公開日 18年05月15日

更新日 18年09月05日

カントン包茎は放置すると危険!?潜むリスクとおすすめ治療法

日本人男性の15%が真性包茎やカントン包茎で悩んでいるというデータがあります。

 

今回ご紹介するカントン包茎は、見た目が乳幼児のおちんちんのよう。それが気になり、大人になっても女性と上手く付き合えずにいる人もいるほど大きな悩みの種になっています。

 

どのような経緯でカントン包茎になってしまうのか、なった場合にどう対処すればいいのか、防止策はあるのでしょうか。その悩み、一挙解決致します。

 

カントン包茎とは

Thumb suitgirls

カントンとは元に戻らなくなった状態のことで、剥いた皮が元に戻らないものが、カントン包茎です。よく大人のペニスとして揶揄されるムケチンというのは、いつであろうと亀頭が顕わになっている状態のこと。

 

けれど、ペニスにも個人差があります。少年期を過ぎてムケチンになっている人もいれば、包皮が常にペニスの頭を隠してしまっている人もいます。

 

ペニス先端まで包皮に隠れている人は、日本人男性のなかでも圧倒的多数。けれど、そのうちのおよそ15パーセントの人が、包皮口が狭い深刻な包茎に悩まされているのです。

 

カントン包茎は仮性包茎の一つ

Thumb amegahutteiru

包皮口が狭小であることが特徴の仮性包茎の一種です。一般的な仮性包茎ならば、亀頭や陰茎よりも包皮の入り口のほうが広いため、包皮を剥けば、何事もなく陰茎まで露出させることができ、戻すのも簡単です。

 

また、剥いたまま勃っても、特に何の問題もありません。ところが、皮の口が狭小だと、皮が引っかかり、剥くことだけでなく元の状態に戻すことも容易にはできないのです。

 

亀頭を何とか曝け出すことができたとしても、狭小な入り口が陰茎を扼します。包皮口が亀頭の周囲サイズよりも狭小な場合では、亀頭にひっかかり、絞扼することも。

 

包皮口は伸びないため、無理に広げようとすると、口が裂けてしまうことすらあります。包皮によって扼されると、その部分から先の血流が阻まれて、循環障害を起こします。

 

血流不全が起こると、最悪ペニスの組織が壊死してしまったり、勃起不全などの後遺症が残ることも。どんな後遺症があるかは、また後ほどご紹介します。

 

カントンが起こってしまう人のペニスは、普通の仮性包茎と見た目にほぼ違いがありません。そのため、パッと見ただけではカントンになりそうかどうかを判断しづらいものがあります。ですが、狭小な包皮口の人には共通項のようなものがあり、それがペニスの形状です。

 

亀頭が細長い先細りになってしまったり、包皮口からペニスの先端が出せずに長さが短くなってしまったりすることが多いのです。これは、口の狭小な包皮によってペニスの成長が邪魔されてしまうため。ですから、狭小な包皮口の男性は、できるだけ早く対処するほうが望ましいといえるでしょう。

 

また、カントン包茎の場合、剥いてみてはじめてただの仮性包茎でないことがわかることもあります。そのため、多くの男性は徐々に皮被を剥くことによって、大人の性器にできると思ってしまうので、扱いには注意が必要です。

 

 

カントン包茎のリスク

Thumb nayamashiikao

包皮口が狭小だと、皮をまくり上げて亀頭やカリ、陰茎を顕わにすることが難しいため、常に衛生環境が悪い状態といえます。

 

人の体には、汗を出すための汗腺が体表に存在しています。この汗腺は、包皮の内側にも存在しています。

 

入り口が狭くなっているペニスの場合、汚れた皮の裏側を洗うことができません。汗はカリの部分に溜まり、埃などと混ざり、垢となり溜まっていきます。それがどういうリスクにつながるのかについて、説明します。

 

不妊症やがんの原因HPVの感染源になることも

Thumb aoziru

HPVは、ヒト・パピローマ・ウィルスの頭文字をとったもので、セックスなどの性的な接触により感染するウィルスの一つです。種類は200種類以上あり、そのうち体に悪い影響を及ぼすとされているのが100種類以上。

 

女性に感染すれば、不妊症や子宮異形成、子宮頸がんの原因に。男性が感染すれば、咽頭がんや陰茎がん、肛門がんの原因にもなります。

 

そんなHPVは、不衛生な陰部に多く存在しています。HPVは、一度感染すると、排出されるまでおよそ数か月~数年以上と長い時間を要することが多いもの。しかも、必ず排出されるわけではないため、体内に残り続けた場合に、前出の病気の誘発原因になります。

 

ところがHPVは、感染したところですぐには症状が現れないことも多く、潜伏期間もあるため、いつ感染したのかその経路を掴むことが難しいウィルスです。

 

女性の場合であれば、多少の自覚症状が現れることもあります。一方、男性の場合はまず症状が見られないため、自分で気が付かないうちにパートナーへ感染させていることも多いのです。

 

このHPVは、男性のペニスや肛門などに棲みついていることが多いので、保有者と性的接触をすれば必ず相手に移ると考えて間違いありません。

 

セックス前にシャワーを浴びないで行為に及ぶと、感染率が上がります。また、コンドームを付けたところで、HPVが相手に移らないという確証はありません。

 

なぜなら、行為に及ぶ前に素手でペニスを触る、コンドーム着用時にペニスに直接触れるといった場合に、その手にウィルスが付着していることがあるからです。また、LGBTの同性カップルの場合であれば、オーラルセックスをすることがよくあります。

 

この場合もシャワーを浴びないまま至れば、相手の口内へHPVを移す危険性があるのです。感染を防ぐには、ペニスを綺麗に保つことが最重要。

 

それも、尿道まで綺麗に洗えれば良いのですが、そこまではなかなか難しいため、最低限でも汗や体表の汚れを落としてから、行為に至ることがベターです。

 

このとき、包皮をたくし上げて、亀頭から陰茎までの隅々を洗えればベストです。けれども、カントンを起こしやすい人の場合、それができずに汚れが溜まってしまいます。

 

それがパートナーへの不安感に繋ってしまうことも。

 

包皮口が狭いと感染症リスクが高まる

Thumb stoppose

肌表面には、ウィルスや常在菌と呼ばれるものがいます。包皮口が狭いと亀頭と陰茎を直接洗うことができません。

 

そのため、包皮内にはHPVなどのウィルスや、細菌が棲みやすくなっているのです。しかも、洗浄して取り除けないため、感染症のリスクが高くなります。

 

包皮の内側に貯まったカスから悪臭も

亀頭の付け根(カリ部分)や陰茎は、汗などの汚れが溜まりやすい場所。垢は酸化すると、チーズに似た鼻につくような臭いを放ちます。

 

特に陰部は、常に下着やズボンなどで閉塞感のある場所に位置しているため、蒸れやすいというのも原因の一つです。夏場など汗ばむ季節のときは、自分自身でも悪臭を感じることがあるほど。

 

通気性の良い下着を着用するなどして、せめて陰部に汗や湿気がこもらないようにしましょう。

 

陰毛が包皮や亀頭に傷をつけることも

包皮の入り口が完全に閉じてしまっているわけではないので、包皮と亀頭のすきまに陰毛が絡まったり、入り込んでしまうことがあります。

 

陰毛の断面は凸凹としています。そのため、陰毛同士が絡まりやすかったり、引っかかりやすいのです。また、その僅かな凹凸が包皮や亀頭の表面をこすり、目に見えない微細な傷をつけてしまうことも。包皮で隠れている亀頭は、刺激に敏感。少し擦れただけでも痛みを感じやすいのです。

 

それでけでなく、常時包皮内に隠れたままのペニスは、とても蒸れやすい状態。さらに包皮内に汚れが溜まっていると、亀頭についた傷口から細菌に汚染されることもあります。

 

対処法は、陰毛を短く切っておくこと。これだけでも、絡まって脱毛してしまうことを防げます。とはいえ、陰毛を含め体毛は、一定の周期ごとに生え変わるもの。

 

自然脱毛は避けることができませんから、それによる巻き込みを防ぐには、下着をトランクスのように裾が広いものを着用するのがベターでしょう。

 

 

カントン包茎かもと思ったら

Thumb iinebusinessman

パッと見は、仮性包茎のペニス。でも、勃ってもペニス先端が出ない。

 

あるいは、一部だけしか頭が見えない。しかも、捲り上がった包皮が元の位置に自然に戻らないのであれば、それはカントン包茎です。

 

ですが、まれにそれがカントンなのか、違うのか判断が難しいこともあるようです。軽度の仮性包茎の場合、勃てば自然に亀頭が顔を出します。しかし、重度の人は、ペニスの長さよりも包皮の長さのほうが長いため、勃ってもペニス先端が出ません。

 

包皮口が狭小な人でも、平常時であれば、頭を出せる人もいるのです。ところが、勃った時は亀頭も血流増加によって膨らみますので、亀頭が露出させづらくなります。

 

カントン包茎かどうかは、手で皮をたくし上げて、亀頭や陰茎を露出させることができ、それを元に戻せるかどうか。単なる仮性包茎ならば、状態に関係なく皮を元の位置に戻すことができます。

 

一方、カントン包茎の場合、包皮をまくり上げられたとしても、元に戻せないのです。

 

時間をかけてゆっくりと包皮を剥いて

Thumb tasupoi

勃起時に亀頭をむき出しにすることが難しい人は、平常時に包皮を陰茎の根元に向かってずらし、元に戻してみてください。

 

セックス体験がない人であれば、亀頭や陰茎が包皮にはりついていることがあります。また、自慰体験が少ない人も同様です。

 

自分のペニスが包皮口の狭いものだと知らずにセックスに至ると、行為中にカントンになり、セックスどころではなくなってしまうことも。

 

そうなる前に、まずは平常時のペニス状態で、包皮が戻せるかどうかチェックしてみましょう。勃起時に見極めようとすると、万が一包皮で絞扼されてしまうことがあれば、血流不全を引き起こしやすくなります。

 

必ず平常時に行ってください。皮をまくり上げてみて、元に戻りづらい、あるいは全く戻らないなら、医療機関へ相談に行きましょう。

 

包皮が固着している状態で無理に剥がすと、亀頭や陰茎、包皮の内側に傷をつけてしまうことがあります。毎日、数ミリずつくらいをゆっくりと時間をかけて剥いていきます。包皮で守られていた亀頭は、とても敏感です。

 

そのため、無理に剥いてしまうと、下着にこすれて痛みを感じたり、体を洗うときに痛くて洗浄できないといったことが起こりやすくなります。

 

また、セックスをするにしても、亀頭が敏感なままでは、挿入時に痛い思いをしたり、その感覚の鋭さから早々に射精してしまうこともあります。

 

ですから、亀頭の感覚を少しずつ鈍らせるためにも、ぴたりとくっついている包皮と亀頭、陰茎を少しずつ剥がして、感覚に慣れさせる必要があります。

 

剥いてすぐは痛みを感じたり、やけに触れる感覚を強く感じるかもしれません。ですが、その感覚は徐々に慣れていきますので、心配は要りません。

 

仮性包茎であれば、こうして皮を剥き続けているうちに、包皮とくっついていた部分が剥がれ、勃起しても亀頭の露出が容易になります。一方、剥いている過程で、亀頭が締め付けられるような感覚になったら、それ以上剥くのはやめましょう。

 

亀頭の色が赤紫になるようなら、すぐに病院に行き、治療を受けてください。包皮の入り口が狭いため、仮性包茎のように完全に剥ききることができないので、それを無理に進めてしまうと、血行が阻害されてしまいます。

 

ですから、つっかかるようであれば、それ以上は触らないようにしてください。

 

無理に剥いてうっ血したら壊死することも

Thumb herumetogut

仮性包茎が嫌だからと、時折包皮を力任せに剥いてしまう人もいます。けれど、これはペニスにとって良いことではありません。

 

特に、包皮口が狭小であることに気が付いていないまま、無理に剥いでしまうと、亀頭に皮が引っかかり、元に戻せなくなり、血流が阻害されやすくなります。

 

嵌頓を起こしやすい人のなかには、勃起時のみ亀頭が隠れているタイプと平常時であっても亀頭の全部または一部が露出できないタイプなど様々な人がいます。

 

どのタイプであっても、包皮が元に戻らない状態で勃起してしまうと、露出した部分が包皮に締め付けられてしまいます。圧迫がすぐに解消されれば問題ありませんが、締められている時間が長くなればなるほど、ペニスに影響を与えます。

 

その大きな影響の一つが、血液の循環が悪くなることによって起こる壊死です。このような状態になると、狭窄部位よりペニス先端にかけて、色がどんどんと変わっていきます。

 

赤っぽい色味から赤紫色になり、やがて赤黒くなり、やがて黒くなります。子どもの頃、わざと輪ゴムを指に巻いた経験があるという方は多いはず。

 

そのとき、どんどん指の色が変色していくのを見たことがあるのでは。それと同じことがペニスでも起こるのです。これは、内部で細胞組織が死滅していっている状態。

 

通常時は、血液に乗って運ばれてくる酸素やホルモン、栄養分などを取り込んでその活動を維持している細胞。血液が通過する際に細胞との間で、老廃物と新鮮な酸素や栄養分などと交換がされています。

 

ですが、血管が絞扼されると、血液によって運ばれていた酸素や栄養分が細胞の隅々まで行き届かなくなります。それだけでなく、血流が阻害されてしまうと、血液は行き場をなくし、血液中の水分などが血管外に漏れ出まていくのです。

 

漏れ出た血液成分は、遮断された血管へ戻ることもできませんから、絞扼された部分から先端にかけてぱんぱんに腫れてしまい、浮腫を引き起こします。また、血液の循環が滞るため、うっ血状態となります。

 

血液の流れがとまり、必要な物質が細胞に渡らないとなると、細胞の活動が阻害されてしまいます。細胞は、酸素などを取り込み、活動エネルギーに変えているので、それらが供給されなくなると、途端にエネルギー不足に陥ります。

 

とりわけ、酸素は細胞の活動エネルギーの中でも、長時間確保していられない物質。そののため、頻繁に新しい酸素を取り込む必要があるのですが、血流が断絶してしまうと、細胞は使った酸素を排出するばかりとなってしまいます。

 

これによって、細胞の死が引き起こされ、その範囲が広がっていきます。細胞が死んでしまうということは、すなわちペニスを構成している海綿体や筋肉、血管、神経、皮膚が内部から壊されていることになります。

 

カントンが起きると、むくみやうっ血、壊死が引き起こされ、最悪ペニスの機能に影響を及ぼします。壊死した部分は、そのままにはしておけませんから外科的処置が必要になります。

 

こうなるまでに、激しい痛みを感じるようになるため、ここまで放置してしまうことはあまりありません。けれど、場所が場所であるだけに、なかなか病院に行きたがらない人もいます。しかし、恥ずかしいからと我慢をするのは良い選択とはいえません。

 

カントンを起こし、締め付けられる感じがするなら、早めに受診するほうが、後遺症を残すことも少ないでしょう。後遺症とは、勃起不全や排尿障害などです。壊死まで進んだ場合、壊死部分を除去するために、ペニスの神経を切断したり、ペニスの一部を切り取ったりすることもあります。

 

このくらいの痛みなら大丈夫だと自己判断で我慢をしていれば、いずれはこうした事態にもなりかねません。絞扼感を感じたら、できるだけ早く医療機関を受診してください。

 

すぐに治したいときは専門外来へ

Thumb arafour

すでにうっ血状態ならば、今すぐにでも病院へ行くべきです。そうではないけれど、気になるから早く治したいというのであれば、包茎専門のクリニックへ足を運んでみてください。

 

病院は、一般の泌尿器科を選んでもかまいません。ただし、一般的な病院の場合、生活に支障をきたすほど深刻な状態以外の治療は全て、健康保険が痞えないため自費扱いとなります。

 

深刻な状態というのはつまり、カントンを起こしていて、浮腫やうっ血が強く、このままでは壊死を引き起こしてしまったり、排尿がしづらいなどの問題があること。もちろん、壊死がすでに始めっている場合は、健康保険が適用されます。

 

多少、締め付けを感じていても、むくみもうっ血も軽く、排尿に問題がないのであれば、経過観察のみで治療の必要性なしと判断されることもあります。このようなときの支払いが実費となるのです。

 

カントン包茎の場合、一般的な包茎手術で使われる背面切開ではなく、皮の入り口を広げる手術(環状切開術)となるため、手術本体の費用で20,400円かかります。

 

それに加えて、麻酔費用や使用する縫合糸の種類などによって、金額はプラスされていきます。手術後は、術後観察のため、通院することになりますから、トータルで10万円前後見ておくといいでしょう。

 

ただし、個人差があるため、全ての人がこの金額で収まるとはいえません。また、一般的な病院の場合は、専門クリニックのように外見的な要素がほとんど考慮されません。

 

最低限、手術痕が残らないように配慮はされますが、専門クリニックのように見た目へのこだわりはそれほど高くはないのです。

 

そのため、手術した痕が残ることもあり、見た目にも手術をしたかどうかわからないようにしたければ、専門のクリニックがお勧めです。

 

専門のクリニックの手術費用は、およそ7万~10万円が相場。この金額の中に、手術本体の金額や麻酔などの使用する薬剤代、縫合糸などの材料代、術後観察の再診にかかる費用まで含まれています。

 

プライバシーも、一般的な泌尿器科病院では他の患者と同じように扱われます。最近では患者のプライバシーを守るため、氏名を呼ばないなど配慮されるようになっていますが、医療機関全てではありません。

 

それにスタッフも、男性よりも女性のほうが圧倒的多数を占めているため、気恥ずかしい思いをすることは、ほぼ避けられません。それだけでなく、一般の医療機関の場合、カントン包茎の手術自体、それほど頻繁にしないもの。

 

いくら手術に慣れているベテラン医師でも、手術の術式が違えば勝手が異なり、ヒキツレなどの違和感があとに残ることもあります。

 

一方、専門クリニックの場合は完全予約制で、他の患者と鉢合わせしないよう配慮されています。スタッフも患者の心情に配慮して、男性オンリーのところばかり。

 

専門クリニックなら、カントン手術は頻繁に行われている多恵、経験の多い医師がほとんどですから、安心して任せられるはずです。手術件数については、クリニックや病院によってはホームページに記載されていることもあります。

 

気になる方は、受診を考えているところのWEBサイトを確認してみてください。カントン包茎の手術は、局所麻酔が基本です。小学生などのように小さいお子さんだと、じっとしていられないことも考えて全身麻酔をすることもあります。

 

ですが成人男性の場合は、手術時間の30分~1時間程度、静止していることができるため、基本的には手術を行う陰部周辺だけの麻酔となります。しかも、手術が終われば帰宅できる日帰り手術です。

 

専門クリニックは、その大半が外来受診を主にしていますので、入院施設がありませんから、対象は小学生以上の男性ということになります。一般の泌尿器科病院では、緊急性がない限りは、初診時に手術の予約をすることになります。

 

さらには別日となる手術のために来院し、後日改めて術後経過を確認するため再診することになりますから、最低でも3日通院することになります。

 

しかし、専門のクリニックだったならば、初診日にそのまま手術できることが多いため、最低2日で治療を済ませられるのも、患者にとってメリットの一つでしょう。

 

 

まとめ

Thumb yuugure

カントン包茎は、もともと包皮口が狭小であることが原因で起こります。そのため、そのまま放置しておいたからといって症状が良化するわけではありません。

 

専門クリニックなら、即日手術で治してもらえますし、どうしても迷いを振り払えないなら、気持ちが定まるまで猶予ももらえます。

 

けれど、感染や絞扼よるリスクを考えれば、早急に対処しておきたいところです。症状が出てからでは、痛い思いだけでなく、男性機能を失うことにもなりかねません。そうなる前に、早めに行動するのがベストでしょう。

豆知識に関連する記事