公開日 18年04月26日

更新日 18年09月05日

亀頭増大手術でコンプレックスを解消!?手術の特徴と費用相場

男性のシンボルであるペニスや形や長さ、硬さなど、あらゆる点で完璧を狙っている人がほとんどでしょう。

 

しかし実際には何かしらの悩みを抱えている人が多く、とくに亀頭サイズはコンプレックスにもなります。

 

亀頭増大手術により男性の自信を取り戻す人が増えていますが、手術はどのような方法で行うのか、またリスクや費用面などあらかじめ把握しておきたいポイントがいくつかあります。

 

そこでここでは、亀頭増大手術に興味がある方に向けた、手術に関する基礎知識をお伝えしましょう。

 

亀頭増大手術ってどんな手術?

Thumb otokokowai

人には言えない悩みといえば、男性の場合はペニスに関するものが一番多いのではないでしょうか。

 

とくに亀頭部分はパートナーを喜ばせるためにも大切で、形や大きさによってはコンプレックスになります。

 

そんな方たちの悩み改善として行われているのが亀頭増大手術で、体の悩みから早く解放され人生が180度変わったという人もいるようです。

 

では亀頭増大手術とはどのようなことをするのか基礎的な内容をお伝えしますので、ペニスの悩み改善としてぜひ参考にしてください。

 

亀頭部のカリ部分を増大させる

Thumb energydrink

男性が抱えるペニスの悩みでもとても多いのが亀頭部分で、ペニスが先細りになってしまう、カリが小さいという方が大勢います。

 

亀頭増大手術はこのカリ部分に薬剤を注入して大きくさせる方法で、勃起していない状態でもペニスの形が良くなるメリットがあります。

 

カリ部分は見た目の問題だけでなく、性行為の場合パートナーに与える喜びが少ないことも男性が自信を無くす要因になりますので、亀頭増大手術は決して自分だけでの問題ではないのです。

亀頭増大手術なんて一体どんな人が受けるの?と不思議に思う方は多いでしょうが、実際には手術で自信を回復している男性は多くいます。

 

病院やクリニックで施術を受けた人たちの理由としては、温泉に入るのは抵抗がある、若いころよりも亀頭部分が細くなった、セックスで満足できないといった悩みがあるようです。

 

カリ部分を大きくすると亀頭部分のハリがアップし、見た目だけでなく硬さも改善され全体的にボリュームがあるペニスに改善できます。

 

特別なライフスタイルを送る男性だけでなく、普通のサラリーマンや既婚者の中高年などあらゆる人が亀頭増大手術を受けて悩み改善をしていますよ。

 

亀頭部分を大きくするには自分でできる方法も色々ありますが、手術は即効性がある点が何よりも魅力といえるでしょう。

 

陰茎全体のボリュームを出す

Thumb nihontou

亀頭増大手術では先端のカリ部分だけでなく陰茎そのものをボリュームアップする手術もありますので、自分の悩みに合わせた方法を選ぶことが大切です。

 

カリ部分に薬剤を注入する方法は皮膚の切開が必要ありませんが、陰茎増大させる手術には亀頭に被っている皮を切除する方法など、切る手術方法も存在します。

 

陰茎が細いと全体的なボリュームが少なく、太くて強そうなイメージにするには亀頭だけでなく陰茎増大も効果的です。

 

根元からカリのすぐ下までの部分が大きくなると性行為時もパートナーの満足がアップしますので、お互いにとってメリットが多い手術です。

 

また陰茎部分の引きこみが強い人はペニスが埋もれて短く見えてしまうことがありますので、長茎手術と呼ばれる方法で陰茎の長さを数センチ延長すること可能です。

 

陰茎全体のボリュームを出す方法はカリ部分と同様に薬剤を注入する切らない方法もありますし、どの部分を大きくするかピンポイントで自然な増強ができます。

 

色々な施術方法があり効果もそれぞれ異なりますので、自分の悩み解決に最適な手術方法を選ぶことが重要ですね。

 

またペニスの手術は男性ならとても不安を感じるもので、安心して施術を受けられる病院探しも手術を受ける前に考えないといけません。

 

どんな病院で手術すればいい?

Thumb 9parcent

亀頭増大手術をしたいけど、どの病院でやってくれるのか手当たり次第に人に聞くのは恥ずかしいですよね。

 

そこで気になる亀頭増大手術の相談や施術を行ってくれる医療はどこに行くべきなのか、早速説明していきましょう。

 

まず専門的に扱っているのは包茎治療専門のクリニックで、他には泌尿器科でも亀頭増大手術は可能ですが、一般病院だとペニスの疾患を治療するだけで美容的な施術は行わない可能性もあります。

 

テレビのCMで有名な美容整形クリニックも男性器に関する手術を行うので、知名度が高いので安心される方も多いでしょう。

 

亀頭増大手術を受ける人の数はとても多くあらゆる医療機関で相談に応じていますので、わからない時はかかりつけの担当医にアドバイスしてもらうのも方法のひとつですね。

 

安心できる病院の選び方 

ペニスの手術は失敗したら大変なことなので、まずは安全面を考え信頼できる病院で施術を受けることが必要です。

 

有名な包茎専門クリニックをはじめ。担当医との相性やクリニック内の清潔度、またスタッフの応対や費用面が明瞭に提示されるかなど、最初のカウンセリングで細かくチェックをしてください。

 

最近は悪質なクリニックも増えていますので、高額な費用を払ったのに全く増大効果が実感できなかったというケースもあります。

 

クリニックや医療機関のホームページを確認をして、どのような手術方法があるのか、また患者さんの口コミや評価なども参考にするとよいでしょう。

 

実績や症例が多い医師のほうが安心して施術を任せられますので、知名度の高い医療機関なら安心です。

 

手術の流れについて

気になったクリニックにメールや電話で連絡をしてカウンセリングと診察を受け、手術の詳細が決まり次第正式に申し込みと支払いを行います。

 

当日は手術の内容によって30~1時間ほど時間の差はありますが、日帰りでできる手術が人気でシャワーも当日から可能な場合もあります。

 

痛みは麻酔が切れた時にちょっと辛いという方が多いようですが、アフターケアは医師の指示通りに行い性行為は術後1週間ぐらいで可能になります。

 

簡単な薬剤注入方法は施術時間が5~10分程度と、とても気軽に亀頭増大手術が受けられる点が魅力といえるでしょう。

 

早くて効果あり!ヒアルロン酸注入とは

Thumb yumiya

亀頭増大手術の定番ともいえる方法のヒアルロン酸注入は施術時間も早く、行っているクリニックや病院が多いことが特徴です。

 

どのような効果があるのかこれから亀頭増大手術を検討している方に知っておいていただきたい、人気のヒアルロン酸注入について詳しくご説明しましょう。

 

ヒアルロン酸のはたらき

Thumb canon

ヒアルロン酸というのは女性スキンケア商品などにもよく含まれている美肌成分としてお馴染みですが、肌には良さそうだけど亀頭増大にどんなメリットを与えるのかわからない人は多いでしょう。

 

そもそもヒアルロン酸は人間の体に存在するムコ多糖類という成分のひとつで、水分を保持する働きを持っています。

 

ヒアルロン酸が保水できる量は1gで6リットルともいわれるように、肌の水分補給としてとても優秀であることが分かります。

 

ヒアルロン酸をカリ部分に1cc~5ccほど注入すると亀頭がボリュームアップし、もともと体内に存在する物質なので安全である点も魅力です。

 

注入したヒアルロン酸は半年~1年ほどで体内に吸収され、亀頭増大手術で使用されるほかのアクアミドなどの物質と比較すると柔軟であることも人気の理由です。

 

亀頭増大手術でヒアルロン酸を注入するメリットとしては、ペニスの先細りを改善し全体のバランスをよくすること、また亀頭に刺激が届きにくくなるた早漏を改善するメリットもあります。

 

ペニスの手術は痛みや安全性が一番気になるところですが、ヒアルロン酸はアレルギーも少なくメスを使わず注入するだけの施術は、傷跡が残るリスクも低くなります。

 

ではヒアルロン酸を注入するとどれぐらい亀頭が増大するのか気になりますが、具体的に何センチという効果は個人差があるので正確なサイズは難しいといえるでしょう。

 

注入した量により比例して亀頭が大きくなりますので、注入量の相場である3cc前後のヒアルロン酸だと1㎝の立方体のゼリーを亀頭の周辺につけたようなイメージとなります。

 

デザインしながら注入可能

Thumb liskkaisyain

亀頭増大手術でヒアルロン酸注入するのは気軽に施術ができ即効性がある点が魅力ですが、それだけでなく注入の方法によってデザインしながらペニス全体のバランスを整えることができます。

 

ヒアルロン酸はペニス全体の増大ではなくカリ部分をターゲットにサイズアップする施術なので、性行為の際にパートナーが気が付きやすい変化が得られます。

 

腕のよい医師なら注入部分を考慮しながらうまく亀頭の形を整え希望のデザインも可能なため、美容的な効果も得られるでしょう。

 

施術はペニスの陰茎部分に麻酔をしてヒアルロン酸を注入していきますが、時間は長くても30分程度と気軽にできる施術で他の亀頭増大方法と比較しても即効性があります。

 

ただしヒアルロン酸は体内に吸収されると亀頭部分の硬さや弾力が失われてしまい、効果がなくなってしまう点がデメリットになります。

 

永続的な亀頭増大を希望する場合には時間をかけてトレーニングしたり本格的な外科的な手術を受けるのも方法といえるでしょう。

 

今すぐに自信を回復したいという方には、ヒアルロン酸は手軽にできる亀頭増大手術としてオススメです。

 

 

気になる費用はいくら?

Thumb okane

亀頭増大手術は人気のヒアルロン酸注入をはじめ、色々な種類や使用する成分がありますので施術費用はばらつきがあります。

 

メスを使う手術は注入するだけの施術と比較すると費用は高くなり、さらに同じ施術でもクリニックによって費用が異なります。

 

亀頭増大手術は安い場合は3万円から、高くなると本格的な切開をするオペで30万円ほど費用がかかる場合もあります。

 

ヒアルロン酸注入の場合は、一例をあげますと大手の美容整形クリニックで注射1本の値段が10万円、包茎治療を専門に行う形成外科クリニックではヒアルロン酸の種類によって費用が異なり、吸収タイプは1ccで6万円から。

 

持続するタイプは1ccで8万円~など、どのような効果や持続期間を希望するかによって費用は異なります。

 

ペニスを大きくしたい悩みを抱えている方は、皆さんどの部分をどのように大きくするのか、または硬さを出すのか、長くするのかなど希望が異なります。

 

ペニスに関する手術は種類が大変多く、どのよう目的があるのか明確にしておかないと、クリニック選びも大変になってしまうでしょう。

 

また施術費用がほかの医療機関と比べて安いところも存在していますので、安全性も十分に考慮して費用相場をバランスよく考えると安心です。

 

亀頭増大の手術は保険が適用されませんので高額になる傾向がありますが、手術をして自信回復できるならぜひやってみたいと考える男性は多いはずです。

 

自分でできる方法を続けるか、それとも確実に効果が実感できる病院での手術を受けるか慎重に判断してあらゆる手段を検討してみましょう。

 

手術のデメリット

Thumb keisatukan

亀頭増大の手術はボリュームアップして自信回復するだけでなく、手術を受ける前には必ずデメリットについても理解が必要です。

 

亀頭はペニスのなかでもとてもデリケートで刺激を感じやすい部分ですから、施術を受けるのが怖いと感じる人もいます。

 

結果だけに飛びつかず手術にはどのようなリスクが伴うのか、副作用について詳しくご説明しましょう。

 

亀頭増大後の生活

Thumb writing

亀頭増大手術を受けた後の生活はどれぐらいで普通に戻れるのか気になるところですが、何か月も回復にかかるようでは困りますよね。

 

まずは人気のヒアルロン酸注入の場合の術後についてですが、注射をした部位は小さな傷が残りますので、手術直後はわずかな腫れを伴う場合があります。

 

傷口から雑菌が入らないように性行為は術後1週間は控える必要があり、腫れが長引く際はクリニックで相談したほうがよいでしょう。

 

シャワーは手術当日から可能ですが亀頭部分を濡らさないようにすること、翌日からは普通にシャワー浴びても大丈夫で入浴は術後4日目以降から可能になります。

 

飲酒ですがアルコールは血管の収縮を活発にしますので、飲酒をする場合は術後最低でも4日間は控えたほうが安心です。

 

仕事は重労働の場合はできれば1週間ほど控えたほうがよいとされていますが、車の運転だけに関しては制限はありませんので術後自分で車に乗って家に帰る人も少なくありません。

 

ヒアルロン酸注入以外の手術では切開した場合は抜糸してから入浴が可能になり、性行為は3週間ほど控えるなどぞれぞれの手術内容によって違いますので、必ず医師の指示に従ってください。

 

副作用

Thumb taionkeitokusuri

副作用のなかでも最も多いといわれるのが内出血で、注射した跡が赤くなってしまう場合がありますがすべての人に生じるものではなく、施術をした人の半分もしくはそれ以下のリスクです。

 

内出血は注射針が細い血管に刺さり起こりますが、赤くなった部分は術後1週間ほどで自然に消えてしまいます。

 

また医師の指示に従わず亀頭部分に刺激を与えたりサウナに入る、長時間の運動をした場合などは傷口から菌が侵入して化膿する場合もあるので注意しましょう。

 

亀頭増大手術で多く行われるヒアルロン酸注入の場合ですが、体に起こる副作用だけでなく費用面が問題になることもあります。

1本数万円する注射を何本も打っても効果は半年から1年ほどで消えてしまうのですから、安全性を考えてリスクを負いながら高額な施術をするべきかどうか判断してください。

 

メリットとデメリットを理解したうえで、亀頭増大手術を受ける際は信頼できるクリニックや医療機関で相談することが最初のステップになります。

 

 

自分で亀頭増大させる方法

Thumb kinchou

ペニスのサイズにコンプレックスを抱いているけど、病院で手術するのは抵抗があるという方には自分でコツコツと続ける対策方法があります。

 

ヒアルロン酸注入のようにその日から効果が実感できる方法ではありませんが、あきらめずにセルフケアを続ければ効果が期待できるでしょう。 

 

サプリメント

Thumb vitox a

サプリメントを習慣的に摂取している人は近年とても増えていますので、あらゆる種類が市場に氾濫し目的に合わせて活用することが利用者に求められています。

 

ペニスの悩みを持っている人には血行改善や海綿体細胞の成長をサポートするサプリメントがありますので、継続して摂取していけば結果的にペニス全体をボリュームアップできる可能性があります。

 

日本国内ではペニスに関するサプリメントはなんと200種類以上も販売されているといわれていますので、なかには質の悪い商品もあることを覚えておかないといけません。

 

期待する効果がないだけでなく健康被害を受ける場合もありますので、サプリメントを使う場合は配合成分や安全性などを慎重に比較したうえで購入してください。

 

サプリメントの費用相場は数か月続けた場合で2万~3万円となりますので、手術を受けるよりはコストが安くなりますが、効果が必ず実感できるかどうかはサプリメント次第といえるでしょう。

 

トレーニング

Thumb sportsingym

ペニスは亀頭部分や陰茎の長さなど全体的なバランスが整いはじめて満足できるもので、とくに勃起した状態は性行為に与える影響が多いですよね。

 

勃起は血液がペニスに流れ込み硬さや長さが出る仕組みになっていますので、このメカニズムを使いトレーニングでペニスを大きくすることが可能です。

 

その方法のひとつの引っ張るトレーニングは、ペニスを上下や左右に引っ張りマッサージ感覚で血流を改善し筋肉を活発にする目的があります。

 

またエクササイズでおなじみのスクワットも太ももの裏側の筋肉を強化しますので、ペニスにも密接な関係があり勃起時に持続力をつける効果が期待できます。

 

スクワットは大殿筋や大殿二頭筋などを鍛える働きがあり、性行為を長く持続させる体力アップにもメリットになり、さらに筋肉量が増加すると男性ホルモンも活発になり性欲が高まるようになります。

 

ミルキング

Thumb yukionsen

牛の乳絞りのイメージでペニスをマッサージするミルキングですが、やり方は勃起している状態で小指から人差し指を使い、乳しぼりをするように順番に指で圧迫させて陰茎に刺激を与えます。

 

ミルキングはペニスの毛細血管、海綿体、筋肉を刺激して強化する働きがありますが、デメリットとしてはすぐに効果が実感できないこと、また汚れた手でミルキングすると尿道からばい菌が侵入して炎症を起こす可能性があります。

 

かゆみや赤みを伴う時は無理に続けず泌尿器科で診察を受け、症状が悪化しないように早めに対処にしてください。

 

ミルキングに似た方法で最近話題になっているのがクランピングと呼ばれる方法で、専用器具や手を使い勃起したペニスの根元を数分間抑えて、血液を亀頭部分や海綿体に流すというメカニズムになっています。

 

市販の道具がなくても手でぎゅっと血管を押さえつければ、クランピングの感覚が実感できるのでぜひトライしてみましょう。

 

食生活

Thumb tamago

食生活が乱れていると健康状態が悪くなるだけでなく、男性にとってはペニスにもデメリットになってしまうので普段から注意が必要です。

 

とくに亜鉛は男性の性機能障害にも影響を与えるほど大切な栄養素で、勃起不全の改善や精子形成のサポート、また薄毛の改善にも効果があります。

 

代表的な食べ物にはカキ、煮干し、豚レバー、卵黄などが有名で、食生活から不足しがちな場合はサプリメントで摂取するのもよいでしょう。

 

他にも勃起力を高めるアルギニン、抗酸化作用の高いビタミンEなど、ペニスをボリュームアップするには血行改善、筋肉力アップ、性欲の増加などあらゆる角度から栄養補給でアプローチすることが効果的です、

 

高脂肪の食べ物、インスタント食品、炭酸飲料などは勃起力を減退させる働きがありますので、メリットになるものを増やしデメリットになる食べ物はできるだけ避けてください。

 

バランスよく健康を意識した食生活は男性の体の働きを活性化しますので、好き嫌いなくあらゆる食べ物を摂取することが大切ですね。

 

 

オススメの病院で相談しよう

Thumb siroiboushi

亀頭増大手術は実績のある専門医師に施術してもらうことが一番大切なポイントですが、どこがいいのか選ぶのはとても大変です。

 

そこでこれから手術を考えている方にオススメしたい専門クリニックをご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

 

ABCクリニック

全国展開しているクリニックで亀頭増大手術はわずか10分でできるヒアルロン酸注入を、独自の方法で自然に理想的な亀頭を形成できることが魅力になっています。

 

亀頭増大するとカリ部分に包皮が引っかかるため、包茎再発の予防にもメリットになり場合によっては包茎を改善できる可能性もあります。

 

ヒアルロン酸注入は入院の必要がなくケアもほとんどなしでとても簡単、クリニックは手術内容の説明や明確な費用を提示するなど患者さんの不安を軽減し、経験豊富なカウンセラーが最適なアドバイスをしてくれます。

 

こちらのクリニックは手術後の感染症への対策に大変こだわり、手術室のクリーンエアー空調システムなど最大限に安心できる環境で施術を行います。

 

エーツー美容外科

Thumb e tu biyougeka

男性の悩みを解決するなら専門のエーツー美容外科がオススメで、こちらはスタッフが全員男性なので悩み改善を患者さんの立場になって的確にアドバイスしてくれます。

 

亀頭のカリ部分に薬剤を注入するたった10分程度の施術は比較的手軽にできると大変人気で、シリコンボールと合わせて手術を受ける人も増えています。

 

無料カウンセリング、完全予約制で個室完備、治療費用も明確でしかも安価で経済的な負担も少なく施術が受けられます。

 

ペニスの手術は痛みが心配という声が多いなか、こちらでは痛くない3段階麻酔を使用しアフターケアも無料なのであらゆる面で安心できることが魅力ですね。

 

相談は匿名でもOkなのでまずは気軽に問い合わせをして、ほかのクリニックと比較してみましょう。

 

東京スカイクリニック

Thumb skyclinic

業界最高水準の専門形成外科ドクターが施術を行う、完全にハンドメイドな手術が話題になっている東京スカイクリニックは、日本全国に診療所を展開し匿名無料メール相談も行っています。

 

土日も診療をしていますので仕事でなかなか時間が取れない人にも便利で、費用の支払いは現金以外にクレジットカード、医療分割にも対応しています。

 

亀頭増大手術はマイクロサージェリーを使用し、吸収タイプから半永久定着タイプまで希望に合わせて選べる点が魅力で、実績のあるドクターにより亀頭のデザイン力がこちらのクリニックの最大の魅力ともいえるでしょう。

 

セット施術やシニア割引などの特別優待もありますので、自分の予算に合わせてどのような施術ができるか無料カウンセリングで早速相談してください。

 

まとめ

Thumb notebook

ペニスのなかでも一番目立つ亀頭部分は男性が悩むところでもあり、自分でサイズアップする方法ではなかなかうまくいかず困っている人は多いでしょう。

 

そんなときに簡単で気軽にできるヒアルロン酸の注入亀頭増大手術は魅力的なコンプレックス改善策として、ぜひ判断の基準にしてください。

 

亀頭増大手術はメリットとデメリットがありますので、どのような目的で行うのか明確にしたうえで満足できるクリニック選びをしましょう。

 

男性としての自信回復は手術で改善できますし、時間をかけてコツコツ続けたい場合には食生活やトレーニングなどの方法もありますので、できることからまず初めてくださいね。

ヴィトックスαエキストラエディションの画像出典:
http://aucfan.com/search2/
スカイクリニックの画像出典:
https://byoinnavi.jp/clinic/71590

クリニックに関連する記事