公開日 17年11月12日

更新日 18年09月07日

レビトラとバイアグラの効果ってどう違う!?効果が出ない原因は何?

勃起に続かない。勃起力が弱いなど、男性機能に不安を感じ始めていませんか?

勃起力が弱くなると、ふと思い浮かぶのはED治療薬のバイアグラ。ですが、今はレビトラというバイアグラと同じ瞬発性のある治療薬もあり、どちらのほうがより効果があるのだろうかと購入に際して、お悩みではないでしょうか?

今回は、ED治療薬として有名なバイアグラと、あまり聞き馴染みが薄いレビトラについて、効果の違いと落ち着いてセックスが楽しめるよう服用時の注意点についてもご紹介します。

 

レビトラとバイアグラの効果の比較

Thumb hikaku

皆さんは、レビトラとバイアグラについて、それぞれどんなイメージをお持ちでしょうか?

レビトラとバイアグラ、現在ではどちらも同じようなED治療薬として認識されていますね。

レビトラにはレビトラの、バイアグラにはバイアグラのそれぞれの違いについてまとめました。

 

レビトラの効果と持続時間

まず、レビトラとはどういったED治療薬なのかについて説明しておきましょう。

レビトラは、ドイツのバイエル薬品という製薬会社が開発したED治療薬です。

塩酸バルデナフィル水和物という有効成分が含まれています。

日本では、レビトラ5㎎錠とレビトラ10㎎錠が2004年6月に、レビトラ20㎎錠が2007年7月に勃起不全の治療薬として販売が開始されました。

レビトラの錠剤は、どれも赤みのある淡い黄色で丸い形状をしています。

 

勃起不全に対する治療薬ですので、催淫剤のような役割はありません。

 

ED治療薬としてのみの販売であり、他の効能はありませんので、健康保険の適用外となっています。

このレビトラを手に入れるには、医療機関でのED治療の一環として、医師から処方してもらうことになります。

この他では、個人輸入やインターネットのED治療薬の通販サイトを利用して購入する方法があります。

 

本項の冒頭で軽く触れましたが、レビトラには3種類あります。

これらの種類の違いについて、説明しておきましょう。

 

レビトラは10g錠と20g錠の違い

レビトラには、5㎎錠、10㎎錠、20㎎錠があります。

この違いは、いずれも塩酸バルデナフィル水和物の含有量によるものです。

レビトラにはこのように3種類ありますが、一般的に出回っているのは10㎎錠と20㎎錠の2種類です。

レビトラの5㎎錠が市場にあまり出回っていない背景には、その効果の程度と持続時間、既往疾患の有無に関係しています。

レビトラ10㎎錠とレビトラ20㎎錠をそれぞれ服用したときの塩酸バルデナフィル水和物の血中濃度を調べてみると、レビトラ10㎎錠を服用した時のピーク時では約12μg/L、レビトラ20㎎錠においてはピーク時で約20μg/Lが検出されています。

レビトラ10㎎錠とレビトラ20㎎錠では、塩酸バルデナフィル水和物の含有量が倍違うため、血中濃度もそれに比例しているのです。

このことをレビトラ5㎎錠におきかえてみると、有効成分である塩酸バルデナフィル水和物の含有量は、単純に見てもレビトラ10㎎錠の半分となりますから、レビトラ5㎎錠のピーク時の塩酸バルデナフィル水和物の血中濃度は、レビトラ10㎎錠の半分と考えられます。

つまり、レビトラ5㎎錠の効果は、レビトラ10㎎錠の半分と考えられるのです。

 

レビトラは、用法上の注意として65歳以上の高齢男性や中等度の肝機能障害(Child-Pug分類B:チャイルド-ピューぶんるいびーと読みます)に処方するときは、十分な注意観察が必要とされています。

これは、高齢男性や中等度肝機能障害を持つ男性の場合、一般の健康男性に比べて、薬効成分が体内に多く吸収され過ぎてしまうことが理由です。

 

通常、有効な薬効成分が体内に多く吸収されるということは、それだけ薬が効きやすく、効果もしっかりと感じ取れるだろうからメリットばかりではないかと考えられがちです。

しかし、強く体に作用するということは、それだけ強く副作用が起こりやすいということになるのです。

 

レビトラの副作用には、ほてり、高血圧、頻脈、心筋虚血、低血圧、頭痛、めまい、肝機能異常、鼻づまり、視覚異常といった症状が出ることがあります。

高齢男性が心臓に関する異常を訴えた場合、最悪の事態を招く恐れもあります。

肝機能障害を既に患っている人であれば、症状がさらに悪化することもあり得ます。

 

しかし、こうした高齢男性や肝機能障害を患う人であってもEDに悩む人もいます。

レビトラ5㎎錠は、こういった通常ではレビトラの服用を控えなければならない人たちに向けて作られたED治療薬でもあるのです。

そのため、一般の健康男性にとってレビトラ5㎎錠は、効きが弱く感じるものであるため、市場にはレビトラ10㎎錠とレビトラ20㎎錠が出ているのです。

 

ただし、レビトラ10㎎錠とレビトラ20㎎錠は、上述した通り、有効成分の含有量が2倍も違うため、一般的にはレビトラ10㎎錠の処方となり、10㎎錠で効果が感じられない場合においてのみレビトラ20㎎錠の処方をしても良いということになっています。

 

レビトラの効果が有効成分の含有量によって異なることを踏まえて、レビトラ全般の効果についてみていきましょう。

 

内服して1時間後が最大値

レビトラは、5㎎錠、10㎎錠、20㎎錠いずれを服用しても、内服後15~20分程度で効果が現れ始め、約1時間で効果のピークへと達します。

その後、数時間かけて効果は弱まっていきます。

レビトラが一番効果を発揮するのは、ピーク時を含んだ4時間程度になります。

 

レビトラの効果は最長10時間

レビトラの効果は、10㎎錠であれば5~6時間程度、20㎎錠においては10時間程度続きます。

しかし、これには個人差や食事内容、体調によっても左右されるため、臨床検査の結果この程度までは効果が見込めますという意味で捉えておいた方がいいでしょう。

 

バイアグラの効果と持続時間

今度は、レビトラと似た効能のあるバイアグラについて見ていきましょう。

まず、バイアグラとはどのようなED治療薬なのか紹介しておきます。

 

バイアグラもレビトラと同様に、即効性のあるED治療薬です。

バイアグラは、ファイザーという製薬会社によって開発された薬ですが、2014年5月にファイザーのバイアグラに対する薬剤特許の有効期間が満了したことによって、現在はジェネリック医薬品も販売されるようになっています。

バイアグラの主成分は、シルデナフィル。レビトラとは異なる有効成分を含んでいます。

しかし、その効能はレビトラと同様に、勃起不全に対する勃起力の向上や勃起状態の維持するものです。

 

ジェネリック医薬品を含みバイアグラも、レビトラと同じくED治療薬であるため、健康保険の適用外となり、自費診療となります。

そのため、バイアグラの薬代だけでも費用は、1錠あたり1,100円~1,300円ですので、たとえば7日分購入した場合でみると、薬代だけで約1万円もかかります。

レビトラの費用が10㎎錠で1,500円、20㎎錠で1,800円ですので、バイアグラの方が少し安くなっています。

 

ただし、副作用の出やすさでは、レビトラよりもバイアグラの方が出やすく、また副作用の程度もバイアグラの方が強くなっています。

しかし、バイアグラを飲んだ全ての人に、強い副作用が現れるわけではなく、「なんとなく火照る感じがする」「鎮痛剤で緩和されたけど、頭痛がした」という声もあります。

 

では、バイアグラの効果とその持続時間を見ていきましょう。

 

内服して1時間後が最大値

バイアグラもレビトラと同じように、服用後約1時間で効果がピークに到達します。

バイアグラには25㎎錠、50㎎錠がありますが、このどちらもピークに到達する時間に大差はありません。

その後、9時間~10時間ほどかけて効果が薄れていきます。

 

バイアグラの効果は最長5時間

バイアグラの効果は、有効成分の含有量によって若干の違いがあります。

また、有効成分シルデナフィルが血中にどの程度残っているかによって、効果を感じられる度合いが異なります。

有効成分シルデナフィルの含有量が少ないバイアグラ25㎎錠では約3時間、50㎎錠では約5時間が効果を感じやすくなっています。

バイアグラは、空腹時に水あるいは唾液で服用するED治療薬です。

しかし、服用のタイミングが空腹状態でないときには、上述した時間よりも効きが遅くなったり、あるいは効果の持続時間、効果の度合いが変わってしまうことがあります。

 

 

レビトラの勃起持続時間が短く感じる原因は?

Thumb hammer

レビトラを飲んだのに、勃起が弱い、勃起の持続時間が短いといった効果があまり感じられないことがあります。

それは、レビトラの服用のタイミングや体調によって、ED治療薬の効果に影響を及ぼすためです。

 

 

レビトラの効果が薄くなる原因はコレ

勃起力の度合い、勃起の持続時間といったレビトラの効果が薄くなってしまう原因をリストアップしてみました。

上から順に、レビトラの効果を薄めている原因で特に多いものから並べています。

レビトラを飲むときの参考にしてみてください。

 

食事での摂取カロリーが多い

バイアグラやシアリスといった他のED治療薬もそうですが、レビトラも食事内容によって薬の効果の度合いが変わります。

 

レビトラは、食前に服用するものです。

しかし、レビトラの効果が食事内容に影響を受けるのには、理由があります。

レビトラの有効成分の吸収と摂取した食事の消化に深く関係しているからです。

 

レビトラの有効成分は、胃壁や腸壁から吸収されます。

食前の空腹時に服用することによって、胃や腸の粘膜から有効成分塩酸バルデナフィル水和物が直接吸収されるのですが、消化の悪い脂質の多い食事をすることによって、胃壁や腸壁の粘膜の上に油膜といって脂の膜が張られてしまいます。

この脂の膜が張られると、胃液や腸壁の粘膜がレビトラの有効成分を直接吸収することを邪魔するのです。

そのため、レビトラの有効成分塩酸バルデナフィル水和物の吸収率が空腹時の服用に比べて落ちてしまい、効果を感じづらくなってしまうのです。

 

よく食後2~3時間ほど空ければ、胃の中は空っぽになる。つまり、空腹状態になると言われますが、これはその直前にとった食事内容によって変わってきます。

寿司やうどんといった脂質の少ないものであれば、2~3時間もすれば、胃の中はほぼ空になります。

ところが、脂質の多い食事内容、たとえばフランス料理やイタリア料理といった洋食、中華、ラーメン、焼き肉、ファストフードを食べると、2~3時間経っても胃の中が空っぽになりません。

また、これら脂質の多い食事をお腹いっぱい食べてしまうと、食後2~3時間経ってもまだまだ胃の中では消化活動が行われるほど、胃の中は食べたものがいっぱいの状態です。

これでは、バイアグラを飲んだところで、その有効成分が吸収される余地がありませんから、効果を感じられるはずもありません。

 

これを防ぐには、脂質の控えめな食事にすることです。

食前に脂質の少ない食事を腹七分目程度に抑えておくと、消化も良く、2~3時間経ってレビトラを服用しても、効果を感じることができるはずです。

もしも、レビトラを服用した後、小腹が空いたなというときには、服用後30分ほど置いてから軽く食事を取るといいでしょう。

レビトラ服用後の食事内容は、脂質が高いものでもレビトラの効果に影響はないとされています。

 

服用のタイミングが早い

上の項目と多少重なるのですが、レビトラの服用がセックスをする予定の1時間よりも早く服用していた場合に起こりがちです。

レビトラは、食前に服用するため、たびたびタイミングが合わないことがあるようです。

 

レビトラ服用前の食事内容を低脂質にすると、腹持ちがあまり良くないこともあり、食後2~3時間もすると空腹になります。

レビトラの服用するタイミングは、食前の空腹時ですから、タイミングとしてはベストマッチしているわけです。

しかし、空腹状態のままセックスに至るのと、穏やかな気持ちでセックスに入るのとでは、全く気持ちの持ちようが違うでしょう。

 

レビトラ服用前の食事は、脂質の低い食事をしておき、食後2~3時間したらセックスのタイミングを計りレビトラを服用する。

服用後30分は、レビトラの有効成分が体内に吸収される時間であるため、食事ができませんが、30分経てば何でも食事ができますから、ホテルのルームサービスを利用したり、ちょっと軽めに食事をしてからベッドインするなど工夫してみてください。

 

アルコールの過剰摂取

これは、レビトラに限らずED治療薬全般に言えることです。

1~2杯程度のアルコールであれば、神経の緊張を緩和してくれる役割をしてくれるので良いのですが、それ以上飲むことはおススメできません。

 

アルコールには、皆さんご存知のように血管拡張効果があるのと同時に、脳からの司令を鈍らせる効果もあります。

この脳からの司令を鈍らせる効果によって、ED治療薬レビトラの効果を鈍らせてしまうのです。

そのため、せっかく食事内容やレビトラの服用のタイミングに注意を払っていても、アルコールを取り過ぎてしまうことによって、せっかく効くはずだった勃起効果が弱まってしまうのです。

 

また、レビトラの副作用に血流量を増加させる作用があるため、アルコール過剰摂取すると、いつもよりもアルコールが全身に回りやすくなり、泥酔状態になったり、酷ければ急性アルコール中毒を引き起こしてしまうこともあり得るのです。

 

レビトラを服用した際にお酒を飲むときは、コップ1~2杯程度に留めておくことをお忘れなく。

 

薬が合っていない

時々あるのが、レビトラの薬自体が体に合っていないというものです。

バイアグラとレビトラは、既にご紹介したように有効成分が違います。

同じED治療薬であっても、有効成分が違うことによって、利用する人の体質に合わないことがあるのです。

 

そのため、レビトラは合わなかったけれど、バイアグラは合った。あるいは、レビトラもバイアグラも合わなかったけど、シアリスが合うということもあるのです。

 

食事内容、レビトラの服用のタイミング、アルコールの摂取量、これらに気をつけていても、レビトラの効果がいまいち感じられないというときは、ED治療薬をレビトラからバイアグラやシアリスに変えて様子を見てみると良いでしょう。

 

体質以外にも、レビトラの効果を感じづらくなるのが、体調です。

プレッシャーによる心理的ストレスにより、体調が平常でない場合もレビトラが効きづらいという印象を受けるようです。

心の中がスッキリするように気分転換をしてみると、効果の感じ方も変わってくるかもしれません。

 

性的刺激が少ない

レビトラを飲めば、勝手に勃起してくれると思い込んでいる人もいるようです。

でも、それは間違いです。

レビトラは、催淫剤や性欲を誘発させるための薬ではありませんので、勃起するには十分な性的刺激が必要です。

 

レビトラの効果が数時間しかないと思って焦って挿入しようとしても、上手く入らないということがあります。

これは、性的刺激が十分でないため、いわゆる半勃ちや中折れの状態になってしまうのが原因です。

 

既にご紹介しましたが、レビトラの効果は50㎎錠であれば最大5時間です。

ですが、5時間過ぎたら全く効果がなくなるわけではありません。

時間に囚われ過ぎて、性的刺激が十分でないまま挿入行為に及べば、心理的なプレッシャーも大きくなり、余計に効果を感じづらくなる要因になってしまいます。

 

セックスを心ゆくまで楽しみたいのであれば、レビトラを服用して効果が現れるまでの間、パートナーと愛撫し合うなどして、お互いに性的刺激をしっかり与えあえば、効果がピークに達する頃には、十分効果を感じられるようになっているはずです。

 

EDの要因となっている疾患の悪化

レビトラの効果が感じられなくなる原因には、食事や刺激以外に、疾患という要因もあります。

勃起力の弱さや勃起の維持の難しさを感じるようになった背景に、EDを誘発する疾患を抱えていること人もいます。

EDを引き起こす疾患としては、高血圧や動脈硬化、高脂血症といった生活習慣病や前立腺の疾患が多いようです。

血流が悪くなったり、陰茎周囲への影響により、勃起しづらい、勃起しないという事態に。

 

EDを引き起こしている疾患の悪化がレビトラの効果を感じさせない背景にある場合は、まずこれらの疾患に対し適切な治療を受けることが先決です。

 

加齢

年齢を重ねるにつれ、EDの症状が悪化していくことがあります。

それを防ぐためにED治療薬のレビトラを服用していても、体が薬の効果に応えられない状態になってしまうのです。

 

レビトラには、5㎎錠、10㎎錠、20㎎錠がありますが、現在5㎎錠や10㎎錠を服用しているのであれば、医師に相談してみましょう。

場合によっては、5㎎錠から10㎎錠へ、10㎎錠から20㎎錠へと有効成分の含有量が多いものに変更することができるかもしれません。

 

当然ながら、有効成分が多いものの方が効果は高くなります。

しかし、その分、副作用が出やすくなります。

自分で勝手に服用する量を変更したりせず、医師に必ず相談してみてください。

 

個人輸入のレビトラには粗悪品も

レビトラは、医師に処方され正規のルートで購入した場合、1錠あたり1,500円~1,800円もする高額な医薬品です。

また、医療機関を受診してかかる診察料や検査料も自費ですから、治療1回あたりの費用が非常に高額です。

ED治療専門クリニックでも、診察料や検査料が無料と謳っていても、レビトラの費用は自費での価格です。ED治療専門クリニックのどこを受診しても、これだけは患者負担の費用になります。

一般的な医療機関にかかることを考えれば、非常に安価であるとはいえ、それでもまだ気軽に購入できる金額ではないことは確かです。

 

そのため、医療機関にかかるのを避け、薬だけを手に入れたい人は、個人輸入に頼ろうとします。

個人輸入は、インターネットのED治療薬を扱う通販サイトや輸入代行業者の2つのパターンがあります。

インターネットの通販サイトでも、一見在庫から商品を発送しているように見せていますが、輸入代行と変わらぬところも多々見受けられます。

 

個人輸入には、定められた錠数を個人宅に届けるのであれば法律で認められています。

問題はそこではなく、商品であるED治療薬レビトラの物流についてです。

 

レビトラを通販サイトや輸入代行業者を介して個人輸入した場合、輸入代行業者が海外の輸出業者に商品の手配をします。

注文者がこの商品の手配について、どのような流通経路でされているのかを知ることは困難です。

それはつまり、粗悪品が混入していても誰もわからないということです。

 

 

レビトラの効果が得られる飲み方は?

Thumb bach flowers wine

既にご紹介した通りレビトラは、非常に即効性のあるED治療薬です。

そのため、効果をしっかりと感じるためには、上述した効果が薄くなる原因を取り除くことはもちろんですが、飲み方も気をつけたいところです。

 

空腹時に水で飲む

レビトラは、非常に水に溶けやすい性質を持っています。

そのため、水、唾液で飲むことが望ましいとされています。

水、唾液で飲むことが難しい場合は、アルコール以外であればジュース類で飲用することもできます。

 

また、レビトラは食事内容によって効果が左右されるため、食後服用するのであれば、食後すぐよりも少し時間を置いてから服用すると良いでしょう。

 

まとめ

Thumb bengoshi

レビトラの効果は、バイアグラ同様に即効性があります。

バイアグラと違うのは、レビトラのほうが副作用の発現頻度が少ないということです。

 

バイアグラでは副作用に悩まされていた人でも、レビトラなら副作用に悩まされることなく、セックスライフを楽しめるのではないでしょうか。

ED治療薬に関連する記事