公開日 18年01月24日

更新日 18年09月05日

もう悩まない!ペニスを増大させる3つの方法と費用について

男性にとって陰茎の長さ、太さに関しては個人差が大きく、どうしても性体験の頻度や体験によって、時には自信喪失したり、悩みを抱える人は昔から後を絶たないものです。

 

しかし、医学的にはキチンとペニスが勃起し、射精できれば精子が生成される健康な体であれば、生殖機能としては何の問題もないことが証明されています。

 

ペニス増大というのは、男性固有の悩みではありますが、その解決にはある程度のリスクが伴うものです。詳しいペニス増大の方法と費用について解説します。

 

 

ペニスを増大させる方法

Thumb whiteboard

先天性陰茎彎曲症とペロニー病などの、疾患が原因の勃起不全以外の場合は、通常は疲労や身体的な肥満やストレスなどから、勃起不全となる場合があります。

 

こうした通常起こり得る勃起不全に対しては、3つのアプローチが通常は行われることになります。

 

最も手軽なのが、サプリメントで、薬効や効能などの医学的は検査や臨床試験はありませんが、伝承、あるいは天然成分由来の栄養価に近いもので、体力増進や体質改善などを目的に、日常に取り入れて徐々に改善をはかるものです。

 

次に有効なのがED治療、いわゆる勃起不全治療で使われる、バイアグラなどの短期間、短時間で効き目のある、やや循環器系に負荷のかかる投薬を用いた方法でしょう。

 

それでも身体的に勃起が不完全なケースでは、陰茎プロステーシス移植手術などの外科手術を行う手段があります。

 

3つの手段に共通するのは、厚生労働省では健康保険適用外であり、サプリメント利用に比べて、他の2つは自由診療であり、薬の費用、手術費用も共に非常に高額であるという点です。

 

また手術は、手術経験や信頼できる医療機関を慎重に選ぶ必要があり、費用をかける分、リスクもそれなりに増大することを覚悟しなくてはいけません。

 

サプリメントを活用する

サプリメントとは、一般的には栄養補助食品であり。ビタミンやミネラルなど日々の食生活では不足する栄養を補助、補完する「食品」です。

 

従って、生薬や酵素、あるいは食材や動物から採取された栄養素を含み、その効能や効果は、そのメーカー独自の研究と検査結果に基づくものです。

 

従って厚生労働省、医療機関での臨床試験や検査をパスする必要がなく、確実に勃起不全やペニス増大に効き目があるわけではありません。

 

確実に言えるのは、長い間の服用で、体質やストレスの軽減、あるいは正常な健康を維持するための補助としての役割があり、その延長で勃起が改善することを目標としています。

 

しかし、その一方で「ペニス増大」を宣伝では過剰にうたって、インターネットや各種メディアでよく見られる場合があり、中には日本では食品の許認可では問題のある材料も、厚生労働省では注意喚起を行っています。

 

特に誤解を受けやすいのが、「特定保健用食品」と表示されたサプリメントで、これはからだの生理学的機能などに影響を与える「食品」を指し、健康増進法第26条第1項で定める一定基準で許可を得た、申告制のものにあたります。

 

その許可も、多くは可能性については効果はあるかもしれない、といった非常に曖昧なもので、効能、効果を医学的に証明して検査をしたという意味ではないのです。

 

あくまでも、健康増進に役立てて、いずれは長期の服用で勃起に関することは、健康体の上で改善が見られるかもしれない、そういった程度で捉えるのが望ましいでしょう。

 

る保健機能成分を含む食品

サプリメントのメリットは?

サプリメントは、通常の食生活では偏食や、生活習慣や生活リズムでどうしても不足する栄養素などを、濃縮して効率よく摂取することが目的となっています。

 

従って、こうしたサプリメントは効能ではなく「機能性」にだけ注目して作られています。この機能性は医学的な意味合いではありません。

 

ビタミンやミネラルなどの、身体機能に作用する栄養価が含まれているかどうかのことであり、原材料から取れるそれらの栄養価について、キチンと情報開示や含有量を示していなければなりません。

 

それが不足していた場合、ある特定のミネラルやビタミンだけが過剰摂取になるため、服用し続けて従来の食生活をしていた場合、身体機能にかえって悪影響をもたらす場合があります。

 

基本的に、サプリメントでは原材料の種類よりも、極めて重要なのがこうした成分の中にある栄養素の含有量でり、その表示が曖昧な製品に関しては、効能や機能性も不確定で有効性も安全性も確認できないということになるでしょう。

 

またサプリメントは、非常に手軽でインターネット、一般医療薬販売のドラックストアでも簡単に入手可能です。この手軽さが非常にサプリメントのメリットではあります。

 

しかしながら、製造者、販売者、輸入業者などに対しては、食品衛生法によって、正しい成分表示の開示が義務付けられているので、パッケージに記載が無くとも、そうした会社のホームページなどでは、成分や含有量の正確な開示が求められます。

 

こうした情報収集も、サプリメントはあくまでもそのメーカーの独自研究ですから、利用者は自分でそうした情報をインターネットや説明書、注意書きなどを適切にチェックしていく必要があります。

 

サプリメントに即効性はある?

根本的な事を言えば、「サプリメントに即効性があるものは非常に危険である」ということがいえます。

 

厚生労働省でも、医薬品や劇薬に近いもの、あるいは食品として安全性が確認できない材料や成分を含むサプリメントが、様々な健康被害を誘発するとして、ホームページで注意喚起、情報公開を行っています。

 

メーカーが過剰に効果を宣伝したり、あるいは効能を明記することは法律で禁じられていますから、こうした正確な情報がメーカーのホームページから得られない場合は、出来れば「即効性」という文言に関しては、疑いを持って利用を避けるのが賢明でしょう。

 

信頼できるサプリメントや健康食品についての情報は、国立健康・栄養研究所の『「健康食品」の安全性・有効性情報』といった公式のデーターベースが存在するので、詳しくはそこから検索して知り得る方法もあります。

 

あるいはサプリメントに使われる材料に含まれた栄養素については、個別に自分でインターネットなどを活用し、自分で調べて確かめるのが最善でしょう。

 

基本的には、サプリメントは通常の日常生活、食生活の中でどうしても不足する栄養価を、時間をかけて補助していく役割があります。

 

多くは即効性、効き目については、極めて曖昧であり、成分についても正しい情報開示が見られない場合、長い服用で健康被害が出る恐れもあります。

 

やはり、適度に利用し、具合が改善しない場合などは利用をむしろ止めたほうが良いでしょう。

↓1粒226円から始める!↓
 

マカエンペラー
徹底した品質管理で安心安全
1粒あたり→226円

公式サイトを見る

 

勃起治療薬を用いる

中高年男性を中心に話題を集めたファイザー社の「バイアグラ」が特に有名ですが、今ではこの他と合わせて、3つの製剤が勃起不全(Erectile Dysfunction:略ED)治療薬として有名になっています。

 

特徴は、厚生労働省の医薬品としての認可を受けており、日本国内でこうした医薬品を販売しても違法ではないところです。

 

また最近では、「新薬(先発医薬品)」の特許が切れたあとに販売される、新薬と同じ有効成分、同じ効き目の価格の安い、ジェネリック医薬品として国内で生産された製剤もよく出回っています。

 

特徴としては、血管を拡張し、それによって陰茎へ流れる血流量を増やし、陰茎の勃起改善を図るものです。

 

しかし陰茎だけでに作用するのではなく、全身の血流量を一時的に増大させるため、この医薬品は本来は、肺動脈性高血圧症の治療薬として研究、開発がされてきた経緯があります。

 

特にファイザー社の「バイアクラ」は、その研究途中で副作用が多く、患者服用にはリスクがあるので、開発途上で中止された製剤です。

 

しかし、その副作用に勃起改善効果が認められたので、米国では製剤の認可を与え、それが日本でも話題になって広まったものです。

 

以後、個人輸入業者が増大した中で、米国では心臓疾患のある患者がバイアグラを服用し、性行為中に心臓発作を引き起こし、これが問題となりました。

 

結果として、すでに日本国内では個人輸入業者によって、かなりの製剤が普及していたので、厚生労働省は急遽、健康被害を防ぐために米国ファイザー社一社限りの研究データーに限って、製剤としての許認可を与えました。

 

従って、国内の勃起不全治療薬は、ほぼ全てが国内での研究、臨床試験をパスしていません。全てファイザー社のデータを基準に、作られているといっても過言ではないでしょう。

 

このため、今では健康被害や副作用による死亡や、危険を回避するためには、専門の医療機関で必要な検査、問診を受けた後に、リスクを承知して処方薬として服用するのが一般的になっています。

 

確実な効果だが持続性はない

前述したように、バイアグラを筆頭に各種勃起不全治療薬は、国内の臨床試験を経ていないので、製剤の持つ本来の利用とは異なる副作用を利用した勃起改善治療薬です。

 

特にその効き目は、循環器系、血管や心臓に負担を強いるものですので、服用には性行為直前の30分から1時間前に飲んだ後、行為後も数時間程度で薬効を消すために、安静にしていることが望まれます。

 

また心臓病、特定循環器疾患を持つ患者では利用は制限され、また投薬も限られて、一度に複数を飲むことは出来ません。

 

通常、4時間から5時間ほど効き目は継続しますが、その間薬の副作用にさらされるので、それなりにリスクのともなった治療薬ということがいえます。

 

またバイアグラ同様、レビドラ(バルデナフィル塩酸)、シアリス(タダラフィル)などに関しても、作用は循環器系に関わる効き目であり、副作用の無いものはありません。

 

タダラフィルも、肺動脈性肺高血圧症、前立腺肥大の排尿障害の治療薬の開発における副作用を利用したED治療薬であり、効果の持続性に期待する以上に、長時間の副作用を継続させること自体が、非常にハイリスクとなります。

 

持続性を得られる製剤ではなく、あくまでも一時的に勃起不全を薬効によって回復させる製剤ですので、1日の投薬回数も制限されますし、用量は厳守し、体の不調が出てきた場合は速やかに使用を止めて、医師の診断を仰ぐことになります。

↓1粒226円から始める!↓
 

マカエンペラー
徹底した品質管理で安心安全
1粒あたり→226円

公式サイトを見る

 

状態によっては手術も有効

サプリメントでの体質改善、及び通常のED治療改善のための勃起不全治療薬では効果はあまり見られない場合などは、現在は3つの物理的な施術方法があります。

 

一つは補助器具を使って、強制的に陰茎に血液を送り込む方法を持ちることで、国内では「VCD式カンキ」といった、陰茎に被せて手動式ポンプで被せた内部の空気を吸い出し、真空にすることで陰茎を増大させる方法です。

 

その他に、医療行為として正規の医療機関で行われる陰茎プロステーシスなどの埋め込み手術、民間医療機関で行われるアンドロゲン補充療法、陰茎の海綿体に直接血管作動薬を注射し、陰茎の血管だけを一時的に拡張する方法などがあります。

 

この中で、比較的長期にわたって勃起改善が見込まれる手術法は、陰茎プロステーシス手術のみで、一度手術を行った場合には、後戻りが出来ません。

 

厚生労働省の承認を受けた手術の中では、最も効果も継続性も非常に高いものになります。国際的なED治療では、投薬で効果がない場合、陰茎海綿体自己注射であるICI治療、次にこの陰茎プロステーシス手術を行うことが通例とされています。

 

様々な手術方法がある

「VCD式カンキ」をつかった陰圧式勃起補助具は、効果は確実に物理的に血流が陰茎に集まるために、比較的安全で効果も高い外科手術を必要としない補助器具を使った方法です。性交前に陰茎にポンプの空気を抜いた陰圧を利用するため、性行為直前での使用に限り、効果は極めて短時間といった特徴があります。

 

次に陰茎海綿体自己注射とは、医療機関や自身で陰茎に、塩酸イソクスプリンや塩酸パパベリン、にプロスタグランディンE1などの血管作動薬を陰茎海綿体に直接注射する治療法で、ICI治療法と呼ばれるものです。

 

効果は薬剤を直接陰茎に注射するので、効果は即効性がありますが持続時間が非常に短く、治療後はすぐに帰宅するか、性交を行うために近くの宿泊施設にパートナーを待機してもらう必要があります。

 

ペニス増大にかかる費用

Thumb kodomo

一般的には、通常の市販薬同様、ドラックストアやインターネット通販で購入できるサプリメントの場合は、製品次第ではありますが、1ヶ月の費用は他の治療薬や手術に比べれば費用は安く、継続的に利用して体質改善で勃起に関する症状が改善していけば、トータルでは費用は安いです。

 

慢性的な疲労、あるいはストレス改善を栄養学から注目するなら、その方法が継続性はあると言えます。

 

次にED治療で使われる、バイアグラを筆頭とした薬剤を使ったペニス増大というか、勃起の改善では、即効性があります。

 

継続性においては副作用を伴うため、費用対効果としては短期間、持続性に於いては投薬を継続して単発な服用を続ける必要があるため、結果として費用は総額でかなりの費用になるはずです。

 

それに比べれば、1回の手術では相当の高額費用がかかる陰茎プロステーシス手術の場合は、確かに効果も持続性も高いです。

 

その意味では総じて費用対効果で1回の高額な手術費用でも、年齢がまだ若ければトータルな費用は割安かもしれません。

 

サプリメントの場合

具体的な製品名は避けますが、通常のサプリメントでは平均的に1ヶ月費用が1万円以内ならば、それなりに必要な栄養価、あるいはミネラル、ビタミン類、あるいはその副産物などでは、徐々に効果があるなら2年程度の使用で、20万円前後の出費となるはずです。

 

ただし、サプリメントは多くが即効性が薄く、効果も「なんとなく」といった曖昧なものなので、出費に見合うだけの効果を得られるかどうかは非常に不明と言わざるを得ません。

 

ただし、効果を感じなければいつでも使用を気軽に止めることも出来ますし、全体としてはリスクの低いペニス増大の出費になるでしょう。

 

治療薬を使う場合

ファイザー社製のバイアグラを例に取ると、診療機関ごとに価格は上下しますが、概ね1錠で1,000円から1,300円くらいが相場です。

 

つまり性行為1回ごとにこの出費がかかる計算で、これに診療費を含めると、やはり3万円以上、場合によっては4万近くかかる場合もあります。

 

この辺りは、ペニス増大とか勃起不全解消のための治療の多くは、健康保険適用外の自由診療ですので、病院やクリニックで費用の差は様々です。

 

年間で考えた場合、性行為の回数分だけ費用は高額になっていくので、トータルでは費用対効果では費用の方が圧倒的に高くなることは予想できます。

 

手術の場合

厚生労働省認可の陰圧式勃起補助具の場合は、日本国内では1社のみが提供していますが、現在の価格は3万円です。

 

しかしながら前述したように、効果は極めて短時間しか継続しないデメリットがあります。次に、陰茎海綿体自己注射の場合は、非常に提供するクリニックにではバラツキが多いです。

 

自分で行う場合は費用は性行為1回分が4,000円、医療機関で注射を行う場合では、1回で1万2,000円前後から1万円などがあります。

 

これも効果はある代わりにかなり持続時間は短時間であり、注射後すぐに性行為に及ぶ必要が出てきます。

 

最後の物理的な手術である、陰茎プロステーシス手術の場合は、厚生労働省承認の医療機関で行いますが、これも健康保険適用外です。

 

これは陰茎にプロステーシスという勃起補助器具を手術で埋め込み、勃起を持続させる方法で、機器の材料、外科施術費用の他、検査費用を合わせて総額60万前後の費用となり、かなり高額です。

 

しかしながら、この手術の条件は、ED治療の投薬やその他の手段で効果が無かった場合の最終手段であり、いきなりこの後戻りできない手術を行う事はできません。

 

従って、中高年では不妊に悩む家庭などのケースを除いて、加齢で自然と性欲が減衰する事を考えると、手術に関しては、熟考が必要なるはずです。

 

費用をできるだけ安く抑えるには

Thumb kensouwohanareru

単に「ペニス増大」だけを考えるなら、そもそも陰茎の大きさは初めから個人差があるので、要は勃起時にその形状を出来るだけ長くする努力を行う考えに基づくことになります。

 

その中で、仕事や家庭環境などのストレスや疲労で、どうしても近々に妊娠などの事を考慮していた場合は、サプリメントよりも、より勃起の可能性の高いED治療の方が、効果もある程度あります。

 

またすでに流通量と利用者の数からしても、健康体で持病が無ければ良い選択となり、費用もトータルでは安くつくことになります。

 

手術はとてもではありませんが、一般的ではありませんし、そもそも勃起継続のみに注力した手術なので、一度手術し、後から取り除くことは出来ないのです。

 

そういった意味では、勃起不全などの症状は中高年に多いので、結果として性行為の回数からしても、性欲との関係でハイリスクになることは考えられます。

 

サプリの値段より効果を重視する

サプリメントの「効果」といっても、医学的臨床試験が必要ないサプリメントは、あくまでもそのメーカーの独自研究であり、医学的にキチンと厚生労働省がその効能を保証するものではないのです。

 

その為「機能性」という用語が使われます。これは、そのサプリメントの原材料ではなく、あくまでもその栄養価における身体が必要とする栄養素やそれに関係する成分のことなので、効果に過剰な期待などは、そもそも出来ないのが普通です。

 

サプリメントは、「健康補助食品」という、あくまでも食品でしか無いことは頭に入れておくべきでしょう。

 

安くても効果がなければ意味なし!

やはりサプリメントはその典型ですが、成分表で明らかでないものには、機能的にも効果は裏付けがないと言えます。

 

例えば製剤でも、材料ではなく、原材料から採取した成分のごく一部の効果を研究し、それを飲みやすい形に製剤にしているわけで、世の中全ての製剤には、基剤と呼べる化学物質が単一か複数組み合わさっています。

 

安いサプリメントは、それだけ研究や開発を省略し、従来の機能性食品と同等かそれに近いもので、食品の補助的なものです。

 

従って、効果云々でなはく、サプリメントは常に「成分」で判断するのが賢明ということになります。

 

治療薬は通販よりも病院で

ED治療薬がまさにそうですが、こうしたペニス増大や勃起改善を薬剤で治療というのは、現在は医学的に健康保険適用外ですから、全て自由診療です。

 

そのためにリスクも多く、その意味では厚生労働省承認の有無は、患者が正確な情報や受診を受ける上では、一つの条件となります。

 

医薬品として、処方薬であれば当然で、効能を明記する薬剤は、原則然るべきクリニックや病院でその薬剤を入手するのが妥当だと思わなければなりません。

 

まとめ

Thumb yuuyaketozyosei

以上で、ペニス増大に関する情報、または方法について、費用、効果について解説しました。巷にはこうした性行為に関する伝承や、あるいは効能をうたう製品が氾濫しています。

 

またED治療一つとっても、多くは二次情報以下の、何か他のサイトの転用、あるいは医学的根拠の乏しい文献もインターネットには多いものです。

 

インターネットの普及で情報は多くなったものの、より正確な情報は階層深く、なかなか普通の人には拾えなくなってきています。

 

またペニスの大きさと性行為との関連性は、そもそも医学的には問題はほとんど起こりません。

 

その内容の殆どは、好奇的な人の見かけや見栄の末に、それに便乗した製品やサービスも巷には多いのです。正しい情報を得ることで、男性性器については、正しい理解をしていただきたいですね。

↓1粒226円から始める!↓
 

マカエンペラー
徹底した品質管理で安心安全
1粒あたり→226円

公式サイトを見る

増大に関連する記事