公開日

更新日 18年09月07日

【必見】ペニスの硬さを維持する方法は!?原因と対処方法を解説

自分のペニスの硬さに、満足していますか?勃起をしても硬くならない、あるいは勃起をしても長続きしない、ということはないでしょうか。セックスの途中で硬さが維持できなくなり、挿入したのに抜けてしまった、という経験がある人もいるかもしれません。

 

ペニスの硬さに関する悩みは人それぞれですが、このように自分の満足する勃起ができない状態、満足のいくセックスができない状態を、EDと呼んでいます。EDは、「Erectile Dysfunction」の頭文字を取ったもので、勃起機能の低下を意味していて、日本語では「勃起不全」と訳されます。

 

専門的には、「性交時に十分な勃起やその維持ができずに、満足な性交が行えない状態」と定義されています。

バイエル薬品

 

EDと聞くと、まったく勃起しない状態を表していると考えている人も多いかもしれませんが、ペニスの硬さが維持できない状態、満足できない状態もまた、EDであると言えるのです。

 

それでは、なぜEDは起こるのでしょうか。ペニスの硬さに関する悩みは人それぞれでしたが、原因には何か共通点があるのでしょうか。また、ペニスの硬さを維持するためには、どのようなことに気を付ければいいのかも気になりますね。

 

ここでは、ペニスの硬さを維持できない原因と、硬さを維持するためにはどうすればいいのか、方法や生活習慣などを見ていくことにしましょう。

 

 

 

なぜペニスの硬さを維持できないのか?

Thumb adventure

ペニスの硬さが維持できない原因を知るためには、まずどうしてペニスが硬くなるのか、つまりどうして勃起が起こるのかという勃起の仕組みについて知っておく必要があります。

 

勃起は、性的な刺激を受けることによって起こる生理現象です。視覚や聴覚などを通して性的な刺激が脳に入ると、脳からペニスへ信号が出されます。この信号が送られることにより、ペニスの中にある陰茎海綿体の動脈が大きく拡がります。拡がった血管に血液が流れ込むことにより、勃起が起きるのです。

 

ペニスの硬さが維持できないのは、この一連のプロセスで何らかの問題が起きている可能性がある、と考えられます。

 

ペニスの硬さを維持できない原因は?

ペニスの硬さを維持できない原因は、どこにあるのでしょうか。

 

確かに歳を重ねるとEDになる割合は高くなります。しかし、最近は歳のせいだけではないことがわかっています。

バイエル薬品

 

ペニスの硬さを維持できないのは、年齢だけが理由ではありません。事実、20代や30代でもEDを自覚している人は少なくないのです。

 

ペニスの硬さが維持できない原因は、性的刺激を受けてから勃起するまでの一連のプロセスで、どこかに問題があるために正常な勃起ができない状態になっている、ということが考えられます。

 

例えば、性的な刺激を受けても脳がペニスへ信号を出さないケースや、脳からの刺激を受けても陰茎海綿体の動脈が拡がらないなど血管に問題があるケース、またある特定の薬を服用していることにより、勃起するための一連のプロセスに何らかの問題が起きているケースなどがあります。

 

「EDネットクリニック」では、EDの原因を3つのタイプに分けて解説しています。もちろん、必ずこの3つのタイプのどれかに分類されるわけではなく、さまざまな原因が複雑に絡み合っていることが多いのも、EDの特徴です。

 

1.心理的なストレス

心理的なストレスが原因になっている場合、視覚や聴覚などを通じて性的な刺激を受けても、脳がペニスへ信号を出さない、あるいはペニスへ正しく信号が伝わらないことがあります。これにより、ペニスに正常に血液が流れ込まず、勃起しなかったり硬さが維持できなかったりします。

 

原因となるストレスは、パートナーとの関係で受けるストレスだけではありません。仕事や人間関係、経済的な問題など、あらゆるストレスが原因になる可能性があります。

 

最近増えているのは、晩婚化が進んだことによって自然妊娠が難しくなり、排卵日に合わせてセックスをすることで積極的に子どもを作ろうとする、いわゆる「妊活」によるストレスです。絶対にその日にセックスをしなければならない、確実に射精をしなければならない、というプレッシャーがストレスとなり、EDを引き起こすケースが多いのです。

 

特に、20代から40代の若年層のEDは、これらの心理的なストレスによるものだと言われています。

 

2.血管や神経の障害

血管や神経に障害があると、脳からペニスに送られた信号が正しく伝達されず、性的な興奮は感じているのに勃起しない、あるいは勃起しにくいということが起こります。

 

年齢を重ねると、血管のしなやかさが失われ、次第に硬くなっていきます。この血管が硬くなる症状を動脈硬化と呼びますが、動脈硬化が進むと、血管の拡張や収縮がスムーズに行なわれなくなり、血液が十分に体に行き渡らなくなります。つまり、勃起の際に陰茎海綿体に血液が流れにくくなり、勃起しなかったり、勃起しにくい状態になるのです。

 

また、糖尿病や高血圧、心臓病や高脂血症などの生活習慣病になっている人の場合、日頃から血管に大きな負担がかかっているため、血管が硬くなってしまっていることがあります。つまり、動脈硬化によって勃起しにくい体になってしまっている可能性があるのです。

 

さらに、喫煙や過度な飲酒も、ペニスの硬さを維持できない原因として挙げられることがあります。

 

なお、お酒を飲んだ後にセックスをしようとしたらなかなか勃起しなかった、という経験がある人もいるかもしれません。これは動脈硬化によるというよりは、アルコールによって中枢神経が麻痺してしまい、ペニスへ送られた信号が正しく伝達されない状態になっている、と考えられています。

 

50代以降のEDは、血管や神経の障害によるものが多いようです。

 

3.ある特定の薬剤の影響

持病などにより薬を服用していると、その薬の影響でペニスの硬さが維持できなくなっている場合があります。

 

例えば、解熱鎮痛剤などの中枢神経に作用する薬剤は、ペニスに送られた信号が正しく伝達されない状態を引き起こします。これにより、性的に興奮しているのに勃起しない、という現象が起きるのです。

 

中枢神経に作用する薬剤としては、解熱鎮痛剤の他、抗うつ薬や抗不安薬、睡眠薬を含む向精神薬などがあります。うつ病の治療を受けていると勃起しにくいことがありますが、これは処方されている薬が影響している可能性が高いと考えられるのです。

 

また、不整脈治療薬や利尿剤など、循環器系に作用する薬剤もまた、勃起しにくい状態を引き起こす可能性があります。勃起はペニスに血液が流れ込むことによって起きますので、血液の流れに作用する薬を飲んでいると、ペニスに流れ込む血液の量にも影響が出てくると考えられるのです。

 

ペニスの硬さを維持する方法

Thumb bluehair

ペニスの硬さを維持できない原因が、血管や神経の障害、あるいは薬剤の影響であると分かっている場合、まずは本来の病気を治療することを優先する必要があります。その上で、ペニスの硬さを維持するために気を付けられることや取り入れられる生活習慣があれば、可能な範囲で取り入れていきたいですよね。

 

ここでは、ペニスの硬さを維持するための方法をいくつかご紹介していきます。

 

PC筋を鍛える

もっとも手軽な方法は、PC筋を鍛える方法です。ペニスの硬さや太さについて調べていると必ず目にするPC筋ですが、どんな働きをしているものなのでしょうか。

 

PC筋とは?

PC筋は、英語では「Pubococcygeus muscle」あるいは「Pubococcygeal muscle」と表記します。日本語では、恥骨尾骨筋または恥骨仙骨筋などと呼ばれることが多いようです。

 

PC筋は、ペニスの根本近くにある恥骨と、肛門の近くにある尾骨・仙骨を結んでいる筋肉です。主に排尿をコントロールする役割を担っている筋肉ですが、勃起の際には、ペニスに血液を送り込むポンプのような役割を果たすと同時に、ペニスに流れ込んだ血液をペニス内に留めておくバルブとしての役割も果たします。

 

つまり、PC筋を鍛えることにより、勃起の際にペニスに血液がスムーズに流れ込むようになると同時に、勃起した状態が長く続くようになることが期待できるのです。

 

PC筋の鍛え方

PC筋の鍛え方は簡単です。肛門を締めて数秒キープしてから緩める、これを繰り返すだけです。

 

肛門を締めると、ペニスがピクッと動くのが分かります。排尿の時にも、尿を切ろうとするとペニスがピクッと動きますが、使われている筋肉は同じPC筋です。この動きを感覚で覚えておくと、肛門を締める動きがやりやすくなります。

 

PC筋は体の内側にある筋肉なので、普段はあまり意識することはありません。つまり、意識しなければ鍛えることができない筋肉です。肛門を締めたり緩めたりを繰り返すことで、PC筋とその周囲にある筋肉を意識して動かし、鍛えることができるのです。

 

PC筋を鍛えることにより、勃起しやすくなると同時に、勃起した状態を長くキープすることができるようになると考えられます。ペニスの硬さを維持できるようになるということです。また、射精のタイミングをコントロールできるようになるので、セックスの満足度が上がることが期待できます。

 

 

ペニス増大サプリを摂る

ペニスの硬さを維持する方法としては、ペニス増大サプリを摂るという方法もあります。普通のサプリと何が違うのか、ペニス増大サプリの選び方などを見ていくことにしましょう。

 

ペニス増大サプリとは?

ペニス増大サプリは、ペニス増大が期待できるとされる成分を主成分とする、主に男性をターゲットとしたサプリメントです。

 

あくまでも健康食品・栄養補助食品という位置付けなので、薬のように効果や効能が証明されているものではなく、即効性もありません。しかし、食品として摂取するだけという手軽な方法ながら、体の内側から働きかけて体質改善を目指すことができるため、非常に人気があります

 

ペニス増大サプリに含まれている主な成分は、アルギニン、シトルリンなどの血流を改善することが期待できる成分の他、クラチャイダム、マカなどの滋養強壮や男性機能の改善に役立つとされている成分などがあります。また、これらを複数組み合わせることによる相乗効果を狙った商品も、多数販売されています。

 

ペニス増大サプリの選び方

ペニス増大サプリは、男性機能をサポートするという商品の性質上、インターネットのみで販売されているものが数多くあります。しかし、ペニス増大サプリは効能や効果が認められているものではないので、どういう基準で選んだらいいのか迷ってしまうことが多いのも事実です。

 

ペニス増大サプリを選ぶポイントとして、成分量が明記されていることを確認しましょう。ペニス増大サプリの中には、ペニス増大に効果があるとされる成分を含んでいるとしながらも、その含有量が明記されていないものが数多くあります。成分量が明記されていない場合、ほんの少ししか有効成分が含まれていない可能性もあるからです。

 

また、安全性が気になる場合は、品質保証規格にも注目してみましょう。例えばGMPは、品質の均質化や低下の防止を目的とした認定制度です。GMPを取得している工場で作られた製品なら、ある一定の品質は満たしている商品だと考えることができます。

 

原料の受け入れから最終製品(または基原材料の受け入れから原材料)の出荷に至るまで、適切な管理組織の構築及び作業管理(品質管理、製造管理)の実施(GMPソフト)と、適切な構造設備の構築(GMPハード)により、製品の品質と安全性の確保を図ることです。

e-ヘルスネット

 

さらにペニス増大サプリの場合は、返金保証があるかどうかも重要なポイントです。ペニス増大サプリは食品なので、効果や効能、即効性はありません。また、効果を実感できるものであっても、体質や体調によって合うものと合わないものがありますので、もし自分の体には合わなかった場合には、返金してもらえると安心です。

 

商品によっては、返金してもらえる期間が決まっている場合もあります。ある程度の期間は摂り続けた上で効果が出なければ全額返金に対応する、という商品の場合、長期間に渡って摂り続けることによって効果が実感できる可能性があります。返金保証は、商品に対する自信の表れとも受け取ることができるのです。

 

 

 

ED治療薬を服用する

筋力トレーニングやサプリメントで思うような効果が実感できなかった場合、ED治療薬を服用するという方法があります。ED治療薬は、文字通りEDの治療を目的として使われる医薬品のことで、必ず医師による処方が必要になります。

 

ED治療薬とは?

バイアグラ、レビトラ、シアリスなどの名称を目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。日本で製造販売されているED治療薬は、この3種類とこれらのジェネリック製品です。

 

ED治療薬は、ペニス増大サプリとは異なり、ED治療のために使う医薬品で、その効果や効能が証明されているものです。それぞれの薬によって違いはありますが、飲むとすぐに効果が表れるのも特徴です。重い副作用が出る可能性もあるので、必ず医師の診察を受けた上で処方薬として服用することになります。

 

ED治療薬の選び方と使い方

ED治療薬を服用する際には、必ず医師の診察を受け、クリニック等で処方薬として手に入れるようにしましょう。個人輸入の代行をしているサイトなどもありますが、効能や効果、安全性が保証されているものではないので、最悪の場合は命に関わる可能性もあります。

 

また、医師から処方されたED治療薬であっても、服用時の注意事項はしっかりと守る必要があります。ED治療薬は、量を増やせば効果がより強く表れる、というものではありません。重い副作用によって死に至るケースもあるため、定められた用量・用法を守って服用する必要があるのです。

 

さらにED治療薬には、併用禁忌薬、つまり飲み合わせを避けなければいけない薬があります。有名なのは、狭心症の治療に使われるニトログリセリン系製剤です。ED治療薬と併用してしまうと、血圧が急激に低下し、生命に危険が及ぶ可能性があります。

 

なお、ED治療は保険の適用外となりますので、受診する際に保険証は必要ありませんが、費用が全額自己負担になることに注意が必要です。受診前に、インターネットなどで費用の目安を把握しておくと安心です。

 

 

手術を受ける

薬を飲んで一時的にペニスを硬くするのではなく、外科手術によって物理的にペニスを硬くするという方法もあります。

 

例えば亀頭増大法は、ヒアルロン酸をペニスに注射して、亀頭全体やカリの張りや硬さを増す方法です。また陰茎増大法は、自分の下腹部や太ももなどから脂肪を吸引し、ペニスに注入することで、ペニスを半永久的に太くする方法です。自分の脂肪を使うので定着率が高く、傷跡も残らないという特徴があります。

 

ED治療のための手術も、ED治療薬の処方と同じように保険の適用外となります。特に手術の場合、治療費が高額になることが多く、セックスをできない期間が長くなる場合もあるので、パートナーともよく相談するようにしましょう。

 

ED治療薬と手術について、代表的な病院と治療費についてまとめましたので、参考にしてください。

病院名 シアリス バイアグラ レビトラ 亀頭増大 陰茎増大
イースト駅前クリニック 1800円 1500円 1800円 - -
新宿ウエストクリニック 1800円 1500円 1800円 - -
クリスタルメンズクリニック 2195円 2195円 2195円 5万円~ 25万円~
高須クリニック 2160円 2160円 2160円 10万円~ 20万円~

 

ペニスの硬さを維持する生活習慣

Thumb pizza

ペニスの硬さを維持する方法として、トレーニングやサプリメント、薬や手術などの方法をご紹介してきました。これらの方法と併せて取り入れたいのが、生活習慣の改善です。

 

生活習慣を改善することにより、体内環境を正常な状態へ近付けることができます。これにより、特に生活習慣病が原因となっているED、例えば血液の拡張や収縮がスムーズに行なわれないことが原因でペニスの硬さを維持できない状態を、改善できる可能性があります。

 

具体的には、どのようなことを日常生活で心掛ければいいのでしょうか。

 

肥満体型を解消する

肥満体型を自覚している人は、肥満体型を解消することから始めましょう。ペニスの硬さが維持できない場合、全身に余分な脂肪が付いてしまっていることが原因で、全身の血流が悪くなっていることがあります。血流が悪いということは、勃起した時にペニスに流れ込む血液の量が少ないということです。つまり、勃起しにくく、また維持しにくい状態になっていると考えられます。

 

また、肥満体型の人は、ペニスが体の中に埋もれた状態になっていることがあります。肥満体型を解消すると、体の中に埋もれていたペニスが外に出てくることになり、結果として長く太く見えるようになります。また血流が改善されるので、勃起しやすく、勃起した状態が維持されやすくなることが期待できるのです。

 

適度に運動をする

適度に運動をすることで、全身の血流を改善するのもひとつの方法です。ウォーキングやジョギング、水泳などの有酸素運動は、新陳代謝を活発にし、全身の血行を良くすることが期待できます。全身の血行が良くなると、勃起した際にペニスに流れ込む血液の量も増えるということです。

 

また適度に運動をすることは、肥満体型を予防することにも繋がります。運動の際にはPC筋を鍛えるトレーニングを組み合わせると、さらに相乗効果が期待できます。エスカレーターを使わずに階段を使う、少し遠くのコンビニまで歩いてみるなど、日常生活でできる範囲で体を動かすように意識するだけでも、大きな変化が期待できます。

 

食生活を改善する

食生活では、血液をサラサラにする食材を意識して摂るようにしましょう。

 

血液がドロドロの状態になっていると、血液が血管の中で詰まりやすくなり、血流が悪くなります。血管の中に血栓ができてしまったり、動脈硬化が悪化してしまう可能性があります。ペニスの硬さが維持できないだけでなく、さまざまな病気を引き起こしやすくなってしまうのです。

 

血液をサラサラにする食材としてよく知られているのは、豆腐や納豆、おからなどの大豆製品です。大豆は植物性のたんぱく質が豊富な食品として知られていますが、大豆に含まれる大豆サポニンと呼ばれる成分には、血液中のコレステロール値を下げたり、動脈硬化を予防する硬化が期待されています。

 

また、赤ワインやココア、緑茶や生姜など、ポリフェノールが豊富に含まれている食品も、血液をサラサラにする食材として知られています。ポリフェノールには強い抗酸化作用があるので、動脈硬化や高血圧を予防することができると期待されています。ポリフェノールの中でも、特に緑茶に多く含まれているカテキンは、血圧を抑える効果や血糖値を調整する効果があるとされています。

 

さらに、緑黄色野菜、こんにゃくなどの食物繊維が多く含まれている食品には、コレステロールの排出作用があるとされています。これにより、動脈効果や高血圧の予防に役立ち、全身の血流を改善することが期待できるのです。

 

まとめ

Thumb tapenotetomato

ペニスの硬さが維持できない状態は、勃起不全、つまりEDの状態であると考えられます。EDとは、満足のできるセックスをするための勃起が維持できない状態のことを表します。

 

ペニスの硬さが維持できない原因は、心理的ストレスの他、血管や神経の障害、ある特定の薬剤による影響などが考えられます。持病がある場合、まずは持病の治療を最優先し、できる範囲でEDに対処していくのが安全です。

 

ペニスの硬さを維持する方法としては、PC筋(恥骨尾骨筋)と呼ばれる筋肉を鍛える他にも、ペニス増大サプリを摂ったり、医師の診察を処方を受けてED治療薬を服用したり、外科手術を受けるなどの方法があります。ED治療薬や外科手術は保険の適用外で、治療費が全額自己負担であることに注意が必要です。

 

ペニスの硬さを維持するために取り入れたい生活習慣としては、肥満体型を解消すること、適度に運動をすること、食生活を改善することなどが挙げられます。ペニスの硬さが維持できない原因として、全身の血流が悪くなっている可能性がありますので、毎日の生活の中で、全身の血行が良くなるよう意識しておくとよいでしょう。

 

 

豆知識に関連する記事