公開日 18年11月08日

更新日 18年11月11日

安全に効果を得るために!ペニス増大手術の方法と注意点

ペニスの大きさに深刻な悩みを抱えていて、男性として自信が持てない、女性と上手く接することができないという人は多くいます。

 

そして、ペニス増大手術こそ最も効果のできるペニス増大方法です。しかし、ペニスを手術するのは心理的に大きな抵抗がありますよね。そこで今回は、ペニス増大手術について、様々な方法および注意点を紹介します。

 

 

ペニスの増大を考えた場合、いくつもの種類がありますが最後にいきつくのが増大手術です。増大手術にはペニスにヒアルロン酸やシリコンを注入するものと、靭帯の一部を切除することでペニスを長く見せる長茎手術などがあります。

 

いずれもペニスにメスや注射針を入れるものなので、心理的な抵抗は大きいでしょう。しかし、他の増大方法と比較すると増大の効果が見込めるのも事実です。

 

今回はペニスの増大手術について、以下の点を紹介します。

 

  • なぜペニスを増大させることができるのか
  • 増大手術の種類
  • 悪質なクリニックを見極めることの重要性

 

当然ながら手術はあなた一人で行うことができるものではありません。そのため手術を受ける際は医師およびクリニック選びが重要となります。特に悪質なクリニックはしっかりと避けていかなければ、ペニスに重大な障害が残りかねないためです。

 

この記事を読み、増大手術について正しい知識を得てください。そうすることで、他の増大方法では効果がなかった人も、増大手術を用いて安全にペニスを大きくすることができるでしょう。ただし、手術には一定のリスクがあることは忘れないでください。

 

 

手術でペニスを大きくすることはできるのか

Thumb doctor gimon wakai

はじめに、そもそも手術でペニスを大きくすることが可能かどうかについて紹介いたします。この点について結論から述べると、手術でペニスを大きくすることは実際に可能です。ペニスの増大方法には様々なものがありますが、その中でも手術は最も高い効果を見込むことができる手法です。

 

しかし、手術でペニスを大きくするといっても当然に限度があります。そこで、ここでは手術を用いてどの程度ペニスを大きくすることができるのか、またどのような部分を大きくすることができるのかについて紹介します。

 

ペニスの長さ自体を大きく変えることは難しい

Thumb doctor nayami

手術でペニスを大きくしようと考えた場合、ペニスの長さ自体を大きく変えることは難しくなっています。人間のペニスは、体外に突出している部分と体内に埋まっている部分があります。この両方を合わせた長さを手術で大きく変えることは難しいのです。

 

ペニスの大きさは遺伝と成長期の生活により決まる場合がほとんどです。そのため成長期を過ぎてから、成長期のようにペニスを大きくするということは現実的ではありません。つまり、そういった効果を謳う広告に騙されないよう注意する必要があるのです。

 

それらの広告は詐欺に近しい内容であなたのコンプレックスにつけ込んできます。そして意味のない製品を売りつけて、あなたからお金をむしり取ろうとするわけです。

 

このように、あなたの現在持っているペニスの長さそのものを10cmも伸ばすことはほとんど不可能といってよいでしょう。ただし、後述するとおり外から見た際のペニスの長さを変えるだけであれば、ある程度は可能となっています。

 

通常時のペニスの長さを変えることは可能

Thumb saya doctor

ペニスの長さ自体を大きく変えることは難しいと書きましたが、外から見た際のペニスの長さを変えることは可能となっています。これは、先ほども書いたとおりあなたのペニスには体内に埋まっている部分があるため、それを体の外に引っ張り出すことによって、外から見た状態のペニスの大きさの長さを変えることができるためです。

 

この方法は長茎手術と呼ばれています。この長茎手術こそが、ペニスの大きさを変える効果が最も高いものであると言われています。ペニスを構成する組織で最も主なものは海綿体です。この海綿体に血液が流れ込むことによって勃起が起こります。

 

海綿体は、通常は恥骨と靭帯によって繋がっています。長茎手術においてはこの恥骨と海綿体を繋ぐ靭帯を一部切除したり、緩めたりすることで体内に隠れている海綿体を体の外に引き出します。そうすることによって外から見た時のペニスの長さが変わるのです。

 

あなたの体の中に隠れているペニスの長さも含めると実際のペニスの長さ自体は変わりません。長茎手術はあくまで外から見た時のペニスの長さを大きくするための手術です。

 

また長茎手術をすることで性機能に障害が起こることはありません。もちろん手術一般に共通するリスクは存在しますが、長茎手術自体が特別に危険なものであるということはないのです。

 

ペニスの太さを変えることは可能

Thumb doctor woman annnai

次にペニスの太さを変えることは可能なのでしょうか。この点についても結論から述べると可能となっています。またペニスの長さを変えるものよりも太さを変える手術の方が容易に行うことができます

 

ペニスの太さを変える際はヒアルロン酸やシリコンを注入します。注入する場所については比較的自由に選ぶことができ、陰茎そのものに注入して太くしたり、亀頭に注入してペニスの先端を大きくしたりすることができます。

 

こういったヒアルロン酸の注射などは美容整形においても多く用いられている手法であるため、心理的な抵抗感も恥骨と海綿体を繋ぐ靭帯を切る長茎手術よりは小さいでしょう。

 

ペニスの太さが変わるだけで、ペニス全体の大きさの印象も随分と変わってきます。長茎手術は気が向かない場合であっても、ヒアルロン酸やシリコンを注射するだけでペニスの大きさ自体を変えていくことができます。

 

しかし、容易とはいうもののペニスに異物を注入する手術であることに変わりがありません。また麻酔も使用されます。長茎手術も注入手術も増大の方法としてはあくまで最後の手段としてとらえておくのが賢明でしょう。

 

 

ペニス増大手術一覧

Thumb doctor yubi

以下では具体的にどのようなペニス増大手術があるのかを見ていきます。実際に手術を受ける際は専門医とよく相談をすることになりますが、あなた自身も手術の種類を知っておいて損はありません。

 

そうすることで、あなたが求めている効果を出すことができる手術を的確に受けることができます。ペニスを大きくする手術には大きく分けて2つの種類があります。1つがペニス増大手術もう一つがペニス長茎手術です。以下ではそれらの違いについても見ていきます。

 

ペニス増大手術

Thumb ope

はじめにペニス増大手術について見ていきましょう。増大手術というと長茎手術もヒアルロン酸注入手術も含み、何らかの形でペニスを大きくする手術全般を指す場合もあります。しかしここでは、ペニスの増大手術とは、ペニスを大きくする手術の中から長茎手術を除いたものを指します。

 

以下具体的にどのような手術があるのか見ていきましょう。

 

包茎を切ることによる増大

よく耳にする包茎手術にも、ペニスを増大させる効果を期待することができる場合があります。そのため、包茎手術にも増大手術としての側面があります。包茎とはペニスの皮が通常時のペニスの先端を包み込んでる状態を指します。包茎には以下の3つの種類があります。

 

  • 仮性包茎
  • カントン包茎
  • 真性包茎

 

仮性包茎は日本人に多く、通常時のペニスの先端が包皮に覆われていますが、手で簡単に皮をむくことができるものです。そのため、勃起時は亀頭が自然に露出することが多くなっています。包茎の中では重度なものではありませんが、それでも包皮の中に雑菌が溜まったりしやすいものです。

 

カントン包茎は通常時に多少の無理をすることで皮をむいて亀頭を露出させることができますが、皮の口が非常に狭くなっており剥いたとしても亀頭の根元が締め付けられてしまうものです。

 

亀頭の根元が締め付けられてしまうため、無理をして皮むいた状態にしておくと皮が戻らなくなったり、亀頭に悪影響を及ぼしたりする場合があります。カントン包茎は多くの場合、治療が必要となります。

 

真性包茎は通常時も勃起時もペニスの皮を全く剥くことができないものです。亀頭が常に包皮に覆われているため、亀頭が成長することを妨げられています。

 

そのため真性包茎の人は先細りのペニスになっている傾向があります。セックスにも大きな影響及ぼすものなので真性包茎も治療が必要となります。

 

このように包茎には3種類がありますが、このうちカントン包茎と真性包茎については手術をすることでペニス増大の効果が見込める場合があります。なぜならば、この2つの包茎は包皮によって亀頭の成長が妨げられていたり、勃起時に亀頭に十分に血液が流れ込まなくなったりするためです。

 

つまり、包皮の手術を行って亀頭の締め付けをなくすことで、勃起時のペニスを大きくすることにつながる可能性があるのです。成長期を過ぎてから手術をした場合であっても、ペニス増大の効果が得られるかは場合によります。

 

しかし通常時であっても狭い包皮口にぎゅうぎゅうと占め浸かられていたペニスが、その締め付けから解放されるだけで多少の増大の効果は期待できるでしょう。

 

ヒアルロン酸注入・シリコン注入

次にヒアルロン酸の注射シリコンの注射による増大手術を見ていきましょう。この手術は主にペニスのどの部分にヒアルロン酸やシリコンを注入するかによって種類が分かれています。注入する箇所は大きく以下の3つがあります。

 

  • 亀頭
  • カリ
  • 陰茎

 

それぞれ注入した部分を大きくすることができるため、ヒアルロン酸やシリコンの注射は、それぞれの人のペニスの具体的な大きさの悩みにピンポイントで対応することができます。

 

例えばペニスの根元には十分な太さがあるけれど先端が非常に細いといったような場合は、亀頭にヒアルロン酸を注射することでペニス全体の太さをある程度均一にすることができます。

 

注射を行う手順については、医師とよく相談し診察を受けた後注射を行う部分に麻酔テープを2、3分ほど貼ります。そしてペニスの痛覚を麻痺させた後に非常に細い注射針をペニスにさして内部にも麻酔を注入します。

 

その後麻酔が効くまで待ちます。そして最終的に増大させたい部分にヒアルロン酸やシリコンを注射しペニスを内部から膨らませていきます。術後は包帯を一日ほど巻いたままにし、約1週間後から性交渉が可能になることが多いです。

 

このように手術といってもヒアルロン酸やシリコンを注射するものは、非常に手軽な手術となっています。入院の必要もなく、1日後にはシャワーを浴びることができるのです。

 

ペニス長茎術

Thumb kiranaicyoukei

次に増大手術とは別のペニスの長茎手術について紹介します。増大手術はあくまでペニスの太さを変えるものでしたが、長茎手術は長さを変える効果があります。

 

前述した通りペニスの長茎手術は海綿体と恥骨の間にある靭帯を緩め、体の中に埋まっていたペニスの根元の部分を体の外に引っ張り出して、外から見た際のペニスを長く見せるものです。長茎手術には切る手術と切らない手術があります。

 

どちらも靭帯に細工をすることで海綿体と恥骨を引き離す点は変わりがありません。

 

切らない長茎手術

はじめに切らない長茎手術とは、靭帯を伸ばした状態にしてそれを糸で固定するものです。靭帯にメスを入れることがない代わりに、常に糸で固定されている状態になるため多少のつっぱり感のようなものを感じる恐れもあります。

 

またこの糸については局部に大きな衝撃があったときに切れてしまったり、体型の著しい変化によって効果がなくなってしまったりする恐れもあります。そのため切らない長茎手術はある程度一時的なものとみなされています。

 

しかしながら手軽さもあって、切らない長茎手術を選択する人も少なくはありません。もちろん使われる糸は人体に害のない物質でできています。

 

切る長茎術

一方で切る長茎手術とは、ペニスの根元にメスを入れて靭帯の一部を切除します。切らない長茎手術と比べると効果は永続的で、ペニスを長くする効果も高く期待できるのが切る長茎手術です。

 

当然海綿体自体にはメスを入れないため、勃起の機能などに障害が残る恐れはありません。そのため確実な効果を望む人から人気の高い手術となっています。

 

術後については手術を受けるクリニックによって異なりますが、多くの場合翌日からシャワーを浴びることができ、性交渉自体は3週間以上後から認められる場合が多くなっています。

 

実際に下腹部にメスを入れることになるため、切る長茎手術は心理的な抵抗が大きなものです。そのため切る手術を受ける場合は、医師とクリニックを十分に吟味していきましょう。そのうえであなたが信頼できる医師に執刀を任せるべきです。

 

 

手術のリスクと悪質なクリニックの見分け方

Thumb teacher setumei

ここまで紹介してきたようにペニスの増大手術にはさまざまな種類があります。そのため、あなたが自分自身のペニスをどう変えたいかをきちんと整理し、それを踏まえて医師と納得のいくまで相談して手術の手法を選ぶ必要があります。

 

また増大手術はどれも大きな危険がないものであるとは言え、ペニスに注射針やメスを入れることに対する心理的な抵抗は非常に大きいでしょう。そのため、増大手術を受ける際はいかに適切なクリニックを選ぶかということが大切になります。

 

同時に、いかにして悪質なクリニックを避けるかといった観点も非常に重要となります。特に悪質なクリニックで手術を受けてしまうと、ペニスの機能に重大な障害が残る恐れがあります。もちろんそういったものは損害賠償として金銭を請求することができます。

 

しかしながら、ペニスの機能自体は回復しない場合も多く、悪質なクリニックは必ず避けていく必要があります。以下ではペニスの増大手術について存在するリスクと、悪質なクリニックの見分け方を紹介します。

 

リスクの存在

Thumb doctor annnai

はじめに手術については一定のリスクが存在します。しかし、これはどのような手術を受ける場合であっても存在するリスクとなります。

 

手術を受ける場合はそれがペニスの増大手術であっても、体の他の器官の手術であっても、事前に医師からリスクの説明がなされますます。特に麻酔を打つことによって生じる障害については、どんな手術においても発生する恐れがあります。

 

このリスクの存在自体は手術する以上は避けることができません。しかしながら現在行われているペニスの増大手術は一定のリスクこそ当然に存在しますが、多くの場合は障害を残さないまま安全に終わるものです。事前に医師からリスクの説明を受けた時に、冷静に対処できるようにリスクの存在自体は頭に入れておきましょう。

 

またリスクが存在する以上、外科手術を伴う増大方法よりも他の方法を先に試すのが賢明です。なぜならば、他の方法であなたが満足する増大の効果を得られた場合は、敢えて手術をする必要がなくなるためです。

 

このように増大手術は確実な効果を得やすいものではありますが、リスクの存在から最後の手段といった側面が強いものなのです。

 

悪質なクリニックの見分け方

Thumb man setumei1

悪質なクリニックはいくつかの方法で見分けることができます。以下では3つの方法を紹介します。ただし、1つの方法に頼るのではなく、3つの方法すべてから悪質なクリニックを見極めるようにしてください。

 

ホームページを利用する方法

昨今はホームページを用いてペニスの増大手術を行っているクリニックを探すことが多くなっています。しかしながらホームページというものはどこのクリニックのものもきれいに作られています。

 

つまりホームページが整っているからといって、そのクリニックが悪質でないと決めつけることには危険が潜んでいるのです。そこでホームページを見た際に全体の作りが綺麗だから大丈夫だろうと簡単に決めつけず、しっかりと責任者やクリニックの所在や、実績などの情報を細かく確認してください。

 

悪質なクリニックが作っているホームページの場合、クリニックの情報がほとんど書かれていない場合があります。つまり、責任の所在を不明確にして、最終的に手術の後にお金だけを取って逃げるような事を企んでいる場合があるのです。

 

各ホームページには医師の紹介やクリニックの実績の紹介や治療方針などが事細かに記載されています。また住所も確実に記載されており地図なども載っているでしょう。ホームページからはこういった情報をつぶさに確認し、違和感がないかどうかを確認してください。

 

医師に質問する方法

またクリニックに相談に訪れて、医師と納得のいくまで話し合ってみるということも悪質なクリニックを回避することにつながります。当然医師の相談を受けるとそれだけ診察料はかかってしまいますが、必要以上のリスク避けるための値段と思えば高いものではありません。

 

そのクリニックで行っている増大手術はどのようなものなのか、どのようなリスクが存在するのか、実際の手術の手順、術後の経過、アフターフォローなどについて細かく質問していきましょう。

 

それに対して真摯に答えてくれないような医師は信頼に値しません。またクリニック自体の清潔感などにも注意をしてください。特に古くからやっているクリニックは、新しい増大手術の知識や技術を持っていない場合もあります。

 

実際にクリニックを訪れることで感じることができる違和感についても目を光らせていきましょう。

 

手術料金から見極める方法

また手術の費用についても悪質なクリニックを見分けるヒントとなる場合があります。

 

手術の費用については各クリニックによって差がありますが、一般的に増大術であれば数十万円、ヒアルロン酸などの注射であれば10万円から20万円で行われていることが多くなっています。そのため、手術の費用が2万円や3万円といった異常に安い場合は注意が必要です。

 

そういったクリニックは技術が異様に古かったり、技術不足の医師が安い料金で何とか食いつないでいたりするという恐れがあるためです。もちろん料金こそ安いですが、リスクを考えるとあなたのペニスにメリットはありません。重大な後遺症の恐れが高いためです。

 

このように悪質なクリニックは複数の側面から見分ける必要があります。1つの側面からのみ見て、安心しないように気を付けてください。素人にはわからない部分も多いですが、自身のペニスのことなので細かなチェックを徹底してください。

 

そのうえで違和感があったような場合は、手術の話を早急に進めることは避けて、違和感の原因をはっきりとさせる必要があるでしょう。

 

 

まとめ

Thumb tibimaruko ok

いかがだったでしょうか。ここまで説明してきたとおり、増大手術を用いることでペニスの増大を高い確率で実現することができます。増大手術には大きく分けて、ヒアルロン酸やシリコンを注入するものと、靭帯に細工を行い外から見たペニスを大きくする長茎手術があります。

 

長茎手術はペニスの長さを実質的に変えることのできる唯一の方法といっても過言ではありません。しかし、下腹部にメスを入れることになるため心理的な抵抗感が大きいものです。

 

また包茎手術も結果としてペニスの増大の効果を得ることができる場合があります。なぜならばカントン包茎や真性包茎は常時包皮が祈祷を締め付けている場合があるためです。

 

このような手術を受ける場合は、手術について知識を得たうえで、医師およびクリニックを慎重に選ぶ必要があります。悪質なクリニックの数自体はそれほど多いわけではありませんが、クリニックの中には設備や手法が古いところもあります。

 

またコンプレックスにつけ込む形で詐欺まがいの行為によりお金をむしりとろうとする悪質なクリニックも存在しています。そういったクリニックを見分けるためには、ホームページで責任の所在が明示されているかを出発点としてください。

 

また医師に疑問をすべてぶつけて、丁寧に解消してくれるかチェックすることも効果的です。さらに手術費用が過度に安い場合は注意が必要です。これらの方法であなたに合った手術を安全に受けることを目指しましょう。

 

 

ペニス長茎術:
http://gezafrid.com/uenoclinic/uenoclinic-choukei

豆知識に関連する記事