公開日 18年06月09日

更新日 18年09月04日

マカエンペラーの効果って凄いの?!マカエンペラーの成分や使い方も!

Thumb macaemperor

マカエンペラーを使ってみたいけど詳しく製品について知らないから使うのをためらっている方、以前他の精力増大サプリメントを使用したが効果がなく実際の効果について不安を感じている方。

 

マカエンペラーは外見が少し怪しい感じがするため、その効果も今一なのではないかと思う方も多いと思われます。

 

ですが、マカエンペラーはとても優れたサプリメントですので、上手く使えれば精力を増大させることも可能となります。

 

以下では、そのようなマカエンペラーについてその効果や精力増大に関連する話題について取り上げましたので、この記事を参考にし精力に関する悩みを取り払って頂ければと思います。

 

マカエンペラーの効果

Thumb whitepaper

マカエンペラーの主要な効果は精力を良好にすることであり、3種類の精力の回復に寄与する栄養素が入っており、それぞれマカクラチャイダムL-シトルリンとなっています。

 

まずマカは、こちらは南米のペルーで生産されている植物で、栽培されている環境も非常に厳しい場所となっています。

 

マカの栄養素はアルギニンやイソロイシンなどのamino acid(アミノ酸)、vitamin(ビタミン)類、zinc(亜鉛)、calcium(カルシウム)などが挙げられます。

 

マカは人体に対して多機能な植物で、自律神経の調子を改善したり、記憶力の改善、腰痛を和らげる効果や生殖機能の向上などもあるとされ、女性の場合は更年期障害に伴う骨粗鬆症の改善効果もあるとされています。

 

マカのような植物には一次代謝産物と二次代謝産物があり、一次の方は五大栄養素の様なもので、二次の方は各々の植物に特有の物質であり、マカの場合はエネルギー効率を向上させる二次代謝産物が入っています。

 

マカは他にも根の色の違いで栄養素の量に違いがあったり、栽培される地域によっても品質が異なるものとなっています。

 

2番目にクラチャイダムに関しては、クラチャイダムは東南アジアなどの熱帯地域で主に栽培される作物で、実の中が濃い紫色をしており、タイが主な産地となっています。

 

含まれている栄養素はフェニルアラニン、イソロイシン、スレオニン、メチオニン、リジン、セリン、ヒスチジン、バリン、グルタミン酸、チロシン、ロイシン、アスパラギン酸などが挙げられます。

 

また、鉄分やポリフェノールも他の作物と比較してもとても多く入っており、さらにアミノ酸の一種であるBCAAも豊富に含まれています。

 

最後にl-シトルリンですが、こちらを豊富に含むのはスイカで、アミノ酸であり、主に血管を広げる作用があり、それに伴い、成長ホルモンの放出を助けたり、体の冷えを改善したり、肌の保湿効果などがあります。

 

また、アルギニンと比較して体に吸収される割合も良く、アルギニンとシトルリンを同時に摂取するとお互いが影響を及ぼし合い、良い効果が生まれるとされています。

 

シトルリンはアミノ酸の中でも遊離アミノ酸というものとなっており、これはタンパク質を体内で生成しないアミノ酸という意味となります。

 

アルギニンは成長ホルモンの放出を促したり、免疫細胞を活発化させて免疫力の増進に貢献したり、運動時に生じるアンモニアの発生を抑えて疲れにくくしたり、肌あれや保湿などにも効果があるとされています。

 

逆に不足すると、免疫力のダウンや疲れやすくなったり、肌荒れなどの肌トラブルも起きやすくなる可能性があります。

 

アルギニンは主にゴマやカツオ節などに多く含まれ、およそ8gまでを1日に摂取するのが効果的とされています。

 

栄養補助食品であるため、炭水化物やタンパク質などの栄養はかなり少量で、そのため、普段食事でそうした栄養素の量を気にされる方にとっては心配する必要な無いものと思われます。

 

品質の面でも製造過程においてはGMPやHACCP、有機JASなどの認定を受けた工場で製造しているため、そうした面でも品質や安全面に関しての不安はかなり少ないと思われます。

 

こうしたサプリメントは継続したのちに効果が出るため、数日継続して途中でやめてしまったり、飲み忘れが頻繁に続くようですと効果を実感できない可能性も出てきます。

 

このサプリメントには先述の様に、マカ、クラチャイダム、l-シトルリンが含まれていることにより、各々にある物質の効果により、精力増大にとても効力を発揮するサプリメントとなっています。

 

普段の食生活でこれらの栄養素を取り入れるのが大変という方は、こうしたサプリメントを使用するとすぐに必要な成分を摂取できるので、マカエンペラーは精力増大に関してはとても良い製品だと言えます。

 

マカエンペラーの成分

Thumb ryotewo

マカエンペラーの成分は、マカエンペラーを構成しているマカや、クラチャイダムにある成分に大体一致します。

 

また、この他に添加物としてマルトデキストリンやデンプン、HPCヒドロキシプロピルメチルセルロース、ステアリン酸カルシウム、微粒二酸化ケイ素などが入っており、商品の劣化などを防いでいます。

 

ここではそのような添加物に着目し、それらの効果や製品の保存のためにどのような役割を果たしているのかなどについて主なものを見ていきたいと思います。

 

最初にマルトデキストリンに関してですが、マルトデキストリンはアスリートなど糖分の一部として利用されている物質です。

 

甘みがほとんどなく、体内で吸収される程度も砂糖と同程度のために、気軽に飲めることから運動をした後の栄養分の摂取によく使用されています。

 

植物が葉緑体を用いて光合成を行う際にデンプンは生成されますが、主にトウモロコシやワラビ、いんげんといった植物に含まれており、即席麺では麺の色合いを調整するためにも使用されます。

 

HPCヒドロキシプロピルメチルセルロースは、近年食品添加物として承認を受けたもので、薬のコーティングなどに使用され、無味・無臭などの特徴があります。

 

ステアリン酸カルシウムは、2種類のカルシウムのが混ぜ合わさったもので、用途は主に、アメリカでは乳化剤や固結防止剤、安定剤などに使用され、日本では粉末が固まってしまうのを防ぐ目的で使用されています。

 

どの添加物も、サプリメントに含まれている量であれば、人体に影響はないため、飲む際に心配はあまりしなくても良いと思われます。

 

マカエンペラーの使い方

上記のようにマカエンペラーは栄養補助食品(サプリメント)とされているため、一般的なサプリメントと同様の使用方法をした方が良いと考えられます。

 

一般的なサプリメントは、基本、飲む時間帯はいつでも良いですが、食事後の胃が活発になる食後に飲むのが良いとされています。

 

飲む際は、お茶屋コーヒーなどのカフェインが含まれているもので飲むとサプリメントの効果が弱くなってしまうこともあるため水か白湯、もしくはぬるま湯で飲むようにしましょう。

 

こうしたサプリメントは継続が重要な意味を持ち、途中でやめてしまうと効果が感じられないまま終わってしまう可能性もあるため、3ヶ月は継続して使用するようにしましょう。

 

 

精力増大のための食生活の改善

Thumb aoziru

精力の回復を図るためには日々の食生活も重要で、精力をアップさせるのに関連する食物の知識や、実際にそうした食材を食事に取り入れることで、精力増大が図れます。

 

精力増大に関係する成分は主に、実際に精子の形成やテストステロンを増加させるものにプラスして、血流を改善するなどして間接的に精力回復に効果があるものも含めます。

具体的には

  • 亜鉛
  • アルギニン
  • EPA
  • オレイン酸
  • クエン酸
  • グリコーゲン
  • セレン
  • タウリン
  • タンパク質
  • 鉄分
  • DHA
  • ビタミンA・B1・B2・12・E・D
  • ヘム鉄
  • βカロテン
  • マグネシウム
  • マンガン
  • ムチン
  • ルチン
  • 硫化アリル
  • リン

など、様々な種類があります。

 

ここでは主なものの成分を詳しくご説明しながら、食材として日々の食事に取り入れる際の参考にして頂けたらと思います。

 

グリコーゲンは、運動する際によく消費される多糖類の一種で、細胞が活動していくためのするための栄養素とされたり、肝臓や筋肉に貯めておかれるものとなっています。

 

主に、血糖値の調子を良好にしたり、疲れを取り除いたりする効果があり、足りなくなると、低血糖に陥り、集中力の低下などを招いてしまうこともあります。

※主な料理:焼うどん、あさりのワイン蒸し、キノコパスタ

 

ヘム鉄(heme iron)は、豚レバーやカツオといった動物から作られる食べ物に沢山ある栄養素で、別種の栄養素として非ヘム鉄(non-heme iron)というものがあり、こちらは植物から作られる食べ物に沢山含まれています。

 

非ヘム鉄と違い、ヘム鉄は胃などの調子を悪くすることなく、また、他の食物繊維などといった物質に吸収を妨害されることなく、体の中へと浸透していきます。

 

こうした鉄分は、胃酸の放出を促すことで栄養素の吸収率を高めたりし、不足すると筋肉の量が落ちたり、疲れやすさが強くなってしまいます。

※主な料理:レバーペースト、キャベツとあさりの酒蒸し、ビーフロールステーキ

 

EPAは、魚の脂肪に多く含まれる成分で脂肪酸の一種となっており、血流の改善効果があることから心筋梗塞や脳梗塞などを防止したり、コレステロール値を低下させたり、一部の精神疾患などにも効果があるとされています。

 

不足すると、血栓が作られやすくなってしまったり、コレステロール値の増大により動脈硬化の発生の恐れが生じたり、アレルギーなどにもかかる確率が高まるとされています。

主な料理:鮪の頭のブイヤベース、さんまの炊き込みご飯、トマトサラダ

 

ルチンは主にリンゴやトマトなどに豊富に含まれる成分で、抗酸化作用があることからアンチエイジング効果であったり、糖尿病の防止、血管の血液の流れを良好にするなどと言った働きを持ちます。

主な料理:蕎麦の実リゾット、モロヘイヤのお浸し、そば粉のすいとん

 

硫化アリルは、ネギや玉ねぎなどの香りの源となっているもので、玉ねぎを切る際に涙が出るのもこの硫化アリルが気体となって鼻から吸い込まれるためだとされており、主な効果は、神経系の調子を整える働きや血流の改善、新陳代謝の促進、などがあるとされています。

主な料理:ニラのピリ辛和え物、豚肉と野菜のレモンバター炒め、エビとお野菜の甘酢炒め

 

βカロテンは、動物や植物などにある色素に関わる成分で、抗酸化作用や免疫力の増大、癌の発生の防止などと言った効果があり、ほうれん草や人参、スイカなどに多く含まれています。

 

βカロテンが不足すると、暗い場所で目が見えにくくなる夜盲症や、肌トラブルを招いたり、抗酸化作用の低下などが起こったりします。

主な料理:キャロットラペ、イワシとにんじんのグリル、小松菜と人参のアーモンドナムル

 

ここでは効果が想像しにくいものを取り上げてみましたが、これらの食材を積極的に取り入れることで、普段の食事から精力の回復が期待できると思われます。

 

また、食事を取る際は飲み過ぎや食べ過ぎを控え、食べすぎたと感じた場合などは適度に運動をして、体の調子を整えることも大切です。

↓1粒226円から始める!↓
 

マカエンペラー
徹底した品質管理で安心安全
1粒あたり→226円

公式サイトを見る

 

精力増大に関係する成分

Thumb tasupoi

精力増大に関係する代表的な成分はアルギニン亜鉛シトルリンであり、これらは普段の食事でも取り入れることのできるものです。

 

アルギニンとは、アミノ酸のうちでも非必須アミノ酸とされ、体内で作り出すことのできる量は少量だとされています。

 

このアルギニンは、成長ホルモン分泌を促進して食欲を抑えたり筋肉の強化を計ったり、風邪に対する抵抗力の向上に役立つなどします。

 

シトルリンは、アミノ酸の一つで、国内で1930年に発見されたもので、シトルリンという名称は学名のシトルラス・ブルガリスからきていると言われています。

 

シトルリンの効果は血管の拡張が主で、血流をよくしたり、シトルリンが増えるとアルギニンも増えるため一酸化窒素の増加にもつながり、運動能力の向上や、また、むくみ、肌を保湿してくれる働きなども持ちます。

 

このシトルリンは、スイカ、キュウリ、ヘチマなどの食材に多く含まれ、1日に必要な量はおおよそ800mg程度とされています。

 

亜鉛は、必須ミネラルでインスリンを形作る成分であり、肝臓や皮膚、脳などといった諸器官にあり、1日の摂取量はおよそ成人男性の場合は10mg、成人女性の場合は8mg程とされています。

 

この亜鉛は、味らい細胞に働きかけて味覚を維持したり、ビアミンAの抗酸化作用に役立ったり、免疫力を高めたり、美肌や美髪効果、精子の形成にも効果があるとされています。

 

逆にこの亜鉛が不足すると味の感覚が狂ってしまったり、皮膚がカサカサになったり、生殖に関連する部位の活動性の低下、貧血、精神疾患、耳鳴りなどの症状が現れる場合があります。

 

これらの栄養素はどれも精力増大にはとても重要な役割を持つものですので、日々の食生活や生活習慣を見直して、積極的に取り入れるようにしましょう。

 

勃起の仕組み

勃起の仕組みは、まず、男性が性的刺激を受けると脳内の神経が活発になり、それが脊髄を通じて陰茎海綿体まで伝導します。

 

その際、体の中では一酸化窒素が放出されると共にcGMP(cyclic guanosine monophosphate)と呼ばれる物質が増え、この物質の働きにより血管が陰茎海綿体が拡張され、そこに血液が大量に流れ込むことで勃起に至ります。

 

そして、勃起の状態になると陰茎海綿体に流れた血液により、静脈が圧迫されて血液が戻ってしまうことを防ぐことで、勃起が長い時間継続するようになるのです。

 

また、この勃起にはいくつか種類が存在し、性的な想像をしたりした時に、視覚や味覚などで感じた刺激を勃起中枢へと伝えることで起こるのが中枢性の勃起、身体に物理的に刺激を受けることで起こるのが反射性による勃起となります。

 

ですがその後、今度は勃起の状態を止めようとPDE5という物質が増え、cGMPの働きを阻害することで勃起が止まることとなります。

 

ホルモンと健康の関係

Thumb hossinn

人間の体内では、数百種類ものホルモンが分泌されていると言われていますが、今回ご紹介するのはその中でも成長ホルモンと呼ばれるものです。

 

この成長ホルモンは、脳の下垂体という器官から分泌され、脳や骨、筋肉、肝臓、生殖器などに働きかけ、記憶力を高めたり、骨の発育や筋肉量を保つ役割、生殖器の調子を整えるなどの作用があります。

 

成長ホルモンが良好ではない数値であった時には、治療が行われますが、この際用いられるのは注射療法で、患者本人の手により注射をしてもらう形となっています。

 

この運動を良好にするには、睡眠を必要時間取ること、栄養バランスのとれた食事の摂取、運動などをしてストレスを溜め込まないようにすること、ポジティブな態度を心がけるなどがあります。

 

この成長ホルモンが分泌されなくなると、コレステロール類や中性脂肪の増加、そのままの状態にしておいた場合には動脈硬化につながる恐れもあります。

 

また、心臓にも影響を及ぼし、成長ホルモンの量が少なくなると動脈硬化が進行し、心筋梗塞や狭心症などといった疾患にもかかる可能性が高まります。

 

このホルモンは、インスリンの分泌とも深く関わっており、そのため値が低下すると、血糖値の値が低くなりにくくなり、内臓脂肪が増加し、糖尿病へとつながることもあります。

 

他にも、成長ホルモンの量が少ないことによる症状として、骨の弱体化、筋肉量が落ちて疲れやすくなったり、皮膚が乾燥するなど様々な影響を体に及ぼします。

 

次に、男性でもテストステロンの分泌過程で放出される女性ホルモンについて、詳しくご紹介していきたいと思います。

 

女性ホルモンにはエストロゲン(Estrogen)と呼ばれる卵胞ホルモンプロゲステロン(Progesterone)と呼ばれる黄体ホルモンの主に2種類があります。

 

女性の体におけるこれらの女性ホルモンが分泌される仕組みは、脳内から性腺刺激ホルモンが分泌されると、脳の特定の部位からエストロゲンとプロゲステロンの2種類が放出されるというものとなっています。

 

前者のホルモンの効果には、子宮の内側の膜を肥厚にしたり、自律神経や基礎体温を下げる働きがあると言われています。

 

このエストロゲン(Estrogen)は、8歳頃から放出が始まるとされ、12歳頃から30歳半ばまで分泌が活発となり、40歳頃になるとその量は減少していきます。

 

プロゲステロン(Progesterone)は、妊娠のために子宮の内側の膜の様子を整えたり、妊娠を継続させるようにしたり、食欲の増進、基礎体温の上昇といった働きを持つホルモンです。

 

このうち1日のうちの最低体温のことを基礎体温といい、測り方は、起床後すぐに基礎体温計にて舌の下部分に入れるこようにして行います。

 

この基礎体温(basal body temperature)は、高温期と低温期があり、女性の場合はこれらの数値を見ることで、排卵日や今後の生理日などを知ることが可能となります。

 

それぞれの周期の正常な差の値は約0.3℃であり、正常な値の目安は高温期と低温期の値の開きが0.3℃以上あることなどがあります。

 

また、高温期が約14日間続くのは排卵後の場合であるとされ、この期間に卵子の放出を終了した卵胞は多くの黄体ホルモンを放出します。

 

この高温期の値に異常がある場合は、黄体ホルモンの機能不全から着床がうまくいかなくなる黄体機能不全の状態にある可能性があるとされています。

 

これらの女性ホルモンが乱れてしまうと、生理の調子が整わなかったり無月経や月経前症候群、体がフラフラしたり、気分がすぐれない、頭が痛くなるなどの症状が現れます。

 

こちらも、ホルモンバランスの調子を良好に整えられるようにするためには、バランスのとれた食事や、しっかりと睡眠を取ること、ストレスを溜めないように運動をすることが重要になってきます。

 

成長ホルモンの分泌を促すことで糖尿病などの生活習慣病を防ぐことでEDが起こるのを防いだり、また、女性ホルモンに関連する事柄に関しても理解を深めておくことでパートナーの体調についても理解できるのではないかと思います。

 

テストステロン

Thumb kawaiizyosei

男性ホルモンであるテストステロンは、コレステロールを元として男性の精巣で産出され、血液中に分泌される際には少量が女性ホルモンであるエストロゲンへと変化しますが、1日に大体7mg程度の量が分泌されるとされているものです。

 

このテストステロン(testosterone)は、糖尿病の予防や記憶力の向上などに役立ち、値が低下すると心筋梗塞や脳梗塞の原因ともなります。

 

このテストステロン値を高めるにはバランスの良い食生活や睡眠、体に強い負担のかからない運動などをしてストレスを溜めないようにすることが大切です。

 

運動をする際に注意することは、比較的激しい運動をすると逆にテストステロン値が下がってしまうため、程よい運動をするにとどめるようにすることです。

 

テストステロンの増加に効果が期待できる主な栄養素は、大豆や肉などに含まれるたんぱく質、牡蠣や鶏肉などの亜鉛、アボカドやココナッツオイルなどの一価不飽和脂肪酸、ニンニクやニラなどの含硫化合物となります。

 

治療には主に注射を用いる方法と塗り薬があり、塗り薬でも用いられるのはグローミンというものになります。

 

この薬剤はテストステロンを有効成分とし、陰のうなどの患部に塗ることで使用でき、使用することで性欲欠乏や先天性睾丸発育不全、遺精などといった症状を抑えられます。

 

寝ている間に成長ホルモンが分泌されるのは、ノンレム睡眠という深い眠りの中でも、睡眠開始時からおよそ30分後の徐波睡眠時に多くでるとされています。

 

このように、成長ホルモンは睡眠と密接な関わりがありますが、睡眠の質を高めるために注意すべき点として、消化に時間がかかってしまうために夕食時に油物を控えることが挙げられます。

 

男性更年期障害

男性更年期障害とは、加齢に伴うテストステロン(testosterone)の量の低下によって引き起こされる病気で、様々な症状を引き起こす病気となっています。

 

この病気の症状は、うつや体にだるさを感じる、やる気がおきない、眠りに入りにくい、体がクラクラする、顔に熱を帯びて赤くなる、筋肉の痛みなど様々あります。

 

男性更年期障害は、年齢を重ねたことによって起こる男性ホルモンの量の減少に加えて、職場や家族関係でのストレスなどがあると起こるとされています。

 

治療には、注射療法は軟膏などを用いたホルモン補充療法や、半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)、柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)などの漢方薬、精神疾患に対する治療薬や、ED治療薬などを用いて行われます。

 

このうち、ホルモン補充療法は多血症を引き起こしたり、前立腺がんや肝臓に疾患をお持ちの方は受けられません。

 

 

まとめ

Thumb capramen

マカエンペラーには多くの精力増大に関係する成分が入っていることから期待できる商品で、品質の面でも安全性が確保されていることから不安は少ないと思われます。

 

この商品は、栄養補助食品としての位置付けですので実際に使用する際には、一般的なサプリメントの使用方法に準じた使用方法を行うのが良いかと思います。

 

使用している最中に体調が悪くなったり、気分がすぐれないと感じた場合にはすぐに使用をやめ、安静にし、症状が続いたりする場合は病院で医師に事情を説明するようにしましょう。

 

マカエンペラーは精力アップに関連する要素がたくさん入っていることから筆者も精力増大効果に関しては安心して使用しても良いのではないかと思いました。

 

これから使う予定のある方で、商品に関して心配なところや不安なところのある方は、販売元に聞いてみて、しっかりと確認してみるのが良いのではないかと思います。

マカエンペラーの画像出典
https://www.amazon.co.jp

精力剤・サプリに関連する記事