公開日 17年11月25日

更新日 18年09月05日

レビトラが効かない!?その原因は何?そんな時どうすればいいの?

ED治療薬でバイアグラと並び即効性のあるレビトラ。その効果から、バイアグラ同様によく処方されるED治療薬です。

 

ところが、そのレビトラが効かない経験をした人は多いようです。

 

なぜ、レビトラが効かないのか?その原因を探ってみましたので、レビトラが効かないときの原因追及に参考になさってください。

 

また、レビトラが効かない時の解決方法についてもご紹介しますので、こちらも併せて参考にしてみてください。

 

 

レビトラが効かなかった人の失敗理由

Thumb levitra0721

出典

ED治療薬のなかでもバイアグラ同様に即効性があり、副作用もバイアグラに比べると少ないレビトラ。

 

バイアグラが1錠あたり1,000円~2,000円であるのに対し、レビトラは1,300円~1,800円とやや安めです。

 

とはいえ、1錠当たりの価格がこの金額ですから、医薬品としては決して安い価格ではありません。

 

そんなレビトラが、飲んでみたけれど効かないなんてことになれば、金額はもとより精神的にもダメージが大きそうです。

 

しかし、レビトラを飲んでも効果を感じられずにいる人は、わりと多いようです。

 

その理由には、いくつかの原因がありました。

 

バイアグラにも共通することですが、レビトラには服用時の注意事項というものがあります。

 

レビトラを服用する際に、注意すべきこと。これを守れていないと、しっかりとレビトラの効果を感じることができないのです。

 

レビトラを服用する場合に注意するべきこととは何か?

 

それは、空腹時以外に服用することを避けるというものです。

 

レビトラは、バイアグラ同様に食事の影響を受けてしまうED治療薬です。

 

そのため、レビトラを服用する際には、行為に至るであろう時間から逆算して、服用のタイミングを見計らわなくてはなりません。

 

また、レビトラは空腹時に服用することによって、最大限の効果を発揮する医薬品です。

 

ですから、その服用のタイミングに丁度空腹が重なるようにしておかなくては、しっかりとした効果を感じられずに、時間切れとなってしまうのです。

 

レビトラを飲んでいて効果を感じられない人の大半が、この服用のタイミングを誤っていることが原因で、薬を無駄に消費してしまっているのです。

 

ですが、服用のタイミングを見計らうのは決して容易なことではありません。ですから、服用時に一番注意しておきたいことは、空腹であるかどうかです。

 

大抵の男性は、「今日、彼女(妻)と良い雰囲気になるかも」あるいは「今日、したい」と考えて、レビトラを服用しているはずです。

 

そのとき、だいたいどれくらいにベッドインするだろうと時間帯を見計らっていることでしょう。

 

ですが、食事を取るタイミングを考慮すると、あまり早くから飲み過ぎてしまうと、レビトラの効果のピークが過ぎてしまいますから、どうしても食後の服用となりがちです。

 

レビトラは、服用後45分程度で効果のピークを迎えてしまいます。

 

服用後、ゆっくり食事やお酒を楽しむ余裕は持てないでしょう。

 

ですから、やはり何を食べるかといった食事内容との兼ね合いを考えた服用をすることになります。

 

レビトラを服用して失敗する人は、服用のタイミングと食事内容、お酒の量とのバランスによって、効果が相殺されてしまっていることが原因になっていることが多いのです。

 

 

レビトラが効果を打ち消してしまう原因

Thumb spider

レビトラが効かなかった人の失敗理由から、レビトラの効果を打ち消してしまう主な原因が見えてきました。

 

多くの方は、食事内容やアルコールの摂取量によってレビトラの効果が打ち消されてしまっていますが、効果が思うように出ないのには他にも理由があります。

 

ここでは、そうしたレビトラの効果を打ち消してしまう原因となるものをピックアップしてみました。

 

項目別にそれぞれ見ていきますので、レビトラの効果を感じられずにお悩みのレビトラ愛用者の皆さんは、ぜひ参考になさってください。

 

服用のタイミング

服用のタイミングとは、まさにレビトラを飲むタイミングそのものです。

 

レビトラも医薬品なので、薬の効果を最大限発揮するためには、用法といって薬を飲むタイミングが定められています。

 

そのタイミングを外して服用してしまうと、思うように効果を感じられなかったり、効果が出ず薬だけを消費してしまうことになりかねません。

 

レビトラは、胃の中に残渣物といって食べたものがまだ残っているような状態で服用すると、有効成分であるバルデナフィル塩酸塩水和物の吸収率が悪くなります。

 

本来、レビトラの有効成分バルデナフィル塩酸塩水和物は、バイアグラのシルデナフィルクエン酸塩よりも吸収率が高いものです。

 

しかし、服用のタイミング次第では、その吸収が緩やかとなり、効果を感じられるほどの吸収に達しないまま効果が切れてしまいます。

 

脂質の多い食後の服用

レビトラの有効成分であるバルデナフィル塩酸塩水和物は、水に溶けやすい性質があります。

 

バイアグラのシルデナフィルクエン酸塩と比べて溶けやすくなっているので、レビトラは吸収率が高いのです。

 

胃の中で溶け出したレビトラの有効成分バルデナフィル塩酸塩水和物は、粘膜を通って吸収されます。

 

ところが、レビトラの服用前に脂っこい食事を取ると、胃や腸の粘膜にその脂の膜が張られてしまうため、有効成分の吸収を妨げてしまいます。

 

吸収されなかった有効成分は、そのまま分解されて体外へ排出されてしまうのです。

 

そのため、効果を感じることができないまま、効果が切れてしまうのです。

 

脂っこい食事というのは、揚げ物はもちろんですが、油脂を多く含む食事内容全般です。

 

ですから、よくお酒の後にラーメンなどを食べる人も注意が必要です。

 

他にも、焼き肉や肉料理でも脂身が多い部分を好んで食べる人も気をつけた方がいいでしょう。

 

こうした料理は、揚げ物同様に油脂が多く、油脂は食後8時間を経過しても残っている場合があります。

 

週末の夜にレビトラを服用するつもりでいても、昼食に焼肉定食や魚のフライ定食などを食べてしまった後は、要注意です。

 

薬の効きが悪くなる可能性が高くなりますので、夜レビトラを服用する予定であれば、その日の昼食の食事内容にも気を配っておいた方が良いでしょう。

 

アルコールの飲み過ぎ

レビトラは、脂質の多い食事だけでなく、アルコールの摂り過ぎにも注意が必要です。

 

アルコールを摂取すると、血行が良くなることから薬の吸収率が高くなると思われている方もいるかもしれません。

 

しかし、アルコールを摂り過ぎると、レビトラの効果が思うように感じることができなくなります。

 

これは、アルコールと神経の働きが密接に関係していることがその理由です。

 

多量にアルコールを摂取すると、神経の働きが鈍くなってしまいます。

 

そもそもレビトラは、陰茎に対し、血流を増加させて勃起力強化をサポートするための医薬品です。

 

ですが、それには、脳からの信号を神経から正しく伝達される必要があるのです。

 

ところが、アルコールを大量に摂取してしまうと、脳からの信号を正しく陰茎へ伝えることができません。

 

そのため、飲み過ぎると勃たないという事態に陥ってしまうのです。

 

それは、レビトラを服用していても同じです。

 

ED治療薬レビトラを服用したから、お酒を飲んでも勃つものだと思っている方もおられるようですが、そうではありません。

 

レビトラを飲んでも、神経の働き方が変わるわけではありません。

 

ですから、お酒を飲み過ぎるとレビトラが効かないのは当然のことなのです。

 

セックスとのタイミング

レビトラは、バイアグラよりも即効性があるED治療薬です。その効果は、服用してから約20~30分で現れ始めます。

 

効果のピークは、服用してから約45分後ですから、逆算して服用される方が多いようです。

 

レビトラは、その効果が最長6~10時間で消失します。

 

そのため焦る必要はないのですが、服用のタイミングと行為のタイミングが合わないと、思うような効果を感じられずに終わってしまうこともあります。

 

たとえば、服用したのが夕方17時頃で、行為に至ったのが夜中近いといったようにタイミングの読みが外れてしまうことが原因です。

 

とはいえ、行為に至る時間帯を予め設定していたとしても、実際にその通りにいくことばかりではありません。

 

雰囲気によっては、食事の後にお酒を楽しんでからベッドインすることも多いはずです。

 

レビトラの用量には、5㎎錠、10㎎錠、20㎎錠とあり、有効成分の含有量が少ないものほど有効成分が体内に留まる時間も短いものです。

 

含有量が少ないものを利用していて、早めに服用することが多いと、行為に至る前に効果が切れてしまうこともあります。

 

緊張

レビトラは吸収も早く、その効果のピークを迎えるのも早いことから、それだけで精神的なプレッシャーを感じてしまっている人も少なくありません。

 

早く挿入しないと効果が切れてしまうという焦りから、緊張が高まり勃起に至らないということがあるのです。

 

こうした緊張は、心に余裕があれば感じることがありませんから、いかに緊張を解きほぐすかということが課題になります。

 

また、女性との性行為に慣れていない男性の場合、女性との関わりにおいて極度の緊張を感じている場合も、レビトラの効果を感じられない原因になっていることがあります。

 

初めての性行為の場合も同様に、その緊張の度合いは計り知れません。

 

レビトラは、緊張が過ぎると効果を発揮しきれません。

 

それは、レビトラが効果を発揮したことを示す勃起するメカニズムに神経の働きが作用しているからです。

 

緊張すると、こちらも神経が反応している状態となります。

 

その緊張状態に関係する神経と勃起に関係する神経には関係があり、緊張が過ぎると勃起が起こらなくなってしまうのです。

 

そのため、極度に緊張していると、強い効能のあるレビトラでもその効果を発揮するまでに至れないのです。

 

 

持病の悪化

病気には、EDの起因となるものがあります。

その起因となっている病気が悪化すると、ED改善治療薬を服用しても、思うような効果を感じることができなくなってしまうのです。

 

その病気には、生活習慣病、前立腺疾患、がん、循環器障害、脊髄疾患あるいは脊髄損傷といったものが挙げられます。

 

そのなかでも、加齢に伴って発症する病気が原因でEDになっている人が多いのです。

 

加齢でもEDになってしまう人は多いのですが、大抵の場合ED改善治療薬を服用することによって、EDは改善されます。

 

しかし、加齢に伴って発症した病気がある場合、それが悪化してしまうと、EDの改善が難しくなります。

 

加齢に伴って発症する病気の主な病気は、生活習慣病と前立腺疾患が挙げられます。

 

それぞれの疾患別に、どうEDと関係しているのかについて説明していきます。

 

生活習慣病によるもの

生活習慣病という言葉は、皆さんもよく耳にされているかと思います。

 

しかし、生活習慣病というのは、特定の病気の名称ではありません。

 

生活習慣病というのは、食事習慣、運動習慣、喫煙や飲酒などの生活における習慣により発症、またはその生活の習慣が病状を悪化させてしまうような病気のことを指します。

 

生活習慣病には、糖尿病、高脂血症のような脂質異常症、高血圧、肥満、大腸がん、歯周病、肝臓疾患、気管支や肺の疾患などがあります。

 

EDの原因となり得る生活習慣病として挙げられるのは、糖尿病や脂質異常症、高血圧、肥満があります。

 

これらの病気は、血管や血流障害といった循環器障害を引き起こすものです。

 

たとえば、脂質異常症は、コレステロールや中性脂肪といった脂質が血液の中に多く含まれている状態です。

 

血液中の脂質が多いと、血管を防ぐ血栓が作られやすくなり、血液循環が悪くなります。

 

血管も筋肉のように血液が正常に流れることによって、その機能を維持していますので、血液循環が悪くなると、血管が硬くなり、血流が鈍くなってしまいます。

 

EDは、陰茎海綿体に血液が充満しないことで起こるため、血流が鈍くなるということは、スムーズな勃起が起こらない原因となってしまいます。

 

この血液循環の障害は、糖尿病や高血圧、肥満でも起こりますから、これら生活習慣病を患っている人は、EDになりやすいのです。

 

こうした生活習慣病は、きちんと治療や投薬によるコントロールをしないと悪化してしまうことになります。

 

そのため、生活習慣病の程度が軽いからと放置していると、ED気味で済んでいたところが、持病の悪化により、本格的なEDとなってしまうことにもなりかねません。

 

本格的なEDになってしまうと、改善のためにED治療薬を利用しても、根本的な病気でEDが引き起こされているので、改善が見込めなくなってしまいます。

 

前立腺の疾患によるもの

EDの原因となっている病気で生活習慣病と同様に患者数が多いのが、前立腺の疾患です。

 

前立腺とは、男性生殖器の一部で、その大きさはクルミや栗ほどの大きさです。

 

前立腺がどこにあるのかというと、膀胱のほぼ真下にあります。

 

膀胱から陰茎まで伸びている尿道を取り囲む場所に、この前立腺は位置しています。

 

前立腺の一部は、直腸のすぐ近くにあるため、直腸に指を入れると直腸の壁越しに触れることができます。

 

この前立腺は、年齢と共にある疾患を引き起こしやすくなっています。それは、前立腺肥大症、前立腺炎、前立腺がんといった疾患です。

 

前立腺肥大症は、中年以降の男性の罹患率が高く、加齢に伴って発症しやすい男性の病気としても知られています。

 

前立腺肥大症は、前立腺がんが悪性腫瘍によるものであるのに対し、良性腫瘍です。前立腺肥大症にかかると、前立腺自体が大きくなります。

 

大きくなった前立腺は、近接している尿道や神経を圧迫していきます。それによって、陰茎への血流低下や神経障害を引き起こすことが多々あります。

 

前立腺がんの場合では、悪性腫瘍が発生した場所やその大きさ、がんが転移した場合、その転移した場所によって、前立腺肥大症と同様の症状を引き起こすことがあります。

 

また、前立腺がんの場合、手術によってがんを取り除くことがありますが、その切除部位や切除範囲によっては、神経障害を引き起こしたり、陰茎への血流低下を招いた入りして、EDが起こることがあります。

 

また、前立腺炎の場合、前立腺自体に炎症が起きます。この前立腺炎の原因の多くが細菌感染です。

 

細菌感染による前立腺炎の場合、急性であることが多く、高い熱が出たり、前立腺の炎症が原因で膀胱が刺激され、頻尿になったり、排尿時に痛みを感じることがあります。

 

この他の原因には、過剰なストレスも言われており、ストレスが原因の場合、慢性化することも少なくありません。

 

原因がはっきりしない前立腺炎の場合、腰痛を伴うこともあり、尿道の圧迫や膀胱への刺激によって小便を出すことが難しくなることもあります。

 

このような前立腺の疾患は、EDだけでなく男性にとっての快楽や達成感を感じる射精感に大きく影響を及ぼします。

 

前立腺は、その機能自体が精液のポンプの役割を担っているため、前立腺疾患を患っていると、この射精力も弱くなります。

 

射精力が弱くなると、行為への楽しみが薄れてしまい、精神的なEDを引き起こしてしまうことがあります。

 

前立腺疾患は、加齢によるEDだと思われていたのが、検査をしてみたら実は前立腺疾患だったということもあります。

 

また、前立腺炎の場合、年齢に関係なくかかります。

 

痛みや発熱、精液に血液が混じる、しょっちゅう小便に行きたくなる、尿の出が悪いといった症状がある場合でEDの傾向がある場合は、検査をしてみることをおススメします。

 

 

 

レビトラが効かない時の解決法

Thumb lakewhite

レビトラが効かない理由の多くは、服用のタイミングやアルコールの過剰摂取、緊張、持病の悪化に伴うものが原因になっています。

 

これらに対し対処することによって、レビトラの効果を実感することが可能になります。

 

逆に言えば、レビトラの効果を実感するためには、これらに対しきちんと対処をしないと、せっかくの効果を台無しにしてしまうということです。

 

レビトラは、決して安くはないED治療薬です。1錠1錠を大切に使うためにも、レビトラのパフォーマンスを最大限利用できるように、その服用に気をつけたいところです。

 

レビトラが効かない時の対処方法として、用法と注意点を4つの項目に分けてご紹介していきます。

 

用法としては、服用のタイミングについて重点を置き、説明していきます。注意点では、レビトラの効果を打ち消さないために、レビトラ服用の際にできることについて、説明していきます。

 

空腹時に服用する

レビトラは本来、空腹時に服用することによって、最大限の効果を得ることができるED改善治療薬です。

 

ですから、空腹時以外に服用することは、最大限の効果を得ることが難しくなります。

 

レビトラの効果を打ち消す原因として、食事内容について触れた際に、脂質の多い食事と相性が悪いことはお伝えしました。

 

しかし、服用のタイミングによっては空腹時に服用できないこともあるでしょう。その場合は、脂質の少ないあっさりとした食事を取り、食べる量もお腹いっぱいまでたべるのではなく、7分目程度に抑えておくことです。

 

あっさり目の食事でも、満腹になるまで食べてしまうと、消化する能力が落ちてしまうため、脂質の多い食事を取ったときと同様に薬効成分の吸収が上手くいかなくなります。

 

7分目程度にまで抑えておけば、胃の負担も軽く、消化もスムーズに進むため、薬効成分の吸収に影響が出にくくなります。

 

アルコールを控えめにする

アルコールの過剰摂取が、神経の働きを鈍くさせるとお伝えしました。レビトラを服用することが予めわかっている場合は、お酒を飲まないことが一番です。

 

ですが、雰囲気作りなどでお酒を飲むこともあるでしょう。そうした場合は、コップ1杯~2杯程度に留めるようにしましょう。

 

その程度のアルコール量であれば、神経系への影響も少なく、むしろ神経を活発にしてくれるはずです。

 

それであれば、レビトラを服用してもほぼ最大限に近い効果が期待できるはずです。

 

もしも、思わず飲み過ぎてしまった場合は、水分を良く取り、体内からアルコールを排出するように努めてから、レビトラを服用することが望ましいでしょう。

 

ですが、レビトラを服用するときは、できるだけお酒は控えめに。これは鉄則だと、留意しておいてください。

 

リラックスする

過度の緊張がレビトラの効果を打ち消してしまうとご紹介しました。ですから、レビトラの効果をしっかりと感じるためには、リラックスすることが大切です。

 

しかし、レビトラの即効性から、つい気持ちが逸り、焦ってしまうのであれば、食事内容やアルコールの摂取量に気をつけたうえで、行為ギリギリで服用するといいかもしれません。

 

そうすれば、早めに飲んでいて、効果が切れてしまうかもしれないという焦りがなくなり、気持ちも軽くなるはずです。

 

ですが、レビトラ自体は、バイアグラよりも効果が長く続くED治療薬ですから、時間を気にするあまり、行為を楽しめないのは本末転倒です。

 

リラックスするには、少量であればお酒の力を借りることのも良いでしょう。

 

どうしても、時間が気になってしまうのであれば、レビトラの用量が大きいものを処方してもらうというのも一つの手です。

 

ED治療専門クリニックで、一度相談されると良いかもしれません。

 

持病の治療を優先する

EDの原因には、生活習慣病や前立腺疾患が関係していることがあるとお伝えしました。

 

そうした疾患が悪化すると、EDの治療も思うように進まなくなってしまいます。

 

それが、レビトラを服用しても効果が現れないことに繋がってしまいます。

 

ですから、生活習慣病や前立腺疾患を患っているのであれば、その治療を優先しましょう。

 

生活習慣病は、すぐ完治するものではありませんが、投薬治療によって病状をコントロールしたり、進行を遅らせたりすることは可能です。

 

また、前立腺疾患についても、急性前立腺炎は放置すると慢性化することがあります。慢性化してしまうと、完治することが難しくなります。

 

早急に治療を開始し、病状がそれ以上悪化しないように努めることが先決です。

 

病状によってはED治療を平行して行うことも可能です。ですから、EDが気になるあまり、持病を放置することがないようにしましょう。

 

まとめ

Thumb tapenotetomato

レビトラが効かなかった人の失敗理由から、レビトラの効果を打ち消してしまう原因について掘り下げてみましたが、いかがでしたでしょうか?

 

現在、レビトラを愛用している人のなかには、時々レビトラの効果を感じられないことがあるんだよね、なんて人もいたのではないでしょうか。

 

そうした方にとっては、次から何に気をつければ、レビトラの効果を感じられるようになるのかがお分かりいただけたのではないかと思います。

 

これからレビトラを飲んでみようかな?と服用をお考えの方にとっては、どんな飲み方をすれば、レビトラの効果をしっかりと感じることができるか。

 

それが、お分かりいただけたことでしょう。

 

もしもどれにも当てはまらないよ、という方は、一度かかりつけの医療機関に相談なさってみてください。

 

まれに、体質的にレビトラの効果を感じにくい人もおられるようです。

 

そういった方には、レビトラ以外のED治療薬を飲んでみたら、効果を感じたという人もいらっしゃいます。

 

レビトラが効かない原因には、一つだけのこともあれば、いくつもの要因が重なって効果が打ち消されていることも少なくありません。

 

たとえば、緊張とアルコールや、食事内容と服用のタイミングなどのように。

 

あるいは、自分では気づいていなかったけれど、生活習慣病の兆候があり、それに加えてセックスのタイミングと服用のタイミングが合っていないなど。

 

レビトラは、バイアグラ以上に強い効能を持つED治療薬です。

 

せっかく利用するのであれば、きちんと効果を感じられるような服用をしていきたいですね。

 

外部リンク:クリニック

 

ED治療薬に関連する記事