公開日 18年01月13日

更新日 18年09月05日

誰にもバレずに悩み解消!?レビトラを通販で購入する時の3つの注意点

EDはデリケートな悩みであるため、誰にも相談出来ずに一人で抱えてしまうことが多いのが現状です。

 

 

「病院に行くほどの勇気はない」「相談するのが恥ずかしい」「どのような検査をされるのか分からない」悩んでいる方の味方になってくれるのがED治療薬のレビトラです。

 

 

基本的にはED治療薬は医師からの処方箋にて購入するのですが、誰にもばれずに通販で購入することが出来るのです。現在、ED治療薬にはバイアグラを始め、レビトラ、シアリスの3種類が存在します。

 

 

その中でもレビトラはバイアグラの次に開発・発売されたED治療薬であり、ドイツのバイエル社から2003年に発売され、2004年に日本でも正式に認可されました。

 

 

フランス語の男性冠詞である「le」と生命を意味するラテン語の「vitra」を組み合わせてレビトラと名付けられました。

 

 

パッケージには炎の絵が描かれていますが、こすればすぐに点火するマッチをイメージして即効性があることをアピールしています。

 

 

世界で最初にED治療薬として発売されたバイアグラは、食事の影響を非常に受けやすいという欠点がありました。

 

 

服用する際は性交と食事のタイミングを考える必要があり、性交の1時間前、且つ空腹である食前に服用することで効果を得ることが出来るとされています。

 

 

また、食事は満腹を避け腹7~8分目まで、そして油っこいものを避けた方がいいという服用の注意点があります。それを改善したのがレビトラです。

 

 

栄養学において定義されている成人男性の1食当たりのカロリーである700キロカロリーの範囲内、総エネルギーに占める脂肪の割合が3割以下、という条件さえ守れば食事の影響を受けにくいとされているのです。

 

 

レビトラは通販で購入できる

そんなレビトラは医療用医薬品であるため、基本的には医師による処方が必要なため、薬局やコンビニでは販売されていません。万が一医療機関以外がレビトラを販売することは、日本では法律で禁じられています。

 

 

しかし海外の製品を直接購入することが出来ない人に代行して販売を行っている個人輸入代行業者に限り、レビトラの販売が認められています。

 

 

個人輸入代行業者が扱うのは全て海外の商品であるため、日本の法律に触れないため、海外で製造されたレビトラであれば処方箋を必要とせず購入することが出来るのです。

 

 

病院に行かなくてもいいの?

個人輸入業者を介して購入することが出来るレビトラは、基本的には海外で製造されたものを販売しているため日本の法律には引っかかりません。

 

 

そのため、インターネットで24時間365日、誰でも購入することが出来るのです。

 

 

通販でレビトラを買う場合の注意点

通販で医薬品であるレビトラを購入出来る時代となりましたが、購入する際には注意点があります。

 

 

後悔のないお買い物をするためにも、そしてご自身の健康を害することがないよう、しっかり理解しましょう。

 

 

安さに騙されない

通販は、販売元に行く必要がないことや24時間365日いつでも買い物が出来ること、そして店頭で買うよりも安いことがメリットとして挙げられます。

 

 

しかし、手元にないことから重さや全体の雰囲気、サイズ、色などが分かりづらいことがデメリットです。ブランド品や薬の場合は、本物かどうか見分けがつかない場合もありますよね。

 

 

店舗に置く管理費や在庫する費用、運送に関わる人件費が削減できると言えども、どこまで安く販売できるのかどうかは購入者は分かりません。

 

 

ED治療薬を処方してもらう際、自由診療扱いとなり初診料や再診料、検査料を含める治療費が基本的には全額自己負担となります。

 

 

薬も1錠で1500円前後するため、決して安いとは言い切れません。経済的な負担を考えたら、比較的安くで手に入る通販を利用したくなるのですが、偽物も多く紛れている通販はリスクが伴います。

 

 

偽薬に注意

海外には品質管理をしっかり行い、高品質のレビトラを製造・販売している会社もあります。そのようなしっかりした会社からレビトラを代行で輸入して販売しているサイトも存在します。

 

 

しかし、残念ながら個人輸入代行業者がそのような会社から輸入をしているのかどうかは購入者は判断するのが非常に難しいのが現状です。

 

 

ドイツに本社をおく製薬会社「バイエル薬品」のみが製造・販売を行っているレビトラは、その他の会社で製造されたものは全て本物ではないのです。

 

 

通販で販売されているレビトラは、本物のレビトラと同じ有効成分を配合しているものも存在しますが、中には「本物のレビトラ」と謳って不純物を配合しているケースや、有効成分が全く異なるものを配合しているケースもあります。

 

 

通販で販売されているレビトラは、処方箋のレビトラと比較するとかなり安価であるため品質の保証はありません。

 

 

正規品でないために、満足・納得のいく効果が得られない可能性が高いだけでなく、健康被害を受ける可能性があることも忘れてはいけません。

 

 

高品質のレビトラを購入したい場合は、専門医から処方箋を出してもらうのが安全で安心と言えるのではないでしょうか。

 

 

本物のレビトラは丸型でオレンジ色をしており、含有量が錠剤に印字されています。

 

 

ところが偽物も本物と見分けがつかない外見をしており、インターネットのサイトを見る限り、本物と偽物の区別がつきません。

 

 

また、サイト内の写真は本物のレビトラを載せているのにも関わらず、実際に送るレビトラは偽物、という例もあります。

 

 

しかし、レビトラのパッケージには本物にしか施されていない特殊加工がありますので、デザインやパッケージで見分けがつかない際は、細かな箇所をチェックしてみてください。

 

 

レビトラのパッケージはロゴの部分が少し立体感のある仕上がりになっている他、点字で加工がされています。

 

 

本物は4錠で1シートになっており、錠剤にはバイエル社の名前が印字されており、裏側に「10mg」「20mg」といった容量が印字されています。

 

 

レビトラ100mgを見受けることがありますが、レビトラは5mg、10mg、そして20mgの3種類しか存在しないため、100mgは確実に偽物と言えます。

 

 

近年は偽物の技術も向上し、本物と見分けがつかない商品も出回っています。

 

 

本物に似ているから大丈夫、サイトがしっかりしているから安心、といった理由から安易に手を出さないよう気を付ける必要があることは言うまでもありませんね。

 

 

ジェネリック薬品について

3種類存在するED治療薬の中で、唯一バイアグラのみが国内での製造・販売が認められています。

 

 

1錠あたり1,500円程度するED治療薬は決して安いとは言えず、少しでも安くで購入出来ないか考える人がほとんどです。

 

 

そんな時に利用したいのがジェネリック品です。ジェネリック医薬品は、特許が切れた薬に限り、開発・販売が認められています。

 

 

特許の期間中はその技術を安易に使うことが禁じられているためジェネリック品を製造することが出来ません。

 

 

しかし2014年5月に特許が切れたことをきっかけにバイアグラのジェネリック品を製造することが出来るようになり、現在は多くの製薬会社がジェネリック品を製造し始めました。

 

 

現在はクリニックでもいくつかの種類のバイアグラジェネリック品が取り扱われています。新薬と比較するとジェネリック品は価格が抑えられているため、ED治療薬が購入しやすくなりました。

 

 

しかし、ED治療が自由診療扱いであることは変わりないため、各医療機関によって費用は異なります。

 

 

ジェネリックと言えども、基本的には正規品と同じ効果を得ることが期待出来ますが、バイアグラ正規品と同じ製造工程ではないため、効果には細かな部分で差が出ることが考えられます。

 

 

しかし正規品と比較しても、差がないことが有効性の試験で証明されたため、ほぼ同じ効果を期待出来るのです。

 

 

正規品のバイアグラは世界で最初のED治療薬として研究・開発をしたため、莫大な費用と時間を要したため、薬の料金も高く設定されています。

 

 

正規品と比較するとジェネリック品は価格が抑えられているため、利用者も増えています。

 

 

ジェネリックの価格が正規品よりも安い価格で設定出来るのは、正規品と同じ品質、同じ成分で開発・製造していくため全く新しい薬を生み出すよりも費用や時間を抑えることが出来るのです。

 

 

バイアグラの場合、正規品は1錠当たり1,500円程度ですが、ジェネリック品の場合1錠当たり1,000円程度まで抑えられています。

 

 

ただし、ED治療は自由診療扱いとなるため、1,000円より安い医療機関も有り得るのです。

 

 

日本国外で製造されたバイアグラジェネリック品も存在しており、日本のバイアグラジェネリック品よりも安く設定されていることもあります。

 

 

これらは個人輸入代行業者を介して購入出来ますが、厚生労働省が認めていない成分を使った薬である可能性も非常に高く、偽物である可能性もあるためリスクが伴います。

 

 

ジェネリック品が認められたバイアグラですが、レビトラにつきましては特許が切れていないため、国内での製造・販売が認められていないのです。

 

 

国内販売はまた認められていない

日本国内でのレビトラのジェネリック品が認められていないため、ジェネリック品が販売されている場合は、日本国外で製造・販売されたものです。

 

 

日本国外で製造・販売されているものは日本では認められていないため、国内での病院やクリニックといった全ての医療機関では処方されません。

 

 

レビトラのジェネリック品は正規品と同じ有効成分を配合していますが、製造している環境や製造方法、品質管理などは日本と異なるため安全性に欠けている可能性があります。

 

 

 

体調の変化に気を付ける

バイアグラと比較して即効性があり食事の影響も受けにくい、更に副作用も少ないとされるレビトラですが、副作用につきましてはゼロではありません。

 

 

目の充血や顔の火照りは服用したほとんどの方が体験すると言われており、これはレビトラに血管を広げる作用があることが理由として挙げられます。

 

 

その他にも、動悸や頭痛、鼻づまりといった症状も出ることもあります。副作用の多くは性交に支障のない範囲内とされていますが、頭痛が酷い場合は市販の頭痛薬を服用しても問題ありません。

 

 

副作用に対して恐怖感を抱きがちですが、レビトラの場合は、副作用は薬が効いてきたサインとして認識している方も多いようです。

 

 

このように軽度の副作用は問題ありませんが、消化不良を起こし気分が悪くなったケースや、光に敏感に反応してしまった結果いつもと違う色に見えるケース、筋肉痛や下痢といいた副作用も臨床試験で報告されました。

 

 

これらの副作用は服用してから4~6時間後に症状として現れ、新たな薬を服用しなくてもあとから治まるのであまり気にする必要はありません。

 

 

ただし、レビトラの効果が効いている間はめまいや視覚障害が副作用として発生した事例が臨床試験で報告されたため、車の運転は避けた方がいいでしょう。

 

 

めまいは1~10%未満の確率で発生し、視覚障害は1~0.1%未満の確率と決して高い確率ではありませんが、ゼロではないため運転は控えるようにしてくださいね。

 

 

薬の持続時間が切れても副作用が治まらない、気になる点がある際は我慢せずに、医師に相談するようにしましょう。

 

 

購入後の使用は自己責任

医師に処方をしてもらった場合は安心して服用出来ますが、通販で購入して服用した際は自己判断・自己責任となります。そのため、副作用が発生し専門医に相談に行く場合は全額自己負担となります。

 

 

偽物が多く出回っている通販で偽物を購入し服用してしまった際は、健康を害するリスクがあることを忘れてはいけませんね。

 

 

また、男性向けのED治療薬というイメージのあるレビトラですが、女性が服用した場合、男性同様血管を広げる効果があり、女性器の血流もよくなることが一部の臨床データで報告されつつあります。

 

 

しかしこれは心理学的な検証や医学的発表はありませんが、100人の女性にレビトラを服用してもらった結果、服用者の大部分に効果が現れ、女性器周辺が敏感になり、オーガズムに達しやすくなったと報告があったようです。

 

 

女性は男性と異なり、尿道海綿体や陰茎海綿体が存在しないため、「勃起」がありません。

 

 

レビトラに含まれる成分が血管を広げる効果があるため、女性にもその効果が得られることは考えられます。

 

 

効果を感じないケースがあるだけでなく、頭痛やほてり、鼻づまり、潮紅、彩視症、動悸といった副作用だけを被る可能性も否定できません。

 

 

女性でも効果を得るケースがあるようですが、医学的根拠がないため、説明が出来かねるのが現状です。

 

 

効果に個人差はあるものの、女性向けの薬ではないため、女性の服用は避けた方がいいでしょう。

 

 

レビトラは妊娠や胎児への影響がないとされているため、安心して服用することが出来ます。

 

 

妊娠を望み男性がレビトラを服用して無事に妊娠に至った場合、母体や胎児への影響を心配する方もいらっしゃるでしょう。

 

 

しかし、レビトラは不妊症の治療にさえ用いられているくらいなので、母体や胎児に悪影響を及ぼすことはありません。また、胎児の発達障害や染色体異常も心配ありません。

 

 

更に、レビトラは男性器の血管を広げることを目的とした薬であるため、奇形率や精子数が上がるといったことはありません。

 

 

医療化学は日々進化しており、不妊症で悩む方が体外受精や人工受精を選ぶケースもあります。

 

 

しかし、自然に子供を授かれる可能性がある限りはED治療薬で自然妊娠を臨む方が多いのも事実です。

 

 

通販によるレビトラの購入の際は、自己責任であることは上記でも紹介しておりますが、レビトラが服用出来ないケースもありますので紹介しましょう。

 

 

医師の診断や説明がないからこそ、ご自身でご自身の身を守る必要があります。下記に当てはまる方はレビトラを服用できません。

 

 

以前にレビトラを服用してアレルギー(過敏症)を発症したことがある場合。心血管系障害などが原因で専門医から性交を禁じられている場合。

 

 

抗不整脈薬を服用中の場合。 先天的にQT延長症候群(不整脈)がある場合。直近6ヶ月以内に脳出血や脳梗塞・心筋梗塞を患った場合。肝障害が重度の場合。

 

 

血液透析を必要とする腎障害がある場合。最大血圧が90mmHg以下の低血圧の場合。最大血圧が170mmHg以上又は最小血圧が100mmHg以上の高血圧の場合。不安定狭心症の場合。

 

 

抗真菌薬(内服)、抗ウイルス薬(HIV治療薬)を服用中の場合。進行性の夜盲(網膜色素変性症)の場合。この以外にも硝酸剤を服用している場合はレビトラを服用することが出来ません。

 

 

硝酸剤を服用中であるのにも関わらずレビトラを服用した場合、血圧が急激に下がり、最悪の場合命を落とすこともあるため、服用しないように気を付けてください。

 

 

硝酸剤は飲み薬以外にも吸入薬や注射、舌下錠、貼り薬、スプレーなどがあります。どのような形状であれ硝酸剤を服用中の場合は、レビトラの服用は避けるようにしてくださいね。

 

 

また、レビトラを服用する際は、併用禁忌薬を必ずチェックするようにしてください。レビトラと抗不整脈薬を併用して服用した場合、心臓の動きに異常が現れる可能性があります。

 

 

また、HIV治療薬とレビトラを併用して服用した場合は、レビトラの血中濃度が必要以上に上がってしまう可能性があります。

 

 

服用中の薬とレビトラの相性が合うのかどうか、必ず事前に確認しましょう。食事の影響を受けにくいレビトラですが、唯一気を付けて欲しい食材があります。

 

 

それは柑橘系であるグレープフルーツです。グレープフルーツには「フラノクマリン酸」と呼ばれる成分が含まれており、薬の血中濃度を上げる作用があります。

 

 

この成分は薬との相互作用があることで有名で、薬物代謝酵素を阻害してしまう働きがあるのです。

 

 

フラノクマリン酸は特に高血圧患者に用いられるカルシウム拮抗剤には大きな影響を与えてしまう成分です。

 

 

グレープフルーツ・又はグレープフルーツジュースを飲食した後にレビトラを服用すると通常よりも強い薬の効果が現れ、副作用が重度なものになるリスクがあります。服用の際は口にしないよう気を付けて下さい。

 

 

レビトラの通販は“個人輸入“になる

基本的にレビトラは医薬品であるため、医師に処方箋を出してもらうことが前提となっています。

 

 

しかし、海外で製造されたものに限り、個人輸入代行業者を介して購入することが出来ます。

 

 

言葉が不安なら代行サイトを利用しよう

個人輸入代行業者は、個人輸入に関わる全ての手続きを代行してくれるため、輸入続きに加え、言葉の壁、商品到着までのトラブル対応を任せることが出来ます。

 

 

レビトラを個人輸入する方が増えた近年は、手続きを代行業者に依頼しています。

 

 

税関などの手続きもすべて代行できる

税関の手続きや異国語のやり取り、トラブルや輸入手続きなどを引き受けてくれる代行業者ですが、注意点もあります。

 

 

個人輸入代行業者の中には、粗悪品や偽物を送りつける業者もあるため、業者選びも注意が必要です。

 

 

料金を支払ったのにも関わらず商品が届かないケースに限らず、連絡すら取れないケースもあるのです。

 

 

しっかりと販売元を見極め、正規のルートで入荷しているか、日本バイエル薬品の正規品を取り扱っているかを十二分に確認することをお勧めします。

 

 

また、連絡先がちゃんと繋がるかどうか、相手が特定できるかどうか、しっかりチェックしましょう。しかし個人輸入を利用するにはメリットもあります。

 

 

医師から処方箋を出してもらうには、病院に出向く必要があることに加え、デリケートな悩みを打ち明けること、処方箋を出してもらうまでに待たされること、知人がいないか不安になること、など手間や心配事が発生します。

 

 

個人輸入を利用すればそれらの手間や心配が不要となり、インターネットから24時間365日、いつでもレビトラを購入することが出来るのです。

 

 

レビトラ1錠20mgを処方箋で出してもらった際、1錠当たり2,000~2,200円程度の費用がかかります。

 

 

「あんしん通販薬局」のサイトを参考にすると、レビトラ1錠20mgはおよそ1,200~1,500円程度で販売されています。個人輸入代行業者から購入する方が明らかにお得ですよね。

 

 

個人輸入代行業者は海外で製造された正規品やジェネリック品を販売していることが殆どですが、中には偽物も多く販売されています。

 

 

「人気」「即効性がある」「リピート率90%以上」などと謳われていたとしても、そこには何の保証もありません。安心して購入出来るサイトから購入するように気を付けましょう。

 

 

まとめ

医学が進歩し続ける反面、インターネット社会も日々最新の情報で溢れかえっていますね。

 

 

医薬品までもがインターネットを介して購入することが出来る時代ですが、危険との隣り合わせであり、全てが自己責任となります。

 

 

本物と偽物を見極めるために多くの情報を知り、多くを見聞きする必要があります。賢く利用して後悔のない買い物を楽しんでください。

 

 

ED治療薬に関連する記事