公開日 17年11月25日

更新日 18年09月22日

取返しがつかなくなる前に!?レビトラの副作用を理解しよう!?

以前よりも勃起に時間がかかる、硬くならないという症状は男性にとってはとても深刻な悩み。

 

勃起障害のEDを改善するには色々な方法があり、とくに飲み薬は手軽な方法として注目されています。

 

日本で入手できる治療薬のなかでも人気が高いレビトラは、どのような効果や特徴があるのか、また副作用についても見ていきたいと思います。

 

ED治療は時間をかけて慌てずに続けることがなによりも大切なので、同じ悩みを抱えている人の意見も参考にしながら自分に合った治療法をみつけましょう。

 

 

勃起しないのはEDのせい?

Thumb sikenkan

勃起しない、持続しない、時間がかかるなど様々な不調はEDの可能性があります。そもそもどのような原因があるのか4つのタイプについてご説明します。

 

EDは大きくわけて4タイプ

EDには色々な原因がありますが、大きくわけると次の4つに分類できます。

 

器質性ED 

病気やケガが原因で勃起できない要因となるのが「器質性ED」。

 

器質性はさらに色々な種類に分類できますが、おもに手術やケガにより神経に障害を受ける場合や、病気が原因で血流が悪くなりEDになるなど。

 

身体に直接的なダメージを受けて起こる場合がこのタイプに属しています。外傷や病気によってはEDの治療薬を服用しても効果が得られない可能性もあります。

 

一例として交通事故にあった場合、神経にダメージを受けて脊髄からつながる神経が性器までしっかり機能しなくなっていると治療薬では改善することはかなり困難になるでしょう。

 

逆に高血圧症で血管が損傷を受けている場合や硬化しているときは、ED治療薬で血流を改善して勃起機能が回復する可能性もあります。

 

病気の場合は根本的な病気治療で健康的な生活を目指すことがなによりも重要で、同時にEDの改善に向けた適切な治療を受けることが大切なのです。

 

正常な勃起ができないということはあらゆる要因が隠されていますので、効率的な治療や改善をするためにはまずはどのタイプのEDに属するか判断しないといけませんね。

 

心因性ED 

心因性EDはストレスやプレッシャーなどの精神的な面により勃起ができなくなるタイプ。

 

20代の若い男性に多いEDの原因として注目されていますが、心理的な影響は大変勃起機能にも関係していますので、なにが心因的な要因になるのか突き止めることが大切です。

 

心因性EDは身体には全く障害がなく勃起できる状態にもかかわらず、心に抱く原因により勃起に障害がでてしまうものです。

 

たとえば過去の性交での失敗、仕事のストレス、パートナーとの関係が悪化するなど、生活のなかで起こる些細な出来事でも勃起ができなくなる場合もあります。

 

心因性の場合は心理的に抱える闇を解決することと、治療薬を使用して自信を取り戻すことがとても効果的な治療方法となります。

 

しかし心理的な問題は本人が自覚していない場合や、多数の要因が複合的に重なっていることもあります。

 

EDに対する専門的な知識を持った意識や、パートナーの理解なども改善には欠かせないのです。

 

根治するためには時間をかけてあらゆる角度から心理的な原因を突き止めていきましょう。

 

混合型ED 

混合性EDはストレスなどの心理的な原因がある心因性EDと、体に問題がある器質性EDのふたつが混在しているタイプ。

 

混合型はひとつの原因にターゲットを置けないので、なにが引き金となっているのか原因の特定が難しいタイプともいえます。

 

例えば慢性疾患の高血圧の患者さんの場合、血流が悪く勃起しにくい環境がおこりやすくなります。

 

すると病気がさらに心因的な要因となり性交に対して不安やプレッシャーを感じるようになってしないます。

 

病気や体のケガがある人すべてがEDになるわけではありませんので、健康な人よりもリスクが高いことを理解して正しい改善策をとることが必要です。

 

なかには高血圧や糖尿病などの疾患を抱えているにもかかわらず、勃起できる人も少なくありません。

 

しかし病気をしているからダメだ、勃起できなくなる、といった思い込みが心因性EDを招くことにもなります。

 

混合型はどちらの原因が先にせよ心理的なものと健康状態が重なることで、どこから改善すべきが自分では判断できないことがあります。

 

薬剤性ED 

薬剤性EDは薬の副作用が原因になるタイプ。薬には色々な種類があり本来は疾患を治す為に飲むものですが、副作用として勃起障害を起こす種類の薬も色々存在しています。

 

日本のED患者の割合では薬剤性が6%と低くなっていますが、アメリカの場合は25%と高くなっています。

 

薬剤性EDの症状は大きく3つにわけられ薬を服用することにより、勃起不全・性欲が減る・射精障害となります。

 

簡単な例で例えますと、風邪をひいた時に市販の風邪薬を飲んだとしましょう。

 

風邪をひいて体調が悪い為に勃起しにくい状況になってはいますが、さらに風邪薬の影響で性欲が減退するという場合もあるのです。

 

このような薬剤性EDは本来病気治療がなによりも優先されますので、EDが同時に起こる場合は担当医師と相談をして薬を変えるか、摂取量を減らすなど話合うことも大切です。

 

EDは他にも加齢によるもの、食べ過ぎ、不規則な生活など細かい要因はまだまだありますので、改善していく為にはどんなEDのタイプに属するか正しく把握することが必要です。

 

EDかどうかセルフチェックするには?

勃起して維持する自信があるか、性的刺激により挿入可能な硬さになるか、性交の際の勃起の維持時間。

 

性交に対する満足度などこれらのチェックシートはネット上でも見つけられますので、気になる方はまずセルフチェックしてみましょう。

 

正しく判断するには専門クリニックをはじめ医療機関で調べてもらってください。問診票に記入するだけで実際に性器を見せて検査することはほとんどありません。

 

 

ED治療薬を服用して治す方法

Thumb wedding

EDの治療は内服薬を使用する方法が主流となっています。薬の種類は3つありそれぞれ効果や特徴が異なりますのでまずは基本的な知識について覚えておきましょう。

 

ED治療薬の種類

EDの治療は病気やストレスなどの関連因子を取り除くことがまず必要になり、合わせてEDの治療薬を使用することで改善効果をさらに高めていきます。

 

日本で現在認可されている治療薬は

  1. バイアグラ
  2. レビトラ
  3. シアリス

の3種類。このなかでも一番馴染みがあるバイアグラは世界で最初にEDの治療薬として登場した薬です。

 

1999年アメリカのファイザー社が発表した薬で、最初は狭心症の薬として開発されたという背景があります。

 

バイアグラは血管拡張の作用がありますので、血流を活発にして海綿体へ血液を送り込み勃起をサポートする働きがあります。

 

正常な勃起をするには環状グアノシン一リン酸と呼ばれる成分が必要になるのですが、EDになるとこの成分を疎外する酵素が増えてしまいます。

 

バイアグラはこの酵素の働きを阻害して勃起昨日をサポートする作用があります。

 

「レビトラ」はバイアグラに続いて誕生した治療薬でドイツのバイエル社から2003年より販売され、日本では2004年から登場しています。

 

レビトラの一番の特徴は水にとけやすい為、体内での浸透性が高く即効性がある点。

 

ED治療薬は食事と一緒に摂取すると効果が減ってしまうという特徴がありますが、レビトラは影響を受けにくいという魅力があります。

 

バイアグラとレビトラの効果はさほど違いはないといわれていますが、人によってはレビトラのほうが強いという意見も一部あります。

 

バイアグラで効果がなかった人にレビトラで解決したという報告もされています。

 

そしてもうひとつの治療薬「シアリス」は最も新しいED治療薬で2003年にアメリカのイーライリー社が開発したもの。

 

日本で販売開始したのは2007年からです。

 

シアリスの一番の特徴は持続性が高いことで、即効性はほかの2種類よりも劣りますがウィークエンドピルといわれるように週末の間長く効果が続く点が魅力です。

 

効果の違い 

3種類のそれぞれの効果は同じようですが若干違う点がいくつかあります。

 

まずバイアグラですがこの薬はEDでない人にとっても認知度が高く発売当時は空前のブームにもなったほど注目されていました。

 

国内での人気も高く処方実績もトップクラスですが、気になる効果ですが服用後30分~1時間ほどで実感できるようになり、効果のピークは服用後1時間後といわれています。

 

持続時間は3~6時間程度。レビトラは服用後効果が出るまでに30分前後で効果のピークとなるのが45分後。

 

また効果の持続時間は8時間とバイアグラと比較すると効果が強い特徴があります。

 

そして最新の薬、シアリスの効果ですが服用してから効果が出るまでの時間は60分前後でピークとなるのは30分~240分後。

 

シアリスはほかの2種類よりもダントツに効果の持続時間が長く、作用するのは約36時間ほど。

 

これらの治療薬は食事の影響がよく問題になりますが、バイアグラは影響を受けやすいため空腹時の服用がよいとされています。

 

レビトラは影響は少ないのですがやはり空腹時の服用のほうが効果が出やすい為、できるだけ油っぽい食べ物は避けるとよいでしょう。

 

シアリスは食事の影響をほとんど受けないといわれていますが、有効成分をしっかり胃腸内で吸収させるには他2種類の治療薬と同様に、空腹のほうが好ましいといわれています。

 

どの薬にも服用後、頭痛やほてりなど血管拡張作用による副作用が起こる場合があります。

 

薬の飲み方 

薬は種類によって食間、食前、食後など飲むタイミングがあります。

 

ED治療薬は食前の服用がもっとも効果を発揮し、もし食事をした場合は2~3時間ほど経過して服用すると良いでしょう。

 

お酒も適量ならリラックスするメリットもありますので良しとされています。3種類ともそれぞれ飲み方で若干異なる点はありますが、必ず用法を守り過剰摂取しないこと。

 

そして安全に服用するためには信頼できる医療機関で処方してもらうことをおすすめします。

 

ED治療薬はサプリメントや病気の治療薬のように毎日続けて飲む薬ではなく、勃起したい場合に服用します。

 

正しい飲み方をしないと満足な勃起ができない場合や、深刻な副作用を招く可能性もありますので、十分に薬の働きや特徴を理解してから使用してくださいね。

 

またそれぞれの薬の効果持続時間も異なる為、性行為のタイミングと合わせて治療薬を服用しましょう。

 

クリニックとネット通販でのレビトラの違いについて特徴は下記の通りとなります。

【テーブル9】

 

レビトラの副作用のリスクについて

Thumb banana

レビトラの副作用は重篤なものはほとんど報告はされていませんが、軽度な副作用に関して確認されています。

 

そもそもこの薬は血管拡張する作用がありますので、効果が出るサインとして顔のほてり、頭痛、目の充血、鼻づまりなどの症状を実感する方も多くなっています。

 

レビトラの副作用のなかでも起こりやすいのは目の充血と顔のほてりで、大きなダメージを人体に与えるほどではありません。

 

頭痛がする場合は市販の痛み止めを服用しても大丈夫ともいわれています。

 

よくあるこれらの副作用以外では消化不良や下痢、背部痛み、光に対する過敏症などもありますが、そのような症状は4~6時間程度で治まる場合がほとんど。

 

それ以上続く時や我慢できないほどの強い副作用がある場合は早めに医師に相談してください。

 

ED治療薬の種類によっては体との相性が合わないこともありますので、副作用が強いときは別の種類に変えてもらうことも改善策のひとつです。

 

副作用が起こる仕組み 

ED治療薬はどのタイプでも度合いは違いますが副作用が起こるリスクがあります。レビトラの副作用は顔のほてりや目の充血は服用したほとんどの人が体験する症状のひとつ。

 

これらの副作用が起こる仕組みですが、そもそもレビトラは血管拡張作用がありますので、体が火照るような症状が起こりやすいのです。

 

副作用と言われると少し怖い印象を受けますが、火照りや目の充血はレビトラの有効成分が現れてきたサインでもありますので、命に係わるような不安をいだくものではありません。

 

他にも光に過敏になり色彩がいつものように判断できなくなることや、筋肉痛、下痢を起こす症状などもあり、どのような度合いで感じるかは個人差があります。

 

 

頭痛は市販の薬で対処

レビトラの副作用で頭痛も一般的な症状のひとつですが、痛みを抑えるにはロキソニンと呼ばれる頭痛薬をレビトラと併用することが可能です。

 

レビトラの血管拡張作用は脳内の血管も広げる為場合によっては頭痛となって感じることもあります。

 

ロキソニンは抗炎症作用があり、鎮痛剤として使用できますので血管拡張による痛みにもメリット。

 

ロキソニンを服用する際は摂取限度を守り、服用間隔は最低でも4時間以上は空けてください。

 

ロキソニンは肝障害などの副作用を招く場合もあるので、疾患がある人は副作用のリスクがさらに高くなりますので服用しない方が安心です。

 

ロキソニンを服用しても頭痛が治らない場合は痛みが悪化する時には早めに病院で相談してください。

 

心配な場合はすぐに医療機関へ

レビトラの副作用は自分で判断できない場合もありますので、不安な時はすぐに医療機関で相談してください。

 

レビトラの一般的な副作用は効果が持続する4~6時間の間に起こりますので、そのあとは自然に症状が治まるでしょう。

 

安全のためにレビトラが作用する間は車の運転や危険な機械の操作などは避けが方がよいと言われています。

 

またネット通販などで質の悪い偽物のレビトラを購入した場合、重篤な副作用が起こるリスクが高くなるので、安心して服用するには医療機関で処方してもらう事が一番確実です。

 

薬自体が持つ副作用だけでなく、服用する人の体調や疾患歴などによっても副作用の現れ方が異なりますので、注意して服用するだけでなく安全なルートでレビトラを購入することが大切なのです。

 

 

レビトラを失敗せずに服用するためには

Thumb cross

レビトラはあくまで薬ですので、しっかりと成分や副作用などを知って起き、自分の体に起こりうる効果をわかっている必要があります。

 

レビトラの配合成分について

ED治療薬のレビトラはバイアグラと比べると若干知名度が低く、薬の特徴について知らない方も多いようです。

 

そこで治療に効果的に薬をプラスするためにもレビトラの特徴についてみていきましょう。

 

レビトラに含まれている主な成分は「バルデナフィル塩酸塩水和物」と呼ばれるもので、勃起障害を招くPDE-5という酵素の働きを阻害する作用があります。

 

そもそも勃起する仕組みですが、性的刺激を受けた後脳の中枢神経が興奮して脊髄神経を通り陰茎に伝わってきます。

 

そうすると体内で一酸化窒素が放出されて一気に海綿体へ血液が流れ込み硬くなるという現象です。

 

正常に勃起するためには血液の流れ、神経の働きなど体の各部分にて大切な役割があり、どこかひとつでも欠けてしまうと勃起ができなくなってしまいます。

 

バルデナフィル塩酸塩水和物に含有量によってレビトラは10㎎と20㎎タイプの2種類に分かれていますが、どちらを服用するかは医師の判断によります。

 

レビトラ10㎎タイプには主成分のバルデナフィルが10㎎配合され20㎎タイプには同様にバルデナフィルが20㎎含有されているということです。

 

バルデナフィル塩酸塩水和物は少し黄色がかった白色のパウダーなので、レビトラの錠剤も黄色がかったオレンジ色になっています。

 

この主成分は大変水に溶けやすい特徴があり、日本で現在認可されている3種類のED治療薬のなかでは一番効果が早く即効性を期待する人に大変人気があります。

 

日本で2番目に認可されたレビトラは、2003年にドイツのバイエル社より販売されています。日本で認可されたのはその翌年の2004年のこと。

 

レビトラのパッケージを見ると炎のデザインが描かれてあることをご存知しょうか。

 

このデザインはマッチで炎をつけるようにすぐに着火するという、レビトラの即効性をアピールしている意味があるともいわれています。

 

世界で初めてED治療薬として話題になったバイアグラですが、食事に影響されやすいデメリットがあり飲むタイミングを間違えると失敗してしまうことがあります。

 

この点を改善したレビトラは標準的な食事であれば効果に影響を及ぼさないといわれています。

 

レビトラは単に新しい治療薬として誕生したのではなく、バイアグラの欠点を解消する目的で開発された治療薬といわれるほど。

 

バイアグラで効果がなかった人がレビトラに乗り換えるケースも大変多くなっています。

 

レビトラを入手するためには医師の処方箋が必要になりますので、ドラッグストアで簡単に買うことはできません。

 

医療機関以外でレビトラを販売しているのは違法なので、安いネット販売などには十分にご注意ください。

 

個人で購入する際は必ず個人輸入代行など販売が許可されている業者を選びましょう。価格相場は1錠1500円~2000円となっています。

 

レビトラで期待できること

レビトラには他のED治療薬とは異なる特徴があります。レビトラを使用することのメリットは大方お分かりいただけたかと思います。ここでは、レビトラにしかない効能や持続時間などを含めて比較していきましょう。

 

効果と効能

勃起は性的な興奮や刺激により細胞内でcGMPという物質が増加して血管が拡張することにより性器が硬くなります。

 

しかしPDE-5という酵素が強すぎるとcGMPが破壊され勃起できなくなることがEDの原因。

 

レビトラはこの酵素を阻害する働きがありますので勃起を補助する効果をもたらしてくれます。

 

食事の影響はバイアグラよりも少ないといわれるレビトラですが、製造元のバイエル社では標準的な食事、という一定の条件を提示しています。

 

総エネルギーの脂肪割合は30%以内にすることも条件とされていますので、油っぽい食事はできるだけ避けたほうが安心。

 

成人男性の一般的な摂取カロリーは1食あたり700kcalといわれていますので、その30%というのは約210kcalまでの脂肪ならレビトラに影響を与えない計算になります。

 

数字だけでは判断しかねますので、レビトラを服用する際はできるだけ食前のほうが安心ということなのです。

 

持続時間

レビトラは即効性が高い点が特徴のひとつ。早い人で20分ほどで効果が出ることもあり、バイアグラよりも使用しやすいという声があります。

 

効果の持続時間は5~10時間、このような時間の幅がでるのは服用する容量によって違いがある為で、10mgの場合は5~6時間、20㎎だと8~10時間といわれています。

 

効果を実感するまでの時間、持続時間はその人の体質やその時の体調によっても左右されますし、食事との関係も影響してしまいます。

 

10㎎は20㎎よりも持続時間が短いので長く効果を維持したい時は20㎎を服用すると良いでしょう。

 

その代わりに成分の容量が多いと副作用のリスクも高くなるため十分に理解しておかないといけません。

 

早く効果を実感するならば満腹時よりも空腹時のほうがよく、なるべく和食のようなあっさりした食事のほうが強く効果が発揮されます。

 

 

レビトラが飲めない人

レビトラはEDの人すべてに処方ができる治療薬ではありません。使いたい希望があっても場合によっては処方できないケースがありますので医師と相談しましょう。

 

レビトラが飲めない人は有効成分に過敏である場合、併用禁忌薬を服用している場合、半年以内に心筋梗塞や脳出血などの既往がある、肝機能障害がある、腎障害がある場合など。

 

とくに服用中の薬の成分はレビトラに影響を与える場合もありますし、薬によってはレビトラを併用することで血圧が急に低下する危険性もあります。

 

併用禁忌薬は種類が多いので必ず医師に確認しましょう。レビトラを処方してもらう際は、必ず服用中の薬の名前がわかるものを病院に持参すること。

 

新しく追加された薬がある場合なども必ず報告しましょう。併用禁忌薬には硝酸剤・抗ウイルス薬・抗不整脈薬・内服の抗真菌薬などがあります。

 

また薬の種類によっては飲み薬だけでなく吸入薬や塗り薬、貼薬、スプレータイプなども対象になることがあります。

 

水虫などの感染症の治療薬なども危険な場合がありますのでご注意ください。

 

レビトラをはじめとするED治療薬は値段が決して安いものではありませんので、インターネットでは偽物が流通しています。

 

人気のバイアグラをはじめレビトラも偽物が大変増え、製薬会社の合同調査によると半数は厚生労働省の未承認薬であることもわかっています。

 

値段が激安な薬はとくに注意が必要で、効果がないばかりが偽造薬は健康被害を引き起こす可能性がありますので大変危険です。

 

信頼できる医療機関を受診して医師に処方してもらうことが一番安全な入手経路になります。

 

自己判断でネットで購入するのはあらゆる意味でリスクが高くなりますし、健康状態がわからないまま購入する可能性も。

 

このような不安を取り除いてレビトラを安全に服用するためには、必ず医療機関で相談することがオススメです。

 

 

レビトラの特徴をまとめた一覧は下記の通り。

【テーブル10】

 

まとめ

Thumb notebook

レビトラの体験談はインターネットでもチェックができますので、メリットやデメリットも合わせ使用前に参考にしておくと良いでしょう。

 

ED治療は原因をまずは把握して適切な対処を行うことが必要です。簡単に改善できる人もいれば、治療薬を変えてトライする人もいますし皆さん効果は様々。

 

EDの治療は内服薬や外科的な手術、生活習慣の改善などあらゆる方向からできますし、多くの方が悩みを克服しています。

 

レビトラにするかそれともほかの治療薬を選ぶか、選択肢のひとつとしてぜひ参考にしてください。

 

ED治療薬に関連する記事