公開日

更新日 18年09月07日

「勃起しない」で悩んでない!?ペニスが勃起しない理由を探る!

Thumb stretch kaeru2

この記事の所要時間:約13

いざ勃起しないと、色々な考えが巡ってきます。「ついこの前まで、勃っていたのに」とココロの中でつぶやき、普通であったものが、普通でなくなるコトを実感する…

 

いざが只々「しなだれた棒」と化した自分のベニス、それはオトコとしての自信を萎えさせます。勃起しないことから来る「喪失感」による心理的ダメージも。加えて、パートナーのことを気にして、更に落ち込んでしまいます。

 

「一生勃起しないのではないか?」そんな気持ちさえ芽生えるかもしれませんが、実際そうなることは稀なケースで、往々にしてペニスは様々な原因により「休眠状態」にあると言えます。つまり勃起しないペニス救済法は、必ずどこかにあるということです。

 

↓風邪で勃たない人へ、記事をスキップ↓

 

勃起しない原因と、その復活方法を考えてみましょう。

 

勃起しない原因とは?

それではさっそく、勃起しない原因を見ていきましょう。

 

ストレスを抱えていませんか?(心因性ED)

Thumb boldman

病気でもなく、仕事も普通にしている…なのに勃起しない状態であれば「健康なはずなのに」と考えますよね。思い当たる節がないので、原因が見えにくくそれが余計に焦りを生み出したりします。勃起しない理由が、カラダではなく「ココロ」に起因している可能性は高いです。

 

パートナーとの関係性に問題はありませんか?

例えばパートナーに叱責され、咎められる毎日ならば「勃起しない脳」になってしまっても、不思議ではありません。例え相手が優しくても「気を遣われてる」と感じたら、罪悪感とプレッシャーに苛まれ、アタマの中は性的興奮どころではなくなります。

 

勃起しない原因は、パートナーとの関係以外にも。

「仕事上の心配事がアタマから離れない」「ミスを引き摺っている」「友人/親族/同僚とのトラブル」「金銭や将来の悩み」「人格否定された」など

 

これらを抱え込むと、脳は興奮や喜びよりも、心配事を優先してしまいます。常に心がネガティブで、いわゆる「何を食べてもウマくない」状態です。これでは、当然勃起しないでしょう。

 

幼少期の記憶や体験や辛い体験などが、無意識のうちにフラッシュバックされて勃起しない、そんなトラウマ起源の可能性もあります。また、マンネリな性生活による「低刺激化」により勃起しないケースもあります。

 

上記のような、心の問題により勃起しない現象を「心因性ED」と言います。若年層(20~40代)に多いですね。性的刺激に対して脳が反応せず、それが勃起しない状況を作り出すのです。

 

加齢による機能低下(器質性ED)

Thumb headholding

年齢を重ねると、当然のごとく体力は落ちていきます。それは突如落ちるものではなく、知らず知らずに緩やかに低下し、ふとしたタイミングで自身の衰えに気付く…そういうものですね。

 

ペニスが勃起しないのも同じ理屈で、仮にある時「少しだけ」低下を感じたとしても、きっと気のせいか、疲れなのだと判断し、スルーしてしまうでしょう。正確に判断できる人は少ないかも知れません。そして気付けば、ある日突然勃起しない体に…。

 

運動機能と同じで、脳が「こう動け!」と命令を下しても、加齢によるパフォーマンス低下は…ある程度なら仕方ないと考えられるでしょうが、全く反応しなければ、さすがに「ヤバい」と感じ、最悪の場合は勃起しない自分を卑下してしまいます。

 

加齢による様々な機能低下を、直視せざるを得ない残酷さ…それは勃起しないペニスも然り、なのですが。

 

まず勃起しない原因として考えられるのが「生活習慣病」由来です。

 

糖尿病/高脂血症/高血圧など、こうした症状を抱えている男性は相当数に上ります。若い頃には「体のパワー」が、メタボや糖尿などを跳ね返していたのに対し、知らぬ間に、それに逆らえぬ体になっています。生活習慣病が血管の硬化を招き、その「硬くて拡がらない血管」が勃起しない原因となります。

 

性的な興奮や刺激を受けると、「cGMP」という血管を拡げる物質が産まれ、血流活動を促しますが、その活動が正常でないと勃起しないのです。

 

その逆の役割の「PED5」という物質も存在します。海綿体付近に多く存在するそれは、勃起を鎮める役割を担っています。日常生活上、常に勃起しているワケにもいきませんし、コトが終わっても硬いままでは困ります。

 

ところがこの両者の「綱引き対決」において、いつもPED5が勝っている状態が「勃起しない」理由なのです。そもそもPED5というヤツは、cGMPを「分解する」酵素なのです。

 

例えばcGMPが100円ライターレベルの点火を試みても、PED5がそこに「何百リットルもの水」を浴びせてしまうのならどうでしょう?火力(活動力)と水力(抑制力)の力関係により、勃起しないのです。

 

ともあれ血管まわりの不健康さと、PED5の過剰な活動による体内活動の「エラー」が、勃起しない主要因と言えるでしょう。こうした理由で勃起しない状態を「器質性ED」と言います。

 

ペニスと直結しない、病気や手術のせいで勃起しない可能性もあります。

  • 前立腺肥大などの泌尿器疾患
  • 脳腫瘍など「脳」の自律神経疾患
  • 前立腺癌/膀胱癌/直腸癌などの手術の後遺症
  • 脊椎/骨盤の損傷

などが考えられます。

 

つまり神経の損傷が、副次的にペニスに影響を及ぼした結果、勃起しないケースです。脳が視覚や触覚などにより性的興奮を覚え、神経伝達により下半身に情報を伝えることが「勃起」という現象なので、神経が乱れれば、当然勃起しないのです。

↓試すならまずはロングセラー!↓
 

ゼファルリン
最大19600円OFF!
商品名無しパッケージで気軽に購入!

ゼファルリンの詳細を見る→

 

生活習慣の乱れ

Thumb bridge

ペニスに流れるハズの血流が、上手く流れず「硬くならない」こそが勃起しない理由です。

 

スポーツ的な運動機能は緩やかに衰えますが、衰えがペニス付近で起これば当然「勃ちにくく」なります。経年劣化をダメ押しするように、飲酒/喫煙/食習慣など不摂生の積み重ねが跳ね返った結果、勃起しないってこともあるのです。

 

例えば、アスリートが毎日不摂生を続ければ、衰えは止まらず引退に向かいまっしぐらです。全身を不健康にしてしまえば「勃起しないペニスの引退」だって、あるかもしれません。

 

のみならず、他の病気を引き起こす危険性も高まります。もしも勃起しない原因が「自業自得」だとしたら、これほど悲しいコトがあるでしょうか?

 

勃たないのは風邪だから?

また、風邪を引いていて、あきらかにこれが原因だ、という方もいるかと思います。通常と異なる状況なので、勃起しないとなってもおかしくないでしょう。

 

しかし、男ならば、風邪のときでもやれねばならぬ、もしくは風邪が長引いていてなんとかしたい、といった方もいるかと思います。

 

そのような方は、免疫力を向上してくれる「マカ」を摂取するといいでしょう。マカはアルギニンという成分を含んでおり、このアルギニンは人間の治癒力を高めてくれると言われています。

 

このマカ、どこで手に入れるの?と気になると思いますが、サプリメントで摂取することができます。特にマカエンペラーというサプリメントが人気ですので、ぜひ一度試してください。

マカエンペラー公式サイト→

 

勃起するための「薬」と「医療」

Thumb batterflyblue

もしも、勃起しない状態が「寝れば治る」「数日放置すれば、どうにかなる」そんな風邪やカサブタ程度のレベルであれば、誰も悩まないでしょう。本文をお読みの方は、光が差さぬ暗中模索の状況を打開したいと考えており、苦闘の末ココに辿り着いた…と想像します。

 

勃起しない原因よりも、やはり「答え」が欲しいと考えるのは当然です。勃起しない原因やメカニズムの知識も大切ですが、それも結局、問題が「解決」しなければ意味がありません。

 

以降、勃起しない状態を解決に導くための「薬」そして「医療ケア」について解説したいと思います。

 

試すならロングセラーサプリ!ゼファルリン

 

この分野のベストセラー「バイアグラ」

Thumb vgr100

勃起しない状況を打開すべく、体内血流を活性化させてペニスに血を集める薬剤を「ED治療薬」と言います。どの薬であっても基本原理は同じです。「血行促進剤」の一種という解釈もできます。

 

中でも「バイアグラ」は、多くの方にとって聞き覚えがある名前かと思います。例えば中学生など、勃起しない悩みと無縁な方々ですら知っているかも?

 

それもそのハズ、ED治療薬の分野において、約50%という世界シェア率を誇る超メジャーな製品なのです。

 

1998年に米国ファイザー社が開発した、超ロングセラー製品です。それは「信頼性」の証拠であるかも知れません。臨床試験では「70%~80%」の勃起しない男性に効いたと報告されました。被験者には重度ED患者も含まれており、ゆえに軽度や中度ならば約95%に効くのでは、と推測されております。

 

勃起しない人を救済する薬剤の「パイオニア」ですね。バイアグラ登場以前は,、赤まむし由来製品など漢方のアプローチがメジャーでした。血流よりも「強壮」の意識が強かったかも知れません。

 

それらを完全否定しませんが、昔はどこか「信じるものは救われる」迷信めいた要素も混在していた、とは言い過ぎでしょうか。

 

当時に比べ、勃起しない原因の分析と医療技術が、劇的に進化したとも言えます。

 

しかしバイアグラは、元来「狭心症」の改善薬として開発され、その「血流促進効果」の副次的な産物として、勃起しない男性機能の回復傾向が発見されたのです。いわば「マグレで出来た傑作」です。

 

バイアグラの主たる原動力は「シルデナフィル」という成分です。

  • 勃起するための血流を促す「cGMP」
  • 勃起を鎮める役割の「PED5」

 

この両者のバランスが悪く、その手綱引きで「PED5」が常に優位に立つという図式こそが、勃起しない理由だと前項にて申し上げましたが、シルデナフィルには、PDE5の活動を阻害することでcGMPを正常に活動させる効果があり、それが勃起しないペニスを助けるのです。

 

服用方法は?

Thumb callingman

空腹時、もしくは性交の1時間前に服用してください。この用法を間違えば、勃起しないかも知れません。

 

食後に服用した場合、主成分シルデナフィルが胃の中の「油分」に吸着し、食糧と一緒に排便されてしまうので、勃起しないのです。この油分こそが、シルデナフィルの大敵です。例えば食事を数時間前に摂ったとして「数時間空いたから…」と服用してしまうと、まだ胃や腸壁に油分が残っていることもあります。

 

効率よく効果を得たいのであれば、油モノを摂取したら特に注意を払い、最低でも食後6~7時間は服用を控えましょう。やむなく食後服用する場合は、2時間以上のインターバルが必要です。

 

もう一つ注意したいのは、一部柑橘系の服用前摂取が禁忌されている点です。体がバイアグラを吸収するのを促進し、身体に「過剰な影響」を及ぼすためです。特にグレープフルーツ(およびジュース)は要注意です。

 

レモン/オレンジ/みかんなどは、禁忌すべき食品とはされていません。一部柑橘系と相性が悪いとされていますが、柑橘にも様々な種類がありますので、この辺りは十分に注意しましょう。

 

「性交1時間前」での服用ケースですが、服用40分後から効能が現れ始め、約1時間後に効果のマックスに至ります。効能はその後徐々に減衰し、3時間近く経過するとほぼ半減し、約5時間でほぼ終息します。もし勃起しないと感じたら、上記の服用タイミングを再確認してください。

 

バイアグラの種類(錠剤のサイズ)は

  1. 25mg
  2. 50mg
  3. 100mg

 

この3種なのですが、100mgのみ日本未承認であるため、正規販売されておりません。ただし輸入品は流入しており、ネットなどでも購入可能なのですが、100mgを検討されるのなら、ニセモノを販売している業者も中にはありますので、信頼できる販売元から入手しましょう。

 

体格の小さい日本人にとって、副作用の懸念があるため100mgサイズが認可されないのですが、実際に100mgを購入される方は、全てが副作用<効果という「効能至上主義」で考えているワケではなく、ピルカッターなどで2~4等分して服用するケースが多数なのです。そのほうが、小さいサイズを購入するよりも「安価で済む」という理由からですね。

 

勃起しないからといって、闇雲に服用量を増やすのは極力避けるべきかと。バイアグラのみならず、ED治療薬初見の方は少量から試すのが賢明でしょう。

 

思ったほど勃起しないと感じた時、徐々に増量すればいいのですから。とにかく「勃起しないから、多く飲む」という、大は小を兼ねる発想は捨ててくださいね。

 

 

気をつけるべき「副作用」について

Thumb zidori

前述した通り、バイアグラの血流促進剤的な性格により、血流活性による副作用を引き起こす恐れがあリます。例えば以下のような症例がみられます。

 

  • めまい
  • 頭痛
  • 顔面の火照り
  • 目の充血

 

上記症状はいずれも、血流活性化と血管拡張による現象です。急激な血流活動により血圧が下がるためです。頭部の血管拡張が顕著であれば、頭痛や火照りを引き起こします。

 

例えば頭痛は、拡張した血管が頭部神経を「圧迫」することが原因なのです。顔面・頭部に発症するケースが多いですが、活発な血流に起因する動悸や、胃の充血による消化不良・胃痛などを引き起こす場合もあります。

 

また効果が衰えず、勃起状態が収まらない「持続勃起症」になるケースも。ペニスがパンパンに張った状態が長時間続くので、血管が破れて海綿体への血液流入が止まらずに、勃起障害を引き起こす場合もあります。

 

勃起しないコトに悩んでいるのに、逆に過剰な勃起が壊滅状態を招く…あまりにも皮肉です。

 

血流促進という特性なので、心臓や血圧系の病気を抱えている場合は、細心の注意が必要です。こうした場合は素人判断をせずに、お医者さんに相談の上服用すべきかを考えましょう。

 

されど過剰に副作用を恐れていては、勃起しないペニスの改善に向けて前進できません。副作用を感じないヒトも多いですし、例え症状が現れたとしても、大抵は軽微です。

 

仮に頭痛が生じるのであれば、ロキソニンをはじめとした頭痛薬で緩和できます。ただし空腹時にバイアグラを飲み、空腹状態のまま頭痛薬も服用した場合、胃が荒れる可能性もありますので、処方量とタイミングには留意すべきでしょう。

 

バイアグラの「価格」は?

Thumb blanko

いくら勃起しないペニスに「効き目がある」と喧伝されても、懐事情を考えずに突き進めば、コスパの悪い買物となってしまう恐れもあります。そこで気になるのがバイアグラの「相場」ですよね。

 

例えば、1錠あたりの単価目安は以下の通りです。

  • 25mgサイズ:1,000~1,300円
  • 50mgサイズ:1,500~2,000円

日本未承認という事情もあり、100mgサイズがすべて輸入品のため、このサイズの価格にはバラツキがあります。ニセモノも多いので、購入先は慎重に選びましょう。

 

最近は「ジェネリック」も増えており、より安い価格で入手できるようになりました。正規品の約60~70%くらいが相場でしょうか。成分は同じですが、効き目のスピードなどに若干違いがあります。

 

これは製造過程の違いなどにより「溶けやすさ、吸収スピード」に差異が生じるためです。ですが僅かな差であり、ほぼ同じものと考えて良いかと思います。

<バイアグラのクリニック別価格比較>

クリニック名 価格
メンズサポートクリニック 1200円
イースト駅前クリニック 1300円
ABCクリニック 2000円

 

効き目が長い「シアリス」

Thumb cialis0318

「シアリス」も勃起しない体質の改善薬として有名です。人気面では、バイアグラに匹敵する存在ですね。米国イーライリリー社の製品です。

 

特に「36時間」もの効果持続がウリですね!「ソレはキツいよ…」と感じるかもしれませんが、勃起しないペニスを突如ギンギンさせる性質ではなく、あくまでも性的な刺激を受けなければ、勃起することはありません。

 

「何もしてないのに勃っちゃう」タイプではないです。服用タイミングと食品摂取の縛りが強いバイアグラとは違い、禁忌事項が少なく、自由度が高いという利点があります。

 

ゆっくりと優しく、勃起しないペニスに働きかけるタイプと言えるでしょう。

 

シアリスが効く理由は、バイアグラと同じく「血流促進」と「血管拡張」の2軸ですが、勃起しないペニスに働く「主成分」と「効き方」には、かなり違いがあります。

 

勃起しない原因となる血流抑制酵素「PDE5」に働きかける、とココまでは他のED治療薬と変わらぬ原理ですが、シアリスの主成分「タダラフィル」が、バイアグラとの性格差を生み出しています。

 

効果発動まで約3時間かかる「遅効性」ですが、それと引き換えに36時間の効能を得られるのです。それゆえ、海外では「ウィークエンド ピル」という俗称もあります。

 

例えば土曜の朝にシアリスを飲んだなら、あとは細かいコトを気にせず土日の夜をエンジョイできるというハナシなのです。ゆっくりと染み入る…そんな感じでしょうか。

 

バイアグラは、その即効性ゆえ急激な血流変化をもたらしますが、対してシアリスは「遅効性」なので、カラダがビックリしてしまう急激な変化が生じにくいのです。それで、副作用が少ないと言われています。

 

食前・食後も気にせず服用できる上に、身体にソフトなアプローチ…それがシアリスの持ち味ですね。

 

勃起しないペニスの「着火剤」としてはソフトかも知れませんが、食生活の縛りに対しナーバスになるのは面倒だと感じるのなら、非常に有用な存在ですね。基本的に人間はナマケモノなので、慌てず縛られず、勃起しないペニスの復活を待ちましょう!

 

シアリスの「副作用」が気になる!

Thumb underangle

副作用が少ないと言われるシアリスですが「血流促進剤」でもあるため、以下の症状を引き起こす可能性もあります。

  • 頭痛
  • めまい
  • 顔面の火照り

ですが、カラダに急激な変化を起こさずゆっくり浸透するため、副作用発症のリスクは低く抑えられ、発症率30%と言われています。安心感があり使いやすいのが利点でしょう。

 

シアリス錠剤の「量」について

シアリスの1錠あたりの大きさは

  1. 10mg
  2. 20mg

の2種があります。

 

人気商品ゆえ、ニセモノも出回っており、50mg/100mgなど「存在しない」サイズも出回っているので、注意してください。国内外問わず、ニセモノによる「死亡事故」もあるので、信頼できる販売元よりお求めください。

 

シアリスの「価格」

Thumb mangetsu

平均的な価格相場が1錠1700~2000円なので、少し「高め」という印象です。しかし副作用に対する安心感や、服用タイミングの手軽さへの「対価」と考えることもできます。

 

しかしバイアグラとは入手状況に違いがあります。医院・クリニックでのジェネリック取扱がなく、<正規品=医院/ジェネリック=通販>と入手方法が二極化している現状です。

 

安さを求めるのであれば

  • タダシップ
  • メガリス
  • タダリフト

をはじめ、他にもジェネリックは多数ありますし、正規品の2~3割とかなり安い価格相場です。ちなみにジェネリックの国内製造は皆無で、すべて海外製です。

<シアリスのクリニック別価格比較>

クリニック名 価格
イースト駅前クリニック 1500円
メンズサポートクリニック 1500円
ABCクリニック 2000円

 

バイアグラの進化版?「レトビラ」

Thumb levitra0318

ドイツのバイエル社により開発された「レトビラ」

 

勃起しない要因となる酵素「PDE5」の活動を阻害し、血流促進するという図式は他製品と同じですが、有効成分に違いがあります。

 

水に溶けやすい性質の「バルデナフィル」を主成分としており、浸透スピードはバイアグラ以上です。このレトビラとバイアグラは即効性の系譜で、シアリスは遅効性と分類できます。

 

約20分で着火し始め、約40~50分でマックスの効果が得られます。バイアグラより後発のレトビラは、そのアップデート版と言えなくもありません。持続時間もバイアグラより長く、20mgタイプなら最長10時間の効果が得られます。

 

浸透スピードは勿論、それ以外に特徴的なのが、病気由来の勃起障害への効能です。うつ病などの精神疾患で、勃起しない場合もありますし、糖尿病・脊椎損傷などに起因する場合もあるのですが、こうした病気により勃起しない現象に対して効果があるのです。

 

パッケージには「炎」をあしらっておりますが、レトビラの特性をうまく象徴している感があります。勃起しないペニスに着火するイメージが湧いてきますね。

 

レトビラの服用方法

Thumb sakebi

  1. 5mg
  2. 10mg
  3. 20mg

この3種がありますが、5mgは効果が薄いと言われ、あまり流通していません。

 

食後服用もOKなうえ、お茶・ジュースやアルコールで飲んでも大丈夫です。食べ物の縛りは少ないです。しかし「油分に弱い」「グレープフルーツの忌避」という、少しバイアグラと似た注意点もあります。ちなみに食後服用の場合は

 

  • カロリー総量:700kcal以下
  • 脂肪摂取量:210kcal以下

 

これ以上の摂取を回避すべきとされています。しかし最も効果があるのは、空腹時です。早さ基準だけで単純比較すれば、勃起しないペニスに対する「最短距離」の回答なのかも知れません。

 

レトビラの価格は?

Thumb odoroki

1錠剤あたりの相場は、バイアグラより若干高めです。

 

  • 10mg:1500円前後
  • 20mg:2000円前後

 

特性からして、どうも類似するバイアグラとの比較になってしまいますが、この価格を即効性と効果持続時間への「対価」と捉えるかどうか?そこが判断のポイントでしょうね。

 

  • バリフ
  • ジェトビラ
  • ブリトラ

 

などの安価なジェネリックも存在します。安いものでは、1錠あたり150~200円程度のモノもあり、そのバリエーションは豊富です。ただしニセモノも存在しますので、信頼できる販売元から購入すべきでしょう。

 

レトビラの副作用

Thumb gutspose

顔の火照り、頭痛、めまい等バイアグラと同様の副作用がありますが

  • 頭痛/約10%
  • 火照り/約25% 

との報告もあり、発症率は比較的低く抑えられています。

<レビトラのクリニック別価格比較>

クリニック名 価格
メンズサポートクリニック 1400円
イースト駅前クリニック 1500円
ABCクリニック 2000円

 

男性ホルモンを注入する

Thumb smoking

血流の問題などではなく「男性ホルモンが弱い」から勃起しないという場合もあります。この場合はテストステロン(男子ホルモン)を体内に取り込む、という策も有効です。

 

女性に「更年期」があるのと同じく、それは男性にも存在します。年齢を重ねれば、男性ホルモンのパワーも減退していきます。男性更年期に入ると自身の「体とココロ」の変化と低下を如実に感じ、活動性が低下します。

 

そうした「男性更年期」が軽微ならイイのですが、男子ホルモン減退が、勃起しない状態を産み出す場合もあるのです。仮に若くても、生活習慣やストレスが引き金となり男性ホルモンが低下すれば、勃起しないのです。

 

勃起しない理由が弱まった男性ホルモンであるならば、それを注入しよう! という考え方です。幾つかテストステロン補充方法があるのですが、保険が利くのは「注射」による方法のみです。

 

2週間おきに通院し、患者のほぼ半数が、2年以内に施術不要になったと報告されております。完全なる医療行為で、ややハードなアプローチですが、勃起しない原因が、血流でも心でもなく「男性ホルモン」の弱さならば、これも打開策の一つでしょう。

 

試すならロングセラーサプリ!ゼファルリン

 

基礎代謝と「勃起」

Thumb banana

 

勃起しない状況に焦ってしまうと、医療行為での打開を考えがちです。しかし勃起しないヒトである以前に「カラダが機能しないヒト」になってしまったら、元も子もないですよね。

 

結局は、ペニスの元気も「心身の健康」に支えられているのです。基本の「き」の部分のハナシですが、ここを今一度見直すことが、勃起しないペニス救済の一助になることもあります。

 

前項でも触れましたが、勃起しない原因は

  • 血流の不良
  • 加齢(活力の低下)
  • ストレス

これらの要因は、どれも生活習慣の見直しにより改善できるのです。勃起しないのは、意外とカンタンな基礎がダメだから…ってコトもあるのです。

 

血流を阻害する食生活…

Thumb yakisoba

例えば高カロリー・高脂質・高塩分食品の過剰摂取により滞った血流は、勃起しないペニスの産みの親です。炭水化物や脂質偏重で、偏った食事を続ければ、それは当然ペニスにも跳ね返ってくるハナシなのです。

 

亜鉛を含んだ食品は、体内のテストステロン分泌を促進するので、すすんで摂取すべきでしょう。カキ・アワビなどの貝類や、ゴマ/アーモンド/ブルーベリー等に豊富に含まれています。

 

亜鉛のサプリメントを服用するのも一手です。サプリメントを使用する場合は、血流改善と男性ホルモンに主眼を置くのが良いでしょう。勃起しないカラダは、結局この2点の低下+ココロの問題ですから。

 

もちろん、喫煙や過度な飲酒は健康面のみならず、勃起しない状況に拍車をかける要因となります。

 

睡眠と運動

Thumb gutspose2

睡眠不足・不眠により勃起しない体質になる場合もあります。

 

実は、男性ホルモンの分泌のピークは「睡眠時」なのです。この睡眠時の分泌が「朝勃ち」の原因でもありますので、入眠しやすい環境作りを重視し、半身浴など自身のリラックス方法を確立しましょう。

 

睡眠時間を2時間削るだけで、勃起しない可能性が10~15%アップするという報告もありますので、睡眠には留意したいですね。

 

また、適度な運動が勃起しないペニス改善の一助になります。特に内もも=下半身の運動は骨盤まわりの血行を高め、ペニスに効果があるとされております。特にスクワット運動は、勃起しないペニスの改善を助ける「骨盤内血流」を良くする効果があります。

 

まとめ

Thumb baby

心身の健康を築くことで治療薬不要となれば、それは喜ばしいコトですし、服用量が減るだけでも大きな前進でしょう。元気を取り戻し「勃起しない悩み」がなくなることはペニス、自身の双方にとってWin-Winでしょう。医療アプローチ以外のみならず、ヒトとしての基本事項も大切にしたいものですね。

 

一流のアスリートは、まず準備運動を怠りません。ここでケガしない体を作ります。その後プレービジョンを作りながら、応用動作をトレーニングしていきます。そこで足りないと感じた体力に対しては、ジムワークなどで補完します。

 

それと勃起しないケースを重ねれば、準備運動は「ココロをほぐす」コトであり、応用動作が「医薬的な手法」と言えるでしょう。補助的なジムワークは、食生活や運動などの「生活習慣」でしょうか。

 

この3点のサイクルの確立は、勃起しないペニス復活にとって重要でしょう。例えば薬でのピンポイント解決法よりも、ライフバランスを見直した上での服用が、より効力を高めると考えられます。

 

補足すると「医師」はアスリートをサポートするトレーナーのポジションでしょうか。勃起しないペニスに対するノウハウを持ち「適切な助言」をする、頼もしい存在でしょう。

 

場当たり的解決法が効いたとしても、数年先も勃起しない恐怖と常に向き合う…そんなハメになるかも知れません。理想としては「自然に勃つ」回復が理想ですが、それが無理でも医療費や服用量は、なるべく抑えたいでしょう。焦らずに、ある程度ロングスパンで、勃起しない己のベニスと向き合うコトも大切なのです。

 

以上の文面が、勃起しないペニス改善の一助となれば幸いです。されど検索の末、本文に辿り着いたというコトは、勃起したいという「気力と意志」があるという証左ですね。

 

それは「まだまだ元気である」とも言えるのです。だとすれば、ご自身の「勃つチカラ」はシェールオイルやらメタンハイドレードのように、まだ体内に「無尽蔵に」埋蔵されているのかも知れませんね。それを正しい方法で掘り起こせれば、きっと勃起しないチンコは蘇るハズなのです。

 

↓試すならまずはロングセラー!↓
 

ゼファルリン
最大19600円OFF!
商品名無しパッケージで気軽に購入!

ゼファルリンの詳細を見る→

バイアグラの画像出典
http://endia.net/baiagura100mlotoko-hunakosi
シアリスの画像出典
https://makoto-store.com/product/425
レビトラの画像出典
http://samuraiclinic.com/ed-levitra/

EDに関連する記事