公開日 17年11月12日

更新日 18年09月05日

レビトラの値段を知りたい!?レビトラの相場と安く入手する方法

ED治療薬のチョイスは、意外に悩ましいモノです。

「即効性」を重視するのか、「扱いやすさ」を重視するのか…。

 

何も知識がない状態であれば「バイアグラ」が思い浮かぶのでしょう。

そこから深く掘り下げて調べていくと、恐らく「レトビラ」と「シアリス」という治療薬の存在に出くわすと思います。

 

オリジネイター的な存在ではあるが、ちょっと原始的かも知れない「バイアグラ」

バイアグラのパワーを踏襲し、よりエネルギーの発火力を進化させた「レトビラ」

上記の2つとは違い、遅効性で扱いやすい「シアリス」

 

これらがED治療薬の「三大メジャー」であり、そのジェネリック薬も多数出回っています。

そして、その製品の特性に対する個々の「ニーズ」により、チョイスするED治療薬もそれぞれ変わってきます。

 

値段の面で、治療薬を比較する場合もあるでしょう。誰しもが「無駄な出費」を払いたくないのですから…当然、その値段は気になるトコロでしょう。

 

この記事では、レトビラに関してクローズアップしていきたいと思います。

レトビラを求めるヒトは、とにかく「すぐ勃ってくれ!」と願っているのだと思います。

 

さりとて値段やコスパも気になるトコロですね!

本文はその中でも、特にレトビラの「値段」に対してクローズアップしてゆく所存です。

長文ではありますが、少々お付き合いくださいませ!

 

 

レトビラとは?

Thumb levitra0721

出典

 

値段のハナシをする前に、まず「レトビラとは何ぞや?」というコトに触れておきます。

読者の方には、レトビラ初心者もおられるかと思いますので…。

 

ドイツのバイエル社により開発された「レトビラ」は、バイアグラの誕生から程なくして、後発で誕生したED治療薬です。

その特性は、バイアグラに似ており、その「アップデート版」と言った性格を持っています。

 

勃起の妨げとなる酵素「PDE5」の活動を阻害し、血流を促すというメソッドは、他の製品とレトビラも同様のアプローチですが、その有効成分には違いがあるのです。

 

 

レトビラの特性

レトビラは「バルデナフィル」という水に溶けやすい物質を主成分としており、バイアグラを凌ぐ浸透スピードを誇っています。

「即効性」の代表格が、このレトビラとバイアグラで、シアリスは「遅効性代表」と色分けできるでしょう。

 

服用後20分くらいで効き始め、約40~50分経過すれば、その効果はマックスに至ります。バイアグラに対して後発製品のレトビラは、そのアップデート版的な性格を持ったED治療薬ですね。

 

また、持続時間の面でもバイアグラより優れており、20mg錠剤であれば最長10時間の効果が得られます。

 

優れた浸透速度以外にも、レトビラには素晴らしい特性があります。それは、病気由来の勃起障害へ働きかける効能です。

 

勃起を阻害している原因が、うつ病などの精神疾患であったり、糖尿病や脊椎損傷などの「病気由来」の場合もあるのですが、こうした「病気」が引き起こす勃起不全に対しても効果を発揮するのです。

 

しかしレトビラは、それが「バイアグラのアップデート版」的な性格のせいか…悲しいかな値段もアップデートされているのです。

性能が上がれば、値段も上がるのは、自明の理なのかも知れません。

 

パッケージの「炎」が、レトビラの特性と理念を象徴的に表現しているように思えます。ペニスに点火する「エネルギー」を感じさせる、シンプルながらメッセージ性にも優れたデザインだと思います。

 

こんなヒトにオススメ

 

 

レトビラは、水に溶けやすい性質があり、そのためバイアグラを上回る速効性を持っているのです。「三大ED治療薬」の中では、最も吸収率と即効性に優れています。

 

「早くて強い」効き目を求めるのであれば、レトビラこそがベストチョイスだと言えるでしょう。

しかし、その値段はバイアグラと比較すれば、若干高くなってしまいます。

 

特性からして、どうしても類似する性格を持ったバイアグラとの比較になってしまうのですが、即効性と持続時間への「評価額」として、少し値段が高くてもレトビラをチョイスするのか…そこがポイントでしょう。

 

「即効性」「持続力」ともにレトビラは、バイアグラを上回っているのですが、その値段が、知名度などでバイアグラを上回れない理由かも知れません。

 

とにかく「すぐに効く」上に、「パワフル」なのがレトビラの持ち味ですので、ある程度の値段は致し方ないのかも知れません。されど、他の治療薬と比較して、法外な値段というワケでもありません。

 

「すぐに勃たせたい…」その想いを叶えてくれる最短距離を取る方策として、レトビラの存在は貴重なのですが、あとはその値段と相談しながら熟慮すべきですね!

 

 

 

レトビラの服用方法

レトビラは、バイアグラと同様に「すぐにギンギン」系統なのですが、その服用タイミングが、バイアグラとは多少の差異があります。

 

レトビラの錠剤には、

  • 5mg
  • 10mg
  • 20mg

以上の3種類がありますが、5mgは効果がかなり弱いと言われ、ほぼ流通しておらず「絶滅危惧種」的なポジションにあります。

 

レトビラは、食後服用もOKなうえ、お茶・ジュースやアルコールで飲んでも大丈夫です。食べ物の縛りも、バイアグラと比較すれば、かなり少ないですね。

 

こうしたバイアグラよりも優れた「利点」を、その値段と比較しながら再考してみましょう。

そう考えれば、レトビラの値段設定に対しても、ある程度の整理がつき、納得できるのではないでしょうか?

 

 

使用上の注意点は?

残念ながら…レトビラは油分に弱く、グレープフルーツを食してはいけない…など、バイアグラと同様の「縛り」があります。

食後服用に服用する場合は、総カロリー摂取量は700kcal、脂肪摂取量を210kcal以下

に抑えなければなりません。

 

食後に「絶対服用してはイケナイ」わけではないのですが、レトビラが最も効果を発揮するのは、空腹時です。即効性だけに限れば、ペニスを勃たせる「近道」なのかも知れませんが、その用法は、縛りはあるのです。

 

上記の事項を勘案した上で、レトビラを使用すると仮定して、はてさて値段にマッチしたED治療薬であるのか…それを考える良い機会となるかも知れません。

 

ニーズと値段…その双方に対して描いていた理想像との「誤差」が大きいほど、不満感が募るのです。

値段も効果も、同様に大切なファクターなのですね!

 

 

レトビラの「値段」は?

Thumb money

レトビラの1錠剤あたりの値段相場は、バイアグラよりも若干ですが高めです。

レトビラの特性からして、値段面も効果面を問わずに考えれば、どうしても類似するバイアグラとの比較になってしまいますが…。

 

しかしながら、この価格を即効性と効果持続時間への「対価」と捉えるかどうか…そこが判断のポイントでしょうね。

その値段は、決して不当ではない、然るべき「評価」から弾き出されている気がするのですが…。

 

 

入手方法によって、値段に差が出る

レトビラの値段は、その「入手方法」によって大きく違ってきます。

医師に処方してもらうか、通販サイトで購入するか…この2つの方法に大別されますね。

 

医師による「精密な診断」による処方が絡むのであれば、それなりに大きな値段が発生するはずです。

 

通販サイトでレトビラを入手するのであれば、医院での処方よりも安い値段で入手できるでしょう。しかしながら、ネット上で販売されているレトビラには偽物も多数出回っている実情もあるのです。

 

医院やクリニックとネットの「値段の差異」は、問診があるかどうかでしょうね。

危険性も考慮して処方する「ノウハウ」の有無が、レトビラの値段を左右しているのでしょう。

 

通販サイトでのレトビラ購入は、最悪の場合、全てが「自己責任」になってしまう世界です。

値段の安さで、ついつい飛び付いたとしても、失敗した先の「はけ口」がなく、泣き寝入りする可能性もあるのです。

 

しっかりとした通販サイトであれば、レトビラに対する問題に対して、真摯に向き合ってくれるかも知れませんが、その限りではないのです。

 

特に、値段や支払いのトラブルは、困難を極めるでしょう。

多くのED相談サイトは「勃たない」悩みに対しての解決法を提案しているのですが、決して値段などにフォーカスしているワケではないのです。

 

あくまでも「ペニスの問題」が主題であり、「値段や金銭のトラブル」を扱うサイトではないからです。

値段や金銭に関する「疑問」や「トラブル」に主眼を置くのであれば、それは「法律事務所」の領域なのですね。

 

男性機能のお悩みサイトは、基本的に値段の「目安」は示すものの「金銭トラブル」までは言及しない…いや出来ないのです。

何故ならば、それは「法律」の領域であるからなのです。

 

それでも、レトビラに関する「相場と目安」を示すことはできますし、それは「責務」なのですが、そこで「金銭トラブル」を相談したとしても、法律サイトでない以上、正確な回答が難しいのですね。

 

されど「健康トラブル」であれば、こちらの領域になります。

不当な値段であれば「法律系」へ、それ以外では当サイトを含めた「ED治療・お悩み系」へ…このように、冷静にサーチ目的を絞るのも「コツ」ですね。

 

医院で入手した場合

レトビラ1錠剤あたりの値段相場は、バイアグラよりも若干高めになってしまいます。レトビラには「10mg」と「20mg」の2サイズがありますが、値段もそれぞれ違うのです。

 

医院で処方されるレトビラの価格相場は、以下の通りです。

  • 10mg:1,500円前後
  • 20mg:2,000円前後

このような感じですが、他のED治療薬に比べて、法外に値段が高いわけでもありません。

 

レトビラの特性からして、どうしても類似するバイアグラとの比較になってしまいますが、この値段を即効性と効果持続時間への「対価」と捉えるかどうか…そこが判断のポイントとなるでしょう。

 

医院でのレトビラ入手に関しては、通販サイトなどよりも値段が高くついてしまうのですが、服用法や副作用・その他注意点についての「アドバイス」をもらえます。それは「プロの視点」による的確さを持ったものです。

 

レトビラを、間違いのないよう服用したいのであれば、医師による処方が一番です。しかし「プロの視点」に対する対価を支払う必要があるため、当然ながら値段も高くついてしまいます。

 

レトビラは、かなりパワフルな効能を持ち、なおかつ「医薬品」でもありますので、値段よりも安全性を重視した方が良い場合もあります。

 

何らかの「持病」をお持ちであれば、値段よりも安全性を重視した方が良いのかも知れませんね。健康を害してしまったら、取り返しがつきませんので…。

 

ネット通販(個人輸入)で入手した場合

多くのネット通販サイトでも、レトビラはポピュラーな存在です。

 

医院では、レトビラの錠剤の値段に加えて診療費や処方箋料が上乗せされてしまいますが、通販サイトには、そうした「手間賃」がないので、当然値段が安く抑えられるのです。

 

ネット販売でのレトビラ1錠あたりの値段相場は、以下の通りです。

  • 10mg:1,100~1,400円程度
  • 20mg:1,200~1,500円程度

 

ちなみに、医院で処方されるレトビラの値段は…

  • 10mg:1,500円前後
  • 20mg:2,000円前後

このような価格帯なので、以下に値段が安いか、お判り頂けるかと思います。

 

特に「20mg」タイプの値段が大きく違ってきますね。医院の場合は、それに加えて診療費や処方箋料が上乗せされてしまうのですから、上記の値段よりもさらに高くなるのです。

 

医院での処方では、診療費や処方箋料などを加味すると…レトビラ20mgタイプを例に挙げますと、1錠あたり3,000円近くまで値段が跳ね上ってしまいます。

 

もちろん、もう少し安い値段設定の医院もありますが、診療という「お仕事」の対価が加わってしまう以上、通販サイトよりも値段が安くできるハズがありません。

 

そして多くの通販サイトには「まとめ買い」のサービスがあったりします。まとめて購入すれば、よりおトクな値段でレトビラを入手できるのです。

 

最大15~18%という割引率を設定しているサイトもあるので、レトビラを「大人買い」するのも一手ですね。

 

また、1箱のみの購入ですと「送料」が発生してしまう場合が多いですが、まとめ買いすれば、通販サイトの定番「〇〇円以上で送料無料」というルールが適用されたりして、より安い値段でレトビラを入手できますね。

 

ちなみに、レトビラ1箱で「4錠」ですので、1,400円の場合でシミュレーションすると、1錠あたり「5,600円」となります。そこに「まとめ割」と「送料無料」が適用されれば、かなり値段が抑えられるのです。

 

こうした、まとめて購入することで値段を安くできるカラクリは、その通販サイトの運営者が「個人輸入代行業者」であるからです。

 

個人輸入代行業者は、薬局のように在庫を抱えていません。商品をストックする必要がないので、実店舗が不要なのです。そして注文を受け付けると、購入を希望した商品を海外から「取り寄せ」ます。

 

「取り寄せ」する際、ある程度まとまった数量で入荷したほうが、輸送費などの値段が浮いてきます。その浮いた値段が「還元」されるため、値段を下げることが出来るのですね。

 

もし、個人で海外からレトビラを買い付けるとなると、言葉の壁もありますし、関税やら何やらも付加してくるので…かなり面倒なことになります。

 

個人輸入代行業者は、個人に代わって、煩雑な輸入手続きを片付けてくれます。ですので、購入者はこうした面倒を背負うことなく、安い値段で手に入れることができるのですね。

 

 

ジェネリックという選択肢

レトビラをより安い値段で手に入れたい…そうお考えの方なら、真っ先に「ジェネリック」の存在を思い浮かべるでしょう。

 

「正規品」のレトビラにこだわった場合、安心感は高いかも知れませんが、いくら安い入手方法を使っても、それには限界があるでしょう。

 

それに対して、レトビラのジェネリックは、正規品に比べて「劇的に」安い値段で販売されています。レトビラに限ったことではありませんが、ジェネリック薬の値段は驚くほど安いのです。

 

レトビラのジェネリックの値段は、平均して1錠あたり200円前後ですが、おおむね150円~350円の枠内に収まります。

格段に安い値段のものでは、150円を下回るモノもあります。

 

代表的なレトビラのジェネリックには、以下のようなものがあります。

  • バリフ
  • ジェトビラ
  • ビリトラ
  • サビトラ

 

これらのレトビラジェネリックは、かなり人気が高く、有名な存在となっています。とにかく値段の安い「インド製」が席巻しており、日本製のジェネリックは存在していません。

 

レビトラの特許の期限がまだ残っており、厚労省から認可が下りないためです。そのため、国内でレビトラのジェネリックを製造するコトができないのです。

 

それに対してバイアグラは、多くの国内メーカーによって、ジェネリックが量産されているのです。数十社の日本企業が、バイアグラのジェネリック市場に参入しているのですが、それに対してレビトラの状況は違います。

 

もし、日本製のレトビラジェネリックが誕生したら…安全性が担保されており、しかも値段が安いという「理想的」なジェネリックを使えるのですが…そんな時代は、いつ訪れるのですかね?

 

ジェネリックが「なくなる」?…

前項にて、レトビラジェネリック市場は、値段の安い「インドの独壇場」だと申し上げましたが、その構造は大きく変わりそうです。

 

それは、ここに来てレトビラに「新たな特許」が付与されたため、インドでもジェネリック薬を製造できなくなってしまったから…という事情があるからです。

 

インドは、2005年まで物質特許が認められておらず、そこに発展途上国支援の名目も加わって、レトビラに限らず様々な薬品のジェネリックが「禁止」できなかったのです。

 

正規品の特許権を持った製薬会社も、文句の言えない状態だったのですね。しかし、インドの特許も整備されてきて、レトビラ開発元のバイエルが「新たに取得した特許」に従わざるを得ない状況になりました。

 

レトビラジェネリックの製造停止の経緯は、色々と「謎」があり、野放し状態のインド製に対して、バイエルが業を煮やした…という「陰謀説」すらありますが、その真相はわかりません。

 

それゆえ、値段の安い「インド製」ジェネリックは、現在製造されていないのです。つまり、現在流通している値段の安い製品は、どこかにストックされている「在庫」というワケなのです。

 

もし世界中のレトビラジェネリックが「在庫切れ」となってしまったら、正規品を買うか、レトビラを諦めてバイアグラやシアリスなどのジェネリックを探さなければなりません。

 

しかし、2017年に製造停止となったため、この文章を書いている時点では、まだまだ在庫がありますが、レトビラのジェネリックを愛用している方々にとっては、かなりイタイ話ですね…。

 

ですが、レトビラジェネリックの中でも、とりわけ人気の高かった「バリフ」は既に品薄状態となっており、徐々にジェネリックの入手が難しくなってゆくのかも知れません。

 

こうした状況下で危惧されるのが「ニセモノ」の存在です。ジェネリックが消失すれば、正規品のレトビラ市場において、値段の安い偽物が占める割合が高くなるかも知れません。

 

少しでも安い値段で…という心理に付け込んだ、悪質性の高い「正規品モドキ」がレトビラ市場を侵食する…こんな最悪のシナリオが現実となる恐れもあるのです。

 

とりわけ「中国製」のニセレトビラには、注意が必要です。かなり不衛生な環境下で、いい加減に作られています。体にどんな影響を及ぼすのか…考えただけでもゾッとしますね。

中国製ニセレトビラは、値段も安めに設定されており、見た目だけは「それらしく」出来ているのです。偽物を製造する組織の存在も指摘されており、かなり悪質性が高いと言えます。

 

 

ジェネリックの注意点は?

特許の関係により、厚労省の認可が下りないため、医院やクリニックではレトビラのジェネリックを処方できません。

 

診療代と処方箋料を支払ってでも「安心」を買う代わりに「クスリ代」だけは何とか安い値段で…というチョイスは、封じられてしまうのです。

 

前項でも申し上げたことですが、ジェネリックは「製造中止」されてしまったので、現在流通している値段の安いレトビラのジェネリックは「在庫切れ」とともに、終焉を迎えてしまいます。

 

新たに付与されたレトビラの「特許」により、手頃な値段のインド製ジェネリックが作られなくなってしまったのです。

 

値段の安いレトビラジェネリックは、基本的に「個人輸入」というカタチで日本国内に入ってくるのですが、日本の法律では、医薬品の個人輸入に対しての法整備が確立しているとは言い難い状態です。

 

そんな状態なので、悪徳な業者は日本をターゲットとして偽物を流し込むのです。悪徳業者は、甘い「法のスキマ」をかいくぐり、日本を狙い撃ちしています。

 

実際に「ニセ医薬品のターゲット」として、日本が狙われているとの報告があり、実際に正規・ジェネリックを問わず、レトビラもまた、悪徳業者の「稼ぎ口」の一つなのですね。

 

とりわけ、レトビラのみならず「ED治療薬全般」が狙われており、危険度が高くなっています。しかも、少しおトク感のある値段設定で、つい購入したくなる気持ちを煽ってくるのです。

 

もう一つ、レトビラのジェネリックは「正規品の完コピ」ではない、という事実もあります。成分に関してはレトビラ正規品と同じなのですが、その製造工程と製法にはかなりの違いがあるのです。

 

危険とは言えないまでも、安全性や効果において、レトビラのジェネリックは「完璧」とは言い切れないのです。これは、少しだけ念頭に置いたほうが良いかも知れません。

 

 

まとめ

Thumb graphs

レトビラに限ったことではありませんが、ED治療にはお金がかかります。それゆえに、できるだけ懐を痛めない値段の安いものを探す労苦が生まれます。

 

そこに追い打ちをかけるように、レトビラの特許問題が噴出し、ジェネリックの製造が停止されたため「手頃な値段」でのレトビラ選びのチョイスが狭まってしまいました。

 

バイアグラやシアリスよりも、「懐事情」と相談しながら、値段重視で考えるコトが難しくなってしまったのです。

 

レトビラのジェネリックを「買い溜め」することも一手かも知れません。「なくなる前」にストックしておこうという考え方ですね。

 

そうした問題は「レトビラ正規品派」のヒトたちにとっても、決して「対岸の火事」とは言い切れません。ネット市場でのニセモノの横行が、より深刻化するかも知れないのです。

医院での処方が、最も安全で確実な入手方法であるコトは、言うまでもないのですが、その値段にかなりの「負担感」を感じているヒトも多いでしょう。

 

されど、レトビラジェネリックの在庫はまだまだありますし、当面は値段の安さを担保できるかと思います。

そして、通販サイトでの正規品入手の場合は、本当に「信頼できる」サイトから購入した方が良いですね。

 

レトビラの「効果」と「値段」の双方を両立させるためには、今後は少しだけ気を使うコトになるかも知れません…。

 

しかし、レトビラの「爆発力」に惚れ込んでいらっしゃるヒトも多いでしょう。優れた治療薬を、なるべく手頃な値段で使用できれば、誰もがハッピーになるのですが…。

ED治療薬に関連する記事