公開日

更新日 18年09月09日

精力増強するために必要なことって!?ノウハウ&思考法まとめ

Thumb pistol

この記事の所要時間:約13

 

「オトコの価値」って何でしょうね。

カネか、ステータスか、それともイケメンかどうか…?

 

もう一つ重要事項がある気がします。それは「タフさ」です。

一口にタフと言っても、結構その意味は広いのですが、それを下支えしているのは「男性ホルモン」なのかと思います!

 

女性でもタフさを醸し出すヒトはいるのですが、それは総じて男みたいなタイプですし、女性にも男性ホルモンは内在するので、多分それが原因なのでしょう。

 

エロスと直結しないタフさ=男らしさの部分も含め、それは「精力が強いかどうか」と関係するでしょう。要は精力増強されたオトコこそが「魅力的」だとも言えますね。しかし、そこにご自身が「自信を持ってるのか」というハナシになれば…それはどうでしょう?

Thumb man sexual power

オトコたるもの、タフさ溢れて魅力が高く、パートナーに愛される男でありたいですね。そう思うなら「精力増強」しなければなりません!

そうは言っても、精力増強するにはどうすれば良いのかなぁ…。

 

精力増強させるための前提知識!

Thumb kensouwohanareru

精力増強され、男として「アップデート」している人は、とても魅力的に見えます。

ならばサッサと精力増強したい…と考える前に、そもそも勃起するってどういうコトなのでしょう?

そして「元気なペニス」とは何でしょう。

 

性に目覚めて以降、当然のごとく勃起し、ときに発射する…

 

それが日常化すると何の疑問も感じなくなるのですが、勃起そのものは、かなり不思議な現象です。

 

Thumb brain2

勃起力、精力増強の根源は「脳」です。いわば「電源ボタン」のようなものでしょうか?視覚、嗅覚、触覚などから来る「刺激」により、脳ミソのボタンが押されることになります。性的興奮がなければ、スイッチが入ることはありません。

 

性欲のスターターでもあり司令塔でもあり、コンピュータならばCPUと電源を兼ねているような存在です。精力増強のカギは、そのCPUと周辺パーツとの「連動性」みたいなものです。

 

例えばサッカーなどで「連携が取れている」などと言いますよね。結局は心身の「チームプレー」なので、その連携が高まってこそ精力増強出来るというコトなのです。単なるパワープレーではないのですね。つまりパーツごとのスペックと、その連携の両者が強まれば精力増強に向かい、弱まればゲンナリするのです。

 

CPUがメモリやディスク、USB機器などに「命令」するのと同様、脳は性的興奮を全身の身体パーツに伝えようとします。しかし脳とペニスの位置関係は「お隣さん」どころではなく、かなり離れています。脳から見れば、首よりも、ヘソよりも遠いところにありますよね。

 

なので「中継点」を経由します。そこは「脊髄」です。その中でも下の方の仙骨付近(尻と腰の中間あたり)にある「勃起中枢」なるものを通過し、これがペニスと脳の間に立って「脳→腰→ペニス」とバトンリレー形式で興奮情報を受け渡します。このリレーがスムースなら、当然精力増強につながります。

Thumb brain back penis

勃起中枢に「興奮しろ」という脳からのメッセージが届くと、いよいよペニスに血を集める活動が始まります。

 

「ペニスに血を集めよ!」という命令が下され、ペニス周辺の血管が「イエッサー!」とばかりに反応し、血管拡張と血流活動が始まるのですが、この活動がイマイチな場合こそが「残念なチンコ」の正体なのです。いざという時に勝負できない勝負師…そんな感じでしょうかね。

 

ならば、イマイチな勃起力の原因は何なのか? どのパーツの不調なのか? 何が精力増強を妨げるのか?

  • 血管が不健康なカラダ
  • 性的刺激に鈍感になったココロ

上記2つの原因に大別されます。精力増強したいなら、不調の原因も知っておきたいものですね。心身が正常に動作しこそができるのです。

 

次章は、その部分について述べていきたいと思います。精力増強とヒトクチにいっても、パワーの不足かorココロの不足か.…その根源を見誤ると、ボタンを掛け違えてしまいますので。

 

心身ともに「健康であれ!」

Thumb underangle

精神状態が最悪であれば、何を見ても感動しなかったり、食べ物の味すら判らない状態に陥ります。精力増強の面でも、同じコトですね。

 

前項で書いた通り「脳」が刺激を受けなければ、何も動かないのです。

 

中枢神経・勃起中枢の活動は、脳の影響を強く受けますので、ストレスや不安が強ければ、こちらの活動も低下してしまいます。つい肉体面から精力増強法を考えてしまいがちですが、こうしたココロの側面も無視できないのです。

 

ココロのみならず「カラダ」の問題も精力増強に関わります。

 

勃起は「血流」がもたらす現象なので、血の巡りが悪ければ勃たなかったり、硬さがイマイチだったりします。特に血の巡りを良くする「生活習慣」は大切です。例えば食習慣…脂質などの過剰摂取や暴飲暴食を改めずに「精力増強するぞ!」などとヌカしている場合ではありません。成人病リスクだけでなく、ペニスに対しての「リスク」も高くなり、精力増強どころか「減退」の方向に向かってしまいます。

 

よく「中学生並みにギンギン」などと言いますが、その年代ならば血液もサラサラでしょうし、手を繋いだだけで勃ってしまったりするでしょう。血液も体も若くてキレイな上に、性的な感動に敏感なココロも持ち合わせています。

 

その理屈で考えると、心と身体の両者が健全ならば、年齢を問わず精力増強可能だ…とも考えられますね。

↓試すならまずはロングセラー!↓
 

ゼファルリン
最大19600円OFF!
商品名無しパッケージで気軽に購入!

ゼファルリンの詳細を見る→

 

性生活の「ルーチンワーク」がコワい!

Thumb sakebi

朝にカレーを食べたり、靴下は必ず「左足から履く」だったり…

スポーツ選手などは「ルーティーン」を行うことで自分を整え、高めるのですが…精力増強の観点から見れば、これはあまり良くないです。

 

例えば、多忙さなどの理由から「昼メシ」を事務的に済ませるヒトがいたとします。昼時に同じ立喰いソバ店に通い、メニュー選びさえ面倒になり「いつものヤツ」を毎日食べている状況だとします。

 

それで飽きないのであれば、それでもいいのです。

 

無類のソバ好きならハナシは別ですが、こうした場合は往々にして食べることを「楽しんでいない」状況でしょう。味などは、何も感じていないレベルかも知れません。こうした状況は、精力増強の観点でも同じです。

 

いつも同じ進め方・体位であり、別段「気分が盛り上がったから、行為をする」ワケでもない。淡々と、時として事務的に性行為を「処理」していくような…そんな場合もあるでしょう。性行為を単なる「タスク」として考えたら、精力増強など夢物語でしょう。

 

じゃあ「いつもの相手」ではないヒトが現れれば、燃えるのではないか? などと考えがちですが、仮に「新鮮味のある」相手が現れたとしても、いざペニスが反応しない、イマイチのめり込めない…そんなケースもあり得ます。マンネリな性生活が長期に続いてしまうと、どんな性的刺激でも「たいして喜べない」体質になってしまう危険性もあるのです。

日頃の性生活の工夫も、精力増強に大きく寄与するのです。

 

精力増強させる方法とは?

Thumb kodomo

健康意識が高い昨今「サプリメント」は当たり前の存在になりました。

手っ取り早い精力増強法の代表格は「サプリで補う」ことです。忙しい現代人にとって、食事のみで精力増強に効く栄養を補完するコトは難しいですから。

 

かといって、バイアグラなどのED改善薬に頼るほど重症ではなく

  • パワー不足を感じるので精力増強させたい!
  • 今でもタフだけど、より精力増強させてタフになって相手を歓ばせたい!

など、状況により考えの方も多いでしょう。

 

これから、精力増強効果のある栄養成分と、そのサプリメントについて説明したいと思います。

 

マカ

Thumb makapicture

精力増強の分野では、最もメジャーな存在かも知れません。

南米ペルー原産の根菜で、その栄養の高さを評して「アンデスの人参」と呼ばれるほどです。古代インカ帝国の戦士も愛用していたそう。精力アップのみならず疲労回復の効果もあり、女性の不妊を改善するパワーも持ち合わせています。

 

マカには、アミノ酸や鉄分、カルシウムなどに加え、アルカロイド、デキストリン、ステロールといった精力増強効果を持った物質が含まれています。アルカロイドには神経過敏な状態を緩和する効能があるので、心因性/ストレス由来の勃起障害の改善が期待されています。

勃起に必要な血流を改善するデキストリン、精子を増やす効能を持つステロールといった

  1. ココロ(神経)
  2. 血流
  3. 精子(性機能)

上記3つの、精力増強に必要な要素を補完できる「ツボを押さえた」食材と言えるでしょう。

 

また、精子生成のためには亜鉛が必要なのですが「マカ+亜鉛」のセットで補完する摂取方法は、精力増強の点では理想的な組み合わせと言えます。

 

オルニチン

Thumb mangetsu

しじみなどに多く含まれるオルニチンは、血液中に溶け込み、全身をめぐる「遊離アミノ酸」の一種です。

主に肝機能を整え、正常化させる役割があります。肝臓が元気なら、カラダ全体の代謝を高めることに加え、精力増強を促す「良い循環」にもつながります。

 

そしてこのオルニチンには男性ホルモンを活性化させる効能もあり、その分泌を促す役割が期待されています。多量にオルニチンを含む食材と言えば「しじみ」ですが、それ以外の食材は微量な含有量なので、そのサプリメントは「しじみエキス」など原材料もしじみ由来のものが多いです。

 

直接的な精力増強の観点とは少し違いますが「全身の循環」から考えるアプローチですね。

 

アルギニン

筋力と精力増強効果の面ではメジャーな存在です。ボディビルダーの必需品として有名ですが、これは成長ホルモン分泌を促し、血流を活性化させる効能があるためです。

 

精力増強の側面では、勃起に必要な一酸化窒素(NO)の生成を促し、血管を拡張させてペニスの血流と精子の生成に一役買います。男性的タフネスさの向上=精力増強という側面で、効果的な栄養素でしょう。

<アルギニン配合サプリメント>

サプリ名 料金
クラチャイダムゴールド 4200円
Diablo 9800円
VolstarBeyond 12800円

 

シトルリン

Thumb blacksupplement

数多くの精力増強剤に含まれている、その筋ではかなり人気の高い栄養素です。

 

アルギニンと効能が似ており、筋力アップと血管拡張に働きかけます。精力増強の視点で言えば、一酸化窒素(NO)の生成という、勃起するための「良い血流」を支える担い手…といったところでしょうか。

 

精力増強を目的の薬剤では、ほとんどの製品に含まれている「必須要素」とも言えます。

 

スイカ/メロン/きゅうりといった「ウリ科」に含まれておりますが。しかしこれらを地道に食べるのは大変ですので、そこは精力増強剤やサプリメントで効率よく摂取したいですね。

<シトルリン配合サプリメント>

サプリ名 料金
クラチャイダムゴールド 4200円
Diablo 9800円
VolstarBeyond 12800円

 

ノコギリヤシ

「育毛」の分野で有名ですが、精力増強の面に働きかける効能もあります。

 

男性ホルモンは「テストステロン」とも呼ばれていますが、これが5αリダクターゼという物資と結びつくことで「ジヒテストステロン」というものに変化します。

 

これにより脱毛が進行するのですが、実はこの物質、性欲を下げてしまう因子でもあるのです。「善玉男性ホルモン」が突如「悪玉」に変身していく…そのようなイメージでしょうか。

 

ノコギリヤシ成分は、このジヒテストステロンの活動を抑えます。もし精力増強と薄毛の「二重苦」でお悩みであれば、一石二鳥的な発想で使うのもアリかと思いますが。

 

クラチャイダム

タイ原産のハーブの一種です。

タイでは古くから精力増強に効果があると考えられてれており

  • ブラックジンジャー
  • 黒生姜
  • 黒ウコン

このような別称もあります。

 

ワインやチョコレートで有名なポリフェノールと、ブルーベリーなどと同じくアントシアニンがが豊富です。精力増強に働きかける要素としては、精子の生成および血管拡張効果のある「アルギニン」と、精子の活動力に効能を及ぼす「セレン」を含んでいます。

 

クラチャイダムのサプリメントはかなり種類豊富で、マカなどをブレンドしたスタイルの商品も多く、精力増強成分のバリエーションに富んだラインナップを形成しています。

 

試すならロングセラーサプリ!ゼファルリン

 

トンカットアリ 

Thumb shocking

トンカットアリは、マレーシア原産の天然ハーブの一種で、男性ホルモンに近い働きを持っています。栽培植物ではなく、ジャングルに生える「野生系」なので、そのワイルドさが精力増強に役立つタフなイメージをより高めています。

 

それ単体のサプリは希少で、マカなど他原料とブレンドした製品が多いですね。実はこのトンカットアリ、他の天然由来の食品に比べてちやや強めの影響を及ぼします。

 

個人の体質や体調、過剰摂取などによっては胃の不調や吐き気を催したり、極端なケースになるとAGA=男性型脱毛症を発症させることも。

 

精力増強を急ぎ過ぎの過剰摂取や、体に悪い反応が現れた場合には十分な注意が必要です。

 

 

精力剤で、成分を「まとめ摂り」

Thumb pharmacist recommend

「精力剤」を飲んで凝縮された成分をまとめて摂ってしまう方法もあります!こちらではおすすめの精力剤をピックアップしてご紹介します!

 

人気商品、ヴィトックスα

Thumb vitox a2

サプリメントも良いのですが、精力増強成分をより効率良く吸収する術はナイものか…誰もがそう考えるハズですね。食事オンリーの精力増強法は、かなり骨折りですし、サプリに物足りなさを感じるコトもあるでしょう。

 

ここからは、効率的な吸収にフォーカスした「精力増強剤」的アプローチの製品をご紹介したいと思います。

 

まずは精力増強剤の分野で、人気ナンバーワンと呼んで差し支えない、絶対王者的な存在「ヴィトックスα」

 

  • マカ
  • アルギニン
  • シトルリン
  • 亜鉛
  • ブラックジンジャー(クラチャイダム)
  • トンカットアリ

前項サプリメントの項で触れた有効成分の「オールスター」メンバーを、幅広く網羅し配合しています。

 

  • マカの「精力増強力」
  • シトルリンの「血管拡張効果」
  • アルギニンの「男性パワー増強」
  • 亜鉛の「精子の生成力」

これらを包括的にまとめ、摂取しやすくしたスグレモノです。

 

シトルリンとアルギニンの「同時摂取」は血中アルギニンの濃度を高めるので、この相乗効果により体内の血流パフォーマンスが大きく高まります。

 

動物性・植物性を問わず、精子を作る効果がある成分は、微量な効果のモノも含めれば、この地球上にはそれなりに存在するのですが、されどこうした「精子生成要素」をはじめとした精力増強成分を含む原料を「100種以上」含んでいる製品となると、ヴィトックスαは比類なきレベルで、ちょっとスゴいですね。

 

多くの精力増強剤の比較サイトから、No.1に選ばれています。

 

バイタルアンサー

Thumb vitalanswer

前項の「ヴィトックスα」同様で、こちらも精力増強成分の包括的な摂取ができるのですが、この「バイタルアンサー」のセールスポイントは、アルギニンとシトルリンの「相乗効果」に注力している点ですね。

 

特にアルギニンの含有量は、1600mgと圧倒的です。精力増強効果に加え「オトコらしさ」の原動力となる「筋トレマニア」が大好きなアルギニンが豊富。だからこそのバイタル(活力)というネーミングなのでしょうか?

 

アルギニン量の観点に絞って比較すると、マカの「86倍」クラチャイダムの「35倍」という驚異的な数値を叩き出しています。

もし、アルギニンのサプリ等で「手応え」を感じたのなら、ここがその究極として目指す商品なのかも知れませんね。「男らしい」精力増強を理想とするなら、コレなのかも。

 

クラチャイダムゴールド

Thumb 300 250 5

クラチャイダムの公式サイトへ→

 

サプリメントの項でも述べた、精力増強サプリの世界でもメジャーなタイ原産のハーブ「クラチャイダム」由来の製品です。もちろん、クラチャイダム100%配合を謳っています。

精子生成に必要な「アルギニン」を豊富に含むこの植物を、より効率よく摂取しよう!

 

そんな考え方でしょうか。

 

そうした性格の精力増強剤ですので、クラチャイダムが「自分に合っているか」という点に左右されるので、絶賛と批判のどちらかに、評価が大きく分かれるようです。

  • HARDモード(1日5錠)
  • SOFTモード(1日2錠)

この2種類の服用方法があるのですが、飲み方への適性にも個人差があり、ここも評価が分かれるトコロです。

 

自然由来をベースとしているので、これはもう、クラチャイダムに対する個人の肌合いの問題でもあります。クラチャイダム系サプリの精力増強力に「手応え」を実感したならば、この「クラチャイダムゴールド」へのステップアップも一考でしょう。

 

ナチュラル重視の、LOHASな精力増強法を好むヒッピーやフジロック的なマインドをお持ちであれば、その信念には合致すると思います。

クラチャイダムの公式サイトへ→

 

ギムリス

Thumb gimuris2

「シトルリン」と「クラボワスカ」を合わせた精力増強剤で、ちょっと他製品とは違った性格を持っています。

 

クラボワスカという、何だか東欧の女子体操選手みたいな名前の正体は、南米アマゾン=ジャングル地帯原産の植物です。

 

先住民にとって、古代より精力剤/強壮剤として親しまれ「媚薬」としても使用されていたそうで、なんと最大100mまで成長することもある、その驚異的な生命力は精力増強にも力を発揮します。

 

そのクラボワスカを初めて薬品化したものが、ギムリスなのです。天然由来ゆえの「副作用」の少なさが持ち味ですね。シトルリンの配合量の高さにも特徴があります。ケミカル<ナチュラルといったアプローチでしょうか。多くの要素を詰め込まず、少ないポイントに特化した優しいタイプの精力増強剤とも言えましょう。

 

ホワイトブルー

Thumb whiteblue

クラチャイダム/アカガウクルア/トンカットアリを含む精力増強剤です。

インド~タイに跨がるメコン川流域原産の「アカガウクルア」がこの商品の特性だと言えるでしょう。これは、日本人にも馴染み深い「ヤマイモ」の近縁種なのですが、男性ホルモンの一種である「DHEA」の分泌を促す効果を持っています。

 

その物質の効能は「若返り効果」と「男性ホルモン活性」なので、機能を若々しくさせて精力増強を図るという考え方がベースでしょうか。また、うつ症状改善効果の報告もありますので、心因性の勃起障害に対する精力増強効能も期待されます。

 

自分にあったモノを選ぶ上で…

色々とサプリや薬剤について述べましたが

サプリ/精力増強剤を問わず「天然成分」と、その「配合バランス」なのですね。

それぞれが持つ精力増強成分は、個々の体質に「合うか、合わないか」の部分も多く含みますので、ある程度「トライ&エラー」的な側面も、生じるかも知れません。

 

例えばですが「クラチャイダム」が合っていると感じたならば、それで精力増強を突き進めるのも一手ですね。迷ってしまうなら、医師に相談するのもアリでしょう。

 

自分の体質は何なのか、それを見つめ直す良い機会かも知れませんね。

 

日常の食べ物から、摂取する。

Thumb kaki

スーパーなどにも並ぶ、一般的な食品にも「精力増強」に有効な要素を含むものが多いですね。

例えば貝類では、カキは精子生成の必須要素「亜鉛」の宝庫です。ゴマも亜鉛が豊富な食品です。

シジミは体内の血流循環に寄与するオルニチンを多量含みます。豚レバーは血液造成に不可欠な「鉄分」が豊富で、生姜にも血流改善効果があります。

 

ちょっと違うアプローチでは大豆も有効です。「レシチン」が脳を活性化させるので、興奮するための「司令塔」を高めて精力増強を図る考え方ですね。納豆は、大豆の有効成分に加え血流改善効果もあるので、一石二鳥の精力増強効果が期待できます。

 

日常生活と「精力増強」~生活習慣を見直そう~

Thumb clock

精力増強の為に欠かせないのが、日常生活の見直しです。日常生活を見直すことで、特別な方法を取らずにも改善されることは多々あります。

 

睡眠

Thumb sleep ed

睡眠は精力増強の面でも大きく影響します。

実は、男性ホルモンの分泌のピークは「睡眠時」であり、この時間の分泌が「朝勃ち」の原因でもあるのです。睡眠を2時間削るだけでも、勃起不全の確率が10~15%上昇してしまう…という報告もありますので、留意すべきです。ご自身に合ったリラックス方法を確立し、入眠しやすい環境を整えるコトも精力増強にとって重要ですね。

 

半身浴で「血流」をよくする

健康法/リラックス法として、あまりにも有名な「半身浴」ですが、精神的安堵と血流促進という「ココロとカラダ」の両面から、精力増強に働きかけます。

 

ですがこの方法が「じれったい」と感じるのであれば、それはある種のストレスになってしまいます。どうあれ「血流促進」と「ストレス解消」ができれば精力増強の手法はどうでもイイので、半身浴を「義務的」に感じてしまうのなら、無理に続ける必要はないでしょう。

 

ともあれ適量を超え飲酒する行為を、ストレス発散の道具にはしないでください!精力増強の観点で見れば、どう考えてもコレは逆効果ですね。

 

試すならロングセラーサプリ!ゼファルリン

 

精力を上げる「自己メンテナンス」

Thumb gutspose

日常生活の改善は大事だ!とはいえ、それだけでほんとうに改善するかな、、、と不安なあなた。マッサージなどをしてみてはいかがでしょうか。

 

睾丸のマッサージ

精力増強マッサージ法として「ジャップカサイ」と呼ばれるものがあります。睾丸周辺のリンパを刺激し、その部位の「活性化」を促す精力増強法です。一人でもできますし、例えばパートナーにしてもらうカタチでも構いません。ペニスに対する性感刺激は与えません。あくまでも「タマ」に対するアプローチです。

 

ステップ1:

まずはタマを温めます。入浴すれば簡単に暖まりますが、それが難しいなら、蒸しタオルなどで「タマを包む」方法もあります。

 

ステップ2:

  • 無理な力は加えず、タマ裏付け根を伸ばすように優しく撫でる
  • ソフトタッチで揉む
  • (軽く)引っぱってみる

などの強い刺激を与えないマッサージを優しく、繰り返しゆっくりと続けます。焦らずに肩の力を抜いて行いましょう。慌てて精力増強効果を求め、強めに行うのはペニスを痛めつける行為です。リラックスしながら、焦らずに精力増強を図りましょう。

 

股付近を鍛える「運動」

Thumb bridge

適度な運動、特に内ももの運動は精力増強/ペニスの底力アップに効果的です。

 

骨盤まわりの血行を高め、この付近の血流を改善させる狙いなのですが、ペニス本体だけでなくその付近が活性化すれば、当然ペニスにも伝わるのです。

 

軽い「スクワット運動」は、骨盤内の血流機能を向上させ、精力増強面での効果が期待できます。

 

精力アップに効く「ツボ」

Thumb boldman

向こう脛のすぐ側、ややひざ下の位置に「足三里」と呼ばれるツボがあります。ふくらはぎを4本指と手のひらで抱え、骨に向かって親指で「足三里」を押し込みます。

 

足裏には「湧泉」というツボがあり、特に精力増強効果があると言われています。その他全身、特に下半身~腰にかけて、精力増強に効くツボは多数存在しています。

 

まとめ:焦らずに、精力増強を考える

Thumb bengoshi

考えながら進めるも良し。積極的なトライ&エラーの末、自分にあった精力増強法を選択するも良し…なのですが、性格と体質が、左右する部分は大きいですね。せっかく見つけた精力増強法が「効く体質」なのに「続けられない」のは、正直モッタイナイですよね。

 

ほんのちょっとだけ「辛抱」はしても「苦行」レベルの精力増強法はしない…こんなスタンスを、個人的に推しておきます。修行僧レベルで自らを縛るような精力増強法など、続くはずもありません。されど、生活の見直しや血流改善・ストレスなど「全身の健康」に結びつく問題は、ちょっとしたことで変えることができます。

 

それで不足を感じるのなら、生活面→サプリ→精力増強剤といった感じで、ソフトなアプローチからスタートし、段階的に効力を上げていけば良いのです。即効性に走り過ぎて空回りしてしまっては、それこそ本末転倒ですよね?「焦り」こそ、精力増強を目指す上で、最大の敵であるとも言えるでしょう。

Thumb lifestyle supplement drug

そんな時こそ、基本を見失わないことですね。強引な精力増強は、却って自信を追い詰めてしまいます。

性欲とは本来「湧き上がる」ものであって、無理に「作り出す」モノではありませんから…。

↓試すならまずはロングセラー!↓
 

ゼファルリン
最大19600円OFF!
商品名無しパッケージで気軽に購入!

ゼファルリンの詳細を見る→

脳の画像出典
http://kanousei88.com/
マカの画像出典
http://www.yamano-life.jp/lab/maca/maca03.html
ヴィトックスの画像出典
https://www.amazon.co.jp/
バイタルアンサーの画像出典
https://tateyo.jp/vital-answer/
ギムリスの画像出典
http://www.grondwaterstandinbrabant.nl/
ホワイトブルーの画像出典
https://saiyasu-search.com/search?p=1&keyword=WHITEBLUE

精力剤・サプリに関連する記事