公開日

更新日 18年09月07日

ED(勃起不全)とは何!?症状や原因、最新の治療方法を徹底解説

「EDとは何ですか?」と訊かれてあなたは説明できますか? EDという単語を目にしたことはあっても、具体的に何を指しているのか分からない、という人が多いかもしれません。

自分はEDかもしれないと思っている人の中には、どこまでが正常でどこからがEDなのか気になっている人もいるでしょう。

この記事では、EDとは何か、EDの症状にはどんなものがあるのか、EDになる原因やEDと深く関わっている生活習慣病についてご紹介していきます。

記事の後半では、EDの治療方法にはどんなものがあるのか、費用の目安などもご紹介しますので、EDの治療を受ける際の参考にしてください。

 

EDとは何か?

Thumb notebook

EDとは何か、という問いに答えるために、まずはEDという単語の成り立ちについて見てみることにしましょう。

 

EDとは

EDとは、「Erectile Dysfunction」という言葉の頭文字を取ったものです。「Erectile Dysfunction」は直訳すると「勃起機能の低下」となりますが、日本語では「勃起不全」と訳されることが多いようです。

勃起不全という文字からはまったく勃起しない状態を表しているような印象を受けますが、専門的には「満足な性交をするための勃起が維持できない状態」はすべて勃起不全とみなされます。

専門的には「性交時に十分な勃起が得られないため、あるいは十分な勃起が維持できないため、満足な性交が行えない状態」とされています。

日本新薬

例えば、性欲はあるのになかなか勃起しない、完全に勃起するまでに時間がかかってしまう、勃起しても途中で萎えて挿入できない、勃起しない時があった、などの状態を経験したことはありませんか?これらはすべて、EDの症状だと考えることができるのです。

 

EDの症状

EDの症状は人によってさまざまです。 性欲はあって興奮もしているのに勃起しない、勃起はするものの十分に硬くならず挿入に至らない、場合によって勃起しないことがある、挿入はできても途中で萎えて抜けてしまう、勃起はするが長続きしないなど、性交が最後までできなかったり満足な性交ができない状態は、すべてEDの症状に含まれます。

EDの症状を正しく知るためには、まず勃起がどのようなメカニズムで起きているのかを知る必要があります。 勃起は、五感を通じて性的刺激を受けることによって起こります。

性的刺激を受けた時、脳の中枢神経から性的興奮を覚えているという情報が信号として陰茎に送られます。陰茎が信号を受け取ると、陰茎の中にある陰茎海綿体の動脈が大きく拡がり、血液が陰茎に流れ込みます。この結果、陰茎海綿体が大きく膨れ上がって硬くなるのです。

陰茎海綿体が硬くなることによって陰茎の静脈は圧迫されるので、陰茎に流れ込んだ血液が陰茎の中に留められ、勃起が維持されるという仕組みになっています。 勃起は、性的刺激を受けた時に陰茎が硬くなることだと単純に捉えがちです。

しかし実際に勃起が起こり維持されるためには、性的刺激を受けたという信号が正しく脳から出されること、脳が出した信号を陰茎が正しく受信することなど、さまざまな機能が正常に働いている必要があるのです。

 

EDになる原因は?

Thumb medical

EDとは、正常な勃起を維持できないために満足な性交ができない状態を指します。つまり、正常な勃起を起こすメカニズムにおいていずれかのステップが正常に働かないと、まったく勃起しなかったり勃起を維持できない状態になるということです。

 

器質性ED

器質性EDとは、神経や血管の障害が原因で起こるEDです。勃起の際に脳から陰茎へ送られる信号が正しく伝達されなかったり、信号は正しく送受信されているのに血管が拡張しない、血液が陰茎に流れ込まないなどの理由でEDになるケースです。

器質性EDでもっとも多いのは、動脈硬化によるものです。動脈硬化は加齢によっても起こりますが、糖尿病や高血圧などの生活習慣病が原因になっていることもあります。

動脈硬化を起こした血管は、硬くなってしなやかさを失い、拡張や収縮が正常に行われにくくなっています。陰茎の血管が動脈硬化を起こしていると、性的刺激を受けた時に脳から送られる信号を陰茎が受信しても、血管が拡がらないために血液がスムーズに流れ込まず、勃起が起こりにくくなるのです。

また、脳出血やアルツハイマー病などの神経が侵されることによって起こる病気にかかっている場合や、陰茎の神経や血管に障害が残るような怪我や手術などを受けた場合にも、陰茎の血管に血液が流れ込むというメカニズムが働かず、EDの症状が出ることがあります。

このように器質性EDとは、加齢や病気、怪我や手術などにより神経や血管に障害があるために起こるEDのことを指しています。

 

心因性ED

心因性EDとは、心理的なストレスが原因で起こるEDです。五感を通じて受けた性的刺激が脳で正しく処理されなかったり、脳から陰茎に正しく信号が送られなかったりすることによって起こります。

心因性EDは、心理的なストレスの原因によって、現実心因と深層心因に分けられます。 現実心因によるEDとは、日常生活(=現実)における心や体のストレスが原因のEDです。

働き盛りの男性に多いのは、仕事が忙しい、睡眠が足りない、仕事でトラブルを抱えているなど、仕事で受けるストレスが原因となっているものです。

また、過去に性交で失敗してしまった経験や、自分の陰茎に関する悩みやコンプレックスが原因となっていることもあります。 深層心因によるEDとは、心の深層にある悩みや不安が原因のEDです。日常生活にはストレスがないことが多く、本人にも自覚がないため、原因の究明が難しいという特徴があります。

器質性EDを疑って検査をしても異常が見付からず、心療内科や精神科を受診して初めて原因が分かるということもあります。 最近の少子高齢化に伴って増えているのが、妊活のプレッシャーから来る心因性EDです。

排卵日に合わせて性交と射精をしなければいけないというプレッシャーからEDになってしまうケースです。 このように心因性EDとは、日常生活や深層心理におけるストレスが原因で起こるEDのことを指しています。

 

混合性ED

混合性EDとは、器質性EDと心因性EDの両方が原因で起こるEDです。何らかの理由で神経や血管の障害が起こり、正常な勃起が維持できずに満足な性交ができないという経験をしたことから、また失敗するかもしれないというプレッシャーを強く感じてEDになるケースです。

混合性EDは、器質性EDと心因性EDの両方を解消する必要があります。特に心因性EDが深層心因の場合、本人には思い当たる点がなかったり自覚がなかったりするので、原因を特定するまでに時間がかかってしまうことが多いようです。

このように混合性EDとは、神経や血管の障害が原因で起こる器質性EDと、日常生活や深層心理のストレスが原因で起こる心因性EDの双方が原因となっているEDのことを指しています。

 

薬剤性ED

薬剤性EDとは、ある特定の薬剤を服用していることによって起こるEDです。原因となる薬剤はさまざまで、中枢神経に作用する抗うつ薬や解熱鎮痛剤、末梢神経に作用する抗コリン薬や鎮痙剤、循環器系に作用する利尿剤や降圧剤などが挙げられます。

勃起は、脳から出された信号が陰茎に伝わることによって起こりますが、中枢神経や末梢神経に作用する薬を服用していると、脳から陰茎へ信号が伝達されるのが阻害される可能性があるのです。

抑うつ状態にある人はEDを発症することが多いとされていますが、これは抗うつ薬や睡眠薬、鎮静剤などが中枢神経に作用した結果であると考えられます。

循環器系に作用する利尿剤や降圧剤はEDの原因となることがありますが、そのメカニズムは解明されていません。しかしこれらの薬を服用していると副作用としてEDが発現する可能性が高いとされています。

 

EDと生活習慣は関係ある?

Thumb runner sunset

EDはその原因によって器質性ED、心因性ED、混合性ED、薬剤性EDの4種類に分けられることをご紹介してきましたが、EDは生活習慣とも深く結び付いていると言われています。

例えば健康診断で血圧が高いと言われたことがある人や肥満を指摘されたことがある人は、EDの自覚症状がなくてもED予備軍である可能性が高いと言えます。 それでは、EDと関係があるとされる生活習慣病について詳しく見ていくことにしましょう。

 

血圧が高い人

血圧が高い人は、EDになる可能性が高いとされています。 心臓から血液が送り出される時、心臓が収縮すると同時に動脈の血管が押し拡げられます。

この時に血管にかかる圧力が、血圧です。血管がしなやかで弾力のある状態を保っていると、心臓から血液を送り出す時にスムーズに血管が拡がるので、血管に必要以上に圧力がかかることはありません。

高血圧の人の場合、血管に常に圧力がかかっている状態になるため、血管の壁が圧力に耐えるために厚く硬くなろうとします。硬くなった血管はしなやかさや弾力性を失い、血液がスムーズに流れない状態を引き起こします。これが動脈硬化と呼ばれる状態です。

高血圧により血管壁に高い圧力がかかると細動脈壁が厚くなり、動脈硬化が進行します。

テルモ

高血圧が続くことによって、圧力に耐えるために血管の壁が厚く硬くなり、血管はしなやかさや弾力性を失い、動脈硬化が進みます。陰茎で動脈硬化が起きることにより陰茎の血管に血液がスムーズに流れ込まなくなるため、勃起が起こりにくくなるのです。

 

血糖値が高い人

血糖値が高い人も、EDになる危険性が高いとされています。 食事などによって炭水化物を摂取すると血糖値が上がり、運動などによってブドウ糖を消費すると血糖値が下がります。

健康な人は、インスリンなどが正しく作用するので血糖値が極端に上下することはありません。つまり、インスリンの分泌が減ったり働きが悪くなったりすると、血糖値が高いままになってしまうことがあるということです。

血糖値が高い状態が続くと、網膜の血管に障害が起きる糖尿病網膜症、腎臓の働きが悪くなることによって起こる糖尿病腎症、神経に障害が起きる糖尿病神経障害などの症状が出てきます。

これらの症状は糖尿病に特徴的な合併症で、細い血管に見られることから細小血管症とも呼ばれています。

神経が障害され、信号がすばやく体のすみずみまで伝達するという働きが低下します。

糖尿病サポートネット

陰茎にある動脈もまた細い血管なので、血糖値が高い状態が続くことによって障害を受ける可能性が高いと言えます。また神経に障害が起きることによって脳から陰茎への信号が正しく伝達されなくなるため、正常な勃起が起きにくくなる可能性が出てくるのです。

 

 

肥満や運動不足の人

肥満体型または運動不足の人も、EDになる可能性が高いとされています。 肥満はさまざまな健康上のリスクをもたらすとされていますが、EDと特に関係があるのは心臓にかかる負担が大きくなるリスクです。

肥満になり体が大きくなると、毛細血管もその分長く伸びます。すると心臓は、今までより遠くへ血液を送らなければならなくなり、心臓に負担がかかります。 また、脂質異常症(高脂血症)、動脈硬化の進行を加速させる危険性が高まります。

CLUB Panasonic

脂質異常症とは、体内で脂質の流れがうまく調節できなくなり、血液中に悪玉コレステロールや中性脂肪が多くなりすぎている状態を指します。多すぎる悪玉コレステロールは血管の壁に取り込まれるため、動脈硬化が進みやすくなるのです。

脂質異常症(高脂血症)をほうっておくと、血管の動脈硬化が少しずつ進んでいき、やがて心筋梗塞や脳卒中などの深刻な病気を引き起こしかねません。

アステラス製薬

肥満は、脂質異常症による動脈硬化を引き起こす危険性があります。全身の動脈硬化が進むと陰茎の血管でも動脈硬化が起きるので、正常に勃起が起こらなくなる可能性があると言えるのです。

 

EDはどこで治療できる?

Thumb doctor lady

EDとは何か、症状や原因、関係が深い生活習慣についてご紹介してきました。思い当たる症状や原因があった人や、自分はEDだと確信を持った人もいるかもしれませんね。

EDについて相談したい、EDの治療を受けたいと思った時は、どこに行けばいいのでしょうか。ここでは、ED治療を受けられる医療機関についてご紹介していきます。

 

一般病院

糖尿病や心臓病などの持病があって既に通院や投薬などの治療を受けている場合、まずは主治医に相談するのがED治療への一番の近道です。また近所のクリニックなどかかりつけ医がいる場合には、かかりつけ医に相談するのもひとつの方法です。

一般病院でEDについて相談する場合は泌尿器科に行くのが一般的ですが、実はEDの治療はどの科でも受けられます。医療機関によっては男性科や男性更年期外来など専門の窓口が設けられていることがありますが、薬を服用することになった場合にはどの科でも薬を処方してもらうことができます。

ただし男性科や男性更年期外来など専門の窓口ではない場合、EDを専門とする医師の診察を受けられるわけではないことに注意が必要です。EDの症状を改善する手段として薬剤の処方を受けることはできても、EDを引き起こす原因となっている病気や症状については適切な治療が受けられない可能性があるからです。

器質性ED、心因性ED、混合性ED、薬剤性EDのいずれの場合も、原因となっている症状や病気が必ずあります。特に動脈硬化や糖尿病は、放置していると命に関わる病気です。EDの症状を自覚した場合、EDの根本的な原因を突き止め、適切な治療を受ける必要があります。

EDの治療は基本的に自由診療となり保険の適用外ですが、EDの原因となっている病気が明らかな場合など保険の適用内でEDの治療を受けられる場合があります。EDの治療は高額になりがちですが、原因を明らかにすることで費用負担を減らせる可能性があるので、EDを専門とする医師の診察を受けることが欠かせないのです。

 

男性専門クリニック

男性専門クリニックでは、EDやAGAなど男性特有の悩みに特化した治療を受けることができます。 男性専門クリニックでは、医師を含めてスタッフは全員男性だったり、受付から精算まで名前ではなく番号で呼出されたり、診察の際に担当医師以外のスタッフは診察室に立ち入らないなど、プライバシーに配慮した診察を受けられるのが大きな特徴です。

通常は薬を服用することになった場合は処方箋を調剤薬局に持ち込んで薬を調剤してもらう必要がありますが、男性専門クリニックでは診察の際に直接医師から薬を手渡しで受け取れるところがほとんどです。

EDの治療は自由診療が中心なので、医療機関によって治療にかかる費用はまちまちです。ほとんどの医療機関がホームページなどで料金を明らかにしていますので、事前にチェックしておくと安心です。

一般病院では診察を受けると必ず診察料がかかりますが、男性専門クリニックの場合は初回のカウンセリングは無料のところが多いので、まずは男性専門クリニックで相談してみるのもよいでしょう。

 

EDの治療方法は?

Thumb medicine injection

EDを治療する方法としては、ED1000と呼ばれるED治療専用の機械を使った低衝撃波治療、陰茎海綿体に自分で注射を打つICI治療、ED治療薬を服薬する方法などがあります。

ED治療薬は一般病院でも処方を受けることができますが、ED1000による低衝撃波治療やICI治療は男性専門クリニックで受けることになります。特に陰茎海綿体自己注射によるICI治療は、日本では認可されていない治療法のため、医師の指導の下で自己責任で行うことになります。

またどの治療法も基本的には自由診療のため、治療費が高額になることに注意が必要です。 それでは、それぞれの治療法について詳しく見ていくことにしましょう。

 

ED1000による低衝撃波治療

ED1000による低衝撃波治療は、ED1000と呼ばれるED治療専用の機械を使い、陰茎とその周辺部に低出力の衝撃波を照射し、血管の新生を促すという治療方法です。

ED1000には高電圧の放電を利用して高エネルギーの衝撃波を発生させる装置が付いてます。

そこで発生させた衝撃波を、治療部位である陰茎および周辺部に低い出力で照射すると、組織内部では新しい血管をつくる働きが促されます。

血管が新生されて新しい血管が増えることによって、海綿体への血液供給量が増大し、勃起が可能になります。

ED治療ナビ

糖尿病や生活習慣病が原因で動脈硬化が進んでしまっている場合、ED1000による低衝撃波治療を受けることによって陰茎に新しい血管が作られ、陰茎への血流が改善され、正常に勃起が起こるようになることが期待できるのです。

ED1000による低衝撃波治療は、比較的新しい治療方法です。機械を導入している医療機関が少ないため治療費もかなり高額になりますが、EDを根本的に治療できる方法として注目されています。 ED1000を導入している医療機関と、1回あたりの治療費の目安は以下の通りです。

【テーブル1】

実際に治療を受ける場合には、1クール12回、2クール24回など症状に合わせて長期的かつ継続的に受けることになります。受ける期間が長くなるほど費用負担が軽減されるようになっている医療機関もあるので、事前にホームページなどで確認しておき、さらにカウンセリングの際に具体的な金額を出してもらうと安心です。

 

陰茎海綿体自己注射によるICI治療

陰茎海綿体自己注射によるICI治療は、陰茎海綿体に薬剤を注射して陰茎の動脈を拡張させ、強制的に勃起を起こす方法です。 脳から陰茎に信号が送られると、陰茎では血管を拡張する作用が起こります。

しかしこの時、血管を収縮させる働きを持つ酵素が同時に作用することがあり、血管が拡張せずスムーズに勃起が起こらないことがあります。ICI治療では、血管を収縮させる酵素の働きを阻害する薬剤を注射することによって、陰茎の血管が拡張するのを助け、スムーズに勃起が起こるように促すのです。

ICI治療は日本では認可されていない治療方法で、注射をしてから5~10分前後で勃起が起こるため、事前に医師の指導を受けた上で、性交を行う直前に自己責任で陰茎に注射を打つ必要があります。 ICI治療を受けられる医療機関と、初診および2回目以降の診察にかかる治療費の目安は以下の通りです。

【テーブル2】

※1 やまなかクリニック(大阪)では、事前に予約をした上で医師の診察を受け、ICI治療を受けられるかどうか判断してもらう必要があります。症状によってはICI治療を受けることができない場合もあります。

※2 ICIクリニック(全国)は、完全予約制の往診専門クリニックです。診察料以外の費用は請求されませんが、薬剤代と専用の注射器代が別途必要になります。初診料が28000円、再診料が3500円、1回分の薬剤が12500円、専用の注射器が26500円となっています。

 

ED治療薬の服用

ED治療薬を服用する方法は、比較的安価な治療方法です。一般病院を含むほとんどの医療機関で処方を受けることができ、性交を行う前に薬を飲むだけという手軽さもあり、手を出しやすい治療方法だと言えるでしょう。

日本国内で認可されているED治療薬は、バイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類と、バイアグラの後発医薬品であるシルデナフィルです。いずれも医師の処方箋による処方薬として服用する必要があり、性的刺激を受けることによって効果が発現します。

ICI治療のように強制的に勃起を起こすものではないため、性的刺激がなければそのまま薬の効果は一定時間が経過することで消失するという特徴があります。 それでは、それぞれの治療薬の特徴を簡単に見ていくことにしましょう。

 

バイアグラ

バイアグラは、ED治療薬としてもっとも有名な薬です。米ファイザー社によって開発された世界初の経口ED治療薬で、日本では1999年に日本ファイザー社から発売されました。

バイアグラの有効成分はクエン酸シルデナフィルで、血管を収縮させる働きを持つ酵素の作用を阻害することで、スムーズな勃起を助けます。目の充血や顔のほてり、動悸や頭痛などの副作用が見られますが、一定時間が経過すると副作用は消失するのが一般的です。

硝酸系薬剤との併用は禁忌とされているため、持病で薬を服用している場合には必ず医師や薬剤師に確認が必要です。最悪の場合は命に関わる事態を引き起こす可能性もあるため、自己判断で服用することは絶対に避けましょう。

 

レビトラ

レビトラは、独バイエルヘルスケア社で開発された経口ED治療薬で、日本では2004年6月から販売が開始されました。 レビトラの有効成分はバルデナフィル塩酸塩水和物で、クエン酸シルデナフィルと同様に血管を収縮させる働きを持つ酵素の作用を阻害し、スムーズな勃起を促します。

顔のほてりや動悸、頭痛などの副作用が見られますが、一定時間が経過すると副作用は消失するとされています。 バイアグラと同様にレビトラも、硝酸系薬剤との併用は禁忌とされています。

 

シアリス

シアリスは、米イーライリリー社で開発された経口ED治療薬で、日本では2007年に日本イーライリリー株式会社から販売されるようになりました。

シアリスの有効成分はタダラフィルで、クエン酸シルデナフィルやバルデナフィル塩酸塩水和物と同様に血管を収縮させる働きを持つ酵素の作用を阻害します。顔のほてりや鼻づまり、腰痛などの副作用が見られますが、一定時間が経過すると副作用は消失します。

バイアグラやレビトラと同様に、シアリスも硝酸系薬剤と併用することはできません。

 

シルデナフィル

シルデナフィルは、バイアグラの成分特許が切れた2014年以降に各社から後発医薬品(ジェネリック)として発売された経口ED治療薬です。

シルデナフィルの有効成分、効果や効能はバイアグラと同じですが、シルデナフィルの多くは錠剤の形や風味などがバイアグラより飲みやすくなるよう工夫されており、価格も安価に抑えられているのが特徴です。 バイアグラ、レビトラ、シアリス、シルデナフィルの価格について、例として川崎中央クリニック(神奈川)で処方を受けた場合の金額をまとめました。

【テーブル3】

なおバイアグラはほとんどの医療機関で取り扱いがありますが、バイアグラ以外の3種類については医療機関によって取り扱いがないところもあります。またシルデナフィルは複数の会社から販売されていますが、どのシルデナフィルを取り扱っているかは医療機関によって異なるため、事前にホームページなどで確認しておくと安心です。

 

まとめ

Thumb tapenotetomato

EDとは、「Erectile Dysfunction」の頭文字を取ったもので、日本語では「勃起機能の低下」「勃起不全」などと訳されます。

専門的には、性交時に十分な勃起が得られないために満足な性交ができない状態をすべてEDとみなしています。 EDには、神経や血管の障害が原因で起こる器質性ED、心理的なストレスが原因で起こる心因性ED、器質性EDと心因性EDの両方が原因で起こる混合性ED、特定の薬剤を服用していることで起こる薬剤性EDなどがあります。

EDは生活習慣病とも深い関わりがあり、血圧が高い人、血糖値が高い人、肥満や運動不足の人はEDを発症する確率が高いと言われています。 EDの治療は、一般病院や男性専門クリニックなどで受けることができます。

治療方法としては、ED1000による低衝撃波治療、陰茎海綿体自己注射によるICI治療、ED治療薬の服用などがあり、医療機関によって受けられる治療方法や費用が異なります。

男性専門クリニックでは、ED専門の医師によるプライバシーに配慮した治療を受けられます。初回のカウンセリングは無料の医療機関も多いので、まずは気軽に相談してみるとよいでしょう。

日本新薬
https://www.ed-care-support.jp/abouted/about.php
テルモ
http://www.terumo.co.jp/consumer/guide/symptom/hypertension/blood_pressure/about.html
糖尿病サポートネット
http://www.kyowa-kirin.co.jp/diabetes/about/
CLUB Panasonic
http://club.panasonic.jp/diet/kiso/himan/index.html
アステラス製薬
https://www.astellas.com/jp/health/healthcare/dyslipidemia/basicinformation01.html
ED治療ナビ
http://www.edsnv.com/ed1000.html

EDに関連する記事