ、勝手に膣の奥まで届くので、挿入しただけで女性は強い快感に包まれます

 

また、ペニスは長さだけではなく、太さを重要です。ペニスが太ければ、女性の膣の上部にあるGスポットなどの快感ポイントに擦れやすいからです。

 

また、ペニスが太ければ挿入した時に膣にしっかりと包み込まれる感触があります。

 

女性にとっても、入ってるのかどうかわからないような細いペニスよりも、太いペニスを感じるほうがセックスの快感が増します

 

アメリカの名門大学であるUCLAの性的心理学および精神神経学を専門としているチームによる面白い調査結果があります。

「一夜限りの関係と分かっている男性」に対して女性が期待するのは「大きなペニス」であると判明したのです。

 

つまり、愛情などがない関係であっても、ペニスさえ大きければ女性は快楽を得られるということです。

 

もちろん女性がセックスで得られる快感はペニスサイズだけで決まるわけではありません。しかし、ペニスが大きい方が女性に喜ばれることは間違いありません。

 

なぜペニス増大マッサージをするとサイズアップするのか

Thumb blood erection

男性の身体の部位で、成人以降にサイズが変化する部位はほとんどありません。しかしペニスは誰もが知っている通り、勃起によってサイズが変わります。

 

勃起は、ペニスの海綿体に血液が流れ込むことによって引き起こされます。たくさん血液が流れ込めばその分ペニスは膨張するのです。

 

実際、その日の体調や性的興奮度合いによって、勃起をしている時のサイズが違うと感じるものです。

 

海綿体に流れ込む血の量は一定ではありません。血管が狭くなっていれば血流は悪くなりますし、血がサラサラならその分活発に血液が流れ込みます

 

海綿体は伸縮性がとても高い器官なので、血流がよくなればその分勃起時のサイズがアップします。

 

ペニス増大マッサージは、ペニスに流れ込む血液を増やしてペニスサイズをアップさせるマッサージなのです。

 

そこで、ペニス増大マッサージの正しい方法を理解しましょう。

 

ペニス増大マッサージの3つの方法

ペニス増大マッサージには、主に3つの方法があります。それぞれの方法で強化される部位は違うのでバランス良くマッサージしましょう。

 

ペニス増大マッサージをする上で重要なので、しっかりとペースを決めてできれば毎日行うことです。

 

ペニス増大マッサージは即効性がある手段ではないので、気長にやり続けることが重要です。

 

ペニスを引っ張るペニス増大マッサージ

亀頭やカリ付近を持って前方からやや斜め上に向けて引っ張るマッサージです。このマッサージによって、海綿体を伸ばします。

 

柔軟体操で身体の筋肉や腱を伸ばすのに似ています。海綿体は伸縮性があるので、このマッサージによって長く伸びるクセをつけられます。

 

ポイントは痛みを感じない程度で、自分の最大時のペニスの長さよりもやや長くなるように引っ張ることです。そして、引っ張った状態で5分間維持しましょう。

 

何度もやったほうが海綿体の伸ばす効果が強まりますが、やりすぎると海綿体を痛めてしまうので、まずは1日3回程度にして、慣れてきたら徐々に回数を増やしましょう。

 

上下左右に引っ張るペニス増大マッサージ

ペニスを前に引っ張るだけではなく、上下左右に引っ張るマッサージです。海綿体は伸縮性があるだけではなくとても柔らかい器官でもあります。

 

身体を柔らかくするときに、一つの柔軟体操だけではなく、開脚、前屈、屈伸などのさまざまな体操をするイメージです。

 

海綿体が柔らかくなればその分血液が流れ込みやすくなります。そうなれば勃起時にも流れ込む血流が増すので、ペニスのサイズアップにつながるのです。

 

あまり一方向に伸ばしすぎるとペニスにクセがついてしまうので、上下左右にバランス良くそれぞれ3分程度引っ張りましょう。

 

また、上下左右に引っ張ったあとは、ペニスを時計回りと反時計回りにぐるぐると回しましょう。

 

このマッサージによって、ペニスと身体の接点が柔らかくなり、血液が流れ込みやすくなります。

 

あまり早く回してしまうとペニスの付け根を痛めてしまう可能性があるので、ゆっくりと10回転ずつさせましょう。

 

亀頭を握るペニス増大マッサージ

ペニス全体のサイズではなく亀頭を大きくするマッサージです。亀頭が大きくなれば、女性の膣に擦れて強い快感を与えられます。

 

まずカリに近い部分の亀頭をぎゅっとにぎります。これで一旦血流がとまるので1分程度そのままで維持しましょう。

 

血流が止まると亀頭の色が白っぽく変化するので、手を話して血流を戻しましょう。すると一気に血液が流れ込むの、血管を拡張して一度に流れ込む血の量を増やせます。

 

ただし、このマッサージはやりすぎると亀頭に負担をかけてしまいます。亀頭を強く握りすぎないように気をつけて、最初は短時間で良いので手を話しましょう。

 

 

ペニス増大マッサージをするときの注意点

ペニスは男性の身体のさまざまな部位の中でも特に敏感な場所です。

 

とても傷つきやすいデリケートな場所なので、ペニス増大マッサージをするまえに、ペニスを傷つけないように準備しましょう。

 

また、少しでも異常を感じたらすぐにペニス増大マッサージをやめましょう。

 

ペニス増大マッサージをすると、ペニスに通常とは違う力が加わるのでやりすぎるとペニスを痛めてしまいます。

 

だからペニス増大マッサージをするときには以下の注意点に気をつけましょう。

 

清潔な環境で行う

ペニス増大マッサージは、清潔な環境で行うようにしましょう。とくに亀頭はとてもデリケートなので、最近が入り込むと亀頭炎などの病気になってしまう可能性もあります。

 

綺麗な環境で行うのはもちろんのこと、ペニスと手を清潔にしてからマッサージを始めましょう。

 

手に汚れがあると、ペニスにそれが移ってしまい亀頭炎などの原因になります。特に尿道口は体内の粘膜に直結しているので、無闇に触らないように気をつけましょう。

 

伸びた爪に注意

ペニス増大マッサージをするまえに爪が長くなっていないかチェックしましょう。爪が伸びているとその分亀頭に傷をつけてしまう可能性がたかまります。

 

その傷口から最近が入り込むと炎症を起こしてしまいます。

 

また、爪と指の間に汚れが溜まりやすいので、手を清潔にしていても爪と指の間の汚れが亀頭についてしまう可能性もあります。

 

このように、爪は短くしておく必要がありますが、切ったばかりのつめは尖った状態になっていることが多いので注意が必要です。

 

爪が鋭利な状態だと亀頭を傷つけやすいので、しっかりと爪を切り、やすりで爪先を整えてからペニス増大マッサージをしましょう。

 

力を入れすぎない

ペニスは男性の身体のさまざまな部位の中でも、特にデリケートな部位です。だからペニスを傷つけないように、力の加減に気をつけましょう。

 

オナニーをするときにはペニスのサオ部分を強く握っている男性も多いと思いますが、亀頭を触るときにはあまり力を入れてはいけません。

 

ペニス増大マッサージをするときには、最初は「こんなに弱くていいのかな?」と感じるくらいの力でマッサージを行い、慣れてきたら徐々に力を加えていきましょう。

 

せっかくペニスを大きくするためにマッサージをしているのに、ペニスを痛めてしまっては意味がありません。

 

 

ペニス増大マッサージの効果を最大化する方法

Thumb bussinesmanwoman

ペニス増大マッサージの効果を最大化するためには、マッサージを始める前の準備が重要です。

 

ペニス増大マッサージの目的は血流を増やすことですから、あらかじめ血流が増えやすい環境を作っておく必要があるのです。

 

また、事前に準備をしっかりしておくことで、ペニスを痛めたり怪我をしたりするリスクも下げられます。

 

難しい準備ではないので、ペニス増大マッサージをする前にしっかりと準備を整えましょう。

 

ペニス増大マッサージはお風呂で行う

人間の身体は対応が高くなると血管が拡張されて血流が良くなります。だからペニス増大マッサージをするときには、身体を温めて血管を拡張した状態で行いましょう。

 

身体を温める上でもっとも効果的なのが入浴です。ペニスに限らず、入浴は身体の血流をよくして疲労を回復する効果があります。

 

だから、ペニス増大マッサージはできるかぎりお風呂で行いましょう。

 

お風呂に入れば体温が上がり血管が拡張されますし、手やペニスを清潔な状態に保つことができます。

 

体質によって多少の差はありますが、お風呂の温度はやや熱くて汗をかく程度の40度前後がオススメです。

 

お風呂の中で出来ない場合でも、入浴後の身体が暖まっている状態でペニス増大マッサージを行いましょう。

 

または、40度前後のお湯で温めたタオルをペニスに巻き、ペニスの血流をよくした状態で行うのも効果的です。

 

ペニスを勃起させた状態で行う

ペニスの血流が活発になっているのは、勃起しているときです。その状態でペニス増大マッサージを行ったほうがより強い効果を得られます。

 

エロ動画などを見て勃起をさせても良いですし、手で刺激を与えて大きくしておくのも良いでしょう。

 

とはいえ、ペニス増大マッサージを行っている間中、勃起を維持できないこともあるので、あまりこだわる必要はありません。

 

出来る限り勃起に近い状態でペニス増大マッサージを行うことを意識しましょう。

 

なお、勃起した状態の亀頭は血液でパンパンになっているので、爪などで傷を付けないように特に気をつけましょう。

 

 

ペニス増大マッサージに有効なツボ

Thumb rainbowball

ペニス増大マッサージは、直接ペニスを刺激して血流を盛んにするマッサージです。

 

もちろんそれだけでもペニスサイズのアップに有効ですが、それ以外のツボを活用するとさらに高い効果を得られます。

 

人間の身体には、刺激をすると血流をよくするツボがいくつもあります。そこで、下半身やペニスの血流を刺激するツボを紹介します。

 

関元(かんげん)

Thumb kangen 4fingers

関元は、へそから指4本分下がった位置にあるつぼです。ペニスの少し上にあるツボで、力を加えると、ペニスの付け根が刺激される間隔があります。

 

関元を押すと、精力増強、ペニスの血流増加、疲労回復の効果があります。精力増強とは精子の生産を活発にすることです。

 

精子の量が増えればその分勃起力も向上するので、ペニスサイズのアップに有効です。

 

関元は、親指や中指で強めに押しましょう。ただし、力が強すぎると痛みを感じるので、気持ちいいと感じる程度の力加減にしましょう。

 

また、まっすぐに押すだけではなく指を押し当てながらぐるぐると回しながら力を加えるとさらに効果的です。

 

ペニス増大効果だけではなく、腰痛、冷え性、不眠症、蕁麻疹、ニキビなどさまざまな身体の症状を改善させる効果があるので、健康維持にも有効です。

 

大赫(だいせき)

Thumb daikaku 2fingers

大赫は関元とともに、ペニス増大効果があるツボとして有名です。

 

大赫の位置は関元のすぐそばで、へそから指4本分下にある関元から、左右に指2~3本分ずれた2箇所にあります。

 

大赫を刺激すると、男性ホルモンであるテストステロンの分泌量が増えます。テストステロンが増えると血流が活発になり、勃起力が向上します。

 

男性ホルモンはペニスサイズをアップするだけではなく、勃起力の維持にも効果があるので、満足行くセックスをする上でとても重要なツボです。

 

大赫は、左右それぞれに両手の人さし指、中指、薬指を付けて息をはくタイミングで強く押しましょう。

 

あまりに強く押すと痛みがあるので、痛いと感じない程度の力で押すのがコツです。

 

外生殖器

Thumb gaiseisyokuki ear

外生殖器とは、耳にあるツボです。耳の上部の付け根に近いもっとも外側の膨らみにあります。

 

その名の通り、この部位は外にある生殖器とも言われていて、勃起力の向上に効果があります。耳はとても柔らかく薄い皮膚なので、優しく指で挟んで揉みましょう。

 

このツボはペニスから離れた場所にあるので、日常生活を送っている最中にも刺激しやすいというメリットがあります。

 

なお、外生殖器は両方の耳にあるので、左右それぞれマッサージしましょう。

 

 

ペニス増大マッサージのメリットとデメリット

Thumb happy

ここまで、ペニス増大マッサージについて説明してきました。ペニスを増大させる方法はマッサージ以外にも、ペニス増大栄養素の摂取や、ED治療薬の服用などがあります。

 

そこで、ペニス増大マッサージのメリットとデメリットを、他のペニス増大法と比較しながら紹介します。

 

ペニス増大マッサージのメリット

ペニス増大マッサージのメリットは、誰でもすぐに出来るという点です。必要なのは自分の身体だけなので、マッサージするスペースと時間があれば、いますぐ誰でもできます。

 

ペニスの悩みは他人に相談しにくいものですし、出来ることならこっそりと大きくしたいものです。

 

その点ペニス増大マッサージは誰かに相談すること無く、自分ひとりで始められます。

 

ペニス増大栄養素やED治療薬は、購入するためにドラッグストアや病院に行かなくてはいけない場合もあります。

 

それによって、ペニスの悩みがあることを誰かにバレてしまう可能性があるので、抵抗感がある方も多いでしょう。

 

また、ペニス増大マッサージは特別な器具などが必要ではないので、お金をかけずに出来るというメリットもあります。

 

必要なのは自分の身体だけなので、普段の生活の中で無料で出来るペニス増大法なのです。

 

一方、ペニス増大に効果がある栄養素を摂取するためにはサプリなどを購入しないといけません。

 

また、ED治療薬も病院の診察代や薬代で費用が発生します。とにかくお金をかけずにペニスを大きくしたい方にとって、ペニス増大マッサージはもっとも便利な方法なのです。

 

ペニス増大マッサージのデメリット

ペニス増大マッサージには、ペニス増大栄養素やED治療薬を服用することに較べて、デメリットもあります。

 

まず、ペニス増大マッサージの効果には個人差があるという点です。基本的に身体の血流は、年齢があがるほど悪くなります。

 

だからペニス増大マッサージをしても、30代以上の男性はなかなか効果があらわれない可能性もあるのです。

 

また、血管の太さや血液は、普段の食生活や運動習慣によって変わります。

 

ペニス増大マッサージで、ペニスへの血流を増やせても、そもそも身体が健康でなければ、効果は非常に弱いものになってしまうのです。

 

ペニス増大マッサージはやったからといってすぐに効果があらわれるわけではありません。

 

少しずつペニスや海綿体の血流を増やしていくことが目的なので、数回やった程度では目に見える効果はないのです。

 

そして、効果が実感しにくいので、長続きさせることが難しいというデメリットもあります。

 

毎日ペニス増大マッサージをすることを習慣づけて、気長に効果があらわれるのを待つようにしましょう。

 

ペニスをサプリで大きくする

ペニス増大マッサージは、ペニスの血流を促進してペニスサイズをアップする手段です。

 

しかし、そもそも男性機能が弱くいと、ペニス増大マッサージをしても強い効果は得られます。

 

だから勃起力を向上させてペニスサイズをアップさせるためには、ペニス増大に効果がある栄養素を摂取するのが効果的です。

 

そのためには、男性ホルモンを増進して、ペニスの血流を促す栄養を摂取するのが有効です。男性ホルモンの大半を占めるのがテストステロンという物質です。

 

テストステロンの分泌量が増えれば、精子量が増えてペニスの血流が活発になり、勃起力が向上します。

 

テストステロンを増加させるためには、アミノ酸、亜鉛、セレンなどのミネラル類などの栄養素が必要になります。

 

これらの栄養素を普段の食事で十分に摂取するのは困難です。そこで、男性ホルモンを増やすために必要な栄養素によって作られているのが、ペニス増大サプリなのです。

 

↓今ならお得!ペニス増大サプリ↓
特徴 巨根サプリ 値段
初回半額! クラチャイダムゴールド 8400円 ⇒4200円
3日で実感! マキシリン 12000円 
484成分配合! テンザーゴールドプレミアム 12800円 

 

勃起力の低下を感じるならED治療薬

男性は、年齢が上がるほど勃起力が弱まります。

 

ED治療薬は物理的にペニスサイズをアップするわけではありませんが、勃起力を高めて結果的に大きなペニスでのセックスを実現します。

 

EDは、俗に「勃起不全」という日本語に訳されます。

 

「不全」という言葉から連想して、まったく勃起しない状態だけをEDなのだというイメージがありますが、実はそうではありません。

 

例えば、勃起をしても昔のようにギンギンの状態にならず、ふにゃふにゃで中途半端な勃起しかできないのも、EDの症状です。

 

また、勃起をしてもそれが長続きせずにセックスの最中に中折れしてしまうのもEDの症状です。

 

つまり、満足行くセックスをする上で、ペニスの勃起力に何らかの支障がある状態のすべてをEDと呼ぶのです。

 

そして、ED治療薬はさまざまなEDの症状を改善する効果があります。

 

男性の身体には、血管を広げて血流をよくする物質と、それを妨げて血管を収縮させる物質があります。

 

本来、勃起をするときには血管を広げる成分が分泌されてペニスの血流を増やし、射精したら血管の拡張をおさめる成分が分泌されます。

 

ところが、年齢とともに血管を広げる働きが徐々に弱まってしまうので、昔のような完全な勃起を得られない男性が非常に多いのです。

 

実際、日本人男性は約4人に1人が何らかのEDの症状を持っていると言われています。

 

すぐにペニスを物理的に大きくするのはとても困難ですが、ED治療薬は飲めばすぐに勃起力が改善します。

 

勃起力が弱まっている男性なら、100%勃起をするだけでもセックス時に女性が体感するサイズはアップします。

 

ED治療薬は今や日本でもメジャーな医薬品で、用法用量を守って使用すれば健康被害などはほとんどありません。

 

だから勃起力の低下を感じていて、すぐにペニスサイズを大きくしたい男性はED治療薬を利用しましょう。

 

なお、ED治療薬を飲むと勝手に勃起するというイメージがある方もいるかもしれませんが、それは間違いです。

 

ED治療薬に性欲を増進する催淫剤のような効果はないので、性的な刺激や興奮がなければ勝手に勃起してしまうことはありません。

 

ED治療薬は、あくまでも勃起を補助する効果がある医薬品です。

 

 

>>ED専門クリニックでED治療薬を入手しよう<<

 

まとめ

Thumb bengoshi

ペニス増大マッサージの方法と、ペニス増大マッサージのメリットとデメリットを紹介しました。

 

ペニス増大マッサージは、海綿体や亀頭を刺激して血流を促進して、ペニスを大きくする方法です。

 

ペニス増大マッサージは、誰でもすぐにお金をかけずに出来る便利なペニス増大法です。

 

ただし、すぐに効果があらわれるわけではないので、毎日の習慣にして気長に効果の発現を待ちましょう。

 

ペニスを大きくする方法には、ペニス増大マッサージ以外にもサプリやED治療薬を飲むという手段もあります。

 

即効性を求める方やペニス増大マッサージが自分に合わないと感じた方は、サプリやED治療薬の服用を検討してみてください。

>>ED専門クリニックならこちら<<

外部リンク:クリニック

増大に関連する記事