公開日 17年12月30日

更新日 18年09月07日

レビトラを安く購入できる方法は?購入後すぐの服用は可能!?

ED治療専用薬のなかでも即効性があると人気のレビトラ。

勃起機能の低下に悩む男性にとって、性生活が思うようにできないのは、とてもつらいことでしょう。

ですが、レビトラは、効果が高い反面価格も高いために、EDを克服したい男性の懐が痛むこともしばしばです。

レビトラを安く購入する方法はあるのでしょうか?

また、購入当日から飲むことは可能なのでしょうか?

価格相場と処方までの流れから、その疑問にお答えしていきます。

 

 

レビトラの取り扱いがあるのはこんなところ

レビトラが扱われているのは、ED治療専門や泌尿器科を標榜している病院やクリニック。

インターネットを含めると、インターネット薬局と呼ばれる通販サイト、個人輸入代行サイトもあり、多種多様な場所で購入できます。

 

以前は、勃起障害やEDという言葉への抵抗感から、医療機関を受診してレビトラ購入する人は大変少なく、そのためインターネットを介して購入する人が大変多かったのです。

 

ところが、近年、そうしたインターネット薬局や個人輸入で購入したレビトラをはじめとした多くの薬に偽造品が多く出回っていることが話題となっています。

 

随分と前になりますが、個人輸入でED治療薬を購入した男性が死亡したり、健康状態にダメージを受けて被害を訴えるといったニュースが大々的に流れました。

 

それからは、マスメディアではあまり聞かれなくなりましたが、実際の医療現場では、今もまだ購入した偽造レビトラによって被害を訴える人もいるほどです。

 

状況が改善されないことを危惧し、厚生労働省や警察庁では、通販で購入した薬の偽造品に注意するよう、その呼びかけを強く行っています。

 

そうしたこともあって、レビトラ購入する患者のうち、年々ED治療専門クリニックを訪れる人が増えてきています。

 

通販とクリニックで取り扱いに違いはある?

現時点で、日本国内で販売が認められているレビトラは、5㎎錠、10㎎錠、20㎎錠の3種類。

 

そのなかでも、医療機関での取り扱いが多いのは、10㎎錠と20㎎錠の2種類です。

傾向としては、ED治療専門クリニックでは10㎎と20㎎錠、一般の泌尿器科クリニックでは3種類すべてを置いているところが多いです。

 

一方、インターネット薬局や個人輸入代行サイトでは、20㎎錠が最も多く扱われています。

 

なぜ、インターネットサイトでは20㎎錠が多いのか。

それは、やはり購入者のレビトラに対する期待値の高さにあるのではないかと考えられます。

 

レビトラは、バイアグラ同様に勃起力の改善効果が期待できる薬です。

それを購入となると、勃起力に不安を抱えている男性にとって、その効果を期待せずにはいられないのではないでしょうか。

 

最初は「どんなものだろう?」という不安感から10㎎錠を購入しても、その効果を感じて「もっと力強さが欲しい」と20㎎錠を購入したくなるのでしょう。

 

医療機関では気恥ずかしさなども相まって、そうした気持ちを医師に伝えるのは憚られ、インターネット通販サイトなどに手を出してしまうのかもしれません。

 

では、実際に通販サイトとクリニックでは、どのような違いがあるのか、具体的に見ていきましょう。

 

通販とクリニックの取り扱いの大きな違いは、取り扱う薬の種類と管理面、安全面です。

通販はその特性上、クリニックよりも多くの種類を取り扱えます。

薬剤を購入する客の要望が多岐に渡り、それを満たすことによって経営が成り立つからです。

 

しかし、ED治療専門クリニックを含む医療機関では、その薬だけを取り扱っているわけではないため、治療に必要な薬剤を患者の受診状況に合わせて調整をしています。

 

医療機関では、処方に必要な薬剤を製薬会社から購入という形で納入しています。

納入された薬の費用は、患者に請求することによって賄っています。

しかし、薬剤の管理には人材の確保はもちろん、衛生面についても注意が必要になります。

 

全ての薬を揃え、医師や看護師だけで管理することが現実的に難しいのです。

そのため、患者が望む薬剤の中でも特に要望が多いものや治療に使う頻度が高い薬を中心に揃えて対応しているのです。

 

レビトラのようなED治療薬を扱う通販サイトでは、薬剤師を置いていないことも多く、薬剤の管理についても詳細が明記されていません。

 

通常、医薬品にはそれぞれ適切な管理方法があります。

レビトラであれば、『室温保存』が適切な管理方法であると決められています。

室温保存とは、室内の温度が定められており、1℃から30℃の範囲内の温度に保たれた室内で保存することを意味しています。

 

また、レビトラの錠剤は、PTP包装されています。

 

PTPとは、アルミシートとプラスチックによって真空パッキングされることを意味しています。

 

PTP包装される医薬品の特徴として、空気中の水分を吸ってしまうことや紫外線が当たってしまうのを避けなくてはならないというものがあります。

 

つまりレビトラも、湿度と紫外線に弱い医薬品といえるのです。

 

クリニックのような医療機関や調剤薬局では、そうしたそれぞれの医薬品の性質や特質を踏まえて適切な管理をしています。

 

ところが、医薬品に対する何の免許も持たない事業者が扱う薬は、適切な管理がされているかどうか誰もわかりません。

 

もし通販サイトでも、レビトラをはじめとした多くの薬について適切な管理をされているならば、その費用は多少なりとも価格に反映されているでしょう。

 

万が一適切な管理をされていなかった場合、届いたレビトラが変質している可能性も捨てきれません。

 

レビトラを含むそれぞれの薬には、その薬の作用を変質させないための包装が施されています。

 

しかし、これは適切な管理がされた上で変質防止の役割が果たされるものであり、不適切な管理状況では、変質防止の役割を果たすことはできません。

 

そういった意味で言うと、不適切な管理下に置かれていたレビトラが変質していて、服用によって何かしら予想外の作用が起こることも考えられ、安全性が高いとは言えません。

 

通販サイトは、クリニックへの受診に比べて手軽にレビトラを手に入れられるため、多くの男性が利用しています。

 

ですが、多くの男性は、購入したレビトラが効果のあるものなのかどうかという点においてのみ注意を払い、安全性や管理面について意識していないのが現状です。

 

安全で安心なレビトラ。

その条件を満たすには、適切な管理と衛生環境が伴っている必要があります。

 

ただ安いというだけで、安易にインターネット薬局といった通販サイトに飛びつくのは、控えたいところです。

 

通販と個人輸入の違いは?

日本国内から外国の医薬品を購入する場合、個人輸入あるいは販売業者を経由して手に入れるという手段を取ることになります。

 

インターネットを利用したレビトラ購入には、インターネット薬局といった通販サイトや個人輸入代行を利用することになります。

 

通販の多くが『薬局』と銘打っていますが、その実ほとんどのサイトが個人輸入代行の受付窓口となっています。

 

個人輸入で購入できるのは、購入者が自身のために使用するという大前提があり、日本で定められた量の範囲内だけです。

 

それから逸脱する場合、販売業に当たるとされ事業者登録が必要になります。

この場合、持ち込んだレビトラに関税がかけられるため、価格が個人輸入よりも割高になる可能性があります。

 

 

 

レビトラはいくらで購入できる?

レビトラ購入にかかる費用は、いったいいくらぐらいの費用がかかるのか、ED治療専門クリニックやレビトラを扱う泌尿器科クリニックでの価格を調べてみました。

 

今回は、人口が多い東京、大阪、博多の3大都市にあるクリニックにポイントを置いてみましたので、皆さんがお住まいの地域と比較して見てみてください。

 

レビトラの価格相場

一般的に医療機関で扱われているレビトラの10㎎錠、20㎎錠それぞれの価格表です。

3大都市でそれぞれED治療でランキング上位に上がっているクリニックを挙げてみました。

 

まず、レビトラ10㎎錠から。

 

クリニック名 地域 1錠当たりの価格
イースト駅前クリニック 東京・新宿 1500
浜松第一クリニック 東京・浜松 1500
新宿ウェストクリニック 東京・新宿 1500
八重洲のぞみクリニック 東京・中央区 1500
エーツー美容外科 東京・上野 1400
心斎橋中央クリニック 大阪・心斎橋 1500
新大阪東口クリニック 大阪・新大阪 1500
大阪梅田紳士クリニック 大阪・梅田 1500
イースト駅前クリニック 大阪・梅田 1500
日浦クリニック 大阪・福島 1500
なんば男のクリニック 大阪・難波 1600
イースト駅前クリニック 福岡・博多 1500
かんざき泌尿器科 福岡・福岡 1400
エデンの園クリニック 福岡・博多 1500

 

多少前後しますが、およそ1,500円で購入できます。

診察料が必要なところは、価格も若干ながら安価になる傾向にあります。

 

続いて、レビトラ20㎎錠。

 

クリニック名 地域 1錠当たりの価格
イースト駅前クリニック 東京・新宿 1800
浜松第一クリニック 東京・浜松 1800
新宿ウェストクリニック 東京・新宿 1800
八重洲のぞみクリニック 東京・中央区 1800
エーツー美容外科 東京・上野 1900
心斎橋中央クリニック 大阪・心斎橋 2100
新大阪東口クリニック 大阪・新大阪 2000
大阪梅田紳士クリニック 大阪・梅田 2000
イースト駅前クリニック 大阪・梅田 2000
日浦クリニック 大阪・福島 2100
なんば男のクリニック 大阪・難波 2000
イースト駅前クリニック 福岡・博多 2000
かんざき泌尿器科 福岡・中央区 1800
エデンの園クリニック 福岡・博多 2000

 

価格の幅がレビトラ10㎎錠よりも大きくなります。

最安値で1,800円、最高値で2,100円とその差300円。

地域性や土地相場も関係しているのかもしれません。

東京は、ほぼ一律1,800円。

土地の価格面では、それほど安くはないはずですが、貸店舗に入っているクリニックであれば土地費用ではなく家賃となりますから、多少経費が抑えられるのかもしれません。

 

それに加え、おそらく患者数が非常に多いのでしょう。

そのため、他の地域よりも価格が安い傾向にあります。

 

福岡県の博多では、価格差が大きく開いて見えます。

しかし、ED治療専門クリニックだけで見てみると、価格は同じです。

レビトラだけの購入であれば、ED治療専門クリニックで十分でしょう。

 

価格が高い傾向にあるのは、大阪です。

今回各地域でランキング上位に入るED治療を行うクリニックをピックアップしていますが、大阪は他の地域に比べてED治療専門クリニックが非常に多かったのが印象的でした。

 

表には挙げていませんが、調査で感じたのは、価格に比例してサービスの内容が充実しているという点です。

 

他のED治療専門クリニックでもサービスは、患者へ配慮されたものになっています。

また、全般的に費用面でも良心的です。

それらにプラスして、価格が高い大阪のED治療専門クリニックでは、WEB診察の導入や完全予約制で他の患者と顔を会わせずに済むといった特色が見られました。

 

レビトラの値段は、大きな差はありませんので、どこを選んでも損をするといったことはないでしょう。

 

あとは、付加価値としてそれぞれのED治療専門クリニックの個性を選択基準にしてみると良いのではないでしょうか。

 

 

クリニックはなぜ通販よりも価格が高い?

薬価未掲載のレビトラの場合、製薬会社の希望小売価格をベースに、各販売先が自由に価格を決めていいことになっています。

 

販売先がクリニックの場合、運営にかかる経費がレビトラの価格に反映されます。

経費の一例を挙げると、人件費、設備費といった費用です。

 

クリニックの規模が小さく患者が少ないクリニックだと、この経費と収入差が少ないため、価格を高く設定されやすいのです。

 

一方で都心部や都市近郊では、クリニックの規模が小さくても患者が多いところでは、差が広がるため価格が抑えられる傾向にあります。

 

通販の場合、こうした経費が安く抑えられていることが価格差として現れているのです。

 

 

レビトラ購入までのクリニック受診の流れ

ED治療専門クリニックで購入する場合、その受診方法はとてもスムーズです。

多くのクリニックでは、匿名性を重視し、滞在時間をできる限り短く、購入に対しても患者が安心して受診できるようにさまざまな工夫がされています。

 

初診時でも、15分~20分。

なかには、初診時でも10分以内を目安にしているところもあります。

それほど、男性の心情に沿った診療を行っているのです。

 

  1. 受付
  2. 問診
  3. 診察
  4. 処方・会計

 

手順は、たった4つ。

クリニックによっては、予約受診を受け付けているところもありますので、その場合は予約のステップが加わりますが、それでも5つのステップで済みます。

 

それ以外にも問診時間をなくし、滞在時間を更に短くするためWEB問診を受け付けているところもあります。

 

クリニックへ入れば、すぐに受付をします。

受付には、女性はおらず男性スタッフばかりなのがED治療専門クリニックの特徴です。

一般の泌尿器科クリニックの場合は、スタッフに女性を置いているところが多いので、その点でも男性の気持ちに配慮がされています。

 

一般の医療機関を受診した際、受付では自分の名前を伝え、健康保険証を提示します。

ところが、ED治療専門クリニックは、その診療行為自体が保険適用外であるため、健康保険証を提示する必要がありません。

 

ED治療専門クリニックのホームページなどにも「健康保険は必要ありません」といった文言が見受けられるほどです。

 

また、ED治療専門クリニックでは、自分の名前を告げる必要がありません。

通常、一般的な医療機関では、診療行為が保険適用となるために、健康保険証と患者の氏名、生年月日が必要です。

 

そのため、健康保険証の名前と来院者が患者本人であることの確認のため、患者本人に名前を名乗ってもらうことになっています。

 

保険適用される診療内容は、毎月1回その内容が適切であるかチェックするための機関へ、患者へ行った診療内容と共に患者の個人情報が送られます。

 

皆さんも健康保険組合や国民健康保険などから、受診した医療機関での負担額が記載された証明書が送られてくるのを見たことがあるのではないでしょうか?

 

その資料となっているのが、前に述べた診療内容から算出されたものです。

 

このように健康保険を使用して医療機関を受診すると、関連機関へ患者情報が伝わっていきます。

 

そこに相違が発生しないように、最初の窓口となる医療機関では、患者確認のために患者の氏名や生年月日、住所、電話番号といった個人情報を確認しているのです。

 

ところが、ED治療専門クリニックにおいては、この必要がありません。

それは、ED治療専門クリニックでの診療行為が、健康保険の適用対象外であるため、前に述べた各関係機関へ情報を渡す必要がないのです。

 

あえて言うなら、ED治療専門クリニック独自が管理するために必要なだけなのです。

そのため、ED治療専門クリニックでは、受付で名前を本人の口から伝えてもらうようにお願いすることはありません。

 

その代わり、個人を判断するのに番号などを使って区別をしています。

問診では通常、一般の医療機関では、氏名、生年月日、住所、電話番号といった個人情報を記載するための記入欄が用意されています。

 

ED治療専門クリニックでも同様に記入欄を設けているところもあれば、ここですら個人情報を問わないところもあります。

 

ED治療専門クリニックの診療行為は、医療行為にあたるものですが、診療自体が自費計算であるため、クリニックの自主性によって記載の是非を決めることが可能なのです。

 

そのため、一部のクリニックでは、そうした個人情報を患者に求めずに、診察から会計まで行っています。

 

問診が終わると、待合室で呼ばれるまで待ちます。

多くのED治療専門クリニックでは、問診が終わればそれほど待つこともなく、すぐに呼んでもらえるように、クリニック側でも工夫がされています。

 

予約をしているところであれば、その時間に間に合うようにクリニックへ行けば、ほぼ待ち時間なしで受診できます。

 

呼ばれた順に診察室へ入ります。

診察室では、医師からいくつか処方のための確認がされます。

確認といっても、持病の有無の再確認や現在の健康状態といったものに加えて、レビトラを飲む際の注意点などが伝えられる程度です。

 

性生活やレビトラを飲むことによる不安といったものがある場合は、このときに相談しておくと良いでしょう。

 

ED治療専門クリニックによっては、相談だけでも受け付けてくれるところも多いので、レビトラ購入後、何か不安があればすぐ医師に相談することも可能です。

 

診察が終われば、大抵の場合それほど待たずに会計となります。

処方のタイミングは、クリニックによって異なりますが、多くは会計時にレビトラが渡されます。

 

会計も、多くのED治療専門クリニックでは、クレジットカード払いができるようになっています。

 

一般の泌尿器科クリニックでは、クレジットカードでの支払いができず、現金払いのみしか受け付けていないところばかりです。

 

支払額が高額になりがちなED治療専門クリニックならではの配慮と言えます。

 

必要であれば、会計時に次回の受診予約をすることもあります。

ここまででおよそ15分程度ですから、かなりスムーズな診療だと言えるのではないでしょうか。

 

レビトラは、処方されたその日から飲むことができます。

 

ED治療クリニックは、場所によっては夜遅くまで営業をしているので、飛び込みで行ってもほんの十数分で購入が可能です。

 

レビトラが必要になったら、近くのED治療クリニックを受診すれば簡単に購入できます。

 

再診は処方までが早いって噂はホント?

ED治療専門クリニックでは、再診になるとさらにクリニックでの滞在時間が短くなるところも多くあります。

 

通常、一般的な泌尿器科クリニックでレビトラ購入のためだけに受診しても、必ず医師の診察を受けなくてはなりません。

 

これは、保険医師法で定められているため、クリニックを受診して購入だけして帰ることが許されていないからです。

 

そのため、混雑状況によっては数十分も待合室で待たされることになります。

ところが、ED治療専門クリニックであれば、行けばほんの数分でレビトラ購入ができるのです。

 

これもED治療専門クリニックが健康保険適用外のクリニックだからこそできることです。

 

また、クリニックによっては、購入予約をしておけば、行くだけでレビトラを渡してもらえるので、待つ時間もなく非常にスムーズです。

 

ただし、健康保険適用外のED治療専門クリニックでも、初めての受診の際には、医師の問診を受けることになります。

 

これは、レビトラが持つ作用によって患者の体に悪い影響がないのか、患者本人の健康状態を確認するという目的と、レビトラ処方による注意点を説明しなくてはならないからです。

 

しかし、再受診の際には、注意点の説明は省くことができるので、レビトラだけを購入して帰ることが可能となっているのです。

 

もしも購入したレビトラが体に合わないといったことがあれば、購入したレビトラを持って必ず医師の診察を受けましょう。

 

この場合は、できるだけ購入したクリニックを受診することをおススメします。

 

 

まとめ

今回は、レビトラ購入に関することをまとめてご紹介しました。

レビトラは、インターネットで検索をすれば多くのところで扱われている医薬品です。

その購入も非常に簡単な方法ばかりです。

 

ですが、安全性の高いレビトラを安心して安価に購入できるのは、やはりED治療専門クリニック。

通販や個人輸入よりも多少割高感はあるかもしれませんが、レビトラの安全性が確保されているところでぜひ購入したいものです。

 

今は、ED治療専門クリニックでレビトラを購入される方も増えています。

もしかしたら、あなたの隣にいる男性もクリニックでレビトラを購入している方かもしれませんね。

 

 

ED治療薬に関連する記事