公開日 17年11月12日

更新日 18年09月07日

ED治療薬レビトラの価格は!?レビトラの価格相場と特徴を紹介!

バイアグラに続く勃起不全の治療薬として大きな話題となったのがレビトラです。

 

レビトラはバイアグラで十分な効果が出なかった人に対しても、勃起不全解消の効果が期待できるものです。

 

しかし、勃起不全の治療薬は高価な印象を持っている人も多いでしょう。そこで、当記事においては、レビトラの一般的な価格相場をご紹介いたします。

 

また、バイアグラおよびシアリスという他の勃起不全の治療薬との価格相場の比較も行います。

 

 

レビトラの価格相場って?

Thumb money

レビトラはバイアグラに次いで市場に登場した2番目の勃起不全治療薬です。

 

勃起不全治療薬と言えばバイアグラが非常に高い知名度を誇っており人気も持っております。

 

しかしながら、レビトラはバイアグラにはない優れたメリット思っております。

 

また、レビトラの後にはシアリスという勃起不全治療薬も市場に登場しました。

 

しかしながらシアリスはバイアグラ、レビトラと違ってゆっくりじわじわと勃起不全を解消する効果を発揮する薬です。

 

そのため、短時間のうちに強い勃起不全解消の効果を得ようとした場合、選択肢としてはバイアグラがレビトラになります。

 

その中でも、レビトラはもっとも短時間で効果を発揮する薬です。

 

レビトラの成分は水溶性であり、そのことからもっとも短時間でも効果を出す効果が出るのです。

 

バイアグラよりも短時間で勃起不全解消の効果を得たいと考えた場合、選択肢はレビトラひとつとなります。

 

このようにレビトラには他の治療薬にはない優れた特徴があります。

 

しかしながら、レビトラをはじめとした勃起不全治療薬は比較的価格が高いところがネックとなります。

 

今回は、勃起不全治療薬の価格相場について見ていきたいと思います。

 

勃起不全治療薬としてレビトラを使用しようと考えている人は、レビトラの価格相場を知る役に立ててください。

 

勃起不全の治療薬は一般的な薬よりも高価

 

はじめに、勃起不全の治療薬というものは一般的な治療薬と比較すると価格が高くなる傾向にあります。

 

それはなぜかというと、勃起不全を解消する治療薬が市場に登場して、まだ20年ほどしか経っていないためです。

 

そのため、後発の薬の開発もそれほど進んでおらず、未だ高いものが多くなっています。

 

勃起不全を治療する薬が初めて市場に登場したのは、1998年のバイアグラです。

 

バイアグラはこの際大きなセンセーションを巻き起こし、一躍勃起不全治療薬の代名詞となりました。

 

しかし、1998年に登場したとは言え、現代においても初めて勃起不全の治療薬が登場してから20年ほどしか経っておりません。

 

そのため、その他の薬と比較するとどうしても価格が高くなるんです。

 

また後述もしますが、勃起不全治療薬は自由診療に該当し、処方する病院がそれぞれ価格を決めることができます。

 

さらに保険の適用もありません。

 

そのため、勃起不全治療薬は価格が高くなります。

 

自分自身にもっともてきした勃起不全治療薬を選択する場合、効果の面での選択と価格の面での選択が必要となります。

 

病院で処方してもらう場合、診察料もかかる

 

また、バイアグラをはじめとした勃起不全の治療薬は医薬品に指定されているものが多いです。

 

医薬品に指定されているものを処方してもらうとすると、病院で診察を受ける必要があります。

 

そのため、勃起不全の治療薬を処方してもらうためには、いちいち診察料もかかるのです。

 

これも勃起不全の治療薬に対して価格が高いというイメージを持つことにつながるでしょう。

 

特に、医師によっては一度に大量の薬を処方してくれない場合があります。

 

そうなると、頻繁に勃起不全治療薬を使用する人は、その分頻繁に診察を受けなければなりません。

 

一度の診察料は決して高いものではなくても、それが何度も重なることによりそれなりの金額になります。

 

勃起不全治療薬はインターネットを利用して海外から個人輸入の形で購入することもできます。

 

しかし、勃起不全治療薬には副作用があり、特定の薬と併薬することで死に至る危険性がある場合があります。

 

そのため、勃起不全治療薬を使用する場合、はじめは必ず医師の処方を受けるべきです。

安易な気持ちでインターネットを利用して購入するのは危険が伴います。

 

レビトラの価格相場

 

レビトラを手に入れるための手段としては、病院で処方してもらうか、インターネットを通して購入するかの2つがあります。

 

両者はともにメリットを持ちますが、それぞれどのような価格相場なのでしょうか。

 

病院で処方してもらう場合

 

はじめに、レビトラの処方は保険が適用されない自由診療です。

 

そのため、医療機関がそれぞれレビトラを処方する際の診察料及び価格を決めることができます。

 

つまり、レビトラを病院で処方してもらう場合、どの病院に行くかによって具体的な価格が異なるというわけです。

 

しかしながら、病院で処方してもらう場合であっても程度の相場は存在します。

 

レビトラを病院で処方してもらう場合、レビトラ20mgであれば一錠あたり2,000円を超える程度の値段で処方してもらうことができます。

 

また、レビトラの価格以外にも診察料および処方せん料などの費用がかかります。

 

また、実質的な費用の面では、病院に赴くための交通費などもかかってきます。

 

さらには、レビトラは一度の診療で大量に処方してもらうことができません。

 

そのため、レビトラが切れた際には、また病院に赴き診察を受ける必要があるのです。

 

これらを総合すると病院でレビトラを処方してもらう場合、なかなか馬鹿にならないお金が必要となります。

 

レビトラを病院で処方してもらうことのメリットは、とにかく安全である点です。

 

後述しますが、レビトラには副作用があり、病気や先天的な疾患によりレビトラを使うことのできない人が存在します。

 

また、特定の薬をすでに飲んでいる場合、レビトラを併用することで死に至る危険もあります。

 

このようにレビトラをはじめとした勃起不全治療薬は安易に素人の判断で飲んでしまっては危険な一面があります。

 

そのため、はじめてレビトラを飲もうとする場合、病院で診察を受け、医師の手で処方してもらうことが大切になります。

 

そうすることで安全性を確保したうえで、レビトラを使用することができます。

 

インターネットで購入する場合

 

レビトラは国内で購入しようとする場合、原則として医師の処方が必要になります。

 

しかし、海外から直接個人で輸入することもできます。

 

海外から輸入する場合はインターネットの通販サイトを使うことが多いでしょう。

 

通販サイトを利用すると、医師から処方してもらうよりも気安くレビトラを購入することができます。

 

こちらについても輸入元業者や、サイトによってレビトラの価格は異なります。

 

しかし平均すると、レビトラ20mg一錠あたり1,200円から 1,300円程度で購入することができます。

 

また、インターネット通販であれば自宅にいながらにして注文し、自宅に配送を受けることができます。

 

このように、レビトラを手に入れる際にいちいち手間がかからないのもインターネット通販の魅力です。

 

ただ、はじめてレビトラを使用する場合、インターネットを利用して購入することは控えてください。

 

レビトラには副作用や併薬禁止の場合があるので、それらについて素人判断でレビトラを服用することは危険です。

 

レビトラを何度も使っている場合、インターネットを利用して購入することもよいですが、くれぐれも初めての場合は医師から処方を受けてください。

 

 

レビトラについて詳しく知ろう!

Thumb ozisan

ここでは、レビトラについてさらに詳細な情報を解説していきます。

 

レビトラを使用する場合、自分自身が求めている勃起不全の解消の効果とレビトラの効果が適切に一致しているかどうかを見極める必要があります。

 

そこが一致していない場合、レビトラを使用しても満足のいく効果を得ることができません。

 

そのため、レビトラについて詳細な情報を知ることは、レビトラが自分自身が求める薬か否かを判断するために大変に重要になってくるのです。

 

レビトラの使用目的

 

どのような人がレビトラを使用するのかという点については、端的に勃起不全を解消しようという目的を持った人です。

 

また、レビトラは勃起不全治療薬の中でも最も短時間で効果を発揮する薬です。

 

そのため、短時間で強い効果を得たいと思っている人がレビトラを使用することになります。

 

レビトラの効能

 

レビトラの効能は、男性の勃起を妨げる働きを持つ酵素の働きを弱めることにより、勃起を持続させるところにあります。

 

この男性の勃起を妨げる酵素が強い働きをすることで、ペニスの中に流れ込む血液の量が少なくなります。

 

レビトラは、その酵素の働きを弱め、ペニスの中に大量の血液が送り込まれやすくする状況を作るのです。

 

尾槐が勃起するためには海綿体に血液がしっかりと流れ込む必要があります。

 

このため、レビトラは勃起不全の治療に効果があるとされています。

 

このような特徴的な効果を持つため、レビトラはバイアグラで満足のいく効果を得ることができなかった人についても大きな効果を発揮する場合があります。

 

しかし、レビトラの効果について注意していただきたいのは、レビトラはそれを飲むだけで強制的に勃起をさせる薬ではないというところです。

 

レビトラを服用して勃起をする場合、あくまで前提に性的興奮が必要となります。

 

性的興奮が前提にあり、それに基づいて勃起をサポートするのがレビトラなのです。

 

また、レビトラを飲むだけで性的興奮が引き起こされることもなく、精液の量が増えるといった効果もありません。

 

あくまでレビトラは勃起をサポートするための効果を持つ薬です。

 

また、レビトラはバイアグラと比較して食事の影響を受けにくい点にも大きな特徴があります。

 

バイアグラは食事と併用することでその効果が半減してしまうものですが、レビトラは違います。

 

レビトラは標準的な一般男性であれば、約700キロカロリー程度の食事と併用しても効果が減少することがありません。

 

しかし、その際に注意していただきたいのは、700キロカロリーの食事のうち脂質の割合は3割以下にとどめることです。

 

脂質の割合が高まってしまうと、いくらレビトラであっても効果が半減してしまいます。

 

従来の勃起不全治療薬であるバイアグラは食事との併用ができなかったため、レビトラが登場したときは大変な人気となりました。

 

 

レビトラの成分

 

レビトラが勃起不全の解消に役立つのは、塩酸バルデナフィル水和物が含まれているためです。

 

また、レビトラは水溶性であるため、非常に即効性が高いところに大きな特徴があります。

 

特に空腹時においては、レビトラの成分は約15分程度で効果を発揮します。

 

これはシアリスより早いことはもちろん、バイアグラよりも効果が出るのが早くなっています。

 

レビトラの使用方法

 

このように、レビトラは高い効果を持つ勃起不全治療薬です。

 

しかしながら、レビトラの効果を最も適切に発揮させるためには使用方法をしっかりと守る必要があります。

 

使用方法を誤ったままレビトラを使用しても、レビトラの強い効果を得ることはできません。

 

使用のタイミング

 

レビトラは服用後およそ1時間もあればしっかりと効果を発揮してくれます。

 

また、服用時に空腹であれば、レビトラは約15分から20分で効果を発揮します。

 

この効果を発揮するまでの早さは、その他の勃起不全治療薬と比較しても非常に短いものです。

 

また、レビトラの効果は8時間ほど持続します。

 

そのため、遅くとも性行為の数時間前にレビトラを飲んでおくことで、勃起不全を解消ししっかりと性行為に臨むことができます。

 

しかし、勃起不全解消の効果はシアリスと比べると決して長くはありません。

 

シアリスは30時間以上勃起不全を解消する効果が続きます。

 

そのため、今までシアリスを飲んでいた人がレビトラを飲むようになった場合、レビトラの服用のタイミングを誤ってしまうことがあります。

 

レビトラはあくまで短い時間で非常に強い勃起不全解消の効果を実現するものです。

くれぐれも飲むタイミングには注意をしてください。

 

また、レビトラを併用することのできる食事量は標準的な一般男性で700キロカロリーです。

 

そのため、700キロカロリー以上の食事をする場合、レビトラの併用は避けてください。

食事量が多いとレビトラの効果が十分に発揮されないことがあります。

 

あまた、標準体型よりも細身であったり、小柄な男性は700キロカロリー未満の食事との併用としてください。

 

1日の服用回数

 

レビトラは非常に強い効果を持つ勃起不全解消の薬です。

 

レビトラを1日のうちに服用できる回数は1回限りです。

 

これはレビトラだけでなく他の勃起不全治療薬にとっても同じです。

 

勃起不全治療薬は一日一回が基本なのです。

 

と言いますのも勃起不全治療薬にはそれなりの副作用が存在します。

 

レビトラにも顔のほてり、動悸、頭痛といった副作用が存在します。

 

そのため、レビトラの服用は1日1回に留めておいてください。

 

つまり、レビトラを服用した後、24時間経過するまで次のレビトラを服用してはいけません。

 

レビトラの使用上の注意点

 

レビトラは即効性も高く、バイアグラが効かなかった人にも大きな効果があります。

 

そのため、レビトラは昨今大変に人気の勃起不全治療薬です。

 

しかし、レビトラにも使用上の注意があります。

 

この注意を守らない場合、レビトラの服用が命の危険に繋がる恐れがあります。

 

安全にレビトラの高い効果を得るためにも使用上の注意は絶対に守りましょう。

 

先天的に不整脈がある人の使用禁止

 

先天的に不整脈を持つ人の中には抗不整脈薬を投与している人がいます。

 

このような人はレビトラを使用することができません。

 

抗不整脈薬とレビトラを併用することで死の危険があります。

 

6か月以内に脳梗塞、心筋梗塞を起こした人の使用禁止

 

性行為は人を興奮状態にさせ、心拍数を上げ、血圧を高めます。

 

そのため、6か月以内に脳梗塞や心筋梗塞などの脳・心血菅系の大きな病気をし、性行為が心臓および脳に与える影響が大きいことが予想される人はレビトラを使用することができません。

 

そういった人は性行為自体をすることを控えるべきであるため、レビトラの使用も当然に近視となります。

 

肝障害、腎障害のある人の使用禁止

 

レビトラは使用することで、血漿中濃度を高めます。

 

肝障害がある場合、レビトラの排泄が通常どおりにいかない恐れがあり、常人が使用する場合よりも血漿中濃度が高くなる恐れがあります。

 

そのため、肝障害がある人はレビトラを使用することができません。

 

医師と相談する必要性

 

レビトラには副作用も存在し、併薬禁止があり、上述したようにいくつかのカテゴリに当てはまる人は使用することができません。

 

そのため、レビトラを服用しようとする場合、医師の診察を受ける必要があります。

 

医師の診察を受け、使用に問題がないとわかったうえでレビトラを使用しましょう。

 

はじめての使用であるにもかかわらずインターネットを利用し、個人輸入の形でレビトラを買うことは控えてください。

 

特に普段から何かしらの薬を服用している人は併薬禁止に該当しないか注意が必要です。

 

併薬禁止薬と併用することで最悪の場合、死に至る危険性があります。

 

レビトラは医師の診察を受けた上で使用することが最も安全度の高い使用方法です。

 

 

他の治療薬との価格相場の比較

Thumb luck

以下では、レビトラとバイアグラおよびシアリスの価格相場を比較してみます。

 

この3種は最も知名度のある勃起不全治療薬です。

 

3種それぞれ効果の違いもあるため、価格も含めて自分自身に最も適した治療薬を見つけてください。

 

バイアグラとの比較

 

病院で処方を受ける場合、バイアグラ25mgは1錠あたり1,500円程度です。

 

これには診察料金は含まれていません。

 

バイアグラ50mgとなると、1,600円から1,700円ほどになります。

 

レビトラ20mgが1錠あたり2,000円程度であることを考えるとバイアグラの方が安くなっています。

 

これはバイアグラの効果が弱いためではなく、それぞれの薬が市場に登場した時期による差です。

 

バイアグラの方が早くに登場しているため、レビトラよりも安くなっています。

 

バイアグラとレビトラは比較的近い効果を持ちます。

 

どちらも短時間で強い効果を発揮する勃起不全治療薬です。

 

バイアグラの効果持続時間は6時間ほどで、レビトラは8時間ほどとなります。

 

バイアグラとレビトラの大きな違いは、食事と併用できるか否かです。

 

バイアグラが食事と併用できないものであるのに対し、レビトラは通常程度の食事とであれば併用ができます。

 

また、バイアグラとレビトラは勃起不全にどのように作用するかという点にも違いがあります。

 

バイアグラはペニスへの血流をよくすることで勃起を促しますが、レビトラは勃起を阻害する酵素の働きを弱めることで勃起を促進します。

 

このため、バイアグラが効かなかった人に対してもレビトラは効果を発揮する場合があります。

 

シアリスとの比較

 

シアリス10mgは1,800円程度であり、シアリス20mgは2,100円程度です。

 

シアリスは最も新しい勃起不全治療薬のため、値段も高くなる傾向にあります。

 

シアリスとレビトラは大きな違いがある勃起不全治療薬です。

 

レビトラが前述したように短時間で強い効果を発揮する勃起不全治療薬であるのに対し、シアリスは長時間じわじわと効果が持続するものです。

 

レビトラの効果持続時間が8時間ほどであるのに対し、シアリスは30時間を超えます。

 

しかし、勃起を促す効果自体はシアリスよりもレビトラが強くなっています。

 

レビトラとシアリスはともに食事との併用ができます。

 

レビトラが標準的な一般男性で700キロカロリーの食事と併用できるのに対し、シアリスは800キロカロリーの食事と併用できます。

 

どちらも食事との併用がそれなりにできるので、非常に使いやすい勃起不全治療薬です。

 

 

まとめ

Thumb notebook

以上のように、レビトラは1錠あたり2,000円ほどから購入することができます。

 

また購入に際しては、医師の診察料等も必要となります。

 

勃起不全治療薬は自由診療に該当するため他の薬と比較すると、価格が高くなる傾向があります。

 

レビトラはインターネットを利用して多少は安く購入することもできますが、レビトラには副作用、併用禁止薬等の制限が存在します。

 

レビトラは原則として、医師の処方を受けて利用を開始するようにしましょう。

 

レビトラ、バイアグラ、シアリスは代表的な勃起不全治療薬です。

 

しかし、それぞれ効能その他が違います。

 

そのため、もっとも自分自身にあった勃起不全治療の効果を得るためには、それに適した勃起不全治療薬を選ぶ必要があります。

 

レビトラは短時間で強い効果を発揮する治療薬であり、食事との併用も可能です。

 

成分が水溶性であるため、バイアグラよりも短時間で効果を発揮します。

 

ただし、レビトラは併薬禁止の薬が多いところにも特徴があります。

 

レビトラを安全に使用するためには、まずは医師への相談を行うようにしましょう。

 

そうすることで、レビトラの高い効果を安全に使用することができます。

 

バイアグラで大きな効果を得ることができなかった方も、レビトラなら求める効果を得ることができるでしょう。

ED治療薬に関連する記事