公開日 18年08月04日

更新日 18年09月23日

マカエンペラーに含まれる成分は副作用を起こす?起こさない?

Thumb macaemperor

最近、精力が足りない。性欲が落ちてきたかも…そんな男性たちから人気を集めているのがマカエンペラー。認知度も高く、その注目の程は他の精力系サプリメントに引けを取りません。ですが、いざ飲むとなるとどんな成分が入っているのか気になるものです。それも副作用が出るようなものなら怖くて飲めませんよね?今回は、マカエンペラーの成分が副作用を起こすことがあるのかどうかについてご紹介します。

 

マカエンペラーの成分

Thumb macaemperor

副作用についてお話する前に、まず使用されている材料から、それぞれの効能について説明しておきましょう。

 

材料は、オフィシャルサイトに記載がありましたので、そちらを引用してご紹介します。

マカエキス末(マカエキス、マルトデキストリン)、L-シトルリン、クラチャイダム粉末、デンプン、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、ステアリン酸カルシウム、微粒二酸化ケイ素

引用元:日本サプリメントフーズ株式会社OnlineShop

 

使用されている材料は、全部で7種類。各成分がどれくらい配合されているのかまでは、表記されていません

 

そのため、どれくらいの量が入っているのかを知ることはできないのですが、表示順は、そのまま配合量の順位を表しています。

 

そこから読み取ると、『マカエキス末』が最多で、続いて『L-シトルリン』。そして、『クラチャイダム粉末』の順番で、配合されていることになります。

 

『デンプン』から右は、添加物です。こちらも左側が多く、右にいくほど少なくなります。

 

マカエンペラーの3つの主成分

Thumb herb0715

マカエキス末』には、2つの成分の名前が記載されています。『マカエキス』は、マカから抽出したエキスを差しています。

 

『マルトデキストリン』は、糖の仲間です。粉末状になった材料を固めるのに使用される材料です。

 

このことから、『マカエキス』を一旦固形にしてから、『マカエキス末』として粉末化するのに使われたと考えることができます。

 

L-シトルリン』は、数あるアミノ酸の一つです。増強系には、絶対と言っていっていいほど、使われている材料ですね。

Thumb citrulline as amino

アミノ酸には、体の中でつくることができるものと、そうでにないものの2種類があります。前者は、非必須アミノ酸。後者が、必須アミノ酸です。

 

『L-シトルリン』は、前者にあたります。ただし、条件付きという但し書きがつく栄養素です。

 

最後に、『クラチャイダム粉末』。こちらも『クラチャイダム』という植物を乾燥させ、粉末状にしたものと考えられます。

 

ちなみにこの植物は、日本では「黒ショウガ」。海外では、「ブラックジンジャー」という名前で呼ばれています。

 

増強系では、マカエンペラーのように「クラチャイダム」の名で表記されることが多いようです。

 

『デンプン』から右は、食品添加物とお伝えしました。添加物が使われる理由は、上記の成分をカプセル化するために、材料を固める必要があるからです。

 

ヒドロキシプロピルメチルセルロース』など、聞き馴染みのない名前ですが、医薬品を錠剤化するときなどに、一般的に使われているものです。

 

ステアリン酸カルシウム』も上記の材料と同じく、医薬品を固形化する際に混ぜられる材料です。

 

こちらは、製剤するばかりが目的ではなく、経口で服用したときに、口内で溶けずに胃や腸に有効成分を届けるための材料としても利用されています。

 

微粒二酸化ケイ素』も、固形化するときに使われる材料の一つです。

 

これらのことからマカエンペラーは、『マカエキス末』と『L-シトルリン』、『クラチャイダム粉末』が有効成分と見ることができます。

 

これら3つの成分は、それぞれで効能が違います。『マカエキス末』の原材料マカは、ペルーを原生域とする植物です。

 

古代から万能薬として、周辺の原住民に親しまれてきたものです。長年の経験と歴史から、滋養強壮だけでなく、媚薬、性機能に関するクスリとしても使われていたのです。

 

日本でも、滋養強壮ドリンクを中心に、様々な健康食品の材料に使われていますね。それを物語るように、多くの自信増大サプリでも、その成分表に名前を見かけることあります。

 

マカの持つ効能のなかには、生殖能力のアップというものもあります。こちらは、ラットによる実験でも効果が見られています。

 

ただし実験では、すでに老齢のラットの性腺ホルモン「テストステロン」を増加させることはないという報告が出ています。

 

一方、若年期から継続的に利用することが、テストステロンの低下率を和らげてくれることも示されています。

 

男性を対象にした臨床実験は、いくつか行われています。ですが、それらは被験者数が少ないなどの理由から、その効果の確実性を示せるものではありません。

 

それ以外にもマカには、様々な成分があります。そのなかで、最も代表的なものにアルギニンがあります。アルギニンは『L-シトルリン』と同じ、アミノ酸の一つです。

 

血液循環を亢進させ、アンモニア排出を助ける物質でもあります。循環効率を上げるには、血液がサラサラである必要があります。

 

そのためには、血液だけでなく、血管そのものが健康でなければなりません。血管には、常に内側から外側へと圧力がかかっている状態です。

 

不健康になると、弾力がなくなり、固くなります。しなやかで弾力があると、その圧力にも耐えられるのです。

 

一方で、しなやかさが失われるため、圧力に耐えられなくなってしまうのです。ここで少し、血管の構造についてお話をしておきましょう。血管には、動脈静脈がありますね。

 

その構造は、それぞれで少し異なります。動脈は、外側から順に『外膜』、『中膜』、『内膜』という構造です。

 

静脈もほぼ同じですが、内膜の内側に『静脈弁』というものがあります。これには、2つの役割があります。

 

血液の逆流が起きないようにするためのストッパーと、圧し進めるためのポンプの役割です。動脈は、心臓から圧し出される力によって、血液を押し流すことができます。

 

静脈は、心臓から出発した血液が再び、心臓に戻るための血液の通り道。体の高い位置からの圧力と重力、この2つの力が加わって血液は、自然と体の下のほうへと向かいます。

 

ですが、心臓へ戻るときは、下から上へと昇っていくことになります。このとき重力に逆らうことになり、さらに心臓からの圧力も、遠く離れているために弱まっています。

 

動脈と同じ構造では、血液が逆流したり、停滞する要因になります。それを避けるため、静脈には『弁』という装置がついているのです。

 

弁は、血液の逆流を防ぎ、押し上げる役割を持っています。これによって、心臓へと戻っていくことができるわけです。

 

ここで、血液の粘性の話に戻りますが、粘度が高くなっていると流れが悪くなることは、あなたも想像がつくのではないでしょうか?

 

流れが悪くても、心臓からの圧力と重力は変わりませんね。そうなると、血液が詰まりがちになり、停滞しやすくなります。動脈だけでなく、静脈でも同様です。

 

この粘性を上げているのは、血液の中に含まれる『赤血球』、『白血球』、『血小板』です。このうち、最も成分量が多いのが赤血球です。

 

赤血球は、血液中の水分のなかで、ふわふわと漂っている状態だと考えていただくといいでしょう。

 

水分が少なくなってしまうと、赤血球が少ない水分の中でひしめきあうような状態となってしまいます。そうなると、流れが悪くなり、詰まりやすくなってしまうわけです。

 

また、赤血球自体は、その全身にをもっているのですが、これが硬くなってしまうこともあります。

 

健康な赤血球は、とてもしなやかで弾力性があります。そのしなやかさがあるからこそ、自分よりも細い血管でも、すいすいと通ることができるのです。

 

ところが、膜が硬くなると、細い血管で目詰まりしてしまい、通りづらくなります。この主な原因が、コレステロールです。

 

赤血球は、このコレステロールを膜に吸収してしまうという性質を持っています。コレステロールは、硬い物質のため、膜までも硬くなってしまうのです。

 

コレステロールや、中性脂肪といった物資は、血液の粘性を高めるばかりか、血管壁へ付着して、流れを妨げることもあります。

 

『アルギニン』は、血管を拡張させて、血液を通りやすくさせる働きがあるのです。

 

次に、『クラチャイダム粉末』の効能です。あなたは、この植物の日本名が『黒ショウガ』だと聞いて、その効能にどんなものを思い浮かべましたか?

 

ショウガは、血行に良い、体を温める、免疫力を上げるといった効能があることが知られていますね。

 

黒ショウガに関しても、同じように捉えられた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

事実、クラチャイダムを日常的によく利用するタイなどの国々では、滋養や精力、体力への回復、循環器や消化器官の症状改善の効果があると考えらえています。

 

クチャイダムについては、マカよりも研究が進んでいないようで、マカほどの詳しい内容を得ることはできませんでした。

 

ただ漢方では、古来より使われていることもあり、書物による記録が多いようです。

 

シトルリン』に関しては、医薬品にも流用されているため、研究は盛んに行われています。効能には、血流や血圧の改善、代謝力の向上、排尿サイクルの正常化があります。

 

これらに関係しているのは、『一酸化窒素』という物質です。体の中で作り出されると、血管内皮という場所に作用して、血液を滑らかにしてくれます。

 

血液は、流れる際に血管壁に圧力をかけていきます。それが血圧です。スムーズに流れないと、壁に強い圧がかかり続けることになります。それが、高血圧の正体です。

 

圧力が高すぎると、血液の圧す力に壁が耐えられず、破れてしまうことがあります。血液の粘度が高いと、血管が詰まってしまうこともあります。

 

『シトルリン』には、これらを予防する働きがあるのです。血流が潤滑だと、血液が体の末端までしっかりと行き届くようになります。

 

陰茎にある海綿体でも同じことが起こります。海綿体では、毛細血管が網の目状に絡み合い、スポンジのようになっています。

この血管の隅々まで血液が巡ることによって、刺激を受けたときに、ぱんぱんに膨れ上がるのです。

 

ところが、巡りが悪いと、膨張率が低くなってしまいます。それが繰り返されると、膨張の度合いが弱まり、いわゆるソリの悪い状態になるのです。

 

しかし『シトルリン』は、巡りを改善してくれます。それが陰部で起こることにより、増大効果があると期待されているのでしょう。

 

マカエンペラーの成分でペニス増大は?

Thumb callingman0716

結論をいってしまえば、「可能性はある」といえるでしょう。その理由は、性腺ホルモンが活性する材料が使われているからです。

 

ただし、増大の可能性は、若いときほど高く、年を経るごとに低くなると考えておいたほうがいいでしょう。

 

ラットを使った研究でも、若年のラットには性腺刺激ホルモン『テストステロン』の増加が見られました。

 

ところが高齢ラットでは、マカを与える前と後で、大きな差は見られなかったのです。そのため、年齢が上がれば増大を見込むのは難しいといえます。

 

 

 

 

マカエンペラーで副作用は起きるか?

Thumb sleeping

増大系では時折、副作用と思われるような症状について口コミを見ることがあります。マカエンペラーにおいて現状では、ひどい症状を訴える方は見られませんでした。

 

そこから考えても、重篤な症状が現れるとは考えにくいでしょう。しかし、一部では「下痢になった」「胃の不快症状がある」といったものが見られました。

 

大きな症状はないけれど、時折困った症状が現れることもあるということです。

 

副作用で下痢と腹痛が起こることも

Thumb hukutsu

下痢や腹痛が起こる直接の原因はわかりかねます。ですが、もしかしたら一部の成分で、過剰摂取になっている可能性が考えられます。その成分とは、亜鉛です。

 

亜鉛は、取り過ぎてしまうと、胃腸障害を起こしたり、上腹部痛が出たり、下痢になってしまったりといった症状が現れます。

 

これは、亜鉛が他のミネラル分の吸収を邪魔してしまうことに起因しています。そのミネラル分とは、です。

 

銅は、血液の成分である『赤血球』が鉄分からつくられる際に、その生成を助ける役割をもっています。赤血球が少なくなると、全身に運ばれるはずの酸素量が低下します。

 

酸素が少なくなると、個々の細胞の活動が鈍くなってしまいます。ですから、体にとって銅は、とても大切なのです。

 

ところが亜鉛を摂り過ぎてしまうと、銅が取り込まれづらくなるため、赤血球の不足により貧血などの症状が引き起こされるようになってしまいます。

 

貧血状態になると、胃腸の働きまでも悪くなります。なぜなら、胃や腸に食べ物が入ったときに、消化を助けるために胃や腸へ、血液が集中するからです。

 

しかし、生命活動に必要な血液は残しておかなければなりません。本来であれば、胃や腸に集まるはずの血液量が足りなくなり、活動が鈍くなってしまうのです。

 

その結果、消化不良が引き起こされてしまいます。

 

それが何度も繰り返されると、消化器の活動自体が弱くなり、慢性的な不快症状へと発展していきます。未消化な状態が続けば、胃や腸への負担が大きくなるからです。

 

それに関連して、腸内バランスも崩れます。そして、下痢が引き起こされてしまうのです。亜鉛は、多すぎても少なすぎてもいけないということですね。

 

通常、バランスの良い食事ならば、不足したり過剰になったりすることはありません。ところが、サプリメントを利用することによって、摂り過ぎてしまうことがあるのです。

 

サプリメントには、各成分の量が明記されていません。そのため、自覚なく栄養過多となっていることも少なくありません。

 

一日に摂ってもよいとされる上限値は、男性の場合、年齢層によって異なります。

  • 14~18歳の場合、34 mg
  • 19~29歳の場合、40mg
  • 30~69歳の場合、45mg
  • 70以上歳の場合、40mg

 

マカエンペラーの亜鉛が、いったいどれくらいの量を使われているのかがわかりません。よって、食事内容で調整することが大切となってきます。

 

亜鉛の摂りすぎを防ぐのに最適なのは、食物繊維フィチン酸が多含された食材を使う料理です。穀類豆類が、その代表的なものになるでしょう。

 

このほかには、加工食品に使われる添加物でも、吸収力を下げるものがあります。ですが、こちらはあまりお勧めできません。

 

加工食品を頻繁に食べていると、栄養の偏りが起こりやすくなるからです。それによって、マカエンペラーの効果を得にくくなることが考えらえるためです。

 

また、アルコール飲料も、亜鉛の排出を助けてくれます。ですが、こちらも極力、たしなむ程度にしておくのがちょうどいいでしょう。

 

アルコールは、体内で分解されるのに、様々な物質が使われます。そのなかで最も多く使われるのが、水分です。

 

いくら『L-シトルリン』の働きで、体内の血流が良くなったとしても、分解で大量に水分が使われてしまえば、意味がありません。

 

血液は、赤血球、白血球、血小板、血漿(けっしょう)の4つの成分で構成されています。このうちの血漿は、その成分のほとんどが水分です。

 

アルコールを多飲してしまうと、血液内の水分も使われることになるのです。水分が少なくなると、血液は粘性を増してしまいます。

 

その状態では、「シトルリンの力があるから」と安心していても、効果を得ることは難しくなるでしょう。

 

マカエンペラーの各成分の作用は、あくまでもその体が健康であればこそです。

 

健やかな体内環境の維持が、効果を感じるために必要な土台といってもいいかもしれません。

 

副作用が起きたら服用はやめる?

下痢や腹痛など、不快な症状が出てしまったら、一旦服用は中止しましょう。

 

そのまま気にせずに服用を続けてしまうと、重篤な症状を引き起こす可能性も、決してゼロではありません。

 

重い症状には、腎障害免疫障害低銅血症といったものがあります。腎臓は、老廃物などをろ過して、尿をつくるところです。

 

そこで障害が起こると、尿がつくれなくなってしまったり、排出されるはずの老廃物や有害物質が体内に留まり、他の臓器で機能障害を起こしてしまったりすることがあります。

 

最悪、血液が汚染されて、命に危険が及ぶこともあるのです。ですから、ちょっと調子が悪いなと思ったまま、放置をしておくのは、実は非常に怖いことなのです。

 

不調を感じたら、まず服用は中止する。できればマカエンペラーを持って、すみやかに医療機関へ行くことをお勧めします。

 

 

マカエンペラーで副作用が出ない飲み方は?

Thumb start time

副作用には、軽いもので下痢、腹痛があります。人によっては、頭痛が起こることもあります。

 

これは、『L-シトルリン』のもつ血管拡張作用や、亜鉛の多量摂取によっても起こることがあります。

 

そうした副作用が出ないようにするには、ただ飲むことだけに意識を置くだけでなく、飲み方タイミングにも気をつけましょう。

 

まずは少量から始めて

Thumb aoziru0716

一日分の用量は、3~6粒とされています。効果を早く感じたいからと、いきなり6粒から始める方もいますが、これはあまりおすすめできません。

 

それは、それぞれの配合量がわからないということもありますが、最初から最大量を使ってしまうと、それを今後ずっと続けていくことになります。

 

そうなると、その量に体が慣れてしまった場合、効果を感じづらくなる可能性があります。それを避けるためにも、まずは少量から始めるのがベストでしょう。

 

少量から始めれば、自分の体に合う最少量を見極めることができるはずです。

 

特に、もともと胃腸が弱い方や、持病を持っている方の場合には、体に負担がかかることはできるだけ避けた方が安全です。

 

こうした方たちは、1日1粒から始めてみて、徐々に量を増やしていくといいかと思います。

 

また、食事バランスが崩れがちな人や、他のサプリメントを併用している人も、過剰摂取を避けるためにも、少ない量からスタートするようにしましょう。

 

それでも体調次第では、副作用が発現することもあります。体調には、気を配っておくようにしておきたいものです。

 

マカエンペラーを服用する方の多くは、おそらくビジネスパーソンがとても多いはず。あなたも、その一人かもしれませんね。

 

働いていると、つきあいなどで飲みの席に参加することもあるでしょう。先ほども、申し上げましたがアルコールは、水分や亜鉛の排出が促進されます。

 

それでいて『L-シトルリン』には、血管を広げてくれる作用があります。

 

服用してからアルコールを摂取した場合、水分の少なくなった血液が、広がった血管に流れることになります。

 

アルコールにも血管を広げる作用がありますので、『L-シトルリン』とアルコールを組み合わせるのは、良くありません。

 

頭痛が起きやすくなり、動悸が出たりといったことも考えられるからです。

 

ですので、事前に飲みの席に参加するとわかっている場合は、できればマカエンペラーの服用をその当日だけでもやめるか、少量を午前中のうちに服用するのがベストかもしれません。

 

 

多量摂取は副作用が出やすい

一度に複数包飲むのは、摂取過多になりかねません。亜鉛の話をしましたが、多量摂取は副作用の発現に繋がりやすいので、注意が必要です。

 

副作用を避けるには、やはり少量からが無難でしょう。せめて、1日1包からに留め、様子を見つつ用量を増やすのが安全な服用かと考えられます。

 

 

まとめ

Thumb macaemperor

マカエンペラーは『マカ』、『クラチャイダム』、『L-シトルリン』の3つが主成分です。

 

マカの持つ血管を広げる作用と、シトルリンが組み合わさることによって、濃度の高い一酸化窒素がつくりだされます。

 

それが内皮細胞に作用して、血管を広げてくれるため、スムーズな血流を生み出してくれます。海綿体は、毛細血管の集合体。

 

そこに多くの血液が流れ込み、膨張します。その作用が強く出ると、頭痛や動機、胃腸の不快感となることもあります。

 

また、亜鉛過多となってしまうのも避けねばなりません。様々な副作用の影響を抑えるには、少量からの服用で始めてみることです。

 

「たかがサプリメント」と安易に考えず、様子を見ながら徐々に、マカエンペラーの服用量を増やしていくことがベストでしょう。

 

引用元:日本サプリメントフーズ株式会社OnlineShop
https://www.krachaidam.jp/pr_emperor/afi.php?AC=p31&fil=%7B%22pr%22%3A%7B%22870587%22%3A%7B%22clk%22%3A%22e55faddd6bbf754978987fe8b56a0d42%22%2C%22ym%22%3A%22201807%22%7D%7D%7D

精力剤・サプリに関連する記事