公開日 18年05月20日

更新日 18年09月07日

勃起状態を維持させる驚きの方法!?自信回復までのステップ!

勃起の維持は個人差がありますが、プライベートなことで周囲に聞くことは抵抗になり、もしかたら自分は勃起に問題があるのでは不安になることもあるでしょう。

 

パートナーが満足していない状態だと自分の勃起の維持時間がかなり気になる点で、どうすればもっと長持ちできるのか知りたくなりますよね。

 

そこで早速ですが、男性の多くの方が不安に感じる勃起の維持に関することについて、改善するための原因と対策方法についてご紹介しましょう。

 

 

勃起が維持しない原因とは?

Thumb atamagaitai

勃起が維持できないのは男性が不安になるペニスの問題のひとつですが、疲れているからと簡単に言い訳はできないことも色々あります。

 

そもそも勃起はとても簡単に起こる体の反応のように見えますが、そのカラクリはとても複雑で正常に勃起しない理由は色々存在します。

 

陰茎には左右に陰茎海綿体がありその下には1本の尿道海綿体が存在し、勃起に関する働きを持つ大切なものが陰茎海綿体の部分となります。

 

海綿体は細い血管が集まったスポンジにようなもので、白膜と呼ばれる分厚い膜で周囲が覆われている状態、勃起していない間は血管や平滑筋は収縮していますので、ここに大量に血液が流れていきません。

 

しかし男性が性的興奮をして脳の中枢神経が刺激されると脊髄神経を通り陰茎に伝達され、体内で一酸化窒素が放出されたのちに勃起のサインが起こり始めるのです。

 

このサインがあると糸のような細い血管に血液が一気に流れ込み、血液の圧力で海綿体が硬くなりこれが勃起した状態になります。

 

この一連のメカニズムの間でどこかに欠陥がある場合や、正しく機能しない場合には勃起ができない、もしくは勃起が維持できない症状が起こり改善するためにはまず原因を解明して対策を取らないといけません

 

主に考えられる勃起が維持できない理由は以下のものがありますので、もし気になる方は心当たりがあるかどうかチェックしてみましょう。

 

男性ホルモンの低下

Thumb kakkotsuke

男性ホルモンは20代をピークにどんどん分泌量が減少していますが、ホルモンの働きは男性らしさを作るだけでなく性欲や精力などをつかさどるためにも大切な作用を持っています。

 

射精回数が20代前半をピークにしてそのあと徐々に下り坂になるように、ホルモン量が少なくなると性的興奮の刺激を敏感に受け取れなくなることが考えられます。

 

またホルモンの働きが低下することで血流の流れが悪くなり、海綿体に十分な血液が流れ込まないことも勃起が維持できない理由となります。

 

最初はしっかりペニスが硬くなったのに途中で萎んでしまうという中折れ状態は、ホルモン分泌量が低下する中高年世代になると増加する傾向がありますよ。

 

血流が悪い

Thumb hitokuchi

勃起するためには血流がとても大切であることは皆さんご理解いただけたと思いますが、血流が悪い原因は人それぞれ異なります。

 

たとえば加齢により血管の働きが低下して血液のめぐりが悪くなる場合や、糖尿病などの神経や血管が障害を受けて起こる勃起障害などもあります。

 

また普段から冷たい食べ物や飲み物を好む人も体が冷えやすい傾向がありますので、体温が低くなる生活習慣がある場合も血流が低下する原因になるでしょう。

 

男性の場合はタバコのニコチンにより血管が収縮してうまく血液が流れ込まず、勃起しても中折れする場合もありますので、あらゆる角度から血行改善や体内の巡りを活発にすることが重要になるのです。

 

心因性

Thumb amegahutteiru

ペニスの働きはとてもデリケートで男性の場合はストレスやプレッシャーに大変影響を受けてしまいますので、心理的なことが要因となり勃起が維持できない場合もあります。

 

これは誰にでもあることで最も多い勃起障害とも言えますし、パートナーのたった一言に敏感に反応して勃起できなくなる場合もあります。

 

日常生活のなかで感じるストレスは仕事や人間関係、金銭問題、家庭の問題など色々あり、知らない間に健康を害するほどダメージを与えている場合もあります。

 

子供の頃に受けた心理的なダメージにより、大人になっても自覚できないトラウマのような深層真因も勃起が維持できない理由となり、原因を解明するまでにはとてもが長い時間を要する場合があります。

 

食生活

Thumb aoziru

食生活と勃起はとても大切な関係がありますので、偏食する人や暴飲暴食をする方、または深夜の食事など不規則な食習慣を続けている方は要注意です。

 

食生活では栄養バランスをまず気にかけることが重要なポイントで、油っぽい食べ物やご飯や麺類などの炭水化物などの糖質ばかりを摂取すると体内の脂肪が増える原因です。

 

血管内の脂肪が多くなると血液の流れが悪くなりますので、勃起のメカニズムにとっても悪影響となるでしょう。

 

それだけでなく食生活の乱れは生活習慣病の糖尿病や高血圧、脳梗塞といった危険な病気を発症するリスクを高めますので、勃起に問題がある場合は食事のバランスを整えるサインとして受けとめましょう。

 

生活習慣

Thumb tabakochck

仕事が忙しいと生活のリズムを整えるのはとても大変ですが、勃起が維持できないことはそんな生活習慣の乱れを指摘している意味もありますよ。

 

たとえば睡眠時間が不足している、運動不足であるなどこのような生活が続くと自律神経の働きが不安定になり結果的に血流を悪くする要因になります。

 

また疲労が溜まりすぎると勃起しても維持するエネルギーが不足するためパートナーが不満を抱える原因になることも。

 

生活習慣は規則正しく早寝早起きを心がけ、適度な運動を習慣的に続けることが健康のためにも重要ですし、男性にとっては満足する勃起を維持するためにも欠かせないといえますね。

 

 

勃起を維持させる方法について

Thumb iinebusinessman

勃起を維持させるには普段の生活の中で改善すべき点を意識することがとても大切ですが、時間をかけて対処したくない人もなかにはいるでしょう。

 

そこで即効性がある方法としてED治療薬がありますので、薬の種類やそれぞれの特徴について詳しく見ていきたいと思います。

 

EDは中高年男性だけでなく最近は若い20代の男性にも増えていますので、決して他人事ではなく勃起が維持できない悩みは早期解決することが大切ですよ。

 

ED治療薬で勃起を維持する

Thumb nayamashiikao

勃起ができない、勃起が維持できないという症状はある日突然やってくる場合があり、男性が不安になるのがEDという勃起不全。

 

とても珍しいことではなく男性の2人に1人は何かしらの勃起に関する悩みや気にかかることがあるともいわれていますので、勃起の悩みは人には相談できませんが多くの方に共通するということを覚えておきましょう。

 

しかし実際に病院で治療を受ける人はたったの4%ともいわれていますので、恥ずかしいと思いながら一人で悩んでいる男性がとても多い現状があります。

 

EDは治療薬で治すことが可能で、日本で現在認可されている以下の3種類の薬が勃起を維持するために処方されています。

 

ではどのような特徴や働きがあるのか、それぞれのED治療薬について詳しくご説明していきましょう。

 

バイアグラ

Thumb vgr100 0318

世界的に有名なED治療薬で4000万人が愛用しているお馴染みの薬で、とても根強いファンがいることが特徴です。

 

バイアグラには25㎎と50㎎の2種類があり、服用してから勃起が始まるまでは60分前後ととても即効性がある点が魅力となっています。

 

最も効果が高くなるのは薬を服用して1時間後なので、性行為のタイミングに合わせてうまく服用するとよいでしょう。

 

バイアグラの有効成分はシルデナフィルと呼ばれるものでペニスに血液を送る働きをサポートし、効果の持続は5~6時間ほどとなります。

 

バイアグラ以外のED治療にも共通する点として、これらの薬は勃起を維持、勃起をサポートする作用を目的としたものですから毎日飲み続ける必要がなく、性行為をする際だけに服用するものです。

 

バイアグラの副作用は血行の循環が良くなることと同時に鼻づまりや顔のほてりといった症状がありますが、血管拡張作用のために重度でなければ問題はないといわれています。

 

レビトラ

Thumb levitra0721

レビトラはバイアグラの次に登場した治療薬で用量は10㎎と20㎎の種類、有効成分はバルデナフィルと呼ばれるものでバイアグラと同様に血管拡張作用の働きがあります。

 

服用後効果が表れるまでの時間は30分前後ととても即効性があり、効果が最も高くなるのが服用から45分後になりますので、性行為の1時間前ぐらいに飲むタイミングが一番よいでしょう。

 

有効成分が体内で吸収が良いためバイアグラよりも効果の発現がスピーディで、食事による影響が少ない点も魅力です。

 

効果が持続するのは約8時間ありますので、デートの時など慌てずに性行為に臨むことができますし勃起が維持できない場合にも心強い味方になります。

 

シアリス

Thumb cialis0721

日本で認可されたED治療薬のなかで一番新しいシアリスは効果が最大で36時間も持続する点が圧倒的な魅力となり、勃起が維持できない悩みを抱えた男性に注目されています。

 

食事に影響されない点や効果が出るまで1時間程度であることなど、とても服用しやすい薬として世界的に人気を集めています。

 

シアリスはタダラフィルという有効成分を配合した血管拡張作用で、用量は10㎎と20㎎の2種類があります。

 

効果の持続時間が長いことから、ウィークエンドピルとも呼ばれ薬の効果が発揮されている間に性行為をしないといけないというプレッシャーがない点も男性には嬉しいですよね。

 

副作用としては顔のほてりや頭痛、鼻づまりなどがありますが、ほかの薬と同様に効果が合われているサインでもあります。

 

 

日常生活で注意できること

Thumb suitgirls

ED治療薬の効果は飲み方やタイミングにより個人差がありますので、薬を服用するだけでなく勃起の維持は日常生活でも注意したいことを頭に入れておくとよいでしょう。

 

勃起の持続力はパートナーにとっても気になるところ、中折れしてしまうとお互いにバツが悪い思いをする場面もありますよね。

 

そんな悩みを抱えている方は普段の生活でどんな点を注意するべきか、勃起力をサポートするいくつかのポイントを詳しく見ていきましょう。

 

食生活

食生活ではバランスを整えることが一番大切な点で、とくに精力アップするには亜鉛やタンパク質など男性ホルモンの分泌を助ける栄養素も忘れてはいけません。

 

また食生活では主食、主菜、副菜の3種類をバランスよく合わせること、脂質や糖質の過剰摂取を避け余り勃起にこだわりすぎて食べ物に敏感になるのも避けたいところです。

 

何を食べればいいのかわからない時は肥満予防によい食生活を心がけ、食事だけでは不安な方はサプリメントで足りない栄養補給することもオススメです。

 

ペニスのケア

勃起を維持させるためには普段のペニスのケアも怠ってはいけませんが、マスターベーションを行いベニスの器官を鍛えることも大切です。

 

しかし間違った方法で続けると逆に精力が減退する場合もありますので、じっくり時間をかけて行うこと、性行為の体勢をイメージするなど工夫してみましょう。

 

またペニスは皮膚がとてもデリケートな部分ですからごしごし摩擦するように洗うと肌が炎症を起こす可能性もあります。

 

洗う時は手のひらや指を使い刺激の強い石鹸もなるべく避け、ボディローションなどで保湿も行ってください。

 

運動習慣

運動習慣はペニスへ血液を多く流すためにメリットになりますので、とくに集中的に下半身をトレーニングできるスクワットなどが勃起維持にメリットがあります。

 

また有酸素運動のジョギングや水泳なども体内の血行改善に効果がありますので、普段から歩く時間を増やしたり運動習慣をできるだけ増やしてください。

 

 

EDの可能性も考えよう

Thumb tasupoi

勃起が維持できないのは年齢のため、疲労のため、と簡単に自己判断するのは大変危険で、一時的でなく常に勃起に問題が生じる場合はEDの可能性を考える必要があります。

 

症状を見るだけでは判断できない場合もありますので、気になる方はEDのセルフチェックで自分が当てはまるかどうか調べてみましょう。

 

インターネットで検索すると色々な方法がありますが、国際勃起機能スコアと勃起硬度測定評価と呼ばれる2種類のセルフチェック方法がありますのでぜひ参考にしてください。

 

EDとは

Thumb arafour

EDは英語のErectile Dysfunctionの頭文字をとったもので日本では勃起不全や勃起障害と呼ばれ、男性なら誰にでも起こりえます。

 

勃起に時間がかかる場合や、勃起が維持できない、性行為が満足にできない悩みを抱えている方はEDの疑いがありますので対策をとる必要があります。

 

EDは性的刺激を受けてから神経を介して陰茎海綿体に血液が流れ込む一連のメカニズムのなかで、なにかしらの問題がある場合に勃起障害が起こります。

 

主な3つの原因としてまずひとつめは若い男性にも増えている心理的な要因があり、ストレスやトラウマなどで勃起障害の引き金となるケースがあります。

 

次は神経や血管の傷害による器質性EDで動脈硬化や神経の傷害により血液の巡りが悪く陰茎海綿体に血液が十分に流れ込まないことが原因になります。

 

もうひとつは薬剤性EDと呼ばれるもので、病気の治療のために服用している薬のせいでEDになってしまう場合があり、薬剤性の場合は年齢に関係なく若い男性にも多く見られます。

 

たとえば抗うつ剤や睡眠薬を内服している場合や降圧剤、ホルモン剤などがありこのような薬を服用していると血液の流れに悪影響を与えたり、ホルモン活動が不安定になる場合があります。

 

どのような薬が薬剤性EDを引き起こすか知りたい場合は、日本性機能学会が監修したガイドラインに、EDを引き起こす可能性がある薬剤として一覧を掲載していますのでチェックしてみましょう。

 

EDの症状はそれぞれによって感じ方が異なりますので、恥ずかしがらずに専門クリニックなどで早めに相談してくださいね。

 

改善策

Thumb memotorigirl

EDを治す方法として最も一般的なのがバイアグラなどの治療薬を服用する方法ですが、近年偽造薬も大変増えていますのでインターネット通販などで購入する際は十分に注意してください。

 

自分で改善できる方法としてはまずは食生活の見直しがあり、EDは生活習慣病との関連性も高いため糖尿病や高血圧予防によい食生活を意識することも大切です。

 

普段から食べ過ぎ予防を行う、高カロリーや塩分の過剰摂取、高脂肪食を避けること、男性の皆さんが大好きな焼肉やラーメン、揚げ物などはとくに注意しましょう。

 

また注意したいのが飲酒習慣でアルコール摂取はリラックス効果があるのでED改善にはメリットになる点があるともいえますが、それはあくまでも適度な飲酒量の場合。

 

飲みすぎで泥酔すると勃起力が低下しますし、継続的に飲酒を続けると血液の流れが低下、または中枢神経に働き脳の機能を麻痺させてしまう場合もあります。

 

飲酒は適度な量を守らないと正常な勃起のメカニズムを不安定にする要因になり、飲酒とどうように喫煙にも注意が必要です。

 

たばこに含まれるニコチンなどは有害物質として血管内の細胞にダメージを与える原因になりますので、血管内皮障害を招き動脈効果のリスクを高めます。

 

また勃起に大切な男性ホルモンのテストステロンの分泌は習慣的な運動で分泌を促す効果があります。

 

EDの改善や予防にはぜひ生活習慣としてプラスするべきもので、ランニングをする人のほうが運動しない人よりもEDのリスクが30%も低いという結果もありますよ。

 

 

医療機関で相談しよう

Thumb canon

勃起が維持できないのはEDのせいかもしれないと不安を抱いたら、自己判断はせずにできるだけ早く医療機関で相談してください。

 

ペニスに関する悩みやトラブルはできれば自分ひとりで解決したいことですが、EDはとても深刻な病気が原因である場合も考えられますので、正常な勃起へ改善するだけでなく病気治療をすぐに始めないといけないケースもあります。

 

EDはこれ以上症状を進行させないために原因の解明と正しい治療が必要になり、近年治療薬の効果がとても高く改善が可能です。

 

薬の効果を最大限に発揮するためにも、それぞれの原因に応じた解決策をとることが重要になりますので、勃起障害を抱えている方は必ず医療相談で相談してください。

 

勃起に関する悩みはどこに行けばいい?

Thumb energydrink

EDは治療すれば改善できるものなので、満足な性行為ができない場合や勃起力が低下したと感じた時は速やかに医療機関に行きましょう。

 

でもペニスに関する問題は一体どの病院に行くべきかちょっと考えてしまうところで、全く関係ない診療科に行き恥をかくのは困りますよね。

 

勃起に関する悩み相談や治療はEDの専門クリニックを受診する、もしくは泌尿器科で相談ができますが、近所にこのような医療機関がない場合はかかりつけの内科の医師に相談しても全く問題はありません。

 

大きな総合病院では男性更年期外来という診療科を設置している場合もありますので、EDに関して治療ができるかどうかまずはホームページで調べるのもよいでしょう。

 

病院を選ぶ際ですがEDはプライバシーに関することなので、どのような病院を選ぶと安心なのかわからない人も多いと思いますので、治療や相談をする場合にはいくつかのチェックポイントを覚えておきましょう。

 

まずは受付がスムーズであるかどうかという点ですが、男性にとってとても恥ずかしい気持ちで医療機関を訪れる人は決して少なくありません。

 

女性の受付だと恥ずかしいため行くのが抵抗になる場合もありますので、男性スタッフのみの専門クリニックを選ぶことも方法のひとつですね。

 

また仕事が忙しくて通院できない場合、遠方から通う場合など来院以外で医師と相談できるツールがあることも大切な選び方ポイントになります。

 

とてもデリケートな問題ですから病院によってはメールで医師と相談できるように心配りをしている場合もありますのでぜひチェックしておきましょう。

 

EDの治療は各病院で異なりますが、治療薬の処方は1錠から行う場合もありますし初診料や再診料がかからないクリニックもあるため、コストの面から医療機関を比較することも忘れてはいけませんね。

 

病院での治療方法

Thumb kinchou

病院ではどのようなEDの治療方法を行っているのか、まず主なものにバイアグラなどの治療薬の処方があり、日本で認可されている3種類の薬がどれが一番適切か医師が正しく判断してくれます。

 

薬以外にもEDを治療する方法は色々あり、外科的な手術を行う、心理的な療法、ホルモン療法などもありますので原因に一番合った治療法を見つけることが効果的なED対策に欠かせません。

 

様々な治療方法がありますが、すべての医療機関がすべての治療方法に対応しているワケではありませんので、どのような治療方法を希望するかによっても病院選びで注意する必要があるでしょう。

 

近年注目されている治療方法のICI治療と呼ばれるものは、陰茎海綿体に血管作動薬を注射で注入して勃起を促す方法があります。

 

ED治療のなかでもとても効果が高く6~9割という高い有効性を示している点が特徴で、世界的に人気があるED治療法となっています。

 

初回の注射では勃起がうまくいかないケースもありますが、継続して治療を続けると改善効果がアップするといわれています。

 

また病院では陰圧式勃起補助具を使った改善策を行う場合もありますので、ED治療薬が服用できない人の治療方法として用いられるケースがあります。

 

陰圧式勃起補助具は筒状の器具にペニスを入れてポンプで陰圧状態にし血液を一気に流し込む仕組みになっています。

 

他にもレノーヴァと呼ばれる衝撃波治療があり、この機器は患部に衝撃波を与えて勃起障害を改善する目的があります。

 

EDの治療は基本的に治療薬が使用できる場合は処方してもらい様子を見ることが最初のステップで、それでも効果がない場合は手術やほかの治療手段を行います。

 

また同時に生活習慣の改善、メンタルケアも勃起を維持させるためにはとても大切なので自分でできることは積極的に実践したいですね。

 

 

まとめ

Thumb yuugure

勃起が維持できないのはあらゆる原因が考えられますが、一番大切なことは自己判断せずもしもの場合を想定して専門家に相談することが重要です。

 

勃起は血液の流れ、ホルモンの働き、年齢、生活習慣など誰にでも障害になる要因はあちこちに隠れていますので、決して他人事だと安心してはいけません。

 

気になる症状がある場合はまず医療機関で相談して、一番自分に合った治療方法で早期改善をしてください。

 

勃起が維持できないという症状は、よくあることだからと油断する人もいると思いますが、その背景には大変恐ろしい病気や精神疾患などが隠れている場合があります。

 

正常な勃起の維持ができないのは体の異常を知らせるサインでもありますので、必ず医療機関で相談してどのような対策をとるべきか正しい知識を身につけましょう。

 

バイアグラの画像出典:
http://endia.net/baiagura100mlotoko-hunakosi
シアリスの画像出典:
https://makoto-store.com/product/425
レビトラの画像出典:
https://samuraiclinic.com/ed-levitra/

豆知識に関連する記事