公開日 17年11月12日

更新日 18年09月09日

Lトリプトファンの効果でペニスは勃つ!?おすすめサプリ大公開!

最近、ペニスに元気がねぇなと、泣き濡れて「我が息子」じっとを見つめる…

 

そんな切ない状態にお悩みの方も多いでしょう。

 

ペニスの元気の問題は意外と難しく、ただ「パワー不足」が起因しているワケではない場合も多いのです。その原因は、ヒトそれぞれだったりするのです。

 

とりわけ「自信喪失」の域にまで到達してしまうと、タチが悪いです。どんどん悪循環にハマっていき、状況は悪くなる一方…。

 

そんな精神状態を助ける効果のある「Lトリプトファン」なるものが、最近注目を浴びています。

 

一見ペニスとは無関係に思えるLトリプトファン…しかしコイツは、多くの勃起サプリにも配合されているのです。

 

Lトリプトファンとは「何者」なのか…そしてその効果は、一体どのようなモノなのでしょうか?

 

 

Lトリプトファンの「効果」

Thumb ltryptophan effect01

Lトリプトファン…覚えづらく、早口で喋ったら噛んでしまいそうな名前ですが、現在かなり脚光を浴びている「必須アミノ酸」の一種ですね。

 

こんな難しい名前をしているにも拘らず、意外と身近にLトリプトファンは存在しています。日常的に接している、馴染みのある食べ物の中にも「アタリマエ」に存在している物質なのですね。

 

牛乳から発見されたアミノ酸であるLトリプトファンは、ヒトのカラダに対して、さまざまな効果をもたらします。特に「精神面」を安定させる効果は特筆すべきで、それは「ペニスの悩み」とも密接なのです。

 

ペニスのトラブルの原因に関しては、「肉体面」と「精神面」の2側面があるのですが、男性器は「精神面」にかなり左右されてしまう存在です。いざという時に「勃起しない」のは、そのためです。

 

こうした状況に対して、Lトリプトファンは効果を発揮します。メンタルは「逆境をくぐり抜けた回数」などで判断されがちなのですが、こうした「物質」や「栄養素」に支えられている部分もあるのです。

 

Lトリプトファンは、天然由来の物質であります。

 

これから、Lトリプトファンの「正体」と、その効果について、もっと踏み込んでいきたいと思います。

 

精神が安定し「メンタル」が強くなる

Thumb ltryptophan effect02

Lトリプトファンは、体内で生成することができません。しかしそこら中にある数多くの「食材」の中に、当たり前に存在しています。なので、食事により摂取して、体内に摂り入れるコトになります。

 

そうして体内に取り込まれたLトリプトファンは、精神力の強さ・安定感に対して働きかける効果を持つ「セロトニン」という物質を産み出すベースとなるのです。

 

ちょっと視点を変えれば「Lトリプトファン」よりも「セロトニン」の効果のほうががスゴいんじゃねェのか?…と考えることも出来るでしょう。

 

しかしLトリプトファンは、そのセロトニンの「産みの親」でもあるワケです。

 

ここで、Lトリプトファンに加えて「セロトニン」という、新たな存在が出てきましたが、これは一体何者で、どんな効果をもたらすのでしょう?

 

多幸感の源「セロトニン」の産みの親

「セロトニン」は、ヒトの脳内を調整する効果を持っています。例えば、うつ病や抑うつ状態・パニック障害などの精神系の問題は、脳内のセロトニン不足が引き金となって起こる現象なのです。

 

セロトニンは、ドーパミン・ノルアドレナリンなどの過剰な活動をコントロールする効果を持っているのですが、セロトニンを安定供給させるためには、それを生成する大元であるLトリプトファンが必要なのです。

 

セロトニンが働いている箇所…セロトニンの「勤務先」とも言えるでしょうが、そこは「脳」なのです。ですがコイツは、Lトリプトファンという親玉無しでは「働かない」のです。

 

頭が冴えず、集中力を欠いて不注意になる、暴力的かつ攻撃的になってしまう…自分でも「アレッ?」と思ってしまう状態に陥ってしまった場合は、セロトニン不足が疑われます。

 

セロトニン不足の状態は、自身が揺らぎ不安を感じやすくなり、やがて情緒の不安定さに繋がり、やがて気力が湧かない状態になってしまいます。そうして「うつ病への扉」を開いてしまう危険性があるのですね。

 

そうなると、その「セロトニン」を増やせばイイんじゃないか…というハナシになってきますが…ならばそのセロトニンをどうやって増やすのでしょうか?

 

そこで、Lトリプトファンの「出番」がやって来ます。

 

セロトニンを正常に分泌させるべく「産みの親」であるLトリプトファンが暗躍するのです。

 

セロトニンを分泌させるには、Lトリプトファンのセロトニン生成効果に頼らざるを得ないのです。つまり、体内での「自動生成」ができない以上、食事によるLトリプトファンの「摂取」が重要になってくるのです。

 

こうした要素は、ペニス・性機能障害に関することでも、無縁ではありません。精神が整わない状況であれば、勃起などできないでしょう。

 

エロいことを考えただけで「勃ってしまう」状況は、なぜ起こるのか…。それはセロトニンの効果でもあり、Lトリプトファンの効果でもあるのです。

 

「イライラ感」を抑制する

人間の感情は「脳」から産まれてきます。それは「全身の健康」にも、多大な影響を及ぼすモノなのです。

 

だからこそ、ストレスに起因する病気が、後を絶たないのですね。

 

Lトリプトファン→セロトニンという図式は、そんな事象に幅広く働きかけ、効果を発揮します。

 

さまざまな病気の原因となってしまう「精神状態」を、Lトリプトファンを体内に供給させることで、体内のバランスを保つことができる効果が産まれるのです。

 

セロトニン不足が引き起こす代表例が「イライラ感」です。脳のコントロール力が不安定なため、引き起こされる現象です。これは、セロトニン不足の「典型例」でもありますね。

 

精神をコントロールするためには「セロトニン」が必要なのですが、それを産み出す「Lトリプトファン」の効果こそが先決であり、重要なのです。

 

この感情は、ペニスの勃起にも悪影響を及ぼします。そもそも「コーフン」と「イライラ」が両立できるのでしょうか?

 

コントロール力を失った脳は「デタラメな結論」を、身体にもたらします。脳がイライラを整理できていないので、身体への反応もメチャクチャなのです。

 

そうした状況下において、「Lトリプトファン効果」が重要になってくるのですね!

 

「うつ病」の改善につながる

精神の「コントロール」の側面で、Lトリプトファン→セロトニンという効果の図式は重要だと、繰り返し述べていますが、イライラや不安感を超えて、本格的に「うつ病」の領域に踏み込んでしまうケースもあるのです。

 

うつ状態を「精神がタルんでいるからだ!」と、昔の体育会系みたいに捉えてしまうのは簡単です。それならば、なぜ「精神科医」なるポジションが確立されているのでしょうか…?

 

そう考えれば、答えは明白です。

 

酒を呑み過ぎれば「肝臓」を痛め、食べ過ぎれば「胃」を痛めるのと同じコトが「脳」で起こっているからなのです。

 

うつ病は「過剰なストレス」に起因しています。言い換えれば、ストレスの「食べ過ぎ」なのです。そこで効果を発揮する物質が「Lトリプトファン」と言えるのでしょう。

 

最近は「呑み過ぎたら、シジミエキスのオルニチン効果」みたいな製品が多いですが、それと同様に「Lトリプトファン」という栄養素で、うつ病を解決できる可能性があるのです。

 

一口に「うつ病」と言っても、その原因は幅広いのです。

 

詳細を「精神面」から読み解くアプローチもありますが、Lトリプトファンという栄養素の効果により、うつ病の症状を大きく改善させる可能性もあるのです。

 

「カラダ」から、うつ病を捉え直したほうが、効果を発揮する場合もあるのです。「心理」と「肉体」は、分離して考えられない存在なのですね。

 

ニワトリが先か、タマゴが先か…

そんなハナシではなく「ベースメント」の問題である気がするのです。

 

「歓び」そして「栄養」…どちらが先か…ではないのです。

 

そして「栄養」の面からサポートする存在こそが、Lトリプトファンなのです。その効果を効率的に発揮できるのであれば、それはうつ病を改善する原動力となるでしょう。

 

心地よい「睡眠」につながる

睡眠のトラブルも、その多くが「脳」に起因しています。

過剰な「興奮状態」では眠れませんし、逆に「悩みが多すぎる」状態でもイケナイのです。

 

精神の興奮・落ち込み…どちらであっても「眠れない」状態を引き起こすのですが、それはLトリプトファンの不足によるモノかも知れません。

 

「眠る」ためには、まず「精神の安定」が重要なのです。精神の興奮・落ち込み…どちらであっても「眠れない」状態を引き起こすのです。

 

そのためにはセロトニンの効果が必要であり、それを生成させるLトリプトファンの効果も必要なのです。

 

Lトリプトファンとセロトニンは、切り離せない存在であり、Lトリプトファンの摂取が効果のカギを握っているのです。効果的な摂取が、カラダ全体のみならずペニスにも影響するのです。

 

身体の休息がしっかりと取れない場合、当然その影響はペニスにも及びます。Lトリプトファンの効果をちゃんと発揮させて、ペニスのチカラを引き出せればベストなのですが…。

 

ペニスの悩みを抱えているヒトは、それ以前に「全身」から考え直したほうが良いのかも知れません。

 

ペニスという「局所」の問題ではなく、Lトリプトファンとセロトニンの関係とその効果を含めた「全身」で捉えることが大切なのですね。

 

局部の先には「全体」があるのです。

 

こうした捉え方は、ペニスの悩みにフォーカスしたヒトが、とかく軽視しがちな事項なのです。ピンポイントで考えず、ワイドに考えれば、ペニス改善に向けた効果的な回答が見つかる可能性が高まるでしょう。

 

 

 

Lトリプトファンと「セロトニン」

Thumb medicine tablet hand

前述しているハナシではありますが、「セロトニン」には、ヒトの脳内を調整する効果があります。そしてそのセロトニン生成に不可欠な要素が「Lトリプトファン」なのです。

 

Lトリプトファンは、体内では生成されない物質で、食品の摂取などで供給するしかありません。

 

なので「食べ物」が重要になってきます。

 

Lトリプトファンとセロトニンの関係性

Lトリプトファンは、体内では生成されない物質ですが、日常的に接している「普通の」食材に、アタリマエに存在している物質です。

 

とにかく、食べることで摂取できる成分ですので、それを多量に含んだ食品を食べることが望ましいのです。

 

日常的な「メシ」へのスタンスは、人それぞれなので一概には言えませんが「無理して」食べるストレスよりも、「楽しんで」食べることも大切なのです。

 

ペニスの弱体化には「心理面」が大きく関わっています。

 

Lトリプトファン×セロトニンが「メラトニン」を産む

Lトリプトファンの摂取により、精神の安定に欠かせないセロトニンが生成されるのですが、更にそこからセロトニンが「メラトニン」という物質を生成します。

 

Lトリプトファン→セロトニン→メラトニン

このような流れがあるのです。Lトリプトファンには、間接的に「メラトニン」を産み出す効果があるとも言えるでしょう。

 

体内時計のリズムを整え、質の高い睡眠をもたらす効果があるため、多くの睡眠系サプリに、Lトリプトファンが配合されています。

 

一見、睡眠とペニスは関係がないように思われるでしょうが、実は密接な関係があります。ヒトは睡眠時に「成長ホルモン」を分泌します。この成長ホルモンには、ペニスの活発な活動を促進する効果があるのです。

 

その成長ホルモンの停滞は、勃起しにくくなる大きな要因でもあるのです。Lトリプトファンには、睡眠の質を高め、勃起しやすい体内環境を作る効果もあるのです。

 

また、メラトニンは夜・睡眠時に分泌され、光を浴びると分泌が止まる…という特性があります。常に分泌していれば良いわけではなく「分泌」と「分泌が止まる」のサイクルが重要なのです。

 

なので、日中にしっかりと「日光」を浴びることが、メラトニンの効果を上げると言われています。また「夜」に生成されるので、就寝前のスマホ閲覧などで「ブルーライト」を長時間浴びないようにしましょう。

 

Lトリプトファンと「男性機能」

Thumb ltryptophan effect03

Lトリプトファン不足が「勃起力」を低下させる!

人間の「気力」の源であるセロトニンを「産み出す」効果を持つLトリプトファンが不足すれば、当然ながら気力の低下を招いてしまいます。

 

勃起という現象も「気力」に支えられているのです。

 

気力を大きなカテゴリーとすれば、その中のサブカテゴリーに「やる気・落ち着き・感動・興奮」などが入ってきます。

 

勃起は「興奮」の部類に入るでしょう。少しだけ「感動」の要素も入るかも知れません。感動も興奮も「心の起伏」であり「刺激」です。Lトリプトファンが効果を発揮していれば、刺激に対して敏感であるのです。

 

Lトリプトファンがちゃんと効果を発揮していれば、脳が喜びを感じた結果「興奮」をもたらすのですが、不足状態では…そうした心の起伏がイマイチ起こらずに「鈍感」になってしまうのです。

 

Lトリプトファンの不足がセロトニンの不足を招き、それは気力の低下のみならず、カラダの「代謝」にまで影響を及ぼしてしまいます。その代謝の低下は、男性ホルモンの活動力にも影響するのです。

 

男性ホルモンは、オトコとしての「パワー」を支える効果を持っています。その活動力が低下すれば、当然「勃起力」もダウンします。

 

男性ホルモンが低調になっている上に、「針で刺されても気付かない」レベルの「鈍感な脳」であったらどうでしょう…そんな状態で、果たしてペニスが奮い立つのでしょうか?

 

勃起という現象は「体力」のみならず「気力」にも下支えされています。Lトリプトファンは「気力」を産み出す効果を持ち、「興奮」の原動力となるのです。

 

男の「老い」とLトリプトファン

Lトリプトファンは、ヒトの精神を安定させる効果があり、その面で重要な役割を担っています。Lトリプトファンが不足してしまうと、精神的に乱れやすくなり、感情のコントロール力が低下します。

 

こうした現象は、加齢とともに発症確率が上昇するのです。いわゆる「男性更年期障害」と呼ばれるモノです。これまで、更年期障害と言えば「女性の病気」というイメージでした。

 

ところが近年、男性の更年期障害の存在が叫ばれ、それを発症する男性が年々増えているのです。つまり、Lトリプトファンの不足は「歳をとる」ほど、精神と身体への影響がデカいのだと言えるでしょう。

 

ちょっとキツい言い方ですが、肉体の「老化」により、男性ホルモンの分泌力が低下し、不足気味になるのです。そうして男性更年期障害が引き起こされるというワケです。

 

Lトリプトファンの不足=男性更年期障害…とイコールで結ばれるワケではなく、その他の要因もあるのですが、肉体と精神の若さを保つ効果・役割を持つ要素の「低下」がもたらす症状なのです。

 

Lトリプトファンとセロトニンは、そうした「若さ」「安定した強さ」を支えるものの一つで、男性機能においてもそれらは欠かせないモノなのです。

 

男の逞しさや強さは、男性ホルモンの効果によるもの…というのは、多くの方がご存知かと思いますが、それを低下させる「引き金」の存在はあまり知られていません。その引き金の1つが、Lトリプトファンなのです。

 

多くの「ペニスに効く」サプリにも、Lトリプトファンが配合されており、勃起を助ける効果を持った要素の一つとして機能するのです。

 

LトリプトファンとLシトルリン

多くの「勃起サプリ」に、Lトリプトファンが配合されているのですが、最も多くのサプリに配合されている成分と言えるものが「シトルリン」です。

 

Lトリプトファンは、精神面をサポートする効果を持っているのですが、対してシトルリンは「肉体」に対して効果を発揮するのです。

 

ほとんどの勃起サプリに含まれる「必須要素」とも言えます。

シトルリンは、スイカから発見された成分で、その他メロン・キュウリなどのウリ科の植物に含まれている成分です。

 

シトルリンには「血管拡張効果」を持っています。男性機能への効果に絞って言えば、一酸化窒素(NO)の生成という、勃起するための「良い血流」を担う効果を持ったものです。

 

また、血流を促進させることで、ペニスの海綿体に栄養を運ぶ効果と、海綿体を増やしてペニスを増大させる「成長ホルモン」の生成に関わる効果も持ち合わせているのです。

 

Lトリプトファンとシトルリンに、直接的な「相乗効果」があるワケではないのですが、肉体面を改善させる効果は「シトルリン」精神面の改善効果は「Lトリプトファン」という役割分担のようなものでしょう。

 

血流が良くなればカラダも安定し、それが精神の安定に繋がるかも知れません。精神安定効果を担うLトリプトファンだけでなく、もう一つの側面から精神に働きかける「鬼に金棒」的な効果を狙う考えもあるのでしょう。

 

Lトリプトファンはセロトニンを生成し、そのセロトニンは「メラトニン」を発生させます。メラトニンには、安らかな睡眠を促す効果があるのです。

 

つまり、メラトニンの効果で睡眠の質が高まれば、成長ホルモンの分泌力も良くなるので、シトルリンの「海綿体を増大させる」効果はさらに高まる…という図式なのです。

 

Lトリプトファンとシトルリンの効果はそれぞれ違うのですが、どちらも勃起サプリの「重責を担う」要素なのです。

 

特に勃起サプリは「肉体面」の効果を持った成分が大多数なので、Lトリプトファンの存在は、とても「貴重」なのですね。

 

 

 

 Lトリプトファンを配合した「人気サプリ」

Lトリプトファンは、男性機能向けのみならず、さまざまなサプリメントに使われています。特に、睡眠を補助するサプリに多用されていますね。精神を落ち着かせる効果があるためです。

 

Lトリプトファンの効果は、かなり多くの症状を改善しているとも言えるでしょう。そして、男性機能の改善させる目的でも、Lトリプトファンは効果を発揮するのです。

 

なので、多くの「勃起サプリ」にもLトリプトファンが使われています。以下のサプリは、その中でもとりわけ人気が高いものです。

 

<ヴィトックスα>

「ヴィトックスα」は、多くの精力増強剤の比較サイトから、No.1に選ばれている、人気のあるサプリです。

  • シトルリン
  • Lトリプトファン
  • マカ
  • アルギニン
  • 亜鉛
  • ブラックジンジャー(クラチャイダム)
  • トンカットアリ

 

これら以外にも、100種類以上の成分を配合しています。

  • シトルリンの「血管拡張効果」
  • Lトリプトファンの「精神安定効果」
  • マカの「精力増強効果」
  • アルギニンの「男性パワー増強効果」
  • 亜鉛の「精子の生成効果」

これらの効果を、オールインワンで摂取できるスグレモノです。

 

シトルリンとアルギニンの「相乗効果」により血中アルギニンの濃度を高め、体内の血流パフォーマンスを大きく改善します。

 

ありとあらゆる成分から抽出された、多様な効果を持っている製品という意味では、ヴィトックスαは頭一つ抜きん出た存在ですね。

 

<ゼファルリン>

60種類の成分を配合した勃起サプリです。勃起力以上に「増大効果」にフォーカスしている性格を持っています。

 

平常時のペニスを大きくするための「細胞組織の再生」という考え方をベースとしており、特に、海綿体へ栄養を集め、成長ホルモンの分泌を促す効果を持った成分にフォーカスしています。

 

シトルリンの血管拡張効果と、Lトリプトファンの心身のリラックス効果を併せ持ち、その「相乗効果」により、心身の疲労回復を図ります。

 

 

Lトリプトファンの「摂取方法」

Thumb medicine bin2

Lトリプトファンは体内で常駐する物質ではありません。なので、食事から摂取しなければならず、Lトリプトファンを含んだ食材を食べなければ、枯渇してしまうのです。

 

Lトリプトファンは精神の安定を司る「セロトニン」を生成する効果を持っており、このセロトニンに満たされた脳は、ペニスの正常にコントロールする「司令塔」の役割を果たしているのです。

 

食事から摂取するしかない…それならば、どんな食材にLトリプトファンが含まれているのでしょうか?

 

 

 Lトリプトファンを含む「食材」

以下の食材に、Lトリプトファンが含まれています。

  • 大豆製品(納豆・豆腐・味噌・醤油・豆乳など)
  • 乳製品(牛乳・チーズ・ヨーグルトなど)
  • 豆類(アーモンド・ひまわりの種など)
  • タマゴ
  • 魚卵(すじこ・たらこなど)
  • カツオ
  • サンマ
  • 肉類(牛・豚・鶏肉)
  • ごま
  • アボカド
  • バナナ

特に魚卵系・ひまわりの種・カツオ・チーズなどは含有量が高いですね。タンパク質が豊富なに食材にLトリプトファンが多く含まれている傾向にあります。

 

しかし「肉類」のタンパク質は、血中を流れるLトリプトファンが脳へと到達しようとする動きを阻害してしまうことがあるのです。

 

ですので、魚類や豆類から摂取した方が、より高いLトリプトファンの効果が期待できると言われています。

 

男性機能の観点から言えば「ごま」は理想的な食材と言えるでしょう。Lトリプトファンのみならず、精子の生成力と精力のアップに欠かせない「亜鉛」を含んでいるため、ペニスへの効果が大きく期待できます。

 

Lトリプトファン×ビタミンB6×炭水化物で「高い効果」を得る

Thumb genom

ヒトの精神バランス安定、そしてペニスの安定にも高い効果を発揮する「セロトニン」。そのセロトニンの生成を促す栄養素は、3つあります。

  • Lトリプトファン
  • ビタミンB6
  • 炭水化物

 

いずれも「食べて」摂取するものです。しかも、日常的に手軽に摂取できる栄養素なのです。まずは、ビタミンB6を含んだ食材を見てみましょう。

  • 魚類(鮭・サンマ・カツオ・イワシ・マグロ・サバなど)
  • 豆類(大豆・ひよこ豆・レンズ豆など)
  • 精製されていない穀物類(玄米・胚芽入りパンなど)
  • バナナ
  • ニンニク
  • 生姜

 

前項で、Lトリプトファンを含む食材を挙げましたが、そこで挙がった食材がいくつか再登場してますね。「サンマ・カツオ・豆類・バナナ」ですね!

 

この4種の食材は、ビタミンB6とLトリプトファンを包括して摂取できますので、セロトニンの生成効果において、非常に「優秀」な食材だと言えるでしょう。

 

そしてもう一つ…炭水化物という、かなり「身近な」栄養素も、セロトニンを生成する効果を持っているのです。これは判りやすいでしょうが、一応以下に記しておきます。

  • 穀類
  • 芋類
  • 果物類

 

こうしてみると、Lトリプトファンのみならず、3つの成分全てを包括的に摂取できる食材が浮かび上がります…「バナナ」ですね。朝食などで使い勝手が良く、調理の手間もかからないので、手軽に摂取できるのです。

 

しかし、バナナは魚類や豆類・乳製品などに比べれば、Lトリプトファンの含有率に優れているワケではありません。そこでバナナと「牛乳」という組み合わせをオススメします。

 

「Lトリプトファン×ビタミンB6×炭水化物」のバランスは、ペニスの機能を支える上でも大切なのです。セロトニンの生成効果を持った物質を「日常生活」から考え直すのも、かなり重要なのですね。

 

安易に、薬やサプリのみで考えることだけでなく「日常」の見直しこそが、ペニスに対して大きな効果をもたらすのかも知れません。

 

何にせよ「基礎固め」こそが重要であり、その基礎に対する「上モノ」として、治療薬やサプリが存在するのですね。ペニスも問題解決にも、カラダの土台作りが重要だと言えるでしょう。

 

Lトリプトファンの「副作用」

Thumb whitemedicine

Lトリプトファンは、身近な食材にも含まれており、日常的に摂取できるのですが…その反面「過剰摂取」が、身体に及ぼす悪影響もあるのです。

では、その「悪影響・副作用」は、どういったモノでしょう?

 

 採り過ぎると「悪影響」が…

Thumb ltryptophan effect04

日常的に摂取できる食材にも含まれ、男性機能のみならず様々な効果を持っている「Lトリプトファン」ですが、その「過剰な摂取」には、少々注意が必要です。

 

特に「勃起サプリ」を飲んだ場合は、Lトリプトファンの成分が凝縮されているので、その上に「食事での摂取」が加わった結果、Lトリプトファンの「摂り過ぎ」になってしまう可能性もあるのです。

 

Lトリプトファンの過剰摂取は、肝硬変や肝機能障害などの「肝機能」に悪影響をもたらす恐れがあります。セロトニンの過剰な増加を引き起こしてしまうため、肝臓の持病のある方は注意が必要です。

 

1日当たりの摂取目安は、6000mg以下にすべきという報告もあるのです。Lトリプトファンの効果を、最大限に引き出したいのであれば、際限なく摂取すれば良いワケでもないのです。

 

また、抗うつ薬などを服用している場合、Lトリプトファンと抗うつ薬の「相性」の問題で、血圧・心拍数が不安定化する可能性もあります。

 

 怖すぎる実例「トリプトファン事件」

Lトリプトファンの有能さや効果の高さは、疑う余地がないモノです。しかし、かつて「トリプトファン事件」と呼ばれる、大きな事件がありました。

 

日本の「昭和電工」が、遺伝子組替えで人工的なLトリプトファンを含んだ健康食品を作り出しました。それにより、アメリカを中心とした世界中で、38人もの死者を出してしまったのです。

 

アメリカ・そして日本で、原因の究明を試みたものの、昭和電工が証拠を破棄してしまい、その真相は「闇」へと葬られてしまいました…。

 

決定的な証拠こそ特定できなかったもの、60種類にも及ぶ「不純物」が含まれていることが判明したのです。しかし、それを摂取しても健康被害を発症しなかった人もいたのです。

 

「不純物」の影響を受ける人とそうでない人の、個人差があったという見解が示されているのですが、それも「多分」のレベルであり「絶対」とは言い切れないのですね。

 

とかく私たちは、何気なく「薬」や「サプリメント」の効果に目を奪われ、それらと気軽に付き合ってしまいがちですが、その開発過程において、数多くの苦労と問題がある…そうした側面を示唆した事件だったのです。

 

しかしLトリプトファンは、皆が日常的に接している食材に含まれているものなので、決して毒ではありません。されどLトリプトファンに限らず、時折「過剰な」サプリも存在しているのも事実です。

 

 

 まとめ

Thumb l%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%97%e3%83%88%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%b3%e5%8a%b9%e6%9e%9c %e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88 05

ペニスの問題解決のみならず、Lトリプトファンは、その使用用途も効果も多様ですね。

そして勃起サプリの成分の中では、ちょっと異質な「不思議ちゃん」的な存在とも言えるでしょう。

 

セロトニンとメラトニンという物質を産み出し、心とカラダに「整合性」を与える…そしてペニスにも効果を発揮するとなると、Lトリプトファンは、なかなかの「スーパー」な存在と思えてきます。

 

勃起サプリやED治療薬など…とかくペニスの問題については「血流」のハナシが中心になりがちです。もちろん、それも重要なコトです。だから血流改善効果が主体の薬やサプリが主役として君臨しているのです。

 

カラダの問題に起因したペニス問題の改善には、とにかく改善効果のあるモノを「摂取する」ことで解決するものがほとんどです。

 

しかし「心因性」の問題となると、摂取による解決法は、そう多くはありませんでした。そこで、身近な栄養素ながら心因性の勃起トラブルを手軽に解決させる存在としてLトリプトファンの効果が注目されているのです。

 

ペニスのみならず、全身とココロにも波及的に効果をもたらすLトリプトファン…なかなか心強い存在ですね。

 

 

精力剤・サプリに関連する記事