公開日 17年11月12日

更新日 18年12月01日

【完全版】勃起薬3種類とそれらの効果を徹底比較検証!

勃起薬は購入したことがありますか?おそらく購入したことがないと思います。今回は勃起薬についてはもちろんの事、そもそも勃起はどうしてなるのかについてなど勃起に関する情報を網羅された記事となっています。

 

「最近、なんだか夜の営みに全く自信がない、なぜか勃起しなくなってきた...」。このような男性が増えてきているようです。男性は女性と違いSEXするための欠かせない条件があります。 それは「きちんと勃起すること!」です!

 

では早速記事を見ていきましょう。

 

勃起が出来なくて悩んでいる人は多い

Thumb bussinessmans

「最近、なんだか夜の営みに全く自信がない、なぜか勃起しなくなってきた...」。このような男性が増えてきているようです。男性は女性と違いSEXするための欠かせない条件があります。

 

それは「きちんと勃起すること!」です。たとえ性欲があっても、勃起出来ないと女性の膣に挿入出来ません。物理的に行為そのものが不可能、という状況に陥ってしまいます。

 

こうなってしまうと非常に苦しい状態が続きます。自分の性的満足が得られない、これだけでも十分辛いことです。しかし、それ以上にきついのは、パートナーを満足させてあげられないこと。

 

夫婦の場合、赤ちゃんを授かるうえで障害となってしまう事ももちろんあります。夜の生活のずれが原因で夫婦関係を悪化させてしまう可能性だってあります。

 

恋人探しをしている方も、SEXに自信がなければ女性に対し積極的にアプローチ出来なくなってしまうのではないでしょうか。

 

「勃起障害」「勃起不全」は、そういった意味で様々な面で不安を生じさせる機能障害だといえます。そこで多くの方の頭に思い浮かぶのが「勃起薬」だと思います。ここでは勃起薬について参考になるような情報を提供していきたいと思います。

 

 

勃起薬とED治療薬は同じ!?

Thumb medicine tabletbig

「勃起薬」という言葉の他にも「ED治療薬」という言葉を聞いたことがある人もいるでしょう。そもそも「勃起薬」と「ED治療薬」は同じなのでしょうか?まずはその点から解説していきます。

 

「勃起薬」と「ED治療薬」は全く同じと捉えて問題ありません。「勃起障害」はもっと簡単に「ED」と表現されることもあります。一般的には、こちらの「ED」という言葉の方が馴染みがあるかもしれません。

 

「ED」は正式な英語で「Electile Dysfunction」と言います。「Electile」が「勃起」を意味し、「Dysfunction」が「機能障害」を表します。これらの頭文字を取って「ED」と表現します。

 

「ED治療薬」とは勃起障害であるEDを治療する薬のことを言います。ここでは「勃起薬」という言葉を使って説明していきますが、「ED治療薬」と置き換えて読んでいって頂いても結構です。

 

 

勃起薬には3種類ある

Thumb fitness medicine

勃起薬と聞いてまず思い浮かぶのは「バイアグラ」だと思います。バイアグラは世界初の勃起薬であり、過去にはマスコミでも大きく取り上がられたこともあります。それゆえ知名度は圧倒的で、EDではない方でも男性ならば誰でも知っているほどです。

 

しかし、勃起薬はバイアグラだけではなく、全部で3種類あります。バイアグラのあとに発売された「レビトラ」。そして、最も新しく発売だれ、売り上げもいまやNo1の「シアリス」があります。

 

バイアグラには後発品、いわゆる「ジェネリック医薬品」もありますが、薬剤の有効成分はどちらも同じですので、これらはまとめて1種類と考えます。そういうわけで、現在の勃起薬は「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」の3種類になります。

 

それぞれ有効性や安全性、使い方など異なる点が多々あるので、それらについては後ほど詳しくみていくことにします。まずは勃起薬の発売の歴史に触れてみようと思います。

 

 

勃起薬の発売の歴史

Thumb genom

勃起薬については大方お分かりいただけたかと思います。ここでは、勃起薬の発売の歴史を見ていきましょう。世界初の勃起薬から最新の勃起薬を見ていきましょう。歴史を理解することで知名度だけで決めるのではなく、実際に効果的なのはどれなのかを自分が判断出来るようにしていきましょう。

バイアグラが世界初の勃起薬

先ほども述べましたが、世界で初めて開発され発売されたのが、最も有名な「バイアグラ」です。バイアグラは1998年に米国の製薬会社であるファイザーが開発いたしました。そして翌年の1999年にEDの医療用治療薬として日本で初めて認可、発売されました。

 

バイアグラの一般名は「シルデナフィル」といい、元々の研究・開発の目的は狭心症の治療にありました。ところが驚くべきことに研究の途中段階で勃起を促す効果が認められました。

 

この効果を発見した経緯というのが大変面白いのです。臨床試験において被験者に使用した試薬の返却を求めた際、被験者は返却をなぜか拒否したそうです。研究者が患者にこのことを問い詰めたところ、「勃起出来るのが嬉しくて返したくなかった」と言ってきたらしいのです。

 

このことが勃起薬の開発につながりました。そもそも新薬の開発は何万分の1というほとんど奇跡に近い確率で生まれるものだったりします。そして、こういった偶然の産物で出来ることも決して珍しくはありません。

 

いずれにしましても、こうして世界で初めての勃起薬「バイアグラ」が誕生したのです。

 

バイアグラに続いた「レビトラ」

次に開発された勃起薬が「レビトラ」になります。レビトラはバイエルヘルスケア社というドイツの製薬会社によって開発されました。2003年にアメリカで発売が開始され、日本で認可を受けたのは翌年の2004年になります。

 

日本国内では二番目の勃起薬として発売されました。ではこのレビトラはバイアグラとどういった点が異なるのでしょうか。注目すべき違いは主に二つあります。それは「食事の影響」と「即効性」です。

 

バイアグラより食事の影響を受けにくく、かつ、バイアグラよりも効果発現時間が短いのが特徴です。この点については「レビトラの特徴」のところで詳しく説明いたします。

 

最も新しい勃起薬が「シアリス」

そして3番目に発売された最も新しい勃起薬、それが「シアリス」です。シアリスはアメリカのイーライリリー社によって開発され、日本では2007年9月に発売されました。シアリスは現在ある勃起薬3剤の中で「最も新しい勃起薬」になります。

 

また世界で最も売れているのも、このシアリスになります。つまり、「最も新しく最も売れている勃起薬」と言うことが出来ます。シアリスが最も売れている理由や、他の2剤との相違点についてはまた後で詳しく見ていきます。

 

ではこれらの勃起薬はどのようにして作用するのでしょうか。次に勃起薬の作用機序についてみていくことにします。

 

 

勃起薬はなぜ勃起を促すのか

Thumb happy

効果はありそうというのはなんとなくお分かりいただけたかと思います。そもそも勃起薬はどういう仕組みで勃起を施すのか気になりますよね。「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」の三つの薬理作用は一緒なので、仕組みを理解していきどれが効果的に働くのかを比較していきましょう。

勃起薬3剤の薬理作用は同じ

「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」はどれも同じ薬理作用によって勃起可能な状態に改善します。この3剤それぞれの一般名を見ていくとよくわかります。バイアグラは「シルデナフィル」、レビトラは「バルデナフィル」、シアリスは「タダラフィル」が一般名となります。

 

全て「~フィル」となっていますね。薬剤の一般名には、薬理作用が示されていることが多いのが特徴です。一般名に共通点がありますので、「薬理作用が似ている」ということが示唆されているわけです。

 

実際、この3つの勃起薬は「PDE5阻害薬」と呼ばれ、基本的な薬理作用はほとんど同じです。ここで、簡単に「なぜ勃起不全が起きるのか」について、メカニズムを説明します。

 

そもそも勃起というのは「物理的」になぜ起こるのかご存知でしょうか?「物理的」な側面で説明すると「ペニスに血液が集中する」ために、陰茎が大きく固くなります。

 

では、ペニスに血液が集中する理由は一体どうなのでしょうか。それは性的興奮が起きるとペニスの血管が拡張するように働く物質が増えるからです。陰茎の血管を拡げる物質を「cGMP」といい、日本語にすると「環状グアノシン―リン酸」と言います。

 

「cGMP」の働きの結果、血管が拡張し、勃起を促し、SEXが出来るようになります。しかしSEXが終わり、性的興奮が収まっているにも関わらず、ずっと勃起したままだと困ってしまうことになります。

 

ですから、事が済んだあとは血管を収縮させる物質が出ます。この「血管を縮める物質」を「PDE5」といい、日本語にすると「ホスホジエステラーゼ5番」と呼ばれます。つまり、血管を拡げる物質(cGMP)の量と、血管を縮める物質(PDE5)の量のバランスによってペニスが勃起したり、萎えたりしているのです。

 

勃起不全患者は健常者と比較して、血管を拡げる物質(cGMP)の量が不足していると言われています。そうであれば、血管を縮める物質(PDE5)の量が減るように働きかければ、結果として血管を拡げる機能が戻ってくる、ということなのです。

 

ですから「PDE5阻害薬」である勃起薬は、血管を収縮させる機能を一時的に衰えさせます。そして「結果的に勃起機能を改善させる」という働きがあるのです。基本的に勃起薬3剤は全てこの薬理作用を基盤としているのです。

 

一番有名な勃起薬「バイアグラ」の特徴

 

Thumb vgr pfyzer

出典

バイアグラが他の2剤と比較した際に圧倒的に異なる点があります。大人の男性でバイアグラを知らない人はほとんどいないと思います。それはバイアグラが「世界で初めての勃起薬」であったことも大きく影響しています。

 

さらにバイアグラは勃起薬として非常に多くの人に使われた実績があります。圧倒的な「知名度」と「使用実績」。これが他の2剤と決定的に異なる点といえます。ですが、実際の効果の面などで他の2剤との違いはないのでしょうか。

 

バイアグラの効果の特徴は?

バイアグラの効果の特徴でよく言われるのは「固さ」です。「勃起力」や「勃起の力強さ」という言い方でもいいかもしれません。この「勃起力」「勃起の力強さ」「固さ」というのは中々数値化することが難しいです。

 

「即効性」や「効果の持続時間」であれば、具体的に数値化できますから違いがわかりやすいとは思います。しかし明確に数値化出来ないものの、レビトラやシアリスが登場してからも「やっぱり自分はバイアグラじゃないとしっくりこない」という方が結構多いです。

 

それは、この「力強さ」が関係しているケースが多いと考えられています。

 

バイアグラの注意点

一方で、バイアグラは他の2剤と比べ、気になるデメリットもあります。それは「食事の影響を受けやすい」という点です。シアリスはほとんど食事の影響を受けません。また、レビトラも全くないとはいえませんが、食事の影響をそこまで大きく受けません。

 

しかし、このバイアグラは食事の影響をもろに受けてしまいます。食後すぐに服用してしまった場合、効果が極端に出にくくなります。バイアグラは空腹時に服用しなければならない薬なのです。

 

ですので「食事前に服用する」、もしくは「食後は少なくとも1時間経過してから服用」するようにしましょう。できるだけ脂っこい食事は避け、満腹にならないように食事量を控えめにすることをおすすめします。

 

SEXする前に女性と二人で食事をする、というのはSEXまでの過程としてはよくあるパターンかもしれません。ですから、「バイアグラは食後すぐには服用しないこと」、これには特に注意が必要です。

 

 

 

勃起薬レビトラの特徴について

 

Thumb levitra0721

出典

バイアグラの特徴は大方お分かりいただけたかと思います。バイアグラの次に有名なレビトラの特徴を見ていきましょう。結論から申し上げますとレビトラの最大の特徴は「即効性」です。勃起薬それぞれに特徴があるので、自分の用途に合った勃起薬を選んでいきましょう。

レビトラの効果の特徴は?

レビトラの効果の最大の特徴は「即効性」です。通常、バイアグラは効果が出るまでに30~60分かかります。一方レビトラはなんと「15~30分」で効果が出るといわれています。

 

これは相当早いと思いませんか?これだけ即効性が高いと「予想していないケース」の時にとても助かります。例えば気になっている女性と思いがけずホテルに行ける展開になったとします。

 

効果が出るまで時間がかかる薬の場合、急いで服用してもちゃんと効果が表れるか不安になるかと思います。その不安感が原因で余計勃起しにくくなってしまう、なんていうことはよくあります。

 

しかし、このレビトラの即効性があればそんな不安も軽減されます。ホテルに入ったら先に女性にシャワーを浴びてもらうよう促せばいいのです。女性がシャワーを浴びている間、レビトラを服用しましょう。

 

そして自分がシャワーを浴びて、少し会話でも入れれば、まず効果発現時間に突入します。

このような展開を想定すれば、このレビトラの即効性の有用性がよく分かるかと思います。

 

レビトラの注意点

バイアグラはとにかく食事の影響を受けやすく、出来るだけ空腹時、食事後は1時間以降に服用することが望ましいことはすでに述べた通りです。レビトラは食事の影響をそこまで受けません。

 

但し、全く影響がないわけではありません。バイアグラほど影響を受けないというだけで、満腹になった直後に服用する、というのは避けた方がよいでしょう。具体的にはレビトラは食後30分以降に服用することが好ましいと思われます。

 

 

シアリスは最も新しい勃起薬

Thumb cialis0721

出典

シアリスはバイアグラなどと比較すると歴史が浅いので知名度は低く知らない人が多いと思います。しかし、歴史が浅いからと言って品質に問題があるのではないかと疑ってしまうかもしれませんが、結論から申し上げますとシアリスの最大の特徴である効果継続時間は他の勃起薬と比べると非常に長いです。

シアリスの効果の特徴は?

シアリスの効果面における最大の特徴は「効果継続時間が非常に長いこと」になります。

バイアグラの効果継続時間は3~5時間といわれております。レビトラの効果継続時間はバイアグラのおよそ倍の5~10時間。

 

一方、シアリスの効果継続時間は実に30~36時間にもなります。 もちろん、個人差は多少ありますが、シアリスは他の2剤と比べ「群を抜いて効果継続時間が長い」という点が最大の特徴です。

 

効果の持続時間が長いだけで何か得をするの?と思うかもしれません。しかし、服用者にとっては様々な大きなメリットをもたらすといえます。効果持続時間が36時間にもなると、例えば金曜日の夜にシアリスを飲んだとしても、日曜日の昼間まで効果が持続することになります。

 

たった1回の服用で、金曜日の夜、土曜日の夜を「安心感を持って」楽しめる時間を提供してくれるのは、このシアリスだけなのです。バイアグラのように効果時間が約4時間だとします。

 

そうすると、「4時間以内になんとしてもSEXに持ち込んで終わらせなければ」と時間的な焦りが出てきてしまいます。それは一番大切なSEXの最中の焦燥感にもつながってしまうのです。

 

またレビトラのように効果持続時間が約8時間あれば、服薬当日の夜には良いかもしれません。しかし、翌日の朝にSEXをする場合などは「まだいけるのか?」と不安になってしまいます。

 

シアリスであれば、その辺の不安が全くないので、時間的な焦りが無い状態でデートを楽しめる訳です。

 

シアリスの注意点

シアリスは効果持続時間が長い分、「即効性」という意味ではレビトラの15分~30分には及びません。その点には注意が必要です。効果発現時間はバイアグラと大体同程度で、30分~60分になります。

 

ただバイアグラは効果持続時間が短いので、「いつ服用するか」に気を使いますが、シアリスであればデートのかなり前から服用しても全く問題にはなりません。それと食事の影響についても、このシアリスはとても安心感があります。

 

すでに述べた通り、バイアグラは食事の影響を受けやすく、食後すぐに服用すると効果が減弱されます。レビトラもバイアグラよりは食事の影響が少ないものの、できるだけ空腹時に服用した方が良い薬剤です。

 

しかし、シアリスはほとんど食事の影響を受けません。ですから美味しい食事も安心して楽しめます。もちろん食べ過ぎの状態で、その直後であれば効果減弱のリスクが生じてしまいます。

 

たとえシアリスでもお腹一杯の状態からの服用は出来るだけ控えましょう。バイアグラ、レビトラと比較し、食事の影響をあまり受けないのは大きなメリットといえます。

 

シアリスは安全性が高い

「効果時間が非常に長い」、ということは「効果面」だけではなく「安全性」という面においても関係があります。効果時間が短いバイアグラやレビトラは「短時間で身体に作用している」とも言えます。

 

一方、効果時間が極めて長いシアリスは「時間をかけてゆっくりと身体に作用している」ともいえるわけです。それゆえ、シアリスは身体への負担が軽く、副作用の頻度も低いといわれています。

 

シアリスの副作用として「頭痛」「ほてり」「消化不良」などがあげられますが、これらはバイアグラやレビトラにもみられます。しかしながら、シアリスのこれらの副作用の頻度は勃起薬の中でも少ないと言われています。

 

初めて勃起薬を服用するときは、効果と同時に安全性も非常に気になるポイントではないでしょうか。勃起薬が初めての患者さんの多くは「バイアグラが処方される」と思っているようです。

 

しかし、3種類の勃起薬があることを知り、効果や安全性の違いを知った後は「まずはシアリスを試してみたい」と思う方も結構いるようです。どの勃起薬もメリット・デメリットがあるので、それぞれの特徴を理解しながら、医師と相談して処方してもらうようにしましょう。

 

勃起薬の実際の費用は?

Thumb money

勃起薬の効果など安全面などは把握でき実際に購入したくなった方が多いかもしれません。そもそも勃起薬の価格はどう決まるのか?という疑問から価格の相場はいくらなのかという疑問を解決していきましょう。

勃起薬の価格はどうやって決まるのか

そもそも勃起薬の価格はどこでどうやって決まるのでしょうか?勃起薬は医療用医薬品になりますので、個人が気軽にドラッグストア等で購入しようと思っても出来ません。病院やクリニックに足を運び、医師から処方してもらう必要が出てきます。

 

通常ですと「医療用医薬品」の場合、国が定めた「薬価」により統一されています。例えば、皆さんが解熱剤や痛み止めとして医療用医薬品の「ロキソニン」を病院で処方されたことはないでしょうか。

 

具体的にロキソニン錠60㎎でみてみると、「1錠あたり15.90円」と薬価が決められています。どれだけ大きい病院であろうと、近所の小さなクリニックであろうと、「1錠につき15.90円」として処方されるのです。

 

ところが、これが勃起薬だと事情が異なってきます。勃起不全に対する治療は「自由診療」というカテゴリーになります。つまり通常の健康保険がきかないのです。本来、医療用医薬品は3割が自己負担、残りの7割は国が負担することになっています。

 

ところが自由診療になりますと全額自己負担になります。そして勃起薬には「統一された薬価」というものがありません。勃起薬を製造した「製薬会社の希望価格」があるにはあります。

 

しかし勃起薬は処方する医師が自由に決めることが出来るのです。そのため病院やクリニックによって勃起薬の価格が異なります。保険がきかず全額自己負担ですから、これは結構大きなポイントになると思います。

 

実際の勃起薬の相場は?

では実際の勃起薬の相場はいくらぐらいなのでしょうか。それぞれの勃起薬のおおよその相場は以下の通りです。(全て1錠の価格です)

 

【テーブル1】

 

どれも1錠1000円を超えますから、通常の薬剤と比べると高く感じるかもしれません。上記の価格はあくまで「相場」です。さきほども述べましたが、ED治療は自由診療のカテゴリーになりますから、価格は医師が決めることが出来ます。

 

ですから事前に調査できるようであれば、訪問しようとしているクリニック、もしくは病院の勃起薬の価格をきちんと考慮して選択しましょう。

 

 

 

勃起薬を手に入れる方法

Thumb lamp

では「実際に勃起薬を試してみたい!」という方は、どうすれば勃起薬を手に入れることが出来るのでしょうか?結論から申し上げますとネット購入は避けてください。ではなぜネット購入を避けるのかを見ていきましょう。

 

ネット購入は避ける

今はなんでもネットで手に入る時代です。勃起薬を紹介、販売しているサイトもたくさん存在します。しかし、まず言えることは「勃起薬はネットで購入しない!」ということです。

 

勃起薬を個人で手に入れようとすると偽物を掴まされるリスクがあります。偽物の場合、効果が全くないだけでなく、身体に異変が生じる可能性すらあります。そもそも勃起薬は「医療用医薬品」なのですから、病院もしくはお近くのクリニックに足を運び処方してもらいましょう。

 

これが一番安全、安心です。ただクリニックや病院に足を運ぶとして、一体何科に訪問すればよいのでしょうか。

 

勃起薬を処方してくれる科は?

勃起薬を手に入れるためにED専門のクリニックに行かなければならないのでしょうか?

当然、ED専門のクリニックに行けばきちんと相談にものってくれますし、勃起薬を処方してもらえます。

 

近くにそのような専門クリニックがあれば、そちらをオススメします。近くに専門のクリニックが無い場合は「泌尿器科」もしくは「内科」にいけば問題なく処方してもらえると思います。

 

お近くのクリニックに事前に電話で問い合わせれば効率的ですし、確実だと思います。

 

 

まとめ

Thumb notebook

以上、勃起薬についてみてきました。勃起不全に陥ったら落ち込むのも仕方がありません。

しかし諦める必要はありません。バイアグラはもちろん、レビトラやシアリスといったそれぞれ特徴の異なる勃起薬があります。

 

一概にどの勃起薬がオススメ、とは言えませんが、自分に合った勃起薬を選びましょう。そして、もし合わないようであれば無理せず、クリニックに訪問し医師に相談しましょう。

 

自分にあった勃起薬をうまく活用し、夜の生活を再び楽しめるように色々と検討してみてください。

ED治療薬に関連する記事