公開日 17年12月30日

更新日 18年09月05日

ED治療にかかる料金は!?3つの治療法と必要な料金についてご紹介!

EDで悩まされている方も現代には沢山います。そんなED治療は料金も高いです。ここでは、ED治療に用いられる治療法や必要な料金などについて解説します。

 

EDは男性にとってとても大きな悩みになることもあるので、極力は治療に専念すべきです。

 

EDの診察でかかる料金

EDの診察でかかる費用に関しては、まずその仕組みについて知っておくことをおすすめします。

 

基本的にEDに関しては自由診療となるので、診療などの料金もそれぞれの病院や診療所、クリニックが決められるようになっています。保険も適用されないため、治療費は高いと言われています。

 

ED治療の場合、診察でかかる費用自体は、そこまで高くありません。数千円で済むことが多いでしょう。

 

そもそも診察費用だけで莫大な費用を要求されていては、利用することができない人の方が多くなります。そうなると、結果的に損をするのは治療をする側となってしまうのです。

 

診察は初診の場合に料金が高く、その後経過観察などを含めた診察で料金がかかります。原則としては数千円で済むので、診察費にビクビクする必要はありません。

 

ただ、気を付けておきたいのがED治療薬の価格です。この相場は高くなりがちなので、気を付けておくことが必要です。

 

医師の診察

医師の診察を受ける場合は、まずはED治療を提供している病院に向かいましょう。病院以外でも近年は診療所やクリニックでも扱っています。

 

もちろん、どれも同じ意味なので、ED治療を扱っているところがあれば相談できます。近年は専門の病院も多いですが、泌尿器科などで扱っている場合もあります。

 

病院に到着したら、受付で初診ということを伝え、問診票を受けとります。そこで症状などを聞かれることは基本的にないので、恥ずかしいと思うこともありません。

 

順番が来たら、診察室で相談することができます。医師と会話しながら相談できるので、EDのことについて細かく相談してみてください。

 

ちなみに、会話の内容は問診票を見ながら進めることが多いですが、他にEDの方に合わせた問診票なども用意しているところがあります。

 

その場合は、医師から「勃起ができなくなったと感じたのはいつですか?」「朝勃ちなどはありますか?」「中折れすることはあるでしょうか?」というような内容で聞かれることもあります。

 

そういう質問に対しては、正直に答えていくようにしましょう。相手も専門家なので、質問の内容がより細かくなっても気にしないことが重要です。

 

問診が終わったら、検査をして診断という流れとなります。ここで具体的に血圧を測ったり、健康状態をチェックしたりすることになるはずです。

 

EDは原因も外的要因や内的要因、身体と心など色々なことが関係しています。それらを解明し、より具体的な治療のアドバイスを受けると良いです。

 

必要に応じた検査料金

検査でEDだと判明することも多いですが、必要な場合は追加での検査もあります。それぞれ内容も異なるので、しっかりと把握しておくことで、より治療の効果を高めていくことができるでしょう。

 

ただ、これらの検査も保険適用外で自由診療となるので、料金はそれぞれの病院によって異なります。

 

受診する前に、問い合わせて料金を確認しておくというのも良いかもしれません。以下、検査の例となります。

 

夜間陰茎勃起試験

こちらの方法では、レム睡眠に一致して勃起が発生するかどうかを検査します。正常な方だと、レム睡眠中に周期的に勃起が起こるのですが、EDの方はなかなか勃起できないこともあります。

 

神経や血管に異常が出ていることもあるかもしれません。方法としては、リジスキャンという専門の測定器で測定したり、陰茎バンドを用いて測定したりする方法があります。

 

人口勃起試験

陰茎の海綿体に薬剤を投与し、人工的に勃起を引き起こす試験がこちらです。実際に勃起の機能について調べることができ、海綿体が働いているかどうかも調べることが可能となっています。

 

勃起は海綿体と血液がとても深く関係しているので、こちらの検査も必要に応じて活用したいです。

 

カラードップラー試験

超音波によって血流を測定し、陰茎の血管状態がどのようになっているのかを検査するのが、こちらの方法となります。

 

勃起は血流が深く関係しているので、異常がないかどうか検査することが可能です。

 

DICC

こちらの方法は、特殊な薬剤を活用して、陰茎海綿体の圧力を測定する方法となります。一定の圧力を維持することができるかどうかで、勃起率なども調べることができるのです。

 

ちなみに、薬剤を注入してから異常の有無がどのように発生するのかも調べることができ、ED治療ではとても役立つ検査となります。

 

X線検査なども同時に行うことで、血管と血流をより細かく確認することも可能です。

 

このように方法は多々あるので、どの検査方法を用いるのかについては、医師と相談して決めてください。また病院によっては用意していないところもあります。

 

相談できる病院の中から、どのような検査や治療ができるのかをしっかり調べておくことをおすすめします。一番は受診予定の病院に問い合わせるのが良いです。

 

症状によって検査内容は異なる

ED治療は症状によって検査内容も異なります。単純にEDの症状というのは人によって違ってきます。

 

単純に勃起ができなくなったりする症状もあれば、勃起はできても勃起率が低くて中折れを引き起こす症状もあります。

 

また、生活の面では、朝勃ちの回数が少なくなったり、まったくなくなってしまうのもEDの症状と言えるでしょう。それらの原因は多岐に渡ります。

 

だからこそ、症状に合わせて的確な検査が必要となるのです。病院もそれぞれ自由診療扱いにしているのですが、患者の悩みを解消するという点を重要視しています。

 

だからこそ、豊富な検査内容から最適なものを選んで、それを実行していくことが必要となるのです。ただ、素人目で判断することはできないため、病院への相談が必要不可欠となるでしょう。

 

近年は海外などの治療薬を購入して使っている方も多いですが、EDの場合は原因を解明して根本的な治療をおこなわないと治りません。

 

原因があるのに薬で強制的に勃起させていては、あまり良い状況になるとは言えないでしょう。また、EDは原因も人によって違います。

 

肉体的疲労によって勃起できなくなることもあれば、精神的疲弊によって勃起できなくなることもあります。

 

運動不足が原因だったり、ストレスが原因だったり、実際には他の病気である可能性もあるのです。だからこそ、症状が違うということは、それぞれ原因が違うとも考えられます。

 

病院を受診する場合は、検査内容をしっかり把握して、的確な結果を導き出せるようにしてみてはいかがでしょうか。

 

直近の検診結果を持ち込むのもOK

ED治療をおこなう場合は、セカンドオピニオンとして受診する方も多いです。その場合は、直近の検査結果を持ちこむというのも良いでしょう。

 

実際に医師によって判断がそれぞれ異なるため、直近の健診結果によって判断することも可能です。より多くの意見をまとめていく方が、治療もより進めやすくなるでしょう。

 

 

 

また、健康診断をした場合などは、それらの結果も持っていくと良いです。患者の状態がどのようになっているのかを具体的に把握することによって、治療も効率的に進めていくことができるのです。

 

それは、ED治療においても重要なポイントとなります。最近ではセカンドオピニオンを利用する方も多くなっていて、前の病院で良くならなかったから違う病院に行くという人も多いです。

 

そういう場合にも、前の病院の診察内容が分かるものを用意しておくというのが良いです。

できれば半年以内のものが好ましく、長くても1年以内のものを持ちこむようにしてください。

 

EDは状況によって大きく変わってくるため、長い年月が経つと原因も症状も変わってくることがあります。そこはしっかり考えておくべきだと言えるでしょう。

 

初診料や再診料もお忘れなく

ED治療を受ける場合、初診料や再診料が必要となる場合があります。近年はそれらを必要としない病院も増えているものの、ここは注意しておくことが必要です。

 

そもそもED治療は自由診療なので、病院がそれぞれ決めた料金を支払うことが必要となります。そのため、初診料も再診料もそれぞれの病院によって異なるのです。

 

把握自体が難しいため、数千円という曖昧な表記となります。ただ、そもそも自由診療で薬代も高いということもあり、最近の病院では初診料や再診料がかからないところも増加しています。

 

そういうところに相談すれば、失敗することもなくなるでしょう。相談だけでも良いので、まずは話を聞いてもらうためにカウンセリングを受け、その後治療に入っていくということも可能です。

 

最近の病院はインフォームドコンセントを実施しているところが多いため、医師から治療を猛烈におすすめされたり、無断で診察に入ったりすることはありません。

 

患者が決めた上で治療をしていくことができるというのは、安心なのではないでしょうか。

ただ、それらの方針も病院によって異なるのが現状のため、利用する病院や診療所、クリニックに関してはしっかり調べてください。

 

そこで情報がわかって、初めて初診料や再診料について理解することもできます。ED治療の場合、問診だけで済むことも多く、そこでED治療薬を処方してもらって終了ということも多々あります。

 

病院によって診察から検査、治療の方法が違うため、いくつかの医療機関に相談してみるというのも良いかもしれません。

 

EDの治療方法と必要な料金

EDの治療方法は多種多様です。それぞれの患者に合わせて対応していくことが必要となるため、病院ではそれぞれ方法を考えて治療を提供しているのが特徴となっています。

 

EDの治療は手術で治すこともできますし器具で改善することも可能です。その他、心理療法やホルモン療法、薬物療法などが用いられることが一般的となっています。

 

どの治療方法を選べば良いのかわからないという方も多いですが、そこは医師が症状を見て判断してくれるので安心してください。

 

ちなみに、EDとは言っても原因が色々とあるし、対策も豊富です。一辺倒な考え方で対応すると良くならない場合もあるので、治療はいくつかの病院を受診するのも効果的となっています。

 

病院によって、まったく治療のアプローチが違ってくることもあります。ある医師は薬物療法をおすすめしてきたとしても、他の医師が心理療法をおすすめしてくるということもザラにあるのです。

 

その中で、どのように治療していくかは本人が決めることとなるのです。また、治療とは単に言っても、患者によって状況はまったく異なります。費用をそこまでかけたくない人もいれば、時間がない人などもいるのです。

 

そういう場合に合わせて医師が適切な判断をするので、そこは指示に従って決めていくことも必要です。

 

結果的にしっかりと治療ができる状態にしていく必要があるので、医師と合うかどうかも重要な指標となるでしょう。

 

治療を続けていく上で、自分に合っている医師も見つけていきましょう。実はこれが意外と重要な点で、合わない医師と治療を続けても時間がかかることがあります。

 

親身に相談に乗ってくれる医師を探し、その上で治療に専念できるようにしていきましょう。

 

 

ED治療薬を使った治療

EDの治療においては、色々な治療薬が活用されています。具体的な薬に関して知識を身に付けておけば、治療にも役立つかもしれません。ここでは、ED治療に用いられることが多い薬について紹介します。

 

シアリス

シアリスは勃起を促進し、長い時間効果を保つことができる薬となっています。時間にすると約36時間ほど効果が出るので、持続的にEDを改善したいという場合には、活用することができるでしょう。

 

服用のタイミングを考えたりする必要もないため、比較的自由に使っていくことができます。

 

特に精神的な面が関連してEDになってしまっているという方は、リラックスした状態でも使えるシアリスがおすすめです。

 

バイアグラ

日本でもかなりの知名度を誇るのが、バイアグラです。バイアグラはもともと勃起薬として知名度が高いですが、ED治療薬としても注目されています。

 

実際に世界中で利用者が多く、治療薬と言えばバイアグラという方もいるほどです。患者の中には、バイアグラを日常的に活用してEDと向き合っている方もいます。

 

勃起率が高く、それでいて持続時間もなかなかのものです。食事の影響を受けることがありますが、使い方さえ間違わなければとても効果的な治療約となっています。

 

EDの対処としては効果的となるので、日常的に持っていて損はないです。

 

レビトラ

レビトラもED治療薬の中では有名な薬となります。体内への吸収が早いということもあって、即効性があるのが特徴です。

 

食事の影響を受けることが少ないため、気が向いた時に服用して使うことができます。作用時間も長いということもあって、長く使っているという方も多いです。

 

愛用している方も増加傾向にあり、近年はバイアグラなどよりも使っている方が多いかもしれません。

 

それぞれのタイミングに合わせて使えるという点を考えると、即座に対応できるというのは魅力も大きいです。

 

バイアグラジェネリック

バイアグラは価格が高いと思っている方も多い薬です。しかし、2014年にバイアグラの特許が切れたことを受け、日本のジェネリック医薬品メーカーがバイアグラを開発しました。

 

それによって、比較的安価でED治療薬を手に入れることができるようになり、近年では重宝している方も多いです。ジェネリックなので、当然効果もしっかりと出てきます。

 

ED治療薬による治療は高いと思っている方も多いですが、近年は価格安い薬も登場しているので、ぜひ活用してみてください。それによって、下半身事情が根本的に変わってくるかもしれません。

 

近年は海外から個人輸入して使うという方が多いですが、基本的には専門医療機関で処方されたものを服用するようにしてください。

 

そうしないと、万が一の場合にトラブルになることもあります。海外で開発されている薬ももちろん、有名なものはあります。

 

ただ、あまり聞いたことがないような薬を個人輸入して服用するというのは危険です。くれぐれも医師の判断がない状態で、なおかつ勝手に薬を購入して使うというのは避けておきたいところです。

 

治療できないどころか、悪化してしまっては意味がありませんからね。ちなみにED治療薬の相場としては、1錠で1,000円~2,000円というものが多いです。

 

一見するととても高いですし、事実「高くて使えない」という方もいます。まとめて購入すれば数千円~1万円前後必要となることも多いです。

 

ただ、ジェネリックの開発や他のED治療薬の開発によって、より安価で効果のあるものも登場しています。それらを活用すれば、より違った性生活を送れるかもしれません。

 

薬以外の方法での治療

ED治療は薬を使うのがメジャーだったものの、近年は色々な治療方法が提供されています。

 

そもそも薬は完全にEDを治すというものではなく、一時的に勃起率を高めて対処するというものも多いです。それではEDを完全に治したとは言えません。

 

根本的な解決を望んでいるという方は、薬以外の方法で治療することも考えてみてください。例えば、薬以外の治療にはICI治療や陰圧式勃起補助具治療、ED1000治療などがあります。

 

それだけではなく、食生活から改善していくことなどもできますし、睡眠不足や運動不足などの生活習慣から変えていくことでも治療は可能です。ここからは病院で受けることのできる治療方法について解説します。

 

ICI治療

ICI治療は、別名陰茎海綿体注射と呼ばれる治療方法となっています。難しい言葉が続きますが、簡単に言えば陰茎海綿体に血管の働きを良くしてくれる薬剤を注入してもらう方法となります。

 

これによって勃起が誘発され、最初の勃起以降は何種類かの薬剤を投与しつつ、勃起を継続して誘発できるようにする治療方法となります。

 

自然に勃起できるようになるし、何より副作用も少ないものがあって人気の方法です。ただ、このICI治療は100%の効果を発揮するものではありません。

 

EDは人によって症状が異なるため、効果は60%~90%ということを理解しておくことが必要となります。特に難しい治療ではないため、その点も医師と相談しながら決めてみてください。

 

陰圧式勃起補助具治療

陰圧式勃起補助具治療というのは、疑似的な勃起状態を作り出す器具です。筒状の器具の中に陰茎を挿入し、そのままポンプで器具内を陰圧状態にしていきます。

 

そうすると、血液が流れ込んでくるようになるため、勃起状態を疑似的に誘発できるのです。

 

長時間利用することができない方法とはなりますが、血液がしっかりと陰茎に集中するため、自然な勃起に繋がります。

 

もちろん、この治療を繰り返していくことで、EDの治療を進めていくことも可能です。

誰も簡単に使用できるという魅力があるため、自宅で使用することもできるものとなっています。

 

そういう点ではICI治療よりも手軽で、恐怖心なども少なく済むのではないでしょうか。また、セックスの際にも90%ほどの確率で勃起できるため、非常に有効な治療補法となります。

 

ED1000治療

扱っている病院などはそこまで多くないかもしれませんが、効果的な方法として知られる治療法がED1000治療です。

 

この方法では、専門の機器を使って、患者の患部に衝撃を与える治療方法となります。血管の健康を促進し、新しく生まれ変わる血管をサポートする効果があります。

 

勃起は血管と血流がとても重要なので、常に新しく健康的な血管があれば、勃起率も高めることができます。ED患者の多くに効果が出ていて、80%ほどの効果が見込めます。

 

日本の臨床実験でも効果が証明されているということもあり、今後はさらに利用しやすいものとなっていくのではないでしょうか。

 

生活習慣の改善で行う治療

生活習慣を改善しないと、EDの根本的な解決にならないことがあります。特にEDは血管の病気や不調によって引き起こされることが多いですが、ストレスなども関係しています。

 

そのストレスというのは、生活習慣にも深く関係しているのです。食生活の乱れや睡眠不足、運動不足の方はEDにもなりやすいと言われています。

 

食事に関しては、高カロリーで高い塩分、高い脂肪のものは避けておくことが必要となります。逆にEDに効果的な食べ物としては、アーモンドや胡麻などが効果的です。

 

これらには亜鉛が含まれていて、その効果も大きいです。亜鉛は男性ホルモンのテストステロンの低下を抑えてくれる効果があるため、勃起や陰茎のサイズにも深く関係しています。

 

 

その他、ストレス軽減のためには、十分な睡眠が必要ですし、適度な運動も必要となります。それらの点もED治療の一環として実践してみてください。

 

他の方法と併せて行うこともある

その他、色々な方法を組み合わせてED治療をおこなうこともできます。例えば、飲酒や喫煙をしている方は、それらが原因となってEDになってしまっていることも多いです。

 

そういう方には禁酒や禁煙が効果的だと言えるでしょう。単純にED治療薬を服用していても、過度な飲酒や喫煙をしている場合は、効果が出ないことも多いです。

 

軽度の飲酒程度なら良いですが、喫煙はストレスを高めてしまうだけではなく、動脈硬化を悪化させ、血流も悪くしてしまいます。

 

それらをやめない限りは、根本的なED解決に繋がっていないこともあるので十分注意してください。

 

EDの治療費は高額?

EDの治療費は、自由診療になることもあって高額になることがあります。薬だけでも高いですし、手術などをする場合はより高くなることがあるのです。

 

根本的な解決に繋がる生活習慣の改善などから始めてみて、最終的な手段として病院に頼るのが良いかもしれません。

 

ED治療は基本自由診療

ED知慮は基本的に自由診療となっているので、料金も病院側が決めて良いことになっています。

 

つまり、病院が治療費を1万円に設定すれば1万円ということです。相場というのは決まってきていますが、病院によって違うことを知っておくべきです。

 

保険適用の条件

基本的にEDでは保険が適用されません。ただ、例えばEDの原因が生活習慣病などの病気にある場合、そちらの治療に保険を適用させることができます。

 

つまり、EDの治療自体は自由診療なので保険適用が難しいですが、他の原因となっている病気などの中には、保険が使えるものもあるということです。

 

男性更年期障害や性機能の損傷や障害、そういうものに関しては保険も適用される場合があるので、まずは原因の解明と医師への相談が重要となります。その上で、治療を進めていってください。

 

まとめ

EDで悩まされている方は、治療法とその料金についてしっかり把握しておきましょう。その上で治療を進めていくことをおすすめします。

 

EDに関連する記事