公開日

更新日 18年09月07日

【最新】ペニス増大トレーニングで理想のペニスを手に入れよう!

あなたは自分のペニスに自信を持っていますか?

 

コンプレックスは人を消極的な性格にしてしまいます。反対に体のどこかに自信のある人は堂々とした魅力的なオーラを発しています。

 

ペニス増大トレーニングは本当に可能なのか?効果があるのか?漠然とした不安を正確な知識で振り払って、一段上の男へとステップアップしませんか?

 

ここではペニスを増大させるために必要な情報だけを搾り取って書いてあります。さあ一歩を踏み出しましょう。

 

 

ペニス増大は可能!言い切れるのには理由があります

Thumb faitingpose

自分のペニスのサイズに満足していない・・できることならサイズアップして自信をつけたい。

 

けど「ペニスのサイズは生まれつきなのでは?」と思って、心のどこかで諦めていませんか?これからペニス増大トレーニングをご紹介するにあたって、皆さんに最初に宣言しておきたいことがあります。

 

ペニス増大は可能です。

 

しかもその方法は、誰にでもできる簡単な方法ばかりです。

 

どうしてそれほどはっきり言い切れると思いますか?例えばこんなイメージをしてみてください。

 

あなたの目の前には、二つのお鍋があり、ひとつはカレーライス、もうひとつは見たことのない謎のスープです。あなたは誰かに「その二つは量が足りないから、具材を買ってきて増やして欲しい」と頼まれました。

 

カレーライスを良く知っているあなたは、近所のスーパーでにんじんやじゃがいもを購入し、刻み、鍋に入れることで量を増やすことに成功しました。

 

だけどもうひとつのスープは、そもそも「何でできているのか?」がわからないので「何を買ってきて、継ぎ足せばいいのか」がわからないのです。

 

これはペニス増大の話に似ています。ペニスの増大とはカレーライスの継ぎ足しと同じなのです。

 

現代の医学において、ペニスの構造、勃起のメカニズムは、100%に近いほど正確に解明されています。ペニスを構成する物質は何なのかが判明しているのです。

 

そしてその構成する物質は、食事やトレーニングによって量を増やせる、先ほどのカレーライス風に言うと「継ぎ足せる」こともわかっています。

 

ペニス増大に必要なものがはっきりしているなら、あなたがやるべきことはひとつです。

 

毎日の生活の中にそれを取り入れればいいのです。

 

ここではそれを「ペニス増大トレーニング」と呼ぶことにします。

 

食事も、運動も全てを含めてトレーニングなのです。

 

 

勃起のメカニズムをひもとくと見えてくる増大のチャンス

ペニスの仕組みが解明されていると言っても、まずあなたがそれを知ることが必要です。

 

ペニスの仕組み、勃起のメカニズムを理解していくと、ペニス増大に必要なものがおのずと見えてきます。

 

自分のペニスを見てみると、先端の亀頭部分と、サオの部分に分かれと思います。

 

サオの部分はやわらかい皮で覆われていますが、その下には海綿体と呼ばれるスポンジのようなものが入っています。このスポンジはそのまま先端まで続いています。

 

つまり亀頭とは、海綿体が皮の外に露出したものなのです。ただ、ここもごく薄い皮で覆われています。亀頭の色が薄いピンクなのはこれが理由なんです。

 

そして勃起とは、このスポンジ部分に血液が流れ込むことでスポンジが膨らむ現象のことです。勃起したときにペニスがカチカチになるのは海綿体が血液でパンパンに膨らんでいるからなんです。

 

ところで、自分のペニスのサオの付け根を見てください。付け根からペニスが生えていますが、内部の海綿体はどこから生えているのでしょうか?

 

勘のいい人ならもうお気づきですね、そうです海綿体はもっと深くから生えているんですサオとして外部に露出しているのは、多くても全体の半分です、そして3分の1程度しか露出していない人も多くいるのです。

 

もしこの埋まっている部分を引き出せたら、ペニスのサイズアップも可能です。

 

話を血流に戻しますが、海綿体というスポンジを膨らませるには血液が必要でした。

 

実はさおの部分を覆っているやわらかい皮膚と海綿体の間には、白膜、筋膜と呼ばれる膜があるのです。この膜は勃起状態を維持させる役目も負っているのですが、逆に言えばこの膜の大きさが海綿体が膨らめる限界ということです。

 

ここで発想を逆転させましょう。

 

この膜はコラーゲンでできています。コラーゲンは伸縮性があり、強い力を何度も与えることで引き伸ばすことが可能です。

 

ペニスに流れ込む血流を増やし、勢いを強くすることで、海綿体を限界まで膨らまし、それを包んでいるコラーゲンの膜を、少しずつ引き伸ばし、ペニスのサイズアップをはかることができるのです。

 

徐々に増大に必要なことが見えてきましたでしょうか。

 

ここで話を整理して、二つのキーワードにまとめてみましょう。

 

二つのキーワードが鍵!

ペニスの構造、勃起のメカニズムを知ることで、ペニス増大につながるふたつのキーワードが見えてきました。それは「ペニスの潜在的な長さ」と「血流」です。それらを踏まえながら具体的にどんなトレーニングをすればその二つを強化できるのか考えてみましょう。

 

 

血流

ペニスの海綿体を覆っているコラーゲンの膜を広げれば、海綿体が膨らめる限界値が大きくなると書きました。では具体的にどうすればいいのでしょうか?

 

答えは簡単、どんどん血液を送り込むこと、つまり勃起させればいいのです。できるだけ長い時間勃起を維持して、コラーゲン膜に圧力を与えるためにも、強い血流が必要不可欠です。

 

この強い血流を作るトレーニングを後ほど紹介します。

 

 

ペニスの潜在的な長さ

こちらは血流の話よりシンプルです。

 

ペニスの海綿体の多くは体内に埋まっていると書きました。

 

それを引っ張り出すトレーニングをすることで増大させることができます。

 

 

トレーニング実践 血流アップ編

Thumb fight

では血流を良くするトレーニングを紹介します。

 

血流を強くする有酸素運動

血流とは、体内を流れる血液の循環のことですが、血液に不純物が混ざっていないサラサラの状態が最も血流に勢いがある状態です。

 

血流に勢いをつけるためには有酸素運動が効果的です。

 

(有酸素運動とは、肉体に軽い負荷をかけながら、長い時間継続的に行う運動のことで、ジョギングや水泳などが代表的です)その理由は三つあります。

 

一つは酸素の取り込み量が増すからです。血液を勢い良く循環させるには新鮮な酸素が多いほど良いのです。有酸素運動に慣れることで呼吸筋というものが発達し、一回の呼吸で多くの酸素を取り込めるようになるのです。

 

二つ目が心臓の発達です。プロのマラソンランナーは普通の人よりも一分間の脈拍回数が極端に少ないということを知っていますか?

 

彼らは有酸素運動により心臓の筋肉が発達しているため、一回の鼓動で沢山の血液を体中に循環させることができるのです。

 

三つ目が毛細血管の発達です。ペニスの海綿体に血液を送り込むことが勃起だと書きましたが、海綿体に張り巡らされている血管が毛細血管なのです。

 

毛細血管自体が発達することでペニスに流れ込む血流が強くなることはイメージしやすいでしょう。

 

有酸素運動によって血流を強くできることがわかりました。では反対に運動不足だと血流はどうなってしまうのでしょうか? 

太っていると血流が弱くなる?

肥満体型になると、体の表面に脂肪がつくことはもちろんですが、体の内部にも脂肪がつきます。

 

これが内臓脂肪です。具体的には肺、肝臓、腸などです。

 

この内臓脂肪が血流を弱くする原因のひとつなんです。

 

内臓脂肪は有酸素運動などで代謝が激しくなってきたとき、少しずつ血液に溶け出します。

 

脂肪が混ざった血液はドロっとした性質になり、血管の中をスムーズに流れることができなくなります。

 

ペニスが勃起するときも体は興奮状態にありますから、海綿体に流れ込む血液が、理想的なサラサラっとしたものから、ドロっとしたものに変わってしまいます。

 

肥満は勃起に対してデメリットしかないのです。

 

 

隙間時間にできるオススメ有酸素運動

 ジョギング、水泳などの運動時間を確保できる人はいいのですが、何かと忙しいのが現代人ですよね。そこで室内でもできるオススメの有酸素運動を紹介します。今から紹介する三つの方法は、時間、場所を問わずできるところがメリットです。

 

 

スクワット

 スクワットは下半身の筋肉全てを鍛えることができる非常に優秀な運動です。

 

下半身の筋肉というのは血流のポンプの役目も果たしているので、鍛えることによって勃起時の血流アップが図れます。

 

両足を肩幅よりやや広く開いて立ち、頭の後ろで両手を組みます。

 

胸をそらし、背筋を伸ばしてお尻をできるだけ後ろに突き出します。

 

この体制で、息を吸いながら膝を曲げ、しゃがむを繰り返します。

 

 

つま先立ち運動

 会陰部というのをご存知ですか?睾丸と肛門の間にあるスペースのことです。ここにはペニスに送り込んだ血液をそのまま保持しておくための筋肉があります。

 

勃起させることで海綿体を覆っているコラーゲン膜を引き伸ばすためには、できるだけ長い時間勃起状態を留めておく必要があります会陰部を鍛えることで勃起時間を長くできるのです。

 

やり方はごく簡単です。両足をそろえて直立し、そのままかかとを上げ下げするだけです。

 

シンプルですがなかなかキツイトレーニングです。

 

 

腹へこませ運動

 これもつま先立ち運動と同じく会陰部を鍛えるトレーニングです。

 

座った状態で体の力を抜いてリラックスし、まず鼻から息を吸います。

 

そして口から息を吐きながら、限界までお腹をヘコませます。

 

その際、ヘコませた状態をできるだけ長くキープするのが良いです。

 

肛門付近の筋肉がピクピクっと動いていることが自覚できるはずです。

 

 

 

継続によってじわじわ効果がでる

ここで紹介した方法はいずれも長い期間を経て効果が現れるものばかりです。

 

1,2週間で挫折しないためにも、自分が一番やりやすい、楽しいと思ったトレーニングをひとつ選んで続けてみてください。

 

 

血流改善と平行して勃起の練習もしていこう。

 有酸素運動で血流が良くなっていくことも大事ですが、最終目的はペニスを大きくすることです。勃起させて海綿体を包んでいるコラーゲン膜を引き伸ばすという作業を忘れては意味がありません。

 

普段のオナニーでどれくらいの時間勃起していますか?時間がない、興奮して早く射精したい、などといった理由でまだまだ勃起できるにもかかわらず、ささっとフィニッシュしていませんか?勃起時間が長いほどコラーゲン膜は刺激されます。

 

増大トレーニングで勃起させるときは普段のオナニーとは違い、できるだけ長い時間をかけて勃起状態を維持させることを目標に取り組んでみてください。

 

具体的なやり方をすこしアドバイスすると、ペニスの根元を片手で持ち、根元を広げるようにして血液が入り込みやすくします。もう片方の手でペニスを根元からゆっくり上下にごきます。亀頭の部分を触ると射精してしまう人は亀頭は触らないようにしましょう。

 

海綿体が血液で満ち、パンパンに勃起した状態になったらできるだけキープするようにしてください。

 

勃起状態をキープするコツとして、肛門に力を入れて締め上げる方法が効果的です。会陰部にある筋肉がしまり、海綿体から血液が戻りにくくしてくれるのです。

 

 

大きくなっているの?測定しよう

トレーニングを続けて3,4ヶ月経てば効果が出ている可能性があります。

 

そのとき自分のペニスを見て、なんとなく大きくなった気がするけど、わからないと思うかもしれません。太さであっても長さであっても、成長した幅、長さが1cm以下なら目視ではわかりにくいものです。

 

せっかく効果がでたのだから、目で見える形で実感したいですよね。

 

そこでおすすめなのが、自分のペニスよりワンサイズ大きいコンドームを使ったサイズ測定法です。サイズが大きめのコンドームを完全に勃起させた状態のペニスに装着すると、根元のゴムが余ってしまいます。

 

そのあまった部分のにしるしをつけておくのです。数ヶ月たって余っているゴムの部分が短くなってきたら、ペニスがサイズアップしている証拠です。

 

これは太さではなく長さを計る方法です。残念ながら太さについては、普通に定規で計るしか方法はないでしょう 

トレーニング実践 ひっぱり術編

Thumb fishing man

ペニスの海綿体の多くは体内に埋もれていると書きました。次はそれを物理的に引き出す方法を紹介します。

 

危険ではないのか?と思う人もいらっしゃるでしょうが、いきなり強くひっぱるのではなく、マッサージと同じように毎日少しずつひっぱるので、やり方を間違わなければ人体に害はありません。

 

 

ペニスはもっと長い!?

日本人のペニスの平均サイズは通常時8.6勃起時12.6と言われていますが、これはどういった方法で計った場合の数字でしょうか。

 

あなたはペニスの長さを定規で測るとき、定規を根元にあてて計りますか?それとも根元の肉に食い込むくらい押し当てて計りますか?人それぞれだと思います。しかし平均と言われているデータは日本の泌尿器科医が行った調査がもとになっています。

 

泌尿器科医の計りかたは恥骨に定規を押し当てて計る方法なので自分で定規で測っている人はやり方によっては1,2センチ損しているかもしれません。

 

 

埋没ペニスって?

埋没ペニスとは、下腹部に脂肪が多量についてしまったために、ペニスの大部分が埋まってしまっている状態のことを言います。肥満体型の人にありがちなペニスです。もしあなたが過度の肥満体型であるなら、ペニス増大トレーニングをやる前にダイエットをするのがおすすめです。

 

脂肪がなくなることによって隠れていたあなたの本来のペニスが姿を現すはずです。

 

 

根元からひっぱります!

では実際にペニスをひっぱる工程を紹介します。

 

急激にひっぱるのではなく、徐々にひっぱるので、マッサージに近いイメージを持ってください。ですのでやる前にペニスを暖めておくと効果があがります。入浴した後で部屋に暖房をつけるなど工夫しましょう。

 

勃起していない状態でペニスを出し、亀頭をかるくつまみます。

 

そのまま前にゆっくりひっぱり、伸ばします。

 

その状態のまま5分間維持してください。もちろんここで痛みを感じたらゆるめるか、中止するなどしてください。

 

5分たったら手を離し、ペニス全体をマッサージしてください。

 

そして次は前に伸ばすのではなく、上方向へ伸ばしてください。

 

そして同じように5分維持、マッサージと繰り返します。

 

前、上下、左右に伸ばしながら同じことを繰り返します。

 

全体で2周くらいしたら、最後に根元からペニスの先端へ血液を押し出すように絞ってください。やりすぎはペニスを痛めることになるので、一日ワンセットやってください。

 

 

 

勃起トレーニングと増大トレーニングの違いって?

Thumb fitness medicine

ここまでペニスの増大トレーニングを紹介してきましたが、ひとつ、みなさんと確認しておきたいことがあります。それは勃起力をアップさせるトレーニングと増大トレーニングは別物ということです。

 

もっともこの二つは密接に関係しています。

 

さきほど紹介したつま先立ち運動を例にみていきましょう。

 

 

pc筋の役割とは

 つま先立ち運動では、会陰部の筋肉をしめつけることでペニスから血液が戻りにくくなり、増大トレーニングにつながる、と書きました。

 

この会陰部の筋肉はpc筋と呼ばれているものです。pc筋の役割は勃起時に大量の血液をペニスに送り込むことと、送り込んだ血液が戻らないように維持することです。

 

pc筋を鍛えるのは、本来は勃起力アップのためですが、勃起力トレーニングをやる中で自然と増大につながっていくこともあるのです。

 

 

海綿体と筋肉を区別すべし

 ここまでしっかり読んでくれた皆さんはおわかりでしょうが、海綿体と筋肉も混同しやすい概念です。海綿体は筋肉ではなく、あくまで血液をためこむスポンジにすぎないこと、筋肉は血流を強くしたり、pc筋のように勃起の持続時間を長くする効果があります。

 

 

 

他にも沢山!増大トレーニング

Thumb fitness

その他にも3つの増大トレーニングがあるので紹介します。

 

 

ミルキング

 先ほど紹介したひっぱる方法に似ていますが、目的は長さを伸ばすのではなく、太さを増すことです。

 

血流強化のために勃起させる方法を最初のほうで書きましたがそのアレンジバージョンだと思ってください。

 

半立ち状態に勃起したペニスを片手で持ち、牛の乳絞りをするように根元から先へと血液を送り込みます。亀頭に血液が充満してきたのを感じたら根元を軽く握り、半勃起状態を1分ほどキープします。これを繰り返します。

 

 

足上げ腹筋

 これは下腹部の筋肉を鍛えることができます。先ほど紹介したスクワットと同じ種類の増大トレーニングです。まず寝そべって両手をお尻の下に隠します。

 

次に両足を伸ばしたまま45度くらいまで持ち上げ、その状態を10秒ほどキープします。両足の重さを上半身で支えるのではなく、お尻に力をいれて支えるイメージで行います。

 

 

カーフレイズ

 これはふくらはぎの筋肉を鍛えることによって血流を強くするトレーニングです。

 

厚さ5センチほどの板を用意して、その上に足の前半分をのせ、かかとを上げ下げします。素足でやるよりもシューズを履くか、ソックスを履いてやるほうが良いでしょう。

 

 

器具を使ったトレーニング例を紹介します

 ペニス増大用の器具は実際に販売されています。大きく二種類にわけることができます。

 

一つはポンプ式といって、ペニスに装着した後、ポンプ内の空気を抜く仕組みになっています。

 

そうすると気圧の低下によって、自然とペニスに血液が流れ込み半勃起状態になります。

 

 

トレーニング実践 血流アップ編

で紹介したペニスに血液を送り込む方法を

Thumb jet

自動でやってくれる機械と考えてもらえばいいでしょう。

 

もう一つは牽引器具といって、ペニスを物理的にひっぱることで長さをアップさせる器具です。

 

これは「トレーニング実践 ひっぱり術編」で紹介したトレーニングを自動でやってくれる器具と考えてもらえばいいでしょう。手でひっぱるのと違い、装着さえしていれば24時間常にひっぱってくれるので効果も出やすいです。

 

 

 

長さアップと太さサップはどちらが重要か?

Thumb hikaku

これまで紹介してきたトレーニングは、血流アップトレーニングのように、太さ、長さ両方をアップさせるものや、ひっぱるトレーニングのように、長さのみを伸ばす方法など様々でした。

 

では太さと長さ、男性にとってどちらが重要なのでしょうか? 

女性の声を聴け!

 男性の自分のペニスに対する自信は女性からの評価によって作られるものです。

 

自分のペニスにどれだけ相手が満足してくれたか、が重要なのです。

 

では女性は長さと太さ、どちらを重要視する傾向にあるのでしょうか?長さについては、長ければ長いほど良い、と感じる女性が多いようです。というのも長すぎて奥に当たって痛い場合は、男性の側で調整できるからです。

 

太さは、ある程度はあったほうが良いのは確かですが、太すぎるとやはり好まれない傾向にあるようです。

 

 

ペニスの形状によって必要な要素が決まる!

 女性の膣に上突き、下付きという違いがあるように、男性器にも上に沿ったタイプ、下に沿ったタイプというのが存在します。上に沿ったタイプは埋まっている海綿体が少ないのが特徴で、長さをある程度もっているペニスです。

 

その反面、亀頭の部分が先細りになりやすく、太さという点ではやや劣るペニスが多いです。下に沿ったタイプはその反対で、太く短いペニスになる傾向があります。自分がどのタイプなのかを判別することで、太くするトレーニングか、長くするトレーニングかを見極めることができるでしょう。

 

まとめ

Thumb graphs

いかがでしたでしょうか?ペニスのサイズに悩む男性は、増大を心の中では欲しながら「ペニスは生まれつきのものだし仕方ないかな」と思って諦めているかもしれません。

 

また、「増大トレーニングをするなんて情けないなあ」と思って、今一歩踏み出せない人もいるでしょう。悩む気持ちはわかりますが、試さないことには何も始まりません。

 

先入観やプライドを捨て、ペニスを正しく理解し、自分にできることを毎日少しずつやるだけでいいのです。

豆知識に関連する記事