公開日 17年11月12日

更新日 18年09月06日

レビトラの正しい飲み方知ってる!?適切に飲んで効果を実感しよう

レビトラをはじめとしたED治療薬を服用するときには、正しい飲み方を知っておかないと効果が弱まってしまったり、副作用を引き起こしてしまったりすることがあります。せっかくレビトラを購入したのに、効果が発揮されずに満足なセックスが出来なければ意味がありません。これから購入を検討している方も、自分が望んでいる効果を得られるようにレビトラの飲み方を知っておきましょう。

 

EDに悩む男たちがレビトラを求める理由とは

Thumb ozisan

日本では、1998年に30歳から79歳の男性2,000人にアンケートをとるかたちで、EDについての疫学調査が行われました。

 

それによると、日本の男性のうち約1,130万人がEDであるという調査結果が出ています。これは4人に1人という割合なので、かなり多いということがわかるでしょう。

 

また、調査によると中程度以上のEDだと回答した30代の男性は5%程度ですが、50~60代では約5割に達すると判明しました。

 

約30年前の調査なので、データとしては古いとはいえ、現在でもEDに悩む日本の男性が非常に多いことは間違いありません。

 

このような男性にとってED治療薬は非常に有用な医薬品です。

 

EDはよく日本語で「勃起不全」と訳されます。「不全」という言葉を使っているので、まったく勃起しない症状だけをEDと呼ぶのだという勘違いがよくあります。

 

しかし、EDとは、勃起しても硬さが足りない場合や、勃起が持続しない状態も指します。レビトラはこのようなさまざまなEDの症状に効果がある治療薬です。

 

レビトラとは

レビトラは、ドイツのバイエル薬品製薬会社によって2003年から販売されているED治療薬です。日本でも2004年に正式認可を受けて発売が開始されました。

 

日本で発売されたころは「EDは話すことから始ります -Talk About ED-」というコンセプトで、TVCMなどの疾患啓蒙広告を行っていたので記憶にある方もいるでしょう。

 

日本では2004年6月に5mg錠と10mg錠が発売され、その後2007年7月に20mg錠が発売されました。この5や10といった数字は、有効成分の含有量を示しています。

 

レビトラの有効成分はバルデナフィルという成分なので、5mg錠にはバルデナフィルが5mg含まれているということです。

 

レビトラの効果

レビトラを服用すると、EDの症状を改善する効果があります。

 

ただし、よく勘違いされるのですが、レビトラを服用することによって性的興奮が高まり勝手に勃起してしまうわけではありません。

 

レビトラによってEDの症状が改善するメカニズムは以下の通りです。

 

そもそも勃起は性的な刺激や興奮によって、体内にサイクリックGMP(サイクリックグアノシン一リン酸)という物質が増加することによって引き起こされます。

 

サイクリックGMPは、血管を拡張して血流をよくするので、ペニスに血液が流れ込んで勃起を促すのです。

 

このサイクリックGMPは、同じく体内で生成されるPDE-5(ホスホジエステラーゼ5型)という成分によって破壊されます。

 

PDE-5は、性的興奮がおさまったタイミングや射精後に増加します。

 

つまり男性が勃起をしてそれがおさまる一連の流れは、サイクリックGMPの増加と、PDE-5の増加によって引き起こされます。

 

レビトラの有効成分であるタダラフィルはこのPDE-5を抑制する働きがあります。

 

つまり、PDE-5の増加によって妨害されていたサイクリックGMPの働きが、レビトラのおかげで強化されるというわけです。

 

そしてレビトラの効果は、10mgなら約5~6時間、20mgなら約8~10時間程度持続します。これだけの持続時間があればセックスをするために十分な持続時間といえます。

 

レビトラの副作用と併用禁忌薬

どんな医薬品でもそうであるように、レビトラにも副作用があります。レビトラはサイクリックGMPの働きを強めるので、結果として体内の血流がよくなります。

 

この働きはペニスだけに発揮されるわけではないので、身体のさまざまな部位で血流がよくなり副作用を引き起こすことがあるのです。

 

レビトラの主な副作用は顔のほてりや目の充血、頭痛、動悸、鼻づまり等です。

 

これらの症状はそれぞれの部位で血流が良くなったことによって発現します。このような副作用の強さには個人差がありますが、多くの男性が体験するものです。

 

用法用量を守って使用していれば副作用があらわれたからといって、過度に心配する必要はありません。

 

ただしあまりにも副作用が重い場合には、レビトラの服用をやめて他のED治療薬にきりかえるか、病院で医師に診察してもらいましょう。

 

レビトラには併用禁忌薬もあります。医薬品にはそれぞれ身体に及ぼす薬効がありますが、同時に併用すると重大な健康被害を及ぼすものあります。

 

以下の併用禁忌薬をすでに服用している方はレビトラとの併用は避けましょう。

 

硝酸剤を服用している方がレビトラと併用すると、過度に血圧を下げる危険性が高いとされています。

 

HIV治療役に使われる抗ウィルス薬や、水虫などに使用される内服の抗真菌薬を併用すると、レビトラの血中濃度が高くなりすぎるので避けましょう。

 

他にも抗不整脈薬との併用は、心臓のはたらきに異常をきたす可能性があります。

 

慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬と併用すると、症候性低血圧を起こすことがあります。

 

これらの医薬品は併用禁忌薬なので、レビトラと併用してはいけません。

 

もしこれらの医薬品を服用していて、それでもレビトラを飲みたい方は必ずかかりつけの医師に診察を受けて判断してもらいましょう。

 

 

レビトラの効果を発揮しやすい飲み方

Thumb peppers2

レビトラをはじめとしたED治療薬は、どんな飲み方でもまったく同じ効果を得られるわけではありません。

 

風邪薬や頭痛薬などでも、食前や食後など、飲み方の指定があるように、レビトラにも適切な飲み方があります。

 

飲み方を間違えると求めていた効果を得られないばかり、まったく効果を実感できない場合もあります。

 

さらに場合によって重大な健康被害をもたらす可能性もあります。だからレビトラの効果を実感したい方は、かならず正しい飲み方を知っておきましょう。

 

レビトラを飲むタイミングはいつがベスト?

レビトラの有効成分であるタダラフィルは、身体に吸収されやすい成分です。服用してから早い方だと20分程度で効果があらわれます。

 

もちろん効果の発現までの時間は個人差がありますが、それでもセックスの30分前に服用すればよい考えておきましょう。

 

レビトラよりも先に発売されたバイアグラは服用してから効果があらわれるまで1時間ほどかかります。

 

1時間も必要になると、女性と良い雰囲気になりセックスが始まりそうになってから飲んでも間に合わない可能性があります。

 

レビトラはバイアグラのこのような欠点を補っているED治療薬なのです。

 

20~30分程度で効果があらわれるのであれば、例えばシャワーを浴びる前に飲んでおけば十分効果を発揮できます。

 

レビトラよりも後に発売されたシアリスは、服用してから効果があらわれるまで3時間ほど要します。

 

あまりも時間がかかりすぎるように感じられるかもしれませんが、その代わりにシアリスの効果は最大で36時間も持続するという長所があります。

 

シアリスの有効成分であるタダラフィルは、体内にゆっくり吸収される成分です。その分、効果があらわれるまで時間がかかり、持続時間がとても長いのです。

 

レビトラのように「そろそろセックスする流れになりそうだ」というタイミングで服用しても間に合いません。

 

その代わりに、「明日はセックスする流れになりそうだな」という日には飲んでおけば安心できるED治療薬なのです。

 

レビトラを服用する時の飲み物

レビトラはお水以外にもお茶やお酒などと一緒に飲んでも良い医薬品です。ただし、効果を最大限に発揮したいのであればお水と一緒に服用しましょう。

 

体質によってカフェインが入っているお茶やコーヒーと併用すると、効果が実感しにくくなる場合があります。

 

服用するタイプの医薬品は、基本的には水と併用するという条件で、効果が発揮されるまでの時間や持続時間が測定されています。

 

それ以外の飲み物だと、体質によっては効果に違い生じます。だから特別な事情がない限りレビトラはお水と一緒に飲みましょう。

 

アルコールは少量に抑える

レビトラをお酒と併用する場合は、飲みすぎないようにしましょう。

 

レビトラは血管を拡張して血流をよくするので、過度な飲酒をするとアルコールが身体に回りすぎてしまう可能性があります。

 

バイアグラは特にこのような効果が高いのでアルコールとの併用を避けたほうがよいとされています。

 

レビトラはバイアグラに比べればお酒と併用しても危険性は低くなっていますが、それでも飲み過ぎは避けたほうが良いでしょう。

 

お酒を飲みすぎると、いざというときに勃起しなくってしまう可能性が高まります。アルコールを飲みすぎると神経伝達がにぶくなり、EDの症状が悪化することがあるのです。

 

少量のアルコールであれば、むしろ精神を安定させて気持ちをリラックスさせる効果があります。

 

EDの原因としてセックスへの過度なプレッシャーがある方には、少量の飲酒はプラスに働くこともあります。

 

特にEDの自覚がある場合、「今日もちゃんと勃起しなかったらどうしよう」という不安で緊張してしまう方もいるでしょう。

 

アルコールにはそういう緊張を和らげる効果があるので、自分の体質に合わせて少量なら飲んでも問題ありません。

 

グレープフルーツジュースはダメ

シアリスはさまざまな飲み物と併用できる医薬品ですが、グレープフルーツジュースで飲むのは避けましょう。

 

実はグレープフルーツに含まれているフラノクマリンという成分は、シアリスの分解を阻害してしまいます。

 

そうすると、シアリスが効きすぎてしまい副作用などを強く引き起こす可能性があるのです。

 

フラノクマリンとの併用は、レビトラだけではなくバイアグラやシアリスでも避けたほうが良いとされています。

 

あえてグレープフルーツと併用しなくてはいけないようなシチュエーションはないと思いますが、食事にグレープフルーツが出てきた場合は食べないようにしましょう。

 

フラノクマリンはグレープフルーツ以外にも、ライチや夏みかんなどの柑橘系によく含まれています。

 

通常のみかんやレモンには含まれていませんが、それ以外の柑橘系は極力避けるようにしましょう。

 

 

レビトラの服用量

レビトラには5mg、10mg、20mgがあります。用量が大きいほど効果は強くなりますが、どの用量が適切なのかは個人差があります。

 

医師に診察を受けて購入した場合は、指示にしたがって決められた用量を飲みましょう。

 

通販をつかって自分で購入した場合は、まずは少ない用量を使ってみて効果のほどを確かめてみましょう。

 

そして効果が足りないと感じたら用量を増やすのが良いでしょう。ただし、効果が実感できないからといって、20mg以上摂取してはいけません。

 

また、レビトラの服用は1日1回までです。服用間隔は24時間以上空けないといけません。

 

たとえ5mgを飲んだ場合でも、まだ20mgに達していないからもう1錠飲む、というような使い方をしてはいけません。

 

なお、血糖値やコレステロールが高く糖尿病の症状がある方や、身体が大きい方、肥満の方はレビトラ10mgではあまり効かないこともあります。

 

レビトラ10mg錠を飲んでも効果があまりなければ、20mg錠を飲んでみましょう。

 

満腹状態で飲むのは避ける

レビトラよりも前に販売されたバイアグラには、空腹状態で飲まないと効果が発揮されにくいという欠点がありました。

 

セックスをする前に女性と食事に行くというシチュエーションは非常に多いと思いますが、食事を摂ってしまうとバイアグラが効きにくいという不便さがあったのです。

 

バイアグラに比べると、レビトラは食事の影響を受けにくいED治療薬です。

 

ただし、まったく食事の影響を受けないわけではありません。あまりにも食事を摂りすぎると効果が弱まる可能性があるのです。

 

レビトラを開発したバイエル薬品の資料によると、レビトラは「標準的な食事の影響は受けない」とされています。

 

「標準的な食事」とはだいたい700kcal以下で、脂質が23.3g以下の食事を指します。

 

例えば吉野家の牛丼並盛りは、669Kcalで脂質が23.4gなので、脂質が「標準的な食事」よりも高いと言えます。

 

もちろん、厳密に700kcalと脂質23.3gという基準を超えたら効果がないというわけではありませんが、目安として覚えておきましょう。

 

 

なるべく食前20~30分前の空腹時に服用することをおススメします。

 

脂質はレビトラの吸収を阻害します。肉や中華料理など、脂質が多い食事を摂る場合には、食べすぎないようにしましょう。

 

食前食後に服用する場合の注意点

レビトラは食事の影響を受けにくいという特徴がありますが、それでも出来るかぎり空腹状態に近いほうが消化と吸収がスムーズに行われることは間違いありません。

 

女性と食事をしてからホテルなどに行くシチュエーションは多いので、摂取するタイミングには注意が必要です。

 

もし食事をしてからレビトラを飲む場合、レビトラの効果を最大限に発揮するためには食事から2時間くらい経ってから飲むのが良いでしょう。

 

もちろん、食事の量によって空けたほうが良い時間は変わりますが、やはりある程度食事が消化されてから飲んだほうが良いと覚えておきましょう。

 

食事から服用まであまり時間をとれない場合には、食前に服用するという方法もあります。食前であればお腹に食べ物がないので、レビトラが吸収されやすいのです。

 

ただし、レビトラを飲んでからすぐに食事をしてしまうと薬の吸収を邪魔してしまう可能性があります。

 

だから食前にレビトラを飲むのであれば、食事の30分前までに飲むようにしましょう。

 

 

レビトラの購入方法と飲み方の注意点

Thumb happydance

レビトラには大きく分けて2種類の入手方法があります。それは病院と通販です。

 

レビトラは日本で認可されている正式な医薬品ですが、「医療用医薬品」に指定されています。

 

医療用医薬品は、バファリンやロキソニンなどとは違ってドラッグストアなどでの購入が出来ず、医師に処方箋をもらって購入しなくてはいけません。

 

だから日本国内でレビトラを購入する場合は、ED治療薬を処方している病院やクリニックに行き、診察を受けてから処方せんを出してもらわないといけません。

 

通販で購入する場合は、海外で販売されているレビトラを個人輸入することになります。

 

日本国内でレビトラを購入する場合は処方せんが必要ですが、海外から輸入する場合は処方せんや医師の診断無しで合法的に購入できます。

 

この2つの方法にはそれぞれメリットとデメリットがあるので、違いを説明します。

 

病院で処方してもらう

病院で処方してもらう場合は、病院やクリニックで医師の問診を受けることになります。

 

問診ではEDの症状や、健康状態、既往歴や常用中の医薬品などを聞かれます。そして、レビトラが有用であると診断されれば、処方せんを出してもらえます。

 

なお、ED治療は保険適用外なので、一般的な風邪などの診察よりも費用は高めです。

 

レビトラの価格は病院によって異なりますが、10mg1錠で1,500円、レビトラ20mg1錠で1,800円程度が相場です。

 

それ以外に、初診料や診察費用もかかるので、だいたい1万円程度必要になると考えておきましょう。料金が気になる場合はあらかじめ病院に電話をして質問しておきましょう。

 

病院では、EDの症状などから適切な量のレビトラを処方してくれます。専門家が決めた用量なので、自己判断で増やしたり、連続して服用したりするのはやめましょう。

 

効果が弱いと感じる場合は、あらためて医師に診察を受ければ用量を増やしてもらえる場合もありますし、体質に合わない場合は別のED治療薬を処方してくれる場合もあります。

 

通販で購入する

通販で購入する場合は、通販サイトで自分が購入したい医薬品を選ぶことになります。レビトラを購入する場合、通販サイトにはジェネリック医薬品もあります。

 

ジェネリック医薬品という言葉は最近日本でも広まっていますが、レビトラと同じ成分で安価な商品を購入できるのです。

 

ジェネリック医薬品であっても有効成分であるバルデナフィルはレビトラと同じように含まれています。

 

価格は20mg錠で150~300円程度が相場なので、病院でレビトラを購入するよりも経済的負担が少なくなります。

 

通販には海外製のレビトラもありますが、価格は日本製とあまり変わりがありません。

 

つまり、レビトラを通販で購入する最大のメリットは、ジェネリック医薬品があるので安く入手できるという点です。

 

また、個人輸入とは言っても海外からの輸送などはすべて通販サイトが代行してくれるので、面倒くさい手続きなどは不要です。

 

日本でネットショッピングをするのと同じように商品を購入すれば、あとは自宅に配達されるのを待つだけでよいのです。

 

ただし、海外からの輸送になるので、注文から配達まで1ヶ月程度はかかると考えておきましょう。

 

急いでレビトラを入手したい場合には間に合わない可能性が高いので、病院で処方してもらったほうが確実です。

 

また、通販サイトでの支払いは基本的にはクレジットカードでしか出来ません。

 

ED治療薬の通販サイトは多くの男性が利用していて未だに大きな問題も発生していませんが、個人情報の流出などに過敏な方は抵抗があるかもしれません。

 

通販で購入したレビトラの飲み方

通販でレビトラやそのジェネリック医薬品を購入した場合、飲み方に気をつけましょう。医師に診断を受けたわけではないので、服用するのかは自己判断になります。

 

今や通販サイトでED治療薬を個人輸入するのはとてもメジャーな方法で、日本でそれによって甚大な被害を被ったという情報はないので、過度な心配は不要です。

 

それでも、医者に処方せんをもらって薬局で購入することに比べると、信頼感は劣ります。通販でレビトラを購入したら、以下のことに気をつけましょう。

 

ニセモノではないか確認する

非常にまれですが、配達された商品がニセモノや粗悪品の可能性もあります。ただし、このような商品は見た目やパッケージが本物とは違うので、見分けは容易です。

 

通販で購入したレビトラが自宅に届いたら、商品名をインターネットで検索して見た目が同じが調べましょう。

 

もし錠剤の見た目やパッケージが違った場合は、ニセモノなどであると判断しましょう。その場合、その薬にどのような効果があるのかはわかりません。

 

まったく薬効がないただの錠剤の可能性もありますが、まったく異なる病気に使うべき医薬品の可能性もあります。

 

いずれにせよ無闇に飲んでしまうと思わぬトラブルを引き起こす可能性もあるので、飲まずに処分しましょう。

 

用法用量を守る

通販で購入した場合でも、1日1回20mgを超えた量を飲んではいけません。

 

効果があまり実感できないとつい用量を増やしたくなってしまいますが、とても危険な行為です。また、服用間隔はかならず24時間以上空けましょう。

 

ジェネリック医薬品はレビトラと同じ有効成分が含まれていますが、その他の成分や製法が違うので、効果がレビトラとまったくおなじというわけではありません。

 

体質によって、同じレビトラのジェネリック医薬品でも効き辛いこともあります。

 

もし効果があらわれにくいと感じた場合は用量を増やすのではなく、別のジェネリック医薬品やバイアグラ、シアリスなどに切り替えるようにしましょう。

 

 

まとめ

Thumb cube white

レビトラの効果を発揮するために知っておきたい飲み方の情報を紹介しました。

 

レビトラはバイアグラに較べて食事やアルコールの影響を受けにくいので、飲み方の制限が少ないED治療薬です。

 

それでも食事やアルコールなどの影響がまったくないわけではありません。

 

理想的な勃起力を実感するためにも、食事は満腹状態にならないように気をつけて、お酒も飲みすぎないようにしましょう。

ED治療薬に関連する記事