ED治療薬はジェネリックでも安心!?メリットやデメリットは?

ED治療薬と言えばバイアグラが圧倒的な知名度ですが、ジェネリックもいくつか登場しています。

一般的にジェネリックと言えば正規の薬品よりも安価に設定されるので、ED治療薬は欲しいけど、コストパフォーマンスをと考えている人にとってはジェネリックも気になるのではないでしょうか。

 

ED治療薬のジェネリックの種類

Thumb cialis third

ED治療薬にはジェネリックも登場しています。一般的にED治療薬といえばバイアグラが有名なのではないでしょうか。

 

バイアグラは登場時、医療の世界のみならず一般世間をも巻き込む程の大きなニュースとなりましたので、その衝撃から「バイアグラ」という名前をご存知の方も多いことでしょう。

 

そもそもバイアグラが登場する前は、国内では「ED」という認識そのものがなかったと言っても過言ではありません。

 

ともすればED等、勃起不全や勃起障害は揶揄や嘲笑の対象でした。しかし、バイアグラの登場のおかげでそれらは治療できるものだと分かりました。

 

それまで「仕方ない」と諦めていた人も、治療できるかもしれないと希望を見いだせるようになった点ではバイアグラが果たした役割はとても大きい一方で、バイアグラは正規の薬品になるので少々値段が高いです。

 

そこでジェネリックです。ED治療薬だけではなく、どのような薬にもジェネリックがあります。奇しくもバイアグラも登場から既に20年が経過し、著作権が切れたことによってジェネリックが登場しています。

 

ED治療薬は欲しいけど、でもバイアグラは高い…そのような患者にとって、ED治療薬のジェネリックにはどのような種類があるのか気になる部分もあるのではないでしょうか。

 

そこで、ED治療薬にはどのようなジェネリックがあるのかや、どこで入手できるのかなど、チェックしてみました。

 

バイアグラは先にもお話したように、知名度がとても高いです。そのため、「バイアグラを欲しがる」というだけで少々気まずいなと思ったり、恥ずかしい気持ちを抱いてしまう人もいるのではないでしょうか。

 

しかし、ジェネリックであれば安価なだけではなく、「バイアグラ」という名称を用いることなくED治療薬を入手できるので、抵抗感が薄れる人も多いのではないでしょうか。

EDは精神的な面にも起因しています。

 

「バイアグラ」という名称の知名度の高さから、羞恥心やプライドを損ねてしまったら結局はEDそのものを悪化させてしまうことにも繋がりかねません。しかし、ジェネリックであれば精神的な面での負担も和らげてくれます。

 

事実、ED治療薬のジェネリックはいくつか登場していますので、どのようなジェネリックがあるのか、種類や治療店など、チェックしてみるとしましょう。

 

シルデナフィル

Thumb sildenafil2

シルデナフィルはED治療薬のジェネリックの一つです。そもそも、バイアグラの主成分がシルデナフィルなのでこのような商品名のジェネリックとして流通しています。

 

国内流通量に関しては既にバイアグラよりもジェネリックであるシルデナフィルの方が多いほど。国内シェアは80%がジェネリックで20%がバイアグラとなっていることからも分かるように、すでにシルデナフィルを含むジェネリックの存在感が高まっています。

 

シルデナフィルは基本的にはバイアグラと同じ成分が含まれていますので、バイアグラ同様、医師の処方の元での服用が推奨されています。

 

ジェネリックなだけあって、様々な会社からシルデナフィルが販売されていますので、選択肢も豊富です。キッセイ薬品工業株式会社トーワといった製薬メーカーから販売されていますので、安心感もあります。

 

性行為のおよそ1時間前に服用し、作用時間はおよそ5時間程度。空腹時であれば30分程度でも作用します。食事と併用すると効果が半減する可能性があるので、食後2時間後の服用が推奨されています。

 

お酒との併用は特に問題ありませんが、一方で顔のほてりや目の充血といった副作用も確認されています。およそ9割以上にこれらの副作用の症状が確認されるので、副作用が出たからといっても慌てないようにしましょう。

 

これから紹介する他のジェネリックと比べると効果が短い点や食事の影響が出る点がデメリットですが、入手しやすい点が特徴です。タダラフィルやバルデナフィルは扱っていないものの、シルデナフィルだけは置いてあるクリニックも珍しくありません。

 

シルデナフィルを利用する注意点

 

シルデナフィルを服用する際に気を付ける点としてはやはり併用着禁忌薬の存在です。塩酸アミオダロン、硝酸剤はシルデナフィルとの相性が悪い薬品なので併用は控えましょう。

 

また、併用禁忌薬には指定されていないものの、ニトログリセリンも注意が必要です。

常日頃からニトログリセリンを服用している患者は、一度医師に相談した方が良いでしょう。

 

個人輸入する際にも注意が必要です。なぜなら偽物が多い点が挙げられます。ED治療薬のジェネリックの偽物の多さは世界的にも問題となっています。併用禁忌薬の存在と併せると、個人で購入して使用するリスクはとても大きいです。

 

心筋梗塞や脳梗塞・脳出血の既往歴がある場合には発症後から6か月以上であれば処方が可能です。

 

シルデナフィルの価格

 

シルデナフィルの価格は容量によって異なります。25mgで450円で販売しているクリニックもあります。

 

テバ薬品のシルデナフィルは50mgで1,000円前後で販売されています。シルデナフィルの価格に関してはクリニックによって微妙に異なりますので、先の数字を一つの目安として考えておくと良いでしょう。

 

容量が小さい方が安いですが、容量が小さければ効果も小さくなります。効果を確実にと考えているなら容量が多い方が良いですが、その分価格も高くなります。但し、これから紹介する他のED治療薬と比べると安価です。

 

自分自身の症状と併せて、どの容量のシルデナフィルにすべきかは、やはり医師と相談した方が良いでしょう。

 

タダラフィル

Thumb cialis0721

ED治療薬の一つ、シアリスの主成分がタダラフィルになります。シルデナフィルや後述するバルデナフィルと比べると自然な形で効果が表れるのがタダラフィルです。黄色の涙型の錠剤が目印です。

 

服用のタイミングの目安は性行為の3時間前。

10mgの服用で20時間から24時間、20mgの服用で30時間から36時間の効果が期待できます。

 

これだけの長時間効果が持続するED治療薬はタダラフィルのみです。確実な効果を期待する場合には性行為の3時間前ですが、時間が経過していてもある程度の効果を期待できる点が特徴です。

 

他の二つのED治療薬と比べると、じわりと効果を実感できます。

他の二つが比較的短時間のみの効果であるのに対し、タダラフィルはほぼ一日効果が期待できるので、いつ性行為になるのか分からない人にとっては心強いのではないでしょうか。

 

食事の影響を受けにくい点も特徴です。他の二つのED治療薬は食事の影響を受けます。服用からの効果持続時間を計算し、どのタイミングで服用するのかが求められます。

 

予定外のことが起きたり、自分の想像していた展開とは違う展開が待っていたため、服用したものの上手く効果を実感出来ないケースもあるのではないでしょうか。

 

その点タダラフィルは食事の影響を受けにくく、先述したように持続時間も長いのでいつでも気軽に服用できます。

 

細かく時間を計算することもなく、とりあえず服用しておくだけでも一定の効果を期待できる点は他の二つのジェネリックにはない特徴です。

 

但し、他のジェネリック同様空腹時に服用した方が体内への吸収も高まりますので、持続時間を考えると食後の服用よりも、食前の服用がオススメです。

 

副作用の低さも特徴です。頭痛、潮紅、ほてり、消化不良といった副作用が確認されていますが、発症率はおよそ3割。他の二つのED治療薬の副作用発症率が9割以上なので、副作用が心配な方にもオススメです。

 

タダラフィルを利用する注意点

 

タダラフィルを利用する際の注意点としてはまずは併用禁忌薬の存在です。他のジェネリック同様硝酸剤が挙げられますが、アデムパス錠にも注意が必要です。アデムパス錠は慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬です。

 

併用した場合、症候性低血圧を起こす可能性があります。細胞内のcGMP濃度の増加によって全身の血圧に影響を及ぼすおそれがあるからです。脳梗塞や脳出血の既往歴がある患者は発症後半年、心筋梗塞の既往歴がある患者は発症後三か月以降の処方になります。

 

血液透析中の場合、効果が増強するので薬剤を割り、5mg、あるいは10mgなど少量から慎重に投与し、経過を観察することが求められます。

 

タダラフィルの価格

 

タダラフィルの価格の相場は10mgが1,700円、20mgが1,800円です。クリニック等によって価格は多少変わりますが、他の二つのジェネリックと比べると高額の傾向にあります。

 

効果の持続時間を考えるとコストパフォーマンス的には悪くはありませんし、高いと言っても数百円に満たないレベル。コストだけで考えるのではなく、自分自身のパートナーとの性交渉等を踏まえて購入した方が良いでしょう。

 

バルデナフィル

Thumb levitra20mg

ED治療薬、レビトラの主成分がバルデナフィルです。オレンジ色の丸形の治療薬が特徴で、5mg、10mg、20mgの3種類が用意されています。ED治療薬の中で最も速効性が高いことで知られています。

 

作用時間は10mgでおよそ最低5時間、20mgで最大10時間程です。性行為の1時間前の服用が理想で、空腹時だと服用後20分程で作用します。食事の影響を受けるので、食後2時間後か、空腹時の服用がオススメ。

 

食事の影響を受けないと誤解している人が多いのですが、具体的な目安として摂取量が700Kcal以下、脂質が23.3g以下の食事であれば影響が受けないと考えられます。

 

バルデナフィルの有効成分は小腸より体内に吸収されるのですが、脂質が腸にバリアーを張ることによって吸収を妨害します。

脂質が多ければ多いほど、より強固なバリアーが腸にできるので、カロリーだけではなく、脂質にも注意しなければなりません。

 

お酒との併用は適量であれば特に気にすることはありませんが、深酒には注意が必要です。

 

副作用は顔のほてり、頭痛、目の充血など、これらはシルデナフィルと同じです。副作用の発症率も9割以上でこの割合もシルデナフィルとほぼ同じ水準です。

国内でのデー

 

タダラフィルと比べると少々個性が異なるものの、シルデナフィルと比べると似ている部分も多い点が特徴です。

 

 

バルデナフィルを利用する注意点

 

バルデナフィルにも併用禁忌薬があります。硝酸剤、抗ウィルス薄り、内服の抗真菌薬、抗不整脈薬、慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬です。

 

HIV治療薬、網膜色素変性症、血液透析の患者も処方できません。他の二つのED治療薬と比べると、併用禁忌薬や注意点が多いので服用の際には必ずかかりつけの医師に相談しましょう。

 

心筋梗塞や脳梗塞、脳出血の既往歴がある場合でも発症後6か月以上経過していれば問題ありません。

 

シルデナフィルと同じ、あるい少々長い時間の効果が期待できる一方で、シルデナフィルよりも細かい部分に気を付けなければなりません。面倒に感じるかもしれませんが、効果までのタイミングが一番早い点が魅力です。

 

バルデナフィルの価格

 

バルデナフィルは10mgで1,500円、20mgで1,800円が相場です。クリニックによっては多少の違いがありますので、この価格を目安にするとよいでしょう。

 

他の二つのED治療薬と比べると、シルデナフィルより高く、タダラフィルよりは安い相場が形成されています。

 

しかし、価格相場で選ぶよりもパートナーとのタイミング等を踏まえ、自分に適したED治療薬を服用することが望ましいです。

 

ED治療薬のジェネリックはどこで入手できるのか

Thumb tonic toha0729

これまでED治療薬を紹介してきましたが、ED治療薬のジェネリックをどこで入手できるのかも調べてみました。

 

ジェネリックであればより安く購入できます。また、同じ成分を用いて製造されている以上、効果も「同水準」と考えてよいでしょう。ジェネリックで入手しやすくなるなら服用を考える人もいるのではないでしょうか。

 

しかし、ED治療薬のジェネリックを入手するにあたって気を付けなければならないことは「本物なのか」という点です。

 

海外からの輸入に頼った場合、「ジェネリック」と謳われているものの、成分が全く異なる「偽物」も珍しくありません。

 

個人輸入も決して難しくはない時代ではありますが、個人輸入に頼った場合、併用禁忌薬の存在もチェックしなければなりませんし、さらには偽物なのかも考慮しなければなりません。

安さを求めて個人輸入でED治療薬のジェネリックを購入したものの、全くの別物を掴まされる可能性もあります。

 

それらの事情を考えると、ED治療薬のジェネリックは国内のクリニックで入手するのがベストです。

医療機関であればジェネリックも安心感がありますし、仮にジェネリックを服用して自分の体調に変化が生じた場合、医師の責任の下で治療が行われます。

 

被害を最小限に食い止めることも可能なので、ED治療薬のジェネリックはできれば国内のクリニックにて入手したいところ。

 

しかし、シルデナフィルであれば問題ないものの、他の二つのED治療薬に関しては実は難しい事情が付いて回ります。

 

シルデナフィル

Thumb nayamashiikao

ED治療薬、バイアグラのジェネリックの入手は簡単です。こちらに関しては国内のクリニックにて入手できますので、ED治療でクリニックに足を運べば、選択肢として用意されています。

 

バイアグラは登場から長い月日が経過していることもあり、既に特許が切れていますのでジェネリックも登場していますし、今後ジェネリックが登場する可能性もあります。

 

バイアグラよりも安価で同じ成分なので、少しでも安さにこだわるのであればシルデナフィルを購入すると良いでしょう。

 

ED治療薬は毎日服用するものではなく、必要な時だけ服用するものなので値段にこだわらないという人もいれば、パートナーとの性交渉の頻度は人それぞれです。

 

ジェネリックの場合、正規のバイアグラよりも数百円程度安いので、頻度が多ければ、その分消費するED治療薬も多くなります。

 

少しでも安くしたいと考えるのであればジェネリックを頼るとよいでしょう。

 

タダラフィル

Thumb netsyopowner

タダラフィルのジェネリックの入手は極めて難しいです。タダラフィルはシアリスの主成分になりますが、シアリスそのものの特許が切れていません。

 

つまり、法律的な面からジェネリックが作れない期間です。シアリスに関しては特許の出願日が2000年の4月です。特許は20年なので、少なく見積もっても2020年の4月まではジェネリックは登場しません。

 

国内だけではなく、世界でも共通の認識ではあるのですが、インドのように事実上特許を無視してジェネリックを発売している国もありますので、タダラフィルのジェネリックも登場しています。

 

インドは法律的な面から、2005年以前の特許に関してはジェネリックも事実上認められてしまっています。

そのため、タダラフィルのジェネリックもあるのですが、先述したように正規品ではない可能性も高いだけに、リスクもあります。

 

タダラフィルを服用したいのであれば正規品とも言うべき、シアリスを購入するか、あるいはジェネリックの解禁まで待つべきです。

 

バルデナフィル

Thumb amazondanball

バルデナフィルもまた、主成分となっているレビトラの特許が有効なのでジェネリックは存在していません。

 

レビトラの特許情報を見てみると、2018年の10月31日とあります。つまり、解禁が迫っているので、バルデナフィルを用いたレビトラのジェネリックが誕生する日は遠くはないかもしれません。

 

また、こちらもタダラフィル同様海外、特にインド製のジェネリックがありますが、タダラフィルと同じ理由で個人での輸入はリスクを伴います。

 

ED治療薬のジェネリックの副作用が気になる

Thumb hukutsu

ED治療薬を使用する場合、気になるのは副作用なのではないでしょうか。先にシルデナフィル、バルデナフィル、タダラフィルの副作用も紹介しましたが、ジェネリックも基本的には主成分が同じなので副作用も同じです。それぞれの副作用や併用禁忌薬も同じです。

 

但し、「ジェネリックはどうなのか」という点は気になっている人も多いのではないでしょうか。

 

ED治療薬の正規品ではなく、ジェネリックは安いから副作用をはじめ、正規品よりもリスクがあると考えている人も多いのですが、実際には新薬とジェネリック医薬品の安全性は同じです。

 

では新薬とジェネリックの違いは何かと言えば、有効成分以外です。薬の形状、色、味、添加物です。副作用に直接関連するのは添加物程度ですが、添加物が増え過ぎればジェネリックではなく、違う薬になります。

 

そもそも、薬における添加物とは薬のコーティング部分等なので、効果そのもには影響がありません。

 

バイアグラと比べてどうか

Thumb vgr50

バイアグラと比べて副作用の可能性はといえば、「同じ」です。新薬であるバイアグラの方が安全なのではないかと思っている人は多いのですが、バイアグラもジェネリックも副作用の発症率や注意点等、すべて同じなので決してバイアグラより劣っていることもなければ、バイアグラよりも優れていることもありません。

 

2018年7月現在、ED治療薬のジェネリックが登場しているのはバイアグラのみです。タダラフィルやバルデナフィルは登場していませんが、仮にジェネリックが登場しても、効果や副作用は新薬と同等です。

 

ED治療薬のジェネリックを服用できない人

 

ED治療薬のジェネリックを服用出来ない人は、こちらも新薬と同じです。それぞれ併用禁忌薬をご紹介しましたが、ジェネリックであっても同じです。症状に関しての注意事項もありますが、こちらも新薬と同じです。「ジェネリックだから大丈夫」や「ジェネリックだから危険」ということはありません。

 

持病のある人は注意

 

持病のある人は気を付けなければなりませんが、こちらも新薬と同じです。シルデナフィル、バルデナフィル、タダラフィルそれぞれ微妙に異なりますが、ジェネリックであっても同じです。

今後登場するジェネリックでも同様なので、先の説明で該当する人は気を付けましょう。

 

 

ED治療薬にデメリットはあるのか

Thumb tantousya2

ED治療薬にはデメリットはないのか。副作用という点がある意味ではデメリットなのですが、他にはデメリットがないのかチェックしてみました。

 

EDで悩んでいる人にとってはED治療薬の存在ほどありがたいものはありません。しかし、EDを改善できたとしても他の症状で悩まされることになってしまったら意味がありませんので、デメリットも考慮しなければなりませんが、副作用程度なもので他にはデメリットはありません。

 

副作用や併用禁忌薬を頭に入れておけば、ED治療薬の服用に問題はありません。

 

バイアグラよりも優れている所

 

ED治療薬のジェネリックがバイアグラより優れている点は一点のみです。これまで何度か話に出たように、「価格」です。数百円程度とはいえ、大きいと感じる人もいるのではないでしょうか。同じ成分、同じ効果。同じ副作用でも、ジェネリックの方が数百円程度安い相場を推移しています。

 

どのような人に向いているのか

 

新薬よりもジェネリックの方が安いので、頻繁にED治療薬を必要とする人はジェネリックの方が向いています。性行為の頻度の問題もありますし、複数のパートナーを抱えている男性もいるかもしれません。その場合は安い方が経済的にも良いのではないでしょうか。

 

また、どうしても「ジェネリック」という言葉に拒否反応を持っている人もいます。同じ成分、同じ効能だと言われても「新薬じゃないと」とこだわる人もいます。

 

一方で、ジェネリックという言葉に対して何ら抵抗がない人もいますが、そのような人にもED治療薬のジェネリックは向いています。

 

 

まとめ

Thumb l%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%97%e3%83%88%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%b3%e5%8a%b9%e6%9e%9c %e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88 05

ED治療薬のジェネリックに関していろいろとお話をさせてもらいました。基本的には新薬と同じではあるものの、バルデナフィルとタダラフィルに関してはジェネリックが解禁していません。そのため、入手そのものが困難です。

ジェネリック解禁となるまでは、新薬を用いて活用した方が無難ですが、バイアグラに関してはジェネリックも流通していますので、値段を考えてジェネリックを活用するのも悪くはありません。

シルデナフィル(箱付き)
出典:http://www.xn--hckqz9b9bykn734dm0f.com/viagra/sildenafil.html
シアリス
出典:https://makoto-store.com/product/425
レビトラ20mg
出典:http://samuraiclinic.com/ed-levitra/
バイアグラ(箱付き)
出典:https://www.united-omiya.com/ed/ed01/

ED治療薬に関連する記事